2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今日のお天気は?

« 消費節約志向 | トップページ | 逃れたい »

2016年9月30日 (金)

ロシアの出方に注目

○ 喜びもつかの間
 Windows 10の"up-date"成功に喜び,"Google-toolbar"を再インストールしたら…。やはり”スクリプト・エラー”が頻発に発生,どこかにバグがあるようです。

 そしてタブレットも"up-date"を実行しましたが,99%更新で止まったままです。もう一度やり直したら,約2時間で完了しました。何が原因?

 喜びもつかの間,またコンピュータとの格闘が始まりました。これに費やす時間,もっと他のことに使いたいです。ここで止める訳にもいかず,素人は…。

 デスクトップ・コンピュータでも1時間ほどかかりました。相当大きな情報量です。しかし,光通信のおかげで何とか収まったのですが,あのエラーは…。

◇ やはり
”ウクライナ東部で2014年に撃墜されたマレーシア航空機を巡り,刑事責任の追及を進めているオランダ検察当局など5か国の共同捜査団は,同機を撃墜したミサイルが「ロシアからウクライナ東部に運び込まれ,親露派の武装集団の支配地域から発射された」とする中間報告書を公表した。
 オランダ安全委員会は15年10月の最終報告書で,同機が地対空ミサイルBukによって撃墜されたと断定。今回の報告書も同様の見方を示した上でミサイルの発射現場も特定。「現場は親露派の武装集団に支配されていた」と踏み込んだ。
 捜査団は,武装集団の一員とみられる男らの通話記録や目撃証言などから,ミサイルの発射場所を武装集団支配下のウクライナ東部の田園地帯と割り出した。ミサイルがロシアから運び込まれ,航空機を撃墜後,発射台が再びロシアに戻されたとも指摘した。”

 マレーシア航空B777のインド洋落下事件と並び,国際的にも注目されていた判断でした。ミサイルを民間機に向けて発射する,許される行為ではありません。

 仮に間違って打ち落としたとしたら,その判断能力(レーダー探知を含む)に疑問が残ります。未熟なものに大量破壊兵器を委ねる所から間違っています。

 多くの国がロシアを非難し,経済制裁に踏み切ったことはご存じの通りです。石油・天然ガスの下落と共にロシアが傾き始めた原因です。当然の結果です。

 独裁者プーチン,お隣の習近平,そしてお騒がせお坊ちゃんなど,国家を私物化するような権力者達,ここでも泣くのは国民です。これではヒトラーと変わりがない。

南シナ海の侵略を企てる中国,ウクライナを属国扱いするロシア,やはりこの軍事大国の体質は,世界の脅威です。安全保障理事国でもあることが,戦後の世界の最大の誤りです。

◇ 懐かしい
”エア・カナダは,2017夏スケジュールの路線拡大の一環として,エア・カナダ・ルージュで名古屋/バンクーバー線の直行便を開設すると発表。この路線は,エア・カナダが2001年12月に運休した路線。レジャー路線を運航するエア・カナダ・ルージュに切り替え,復活する路線。2017年6月1日から,名古屋発AC1956便が16時40分が水・金・日,バンクーバー発AC1955便が12時45分が火・木・土。8月と9月は名古屋発が火,バンクーバー発が月を加え,週4便での運航。
 エア・カナダのバンクーバー発着の日本路線は,エア・カナダ・ルージュ・ブランドを含め,羽田・成田・関西とあわせ,4地点。”

 この路線は,CPのDC-10/B767で利用しました。特に後者は,2-3-2の座席配置,しかも非常口後方という(ちょっと)リッチな座席でした。

 バンクーバーから国内線を乗り継ぎ,カナディアン・ロッキーへ(東部へも行けますね。)。雄大な景色に圧倒されます。特に氷河湖は美しかった。

 また,夕刻出発~午前中到着・昼頃出発~夕刻到着とハワイと似通った時間帯です。高齢者にも優しい時間帯です。また,行きたいなあ。

◇ よかったが,これからが…
”MRJが,28日夕(日本時間29日午前),試験飛行の拠点となるモーゼスレークのグラント郡国際空港に着陸。新型の国産旅客機が米国に飛来するのは,YS11がデモ飛行した1966年9月以来,半世紀ぶり。”

 日本よりも気象条件のいいクラント空港,もう言い訳は通用しません。試験飛行を順調にこなし,2500時間を達成して欲しいものです。

今日の1枚
Img802a


« 消費節約志向 | トップページ | 逃れたい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/67728231

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアの出方に注目:

« 消費節約志向 | トップページ | 逃れたい »