2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日のお天気は?

« 先を読む | トップページ | サクラの開花予想 »

2017年3月18日 (土)

現状維持,難しい

○ 午前中(昨日)の散歩,一昨日と較べると風は冷たくありませんでした。最近降水量がゼロに近いので,空気は非常に乾燥しています。(天邪鬼)降って欲しいです。

 (横道に逸れますが)この冬は,”馬油”を顔に塗っています。濡れた状態で”馬油”を塗ると,驚くほど伸びます。少量で顔全体が濡れます。乾燥肌には最高です。

 歩いている途中,昨年土筆がたくさん出ていた場所を思い出し,随分遠回りになりました。あった!あった!しかし雨がないので成長が悪いです。

 日曜日でも連れ合いと土筆採りにでも行こうと思います。帰宅し,まずは二度目の珈琲タイムです。今度は自分一人ですから,1回目よりも濃い目にして飲みました。

 ホッとしてカレンダーを見てみると,”歯”と書いてあります。はて?何時だったけ。忘れた!電話をして聞きました。笑いながら「○時○分ですよ」だって,恥ずかしい。 

 歯の半年定期検診,痛くもないのに歯医者さんに行くのは,億劫です。しかし,歯周病が進んでいるだけに”現状維持”のためには行かざろう得ません。

 染め出し錠でブラッシング・テスト,前回よりは良くなっていました。写真で見比べれば一目瞭然,これでかなり気分を良く(単純)しました。

 因みに私は,柔らかい歯ブラシと電動歯ブラシと歯間歯ブラシを使います。以前は夜寝る前だけ時間をかけていましたが,最近は朝も時間をかけています。

 歯茎や歯の状態をチェック,これも前回と変わりがなし。”現状維持”ほど嬉しいことはありません。良くなることはないですからね。少しでも悪化を遅らせるための治療です。

 これで約4回は通院しなければなりません。おかしなシステムが,昔から続いています。患者の囲い込み以外なにものでもありません。そして予約制しかり。

 歯医者さん,過当競争なんでしょうかね。日曜・祝日以外は診察をしています。恐らく凄い額を稼いでいると思いますが,その使い道に困っている?豪邸?高級車?

 ”お金があるところには暇なし。お金のないところには暇あり。”と,本当にこの世の中,面白くできていると思います。そう思いませんか。


◇ 一寸先は… 
”キャセイパシフィック航空が発表した2016年12月期通期決算は,純損益が5億7500万香港ドル(約85億1000万円)の赤字(15年通期は60億香港ドルの黒字)と,8年ぶりに最終赤字を計上。売上高は前期(15年通期)比9.4%減の927億5100万香港ドル。
 CXは現在の価格を大きく上回っていた際の燃油費ヘッジで損失が生じ,相殺された。また,中国本土と世界の主要都市を結ぶ直行便が増え,LCCとの競争が一段と激化したことが,業績悪化につながった。
 エアチャイナへ身売りするのではとの臆測が出ていたが,広報担当者はこれを否定。2017年も厳しい事業環境が続く,競合激化や,香港ドル高によるマイナス影響が収益を圧迫し続けると予想される。
 旅客事業の売上高は,前期比8.4%減の669億2600万香港ドル。新路線の開設と既存路線での増便により,提供座席数は2.4%増,ロードファクターは1.2ポイント低下し84.5%。
 貨物事業の売上高は,前期比13.2%減の200億6300万香港ドル。CXと子会社KAを合わせた貨物輸送容量は0.6%増加,重量利用率は前年を0.2ポイント上回る64.4%,輸送貨物重量も3.1%増加。航空貨物市場は2016年第1四半期に低迷したものの,第2四半期から重量の面で改善が見られ,例年需要が高まる第4四半期は好調に推移した。
 コスト面では,CXとKAの燃油費(ヘッジによる影響除く)は,前期より49億600万香港ドル(20.4%相当)減少。燃料費はCXグループの最大コスト要因で,2016年通期の営業コスト全体の29.6%(前期比4.4ポイント低下)を占める。ヘッジによる損失を加味した燃油費は,前期比で50億1500万香港ドル(15.2%相当)減少。
 機材面では,2016年はA350-900型機を10機受領。一方,3機のB747-400と,3機のA340を退役。A340-300は,今年1月にさらに1機退役させており,残る3機も年内には運航を終える。また,B747-8Fは,2016年8月に発注分最後の機体を受領。”

 航空会社は外見が華々しいだけに,中身はなかなか見にくいものがあります。浮き沈みの激しい世界です。政治や経済に影響を受けやすいのも,この世界です。

 さてCX,B747-400旅客便を退役させたと思ったら,貨物機改造機は今でも飛んでいます。FR24を見ても,アンカレッジ目指して(から)のCXカーゴは,今日も元気です。

 航空会社の経営に燃料費の占める割合は,人件費に次ぐ大きなものがあります。もちろん先物取引ですから,リスクはあります。CXは,これで転けました。

 ロードファクターは,約80%を越えていますから,それ程酷い内容ではないと思います。もう一つは大陸のLCCの存在,さらに東南アジアのLCCとCXと競合している路線は苦しい。


○ 今日の1枚
Dsc_3591


« 先を読む | トップページ | サクラの開花予想 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/69961604

この記事へのトラックバック一覧です: 現状維持,難しい:

« 先を読む | トップページ | サクラの開花予想 »