2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今日のお天気は?

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

自分の事となると

○ 賛否両論あったのですが
”羽田空港の飛行ルート,都心上空も飛行できるよう解禁することについて,国と地元自治体が事実上合意。今後,騒音対策など具体策が話し合われる。
 都心上空の飛行は,騒音に配慮し避けてきたが,羽田空港の発着枠を増やすため,都心上空ルートを採用する。新ルートは,渋谷区・港区で東京スカイツリーの高さよりも低く飛ぶほか,1時間に最大44機が通過する想定。国と自治体は,今後騒音対策について引き続き,協議していく。2017年度予算に旅客機を誘導する無線装置や新たな誘導路の建設費用を計上。”

 騒音,新幹線が生まれた直後から大きな社会問題として採り上げられてきています。空の世界では,大阪国際空港(伊丹空港)が有名ですね。

 飛行機の騒音は,確かにもの凄く大きいです。沖縄の人達の気持ちが理解できます。早くて便利な乗り物ですが,離発着時の騒音はなくなりません。

 羽田空港の離発着の増加のために新飛行ルートを作成,都民からの批判をかわそうと…。自分達が利用する空港,少しは我慢しなさいよね。

 自分達のこととなると必死に反対運動,笑えてきます。米軍基地周辺に住んでみたら?成田国際空港周辺住民の気持ちを分かち合ったら?と皮肉を言いたくなります。

◇ こう言った事故の場合
”調布飛行場から離陸した自家用小型飛行機が民家に墜落し,機長らと住民の計3人が死亡した事故から1年が経過。エンジンの解析で異常は見付からず,原因究明にはなお時間がかかる見通し。運営する都は6月,一部の自家用機の運航を再開する意向を示した。近隣住民らは家屋の改修費用などの補償もほとんど受けていない。「自宅の修理に数百万円かかったが,補償も謝罪もない」。改修費用は調布市が返済据え置きの無利子で貸してくれたが,事故機を操縦していた川村泰史機長は死亡。管理・整備していた日本エアロテックからは謝罪もなし。”

 つまり(今のところは)やられ損ですね。会社からも謝罪なし。最も訴訟を恐れ,低姿勢は不味いとの考えがあるのでは?謝罪も補償もなし。

 最大離陸重量を超していた?高温になればエンジンのパワーダウンは,誰でも知っています。人為的なミスが原因といった推測が濃厚です。 

○ 危険予知をうながすはずが
 ”この先○kmに故障車あり”と電光掲示板で新設に教えてくれる自動車道・高速道路,日本人の細かな配慮の一つではないかと思っています。

 ”この先○○○mに車間距離測定ラインあり(表現は勝手に換えました)”も同様です。運転手に車間距離を意識化させるラインですが…。

 これらは自動車道・高速道路における交通事故を未然に防ぐものです。しかし,相変わらずこの類いの事故は減りません。細かな原因追及は,専門家に任せます。

 もう一つ,日本の自動車道・高速道路は,どのくらいの需要者数を見込んで作っているのでしょう。これが不思議でしょうがない。おかしな所が気になる性分です。

 電光掲示板や車間距離測定ラインなど安全に関する施設をたくさん作ります。しかし,道路のオーバーフローがどれ位か,はっきりと謳っていません。

 例えば,50(40)mあるいは100(80)mの車間距離をとれば,交通事故は減るでしょう。みんながあの距離を保っていったら,オーバーフローしてしまいます。

 道路の許容範囲以上の車が流入しているから,まずはあの車間距離を保っては走られないのでは?だから安全と言われる車間距離を守る運転手が少ないのでは?

 JHの考える安全施設は,現実に即していない代物が多すぎると言ったら言い過ぎでしょうか?間もなくお盆がやって来て”○○km渋滞”のニュースが流れるでしょうね。

 こうした極端な時期を除いても,やはり道路のオーバーフローの状態は日常茶飯事です。高額な通行料を支払っても,渋滞だらけの自動車道・高速道路です。

今日の1枚
Dsc_9376a


2016年7月30日 (土)

B747は凄かった

○ 昨日4発機は、世の中の流れに逆らっていることを書きました。しかし、一方ではB747と言う飛行機が生まれなかったのならば、私は海外旅行には行けなかった?

大量輸送という言葉がありますが、空の大量輸送は、やはり何と言ってもB747の存在なくして語ることはできません。乗客一人当たりのコストダウンです。

また大型機であるにもかかわらず、超長距離を飛べることも加味しなければなりません。それでなければ、欧米への旅行は不可能です。

B747が飛び続けている間に飛行機の性能は、飛躍的に進歩しました。初めて近くで見たB777のエンジンの大きかったこと。低音を響かせ、静かなエンジンでした。

ものの本には、B737の胴体径に近いとも書かれていました。たった一つのエンジンで、B747についているエンジン2基分の推力が得られるようになりました。

しかも低燃費、これは後に開発されたB787でさらに伸びるまでに至りました。製造技術の向上、一つクリアーすればさらに優れたものを生み出す努力です。

もう一つは、B747のような大きな飛行機をいかに軽減するか、その技術です。ここでは日本の先端技術が生かされ、主要2社の製造を支えるまでになりました。

低燃費のエンジンプラス軽い機体、そのおかげで2基のエンジンで大きな機体を飛ばせるようになりました。重たいし、燃費の悪い4発機となってしまいました。

では、A380ならば良いだろうと思われると思います。が、あの飛行機はその広さを富裕層に向けて活用している傾向が強いです。僻みではありません。

つまり大型機は、富裕層に向けて機内を作り、航空会社の経営を助ける目的で使われています。そうなると多くの富裕層が住む地域間を飛ばせばいいことになります。

決して500人以上を詰め込んで飛ばすのは、航空会社にとってプラスにはなりません。むしろ空席をどう埋めるか、コンスタントにどう席を埋めるかが課題となります。

青組のやり方は、どうなる分かりませんが、下手をすれば3機のA380は、お荷物になる可能性があります。他社が指をくわえて見ているはずはありません。

中東御三家のような拡大再生産の仕組みを作るならば、3機では不足だということが分かります。株主総会でもこの点を指摘されていますね。

◇ 日本式にお祓いをせねば
“大韓航空によると、29日正午頃、韓国南部の済州国際空港で成田発大韓航空718便が滑走路に着陸した際、機体前輪のタイヤがパンクした。日本人75人を含む乗客147人全員にけがはなかった。滑走路2本のうち1本が同日午後1時14分まで一時閉鎖された。韓国国土交通省が原因を調べている。”
大韓航空、今度はB737でパンク騒動です。ハワイアン航空も立て続けに油圧関係のトラブルに見舞われました。今回も幸いなことに犠牲者ゼロ!良かった。

この飛行機、成田空港を飛び立ったB737です。飛行機のタイヤは、再生タイヤです。このリサイクルは素晴らしいのですが、再生回数は決まっています。

大韓航空、再生タイヤのリサイクル数をきちんと順守していたかどうか、しっかりと調べていただきたいものです。何やら臭いものを感じます。。

今日の1枚
Img720a

2016年7月29日 (金)

夏はまだかなあ

○ 風は多少はあるものの蒸し暑い一日でした。GSに行く前に在所に立ち寄りました。夏野菜が実り,たくさんいただいてきました。家計に助かります。

 笑えたこともあります。携帯電話には,現在のお天気が出ます。”快晴”なり。現実は終日どん曇りです。しかし,夕日だけは大変に美しかった。

 当たらない(それだけ難しい?)予報ですが,「お盆前後までこの状態が続く」と伝えていました。明日のお天気も当たらないのにねえ。

 この暑い日々に高校球児の熱気が爆発,あちらことらから”夏の甲子園”の代表校が決まっています。予報が当たるならば,8月第3週までは大人しく…。

○ 風邪などの高熱で寝込んでいると,普通の生活を送っている人がうらやましくなります。足をけがして松葉杖を使っていると,両足歩行が懐かしくなります。

 世の中には,自らの身体を自分自身ではどうにもならない気の毒な方がたくさんおられます。学校と言っても,健常児しか通学はできません。

 障害をもった人達のほとんどが,自らの過失で不自由になった訳ではないと思います。また,誰しも歳をとり,自分の事が自分でできなくなります。

 神奈川県相模原市の施設で起こった事件,報道で知る範囲内では,彼自身が相当な精神的な障害をもっているような気がします。精神的疾患かもしれません。

 ただ残念なことに,障害をもった人達や高齢者全員が収容できる社会施設がないことです。後数日後に行われる東京都都知事選挙でも論争の一つとなっています。

 もう一つ忘れてはならないことは,今回の施設でもそうですが,我が国では介護をする人が圧倒的に不足していることです。また,その待遇も厚くはないようです。

 昨日の平均年齢の上昇ではありませんが,少子高齢社会あるいは障害をもった人達への手厚い保護などを考えると,この問題解決の難しさが分かってきます。

 消費税増税に待ったをかけ,一時的には安堵していても,少子高齢社会への対応は待ったなしです。これはアベチャンの一番の失政だと思っています。

◇ もう世の流れに逆らえません
”ボーイング社は,B747の生産中止を検討していることを明らかにした。1970年に初就航。世界的な大型機の需要低迷で,半世紀近い歴史に幕を下ろすことになりそう。B747は両翼に二つずつの計4発のエンジンと2階席を備え,約500人を運ぶことができる巨大な機体が特徴。搭載する電子機器の刷新を繰り返し,現在は主翼などを大幅改良したB747-8に移行している。今年9月から減産体制に入る。航空会社から新規受注がなければ「生産中止を決断せざるを得ない」としている。”

 日本のガリバーは,とっくにB747を全機手放しました。ヨーロッパではLH/BA,アメリカではUA/DL,アジアではSQ/TG/CXなどが,現役機としています。

 ご存じのようにアメリカのガリバーも撤退を早めています。4発機は,もはや時代遅れの飛行機です。大型双発機が,4発機に取って代わろうとしています。

 私が散々こき下ろしているA380とて,必ずしも必要と思えません。経済性+収益を考えるならば,自ずと双発機の採用となります。空席を減らすためにも。

 こう考えれば,ボーイングの決断はもうすぐそこに来ていると思います。B777のさらなる進化を目指した方が,この会社のためになると思います。

 B747が今しばらく生き残れるのは,やはり航空貨物への需要が堅実であることです。しかし,これとても長く続くという保障は,どこにもありません。

今日の1枚
Img718a

2016年7月28日 (木)

気になる数字

○ 残りが少ない
 兼好ではないが,「死というのは,背後からひたひたと迫ってくる。」とは,よく言ったものです。誰にも見えない運命が,自分に迫ってくる。自覚はありません。

 「墓場まで財産を持っていくことはできません。」が,運命は誰にも分からないだけに,保険”の積もりで僅かな僅かな財産にしがみついています。

 同業者で同年齢もしくは数年若い者が,すでに4人逝っています。運命とは恐ろしいものです。ひたすら阿弥陀仏のご慈悲にすがりつこうとした気持ちが分かります。

 大好きなモーツァルトは,「死は友人」とも考えていたようです。誰しもお迎えは来ます。くどいようですが,その順番は必ずしも年齢順ではありません。

”2015年の日本人の平均寿命は男性80.79歳,女性87.05歳,いずれも過去最高を更新した。寿命の長さは男性は世界4位,女性は2位。厚生労働省が「簡易生命表」で明らかになった。” 

 平均寿命-現年齢を計算するならば,残りが少ないことになります。「憎まれっ子世にはばかる」と自虐的な言葉を吐く人もいますが,本音は…。

 この地に移り住んで約40年,子どもの姿を見る機会も少なくなりました。代わりに高齢者の姿をよく見ます。家の前のゴミステーションをぼんやり観察していると分かります。

 毎日1枚ずつ聴いても5年はかかるCDの枚数,年数枚の購入まで落ち込みました。もう一度全部聴き直したいです。いろいろな想い出が出てくると思います。

 自動車の運転免許証,あと2回更新できれば,もういいでしょう。人様の迷惑をかけたくありません。飛行機の撮影も次第に難しくなります。できる限り続けたいが…。

 上州の石仏,ボチボチ進めていますが,来年度からはペースを上げねば。まだまだ”越後”も残っています。”関八州”の落ち穂拾いも残っています。

 偶然にも昨日気の合う仲間と昔話に花を咲かせました。”古き良き時代”とは,先輩から同僚から無言・有言を問わず,よく学び盗んだときです。歳をとったものです。

 私が接している若者達にその姿は,想像もできないことでしょう。安易にマニュアルを求め,指示通りにしか動かない者ばかり。つまり”指示待ち症候群”ですね。

○ この番組もつぶさねば
 昔”鉾盾(ほこたて…これが正確かどうかは,自信がありません。)という番組がありました。いわゆる”やらせ”が発覚して,ついに社会問題,番組中止になりました。

 今問題になっているのが,"before and after"です。番組の最後にリフォームにかかった費用の概算が出てきます。が,とてもメモできる時間映していません。

 番組で公表されている以外の費用がかかり,追加工事費が支払われていないことが訴訟原因のようです。視聴者を騙していることにもつながるのでは?

 実は,我が家も築40年近く経っています。部分的なリフォームは,2箇所行いました。が,建築基準法が変わる前のしろもの,耐震設計はなされていません。

 ですから,いつかそのような番組を放映してくれないものかと,待っていました。そこへこの訴訟です。番組制作のための出血大サービスがある?と疑うようになりました。

 ただでさえ最初に出てきた金額と番組最後の仕上がりを見ると,「本当にあの金額でこれだけできるの?」と疑ったことは何度もあります。皆さんはどうですか?

◇ 王者が
”エアバス・グループの4-6月(第2四半期)決算は4%減益。A320neoとA350の納入が遅れた,輸送機A400Mのギアボックス不具合に伴う修理コストとして10億3000万ユーロ(約1200億円)の費用を計上。一時的な項目を除いたEBIT(利払い・税引き前利益)は11億8000万ユーロ,前年同期の12億3000万ユーロから減少。A350関連で3億8500万ユーロの費用を計上。”

 ボーイングとの受注合戦には,一人勝ちだったエアバスです。そのエアバスが,減益ですよ。あれだけの受注数を抱えているエアバスですよ。

 航空会社の張りぼては有名ですけれど,航空機製造メーカーも決して楽な商売ではないことを知りました。大量生産できない高コストの体質ですからねえ。

今日の1枚
Dsc_3284a


2016年7月27日 (水)

偉大な記録

○ 気象予報士の話を聞いていて,驚きました。「今年の暑さは,例年の半月後からやってくる。」と言うものです。日本語では,”残暑”とも言いますが,それが9月末まで?

 また,関東以北の梅雨明け宣言もまだ出ていません。西日本の梅雨明けは,1週間前に出されましたが,その後のお天気を見ると梅雨に逆戻り?

