2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日のお天気は?

« 今日も例外規定が | トップページ | エアアジアXと »

2017年2月11日 (土)

今を大切に

○ しゃべる間に
 昨日は”50年前”を振り返りましたが,まだまだ書き足りないことがあります。いずれ機会を見付けて書きたいと思います。過去を振り返る=年寄りの証拠ですね。

 (自慢で書いていません)自分の際と”New Japanese Spotter's Site"を振り返ってみました。(サイト名は変わりましたが)かれこれ17年続いているサイトです。

 小牧時代は,W1にはたくさんの仲間がいました。今残っているのは,数名という寂しい状態です。やはり近くで気楽に出かけられる空港は,いいものです。

 もう一つは,KODAKのKRがなくなったこともあります。FUJIと較べれば,格段に優れたフィルムでした。Digitalの波に飲み込まれ,消滅してしまいました。

 さて1年前を振り返ってみると,BAはB777,KLはB747など今は影も形もない状態です。TNAは新塗装の切替で喜んでいたら,あえなく倒産です。残念でした。

 OSももっと稼げる中国・香港に移っていきました。このOSを例に出すまでもなく,きちんとレジ番号を揃え,きちんと美しい写真を残せたかと言えば…。

 「ああ○○か,もう撮ったから…」と思っていると,この世界,何が起こるか分かりません。しゃべっている間にシャッターを押さなければ,何度失敗したことか。

 孤独が好きではありませんが,やはり目の前に現れる飛行機をDigitalであれ,フィルムであれ,確実に1枚は押さえて起きたいと思います。後に残せる1枚を撮りたい。

 ですから,知らない人の間の中で一人黙々と写真を撮るのが好きです。「自分は飛行機の写真を撮りに来ているんだ。」と,誘惑に負けないようにしたいものです。

 これを妨げるもの,(これも何度かいたのか)エアーバンドを聞きたければ,必ずイヤーフォンを使って欲しい。使わなければ,音量は大きくなります。迷惑です。

 よく撮影ポイント付近のゴミのことを聞きますが,それもそうですが,あのマナーのなさをもっと注目して欲しい。あの2台大音量で聞いている習○野の白髪,嫌いだなあ。

 あの方,1年前も同じように迷惑をかけていました。誰も関わりたくないのか,無視なのか,カメラを持つ資格はないですね。ゴミも音量も人の迷惑を第一に考えて欲しい。


○ 今日は建国記念の日ですが,朝起きてみると…。
Img_0357

Img_0355ロウバイも
 
◇ A380の追加は?
”シンガポール航空は,B777-9型機とB787-10を合計39機発注。内訳は新規発注のB777-9が20機,追加発注のB787-10が19機。また,B777-9とB787-10を6機ずつオプション発注。
 B777-9は,B777-300ERの後継機「777X」ファミリーを構成する機種。B777Xはメーカー標準座席数が3クラス350-375席のB777-8と,400-425席のB777-9の2機種から成る,航続距離はB777-8が8700海里(1万6110km),B777-9は7600海里(1万4075km)を計画,エンジンはGE製GE9Xを2基搭載。
 ボーイングでは,B777-8はA350-1000と競合し,B777-9には直接競合する機体はないとしている。また,B787との共通性を向上させる。航空各社への引き渡しは,2020年に始まる見通し。
 B787-10は,初飛行は2017年,航空各社への引き渡し開始は2018年を予定。B787の前部胴体は,B787-8が約7m,B787-10が約13m,B787-10はB787-8と比べて約2倍の長さ。
 メーカー標準座席数は2クラス構成の場合,B787-9より40席多い330席。航続距離は6430海里(1万1910km)で,双通路機により運航されている路線の90%以上をカバーできる。
 受注状況は,1月末時点でB777Xは306機,B787-10は149機。
 また,シンガポール航空はA350-900を67機発注済み,A350の最大顧客。A350-900の航続距離を延長したA350-900ULR(Ultra-Long Range)を発注。”

 SQ,EKのようにA380を大量購入することは適わないようです。資本の違いもありますが,A380よりも小型?で運用効率を狙うとA350/B777-9/B787-10に落ち着くようです。

 それでもSQの強気な作戦は,同社の伝統にもなっています。重整備をするくらいならば,新造機を導入した方がいいと判断してきた結果です。他に類を見ません。

 チャンギ空港の整備はもとより,トランジット空港としての便利さ・快適さは素晴らしいと思います。CXとSQは,よく似た点が多々ありますが,経営方針は随分違います。

○ 勝手ながら
 どうもfacebookの使い方が上手くいかない。あの”友達””いいね”などの仕組み,日本人の感覚とはズレているような気がします。同好の士が集まるのはいいのですが。

 私自身,以前”友達申請”にどんどん応じて約500人近い友達ができました。が,一人一人を覚える記憶力はありません。投稿されても見ていない(失礼)ことも…。

 そこで一人一人のページを訪れ,内容をチェックし,約5分の1に減らしました。が,またジワジワ増えてきました。同じことの繰り返しです。上手くいきません。

 もう一つは”超いいね”の連発をする輩です。これも本人の考えですから,私はとやかく言う筋合いはありません。が,これも疑問が残るものです。

 交流の場ですが,投稿をほとんどせず他人の作品を見てばかりの輩も,私にはいただけません。交流とは,”give and take”です。これが参加のする意義だと思っています。


○ 今日の1枚
Img211b


« 今日も例外規定が | トップページ | エアアジアXと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/69560355

この記事へのトラックバック一覧です: 今を大切に:

« 今日も例外規定が | トップページ | エアアジアXと »