2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日のお天気は?

« プラチナ・チケット発売 | トップページ | トップ企業の裏は »

2016年11月18日 (金)

今年も

○ ニュースの片隅に「今年全国で初の学級閉鎖」とありました。2週間位前に(確か)二つの県で大流行し始めたともありました。いよいよインフルエンザの流行が…。

 私は,既に予防接種をうちました。これは随分前に書きました。この予防接種,面白いですね。病院によって値段のバラツキがあります。探してみたら,

”インフルエンザの予防接種は任意で保険外治療であるため,価格は医療機関によって様々。予防接種の価格はどのように決まるのだろうか。ワクチンの購入費,診察費用,注射器などの原材料費,医師や看護師の人件費,事務手数料,固定資産税などから採算性を考慮して計算される。これらの経費の中には毎年変動するものもあるため,それに応じてワクチンの接種費用も変わる。ちなみに昨年は値上げした医療機関が多かったが,これはワクチンが従来の3価ワクチン(3種類のインフルエンザに対応したもの)から4価ワクチン(同4種類)に変わってワクチンの原価が上昇したことが要因の一つ。
 採算性について病院ごとの事情や考え方の差があることに加えて,市町村や健保から補助金が出される場合があり,なかには補助を利用すると実質無料に近い料金で接種できるケースもある。小児科を中心に2回注射を打つ場合は2回目を安くしているところもある。同じワクチンである以上,値段が違っても効き目は変わりない。
 また,一般的には総合病院など大きな病院では金額が高くなる傾向がある。人件費など背景は様々,総合病院はより重症または急性期の患者の対応に重きを置くため,健康な方の予防接種で混雑することを防ぐ為にあえて高めの料金にしているところもある。”

 ならば,情報を仕入れて少しでも安い医療機関で接種した方がいい。私の場合は,補助金が出ていますから1200円でしたが,元は3500円です。

 それでもインフルエンザにかかる!。65歳以上の健常な高齢者では約45%の発症を防ぎ,約80%の死亡を阻止する効果があったと言われています。

 ワクチンの効果が期待できるのは接種した2週間後から5ヵ月程度,毎年接種する必要があります。一昨年から通年を通して流行しています。いつうつか?

 さらに家から出たら,マスクをすることです。通勤バス・電車内は,間違いなくウィルスが存在すると思います。帰宅したら,うがい・手洗いですね。

 それでもインフルエンザに罹患したら,運が悪いんでしょう。医者に行けば待たされます。待合室は,さらにインフルエンザのウィルスが…。マスク!マスク!

◇ これからはハワイの季節?
”日本航空は,2017年1月28日から2月24日までの成田/ホノルル線と関空/ホノルル線について,臨時便を設定した。旺盛なハワイ旅行需要を受けたもので,JLはすでに2路線について,ホノルルマラソン期間の12月8日から10日まで,年末年始,1月下旬から2月中旬まで,3月などについても臨時便の運航を決定している。
 今回は新たに,1日4便で運航している成田線に週1便を,1日1便で運航する関空線に週6便を追加。航空券は11月10日に販売を開始した。使用機材はいずれもB787-8。座席数はビジネスクラス38席,プレミアムエコノミークラス35席,エコノミークラス88席の計161席。”

 大昔午前中のホノルル空港は,日本からの到着便が続々と降りてきました。ほとんどがB747でした。そしてお昼前後に続々と日本に向けて飛び立っていくパターンです。

 今でもその光景は変わらないと思います。高齢者から子どもまでハワイは,出発・到着時間がいいです。また,飛行時間もそれ程長くはありません。

 日本航空は,古くからハワイ路線を重視してきました。今回は,B787での増便ですが,それだけ需要があると言うことですね。ここにA380ですからねえ。

今日の1枚
Dsc_0863a


« プラチナ・チケット発売 | トップページ | トップ企業の裏は »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/68474714

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も:

« プラチナ・チケット発売 | トップページ | トップ企業の裏は »