 久しくカメラを触っていません。今もドイツから我が家に向けてスライドが飛んでします。少しずつ撮り貯めしないと恥ずかしい目に遭います。

 ホテル代の高騰は痛いですが,目下の所ガソリン代はそんなに高騰していません。行くチャンスを伺っているのですが…。南風の晴天が二日続けば…。

◇ 歴史的な出来事
 記事にもありますが,これが注目を浴びたのは,日本(名古屋飛行場)に緊急着陸をしたことが,大きいと思います。FR24にて新潟方面からフワリフワリ…と追跡しました。

 降下スピード,飛行機とは思えないものです。大きくサークルを描きながら降下することが,FR24にて確認することができました。UFOと見間違う騒動もありました。

 名古屋飛行場では,テントに覆われ,まるで幼虫が孵化するかのような状況でした。地元の小学生を見学に迎えたり,なかなかフレンドリーな仲間だったようです。

 その一人が,○明の御大です。御大のSIへの関心は高く,Facebookにもたびたび登場しています。地球1周を祝って,また祝杯をあげているだろうな。

 また,この計画を立て,スポンサーを見付けた腕も凄いですね。あれだけのスタッフをそろえ,地球上どこでもリモートできる体制には,相当な資金が必要だったと思います。

”太陽光発電の動力だけで初の世界一周飛行に挑戦していたスイスの実験機「ソーラー・インパルス2」が日本時間26日午前9時すぎ,最終目的地のアラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビに到着した。総飛行距離4万2000km超,1年4カ月余りを費やしました。
 同機は1人乗りで,ともにスイス人のベルトラン・ピカールとアンドレ・ボルシュベルクの2人が交代で操縦。2015年3月にアブダビを出発し,東回りにインド,中国,米国,スペインなどで小刻みに離着陸を繰り返しながら飛行してきた。最終経由地のカイロを現地時間の今月24日に離陸し,アラビア半島上空を経由してアブダビに戻った。
 15年6月1日には南京からハワイに向かう途中,悪天候のため予定外で名古屋空港に着陸。破損した翼の修理などで約1カ月間の待機を余儀なくされた。名古屋からオアフ島まで117時間52分をかけて太平洋を越え,ソーラー機による連続飛行の世界記録を樹立。太平洋横断中にバッテリーが故障し,約10カ月にわたりハワイに足止めされた。当初計画の5カ月間から,ほぼ1年遅れ。”

◇ 安全のために金を惜しむな
 ネットサーフィンをしていると,オーバーランをして無惨な姿の飛行機を見ます。パイロットの力量もありますが,多くの場合滑りやすい滑走路が原因のようです。

 (陸上)乗り物で大切なことは,”走る・止まる・曲がる”です。その大前提になるのが,”安全”です。我が国が誇る”新幹線”は,そのもっとも良い例です。

 滑走路にも滑らないような工夫がしてありますが,凍結には弱いですね。時速200km以上の滑走路末端を過ぎる飛行機,止まりにくいはずです。

 そして万が一でも飛行機が安全に止まれる,止まれなかったら?滑走路端安全地域が必要です。基準に満たない長さならば,地面の表面を覆う部分に減速しやすいものを。

”航空機がオーバーランした際の被害軽減のため,滑走路に設けられている滑走路端安全区域(RESA)について,全国65空港の計67滑走路で全長が国の基準を満たしていない。費用面などの問題から容易に延長工事が出来ないのが現状。同省は米国で使われている被害軽減策の導入検討を始めた。
空港の滑走路の両端には,オーバーランなどを想定した過走帯(原則60m以上)があり,その先にRESAが設けられている。同省の「空港土木施設の設置基準」では,RESAの全長を40m以上と定めていたが,国際基準の改正に合わせ,2001年に90m以上(滑走路1200m以上の場合)とした。”

今日の1枚
Img669a


2016年7月26日 (火)

生まれては消え

○ 起きて外を見れば,今にも雨が降りそうな感じです。傘が必要です。最低気温は,25度を下回り,過ごしやすい朝です。最もあんなに騒がしかった蝉の声も今朝は…。

 昨夜は,送られてきたスライドからお好みのものを選び,スキャンしてサイトアップをしました。DC-8,B707,DC-10も何枚か入れました。

 フランス人Claude Miniggioからものですが,なかなかのものを送ってくれます。こちらもなるべく古いものを送るように心がけています。

 送られてきたスライドを見て,「今どれだけの航空会社が残っているのだろう。」と思いました。できては消える,それもガリバーとて例外ではありません。

 一番近いところでは,(スライドにはありませんが)午後の成田空港の一角を”レッドテイル”で埋めていたNW/NWAが,DL/DALに吸収合併されたことです。

◇ またこの話で…
”国土交通省航空局(JCAB)は,国が運営する福岡空港の民営化に向けた投資意向調査を開始。関心のある企業からの意見を8月26日まで募集。2019年4月をめどに民間の運営に移行する。民間による運営期間は30年間,不可抗力での延長なども含め最長で35年間。運営権者は滑走路・ターミナルビル・貨物ビル・駐車場などを一体的に運営。2017年3月をめどに実施方針を策定し公表。同年5月には募集要項を公表。
 現在は空港施設は国が,ターミナルビルは県や福岡市,ANAHD,日本航空などが出資する福岡空港ビルが,駐車場は空港環境整備協会が運営。
 福岡空港は1944年,席田飛行場として旧陸軍が建設に着手。翌45年に滑走路が完成したが,終戦により米軍が接収。1970年に旧運輸省への移管が決定,1972年からは国が管理。現在は2800mの滑走路1本で運用,1999年には新国際線ターミナル地域の供用を開始。現在,国内線は27空港から1日182往復,国際線は22空港から週300往復を乗り入れている。2014年度の利用実績は,国内線が1633万人,国際線が367万人。貨物は国内線20万t,国際線5t。”

 千歳空港も民営化の声が聞こえますが,ここは函館・十勝・稚内?空港との抱き合わせ?と聞いています。羽田と結ぶドル箱路線(千歳・福岡・那覇)の一つです。

 また,福岡空港は海上空港の案もありましたが,どうやら立ち消えのようです。現在の地に無理矢理平行滑走路を造るようで,ターミナルも後方へずらすよう工事中です。

 運営権を30年民間に移管する利益を改修・新規工事費に当てるのでしょうか?現在満杯状態の空港ですが,平行滑走路を造ればパンク状態を先延ばしできます。

 福岡空港は,他の地方空港とは違い利益を得やすい空港?だけに,民間参入もかなりのグループから声がかかるように思っています。

 ここで自分勝手な言い分を。福岡空港は,国内線各社が乗り入れ,そのほとんどをきちんと撮ることができる数少ない空港です。B767以上ならば,短いレンズです。

 国際線も次第に増え,日本の他の空港へ飛来する飛行機より機材が小さい…ここが大切…ものも撮影が可能です。特にRW34時は可能です。

 また,RW34側にもILSが設置され,以前よりはRW34を使う機会が増えたように感じられます。飛行機騒音も小さくなってきましたから,市街地上空を上昇できる?

 と言うわけで,国内線・国際線の両方をほどほどに撮ろうとすると,福岡空港はいい空港です。これで平行滑走路になり,上がり・降りを分けてくれたら…。

今日の1枚
Img189a


2016年7月25日 (月)

ごまかしの民営化

○ 今年もおばあちゃんが作った”白桃”が届きました。箱を持つと桃の香りがプーンと漂ってきます。桃と柿は,おばあちゃんの作ったものが一番好きです。

 昨日も書きましたが,作り手が見えるものは,作り手の心まで伝わってきます。これはとっても贅沢なことであり,食べながらおばあちゃんを思い出し,味わっています。

 スーパーやJAに行きますと,たまに生産者の名前の付いた野菜・果物を見かけます。少しでも消費者に安心感を植え付ける方法だと思います。いいことです。

 また,先日の泌尿器科のお医者さんも「日本人は塩分の摂り過ぎです。」と,内科医と同じ意見でした。イギリスのように国を挙げて低塩分に取り組めないものかしら。 

 「有機栽培がいい」「無農薬がいい」などと言うのも結構ですが,料理(加工)する際にもう少し塩分量を考えるようにならないものかしら。成人病予防に一役!

◇ 政治家・地元土建屋などの後押しを得て,(夢のような)需要者数を上げ作られ続けてきた地方空港。このことは過去に何度も書いてきました。

 先頃,国の管理する運営権を売却した関西・伊丹空港並びに仙台空港,すぐに黒字を出すのは無理ですが,民間の力を借りた運営に期待したいものです。

 2014年度日本の空港で黒字なのは,新千歳・羽田・小松・広島・松山のみと言います。那覇・鹿児島・熊本などの羽田からの利用客が多い空港ですら赤字です。

 空港を維持することの難しさ,東京一極化による羽田への路線維持など,日本の空が抱える問題を解決するのは…。不要な空港を作り過ぎたつけです。

 今検討されている高松空港・福岡空港,これらも果たして民営化が実現するでしょうか。自らの失政を民営化によって切り抜けようとする,これが真実の姿だと思います。

 札幌から鹿児島までの新幹線も近い将来実現するはずです。また,高速道網の充実は,(赤字ではありますが)目を見張るものがあります。そしてこれも変わりつつあります。

 その一つが,SAやPAの民間参入です。以前は,公団の外郭団体が独占して所管していました。天下りの温床団体です。民間参入により,SAやPAの活性化が始まりました。

 ついでに言うならば,ETCカードも某団体の独占事業です。マスコミがもっとこの団体の実態を暴き,安価なETCシステムを構築してもらいたいものです。

 ところで,空港の敷地内のものは全て税金を使って補修・造成されたものです。これを一概に悪いこととは言いませんが,無駄なものまで税金投入は,いかがなものでしょう。

 国民一人当たり約200万円の国の借金,地方空港を例に出すまでもなく,あまりに借金に頼り過ぎた国のやり方です。先進国の中でも群をゆく借金の高額さです。

 あれ程消費税のアップにより「未来にツケを回さない」と言っておきながら,票のためならば借金はしてもいい?ここら当たりが,自民党らしい発想ですね。ごまかしが見えてきます。

◇ これが機密文書
”2014年3月に消息を絶ったMH370をめぐる米連邦捜査局(FBI)による調査で,同機のザハリ・アフマド・シャー機長が自宅のコンピューターで,同機が南インド洋上空で取ったとみられる飛行経路とほぼ一致するフライトシミュレーションを行っていたことが分かった。ニューヨーク誌がマレーシア政府の文書を引用する形で伝えた。
 同誌によると,この機密文書はマレーシア警察によるアフマド機長に関する調査内容をまとめたもの。機長は「マイクロソフト・フライトシミュレーターX」というソフトウエアを利用してフライトシミュレーターを製作していた。FBIはこのシミュレーターのハードディスクの分析を担当し,プログラムの中から南インド洋を示すデータポイントを復元することに成功した。フライトシミュレーターを使った模擬飛行は,マレーシア機が消息を絶つ前1カ月以内に行われたという。”

 オーストラリアが中心となってインド洋を探索しています。が,3年を過ぎ,そろそろ探索の打ち止めが近付いてきました。以前発見できていません。

 遠くアフリカ東海岸の島々に流れ着いたMH370の残骸,何も手掛かりとなるようなものではありませんでした。残されたご家族の気持ちは…。

 さて,仮にこの文書が事実とするならば,堂々と公表すべきではないでしょうか。マレーシア航空に不利なためか,あるいはもっと他に理由があるのか,分かりません。

 事実とするならば,機長は1ヶ月前から自らの計画を実行しようと準備をしていたことになります。周りは誰も機長の異変に気付かなかったのか,また謎が深まりました。

今日の1枚
Img693a


2016年7月24日 (日)

久し振りに

○ 昨夜は,いわゆる飲み会,遠慮が要らない仲間との会です。久し振りに飲み屋メニューを堪能しました。蒸し暑いですから,ビールが美味しかったです。

 現役の頃は,何かの理由を付けて飲み会を設定したものですが,今は寂しいものです。それだけに旧知の仲の仲間との語らいは,楽しいものでした。

 会場となった居酒屋,もう40年以上のお付き合いです。女性がいたら嫌がられるような店ですが,そこは飾りのない味で勝負のお店です。

 親父さんの担当は,焼き物です,何を焼いてもプロです。今はありませんが,親父さんの焼く秋刀魚は,絶品だと思います。炭火を知り尽くしています。

 実は,会場を指定したのは私です。居酒屋チェーンの味気ないメニュー,温めるだけなのか,アルバイトでもできそうな味です。ただただ安いだけ。

 私,いつも言います。居酒屋チェーンで「メニューにネギマがあったら,まあまあだ」とね。ネギは冷凍できません。後のものは冷凍できますから,ごまかしがききます。

 外国の人が,日本のオープンキッチンのお店に驚くそうです。例えば,某うどん屋さんとか某餃子のお店です。自分の注文したものを作る人が見えます。驚きです。

 居酒屋でもそうです。炭火の暑さに汗流しながら焼いてくれる人を見ると,感謝しながら味わうことができます。やはり赤提灯のお店は良いですねえ。好きです。

○ こんなブームも
”かき氷ブームを支えてきた天然氷が足りない。暖冬の影響で採氷量が減少。山梨県北杜市の天然氷店「蔵元八義」は「暖冬の影響で200トンの予定だった採氷量は80トンにとどまった」という。富士山天然氷蔵元不二でも3回の切り出しで180トンを目標にしていたが,結果は約60トン。
 天然氷は冬場に専用の池で2週間ほどかけて凍らせる。かつては全国各地で採氷されたが,現在は7カ所のみ。ゆっくり凍らせることで硬くて溶けにくい氷になるといい「最後までふわふわのまま食べられる」として人気を集めている。
 製氷会社ではかき氷向けやコンビニエンスストアのアイスコーヒー向けなど増産が続いている。「ロックアイス」ブランドの小久保製氷冷蔵は今夏の生産量は当初計画を20%上回る見通し。ニチレイ・アイスはかき氷向けのブロック氷は3割増を見込む。飲食店向けに氷を販売する新宿氷業ではかき氷をメニューに追加する店が増え,売り上げが前年比5%増で推移。氷の価格はかき氷に使うブロック氷が首都圏で1貫(3.75kg)300~400円程度と前年と同水準で推移。”

 私もウィスキーや焼酎のロックが好きだった頃,コンビニで氷を買ってきたものです。冷蔵庫で急激に冷やして作る氷は,溶けやすいです。

 時間をかけて冷やした氷ならば,2杯は楽に飲めます。それに無色透明な氷です。見た目にも涼しさを感じます。心なしかロックが美味しく感じられます。

 随分前にテレビで天然氷を作っている所を放映していました。スケートリンクのような所で,ジワジワと凍らせていくやり方です。これならば美味しいことでしょう。

 さらに水道水の塩素の臭いもなし(人工氷もやっていると思いますが),やはり凍らせる時間がポイントですね。しかし,ここにも暖冬の影響が…。

今日の1枚
Img745a


2016年7月23日 (土)

中吉もしくは大吉

○ 暑さもちょっと一休み?しかし,朝から蝉の鳴き声が…。そしてやけに大きな蝉の鳴き声と思っていたら…。短い一生を謳歌しているようでした。
P1020132a_2

 我が家では,庭木を植えたり,花壇を掘り起こしたりすると,蝉の幼虫が見付かることがあります。春植えた”山椒”のときも何匹かの蝉の幼虫を発見しました。

 先日も日よけのゴーヤ・キュウリのネットで1匹の蝉がふ化,その写真を載せました。そうそう今年は,やけに蜂を見かけます。蜘蛛もよくネットを張ります。

 蝉もそうですが,生き物は生きるために精一杯です。食物連鎖により,人間は本当に美味しい部分だけを食しているように思います。自然界に生きる動植物と違います。

 夜の高速道路を大都市目指して走る長距離トラック,人々の胃袋を満たすために運んでいます。少しでも新鮮なものを届けようとあれこれ工夫しています。

 話は飛びますが,テレビの安直な番組作り,例えばグルメ番組があります。「美味しい」と言わなければ,番組の進行が止まってしまいます。アホらしい番組!

