2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今日のお天気は?

« 無料Wi-Fi | トップページ | 今年も »

2016年11月17日 (木)

プラチナ・チケット発売

○ 呆れ返るすご技
 福岡地下鉄工事の現場,死傷者ゼロと言うことで喜んでいました。何でも危険を察知し,作業員全員が避難後15分経って落盤が起こったそうです。

 ニュースでは,動画付きで落盤(地上からは陥没)の様子を映し出していました。地上でも死傷者はゼロ,驚くべき事実です。あれだけの大きな穴,復旧には…。

 しかし,このニュースが流れて数時間後には,「仕事が来る」と某会社は運搬用車両まで用意したと言います。水分を含むと急激に固まる特殊な土だそうです。

 これが作れるのはもう1社あるそうですが,依頼をされる前からの準備,驚きます。石炭を掘る炭鉱の落盤事故から得たノウハウだそうです。

 昼夜を問わず24時間復旧作業が続いたと言います。驚くなかれ,地上の設備を含めて1週間で完全復旧,呆れ返る日本の技術と海外でもニュースになったと言います。

 現場は,JR福岡駅の目と鼻の先です。昼夜を問わず車の往来が激しい道路,少しでも早く復旧,但し再び陥没することのない完璧な工事,呆れ返るすご技です。

○ 呆れ返るすご技(2)
 この記事を読んだときも「一体どういう仕組み?」と思いました。何って?日立製作所の開発した”レンズレス・カメラ”のことです。そうレンズがないカメラです。

 海外では開発されているようですが,画像処理に時間がかかるのが欠点だそうです。が,これは違います。その処理速度は,約300倍になったそうです。

”画像センサーの前に新開発したフィルムを置き,入ってくる光線がつくる影に処理を加えて画像データにする。平面だけでなく奥行きのある画像情報を取得できるため,撮影後でも映像のピントを自由に調整できる。そして薄く,軽く,車やロボットに搭載しやすくなる。低価格化も可能となる。”

 防犯カメラや車載カメラなど,その用途は多岐にわたるものとなりそうです。世界初の技術ではありませんが,実用に耐えうる新技術です。

 小型カメラは,将来ドア・ミラーすらなくしていくものです。画像処理速度や明るい暗い場所できちんとした画像が得られるようになれば,さらに用途は広がります。

◇ ブームですな
 毎年今頃”初日の出フライト”の広告で賑わいます。雲に影響される,必ず”初日の出”が拝めます。成田・羽田・中部・関西・北九州出発の便を設定されるようです。

”バニラエアは,初日の出フライトを実施。成田を発着,太平洋から昇る初日の出を観賞。日本のLCCでは初日の出フライトを実施するのは初めて。午前6時ごろに成田を出発,初日の出と富士山を観賞。午前8時ごろに成田に帰着。A320で運航,便名は未定。機内では正月弁当を提供,2万円相当のクーポンやオリジナルグッズをプレゼントする抽選会を実施。搭乗証明書と成田市の滝沢本店が製造する日本酒「長命泉」もプレゼント。成田空港のチェックインカウンターに,午前4時20分までに集合。定員は162人で最少催行人員は140人。座席指定はできない。”

 どの”初日の出フライト”も盛況で,約1分で即完売っといった感じです。まさに”プラチナ・チケット”です。日本人は,初日の出に特別な思いをもっています。曇ったり雨だったりすると,ガッカリ?

 私のお薦めは,やはり”鏡開き”のある航空会社の”初日の出フライト”ですね。搭乗前からいい気持ちです。飲酒・酒気帯び運転は,絶対にいけません。

 水を差すようなことを書きますが,初日の出を上手に撮影しようとする気持ちはもたないほうが賢明です。理由は,飛行機の窓,それも外側のガラスは傷が多いです。

 もう一つは,同じ高さをトラックを回るように飛行します。最初はいいのですが,時間が経つにつれ,他の高さの飛行機の飛行雲が…。

 やはりチケットを入手するのも幸運,話の種として参加することがベストです。升酒に酔い,美しい”初日の出”に酔ってくださいね。私?招待ならば参加しますが…。

今日の1枚
Dsc_0130


« 無料Wi-Fi | トップページ | 今年も »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/68460340

この記事へのトラックバック一覧です: プラチナ・チケット発売:

« 無料Wi-Fi | トップページ | 今年も »