2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

今日のお天気は?

« 湯二題 | トップページ | 困った »

2017年2月22日 (水)

とりとめのない話ですが

◇ 議論を深めよ
”2019年度の民営化を予定する福岡空港の運営を担う新会社,市は現在空港ビルを運営している福岡空港ビルディング株の売却で得られた資金で,空港周辺の振興などを目的とする「福岡空港未来基金」を新設する条例案を議会に提出している。一方,自民党市議団は「空港運営に地域の声を生かすには,新会社への出資が不可欠」としている。空ビル株の売却収入は新会社へ出資する原資にすべきだとして基金設置条例案に反対しており,条例案が否決される可能性が高まっている。
 福岡空港地域対策協議会は,「空港未来基金」の条例可決を求める要望書を市長や市議会議長,市議会各会派などに提出。基金設置条例案を可決し,速やかに周辺交通環境の整備や地域振興などに取り組むよう求めた。”

 まあ他人がとやかく言う筋合いのものではありませんが,空港を巡る生臭い匂いが漂っています。協議会の実態も恐らく後ろで○○党がいるのでは…。

 建設費の捻出に海上空港を諦めた福岡空港,あの狭い空港に平行滑走路を作って済ませようとしています。その後のことなんぞ,どこにもないような気がします。

 それでいて騒音問題や航空機事故(過去にGAがやりましたね)等については…。空港未来基金と言いますが,まあお金の使い道に窮余の策としか映りません。

 自民党市議団の方,言い分は筋が通っています。仙台市でもおらが街の空胡として位置付け,民営化に寄り添った施策を講じていると聞きました。

 公共交通機関の一つであるだけではなく,九州への玄関口としての福岡空港の位置付けを良く論議し,悔いの残さぬものとしていただきたいものです。

○ 気になる安さだが
”格安スマホランキング。1位は,ワイモバイル。月額料金が1980円と低額なのにもかかわらず,回線が混雑する平日昼ごろでも動画をスムーズに再生できるなど圧倒的な速度。幅広いメーカーの端末をそろえている。2位は,UQモバイル。速度はワイモバイルと並び,端末と通信料がセットになったプランの分かりやすさが高評価。ただ,大手系の主要プランは2年間の契約が必要。3位は,楽天。ポイントを通信料の支払いにも使える。
 料金プランの充実度1位はビッグローブ。親が子どものスマホを一括して契約したい場合,親の名義に限って子どもの分もまとめてでき手続きの負担が減らせる。2位はプラスワン・マーケティングのフリーテル(使った分だけ支払う料金プランの柔軟性)とカルチュア・コンビニエンス・クラブグループのトーンモバイル(1千円で使い放題のできる1つのプランのみ)。
 顧客サポートで1位は,マイネオ(家族以外でも利用者同士で通信容量を分け合える「フリータンク」の機能をもつ)。イオンやワイモバイルは店舗数が多く,故障時も気軽に聞ける
速度は,ワイモバイルとUQコムが1位,3位はインターネットイニシアティブ(IIJ)。”

 部門別に見ても,よく分からないのが実情です。「格安」を謳っている割に長所が少ないように思えます。NTT系統は,電波の届く範囲が広いことでしょうか。

 利用者によって自分が求めることが異なっていると思います。自分が「○○を犠牲にしても安い方がいい」と思えるものを選ぶべき,○○を理解した上で契約すべし?

 と言う訳で,今年の夏前にはスマホを手放すことになると思います。通信料・通話料など,ビックリするくらい少ない私です。使ってみて不要なことが分かりました。

○ 何と
 昨日は,4週間に一度の通院日でした。いつものごとく体重計にのり,体重の変化を。また太った!いかんいかん。血圧は,これまたニッコリです。

 私,通院日には約4週間分の朝晩の血圧測定結果をプリントして持っていきます。寒い日が何度もありましたが,もう140を越えることはなくなりました。

 問診中,先生から「職業病,それもいいところが出ているな。」と,何と初めて褒められました。嬉しかったなあ。今後は,中性脂肪対策一本です。

 水中ウォーキングの話もしました。続ければ,効果が現れるかも知れません。何しろ「継続は力なり」と申します。時間がありますから,忘れずにやろうと思います。

○ 知らない世界
”あらゆるモノがネットにつながるIoTやビッグデータの進展で,メーカーはモノをつくるだけでなく,モノを売った後も継続的に付加価値)を提供する存在になりつつある。
 例えばコマツはドローンによる自動測量サービスによって,非熟練者でも熟練オペレーター並みの工事の完成度を可能にするサービスを自社の建設機械ユーザーに提供する。ゼネラル・エレクトリックの航空機エンジン監視サービスは,やはりエンジンの使い手である航空会社の燃費削減に寄与する。自動車メーカー,車を売るのでなく,移動というサービスを提供するカーシェアやライドシェア会社に変身するかもしれない。
 大手コンビニなどが展開するプライベートブランドは,小売会社の主導で新商品を開発するという意味で,流通資本のメーカー化といえるかもしれない。
 ヤマトホールディングスが今月から始めた3Dプリンターを使った製造・配送事業。3Dプリンターはコストがまだ高く大量生産品には向かないが,一つとして同じモノがないカスタマイズ(顧客特化)された商品をつくる場合は十分な競争力がある。羽田クロノゲート内に粉末プラスチックを積層するタイプの3Dプリンターを導入し,外反母趾などによる足の変形を矯正するための治療用中敷きのインソールや,患者の骨の形を再現した医学模型のオーダーメード生産を引き受ける。例えば医学模型は病院からレントゲンやCTスキャンの画像データを送ってもらい,それと全く同じ形の骨の模型をつくって,ヤマトの配送網で病院に送り返す。それを使って事前に模擬手術をすることで,本番の手術がスムーズに進み,患者への負担が減る。ヤマトの売りはスピード。3Dプリンターの導入で製造に要する時間が短くく,物流ハブである羽田クロノゲートから届けることで輸送時間も圧縮できる。その結果,インソールの場合は1週間かかっていた工程が約半分の日数に短縮。
 製造業とサービス業の垣根が低くなる傾向は今後さらに加速。自社の事業領域を拡大し,他社の模倣が難しいビジネスモデルを構築できるか,経営者の独創性が問われている。”

 いつもいうことですが,無知ほど恥ずかしい事はありません。アンテナを高くし,情報を集め,取捨選択する。本をよく読む。他者から貪欲に知識・技能を習得する。

 これが企業ともなれば,先進性が大切なポイントになってきます。ヤマトの3Dプリンターを使った試み,これなんぞ着眼点が素晴らしいと思いますし,将来性があります。

 一時期コラボと言う言葉が流行していました。異業種間の結び付き,あるいは吸収合併を含め,企業の舵取りはますます難しくなってきそうです。東芝のようにならないように。

○ 今日の1枚
Img759a

« 湯二題 | トップページ | 困った »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/69685302

この記事へのトラックバック一覧です: とりとめのない話ですが:

« 湯二題 | トップページ | 困った »