 また,金に任せて世界中から貴重な食材を集め,(当然)高額な料金をとり,食事を提供する店。退廃的なムードを漂うような番組,それに押しかける輩,平和です。

 生きていくためには,人間も動植物も必死です。しかし,大きな違いは生きるために最小限のものを摂取しているものと(ゴミを出すくらい)無分別なものとの違いです。

○ 企業努力
”「くら寿司」を運営する回転ずし大手,くらコーポレーション株は,個人消費が減速するなかで「デフレ関連銘柄」として物色されてきた。回転ずし店にラーメン・カレーを投入し,家計に優しいサイドメニューが業績を押し上げる収益構造は外食産業でも独特。所得の伸び悩みがさらに鮮明になれば,家族連れも投資家も目が離せなくなる。サイドメニュー(原価率が低い)は全店で60種類前後。
 くら寿司の客単価は1000円前後。定食チェーンと比べて高いのにデフレ銘柄として位置付けられるのは,客が1皿単位で支払額を調整できるため。客足ががくんと減るファミリーレストランなどと違い,消費マインドの冷え込みが直撃しにくい。鮮度のよい魚が欠かせず,原価率は40~50%とみられる。外食チェーンの30%前後より採算が悪化しやすい。店舗を機械化して人件費を抑え,利益を上げる。それでも1皿100円(税別)など安さを売りにするチェーンは魚価の上昇を値上げに転嫁しにくく,採算悪化に陥りやすい。課題は国際的な魚価上昇への対応。くらは16年中に大阪府内で鮮魚加工の新工場を稼働させる。福井県や高知県などの水産会社と契約,特定の漁船の水揚げを全量買いとる。工場の稼働にあわせ買い取り量を増やして調達を安定させる。”

 お寿司屋さんというと,何となく敷居が高いですね。まして”時価”と書かれていると,思わず財布の中身を計算したくなるものです。

 そうした敷居の高いお寿司屋さんの世界に殴り込みをかけたのが,”回転寿司”チェーンです。皿の色によって会計明朗,おまけに会話もほとんどがない。

 お客さんがやることと言えば,タッチパネルに好きなものを押すだけ?シャリもロボットが握っている?ネタも規格品サイズ…味気ないようですが,これだから安い。

 私は,外回りの昼食でよく利用してきました。1名ならば,どこかの席に潜り込める。回ってくるお寿司を数皿食べたら,はい,お終い!実に速い!

○ 昨日,お医者さんに行ってきました。超音波とレントゲンによる検査を含め,約30分間の診察でした。後で待っている人達,ごめんなさいね。

 かかり付けの内科医と話が食い違う面があり,少々戸惑いました。が,そのことは表情を変えずに聴いて来ました。共通点は,やはり”塩分摂取”です。

 もう一つは,やはり”バランスのとれた食事”です。当たり前の事が,当たり前にできない私です。どうしても野菜中心の食事になってしまいます。

 暑い夏,水分補給は欠かせませんが,「食事以外に水分を2リットルとりなさい。」とも言われました。年齢から来る内臓器官の衰えもありますが,新陳代謝を!

 仕方なく昨日から”麦茶”をガブガブ飲んでいます。ビールは,その1.5倍体外に水分を放出するそうです。と言うことは,「ビールの半分の水分を補え」と言うことです。

○ これはいいこと…親ばか編
 2男が受験に合格,めでたし!めでたし!が,さらに2年間の学費・仕送りが待っています。これでキャンピングカーは,ぶっ飛びました。軽自動車に変更?

今日の1枚
Dsc_6011a


2016年7月22日 (金)

診察券

○ 飛行機に乗る,ワクワクしますね。シート番号通りに座って,前席裏側にある機内誌・安全のしおりをチェックします。特に機内誌は,面白いと思います。

 シートベルトを締め,ドアクローズとなるとプッシュバックが始まります。小型機の場合,いきなりエンジンスタート,これもまたワクワクします。

 タキシングを始める頃,ナローボディーでは客室乗務員によるシートベルトの締め方・救命道具や酸素マスクの使い方の実演があります。温かみを感じます。

 これが中・大型機になるとヴィデオによる説明に…。味気なくなります。ところがこのヴィデオを大切にしている航空会社があります。NZです。

 このヴィデオのことは,過去にも取り上げたことがあります。最新版と共に過去のヴィデオを見てみませんか?形式的に流されがちなヴィデオもこうやってやると…。 

http://www.airnewzealand.jp/safety-video-in-hollywood?utm_source=edm&utm_medium=email&utm_campaign=bau&sisearchengine=140&siproduct=edm_tact&re_adpcnt=tW_4Bdg

 世界の有名なアンケート調査では,NZの評価は必ずしも高いものではありません。しかし,私の少ない経験からすれば,QFの方がさらに格下です。

 せっかくのヴィデオを見てもらえないのならば,安全上少しでも見てもらえるような努力を航空会社はすべきです。制作費もそんなにかからないと思います。

 万が一(と言っても,最近事故が多いですよね。KE,OZ,HAなど)には,自分の身を自分で守らなければなりません。そういった意味からもNZを高く評価します。

○ 65歳を過ぎ,私のコンピューターのようにあちこち(身体の)調子がおかしくなってきました。昨日は,B・C型肝炎と前立腺の検査のために医者に行ってきました。

 大腸癌検診のための試薬もいただいてきました。そして今日は泌尿器科への通院です。次第に”診察券”の枚数が増えてきました。困ったことです。

 そうそう採血をする前に「○○○さん,看護婦の指名はありますか?」と,初めて聞かれました。ヴェテラン看護婦ばかりですから,「一任」と言っておきました。

 採血,2本採られましたが,あれって上手い人と下手な人がいますね。血管は細くないのに針を刺すのが下手な人はいます。今回は,信頼のおける方に当たりホッとしました。

◇ まさに乱立状態
”チェジュ航空は仁川―札幌線を就航。毎日1往復運航。同路線は東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄などに続く9番目となる日本路線。
 イースター航空,仁川―福岡路線を新規就航。毎日1往復。成田・大阪・沖縄と釜山―大阪など5番目となる日本路線。仁川―福岡路線はティーウェイ航空と共同運航(コードシェア),顧客が幅広い時間帯を選択できる。イースター航空とティーウェイ航空は現在,金浦―台湾松山・仁川―大阪・沖縄・福岡路線を共同運航し,今後も協力を拡大していく計画。”

 西日本の空港へ怒濤のごとく路線網を拡大していった大韓航空・アシアナ航空でした。
これも次第に撤退気味になりましたが,変わってLCCの登場です。

 仁川国際空港を使って,目的の国へ旅行というパターンです。羽田の国際化及び成田の国内線の増加が,この韓国の航空会社の流れを変えたようです。

(以下は,独り言です。パスされて結構です。)
 過去に中国は行きましたが,もう行きません。まして韓国には行きません。理由は,もうお分かりでしょう。この2国だけは,行きたくありません。

 中国も韓国も飛来する飛行機の写真を撮れれば,それで十分です。まあ行きたい人も(特に韓国は)減ってきていますね。当然でしょうね。そう思いません?

今日の1枚
Dsc_4147


2016年7月21日 (木)

やばい

○ 不安
 前からその症状はあったのですが,何かジワリジワリと迫ってくるような不安感が漂うようになりました。あるとき突然真っ黒な画面,お先真っ暗になります。

 Windows 8→8.1→10と更新してきましたが,内部の故障は広がってきているのでは?まず自動でネットがつながらなくなりました。IEも不安定でフリーズすることも。

 コンピューターは,"88""98"の時代から,NEC製を使ってきました。アフターサービスの充実した点が,初心者には力強いからです。

 近くの量販店のチラシを見ると,デスクトップ型は20万円に近い金額となります。私にとっては,ネット・メールでの利用がほとんどです。不要なソフトが多すぎます。

 と言って,"DELL"では不安です,大陸性のノートパソコンも同様です。突然やって来るクラッシュに備え,次期デスクトップを考えなければならなくなりました。

◇ やっと整備?
 どこの国でもそうですが,利用者(消費者)を守る法律(規則)の整備は遅いです。”訴訟の国アメリカ”では,世界に先駆けて整備が進んでいます。

 一般的には,利用者(消費者)の立場が弱いだけに,こうした弱い者を守る法整備は,とても大切なことです。政財の癒着が当たり前の国ほど進んでいません。

 他の交通機関と比べると,気象条件等運行を左右する自然現象に弱い空の世界です。さらに代替が効かない(効きにくい)空の世界です。

 空港・航空会社にとっては厳しいものですが,利用者との天秤をかけるならば,これは仕方がない措置です。そして完全に遵守されることを願っています。

”マレーシアで航空旅客の権利保護を強化する「マレーシア航空消費者保護規則」が7月1日付で発効。航空会社の責任などを定めたモントリオール条約,国際民間航空機関(ICAO)の消費者保護に関する指針などに沿って,マレーシア航空委員会(MAVCOM)が策定。これまで運航遅延,預けた荷物の紛失といったトラブルに見舞われた航空旅客への補償などに関する明確なルールはなかったが,最低基準を導入,航空会社などに順守を求める。
 新規則では,例えば運航が2時間以上遅れた場合,旅客は食事の提供や電話,インターネットの利用を要求することができる。遅延が5時間以上に及べば,宿泊費,交通費を請求できる。航空旅客が航空会社・空港の対応を不満とし,抗議した場合,事業者側は30日以内に対処しなければならない。これで解決しない場合は,MAVCOMに仲裁を求めることが可能。MAVCOMは14日以内に裁定を下す。同規則は国内の航空会社のほか,マレーシアの空港を利用する海外の航空会社にも適用される。”

◇ %で言われても,素人には…
 単なる数字遊びですね。飛行機には,定価らしき定価はありません。大量発注すれば,価格はグーンと下がります。製造側でもパーツの大量生産?ができます。

 特にこのクラスでは,過激な受注合戦を繰り広げています。商売の上手なエアバスは,「相当な値引きをしている」と言われています。それでなくても売れると思います。

 これはクルマの値引きと同じです。人への値引き額は,セールスマンの心の中で,決して明かしません。飛行機も同じです。下手に知れたら,最低額を要求されますからね。

 A320からA321・A330・A350などへの移行訓練が,短い=経費節減ことが功を奏しています。航空会社の経費負担を減らすこと,これが大きいと思います。

 強力なライバルであるエアバスを指をくわえて見ている訳ではありません。今回のB737 MAX 7の設計変更は,航空会社からの視線を大切なものととらえている証です。

”B737 MAX 7の設計変更は,B737 MAX 7を発注したSWA/WNとWJA/WSの要望に基づく。胴体の長さは約1.9m延長。主翼と主脚は,B737 MAX 8と同じものを使用,翼上の非常口も増設。座席は138席。これにより,1座席あたりの燃料消費量はB737-700よりも17%,A319neoと比べて8%向上。同じ運航コストでA319neoよりも12席多く出来る。航続距離は,約7250km。A319neoの約6470kmを上回る。また,高高度の空港でも年間を通じて満席で運航でき,高温地域の空港でも運航できる。最大離陸重量は,B737-700の約80.3tに引き上げる。最大着陸重量は約66.0t,無燃料重量は約62.9t。B737 MAX 8の引き渡しは,2017年上期を予定。また,B737 MAX 9は2018年に引き渡し開始,B737 MAX 7とB737 MAX 200は2019年の引き渡しを予定。B737 MAX 7を長距離路線や高高度・高温の空港へ就航する路線向け,B737 MAX 8をB737 MAXの中核機種,B737 MAX 200をより多くの座席数を求める航空会社向け,B737 MAX 9を多くの座席数を必要とする路線や成長市場向けと位置付けている。
 1座席あたりの運航コストは,B737 MAX 7がA319neoと比べて8%低く,B737 MAX 8はA320neoとの比較で8%,B737 MAX 200はA320neoの高密度仕様と比べて6%,B737 MAX 9はA321neoと比較して7%,それぞれ低くなる。確定発注は,B737 MAXファミリーが3218機,A320neoファミリーは4583機。”

今日の1枚
Dsc_4949a


2016年7月20日 (水)

またやった!

○ ついに我慢の限界か
 先日も書きましたが,キュウリが出来過ぎ,あの手この手を考えて食してきました。が,好きなものでも毎日食卓へ出てくるようでは,我慢ができないようです。

 そこで一案,キュウリの漬け物に挑戦です。あれこれネットで検索,初心者でも失敗しないようなものを一生懸命探し,作りました。今日は久し振りに食卓には…。

 さらにやっかいなのは,ニガウリ(ゴーヤ)です。今度は,沖縄料理を検索です。どうしてこんなことで悩まなければならないのか,やはり製造責任?

 私なんぞ朝のサラダは,冷蔵庫の野菜庫にあるものをちぎったり刻んだりして食しています。同じような野菜であっても,ちっとも苦痛を感じないのですが…。
 
◇ またもこの話…ごめんなさいね
 A380の就航路線,幹線ですね。当然リッチな方・ビジネス客は多いですよね。F・Cクラスを当然と思って搭乗する方が多いですよね。

 広々とした機内で優雅な気分,大型機ならではの贅沢ができます。悔しいですが,私がA380に搭乗する機会は…。例え搭乗しても,いつものEクラスでしょうね。

 ここ数日,A380のことをくどく書いていますが,それだけ注目に値する大型機と言うことです。もう日本には,TG & SQのA380しか見られなくなりました。

 この2社にしてもいつ何時「撤退!」と発表があるかも???あるいはBA,AF,LHの羽田便で使われるか?!ないだろうなあ。日本の空から消えていくばかり。
 
”エアバスは,A380による運航便の航空券予約を支援するウェブサイト「iflyA380.com」を開設した。航空券を予約する際,A380で運航する便を選択できるウェブサイトで,現在A380を運航している航空会社全13社のサービスや路線,就航都市の情報を提供。サイトの利用者は出発地と目的地の都市・空港を選択し,旅行日程や座席のクラス,旅行者数を入力し,検索ボタンをクリックする。検索結果から希望する便を選択すると,当該航空会社のウェブサイトへ移動し,航空券を予約できる。既存の予約システムでは希望する機材からフライトを簡単に選べないことから,システムを開発した。独立調査機関Epinionがロンドンのヒースロー空港で,A380の乗客を対象に調査した際,6割がA380による運航便を積極的に選ぶと回答。
 A380は,319機中142機をエミレーツ航空が発注。6月末までに引き渡された機体は193機で,このうち約4割の81機がエミレーツの発注分。全日本空輸が3機発注,2019年から首都圏を発着するホノルル路線に投入する。”

◇ またか
 私の職場は,情報に関してどんどん厳しくなっています。他の職場での事件が,再発防止の為に全体に及ぶようになりました。大変に不便になりました。

 一例を挙げるならば,USBの持ち込み・持ち出しは禁止です。データは全て職場のサーバー内にあります。自宅に持ち帰って…禁止です。

 上司曰く「他人のものを盗むことは,許されるべき事ではない。そして盗まれて困るようなものを持っているのもよろしくない。」と,言われるとおりです。

 が,またしても青組がやりました。個人情報をUSBに入れて…。ここまで個人情報の甘い会社,懲りないですねえ。また「再発防止には万全を期したい」と言い逃れ?

