2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日のお天気は?

« 変わらない体質 | トップページ | MRJ、最大の危機 »

2016年8月25日 (木)

いつまで働かされる?

○ いつものごとくコンビニ・カフェ,レジの横を見ると湯気が見えました。そう暑い日が続いていますが,コンビニは”おでん・モード”に切り替えです。

 「売れ行きは?」とレジ係のお姉さんに聞いてみると,ニタニタ…。彼女もいくら何でもこの猛暑の中での”おでん”は,売りにくいようです。

 「先んずればことを制す」とは言うものの,もう少し地域の気象状況を見ながら判断すれば…と,余分なお節介をしてしまいます。皆さん,おでん食べます?

 最初に戻りますが,コンビニ御三家の珈琲,それぞれ特色ある味をもっています。そのときの体調・気分によって変えるのも一興です。皆さん,どこの珈琲がお好き?

○ 現在の国の定めた法に”高年齢者雇用安定法”があり,希望者には65歳までの雇用が義務付けられています。これには年金支給開始年度にも影響しています。

 目を遠くにやると,これでも雇用者不足は補えません。女性の職場復帰同様,さらに年齢を引き上げるような計画があります。仮称”65歳超雇用推進助成金”です。

 これは,定年の引き上げや廃止,非正規労働などでの継続雇用によって65歳を超えて意欲のある高齢者を引き続き雇用した企業に一定金額を補助するものです。

 自分で言うのも何ですが,サラリーマンのような雇用を65歳までもきついのに,さらに上積みするとは…。歳とともに技に深みが出るような職業ではありません。

 さらに終業と次の始業の間に一定時間をおく”勤務間インターバル(連続休息時間)”制度を導入した中小企業への助成金を出すことも。エンドレスの労働?

 縦割り行政です。これを実施することで,年金支給を遅らせたり減らしたりすることが裏にあると思います。長年支払ってきたものが,全額返ってこない?

◇ いつまで続く?
”天津航空が10月にも大連と北九州を結ぶ週2往復の定期路線の就航を検討。大連市と北九州市は友好都市関係にあり,観光やビジネスで一定の利用客が見込める。天津航空は昨年12月から3カ月間,観光客向けに大連~北九州のチャーター便を運航。ジンエアーも北九州とソウル,釜山を結ぶ定期路線の開設を検討。 
 福岡空港は今年3月,国が発着回数や時間帯を制限する混雑空港に指定,新規就航が難しい。”

 北九州空港,北の茨城空港のような存在ではないでしょうか?バックグランドも狭く,今までも予想集客数に遠く及ばない地方空港です。便利な福岡空港があります。

 ただここは,海上空港で(一応)24時間運用されています。時々レアなカーゴ便があることも地元ファンを喜ばせているとか…。

 横道に逸れますが,午前中は大分空港と同じくウォッチングです。ターミナル内にある焼酎バー(?)がありました。今はどうか知りません。ここは良かった。

 LCCは参入が素早く,さらに撤退も早いです。まして中国・韓国のLCCとなれば,その可能性はさらに大きくなります。茨城空港の二の舞になる可能性は大です。

今日の1枚
Img110a

« 変わらない体質 | トップページ | MRJ、最大の危機 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/67169161

この記事へのトラックバック一覧です: いつまで働かされる?:

« 変わらない体質 | トップページ | MRJ、最大の危機 »