2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今日のお天気は?

« 新しい月 | トップページ | お付き合いもほどほどに »

2016年8月 2日 (火)

膝と頭以外は

○ ウハウハ
 元横綱千代の富士,小さい身体でも横綱になれる,相撲界の宝でした。膵臓癌,おふくろさんと同じです。安らかにお眠りください。

 先日も日本人の平均寿命のことを書きました。私も”余命”と言う言葉が似合うようになりました。が,まだまだたくさんの煩悩があります。

 それに2男坊のためには,まだまだバテる訳にはいきません。昨日,検診結果を聞きに行きました。いくつかの項目があり,どこか一つくらいは?結果は,全てシロ!よかった。

 明後日の職場の定期検診,余裕をもって臨むことができます。毎日水分をたくさん摂り,石を出せば,しばらくは安心して過ごすことができます。ウハウハ。

 ただ,先日剪定時に右膝に痛みを感じたことだけが,不安材料です。左膝は随分前からですが,右足まで同じ症状とは…。突然来るだけに困ったものです。

○ 久し振りの夕立
 携帯電話に雷注意報→大雨注意報→大雨洪水注意報と着信がありました。午前中の晴天からは予想もできないお天気の急変,凄まじい雷音と雨でした。小降りになると…。
P1020133

○ 私も台湾が大好きです。
 今月台湾に行けたらなあ。あの”マンゴーかき氷”が食べられる。マンゴーにかき氷が隠れているあのボリューム,それに青菜炒めがあれば,最高ですね。

”日本の対台湾窓口機関:交流協会台北事務所が行った台湾住民の対日意識などに関する世論調査の結果,「最も好きな国」(一つ選択)で日本と答えた人が56%(男性59%,女性54%)に上った。2位は中国で6%,3位は米国で5%と,大きく引き離した。調査対象となった20歳代~80歳代の全年齢層で,50%以上が日本と回答しており,台湾住民の親日ぶりがデータでも裏付けられた。また,最も好きな国として日本を挙げた人は,2012年の調査では43%だったが,今回の56%は過去最高となった。”

 こうした台湾の人達や日本人の台湾への好感度が,日本~台湾における物的・人的交流の激しさにつながっていると思います。ここに参入する航空会社の多いこと!

 特に台湾のLCCの日本各地への路線開拓は,以前の韓国のガリバーの西日本への路線開拓に似ています。これも羽田効果でこれは随分薄れてきました。

 台湾,小さな国ですが,日本同様治安がよいこと・フレンドリーなことなど,大変に好感がもたれます。隣国2国とは,ここが違います。告げ口大統領の国は…。

 台湾の人達も隣国2国を必ずしも好感をもっていないこと,”嘘と恫喝と僻みの国”です。欲しいものは,「そもそも○○は,我が国の…。」と言い出す始末です。

 竹島しかり尖閣諸島しかり,ともに後からとってつけたような歴史認識,また慰安婦問題も内政の失敗をここにこじつけている?日本が支払ったお金を何に使ったの?

 この隣国2国との物的・人的交流が低調なことは,我が国の国家利益を考えると,大変にいいことです。全く信頼できない2国です。台湾と大違いですよねえ。

◇ 民営化の効果はこれから
”6月の関西国際空港の航空機発着回数は,前年同月比8%増の1万4425回。国際線が同18%増の1万500回と高い伸び率。国内線は同11%減の3925回。
航空旅客人数は,同10%増の202万人。国際線が同18%増の150万人。外国人旅客が同22%増の100万人。国内線が同7%減の52万人。貨物量は同6%増の5万8894トン。
 大阪国際空港の国内線発着回数は横ばいの1万1272回。航空旅客人数は同1%増の116万人。貨物量は同7%増の1万653トン。”

 先月・今月と夏休みシーズンに突入,関西が熱い!これで民営化の効果が現れれば,さらなる飛躍が期待できます。ただ国内線は,伊丹がある以上望めませんね。

◇ これも楽しみです
”7月29日,トゥールーズ工場でA350-1000試験飛行初号機がロールアウト。製造番号は059。059は,最終的な構造確認,地上試験,塗装,キャビンとコックピットの装備を完了させ,塗装完了。今後はエンジンを搭載し,地上試験などを経て,飛行試験へと移行する。計画では2016年第4四半期に初飛行を行い,2017年半ばには1機目が納入される。なお,初号機に加え,製造番号065と071の3機体制で型式証明を取得する。A350-1000は,全長は約74m(B747-8は約76m),エアバスが製造するワイドボディ機で最長の胴体長さ。標準座席数は3クラス仕様で366席。
 日本航空がA350-1000を13機発注,A350-900の18機とあわせ,中・長距離路線の機材として導入予定。”

 これだけ長い機体ですと,デザインが難しいと思います。B777-300のJL/MU/AFを思い浮かべてください。何とも間抜けな機体です。機体の大部分は,真っ白です。

 新塗装に完全に移行していないJLですが,A350-1000(900)に合わせて,もう一度CIをしてはいかがなものでしょう。白い鉛筆のようでは,様になりません。

 思い出した,MUのA340-600に(確か)万博記念塗装がありました。EYのF1塗装など,細長い機体ながら上手く処理している事例があります。

 もう一つ,昔JD/JASのMD-90に”黒沢カラー”がありました。31機,全部特別塗装機にしたら,これは話題になります。お金持ちの会社ですから,やって欲しいですね。

 因みにネットでは,059の画像がたくさん出ています。便利な世の中ですね。(やはり様にならない塗装ですね。"1000"がなかったら,終わっています。)
23269b19

◇ 疑いはマレーシア政府にも
”2014年3月に南シナ海上空で消息を絶ったマレーシア航空機をめぐり,オーストラリアンは,パイロットが操縦したまま海に墜落した可能性が高まったと報じた。オーストラリア政府当局者の話として伝えた。パイロットの自殺説を裏付ける材料になりそう。
 回収された残骸の翼の破損状況を豪当局が分析した結果,操縦が不能な状況下の墜落でなく,制御された状態で海に衝突してできた傷であることが判明した。インド洋南部での機体捜索活動では,燃料切れで失速して墜落したとの想定で,捜索範囲が設定されている。墜落直前まで操縦していたなら,この範囲外に墜落した可能性もある。” 

 Captainのシュミレーターの記録が分かり,自殺説が濃厚になってきたことは以前書きました。そして今回のオーストラリアの報道では,さらに自殺説を裏付けるもの?

 前回はアメリカからの報道,その内容をマレーシア警察は否定しました。さて今回は,さらなる”自殺説”を裏付けるようなものです。マレーシア政府は,同反応するか?

 自国の航空会社の事故に対して,この3年間マレーシア政府は本腰を入れて取り組んできたのか?何か裏があると勘ぐられても仕方がありませんね。

 あるいはもっと早くからこのこと(自殺説)が分かっていて,事件をムヤムヤに終わらせようとする判断なのかもしれません。他国に莫大な探索費を出させておいて。

今日の1枚
Img781a


« 新しい月 | トップページ | お付き合いもほどほどに »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/66798253

この記事へのトラックバック一覧です: 膝と頭以外は:

« 新しい月 | トップページ | お付き合いもほどほどに »