”全日空は,国際線の予約・案内業務を委託している同社子会社のANAテレマートが,問い合わせなどの通話音声を保存したUSBメモリー1本を紛失したと発表。USBメモリーは社内教育用で,4~5月の通話記録235件を保存。うち53件は電話番号などから個人が特定される可能性のある情報が含まれていた。テレマートの社員が紛失に気付き,捜したが見付からなかった。今のところ,個人情報が悪用されたなどの報告はない。”

今日の1枚
Dsc_4843a


2016年7月19日 (火)

夏本番

○ 梅雨明けだー!
 昨日,九州から東海までの地域の梅雨明けが発表されました。まだ不安定な日々が残ると思いますが,やはり梅雨明け宣言は嬉しいものです。

 と同時に,午前中から気温はグングン上昇,もうへばっています。梅雨明けを祝して,久し振りにYEBIS君が登場しました。本当に美味しいビールですね。

 今週半ばから小中学校は,夏休みに入ります。どこの宿泊料金もアップ!これは懐に響きます。なるべく安い所を狙って,そして移動時に混まない日時を選んで。

○ 警察,信用できますか?
 参議院議員選挙が終わりました。選挙がある度に不思議に思うことはいくつもありますが,これはその一つです。何かと言えば,”選挙違反”の検挙です。

 もちろん選挙運動中は,選挙妨害になるために検挙は行われません。投票直後から,あちこちで検挙が始まります。ここまでは何と言うこともありません。

 不思議なのは,”検挙=落選者”と言う不文律があるのかしら?不思議に思いません?”当選者=健全な選挙運動”と決まっているようです。本当かなあ。

 これにはきっときっと裏があると思います。当選者の一人でも検挙すれば,後々ゴタゴタが続きます。警察はどうしても腰が砕けていると思います。

 落選者ならば,堂々と検挙できる。交通違反の切符切りと同じですね。普通車にだけ厳しく,大型車や二輪車には目をつむる警察です。警察は信用できません。

 二輪車の自動速度取り締まり機を作らない限り,私は警察を信用しません。なぜか”落選者の検挙と普通車狙いの取り締まり”がダブって仕方のない私です。

◇ なるほど
 エアバス・ボーイングの受注数,なかでもA320とB737の数をご存じですか?今の生産体制では,約10年は時間を要する程の数です。その10年の内に受注もあります。

 航空会社としては,先の需要を見越して発注していると思います。が,それにしても数が多すぎます。ここまでくると異常事態と素人は思ってしまいます。

 何度も書いてきましたが,世の中双発機の時代です。暴論ですが,「貨物機の4発機以外は,すべて双発機でいい」と思っています。

 原油安の今こそ,しっかりと利益を確保し,無駄の削減に努めることが大切だと思っています。某国の覇権主義ではありませんが,路線拡大よりも足下を固める時期です。

 特にフルサービスの航空会社は,押し寄せてくるLCCの波をどう乗り切るか,これに知恵とお金を使うべきだと思っています。機材更新を進めるべきです。

 例えば,エアシステムと経営統合した日本航空,一体いつまでB767を使うつもりか,そろそろ結論が出ると思いますが,遅い!実に遅い!

 私は,B787以外には考えられません。これならば国内線・国際線両方に使えます。需要に応じた機材繰りができます。また,国内産業にもプラスになります。

”原油安が航空機市場に影を落としている。ファンボロー国際航空ショーにおけるボーイング・エアバスの受注実績は,2015年のパリ国際航空ショーを下回った。燃料価格低下で省燃費型機材への買い換えが停滞,が新興国からの受注は引き続き好調。
 ボーイングの受注は182機,エアバスも279機。エアバスは,年間受注目標の650機は達成できるとしつつ,厳しい環境が続くと予測。同社の最大の成果はエアアジアからのA321neo100機の受注。ボーイング同様、新興国の需要に支えられた。
 受注減の背景,原油安によって航空会社が既存機の延命を図っている。また,受注を先食いし過ぎたという見方もある。航空会社にとっては,小型機以外は「いま買っても受領は何年も先。この間に何があるか分からない」という状態。”

 余談ですが(くどいですが)A380についてです。約300機の製造,その内エミレーツ航空が140機強の注文です。エミレーツ航空の強気の戦略が,どこまで続くか楽しみです。

 その100分の1が我が国のガリバーが購入,一度に500人ほどのお客さんを…。最初は飛び付くと思いますが,コンスタントに集められるか。

 高需要の路線ですが,ライバルのダンピングにどれだけ耐えられるか,蓋を開けてみないと分かりません。世の流れに逆行してまで購入する価値があるか,分かります。

今日の1枚
Img812a


2016年7月18日 (月)

柔らかいシート

○ 160枚が…
 イタリア人と付き合うと,本当に気が長くなります。約2年音信不通かと思えば,急にメールが来て復活(日本人にはそう思えますが),「スライドを送る」と。

 二度目のメールでは,「今日160枚のスライドを送った。届いたら,知らせて欲しい」と。まあイタリア人のペースですね。丁寧にエクセルにて内容まで予告です。

 過去を含めると4人のイタリア人とスライド交換をしてきました。現在は2人です。彼らの自分のペースを崩さない姿勢は,立派?と言うしかありません。

 因みに海外から来る郵便物は,速いです。逆は超遅いです。ドイツもそうですが,税関・郵便局にてゆっくりと眠っています。最悪1ヶ月は覚悟しなければなりません。

 改めて日本の税関・郵便局の職務への誠実感を覚えます。過去最速は,中3日間でドイツに届きました。税関職員は,お休みだったのかしら?

○ かつて私は,自他共に認める(過大表示?)クルマ好きでした。地元T社のクルマを何台も乗り継いできました。が,一度だけ輸入車に乗りました。

 あの頃のことを今でも鮮明に覚えています。試乗したときから,余りの差に驚きました。どこが?”走る・曲がる・止まる”と言ったクルマ作りの基本が違いました。

 世界のクルマ作りの流れを敏感にキャッチし,外観・内装共をまねしたものです。日本で作られるクルマは,またもや同じ過ちを繰り返していると思います。

 確かに世界最先端の技術を使ったクルマはありますが,乗り込んでみてもワクワク感がありません。例えば,あの柔らかいシート,疲れる元です。

 スポーツタイプのクルマには,ハードなシートをおごっていますが,基本的には50年前と変わらない柔らかさ,腰痛を生み出すシートをいつまで作るのかしら。

 先程書いた一度だけの輸入車,普通のセダンでした。が,座った感じがとってもよかった。堅めのシート,豪華さは全くありませんでした。表皮も布!

 運転手の年間平均運転時間は,約100時間と言われ,その内の約40%が渋滞時間だそうです。ずっと座っています。なぜあんな柔らかいシートを作り続けるのでしょう。

 日本のクルマ作り,運転手の負担軽減を自動運転の方向ばかりに集中しています。正しいように見えて,大切なことを忘れています。シートの大切さを忘れています。

◇ これも訓練,せっかくの…
 某航空会社にチャーター便を得意にされている方がおられます。恒例の”初日の出フライト”も何度も経験,海外のチャーター便にも積極的に乗務経験あり。名前は中???。

 定期便の就航していない空港,さぞかし緊張感を伴った離発着だと思います。そして楽しみと言えば,美味しい料理?いやホテルから空港へ直行です。

 私もその恩恵に与った一人ですが,地元の小型機が撮影できます。あるいは日本へ飛んでこないような航空会社の機材も…。チャーター便運航の楽しみ?

 しかし,自衛隊員にとっては,あくまで”訓練”です。キューバまでを3日間。時差も関係なく,ほとんど飛んでいる時間ばかりです。まあ現地の食事にはありつけますが。

 帰路は,風に向かって飛んできますから,往路より時間はかかるはずです。中南米への飛行,一般人ならば片道1日がかりです。それを立った3日間,ご苦労様です。

”航空自衛隊は,2016年7月18日から20日,特別輸送機で国外運航訓練を実施。キューバ・ハバナのホセ・マルティ国際空港へ運航,未経験空港であることからその飛行経路・航空交通管制の状況・離着陸時の特性・駐機要領などを確認。参加部隊は,統合幕僚監部・航空幕僚監部・航空支援集団で人員は36名,政府専用機1機を使用。”

今日の1枚
Dsc_6070a


2016年7月17日 (日)

ストレスがたまります

○ 世の中3連休だが
 私は,3連休+2日,計5日のお休みです。しかし,西も東もお天気が不安定です。もう1ヶ月以上この状態が続いています。予約は,その都度キャンセルです。

 気象情報を丁寧に見てみると,どうやら(夏の)高気圧の勢力がなかなか強くならないようです。そのために梅雨前線が長く居座っている状態です。

 確かに節約生活ができて嬉しいのですが,一方ではストレスは蓄積する一方です。たった1日のために高額な交通費・燃料費を支払うことはできません。

 北の大地も考えていますが,ジェットスターでさえ,なかなかの高額です。さらに天気予報をこまめに検討しないと実施はできません。曇り空では…。

○ フランスのニースで起きた事件,テロ事件として捜査されているようですが,よくもまああんな事件を起こしたものです。トラックの暴走による大量殺人です。

 Facebookの友達Claude Maggioにメールをしましたが,返信内容は興奮状態でした。亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。また,立ち直るのには時間がかかります。

 そう思ったら,今度はトルコにおけるクーデター事件です。遠いトルコですが,事件が伝わると一瞬にして為替相場は,大きく変動します。失敗に終わってよかったです。

 イギリスの国民投票の時もそうでしたが,世界中の国々は密接につながっています。それだけに一国での出来事と対岸の火事のように思っていると…。

 近くのバカ息子の国,短気ですねえ。何をやり出すか分かりません。下手をすれば,同胞の国へミサイルをぶっ放すかもしれません。やりかねない奴です。

 そうなると我が国とて一気に国中が緊張感に包まれます。平和ボケした我々国民は,パニックに陥るかもしれません。日本に届くミサイルを数多く持っているそうです。

 遠くヨーロッパで起こっている事件,しかし我々の生活に密接に関係があることを忘れてはいけません。さらに近くに火薬庫を抱えていることも。

◇ A330F…MHで見たことがありますが
 古くなった旅客機を貨物機に転用する手法は,以前から行われています。エアバスは,ベルーガを除くと最初からの(民間)貨物機は作っていません。

 中古機の貨物機転用は,二重の儲けです。新造機で儲け,貨物機の改造で儲けることができます。買い手が付かなければ,スクラップという道しかありません。

 買い手側も新造機の貨物機よりは安く手に入れることができます。例えば,FDXのDC-10/MD-11/B757/B767などは,この手法を使っています。

 考えて見れば,機会とは言え,二度の人生(?)を送れる飛行機は幸せですね。一種のリサイクルなんでしょう。また,作り手・売り手共に賢いことです。

”エアバスは,A330-300を貨物機へ転用するA330-300P2F(Passenger-to-Freighter,貨物転用型)を,DHLエクスプレスの発注によりローンチした。4機のA330-300を改修。2017年末にDHLへ引き渡される予定。胴体左前方に貨物搭載用の幅3.6m,高さ2.6mのドアを新設,床構造部材も腐食しない新たなものに交換する。最大ペイロード(有償搭載量)は61トン,パレットを26枚搭載可能。最大離陸重量(MTOW)は212-233トン,最大航続距離は約6667km。
 2012年,A330-200を貨物機へ改修するA330-200P2Fをローンチ済み。最大ペイロード60トン,最大航続距離は約7223km。また,A320やA321,A300やA310の貨物転用型も提供している。カタログ価格は約246億4350万円。”

◇ まだ3機,まともに撮れていないのに
”NHは,C-3POを機体にデザインしたB777-200を2017年3月下旬から国内線に導入すると発表。”
O03200320index_iapp

 B777-200にC-3PO!イラストを見ました。これは広い空港でも一目稜線に分かる存在です。それに路線が限られていますから,B767-200よりは撮りやすい???

 B787/B777-300の特別塗装機は,海外でも非常に人気の高いものです。B767と並び国内線専用ですから,日本に来ないと撮れない存在です。春休み前にデリバリー?

 これは伊丹で貼られる(1号機以外は,デカール仕様)と思います。今からお天気を祈ってデリバリーを撮りに行くぞ!何せ自由人の身になれる頃ですから。

今日の1枚
Image173


2016年7月16日 (土)

日本酒は

○ 歳をとるとやはり日本酒が似合う
 暑い夏には,冷えたビールをゴクリ!美味しいですよねえ。しかし,ビールも嗜好品です。自分の好みのものが飲めたら,さらに美味しいでしょうね。

 ヨーロッパを旅したときの楽しみの一つに,地ビールがありました。どこの国へ行っても地ビールがあり,個性がありました。ギンギンに冷えていないビールも多かった。

 ドイツのビールに関する法は,厳しいことで有名です。<大麦+麦芽+ホップ+水>以外を使ったものは,ビールと称さない厳しいものです。ドイツで最も古い法です。

 ベルギー,ここもビールの美味しい国でした。最近はヨーロッパのビールを輸入し,販売しているお店も増えてきました。まさに個性の塊です。

 それと較べると,日本のガリバーが販売するビールは…。原因の一つが,コーンスターチです。<大麦+麦芽+ホップ+水>以外のものを入れています。第2・第3に至っては…。

 総括するならば,(極言すれば)near beerであってビールではない。ビールの本当の味を知らない人がたくさんいます。near beerをビールと思っています。

 ヨーロッパ各国のビール文化に匹敵するものが,日本にはない?!ありますよね。日本酒です。最近では,日本食+日本酒が海外でブームだとか,輸出量も増えてきています。

 暑い夏,冷酒を爽やかな器に入れ,ゆったりとした気分でいただく,日本の夏・日本人の夏です。それにしても地ビール同様,日本酒の種類の多いこと。

 以下の記事にもありますが,日本酒の主たる原料は,お米です。食事が西洋化されてきた昨今ですが,例えばおにぎりの嫌いな日本人はいないでしょう。いますか?

 もちろん主食のお米と日本酒醸造用のお米では,種類が違います。しかし,お米には変わりがありません。お米の栽培の歴史は,日本酒の歴史でもあります。

 日本人としてのアイデンティティーを重んじ,先祖代々大切に作られてきた日本酒,これは大切にしなければなりません。日本酒をチビリチビリ,日本人だなあ。

 日本酒は,値段で決まるものではありません。酒屋さんに行って,好みを伝え,試しに飲んでみる。この繰り返しで自分に合った日本酒が見付かります。

”特定名称酒は,醸造アルコールを使っているか否かで大別されます。日本酒は米と米こうじと水で造られるが,発酵の過程でいわゆる日本酒ではないアルコールを加える。使わない酒は純米。
 特定名称の手間の表れの一つが精米歩合。精米歩合とは,玄米からお米をどれだけ削ったかの割合を示す。白米は,約90%。日本酒を造るお米は,酒造好適米と呼ばれる。精米歩合を70%以下にすると,醸造アルコールを使っていれば本醸造酒,使っていなければ「純米酒」。精米歩合60%以下は,特別本醸造酒・特別純米酒。低温で長期間発酵させて造るやり方が吟醸酒・純米吟醸酒。精米歩合50%以下は,大吟醸酒・純米大吟醸酒。精米歩合の数値が低いほど値段は高くなるため,純米大吟醸酒の方が高くていい酒?
 特定名称を使わなければ,消費者が大吟醸・純米大吟醸といった名称に惑わされることがない。先入観に惑わされず,自分の趣味趣向で好きなお酒を選ぶことができる。あえて特定名称酒の条件から外れて普通酒として世に出ているお酒もある。精米歩合が65%や60%といった純米酒を名乗るスペックを持つ米を使っている。だが,その米が等外米。
 ドメーヌ化という試みもある。ドメーヌとは,自らブドウ畑を所有,栽培,醸造,瓶詰めを一貫して行う生産者のことを指す。自分たちが求める米を地元農家と協力して栽培す。同じ水脈上で育ったお米と水で造ることで,日本酒にテロワールが生まれる。テロワールとは,その土地や環境の事を指す。地元のものだけを使うことによって,地元ならではの風味が日本酒にも育まれ,他にはない,個性的なお酒になる。さらにドメーヌ化は,農家のモチベーションを上げ,地域産業の活性化につながる。
 特定名称は確かにわかりやすく,お酒選びの参考になる。特定名称という制度が定められたのは,特に手間暇をかけた品質のいい日本酒を増やすため。精米歩合70%以下ではなくても品質のいいお酒が生み出されるようになったことで,純米酒は精米歩合70%を超えていても名乗れるようになるなど,改善もされてきた。”

◇ さすが大人だね
 Airbus and Boeing compete every day to connect people across the globe, so Airbus has just one thing to say as Boeing marks its 100th anniversary… congratulations! Airbus employees around the world – including top management – share these well wishes, and thank Boeing for its competition that makes the industry better.

 https://youtu.be/xWaTjYpczKQ … よきライバル

 ヨーロッパの航空機製造会社が,アメリカの航空機製造会社に敗れ,姿を消しました。(今お騒がせしている)EUも,数集まれば力になると,フランスとドイツが中心になって作られ,その後加入国がどんどん増えていったことは,ご存じの通り。

 アメリカの航空機製造会社も民間機は,ボーイングに絞られてしまいました。これに挑んだのが,エアバスです。商売の上手なエアバス,またたく間にボーイングを抜きました。

 そして両社の中心が,A320とB737と言う単通路(いわゆるナローボディー)である点も共通です。LCCの台頭により,この2機は製造が追いつかない程の受注を受けています。

 そして,世の中は双発機の時代になりました。高バイパスエンジンの開発=低燃費+大出力,エンジンメーカーの努力も両社の発展に大きく寄与しています。

今日の1枚
Dsc_6199


 

2016年7月15日 (金)

NHKが…

○ 偏見か
 ニュースでも新聞でも”天皇陛下”のことが,盛んに流されています。このニュース,何とNHKのスクープ?

