2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

今日のお天気は?

« 天ぷらと | トップページ | 行きたくなる空港の一つ »

2017年2月 7日 (火)

ジェット機+ジェットバス

○ まだ疲れがとれません。二晩連続で爆睡です。恐らく夜中に地震が起きても火事があっても起きないでしょう。つくづく歳を感じます。無理は禁物です。

 散歩の後,入浴施設に行ってきました。と言うのも,”無料入浴券”があります。1ヶ月前にいただいたもので,忘れかけていました。12日までですから,金曜日にも…。

 曜日が曜日だけに私よりお歳を召された方が,大部分です。なかには夜勤明けでしょうか,若いですが随分目がショボショボした人もチラホラ見かけます。

 私がこの入浴施設が好きなのは,二つあります。まずBGMがいつもいつもモーツァルトの音楽である。もう一つは,ジェットバス及び息苦しくないサウナがある点です。

 ジェットバス,場所を変えれば腰・大腿部・足裏と水圧でマッサージすることができます。私,特に足裏のマッサージが好きです。何でも足裏には,いろいろなツボがあるとか。

 水圧をかける位置を少しずつ変えていくと,足の裏が気持ちがいい,実に気持ちがいい。それに乾燥肌には,ヌルヌルの湯がよろしい。露天ですが,顔に当たる風が気持ちがいい。

 物忘れが激しい私ですが,帰路に運転をしていて思い出しました。「そうだ,珈琲豆が切れていた!」,しかしいつもの珈琲屋さんは,日・月曜日お休みです。

 仕方なく近くのお店に行って,100gだけ買いました。水曜日の午後,補充のために珈琲豆の買い出しに行かねばなりません。(今日は仕事日ですから)

 遅い昼ご飯を作って食べ,これまた忘れていた”NHK:古典芸能への招待”のダビングをセット,約2時間かかります。これは週末に鑑賞しようと思います。

 ところで,週間天気予報を見ると,朝の最低気温がマイナス!これが続くようです。やはり暦の上での立春なのかしら。寒がりな私です。春が待ち遠しいです。

 とは言うものの,約2ヶ月で冬スケは終わりになります。西洋では,サマータイムを実施します。ほとんどの航空会社が,約1時間の遅れとなります。

 実はこれがやっかいなことで,(成田の場合)RW34での撮影は難しくなります。まして南風となりますと,午前中はお手上げになります。撮影場所に苦労します。

 ただ南風の場合,午後は嬉しいです。長いレンズを持っていない私にとって,午後のRW16は大歓迎です。ヨーロッパ便は,ほとんど撮影が難しい季節となります。

 さらに難敵が控えています。冬ですら見える”陽炎”です。小型機の場合,悲惨な状態となります。その為には,マイナス面があるものの寒い冬スケ中に撮らねばなりません。


◇ 無料であっても…
”カタール航空が運行する民間航空では世界最長となる定期直行便が,ニュージーランドのオークランドに到着。カタールのドーハとを結ぶ路線の距離は,1万4535km。
 カタール航空のB777-200LRは,10か所のタイムゾーンをまたぎ,オークランドに着陸。総飛行時間は,16時間23分。
 この世界最長路線の初フライトにはパイロット4人,客室乗務員15人が搭乗,飛行中に紅茶とコーヒー計1100杯,冷たい飲み物2000杯,食事1036食を乗客に提供した。”

 飛行時間の半分を睡眠に当てても,まだ8時間以上あります。一体この時間何をするのかなあ。飲む?食べる?読む?見る?いずれにしても飽きてきます。

 ガリバー2社は,とんでもない飛行機を作ったものです。そこまで直行便が必要なのかしら。私ならば,トランジットで十分です。陸の上を歩きたいです。

 これでエコノミー…あの狭いシートピッチ…地獄のような時を過ごす訳です。例え無料であっても,この路線だけは遠慮したいものです。ヨーロッパが限界です。


◇ 三菱重工業,厳しいですねえ。
”2016年4-12月期(第3四半期)の連結決算は,純損益が112億4000万円の赤字(前年同期は533億8900万円の黒字)。売上高は2兆6942億6100万円(前年同期比4.9%減),営業利益は684億8200万円(63.1%減),経常利益は509億6800万円(70.8%減)。2017年3月期の通期見通しは据え置いた。
 航空関連を含む交通・輸送ドメイン(事業領域)は,売上高が3605億円(前年同期比452億円減),営業損益は283億円の赤字(前年同期は445億円の黒字)。
 売上高は民間航空機の減少などにより,前年同期を下回った。営業利益は民間機を中心とした円高影響やB777の減産,コストダウンの計画未達,三菱航空機MRJの開発費増加などが,減益要因となった。
 三菱重工ではB787の複合材主翼を製造するほか,B777の後部胴体などを担当。B777の後継となるB777Xでは,後部と尾部胴体の開発・製造を担う
。このほか,ロールス・ロイス製エンジンの燃焼器モジュールや,低圧タービンブレードなどを手掛けている。”

 トランプ効果なのかどうか,私には分かりません。ただ言えることは,徐々に円高・株高の状況が生まれつつあることです。輸出産業は厳しいですね。

 ボーイングの下請け,これも右下がりのボーイングに頼ってきたため,経営が大変に厳しいと思います。大企業だから,小回りがきかないこともあります。

 さらに毎度お騒がせなMRJの開発遅れ=開発費増加,他で稼いでもここで一挙にはき出しています。まさにザルです。三菱重工業,悲しいかな暗いニュースばかりです。


○ 今日の1枚
Dsc_1917a


« 天ぷらと | トップページ | 行きたくなる空港の一つ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/69511140

この記事へのトラックバック一覧です: ジェット機+ジェットバス:

« 天ぷらと | トップページ | 行きたくなる空港の一つ »