2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日のお天気は?

« とりとめのない話ですが | トップページ | さすが青組 »

2017年2月23日 (木)

困った

○ タブレットが…
 タブレット,スマホと違って画面も大きく,私は大変に重宝しています。手軽さではスマホに負けますが,そこは使い方次第です。石仏探索でもタブレットです。

 初代は"DELL"のものでしたが,1年に2回修理に出しました。それも同じ箇所の修理です。すっかり"DELL"に嫌気が差しているところに,"ASUA"の新型が出ました。

 古いタブレット,その後は故障もなく使えるようでコタツの上に置いてあります。誰かしらが,ちょっとずつ使っています。どうも嫌われたようです。

 去年の9月に"ASUS"を買いました。多少の欠点はありますが,CP同様"Windows"ですから,操作に困ることはありません。約6ヶ月,故障なく使ってきました。

 が,昨夜寝転がってタブレットを使おうとしましたが,電源が入りません。またか?!。仕方なく充電しながら使おうとしましたが,やはり電源が入りません。

 スマホもそうですが,あの電源の入れ方,他に方法はないものでしょうか。今回も先代同様の故障です。これで外出時の楽しみがなくなりました。ブログも更新が…。

 "FR24"でもスマホで見られますが,やはりあの小さな画面は使い辛いです。"Facebook"も自宅でしか見られません。スマホに入れられている方,お気を付けくださいよ。

 次回の飛行機・石仏撮影の日程は,タブレットが返ってこないと難しくなりました。今日から修理完了の連絡が来るまで,不便な生活となります。

 考えて見れば,タブレットって本当に便利なものですね。ノートパソコンと違って立ち上がりは,格段に速い。画面の大きさもそこそこあります。12インチも要りません。

 それにあの小さなマイクロSDが付いているものの,これが今一使い辛い。保存して使うようなデータも限られています。もちろん本体にデータは,ゼロです。

 使い辛いですが,キーボードも付いていますから,入力も速くてストレスを感じません。れで故障の回数が減ってくれたら,私には本当にありがたい代物です。

 こう書いてくると,やはり長年使い慣れてきた(OSは変わってきていますが)"Windows"搭載タブレットは,好きです。さらに一つUSB端子がついているのも嬉しいです。

 フラッシュメモリーは,マイクロSDと較べれば安いし,使い勝手がいい。4GB位ならば,千円どころかその半額で購入が可能です。写真も文章も楽々保存できます。

 PCにもすぐに差し込めば使え,ありがたいことです。そうそう転送速度(Ver.2でも)もそこそこありますから,ストレスも余り感じられません。

○ 今日の雑学
”「スマートフォンの充電は『非接触型』がいい。それと運転中に充電器から滑り落ちないようにできないのか」。UAEなど3カ国を訪問した際,耳にしたのは意外な要望。中東を訪れたのは,大型車の改良に備え,運転席の周辺でスマホの充電に使うUSBポートの取り付け場所を探るつもりだった。中東では非接触型の充電が主流。
 小島プレスは車の内外装に使う樹脂部品などをトヨタに納める。売上高は1500億円ほどで,約3万社ある系列部品メーカーの一つ。両社の付き合いは,創業者の小島浜吉が1937年,自動車事業を興した豊田喜一郎から直接,ワッシャーを受注することから始まる。太平洋戦争末期の45年3月,小島プレスはトヨタの支援を得て,名古屋市から挙母町に疎開する。引っ越し直後,元の工場が空襲で全焼。「トヨタを中心にわたしたちが手足となり,日本の自動車工業を確立しましょう」。戦時中の資材不足や工場疎開などに対応するため,浜吉は部品各社に協力組織の結成を呼び掛ける。43年に「協豊会」が発足。協豊会には現在,部品メーカー224社が加盟。自動車産業はいま,電気自動車の台頭など激変のさなかにある。動力源が電動化してエンジンの需要が減れば,生き残れない部品メーカーも出てくる懸念もある。
 クモの巣状の座面と背もたれが乗員の荷重を分散し,運転の負担を軽減する。トヨタが公開したレクサス用のコンセプト座席。バイオベンチャーのスパイバーが素材の人工合成クモ糸繊維を提供した。この繊維事業を支えているのが小島プレス。2014年にスパイバーと共同出資会社を設立,量産の研究を進める。実用化にはまだ時間がかかるが,鉄を超える強度とナイロンより高い伸縮性は,クルマ作りを変える可能性を秘める。”


 エアバスやボーイング製の飛行機といいながら,飛行機の部品のほとんどが下請けで作られたものばかりです。決して国産にこだわっていないのが,この産業です。

 エアバスやボーイングは,サプライヤーから送られてくる部品を組み立てる役割です。自動車に至っては,飛行機と違って大量生産の落とし子です。

 高価な少数生産ではなく,低価格の大量生産です。トヨタを初めとする自動車産業は,下請けから送られてくる部品を組み立てる(エンジンは自社製だが)場です。

 ここに挙げた小島プレス,トヨタとの関係が深いものの,実に研究熱心な企業です。詳細は,http://www.kojima-tns.co.jp/ でご覧ください。

○ 今日の1枚
Dsc_2044a

« とりとめのない話ですが | トップページ | さすが青組 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/69697760

この記事へのトラックバック一覧です: 困った:

« とりとめのない話ですが | トップページ | さすが青組 »