2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今日のお天気は?

« ハイ?ロー? | トップページ | 小市民的なささやかな人生 »

2016年9月23日 (金)

朝風呂

○ 雨の日が続いています。ほとんどのカメラマンは,このお天気にお手上げではないでしょうか。と言う私もその一人です。26日のお天気が気がかりです。

 そんな訳で久し振りに”入浴施設”に行ってきました。我が家から自動車で約30分以内に六つの入浴施設があります。その内,午前8時50分までの朝風呂が400円の所へ。

 これは以前にも書きましたが,ここはBGMが気に入っています。朝からモーツァルトの軽めの音楽を聴きながら入浴,何とも贅沢な気分,400円で済みます。

 ニュルニュルの湯,漢方のサウナ,ジェットバスが,私のお気に入りです。こう言った施設は,温泉であることが望ましいのですが,ちょっと贅沢です。

 高温サウナに入らなくなって,低温もしくはミストサウナが好きになりました。ここの漢方の匂いは,湯気に混じってジワジワと身体に染みこんでいくように思います。

 駐車場もほぼ8分くらいの混雑,お風呂の好きな人が多いですね。家にはない浴槽・サウナなど,嬉しい設備に惹かれるのでしょう。気持ちが良かった。

 湯疲れにリクライニングの効いた椅子で休憩,なぜゆったりとしたい場所に騒がしいテレビが置いてあるのか,不思議です。大きな声で携帯電話をしている人も…。

 誤魔化しの温泉宿が多いですが,そこは割り切って近くの入浴施設で済ませるのも一方法では。それともドライブを兼ねて本格的な”源泉掛け流し施設”にでも。

◇ 三匹目のドジョウを
”日本航空は,人気キャラクター「ドラえもん」を描いた特別塗装機「ドラえもんジェット」(B767-300ER:JA610J)を就航させた。上海線を中心に中国路線で2017年3月末まで運航する。特別塗装機は,ドラえもんを前部胴体に縦4.6m,横5.9mのデカールで描き,後部胴体に東京の街並み,後部ドアにはドラえもんのひみつ道具「どこでもドア」のデカールを貼った。”

 最初はB777-300で,次はB767-300で「ドラえもんジェット」を運航した赤組,青組のスターウォーズのような迫力はありません。両社の力の差が,ここでも出ています。

 今回評価できる点は,二つあります。一つ目は,機首前面にドラえもんを貼ったこと。二つ目は,撮影に適した時期の運航であることです。

 ただ中国便限定となり,しかもB767での運用となると…。(冬スケ)羽田・成田~上海羽田~広州くらいです。嫌みなくらい出発時間は…。成田のRW34L,遠いなあ。

◇ これはいい
”デルタ航空は,日本発着の米国本土路線とホノルル路線のエコノミークラスで,機内用スリッパの提供を9月15日から開始した。日米間の長距離国際線で,全クラスの乗客にスリッパを用意するのは同社が初めて。
 機内用スリッパは,成田と羽田,中部発着の米国本土路線と,成田と関空,中部,福岡発着のホノルル路線で用意。10月30日に新設する羽田-ミネアポリス線と,同日から昼間時間帯へ移行する羽田-ロサンゼルス線でも提供する。
 デルタ航空では,エコノミークラス「メインキャビン」と「コンフォートプラス」の乗客向けサービス向上の一環として,7月から日本発の米国本土路線で「ハーゲンダッツ」のアイスクリームを提供開始。米国発の帰国便では出発空港により「ベン&ジェリーズ」か「マグナム」のアイスクリームを用意し,ホノルル線は帰国便のみベン&ジェリーズのものを提供している。”

 これは良い意味でデルタ航空の太っ腹を評価しましょう。スリッパ,私は持参していました。靴と違って足の圧迫感がありません。ついでに靴下も脱ぎたいのですが…。

 もったいないのでビニル袋も配付して欲しいですね。滞在ホテルの室内でも使えます。そうすればデルタの機内のゴミを減らすこともできます。

 ビニル袋をケチるか,機内ゴミを増やすか,さあどちらを選ぶのでしょう。心配りもここまでいくと,さすがデルタ航空と評判も上がると思います。

今日の1枚
Dsc_0483a


« ハイ?ロー? | トップページ | 小市民的なささやかな人生 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/67621187

この記事へのトラックバック一覧です: 朝風呂:

« ハイ?ロー? | トップページ | 小市民的なささやかな人生 »