今日のお天気は?

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 体調管理 | トップページ | 今大切なことは »

2015年10月24日 (土)

やはり延期

○ ビックリしました。灯油の巡回販売のお知らせです。「こんなに暖かい日に灯油を買う人が?」,何かBGMを聞いていると,笑えてきます。ちょっと早いのでは?

 JAに行ってきました。先日買いそびれた”落花生”と野菜・花の苗を求めて来ました。サニーレタス…朝のサラダに欠かせません。…2週間の間隔を空けて次の苗です。

 パンジー・ナデシコは,順調に育っています。赤・紫・黄のプリムラジュリアンを買い求め,プランターに植えました。冬から春にかけて楽しめます。

 野菜も花も安い小さな苗ですが,これが順調に育ってくれると嬉しいです。花は目の保養にもなります。暇人にはピッタリの野菜・花です。

 落花生,塩ゆでです。枝豆も良いですが,梨・柿に並ぶこの時期の大好物です。茹で上がったら,殻の固さで二分します。しっかりとした殻のものは,明日料理に使います。

 人参・牛蒡・蒟蒻と一緒に煮ます。これは,お袋さんがよく作ってくれました。塩分控え目に自分で作ります。一度茹でてありますから,柔らかい煮豆になります。

◇五度目の延期だが…
 昨日のMRJの走行テストでは,滑走路上をかなり速いスピードをやったそうです。私は映像で見ただけです。しかし,まだまだV1を越えるスピードまでは…。

 午後,豊田の御大から電話がありました。内容は,
”三菱航空機および三菱重工業は,次世代のリージョナルジェット機であるMRJ(Mitsubishi Regional Jet)の飛行試験機初号機による初飛行を10月26日(月)から30日(金)の期間中に実施することで予定しておりましたが,操舵用ペダルの改修が必要になったことにより,当初の初飛行日程を11月9日(月)の週に実施することにいたしましたのでお知らせいたします。
 初飛行の日程については,実施の前日にお知らせ致します。
 なお,来週前半には飛行許可取得に向け国土交通省の飛行前審査を受審する予定です。許可取得後は高速走行試験及びその評価等を実施して初飛行に備えます。”

 ここにある高速試験走行が,恐らくV1を超して緊急事態発生,急ブレーキを行い飛行機を止めることだと(勝手に)判断しています。止まらない飛行機ではねえ。

 私,来週木曜日に現像が仕上がってくる予定です。それを参考に,青空の下で撮りたいと願っています。できれば4号機までレジを揃えたいものです。

◇徐々に
”ボーイングは,ノルウェー・エアシャトル(NAX/DY)からB787-9を19機確定受注。10機のオプションを含む。同機の単一の発注量としては,欧州最大。
 ノルウェー・エアシャトルはB737-800を90機,B737-300を4機,B787-8を8機運航中。B787-9は11機をリースで発注。現在,B737-800とB737 MAX 8,A320neoを100機ずつ発注中,B737-800を63機受領。
 B787-9は,標準型の787-8と比べて胴体が約6m長く,座席数を30席以上増,航続距離も約556km延長。B787-9は9月末現在,494機を受注,54機を引き渡し済み。全日本空輸(ANA/NH)が44機を発注。日本航空(JAL/JL、9201)は20機を発注。”

ヨーロッパの新興航空会社の成長には驚くばかりです。まだまだ上のLCCがありますが,ノルウェーと言う比較的地味な国での成長です。経営が上手いんでしょうねえ。

 B737程数は増えませんが,徐々に数を増しているB787,初期のバッテリー問題はムヤムヤ?A350と同様,機首部分と主翼端に特徴があります。

◇そのボーイングは
”ボーイングの2015年7-9月期(第3四半期)決算は,純利益が前年同期比25%増の17億400万$(約2040億3700万円)。売上高は9%増の258億4900万$,営業利益は22%増の25億8000万$,年金や退職金給付の経費を除外した中核営業利益は9%増の26億3700万$。
 民間航空機部門は,7%増の199機を引き渡し,引き渡し機数増により売上高が10%増の176億9200万$を記録。営業利益率は1.2ポイント低下し10.0%。キャンセル分を差し引いた純受注機数は166機,受注残は約5700機で,金額ベースでは40億$減少,4260億$。
 7-9月期中にB737 MAXは初号機の最終組立を開始,電源投入を実施。B777Xの基本設計を完了。
 2015年度の業績と引き渡し機数の見通しは,それぞれ引き上げた。業績見通しは、予想売上高が950億から970億$,1株当たり予想中核利益が7.95から8.15$。民間航空機部門の予想売上高が650億から660億$,予想引き渡し機数が755機から760機。予想営業利益率が9.0%のまま据え置いた。”

 さすがエアバスと競争するだけの力のあるボーイング,桁外れの売り上げ・製造数ですね。これは長年の実績=信頼感の賜なんでしょうね。

今日の1枚
Img384a


« 体調管理 | トップページ | 今大切なことは »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/62187111

この記事へのトラックバック一覧です: やはり延期:

« 体調管理 | トップページ | 今大切なことは »