 日本国憲法第1条「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」とあります。

 平成天皇は,天皇が政治に参加しない初めての天皇です。日本の歴史の中では,他に類を見ないような存在であり,私自身も頭を垂れたくなる方です。

 徳川幕府の”禁中並公家諸法度”は,強制的なものであった。しかし,いろいろとほころびがあったことも知られています。(歴史は面白い)

 今回の話題は,”生前譲位”です。ここに至るまでに様々なことを想定して熟慮されたことだと思います。公務を軽減してまで,天皇の地位に縛られたくないのでしょう。

 ここで出ている来るのが,”皇室典範”です。思考の硬直した宮内庁…内部はドロドロしていると思います。…のコメントです。皇室を束縛している張本人です。

 マスコミが取材に一番気を遣う役所と言われています。生の声を嫌い,談話形式を常とするやり方を生み出したのもここです。地方へ行かれたときの生き生きとしたお姿!

 82歳の高齢で,天皇の国事行為を遂行していくことは,大変な事です。一挙一動が注目され,プライベートも相当制限されていると思います。

 大方の国民の定年は,60(65)歳です。”国の象徴”としての存在,”天皇御璽”を押す唯一無二のお仕事,82歳のお歳では「もうそろそろ…」が普通ですよね。

 国民の一人として,特別法をつくってでも”生前譲位”をされ,ゆったりとお過ごされることを願うのは,私だけの考えでしょうかねえ。皆さんのお考えは?

○ 先を考えて
 AmazonにてDC-ACコンバーターを購入しました。これまで,カメラ・電話等の充電を忘れることが度々ありました。これで問題が解決しそうです。

 豊田の御大から使用上の注意をお聞きしました。電源はOFFで車の始動をし,それからインバーターのスイッチをON,なるほどと納得しました。

 まあ私が使うのは,先程上げたほかはタブレットくらいでしょうか?これならば長距離ドライブの最中に充電ができます。剥がせる両面テープで付けましたが,失敗。

 無理をせず,前席座席下に置く?使うときにいちいち引っ張り出さなくてはなりません。車の構造を考え,今日は”百均”で物色してきます。

○ お節介だとは思いますが,先日書いたA380の生産体制の見直しです。AFも2機キャンセル,双発の大型機に切り替えたそうです。賢いと思います。

 LH/AF/BAと言ったヨーロッパのガリバーの”見栄較べ”,これからの飛行機は,空席を減らす・低燃費に尽きると思います。原油価格は,油ですが水物です。

 もう一つは,将来A380の中古価格が,相当下がると言うことです。B747の中古機が売れていた時代とは違います。下取りに出すと,エアバスの方が強気に出てきます。

 中古機となっても売り手が付かない化け物A380です。原油価格が上がろうものならば,モハビ行き?解体?しか手がない飛行機です。買わない方がお利口さんですね。

 一方のB747-8,細々と作っていますが,これも先が見えてきました。B777XやA350が一番大きい機体の時代です。NHもバカな買い物をしたものです。路線限定ではねえ。

◇ 条件整備が次第に整ってきましたが
 今イランでは,航空機の更新を前に,激烈な争いが行われています。エアバス・ボーイングへの大量は中もその一つです。中・大型機は,この2社で独占でしょう。

 残るは,RJ部門です。世界のガリバー2社とて,必死のセールスをしていると思います。そこへ三菱も参入,遅ればせながらセールスに力を入れているそうです。

”ANAHDは,MRJの北米・アジアにおける整備・点検サービス提供について、三菱航空機と基本合意に達した。三菱はANAHD傘下の航空機整備会社MRO Japanや米整備会社2社を推奨会社に指定し,近く正式契約を結ぶ。
 高い安全性が求められる旅客機整備は,各国制度で機体別の資格が求められ,コストや設備の制約から整備を外注する航空会社も多い。MRJは北米とアジアを中心にLCCからの需要が見込まれており,整備・点検サービスとのパッケージで,小型航空機市場で競争力強化を図る。整備事業に力を入れるANAHDも海外受注の拡大を目指し,今回の三菱へのサービス提供を足がかりにしたい考え。”

今日の1枚
Dsc_4212a


2016年7月14日 (木)

資源ゴミを見ると

○ 一昨日のことで恐縮ですが,我が家の地区の”資源ゴミの回収日”でした。透明なビニル袋には,たくさんのアルミ缶が入っていました。何気なくその中身を見ると…。

 やはり暑い日が続いています。皆さんビールを飲まれているようです。「どんな銘柄かなあ」と,なおも立ち止まって見てみると,発泡酒・第3のビールばかりが…。

 毎日飲むものです。有名なビールを飲みたくとも,1缶当たり相当な値段の開きがあります。現在の日本経済の縮図のような気がしました。飲みたいが生活防衛も。

 本物のビールが飲みたいのは山々ですが,生活防衛のために発泡酒・第3のビールで我慢されているのでしょうね。ただでさえビールの酒税は高額なのに,さらに値上げ?

 先頃当選された参議院議員の方々,私のように”資源ゴミ”を見て欲しいものです。庶民の節約志向の一端を垣間見ることができます。冗談ではありませんよ。

 こういった”資源ゴミ”一つとってみても,いかに節約志向が強いものがあるのか。賃金も上がるのは,大企業中心です。とても大多数の労働者の懐は豊かになっていません。

◇ 中東御三家御用達品
 3分の2以上が中東御三家への納入のA380,時代の流れを見誤ったもの?燃料費が高騰してくれば,航空会社の経営を圧迫するのは,目に見えています。

 採算ラインが何機なのか知りませんが,恐らく350~400機位だと思っています。ここまでは届くと思いますが,大きな伸びは期待できない飛行機です。

 スポッターとしては,B747と較べると真正面からの顔も不細工です。日本では限られた航空会社のA380しか見られませんが,面白みに欠ける飛行機だと思っています。

 アメリカのガリバー3社が見向きもしない飛行機の一つですね。A350,A330,A321,A320となると,どんどん導入しているのにね。経営リスクを考えているんですね。

”エアバスは,A380の2018年からの販売目標を年間12機に引き下げる。販売不振が続いているため,15年実績の27機を大幅に下回る水準に設定。A380は07年に商業運航を開始,NHも導入を決めた。ただ,航空会社は燃費性能が良い中小型機を積極的に採用,今年6月末までの受注は319機。”
 
◇ また出たぞ
 人間,ランク付けが好きなんですねえ。サンプル数が分かりませんが,毎年結果を楽しみにしています。と言っても,代わり映えのしない結果ですが。

 アメリカ・イギリスからは,相変わらずゼロ!もちろん中国・インドもゼロ!そんな中でNH/CX/SQ/BRがトップ10に名を連ねている,素晴らしい企業努力です。

 こう書くとゼロの中国・韓国航空会社ファンから叱られますかねえ。定時運航・事故率などの方が,乗客にとっては航空会社を選ぶポイントと思うんですが。

”スカイトラックスは,ファンボロー・エアショー会場で2016年の「THE WORLD'S BEST AIRLINES」を発表。
2016年ベストエアラインズ (括弧は前年)
1位:エミレーツ航空 (5) 2位:カタール航空 (1) 3位:シンガポール航空 (2) 4位:キャセイパシフィック航空 (3) 5位:全日空 (7) 6位:エティハド航空 (6) 7位:ターキッシュ・エアラインズ (4) 8位:エバー航空 (9) 9位:カンタス航空 (10) 10位:ルフトハンザドイツ航空 (ベスト10外) ”

今日の1枚
Dsc_9039a


2016年7月13日 (水)

短い人生を謳歌

○ 昼間の高温多湿,なかなか下がらない夜間温度,寝苦しい夜が続いてます。セット下エアコンのタイマーが切れると,自然に目が覚めてしまいます。

 昼間に僅かな時間ですが,昼寝をすると随分違うと思うのですが…。仕事の能率も下がる一方です。連日眠たいです。帰宅すると室内は,約30度もあります。

 こんな体調の悪い時期に健康診断です。良い結果が出るとは,とても思われません。時期をずらしてやって欲しいものです。まだ食欲があるだけ救いですが。

 週間天気予報を見てみると,九州から東北まで,とても”梅雨明け”があるとは思えない予報です。みなさんは,毎日どう過ごしておられるのでしょうねえ。

◇ ほぼ真下を新幹線が通る空港は,
”静岡県が11日まとめた6月の静岡空港の搭乗者数は前年同月比18%減の4万7118人だった。4カ月連続の前年割れ。中国内陸部とを結ぶ路線の廃止が相次ぎ,国際線が37%減の2万4018人に落ち込んだ。
 国際線は主力の上海・武漢線が44%減,台北線は14%減少。昨年6月は中国から40便以上運航,今年はゼロ。ソウル線は41%増。
 国内線は17%増の2万3100人,2カ月連続で前年を上回った。増便した札幌線は30%増,鹿児島線は95%増。FDAが新規就航した丘珠線の搭乗率は80%を超え,新千歳発着便と合わせてビジネス利用のフリープランが伸びた。福岡線は10%増,搭乗率は50%を割り込んだ。”

 もっとも新しいもっとも不要な空港(静岡県民の方,ごめんなさいね)ですね。高速バスや新幹線を使えば,羽田・中部へのアクセスも可能な地域です。

 新幹線整備計画,各JRの経営基盤が違うだけに難しいことがあると思います。正確で安全な新幹線,日本人にぴったりな公共交通機関だと思います。

 (生きられるかどうか分かりませんが)金持ちJR東海のリニア新幹線,これで東京(品川)~大阪が結ばれたら,3大都市は大きく変わると思います。

 国内線の幹線の一つ,羽田~伊丹路線もなくなるかもしれません。残るは千歳・福岡・那覇路線のみ?大型機の行き場が,ますます限定されます。

◇ ここは好きな所でしたが
”ヴァージン アトランティック航空は,A350-1000を12機発注。2019年前半に最初の機体を受領,B747-400とA340-600を置き換える。確定発注した12機のうち,8機を自社購入,4機はALCからの長期リース,2021年までに全機受領する見通し。エンジンはロールス・ロイス製トレントXWBを2基搭載。運航コストを下げる。就航路線はヒースローとガトウィック発着の国際線で,ヒースローと米国主要都市を結ぶ路線から投入。
 VSは現在,B787-9を13機,A330-300を10機,A340-600を8機,B747-400を8機の計39機。”

 VS,中古の大型機から始まりA340-300やA340-600で路線を拡張してきました。いつの間にやらスターアライアンスの準メンバーになってしまいました。

 一度も搭乗したことのないVSですが,スポッターとしては,あの美しい塗装に魅力を感じます。光の当たり具合で刻々と変化する垂直尾翼,いいですねえ。

 いわゆる成田縛り…大手優先の最たる例ですが…のために日本から撤退,さらに収益の高い路線への変更…OSも同じ理由です。SKも危ない?

 成田便の一部を羽田に移すことを認めた措置ですが,いつの間にやら羽田が主で,成田は副次的な存在になりました。Cクラスでの儲けが違いますからねえ。

 成田を守ると共に羽田の離発着を制限する措置です。都心に近く,ビジネス客を望める空港です。機材もどんどん大型化しています。B777-300が中心です。

◇ 懐かしい飛行機が
”マンダリン航空,台中/大分間で定期チャーター便を運航する計画。木曜日と日曜日の週2便、30往復を運航。機材は104席のE190、双方向チャーターとして実施する。大分着1315,大分発1415。”

○ 日よけにも使っているキュウリの支柱に?早速レンズを取り替えて撮してみました。夕方と今朝の様子です。短い人生を謳歌してもらいたいものです。
Semi


2016年7月12日 (火)

ラニーニャ現象

○ 終日報告書の作成に追われ,目が疲れました。椅子に座っているのも楽ではありません。それにノートパソコンの画面が小さく,文字も見づらい。

 高齢者の仲間入りをしても,まだ眼鏡なしでの生活をしています。それもいよいよ次回の運転免許証更新の折りには,眼鏡が必要になるのでは?

 気分転換で外へ出れば,猛烈な暑さです。それでも木陰に入れば,まだ過ごせます。先日剪定した生け垣・庭木を眺めて,「よくやったなあ」と自己満足です。

 昨日の豊田では,県内の最高気温が記録されました。蒸し暑い尾張・三河地方,また熱帯夜が…。夜中に起きてエアコンを切ります。眠たいですねえ。

 そのときジェット音が聞こえました。航空自衛隊のタンカーです。C1を除けば,あとは小型ジェットばかりです。低く大きなジェット音は,タンカーです。

 木陰で眺める飛行機もなかなかいいですね。この暑い中,空港では豊田の御大が…。熱中症にならないことを願うのみです。もしもなったら,間違いなく”禁足令”が発令?

○ 暑いことのついでに
”気象庁は,ラニーニャ(女の子)現象の発生時期が,当初見込みの夏から秋以降にずれ込む可能性が高くなったと発表。ただ,既に平年より海面水温は低めに推移しているため,その影響で太平洋高気圧が強まり,日本が猛暑になるとの予測に変化はない。6月のペルー沖監視水域の平均海面水温は26.4度,基準値となる過去30年の平均より0.1度低かった。発生時期が遅れるのは,ペルー沖の海洋深くにある冷水が海面へ上昇する勢いが弱いことなどが原因という。”

 世界の学者には,素晴らしい人がいるものです。海水温度の推移を克明に解析,地球上の気象がどのような影響を受けるか,研究したそうです。
 
 因みにアジア沖に温かく湿った水蒸気が集まり,西太平洋付近に雨を大量に降らせる雷雲が出来ます。日本には南からの高温の空気が流れ込み,猛暑・水不足となります。

 2007年に起こったラニーニャ現象は,日本でも最高気温を記録する猛暑でした。近年の地球温暖化現象により,更に乾燥した熱風が吹き込むことで,気温上昇となった。

 局地的に見れば,この梅雨は西日本では記録的な豪雨,東日本では記録的小雨,狭い日本でもこれ程の違いがあります。地球温暖化の影響なのかしら?

◇ 久し振りに売れた
”三菱航空機は,スウェーデンの航空機リース会社から,MRJを最大20機受注する見通しであることが分かった。同社はこれまでに国内や米国の航空会社などから合計427機を受注してきたが,欧州企業と取引するのは初めて。” 

 ボンバルディア・エンブラエルと言ったガリバーに果敢に挑む,これ自体は我が国の産業発展に大きく寄与するものです。多くの期待がかかっています。

 3・4号機をまだかまだかと待っていますが…。予定(願い?)では,今月中に4機アメリカに持って行くことになっていますが…。まあ無理でしょうね。

◇ これはいい
 https://youtu.be/lvNjVF3d8E0…一昨日Facebookでシェアをしたものですが,これはいい。但し,スターボード側の映像が少ないのが残念です。こちらは”サクラ”ですからね。

 B787の最大のカスタマーNH,ボーイングの粋な計らいです。本来ならば,ボーイングカラーのものを飛行展示すると思うんですが,NHへの感謝の気持ちでしょうか?

