2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今日のお天気は?

« 上がっている数字とは | トップページ | 湯二題 »

2017年2月20日 (月)

再就職先は

○ 私に勤まるかしら
”ローソンでは60歳以上のアルバイト店員がこの4年間で約70%増えた。職場への適応に苦労する人もいるが,勤勉なシニア世代は店舗運営に欠かせない存在になっている。ローソン店舗で働く60歳以上の店員は,2016年11月末時点で約7100人。全体に占める比率も4年間で2.8%から4.7%に上昇。これまで若者中心だったアルバイトが,他のコンビニや外食チェーンなどと人材の争奪戦が起きているため,3~4年前から集まりにくくなった。 代わりに元気なシニア世代の応募は増えている。3カ月以内に辞める比率は若者よりシニア世代の方が高い。孫ほど年の離れた同僚から仕事を教わることに抵抗を感じるシニアは少なくない。一方いったん定着すると長く働く傾向がある。”

 生涯現役?働かざろう得ない?時間がある?など,様々な理由があろうかと思います。学生アルバイトが,時給の高い業種に移っていくからだと言われています。


 人手不足,散歩していると中小企業の求人広告が目に付きます。外国人を雇っている所もあるようです。絶対的に人手不足,それが今後さらに増え続けることでしょう。


 そう言えば,お正月の賀状配達や宅配便でも人手不足,遅配が出てきたのは,どうやら「ものの増加と人手のバランスが崩れかけ始めたからだ」と言われていますね。

 しかし,コンビニ…余りに覚えることが多くて,私に勤まるかしら。単純手作業ならばいざしらず,接客だけに留まらず,あらゆることを覚えなければなりません。ダメだ!


 そうですよね。コンビニでできることってたくさんありますよね。ただ単に売るだけならば簡単そうに見えますが,その他の細々したことが多過ぎます。ダメだ!できない! 

 ローソンで働く人の約5%が60歳以上の人達,素晴らしいパワーですね。感心します。あの水色の上着を着た自分,考えただけでもゾッとします。お客さん,来なくなる!

○ 移り気?
”昭文社 は,訪日外国人観光客向けの日本観光情報を発信するブランド「DiGJAPAN!」が運用するFacebook投稿へのリアクションを独自分析した。
 ①人気の都市は東京から大阪・関西へ,②買い物より「日本でしかできない」体験が人気,③アジア圏(特に台湾)では,日本とほぼ同時に流行,タイムラグが少ない,の三つの傾向が読み取れた。
 商店街やご当地グルメなどディープな大阪を楽しみたいと考えている方が多い。今後も大阪を基点として関西の広いエリアに訪日客が広がっていくと考えられる。
 一概に体験といってもコスパも非常に重視されている。和食がリーズナブルに食べられるお店に行くことや,日本文化を無料で体験できる施設なども注目を集めている。
 リピーターの多いアジア圏では,日本で流行したことがそのまま現地でも話題なるほどタイムラグが少なくなっている。
 また,2017年のインバウンドではどんなことが流行するのか,アニメの舞台や映画のロケ地をめぐる聖地巡礼は,日本国内でもブームだが,訪日客の間でも大変な人気。日本のお菓子や飲食物は,今までにない食感が体験できるものが,訪日客の注目を集めている。
 観光のメインは「お買い物」から「体験」に移ってきたとはいえ,お買い物は旅の重要な要素であることは変わらない。コスパが良く大容量のコスメや薬品をまとめて購入する訪日客が増えてきている。普段使いの化粧水などを自分用に買うということは訪日旅行をリピートする可能性が高いともいえる。”

 団体観光客は,一般的には関西(羽田・成田)から羽田・成田(関西)と言う,日本のゴールデン・ルートを通るそうです。これで主要な観光地が回れます。


 東南アジアや台湾・香港などの人達は,冬の北海道に憧れるそうです。いずれにしても限られた日数で回る訳ですから,なかなか素顔の日本を味わう訳にはいきません。


 そんなアジアからの訪日観光客も訪問回数を数えると,自ずとゴールデン・ルートから外した所を回りたくなるのでしょう。買い物も変わってきます。


 お金持ちが多いのか,それともお金を使う場所を決めてきているのか,これから訪日観光客の動きが気になるところです。最低限,マナーは守って欲しいものです。

○ 今日の1枚
Dsc_2099a

« 上がっている数字とは | トップページ | 湯二題 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/69662356

この記事へのトラックバック一覧です: 再就職先は:

« 上がっている数字とは | トップページ | 湯二題 »