2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今日のお天気は?

« MRJ,大丈夫? | トップページ | 残るは… »

2016年8月29日 (月)

どうして飛ばすのかしら

○ NH:B787について
 いろいろな情報を入手,まずは青組のプレスリリースから
http://www.ana.co.jp/group/pr/787/pdf/20160826.pdf じっくりお読みください。

 これを読むと,すでに半年前の2月に症状が出ています。エンジン製作メーカーRRと協議し,国際線仕様のB787において改修を施してきた。国内線は手つかずのままでした。

 そして8月20日,ついに国内線仕様でも同じ症状が発覚,26日プレスリリースに至った訳です。対応の甘さ,安全を第一に考え,もっと早く部品交換を計画的にすべきでした。

 予備エンジン+暫定的な対応では追いつかず,ついに国内線B787の部分運休となってしまいました。世界一のB787保有航空会社の面目丸つぶれ,自ら蒔いた種です。

 RR,BI/RBA:B787においても同じ症状が出て大慌て。同エンジンを積む世界中の航空会社に早期交換を求めることになりました。これも対応が遅いですね。

 KE/KALの羽田でのエンジン内のタービン破裂,これが飛行中に起こったならば…。1発でも飛行可能ではありますが,同時に起こったらグライダーです。

 エンジンの高出力化の進歩には著しいものがあります。世の中双発機の時代を迎えたのも,ここに一因があります。が,信頼性は高いものの人間が作るものです。絶対はない。

 公共交通機関の絶対条件は,安全性です。半年も放置しているようなことでいいのだろうか?我が国の絶対的キャリアとして,いささか安全性に欠けるやり方と思います。

 部品交換前の飛行機に搭乗する者の身になったら,もっと迅速に対処すべきだったと思います。RR及び全日空のやり方には,いささか疑問をもちます。全面飛行中止でしょう。

○ 久しく忘れていましたが
”総務省は自治体が住民に発行する公共施設の利用カードをマイナンバーカードに一本化できるようにする。図書館やスポーツ施設などの利用カードのID情報を国がつくるクラウドシステムに集約。マイナンバーカードを提示すれば施設の利用に必要な情報を呼び出せるようにする。2017年度に一部の自治体で試行し,18年度の全国展開を目指す。
 利用者はマイナンバーカードを施設ごとに置く読み取り機にかざすと,ICチップに入っているIDと施設が管理するIDが照合され,施設を利用できる。”

 国民10人に1人というマイナンバーカードの普及,カードの普及のためにあれやこれや考えているようです。ETCカードのようなメリットはありません。

 カードがどんどん普及すれば,いよいよ本丸(国民の情報管理)がやってきます。無言の抵抗:カードをもたないを運動を展開してはどうでしょう。

 そしてこのカード,携帯するのにも不安が残ります。財布の中には,現金+クレジットカード+交通系カード+各種ポイントカードなどなど。

 便利なカードですが,クレジットカードですら悪用される時代です。やはり携帯するには用心が必要です。なくしたり,落としたり,盗まれたり…。

○ 最強の食事法とは
”健康目的のために摂取量を控えるとしたら,それは「炭水化物」ではなく「糖質」です。また,炭水化物(糖質と食物繊維)を多く含むことから,一般的にごはんや麺などの食品を「炭水化物」と呼ぶこともあります。
 糖質(でんぷん,砂糖など)を摂取すると,多かれ少なかれ血糖値が上がります。すると血糖値を下げるために,膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。これは,肝臓・筋肉・脂肪組織に作用して,各組織にブドウ糖を取り込ませることによって血糖値を下げています。筋肉に取り込まれたブドウ糖は筋肉を動かすエネルギー源として利用されますが,脂肪組織に取り込まれたブドウ糖は,中性脂肪に合成され貯蔵されます。
 また,体内時計と脂質代謝の関係,体内で脂肪合成を促進するBMAL1というたんぱく質が,夜になると増加する体内リズムをもっています。BMAL1は午後10時以降に激増することから,夕食は午後8時(遅くとも午後9時)までに食べ終えることが,肥満を防ぐ食べ方として有効です。
 筋肉づくりに関与している糖質は,食べてはいけないものではなく,取り過ぎに注意しながら,量や質だけではなく,タイミングも考えて賢く摂取することです。
 自分の食生活を,量・質・リズムなどの面から包括的に評価し,自分にあった無理のない方法で好ましくない食習慣を少しずつ改善することです。そして生涯をかけて良い習慣を一つでも多く習得していくことが,最強の食事法であると言えると思います。”

 私のかかり付けのお医者さん,内科と泌尿器科のお医者さんでは全く逆の見解を言われ,戸惑ったことがあります。学会でも様々な考え方が存在し,自分がどれを信じるか…。

 今までも「身体に良い○○」を何度も批判してきました。一つ(複数かも)の栄養素の摂取だけが食事ではありません。身体に良いと言って同じものを食していては…。

 まあ担がれた医者の売名行為ですね。そのこと自体に問題がある訳でなし,後は視聴者(消費者)一人一人の問題です。あれ程騒がれた納豆…商品棚にしっかり並んでいます。

今日の1枚
Dsc_6150a


« MRJ,大丈夫? | トップページ | 残るは… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/67235304

この記事へのトラックバック一覧です: どうして飛ばすのかしら:

« MRJ,大丈夫? | トップページ | 残るは… »