2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日のお天気は?

« アマチュア+楽しむ | トップページ | パニック »

2016年12月 7日 (水)

匂い?臭い?

○ よくこのブログで「お香を焚いてゆったりと…」と書いてきました。が,難敵(?)も存在します。娘です。匂いには,超敏感です。娘の在宅中は,お香は御法度です。

 「こんなにゆったりできるのは,お香の香りだ」と思っているのですが,娘には通用しません。下手をすれば,換気扇全開?窓を開けられます。寒いです。

 考えてみれば,日本人って匂いには淡泊な民族ですよね。これは入浴を欠かさない民族であるからとも言われています。しかし,食生活は大きく変わりました。

 日本でお香が広まったのは,入浴回数が少ない頃(貴族の時代)と言われています。西洋人の香水使用と同じなんですね。そう”匂い消し”ですね。

その影響でしょうか,日本の(付加価値の高い)お香の中心地は京都です。値段も天井がないくらい…。香道と言う芸の道があるのも日本くらいです。

 ところが現代社会では,どうもこの”臭い=悪,不潔”と言ったイメージが重なってきました。体臭・口臭から始まり,様々な分野で嫌がられる存在にもなってきました。匂いが一蹴され,臭いばかり問題視されています。

 例えば,ニンニク,ニラ,ネギなどのユリ科の野菜・ブロッコリー,小松菜,キャベツなどのアブラナ科の野菜。砂糖や肉,乳製品,アルコールも…。これらは口臭の元です。

 肉,肉のたんぱく質は分解されて臭いのもと,血中脂質を増やし,汗腺の働きを強める。アルコールや乳製品も匂い(体臭))の元です。

 臭いを抑えるものとしては,ポリフェノール,カテキン,緑黄色野菜,かんきつ類,タマネギ,海藻などのアルカリ性食品が有効だそうです。

 やはり日本人には,昔から濃いめの緑茶が臭い消しにいいと言われてきました。事実緑茶に含まれるカテキンは,効果があります。昔の人の生活体験から来る知恵です。 

 お香=高価のイメージとともに,多忙な現代人に似合わない側面もあります。貴重な天然木の香りを楽しんだり,香りを当ててみたりする道,あなたは,挑戦されますか?

 まあ(半)年金受給者としては,安価なお香で我慢するしかありません。それでも自室でゆったりとした気分になりたいとき,音楽とお香は欠かせませんね。

 こういった精神的な満足感を一時でも味わうことが,私にとって大切なことです。365日ホリデーになれば,ますますその重要度が増してくると思います。


○ この先は
”KDDIは,ビッグローブを日本産業パートナーズから買収する方針を固めた。KDDIは,ニフティの買収についても富士通と詰めの交渉に入った。スマートフォンの成長が鈍化,ネット通販や電気など通信事業以外の収益源の多角化を急いでおり,ネット接続の顧客基盤を新サービス拡大に生かす。
 KDDIは,光回線で国内7位。ビッグローブの買収でNTTコミュニケーションズに次ぐ2位に浮上。契約者数は約370万件に増え,国内シェアは約13%。買収額は700億~800億円程度。ビッグローブは2006年にNECが分社,14年にJIPが約700億円で買収。JIPは投資回収のため売却先を探していたが,KDDIと大筋で合意。近く発表。ニフティは富士通が完全子会社化したうえで,企業向けクラウド事業を本体に取り込んだ。個人向けのネット接続については入札方式で売却を模索。KDDIや伊藤忠商事など複数社に絞られ,金額面の交渉に入った。買収額は200億~300億円程度。KDDIによる両社の買収が実現すれば,買収総額は1000億円規模になる見通し。
 携帯大手はスマホとのセット販売で割安なプランを提供して利用者を獲得し,ネット接続でシェアを伸ばしてきた。長期利用する人が多いネット接続の顧客を増やすことで携帯の契約者をつなぎ留める狙いもある。
 スマホの次の収益源を確保するため。物販や電力,生損保や決済サービスなど非通信事業の育成に力を入れている。ネット接続の会員を取り込んでauブランドによる「経済圏」づくりを急ぐ。”

 nifty,biglobeと言えば,プロバイダーの老舗です。起業して約20年,吸収合併の荒波に飲み込まれていくようです。かつてほどプロバイダーの乗り換えは減った?

 スマホの世界もジワジワと低価格業者のシェアが拡がり,かつての旨味に欠けるようになってきたようです。多角経営でガリバーNTTに迫るKDDIといったところかな。


◇ ピーチの国際線の搭乗者,さらにさらに伸びると思います。
”ピーチ・アビエーション(APJ/MM)は昨日,国際線の累計搭乗者数が500万人に達した。国際線の運航開始から約4年7カ月での到達。ピーチは2012年3月1日,関西-札幌,福岡線を開設,運航を開始。同年5月8日,関西-ソウル(仁川)線を就航,国際線の運航を開始。現在は関空から6路線,那覇と羽田から3路線ずつ,計12路線の国際線を運航。
 今年2月に羽田-ソウル線を開設。11月には関空と羽田から上海(浦東)への乗り入れも開始。
 現在はA320を18機運航。11月にA320neoを10機発注,アジアでの路線網拡大を狙う。また,2017年夏ごろに仙台空港,2018年度中に新千歳空港を拠点化,国内外路線を強化。”

 1年間で100万人以上の海外旅行客を運ぶのですから,これは立派な数字です。いずれも激戦路線ですから,余計にその数の多さに驚かせられます。

 ピーチの凄さは,まずは24時間空港関西空港を拠点としたところです。そして値段にうるさい関西人を唸らせた価格設定です。この二つが原動力となりました。

 昨日採り上げたバニラもそうですが,機数が増えると言うことは従業員が増えると言うことです。ファミリーからの脱却?,管理職の能力がますます問われるようになります。


今日の1枚
Dsc_6146a

« アマチュア+楽しむ | トップページ | パニック »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/68739809

この記事へのトラックバック一覧です: 匂い?臭い?:

« アマチュア+楽しむ | トップページ | パニック »