2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

今日のお天気は?

« 嬉し悲し | トップページ | 昨日は »

2017年5月28日 (日)

考えの浅さ

○ 私は恥ずかしいですが,長いこと誤解をしていたようです。自分の考えの浅さを感じる今日この頃です。ただ全てを誤解とは思っていません。

 石仏探訪,これも私の趣味の一つです。横着にも自動車を使って探し求め,撮影を楽しんでおります。最も私の場合は,石仏=双体道祖神ですがね。

 これまでも何度も書いてきましたが,長野県を除いて双体道祖神に関する資料は,ほとんどが昭和時代のものばかりです。社会の急激な変化に,資料が伴っていません。

 ですから双体道祖神の探訪を行うためには,どうしても地元の人達のご協力が欠かせません。雨の日は,外での作業が難しいので余計に苦労します。

 事前に大まかな場所をチェックし,なるべく一筆書きにコースを考えます。近くに行って自力で探します。が,多くの場合見つかりません。

 農作業をしている人,散歩の人,何より高齢者の人を探し,双体道祖神の置かれている場所をお聞きします。まれに見つからず,分からず断念することもあります。

 鳥取・岐阜・静岡・神奈川・長野・山梨・群馬・新潟・埼玉県を回ってきました。都市部は都市部の問題点がありますが,やはり問題は山間部です。

 自動車で移動していると,道幅が狭い(軽乗用車用?)ところが多いです。未舗装部分もあります。もう私の自動車は,傷だらけです。運転も下手ですからね。

 なかには立派な道路・トンネルがあります。「交通量が少ない所,税金の無駄遣い」と思っていました。が,この道路・トンネルがなかった時代は?

 狭く曲がりくねった道,特に峠道に多いです。こうした地域では住民のほとんどが高齢者です。さすがの軽トラックでも,日々曲がりくねった細い道は危険です。

 利用者は少なく限られているかもしれませんが,地元住民にとっては新しい広い道路やトンネルは,本当に助かっていると思います。

 都会から離れれば離れるほど,地域住民に密着した仕事を第一にすべきだと実感する次第です。コンクリート製の部屋の中での思考は,冷たいと言うことです。

 私たちが得ている情報の多くは,そのような都会からの視点で考えたものではないでしょうか。ただここに政治の醜さが加わっていることがあると言うことです。


○ やってみないと分からない
”三菱航空機は,MRJの実機を6月にフランスで開催されるパリ国際航空ショーで展示すると発表。顧客第1号となるANAホールディングスの機体の色に塗り直して展示する予定。MRJの実機を航空ショーで展示するのは今回が初めて。開発の進捗を示し,新たな受注獲得につなげる。デモフライトは行わず,地上で展示する。現在,米国の拠点で飛行試験を実施している試験3号機をパリに持ち込む予定,既に塗装作業を始めている。”

 無責任なことを書きましたが,これほど開発が遅れ,今また設計変更の真っ最中のMRJです。航空ショーに持ち込んで,果たして商談がまとまるのか?

 せっかくアメリカからフランスまでフェリーするのならば,でもフライトをすればいいのに。性能・価格もそうですが,顧客は飛んでいる姿も見たいのでは?

 無骨な感じがする実験機の塗装,これが青組塗装をまとって出品されることは,画期的なことです。青組塗装ならば,世界中で目にしている人が多いはずですから。


○ 今日の1枚
Dsc_3742


« 嬉し悲し | トップページ | 昨日は »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/70692684

この記事へのトラックバック一覧です: 考えの浅さ:

« 嬉し悲し | トップページ | 昨日は »