2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日のお天気は?

« 危機が近付く | トップページ | うまい話は »

2017年1月10日 (火)

生活のリズム

○ 成人の日,20歳を迎えた本人のみならず,親にとっても一つの区切りの日です。選挙権は,18歳以上に引き下がれましたが,社会から大人と認められる伏し目です。

 ところが,心と身体のアンバランスな輩もいます。また今年も茨城県で,成人式に事件が起こりました。映像・画像を見ると,涙を流す親の姿が想像されました。

 まるで大道芸人かお猿の曲芸かと思わせる出で立ち,情けないですね。他の県では,違法改造車で交通事故です。国にとっても大切な宝が,このような不出来ではねえ。

 しかし,大部分の成人を迎えた若者は,自分に誇りをもつと共にここまで育ててくれた両親に感謝していると思います。これまで以上に”自由と責任”を自覚してもらいたい。


○ 私にとって”過去形”になりつつあることですが,休みの日,あなたはどのようなことをしていますか?朝寝坊?趣味?家族サービス?いろいろ考えられます。

 先日おかしな学校のことを書きました。その時も思ったことですが,どうも”生活のリズム”を大切にしていない人が多いように思います。

 「疲れたから休みの日はゆっくりと起きよう。」と言う人もいます。長時間眠らなければとれない疲れ,これ分かります。が,それを仕事のせいにしてはいないだろうか?

 私も経験していますが,”夜型”の生活は時間の使い方が下手なように思います。これを続ける限り,大切な睡眠をどんどん削っているだけです。

 ”早起きは三文の得”と言われてきていますが,私に言わせれば”朝型”の人は,時間の使い方が上手いと思います。短時間で要領よく事を進めていると思います。

”○ レジャーは休養にあらず。レジャーは仕事ではないが,活動です。その時は楽しくても休みはとれていない。仕事だって波に乗っている時は楽しいが,後で疲れが来る。長期休暇をレジャーという活動に熱中していたら,休養にはならないので疲労回復には役立たない。まして年末と正月の休みが土日に挟まれて9連休ともなれば,時差や寒暖差の大きい海外旅行に出かけて,時差ぼけや不眠,疲れを逆にため込んでしまう人も増える。休みに疲れをきちんととるには,休養となる過ごし方を考える必要がある。
 ○ 生活を仕事モードに戻すのには,一気にフル活動に転ずるより,徐々に戻した方が心身に優しい。休みの間は心身が別のモードとなっているし,人によっては起床時刻が遅くなっている場合もある。普段でも週明けに仕事モードに戻すことのストレスから,マンデーブルーが見られる人は少なくないが,その大型休暇版が起きてしまう。月曜日は,気分だけでなく脳梗塞など身体の異変も起きやすくなる。
 これらには個人差もある。大型連休を海外旅行その他でバリバリ過ごして,その後すぐに仕事もフル活動に戻って平気,という人も中にはいようが,皆がそうではない。自分の体力,持久力をよく考えてほしい。大丈夫と思っていて,後で反動がやって来る場合もある。”

 もう時代は,高度成長期の”働き蜂”を求めていません。多種多様な考え,生き方があります。しかし,”生活のリズム”の作り方が下手な日本人が多いように思います。

 上にもありますが,”月曜病”を起こすような休日の過ごし方をしているようならば,”生活リズム”を再考する必要があります。若いときには分からないかもね。


○ 今日の1枚
Img379a


« 危機が近付く | トップページ | うまい話は »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/69185844

この記事へのトラックバック一覧です: 生活のリズム:

« 危機が近付く | トップページ | うまい話は »