2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今日のお天気は?

« 現状維持,難しい | トップページ | 本当に清潔か »

2017年3月19日 (日)

サクラの開花予想

○ 気温は上がってきているのに北風は以前強いです。散歩のとき,向かい風は辛いです。
それでもめげずに歩いています。空を見れば,飛行機雲が綺麗に見えました。

 が,時間と共に空の色が変わってきました。完全に曇り空になったので,前から気になっていた洗車をすることにしました。ワイパーをあげてみると…。恐らく”黄砂

 例年大陸から”黄砂”が飛んで来ます。青空であっても次第にクリーム色に変わってきます。車庫内で洗車,ワックスがけです。そう未だにワックスをかけています。

 新車時にコーティングを奨められますが,あれは法外に高額です。また,こまめに水洗いをしていないと3年ももちません。今や新車の儲けの一部になっています。

 天然カルナバがたっぷり含まれているワックスは,塗るのも拭き取るのも楽です。また長持ちします。汚れたとき,洗車機にかけます。それでもワックス効果は残っています。

 確かにコーティングと較べると苦痛ですが,節約第一を考えて,未だにワックスを使っています。普通の天候ならば,2ヶ月はもちます。経済的なワックスです。


◇ 政治・経済に翻弄
 ひと頃のような大騒ぎは沈静化していますが,世界の空のアライアンスは今や当たり前のこととなりました。利用者の囲い込みが功を奏し,お互いの利益確保に貢献しています。

 半島では,ワンワールド以外のアライアンスがあります。国情や経済の不安定さが,先日書いた減便・運休につながっている国でもあります。これだけは日本のせいにできない。

 また大陸でも半島でも未だに東北地方中心に輸入制限を設けています。しかし,人の動きは正直なものです。訪日観光客は,一定以上の伸びを記録しています。

 一つの例として,仁川~仙台路線(アシアナ航空)があります。訪韓観光客の減少により減便,が5月からデイリーが復活と言います。僅か1ヶ月の間に何が?

 ところが,搭乗率は先月以降持ち直し、現在は8割台に達すると言います。夏場の旅行需要を取り込むため,デイリー化に踏み切ったのだと思います。

 ご存じのように半島は,7C/RS/LJ/TW/ZEの5社LCCがあり,来年さらに1社増えると言います。これらのLCCの経営を支えるのが,日本路線です。

 半島の国民性を疑う私ですが,マスコミが垂れ流すような反日感情が充満しているのならば,これ程多くの訪日観光客は来ないのではないでしょうか。

 もう一つ半島の2社が過去に掘り起こした西日本を中心にした路線開拓,ソウルに集め,そこから世界中に飛び立っていく図式です。今でも格安航空券やパック旅行では健在?

 アシアナ航空の件でも,LCCによる食い込みを防ぐためにも,仁川~仙台路線は必要であったと思います。大震災の影響は,今や軽微な状態になったのかしら。


○ 幼稚園・保育園・小学校の入園(入学)式,例年4月初めに行われてきました。我が家の3人の子ども達の 入園(入学)式を思い出します。

 この式にふさわしい花は,ほとんどの人がサクラと答えるのではないでしょうか。子ども達の記録を見ても,定番の看板前・サクラの木をバックに写真を撮ったものです。

 ところが地球温暖化の影響でしょうか,サクラの見頃は3月中に終わってしまい,入園(入学)式の頃には,葉サクラになっています。(関東以南の地域の話です)

 毎日のように散歩をしていて,サクラの開花予想が当たるのか,とっても楽しみです。昨日の散歩途中も気にして見ていましたが,ソメイヨシノは蕾が固かった。

 それでも東京のさくらの開花予想は,3月23日と出ていました。「本当かなあ」と思ってしまいます。当たっているならば,やはり見頃は3月下旬となります。

 昨日のブログの”今日の1枚”には,散歩途中で見付けた”河津桜”をアップしました。そして今日は,(懲りもせず)”八重曙”をアップします。

○ 今日の1枚
Img_0435


« 現状維持,難しい | トップページ | 本当に清潔か »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/69971430

この記事へのトラックバック一覧です: サクラの開花予想:

« 現状維持,難しい | トップページ | 本当に清潔か »