2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日のお天気は?

« デルタ航空博物館 | トップページ | 新生活の始まり »

2017年3月31日 (金)

まだまだ新事実が…

○ 共犯者がいるぞ
 一昨日のブログで「詐欺だね」と題して書きました。その後”申立書”の概要が分かり,経営者の在り方が今後問われるようなものでした。

 それに寄れば,昨年9月の時点で多額な債務超過に陥り,決算書も(大阪の某学園ではありませんが)複数作成していたと言います。また,損益も非公開だったと言います。

 ここまで経営が苦しくなっているにもかかわらず,(例えば)新聞広告を出し,旅行客を募っていた訳です。まさに自転車操業と言う訳です。

 にもかかわらず社長の「全く考えていなかった」は,真っ赤な嘘であり,刑事責任を問うべき内容だと思います。悪人は法の下で裁かねばなりません。

 嘘で塗りつぶし,決算報告もせず,多くの人達を騙し続けてきた罪は重い。これが約半年も続いているのに,騙した訳ではないと言う社長です。超悪人です。

 新聞社は情報の塊です。特に経済専門誌ならば,とうの昔に”てるみくらぶ”がおかしいことは分かっていた筈です。ここまで悪人をのさばらせた共犯者です。

 某被害者が言っていました。「これは振り込め詐欺と同じだ」と。私もそう思います。23日付の新聞広告,おかしな会社の広告は拒める筈です。それとも無審査?

 それとも広告料が手に入れば,後は知ったことではないとでも思って印刷したのでしょうか。どう考えても新聞社も共犯者です。自分に都合悪い時は,黙り戦術ですかねえ。

 ただ,財団法人・宿泊施設活性化機構,警備会社のJSS,アディーレ法律事務所(ここは問題があるのでは?)は,てるみくらぶ就職内定者を受け入れると言います。

 畑違いのところばかりですが,就職内定者を救うと言う点では,新聞社とは大違いです。受け入れるか否かは,本人の自由ですが…。まだまだ続きますね,この問題。

”てるみくらぶが,昨年9月末時点で約75億円の債務超過に陥っていたことが,分かった。営業損益が赤字の疑いがあるのに黒字と処理した期間もあり,粉飾していた疑いもある。
 申立書によると,同社は2014年9月期以降,営業損益が大幅な赤字だった可能性がある。だが売上原価や販売管理費を過少計上するなどして決算書上は営業黒字と処理していた。財務アドバイザーが調査した結果,対外的な説明用と税務署への提出用にそれぞれ数字が異なる複数の決算書を作成していた。同社は14年9月期から損益を非公開にしていた。
 最後の決算となった昨年9月期で営業損失は15億円超で,約75億円の債務超過に陥っていた。今年2月時点で取引業者への支払いが遅れ,銀行の緊急融資で運転資金を確保したが,その後,必要な資金を調達できなかった。破産申請直前には債務超過額が約126億円まで拡大し,破産手続き開始の決定時の負債額は約151億円に上った。
 同社は破産申請直前の23日まで新聞広告や自社サイトで商品をPRし,1日当たり1千~2千件の新規予約を受け付けていた。支払い済みの顧客は8万~9万人とみられ,旅行代金の債務は約99億円で,手元の現預金は約2億円しかなかった。”


◇ あれあれ
”日本貨物航空(NCA/KZ)は,発注済みだったB747-8F貨物型2機をキャンセルするとこでボーイングと合意した。確定発注に切り替えた6機すべてをキャンセルする。
 NCAは2005年11月,ローンチカスタマーとしてB747-8Fを14機発注。このうち8機は確定発注で,6機をオプション。2007年3月にオプションだった6機を確定発注に切り替えた。
 今回キャンセルしたのは2007年発注分で,事業環境が発注当時から変化したことにより見直しを決定。2015年9月には6機のうち4機をキャンセル,2機を受領する予定だったが,残り2機も発注を取り消した。8機で完納となった。
 同社はB747-400Fを10機発注。すでに10機を受領し,7機を保有。このうち4機は自社で運航し,残りの3機は他社へリース。B747-8Fは2012年7月に同社向け初号機(JA13KZ)を受領。現在は8機を運航。当面,保有する12機で運航を継続。新機材を発注する予定はない。ボーイングは2016年7月,B747-8の製造中止を検討すると,SEC(米国証券取引委員会)へ提出した書類で明らかにしている。”

 そう言えば,CXもB747-8Fに全部入れ替えるような話を聞いたことがありますが,FR24を見ていると,近距離あるいは荷物量に応じてB747Fが残っていますね。

 まだ使うと見えて,新塗装になっているものも見たことがあります。やはり物事計画通りにいかないものです。特に貨物機は,経済の動向に大きく左右されますから。

 KZも日本経済の状態が今一歩伸びていない,これは物流に携わっているからこそ敏感なんでしょうね。これでしばらくは,KZ,機数は増えないですね。

 せっかく”20周年記念”が終わったばかりのKZですが,まあしばらくじっと我慢の子なんでしょうね。ボーイングも残念でしたねえ。


○ 今日の1枚
Dsc_1969a


« デルタ航空博物館 | トップページ | 新生活の始まり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/70105095

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ新事実が…:

« デルタ航空博物館 | トップページ | 新生活の始まり »