 NHさん,できればこのデカールを所有するB787全部にやってほしいなあ。これぞ,日本を象徴する(富士山・日の出・サクラ)ものですからねえ。安いものです。

 特に国際線でやれば,少なくとも"YOKOSO JAPAN""JAPAN ENDLESS DISCAVERY"よりは,受けると思います。「日本を代表するキャリアらしい」と評価を得ると思います。

 初期のB787の機種前方の"787"の位置にやったら,もう涙が出るほど嬉しいですがねえ。同意される方,NHにリクエスト・メールを出しましょう。出しましょう。

 お金がかかった"STAR WARS"よりも安価で,しかも”日本のキャリアここにあり!”と,宣伝効果は抜群だと思います。ナンバーワンの位置を不同なものに!

今日の1枚
Dsc_3495


2016年7月11日 (月)

豊かな老後?

○ 参議院議員選挙に行ってきました。空いているだろうと思ったら,思いの外,人が多く,並びました。テレビでは投票率が低いと言っていました。

 そう考えると,私の住む町の人達の選挙意識は高い?いずれにせよいただいた”選挙権”は,国民として義務を果たさなければなりません。 

 やっとイタリアンパセリの苗を見付けました。売れ残りですが,イタリアンセロリと合わせ買いました。売れ残りですから,安かったです。

 一昨日も少しやりましたが,風呂場の黒カビとりです。薬(カビキラー)が切れてしまい,ドラッグストアーにて同じ物を購入しました。詰め替え用ですから,多少安いです。

 長靴を履き,窓を開けて始めましたが,塩素系のきつい臭い,次第に気持ちが悪くなりました。それでも続け,泡が消えるまで放置,水をかけると見事にとれていました!

 梅雨時で高温多湿なお風呂場,どうしても黒カビが発生します。次回は,年末の大掃除でしょうか?切れになったのに気付くのは,娘だけ!寂しいものです。 

○ 先日”介護保険被保険者証”のことを書きました。やれやれ”高齢者”の仲間入りをしたかと感無量?”シニアカード”についても同様です。

 そして今度は,”介護保険料額決定通知書”がやって来ました。”国民健康保険”と合わせると…。1ヶ月の年金支給額を軽く越えます。これに固定資産税がプラスです。

 介護保険料の基準額は,60564円です,タンクは11あります。「市民税が非課税,世帯に課税者あり,合計所得金額80万円以下」が,これに当たります。これが基準???

 ”豊かな老後”と言ったのは,ほんの一握りの高額所得者のみです。もちろん「これに備えて”貯蓄”の方はしっかりと」と言いたいのですが…。

 来年度から始まる”真正年金生活者”といたしましては,夢は儚く泡のように消えていきます。節約はしていますが,さらなる節約を余儀なくされます。

 いつも書いていますが,親ばかです,2男には,夢を叶えさせてやりたい。その為には,できる限りのことをやってやりたい。しわ寄せは私に来ますが,仕方がありません。

 ”老後破産”の話が新聞の記事にありましたが,これは他人事ではありません。誰も自ら好んで”老後破産”になる訳ではありません。

 と言って”楽して儲かる”なんて信じられません。資産を増やすには頭が要りますが,それもなし。出るのはため息ばかりです。そうため息ばかりです。

◇ 一歩先を行く
”韓国航空公社と仁川国際空港公社の統計,韓国のLCCが初めて就航した2005年8月から先月までのLCCの有料利用者は計1億1479万人。13年末の5542万から2年半で2倍近くになった。現在,チェジュ航空,エアプサン,ジンエアー,イースター航空,ティーウェイ航空の5社,今月からはエアソウルが就航。飽和状態になりつつある航空市場で,大手を交えた競争が激しさを増す。累計利用者の内訳は国内線が8132万人,国際線は3347万人。チェジュ航空が3431万人,エアプサン2425万人,ジンエアー2250万人,イースター航空1822万人,ティーウェイ航空1465万人。
 草創期の07年ごろは赤字に苦しんだが,08年に大韓航空系列のジンエアーとアシアナ航空系のエアプサンが参入してからはLCCの認知度も上がり,利用者が増えた。09年に年間500万人を突破すると,11年には1000万人を超えた。現在,LCC5社のシェアは56.1%,大韓航空とアシアナ航空の合計(43.9%)を上回る。LCCは国内線で多くのシェアを占め,中近距離路線中心の国際線でも17.5%。国際線の利用者数は前年比で40%以上増加。LCC各社は新たな機材を導入して路線を長距離にも広げるなど,拡張を続ける。エアソウルが国内線を就航,秋には国際線の運航。”

 何より驚くのは,国内線のシェアが50%を超えていることです。狭い韓国,安くて速ければ,航空会社を選ばないのでしょうね。B737やA320で十分です。

 限られたパイの奪い合いから,海外進出は必然的な流れです,ティーウエイ航空は,関西~グアム路線までもっています。UAやKEに殴り込みです。

 東南アジア諸国のLCCもかなり善戦しています。我が国もピーチが牽引力となり,黒字化を果たしました。バニラ・ジェットスターも頑張ってもらいたいものです。

今日の1枚
Dsc_6068a


2016年7月10日 (日)

節約は美徳

○ 4月の関西・伊丹空港の民営化に引き続き,仙台空港も経営方法が変わりました。どこも民営化に伴う空港活性化を狙ったものです。これに福岡が続くようです。

 主要空港ですら経営が難しいのですから,地方空港に至ってはさらに難しいと思います。国が管理する空港で黒字なのは,片手ほどしかありませんね。

 公共交通(路線網)の赤字は,空だけの話ではありません。分割されたJRでも元気なのは,JR東海のみ?高速道路も東名・名神はしっかりと稼いでいますが,他は?

 確かにこういった交通インフラの整備は大切なことです。が,空港を例にとるならば,是が非でも必要と考えるのは,作り手ではないでしょうか。

 夢物語のような需要予測を提示し,空港を作る。いつまでたっても需要予測に至らず,赤字の垂れ流しです。結局血税がどんどん注ぎ込まれているだけです。

 近い将来,札幌から鹿児島まで新幹線が整備されます。時間短縮の空も必要でしょうが,そのために赤字が膨張するのは,いかがなものでしょう。

 年間の利用客約300万人の仙台空港,(同)約200万人の高松空港,国が管轄する空港が民営化に舵を切った(切ろうと)訳です。根本的な解決策と言えますかねえ。

 一番の問題は,日本の人口減少です。これは特に地方に著しい減少で,そんななかでの民営化です。ますます小さくなるパイの奪い合い,これですね。

 先の夢物語の需要予測の形を変えたもので,変わりがありません。新幹線の方が便利です。遠隔地を結ぶのは苦手ですが,やはり新幹線の優位性は動きません。

 先の高松空港がある四国地方,本州と結ぶ夢の大橋,これとても未だに利益が上がっていません。空港建設と同じです。公共交通整備の名を借りた土建屋保護です。

 それでも地方の活性化を目指すアベチャン,また血税のバラマキの新手を考えてくるでしょう。”便利さ”と言う言葉の裏に潜んでいるものは?

○ 何を今更
”主要な小売企業の2016年3~5月期決算は,経常利益の伸び率が前年同期比4.7%と11.6%だった前年から半減。消費の変調を物語るのがコンビニ。ファミリーマートは経常利益が2%減。冷やし麺や弁当がけん引し既存店売上高は1%増,が客数は前年を下回った。増やした販促費が利益を圧迫。セブン&アイ・ホールディングスは国内コンビニの客数が横ばいで営業利益は微増。ローソンは既存店売上高が前年を下回り1割程度の営業減益。
 イオンリテールは営業損益が赤字。専門店に客を奪われて衣料品や日用品がさえない。イトーヨーカ堂は経費削減で営業増益,黒字額は4億円。百貨店は,高額品の販売が厳しい。中国の関税強化と円高で訪日外国人が高級ブランド品や時計を大量に買い込む「爆買い」は鳴りを潜めた。株安による逆資産効果で国内の富裕層に宝飾品などを売る外商の売り上げも伸び悩む。
 厚生労働省の毎月勤労統計調査(従業員5人以上)によると,5月の従業員1人あたりの現金給与総額は前年同月比で11カ月ぶりのマイナス。総務省の家計調査では2人以上世帯の実質消費支出は,うるう年の影響を除くと5月まで9カ月連続で減。収入が伸び悩む消費者が支出を抑え,デフレ脱却の道筋は見えにくくなっている。”

 少子高齢社会,年金受給者の増加をベースに物事を考えない記事です。デフレが長く続いたことを加味すると,入が減れば,出も減ります。当然のことです。

 入が減れば,当然節約志向に向かいます。某国民の爆買いも一過性のもの,これは誰が見たって分かること。欲にくらんだ商売の結果の惨めなこと。

 この世の中,貧富の差はますます激しくなっています。若者とて将来を考えれば,昔のようなバカな行動をとらなくなります。つまり日本の社会の変化です。

 この潮流を見誤り,昔ながらの手法をとれば経済は再生する。まさにアベチャンの考えの誤りは,ここにあると思います。少子高齢社会に見合った施策ではありません。”節約は美徳”の国です。

○ 送ってきましたが
 サイトには,詳細がありませんでした。が,今頃充電に6時間もかかるような物は…。これだけでいっぺんに興醒めです。どうしてこんな粗悪品なんでしょうねえ。

◇ スピードバード,おまえもか
”BAは,ヒースロー~成田線の運航機材をB787-9に変更。F8席,C42席,PE39席,E127席。
 成田便はこれまで,B777-300ER運航。B787-9に変更,機材を小型化。BAはB787を計42機発注。内訳はB787-9が21機,B787-8が9機,B787-10が12機。エンジンはトレント1000。”

今日の1枚
Dsc_3937


2016年7月 9日 (土)

一歩間違えれば

○ 台風1号(今年はまだ1号です!)による湿った空気,今日はお昼前後に相当な降水量を記録しそうです。群馬県山間部に降ってくれればいいのですがねえ。

 熊本地震を起点に西日本の自然現象がおかしい。余震もさることながら,よく降ります。昨日も九州地方の降水量は,激しいものがあります。今日も?

 「50年に一度あるかないかの降水」,ここ数年マスコミがよく使う文句です。それくらいに地球の自然現象が狂い始めてきています。原因は?

 と言うことで,雨が小降りになるまではじっと我慢の子です。上州道祖神の下調べでも集中的にやります。まだまだ知らないものがいくつもあり,時間がかかります。

◇ 似たような調査結果…アビーロード(日)
”○ 総合満足度ランキング
 1位(前年1位)シンガポール航空,2位(前年3位)ANA,3位(前年15位) KLMオランダ航空,4位(同率)(前年4位)ニュージーランド航空,4位(同率)(前年5位)エミレーツ航空,4位(同率)(前年2位)日本航空
 ○ 部門別満足度ランキング1位
①航空機の機材,設備:シンガポール航空 前年1位 ②客室乗務員の接客サービス:ANA  前年2位 ③空港内の航空会社職員の接客サービス :ANA 前年1位 ④機内飲食サービス :シンガポール航空 前年2位 ⑤機内エンターテインメント:エミレーツ航空 前年1位
 ○ コストパフォーマンス 
 最もコストパフォーマンスが良いと評価されたのは「カタール航空」,2位「エミレーツ航空」,3位「シンガポール航空」「エティハド航空」。”

 PDFに詳細がありますが, 18歳以上の海外渡航経験者7227人の調査結果です。まずもってサンプル数が少ないことが問題です。それにこう言った調査は,個人差が大きいです。

 日本人が最も多く利用する青組,やはり日本人のきめ細やかな応対が好印象なんでしょうね。また,機内食では,相変わらずアジアの航空会社がお好みのようです。

 私が面白いと思ったのは,コストパフォーマンスです。中東御三家が全て入っています。新しい飛行機,トランジット客に優しい,経由便で安いなどが理由か?

◇ これは犯罪です
”国内空港で航空機へのレーザー光照射が相次ぎ,今年前半で,31件の被害が発生。過去最多だった昨年1年間の49件を上回るペース。被害を受けたのは,着陸態勢に入っていた旅客機がほとんどで,ヘリコプターなども被害を受けている。主要空港での被害が目立ち,機長らが赤や緑の光で照射されているのに気付き,航空会社などを通じて同省に報告。一つの空港で短期間に集中するケースがあるといい,6月は13件あった。”

 以前伊丹空港へ着陸しようとした旅客機のコックピット目がけてレーザー光線が…。あってはならないことですが,一時的でもパイロットの目に異常があったら…。

 一歩間違えば,大事故につながる可能性が大です。自分がやっていることが犯罪であり,間違えば多くの人の命を奪うものと分かっているのか,異常です。

 こうしたものが安易に手に入る国,どこかで規制をしなければならないと思います。レーザーの威力を弱めたものを…。「売れれば良い」といった考えだとしたら。

 仮にレーザー光線を悪用している者が警察に捕まり,使用機器が判明したら。メーカーはどのような釈明をするのでしょう。分かっていて売っていると言われても仕方がない。

◇ 強いエアバス
 やはりエアバスは,商売が上手です。もう少しでA380の採算ラインに届きそうです。エアバスにとっては,中東御三家は,神様のように見えると思います。

 北米・南米では,未だに1機も売れないA380です。これ程買い手の偏った飛行機はないと思っています。世の中双発機の時代ですが…。(まだA330が売られています!)

 それでもエアバスやボーイングの稼ぎ頭は,B737でありA320です。安いから数で勝負の飛行機です。両社ともにしっかりとその役目を果たしています。

”エアバスの2016年4-6月期(第2四半期)の引き渡しは,前年同期比3機(1.76%)増の173機,受注は66機(25.29%)減の195機。
 機種別で見ると,引き渡しはA320シリーズ141機(前年同期129機),A330シリーズ15機(29機),A350シリーズ8機(3機),A380が9機(9機)。A380はエミレーツ航空に6機,エティハド航空に2機,ブリティッシュ・エアウェイズに1機引き渡した。A350はシンガポール航空に3機,フィンエアーに2機,LATAMエアライン・グループに1機,オランダのエアキャップに2機引き渡した。エアキャップはキャセイパシフィック航空(CPA/CX)とエチオピア航空(ETH/ET)に1機ずつリース。
 受注はA320シリーズ148機(前年同期237機),A330シリーズ20機(23機),A350シリーズ27機(1機),A380が0機(0機)。A320のうち従来型のA320ceo14機,A321ceo52機。A320neo61機,A321neo21機。A350は3社から計27機を受注。中国東方航空から20機,フィリピン航空から6機,匿名顧客から1機を受注。”

今日の1枚
Dsc_3485


2016年7月 8日 (金)

陸上のLCC

○ 今日は,お袋さんの命日です。いろいろ不足しているものがあり,近くのSCへお買い物です。終わってホッとしていると,出口の反対側に”QB"がありました。

 どうせまっすぐ帰っても…。立ち寄ることにしました。床屋さんのLCCです。入口で料金を払います。ボタンを見ると???シニア料金???65歳以上???

 シニア料金は,(平日に限り)消費税分割り引いてくれます。たった80円ですが,助かります。待つこと20分余り,リクエストを伝えると,速い!速い!たった10分程で完了。

 お嬢さんが,「次回からはこのカードをお見せください。」と”シニアカード”をくれました。いつ使うか分かりませんが,一応もらっておきました。

 帰宅してシャワーを浴びながら,洗髪です。髭は自分で剃れますし,耳垢も自分でとれます。フルサービスと違って味気はありませんが,割り切れば,これでよし!

