2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日のお天気は?

« またあの香りが | トップページ | 続いています »

2016年12月25日 (日)

少しずつ

○ 今年もあと1週間,(嬉しいことに?)28日まで仕事です。そこで昨日から少しずつ”大掃除”に取りかかることにしました。まずは,窓ガラス拭きから始めました。

 次は,網戸です。ロウバイ以外の落葉樹は,全部落葉が終わっています。庭掃除もあります。庭掃除は,毎日少しずつやると楽です。次は29日以降です。

 風がほとんどないいいお天気,外の掃除にはピッタシのお天気です。歳とともに短期間にやると,疲れがどっと出ることは1年前から分かっています。

 今年は,(ゴミ出しには)曜日の流れが良く,29日まで燃えるゴミを出すことができます。ですから28日午後,部屋の整理・整頓をし,燃えるゴミを出そうという算段です。

 もう一つ,お墓の掃除を忘れないようにせねば。例年慌てて大晦日の午後出かけていますが,今年こそ一日でも早く出かけたいと思います。カレンダーに書き込みをしました。

 今年は後半大変な出来事がありました。これはまだまだ続きます。時間の許す範囲内で,落ち着いて対処していきたいと思います。除夜の鐘・初詣には…。

 私は,この”大掃除”と言う言葉が大好きです。と言うのも,日頃あまり掃除には熱心ではありません。古くからあるこの慣習は,こう言う怠惰な人への戒めでは?


○ 電光掲示板を見るのが
”石油輸出国機構の減産合意から始まった原油高の影響が広く燃料や素材に及んできた。ガソリンは首都圏や関西の激戦区が昨年同時期に比べ1割近く高い。食品トレーや自動車部品に使う合成樹脂もメーカー値上げが相次いでいる。節約志向が強い消費者に影響が広がりそう。世田谷区の環八通りは1リットル119~123円。昨年に比べて8%高い。関西でも125~129円が中心で約6%高い。OPECが8年ぶりの減産を決め,原油価格は急上昇した。円安も進み,石油会社の原油調達コストは大きく膨らんでいる。灯油も値上がり。札幌地区は現在,1リットル71円と11月上旬比15%高い。
 ポリスチレンは,東洋スチレンなどが1月から5%前後の値上げ,容器メーカーと交渉。ポリエチレンやポリプロピレンも,大手が1割前後の値上げを打ち出している。”

 カードのポイントよりも価格の安い店を渡り歩いている私,何せ1ヶ月・半年・一年を累積すれば,ポイント数よりも確実に安価になります。

 これでまた”満タン給油”をすることはなくなります。例えば,成田・京都の安価なGSがあれば,片道切符のように必要最小限のガソリンで行き,現地給油です。

 特に東方遠征は距離が長く=多くガソリンが必要,この効果は大きいです。地元のGSのガソリン価格は高いですからね。これも自衛手段の一つです。


◇ 何とも嬉しい
”関西空港を運営する関西エアポートは,格安航空会社専用の新ターミナルを来年1月28日に開業すると発表。関空の2期島で2012年にオープンした第2ターミナルを広げた。新ターミナルは国際線用とし,ピーチ・アビエーションと春秋航空が使う。
 開業は,中華圏の旧正月(1月末~2月上旬)に予想される混雑に間に合わせる。新旧合わせたターミナルの敷地面積は6万6千㎡,広さは今までの2倍以上。店舗エリアには,店同士の仕切りを取り払った「ウォークスルー型」の大型免税店を設置。短時間で多くの店を回れるつくり。保安検査場には最新型の機器を導入,待ち時間を従来の3分の2に短縮できる。”

 やはりこのスピードも民営化の現れか,いずれにせよ我が国でLCCが一番活発な空港に,我が国で初めての本格的な専用ターミナルが誕生することは,何とも嬉しい限りです。

 全利用機の4割を超す目標を是非達成し,これでも手狭と言われる日が,一日でも早く来て欲しい。アクセスに問題があることが共通点,各公共交通機関の協力が必要です。


◇ 何とも早い
”ロッキード・マーチンは,米軍から受注している最新鋭戦闘機F35の開発コストについて,大幅削減に応じる方針を表明。ドナルド・トランプ次期米大統領は,F35の開発コストが「高すぎる」として,値下げを求めていた。マリリン・ヒューソン最高経営責任者は,「私からトランプ氏にコストの積極的な削減に取り組むことを約束した。最も低いコストで軍事力の最大化を求めるトランプ氏の立場を理解している」と述べた。”

 ”相見積もり”ではありませんが,ボーイングにF-18改良版を打診していたトランプ氏。慌てたロッキード・マーチン,大急ぎで大幅削減に応ずるコメントです。

 トランプ氏の評価は上がるでしょうか。飛行機製造というのは,自動車以上に裾野が広いです。また少数・高額がつきものです。下請けいじめにつながるような気がします。

 大量生産の代名詞である自動車部品,例えば○田の下請けへの値切りは,誰でも知っています。まるで「乾いたぞうきんを絞る」とまで言われています。

 どうも○田のやり方を見ていると,同郷の徳川家康及び歴代の江戸幕府の方針と似ているような気がします。これでロッキード・マーチンの下請けは,氷河期に入るでしょう。


今日の1枚
Img_0311aさっぱりしました。


« またあの香りが | トップページ | 続いています »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/68978147

この記事へのトラックバック一覧です: 少しずつ:

« またあの香りが | トップページ | 続いています »