2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日のお天気は?

« 詐欺だね | トップページ | まだまだ新事実が… »

2017年3月30日 (木)

デルタ航空博物館

○ こちらでもさくらの開花宣言が出されました。近くの公園に行ったら,また別のさくらの木(別な品種)が咲いていました。この次は,ソメイヨシノか?

 コンデジ片手に散歩していると,春らしい花が見られるようになってきました。さくらは別として,春=黄色と思うのは,私だけでしょうか。

 菜の花・レンギョウ・水仙など,いろいろな黄色い花を見かけます。世の中,多忙に働いている人達ばかりなのに,私は季節を感じています。ごめんなさいね。

 もう少しすれば,道端にはタンポポの黄色い花が咲き乱れると思います。やはり黄色です。空港でも黄色は目立ちますね。5J/IT/LD/PO/TZなどなど。好きだなあ。


◇ 華々しく見えますが
”経済産業省は三菱重工業や川崎重工業,IHI,富士重工業などと共同で,航空機部品産業への新規参入やビジネス拡大を目指すサプライヤー向けの「参考書」を作成した。大手各社が実際に運用するサプライヤー選定基準をたたき台とし,加工外注工程を一括受注・管理できる中核企業の能力要件なども盛り込んだ。部品メーカーの新規参入のガイドとするとともに,既存サプライヤーも底上げし,航空機産業を振興する。
 4社に加え,住友精密工業,ナブテスコ,ティ・エフ・マネジメントの協力を得て「航空機部品産業における生産管理・品質保証ガイドブック」を編集した。また,生産管理や品質保証で大手各社が重視する項目をチェックリストとしてまとめた。経産省はホームページ上で開示するほか,大学や高専などの教材としての活用も検討する。”

 今まで航空機購入を含めてアメリカ企業に偏っていました。ボーイングもエアバスの前には,頭を垂れる時代です。B777/787の部品生産に頼っていた結果です。

 厳しい品質管理に投資するだけの利益が得られない。このままでは,下請け企業の経営不振,ひいては我が国の航空機製造産業の衰えにつながります。

 製造メーカーの下請けへの厳しい値下げ要求,これに耐えうることができるのか,国も心配になってきたんでしょうね。しかし,これがどれ程役立つのか,不安ですね。

 身近な例としては,MRJの下請けがあります。製造メーカーから設計変更,言うは容易しです。その為に設計のし直し,耐久性・信頼性の実験・確認が必要です。

 当然開発費・人件費がかかります。納入のためのエネルギーは,相当なものがあると思います。しかも初期投資をいつ回収できるか分からない状態です。


◇ B747-400初号機(N661US)の展示
”デルタ航空は,退役したB747-400型機の初号機をアトランタの本社内にあるデルタ航空博物館でお披露目した。1988年4月29日に初飛行。エンジンはPW4056。2008年にNWとDLは合併,ラストフライトは2015年9月9日のホノルル発アトランタ行きDL836便。
 初号機は東京や名古屋,大阪,ホノルル,ソウル,マニラ,アムステルダム,テルアビブなど,多くの長距離路線に投入された。退役までの26年間で,地球と月を250往復する距離に匹敵する6100万マイルを飛行した。
 デルタが現在運航しているB747-400は7機。機体番号N662US/N666US/N667US/N668US/N669US/N670US/N674USで,年内に全機が退役する計画。
 今回の初号機展示にあたり,改修に必要な資金のうち,社員が中心となって進めている「The Airloom Project」が,60万ドル(約6665万円)以上の寄付を集めた。
 デルタはB747-400などの後継として,A350-900型機を2014年11月に25機発注。初号機は今秋受領する見込み,世界で初めてビジネスクラスにスライド式ドアを設け,個室空間を用意する。日本路線にも早期投入を検討している。”

 NWは,B727/747/757及びDC-10を小牧に飛ばしてくれました。お陰様でレジをしっかりと集めることができました。DLも特にMD-11では大変にお世話になりました。

 UAやAAと違って身近に感じられるアメリカの航空会社です。しかし,小牧時代NW/DLが一つになるとは,誰が予想していたことでしょう。恐ろしい空の世界です。

 ひょっとしたら,日本のガリバーも一つになる日が来るかも知れませんね。そうでしょ,JDが消えることすら予想できた人は,一体どれ位いたでしょう。

 あーあ,横道に逸れてしまいました。さすがDLですね。B747-400の保存のために寄付を募る。DLの社員はB757を会社に贈った程のアットファミリーな社風です。

 サイト(https://www.deltamuseum.org/)でこのB747-400初号機を見ることができますが,一度訪れてみたくなる博物館ですね。豊田の御大のご招待!


○ 今日の1枚
Dsc_0158


« 詐欺だね | トップページ | まだまだ新事実が… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/70093361

この記事へのトラックバック一覧です: デルタ航空博物館:

« 詐欺だね | トップページ | まだまだ新事実が… »