 ”陸上のLCC”と勝手に名を付けました。ただカットするだけのような時ならば,これでいい気もしてきました。シニアカード,何とも複雑な気持ちですが。

○ 藪用を済ませ一端帰宅すると,締め切った室内の熱気で…。時計の温湿度計を見ると,33度!先程までいた車内,エアコンが効いているのかどうか分かりませんでした。

 今年の夏は厳しい暑さと予報が出ていますが,梅雨の段階からこの暑さです。果たして身体がもつのか心配になります。エアコンの効いた部屋から出られません。

 関東の水不足は,その後どうなったのかしら?西日本ではよく雨が降りましたが,東日本では少雨,こんなに狭い日本なのに。不思議です。

 間もなく2男の受験日です。命日前の仏壇を掃除しながら,ひたすら神様・仏様・母上様と手を合わせるバカ親です。どちらに転んでも苦難な生活には変わりがありません。

 卒業・入学とスムーズに行けば,苦難な生活は2年で終わりますが,こればかりは誰にも予想できませんよね。職に就くまで,まだまだ先が長いです。

◇ 青組の大量購入に感謝して,ボーイングは青組用B787をイギリスのエアショーに持ち込みました。L側:朝日と富士山,R側:サクラのデカールが貼ってあります。

 どうせならば青組の国際線用B787の全部にやって欲しいです。朝日・サクラ,また某国から,「元々は我が国が最初である。」といちゃもんを付けられるかもしれませんが。

 その内に「富士山は,元々我が国にあったものだが,日本がもって行ってしまった。」とも言いかねない国です。本当に中華思想は,独断的で恐ろしいです。

”全日本空輸は,今月ボーイングから受領するB787-9から,中距離国際線用の新しい機内仕様を導入。中距離アジア路線を中心に投入してサービス向上を図る。客室仕様はC40席・PE14席,Eが192席の計246席。CにANAビジネス・スタッガードを導入,東南アジア路線を中心とする中距離国際線に重点的に投入。8月上旬に羽田=シンガポール路線から就航を開始,下旬に羽田=香港路線,羽田を発着するバンコク線などの中距離路線にも投入。また,長距離国際線仕様機で好評なPE,座席間隔34inchのE,ANA SKY LIVE TV/ANA WiFiなども提供。”

 青組も(昨日の)赤組同様,B787の導入が着々と進み,青組は世界最大のB787所有航空会社となりました。ただ羽田離発着専用と言うことで,撮影が難しいです。

◇ 3・4号機のデビューが待たれるMRJですが,
”MRJのエンジンの組立を9月から愛知県で始める。6月末からは愛知県の別の工場で機体の生産も始めており,MRJの本格的な量産体制がほぼ整った。P&Wから部品を送ってもらい,三菱重工航空エンジンで最終組立を行う。旅客機用エンジンを国内で生産するのは初めて,最初のエンジンは今年末ごろに完成する見通し。”

今日の1枚
Dsc_9505a


2016年7月 7日 (木)

競う,そして集める

○ 5日,仕事が一段落,今までの実績報告書を作る時期となりました。ある程度大まかな句切りをつけてやらないと,かえってミスが出てきます。

 来週は,まず形を作ることに専念します。そして他の文書との整合性を確認,添付ファイルで送れば終了と言うわけです。あくまで予定ですがね。

 予定通り行けば,来月は時間にゆとりが出てきます。そして梅雨が明ければ,空港に?(そんなに甘くはないぞ…こんな声が聞こえますが)

○ 我が国ではスマホの占める割合が約60%と,依然として携帯電話の需要が高いそうです。スマホ,便利なことは分かりますが,どうしても必要な機能かあるかと言えば…。

 スマホ=ゲーム機になっている若者も多いはずです。あるいは好きな曲をダウンロードして聴く,"You tube"を視聴する便利なものかもしれません。 

 人によって利用の仕方は様々ですが,例えば(無料通話2700円分)どれだけの人が通話をするでしょう。こうしたデータをキャリアは,公表しているのかしら?

 もう一つスマホの流れは,格安商品が出回り始めたことです。通信速度やアフターサービスに不安がある人は,乗り換えに消極的なようです。まして新たに…。

”MVNOの格安SIM+SIMフリー端末,イオン・ビックカメラ・楽天も進出。シニア層や主婦層などにも人気。通信費を安く抑えられまね。日本郵便株式会社(全国2万4千の郵便局)はIIJmioと提携,IIJのSIMを利用し斡旋販売を開始。音声通話付きSIMと富士通のarrows M03をセットにして提供。電話やハガキで申し込み,後日SIMカードがセットされた端末が送られてくる。端末は設定がすでに済んでいる状態,電源を入れるとすぐに使える。また,郵便局専用のコールセンターも用意。初期費用は3,000円,維持費は端末代込みでは月々2,980円✕24回。バンドルクーポンは3GB。25カ月後以降は月々1,600円。販売開始は8月1日。カタログの設置地域は東海4県。今後状況に応じて全国展開も予定。”

 全国津々浦々に展開する郵便局網,これは都会中心であった今までとは違います。ゲームやYou tubeには見向きもしない層(敢えて断定して書きませんが),受けるのでは?

 これで1Gならば,さらに受けるのでは?私のようなものは,それで十分です。視力も落ちてきました。しかし,あの小さい画面を見るのが苦痛で仕方ありません。

◇ これは売れる
”ボンバルディアはCS100の初号機(HB-JBA)を,スイス インターナショナルエアラインズ(SWR/LX)に引き渡した。LXはCS100のローンチカスタマー,2クラス計125席(C20席,E105席)。LXは,チューリッヒ発CDG行きLX638便に投入。パリ線のほか,マンチェスターとプラハ,ブダペストの各線でも運航する。
 CシリーズはCS100(110-125席)とCS300(130-160席)の2機種。燃費で20%,運用コストで15%の向上,CO2排出量は20%,NOx排出量は50%削減。静粛性の高さや窓の大きさ,シートの幅の広さ,オーバーヘッドビンが大型である点なども特長。エンジンはプラット・アンド・ホイットニー社製PurePower PW1500Gを搭載。”

 エンブラエルが新型機を前倒しになったのも,このCSシリーズのせいです。決してMRJを見てではありません。高性能+ECOは,航空会社にとって魅力があります。

 日本の航空会社もB737やA320ではちょっと多き過ぎる路線に投入したいのですが…。国策には逆らえないでしょうね。CSシリーズ,売れると思います。

◇ どれだけレジが…
 昔からレジ集めが大好きな私です。一時は「レジが分からない写真を否定する」程の熱の入れようでした。空港通いが少なくなると,その熱も次第に冷めてきました。

 が,密かにガリバー2社のレジは集めています。なかなか集まりません。B737は,両社ともに両手ほど残っています。と言って,某大空港のデッキで集める気も…。

 日本航空のB787は,全て国際線で使われています。「これは成田へ行けば集まる」と思っていたのですが,これがまた難しいんです。集まりません。

 導入が一段落したそうですから,この1・2年が勝負だと思っています。(B767の後継機は???ですから,今のうちに稼がねばなりません。)

”日本航空の25機目のB787-8(JA845J)が,成田空港に到着。発注したB787-8は完納。今後はB787-8が投入されている国際線のうち,主に中長距離路線を担う。新スカイスイートB787で,座席数は3クラス161席(C38席,PE35席,E88席)。
 受領済みのB787は,B787-8が25機,B787-9は4機で計29機。B787の仕様は3種類。B787-8は2種類,15機(JA821J-835J)が,「E01」と呼ばれる2クラス186席仕様(C42席,E144席)で,16機目(JA837J)からの10機(JA836J-845J)は,スカイスイートB787(E11仕様)に変更。B787-9は,スカイスイート仕様,3クラス195席(C44席,PE35席,E116席)。B787-8のスカイスイートB787と同じシートを採用,34席増。
 確定発注した45機のB787のうち,スカイスイート仕様は30機,大半がこの仕様になる。時刻表での表記は,初期のB787-8が「788」,スカイスイート仕様のB787-8が「SS8」,同B787-9が「SS9」。
 コックピットには,ヘッドアップディスプレイ(HUD)が標準装備,操縦性を向上させている。”

今日の1枚
Dsc_4417a

2016年7月 6日 (水)

商売上手な…

◇ FR24を見ていると,時々VN:A350の成田飛来を見ます。CXもSQもA350を導入,そしてTGにも導入されるそうです。増産体制も整ってきたようです。

 それでもエアバスは,相変わらずA330の販売もしています。恐らく値引きも相当なものだと思います。その分A350でしっかりと儲けているのでは?

 日本では,赤組がA350をB777-200/300の後継機として導入する予定です。青組は,B777Xと相変わらずボーイングを使うようです。面白い構図です。

 A320以来,フライバイワイヤー+サイドステックの組み合わせが,エアバスのお家芸です。機種が異なっても短期間に移行できることも航空会社を助けています。

”エアバスは,タイ国際航空(THA/TG)向け初号機となるA350-900がロールアウトしたと発表。地上試験と飛行試験を実施後,2016年第3四半期の引き渡しを予定。TGのA350-900は2クラス計321席(C32席・E289席)。欧州やアジアなどの長距離路線に投入する見込み。
 同社はA350-900を12機導入予定,うち4機は自社購入機。のこりの8機はリースで導入。アジアではTGのほか,VN・SQ・CXなど計13社が自社購入で導入。JLは,A350-900とA350-1000を合わせて最大56機導入。”

◇ 「成田の沈没か?」と何度も書いてきましたが,なかなかしぶとく生き残り作戦を立てています。「東京から遠い」と言う事実は隠せませんが,どんな魅力で?

 成田・中部・関西に共通する深夜から早朝の時間帯,このアクセスをいかに解決していくのか,まだまだ課題は残っています。23-6規制もいつまで続くか?

 実は緩やかですが,成田の離発着規制は緩んできています。24時までの1時間延長です。
以下その内容です。あくまで非常事態であり,完全に認める訳ではありませんが。

 利用者から見れば,ディレイによる着陸もある程度は認められ,ダイバードからは外されるのでは?それでもアクセスには困りますよねえ。

”○対象機材は,低騒音機に限る(B747等は対象外)。○対象航空会社は制限なし。○着陸料と同額の割増料金を徴収し,割増分は全額地域に還元(日本で初)。○遅延が発生している航空会社には改善を指導。場合によっては対象外。○実施状況の公表,関係市町への報告等,情報公開を徹底。一定期間経過後,検証を行う。”

 この中で「B747等は対象外」となっている点,4発機=高騒音の発想は,やはり古いですね。伊丹からも同じような発想でB747は,締め出しを食らいました。

 燃料費高騰に加え,B747を運用する路線が限られ,航空会社の首を絞めたことは,ご存じの通りです。「静かだ」と言われているB777も疑問符が付きます。

 ましてB767に至っては,最新型のB747やA380と較べたら…。やはり4発機=高騒音の発想ですね。それに搭載燃料にも大きく影響されると思うんですが…。

もう一つ,驚くべき数値が発表されましたね。これです。

”成田国際空港が発表した5月の運用状況,航空機発着回数は新規路線開設や新規就航で前年同月比5%増の2万0526回と5月として過去最高。国際線は旅客便が増加して同8%増の1万6212回と開港以来最高。旅客便が同9%増の1万4100回と過去最高。国内線は同4%減の4314回と前年割れ。航空旅客人数は同1%増の314万9181人と5月として過去最高。国際線の外国人旅客がアジア方面からの増便の効果で同6%増の112万9479人と5月として過去最高。国際航空貨物量では,仮陸揚貨物量は同11%増の6万5880トンと開港以来,過去最高となった。”

 恐るべきLCCの力です。羽田の離発着制限から逃れ,成田を使うLCCの姿が浮かび上がってきました。が,次第に”爆買い”効果も薄れてきただけに,今後の動向は?

 24時間使える羽田空港の魅力は大きいものがありますが,いかんせんキャパシティーに問題があり,お上のさじ加減で変動しますが,それでも限度があります。

 やはり地元の人達の理解と協力を得ながら,24時間空港目指して変身していくしか道はないのかしら?3本目の滑走路も計画されていますが,23-6規制があってはねえ。

今日の1枚
Img613a


2016年7月 5日 (火)

「目指す」「予定」ですが

○ また同じ事を,"TOK2"です。もう管理者もお手上げ状態?7月3日復旧予定が,また延期です。しかも今度は予定すら発表できない状態です。

 無料サーバーは,広告を収入減としていると思います。世の中不景気の波が押し寄せてきています。恐らく経営が厳しいと推察されます。

 人手も足りないのでしょう。ブログの"nifty"のような大資本がバックにはいないと思います。無理に無理を重ねてきたつけかもしれません。

 私と同じようにサイトを作りたいがお金がない,無料サーバーがあるのならば,それを利用しようと考えるのが普通ではないでしょうか?

 前にも書きましたが,私のサイト"http://www33.atpages.jp/ja8582/"は,いくつもの無料サーバーを借りています。サイトアドレスを見れば,たこ足配線???

 そして利用限度があるのがほとんどです。サーバーの負荷を考えた措置だと思います。少数ですが,利用限度のないもの"TOK2"もその一つです。そこに集中する訳です。

 特に私の場合,画像が中心です。限度があると,短い期間でいっぱいになり,使えなくなります。恐る恐る使っているのが,正直な話です。

 現在"TOK2"には,3人の仲間のアップを待っている状態です。ホームページビルダーで処理は終わっており,いつでもサイトアップできる状態です。いつになったら…。

◇ やはりやることが遅い
”日本航空とPontaを運営するロイヤリティ マーケティング(LM)は,7月1日からオリジナルデザインのポイントカードの発行を開始。ポンタの運航乗務員姿をデザイン。JALの国内線機内と,羽田と成田,新千歳,伊丹,関西,中部,福岡,那覇の8空港で配付。
 両社は2015年4月,JALマイレージバンクとPontaとのポイント相互交換を開始。2016年4月からは,JALグループ便の搭乗でPontaポイントが貯まるサービスも開始。Pontaは1枚のポイントカードで,ローソンやガソリンスタンド,飲食店など提携各社のポイントを相互に利用できるサービス。6月1日現在,84社と提携。5月末時点での会員数は7651万人。”

 JMBのやることの遅いこと!そして無茶苦茶なこと!JMBは,ファミリーマートとも提携しています。ファミリーマートは,サークルKと統合予定。ローソンとはライバル!

 因みにファミリーマートは,"Tポイント”です。現在の所”Tポイント”と”ポンタ”の交換はできません。つまりJMBは,二股をかけています。滅茶苦茶な理由です。

 これで青組が,セブンイレブンを組んだら面白い。一挙にカードの流れがセブンイレブンに流れて行きます。”ナナコカード+青組カード”が,最強のカードとなるでしょう。

 青組は,頭を下げてでもセブンイレブンと手を組むべきです。品質・サービス等,セブンイレブンは最強のコンビニエンスストアですからねえ。

 近い将来セブンイレブン→ファミリーマート→ローソンの順番になることは,誰でも知っています。ですからJMBのやっていることは,滅茶苦茶だと言いたいです。

◇ 名古屋小牧空港でしか撮れない!
”三菱航空機は,MRJの飛行試験機3号機,4号機を今夏にも初飛行を目指す。現在の飛行試験は,初号機と2号機の2機体制で実施し,今夏には3号機,4号機を初飛行させる計画,順調に開発が進めば一気に4機体制で試験できる見通し。7月末には本格的な飛行試験に向けて米国に出発する予定。”

 MRJを撮るならば,火曜日がお薦めです。木・金曜日は,できたら避けた方が良いでしょう。その理由は,書きません。企業秘密です。あなただけに教えます。

 私,3・4号機の姿を見たことはありません。記事をよく読むと,「目指す」「予定」と言う言葉が出てきます。あくまで希望的観測です。できなければ,言い訳をします。

 それでも1~4号機は,(ひょっとしたら)渡米したら二度と日本に帰ってこない可能性があります。むしろその方の確率が高い?のではないでしょうか。

 希望としては,1号機を新しく作られる”航空博物館”入りすることでしょうか。このおかげで"W2"での撮影は難しくなるのでは?ひたすらW1を使うことを期待して…。

今日の1枚
Dsc_6168a


2016年7月 4日 (月)

新たな汚さ

○ バングラデシュの首都ダッカで起こった事件,亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。中東・ヨーロッパ・北米とこういった事件は続いています。

 ”不満”と言う感情をもった生き物:人間,それは誰しももっている感情の一つだと思います。それを”武”ではなく話し合いでもって解決できるのも人間です。

 しかし,残念なことに”不満”を感情むき出しで”煽る人”がいることも事実です。イギリスの国民投票・トランプ現象とても,私は同じだと見ています。

 これだけ世界の国々が密接な関係をもつようになった現在,”孤立主義”は大変に危険な考えです。歴史を学んでいません。歴史は繰り返すのか?

