2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日のお天気は?

« 鍋を囲んで | トップページ | MSとTKの事故 »

2017年1月16日 (月)

今朝は凍結した道を

○ 急の付く行為は禁止
 一昨日に引き続き,朝起きて雨戸を開けたら…。夜明け前で真っ暗でしたが,降る雪を確認して,まずは朝食です。温かい珈琲,いつもよりも美味しく感じられました。

 センター試験,受験生は受験会場までの移動手段が気になったことと思います。遅れただけでマスコミの好奇心を煽るものです。何でもいいからニュース源が欲しいんですね。

 いくらスタッドレスタイヤを履いていても,やはり急の付く行為は禁止です。見事に追突している光景を見てしまいました。外気温-3度の早朝の出来事でした。

 塩カリの効果の方がはるかに高く,橋・陸橋・斜面で随分助かります。深夜の散布,ご苦労様ですね。まあ予算不足で備蓄が余りないと思いますが,助かります。

 日曜日の早朝と言うことで車の数は少なく,程々の時間で娘を送ることができました。さてさて今朝は,また一段と冷えています。仕事日ですが,またまた凍結が心配です。

 それに夏用タイヤの車は,超ノロノロ運転です。時間がかかりますから,早めに家を出ようと思います。やっと投資した価値を見出すことができました。


○ 久し振りに本屋さんへ
 節約対象のいの一番にあげているのが,書籍の購入です。付加価値の高いもの(お気に入りのカレンダーなど)しか買いません。欲しい本はたくさんあります。

 学生の頃から本屋さんを出てくるとき,財布の中には10円玉しかないことがザラでした。クレジットカードのない頃ですから,ギリギリまで選んで本を買ったものです。

 あの頃,月刊誌では”レコード芸術・太陽”が気に入っていました。特に後者は,現在でも書棚の中,それも結構いい場所に残してあります。あの頃の太陽は良かった。

 日本の古典・歴史・風俗など,太陽が取り扱う分野は広かった。毎月相当な刺激を受け,今でも書棚から引っ張り出すことがあります。間違いなく雑誌ナンバーワンです。

 今回本屋さんに行ったのには,理由があります。DeAGOSTINIから発売が始まった”F1マシンコレクション”の創刊号が欲しかったからです。懐かしいです。

 ”故アイルトン・セナ”がドライブしていた”マクラーレン・ホンダ MP4/4"(1988)です。90巻が予定されているそうですが,後の89巻は要りません。これだけで十分です。

 1980年台から,その前からフジテレビで眠い目を擦りながら,F1を見たものです。好きなドライバーは何人かいましたが,やはりセナが好きでした。大好きでした。

 TAG Heuerの腕時計を買ったのも,セナがイメージ・キャラクターだったから。今年21年目に突入,オーバーオールが待っています。それでも使います。気に入っています。

 余談ですが,以前ご紹介したファントムですが,売り切れ状態でした。8440,確かに人気があります。が,最終的な投資額を計算すると,私には手が出ません。


◇ 旅客機B747の姿
 昨日書きましたが,UA/DLは(予定通り)今年度にはB747-400を全機退役させます。これは以前から流れていましたが,正式に発表されると何とも寂しいものを感じます。

 これでまた”さよならB747”(羽田でCXもやりましたが,呆れました。)と,レンズを向ける人が増えてくることでしょう。航空雑誌もいいネタがいただけましたね。

 私も知人に「UA/DLのB747を撮っておきましょう。」と言った記憶があります。慌てることなく,撮れる時に撮っておくことです。あとは想い出としてとっておけばいい。

 偉そうなことを書いていますが,(FACEBOOKに載せましたが)TGのMD-11/A340-600は焦った記憶があります。特に大好きなMD-11は,撮りたかった。本当に撮りたかった。

 何事も”生々流転”のごとく,同じ所に留まることはできません。同じように見えますが,時間経過と共に少しずつ変わっていきます。今を大切にした撮影をしたいものです。


◇ 今度はエアライン安全度ランキング
”1位:キャセイ・パシフィック航空 2位:ニュージーランド航空 3位:海南航空 4位:カタール航空 5位:KLMオランダ航空 6位:エバー航空 7位:エミレーツ航空 8位:エティハド航空 9位:カンタス航空 10位:日本航空 11位:全日空 12位:ルフトハンザ航空
 そして,算出の根拠
1. 年間の旅客キロ(RPK) 2. 死亡者数 3. 全損になった機材数 4. 重大事故の発生件数 5. 機材全損事故が起きていない年数 6. IOSA(IATA安全運航監査)登録の有無 7. EMA(指標移動平均=事故発生からの年数が多いほど、安全指数への影響が小さくなる)
 8. 事故調査当局の透明性”

今日の1枚
Img_0348

« 鍋を囲んで | トップページ | MSとTKの事故 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/69259558

この記事へのトラックバック一覧です: 今朝は凍結した道を:

« 鍋を囲んで | トップページ | MSとTKの事故 »