 ”不満”をもちながらも冷静に世の中を見つめ,”数字の夢”に惑わかされることなく,一人一人の責務を果たすべきです。私達は,来る参議院議員選挙で試されています。

 海外の事件を見ていると,日本ほど平和な国はないように思えてきます。島国における単一民族のもっている同胞意識がなせるものです。

 が,世界を舞台にするならば,危機意識をもたなければならないと思います。これだけ無差別殺人事件が頻発するようになれば,それ相応の覚悟をもって出かけることです。

○ 久し振りに”バジルソース”作りに専念,しかしイタリアンパセリが…。ちょうど切れ目になったところです。読みが浅かった。

 酸化防止に瓶詰めした後,上からオリーブオイルを注ぎ,少しでも美しい色が続くように…。イタリアンパセリがあれば,こんなことも不要ですが。

 パンの上に薄く塗り,岩塩を少し振りかけてトーストします。もう狭い我が家にいい臭いが充満します。粉ふきいもにもバジルソースをかけていただきます。

 NHK”今日の料理”のサイトを見てみると,バジルソースにはいろいろな使い方があります。今週は,集中してイタリア料理?また試行錯誤の連続です。

○ やっと半強制から逃れられます。アメリカでは訴訟にまで持ち込まれた"Windows 10"への半強制グレードアップ,今月からメッセージが変わりましたね。

 考えて見れば,マイクロソフトのやり方は一方的すぎました。分かりにくいメッセージでユーザーを戸惑わせ,無理矢理"Windows 10"にしようとしました。

 8.1や7を使っているユーザーの中には,使用できないソフト・周辺機器が出て困っているというのに。そこで新しいものを購入させようと…。汚いやり方です。

 タブレットで確認済みですが,「"Windows 10"にアップデートをしない」と操作しても,下のタスクバーには,ずっと残っています。嫌みたっぷりのやり方です。

 傲慢もここまで来ると…。無料アップデートは,今月27日までだそうですが,現状のOSで満足している人,実は私もその一人,このままでいいです。

 次回タブレットを購入するとしたら,アンドロイドかアップル製品を考えます。デスクトップは,相変わらず"Windows"でしょうねえ。冒険はしません。

◇ J-Airは
”今年中に伊丹-仙台線と鹿児島線の2路線をすべてE190に変えることが当面の目標。 JALは2014年8月28日,E190と追加発注となるE170の2機種合計で確定発注15機,オプション契約12機の最大27機を導入する契約を結んだ。2016年度は,E190を5機受領。また,三菱航空機のMRJも32機発注済み。今後はE170とE190合計32機で,エンブラエル機にいったん統一,2021年から7年程度かけてMRJへの置き換えを進めていく計画。E190は今後10年の戦略機材となる。”

 果たしてこの計画通りにいくのか?案外エンブラエルの寿命が延びたりして…。やはりこの世界,実績と信頼ですからね。国策とは言え,もったいないな。

今日の1枚
Dsc_4593a


2016年7月 3日 (日)

予報は外れ…

○ 天気予報を信じて生け垣の剪定を始めました。が,ものの見事に外れました。強い日差しとともに気温は,グングン上昇していきます。汗びっしょり。

 それでも春先に生け垣の剪定をしていますから,刈る量は大きなゴミ袋4袋で済みました。いつもの半分以下です。夏が終わったら,3回目です。

 シャワーを浴び,冷蔵庫を見たら…。仕方なく麦茶をガブガブ飲んでお終い。「そうだYEBISがあった!」ことを思いだし,急いで冷蔵庫に入れておきました。

 これで夕食時に飲めます。先週の水曜日の剪定疲れがとれたと思ったら…。午後は涼しくしてパーソナルチェアでのんびりと過ごしました。あーーー疲れた。

○ 選択肢が広がった
 先日書いた"i-dio"ですが,昨日アプリをスマホにインストールしました。この地区のものだけでなく,関東・関西などの放送が聴けることはいいことです。

 また専門チャンネルもチラホラ,私にはむしろこれが似合っているかもしれません。そこで無料につられて”Wi-Fiチューナー”を申し込みました。

 無料配付数が2万台と言うことですから,当たる確率は高い?宅配便を待っています。これで送られてこなかったら,余程運が悪い?

 日頃は"BOSE"でFMラジオを聴いていますが,これで選択肢が広がった?と思っています。スマホで聴いてみると,ほどほどの音質です。地上波の残りかすを使っていますから。

○ 「あなたに車をプレゼントしたいのですが,どんな車がお望みですか?」と聞かれたら,どう答えるでしょう。(買えないから夢を見ています。)

 「大きいのならSUBARU:LEVORGですね。小さいのならばFIAT:500ですね。」と答えます。プレゼントは,随時受け付けておりますから,ご遠慮なく申しつけください。

 職場の仲間にも「LEBORGが欲しい」との声を聞きました。SUBARUは高級車を出しません。小さなメーカーですが,ポリシーをもっています。

 SUBARUの大衆車IMPREZAに乗っていますが,水平対向エンジン+シンメカトリカルAWD+アイサイトと言ったSUBARUのポリシーにのっとった車です。

 SUBARUの車は,お金をかけるところと手を抜くところがあります。TOYOTAのような上手な車を作りません。こういった車作りも面白いです。

 FIAT500,”500は,イタリア語でチンクエチェント”と言うそうですが,これまた面白い車です。実に分かりやすい車名ですね。FIATの傑作です。

 お洒落,可愛い,そして実用的な車です。高齢者が乗ってもいい車です。これでレギラーガソリンで走ってくれるのならば,もっと嬉しい車です。

 これには暴走族風な過激なものもありますが,私は一番安いもので結構です。それでも本国使用と較べると,余分なものがいっぱい詰まっています。

 最初にも書きましたが,プレゼントはいつでも受け付けております。あなたのお気持ちを察して,大切に大切に乗らせていただきます。よろしくお願いいたします。

今日の1枚
Dsc_0010a


2016年7月 2日 (土)

暑い!

○ 7月に入ったら,最高気温が30度を超す日が始まりました。週間天気予報を見たら,いよいよ夏が近付いたようです。但し,梅雨はまだ明けないようです。

 曇り/雨の日が続いていましたが,昨日は久し振りに青空を見ることができました。午前中は腹痛のためにゴロゴロしていましたが,お昼を食べたらソワソワ。

 外に出たら,Mitsubishiの小型機が浜松方面へ飛んでいきました。「今日はやるな」とカメラをナップサックに入れて準備完了です。デジの日です。

 空港へ行くと,なにやらテレビ局のヘリがポツリポツリとお帰りです。久し振りのカメラ,相変わらず下手です。それでもデジですから,気に食わねば…。

 空港には,W1の仲間が6名ばかり,やはり皆さん曇天のために撮影ができず,晴れたら一目散に空港へ直行?まるで同窓会のようなものです。

○ 誰しも一度はハッとしたことが…。子どもや高齢者の自転車のことです。スピードを落とし,対向車がいなくなるまでノロノロ運転です。

 自転車利用者に損害賠償保険の加入を義務付ける大阪府の条例が昨日施行された。ヘルメット着用も訳の分からぬ条文です。大阪でも罰則はなしだそうです。

 確かに大型車→小型車→二輪車→歩行者と法は手厚く保護をしています。横断歩道のないところを突然横切る,前方不注意で上位のものには,罰則・罰金があります。

 自動二輪車のジグザグ走行,高速道路の自動検問なんて,何にも怖くない。事故が起これば,ここでも上位のものには,罰則・罰金があります。

 道路交通法が時代の流れに合っていないのでは?特に高速道路を走っていると,そう思います。少なくなった暴走族,ひとかたまりで走る怖さ。

 高速道路の警察も速度違反で大型車・小型車を捕まえた方が,実入りが良い?自動二輪車が路肩に止まって捕まっている姿を見たことがありません。見た経験あります?

○ 今年は野生の熊による被害のニュースが,よく流れます。亡くなられた方も何名もおられます。山に食糧となるものがないのか,それとも生活範囲が広がったのか?

 いずれにしても野生動物(熊・猪・鹿)の数が増え続けていることは事実です。狩猟された野生動物を地域の特産品として売られているところもあるようです。

 欧米のまねなのか,ジビエ料理の名前も聞くようになりました。いずれにせよ野生動物の側に立ってみてもえらい迷惑な話です。自然破壊は,人間が行ったことです。

 そして昨日は,大館能代空港の制限区域内で熊が1頭目撃され,飛行機の到着が遅れたニュースがありました。どうやったらあのフェンスを乗り越えられるか,知りたいです。

◇ やはり天草は先駆けだった
 AMX(天草エアライン)が,ATRを導入したときは驚きました。ボンバルディア一辺倒の我が国に,初めてATR登場です。しかもATR社長の強気な発言にも…。

 相当前からボンバルディアとATRを天秤にかけ,どちらが有利な条件を出してくるか…。(恐らく)JALグループ内で検討されてきた結果だと思います。

 グループ内で統一した機材を使うことは,予備部品の管理や整備に無駄が省けます。またあまりにトラブルの多いボンバルディアには,嫌気がさしていたのでは?

”日本エアコミューターは,9機のATR-42-600を予約登録。レジは,「JA01JC」から「JA09JC」まで,1号機は2017年1月の新規登録を予定。JACのATR-42-600は2015年のパリ・エアショーで購入契約されたもの,8機確定、オプション1機,購入権14機を契約。予約登録では,2017年に「JA01JC」と「JA02JC」の2機,2018年に「JA03JC」から「JA06JC」までの4機,2019年に「JA07JC」から「JA09JC」までの3機の登録を予定。今回予約登録されたATR-42-600は,初めて末尾に「JC」をつける付番ルールを採用。”

今日の1枚
Dsc_0006a


2016年7月 1日 (金)

今日から後半戦

○ 間もなく40%に
 来春になると我が家は,40%になります。満65歳以上の割合です。超高齢家族の仲間入りですね。入ってくるものもお上頼みの家庭となります。即ち年金生活ですね。

 我が市を振り返ってみれば,約40年前ニュータウンができ,中層住宅が建ち並び,その周りには一戸建ての町が出来上がりました。今の一戸建ての町は,高齢者ばかりです。

 資金に余裕ある人達は,JR駅近くの高層マンションに移り住み,元の町は…。ニュータウンの小学校では,我が市では珍しい統廃合が始まりました。

 市では高齢社会を見据え,様々な施策を講じているようですが,高齢者の数の増加に追いついていないのが現状です。そういう私も公共施設の遠さに困っています。

”総務省の発表した2015年国勢調査の「1%抽出速報」によると,高齢化率は26.7%。22.4%のイタリアや21.2%のドイツなどを引き離し,世界で最も高い水準。逆に15歳未満の割合は最低の水準。
 都道府県別では,高齢化率は前回に比べ全都道府県で上昇。41道府県で25%を超え,うち12県は30%以上。最高は秋田の33.5%で,高知32.9%,島根32.6%と続いた。25%を切ったのは埼玉,東京,神奈川,愛知,滋賀,沖縄の6都県。ただ全国最低の19.7%だった沖縄県でも65歳以上の人口が15歳未満を超えたことで,全都道府県で65歳以上が15歳未満より多くなった。
 女性の労働力率は49.8%で前回から0.2ポイント上昇。25〜29歳は80.9%で,比較可能な50年調査以降で初めて80%を超えた。30〜39歳は,前後の年代に比べて下がっている。
 世帯人数は1人暮らしが32.5%で最多。未婚者が増えていることに加え,高齢者の単身世帯も増加傾向,65歳以上では男性の8人に1人,女性の5人に1人が1人暮らし。”

◇ やっと
 FacebookにMRJ2号機をアップしたら,「日本製エンブラエル」と書かれました。何か悔しい思いがすると共に,「これが一つの評価なんだなあ」とも思いました。

 50~100位の座席をもつリージョナル・ジェットの需要は,今後高まるばかりです。その中で世界のガリバー2社は,着々と手を打ってきています。

 なかでもCS100/300には,デルタ航空やエアカナダと言った北米のガリバーが,発注しています。これでボンバルディアの騒動も収まるかもしれません。

 南米の雄エンブラエル,MRJと同じエンジンを積み,アフターサービス網も完備,ボンバルディアと並びリージョナル・ジェットのシェアを伸ばそうと必死です。

 製造に慣れないハンディキャップはあるもののMRJ,余りの開発の遅延に青組も赤組もヤキモキしていると思います。何せ自社の経営に響きますからね。

”三菱航空機のMRJの量産工場が7月上旬,稼働。年末年始までに初号機を組み上げ,2017年から月1機程度のペースで生産。試験飛行を続けて国内の型式承認を取得し,18年半ばにも初号機を納入する予定。量産体制を立ち上げ,事業を軌道に乗せる。
 親会社の三菱重工業が保有する最終組み立て工場で生産。来年から月1機ペースで生産を始めた後は段階的に生産量を増やし,20年から月10機とする計画。量産初号機は18年半ばにANAホールディングスに引き渡す。
 試験機は5機製造,うち4機は今年9月までに米国に配置する。米西部の空港は晴天が多く,24時間飛行が可能で,試験を進めやすい。合計2500時間の飛行を予定,収集データを基に18年に国内で型式承認を得る。アフターサービス体制を整えるため米国の整備会社とも交渉中。リージョナル・ジェットで主戦となる米国市場の開拓に向けて準備を進める。
 MRJは約70席と約90席の2種類がある。競合するエンブラエルが開発する90席級の新型機は,初号機の引き渡しを20年に予定。MRJは407機を受注済みだが,このうち184機をオプション(追加購入権の行使)が占める。これ以上開発が遅れると受注のオプション部分がエンブラエルに流れ,事業への打撃となりかねない。三菱重工グループは現行の計画を必達目標とし,生産体制の確立を急ぐ。”

◇ 関西・仙台が上手くいくか否か
 確かに硬直化した考え方,新しいものの導入には,役人は後ろ向きの姿勢が目立ちます。無駄も出てきます。しかし民営化への過度の夢は捨てた方が良い。

 「損して得する」あるいは「知らぬ間に値上げ」なんということは,当然起こってきます。利益追求型への方向転換をせねば,初期投資が無駄になります。

 「安いには裏がある」と思って良いと思います。損をするような商売はしません。例えば,展望デッキが無料になります。当然今まで以上にお客さんが来るでしょう。

 そこに売店などを作れば,売れるでしょう。展望デッキ代以上の利益を見込めるやり方を考えているはずです。これは一例ですが,今後このようなことが多々増えてくるのでは?

”仙台空港が7月1日,滑走路などの運営権などを民間会社に移し,国管理空港として初めて民営化する。民間の資金と経営ノウハウを取り入れることで,サービス向上や効率的な施設運営を図る。国内外から新規路線や観光客を呼び込むのが狙いで,東日本大震災からの復興に向けた地域経済の活性化につなげたい考え。
 運営を始めるのは,東京急行電鉄や前田建設工業,豊田通商など7社が出資する「仙台国際空港」。22億円で30年間の運営権を取得。すでに県と民間企業からなる第三セクター「仙台空港ビル」からビル運営を引き継ぎ,7月からは滑走路などと一体運営する。
 有料だった屋上展望デッキを無料にするほか、駐車場料金の割引サービスを実施。今後は約342億円かけ空港ビルの改修や搭乗施設の増設などを計画。搭乗橋使用料を削減して新規就航を呼び込むほか,空港ビルの総合案内機能強化や商業店舗の充実を図る。
 新会社は30年間で年間旅客数を約1.7倍の550万人、貨物取扱量を約4倍の2万5千トンに引き上げる目標を掲げる。”

今日の1枚
Img667a


« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »