2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日のお天気は?

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

先を考える

皆さんはどう思われているのか分かりませんが,どうも最近”殺人事件”が多発しているように思われます。”人を殺める”とは,本当に空恐ろしいことです。

 目先のことを考えた浅はかな行為,例えば押し入り強盗から殺人に至るケース,顔を見られたから殺す!日本の警察をなめています。

 高齢者・女性・子どもと言った社会的な弱者を狙う,誠に卑劣な行為です。裁判所・検察は,こういった事件の裁判では厳しい判断(死刑は反対です)を示すべきです。

 そして何より,(イジメが頻発している学校ですが)義務教育の充実でしょうか?”修身復活”も一方法だと思います。もちろん現代に即した内容とならなければなりませんが。

◇CXは
”ボーイングは,CXに同社向け70機目のB777となるB777-300ERを引き渡した。今回の受領分は53機目のB777-300ER。同社のB777はB777-300ERのほか,B777-300を12機,B777-200を5機導入。B777XのうちB777-9Xを21機発注済み。CXは1992年,B777-200を4機発注。1996年に同社向け初号機を受領。”

 CXは,B777に惚れていますね。この飛行機,エアバス(A300,A330,A340)と較べると,天上の空間が広く,圧迫感が少ない点が好きです。 

◇どれだけつぎ込んでも
”日本航空系のジェットスター・ジャパン,6月期決算(単体)は,税引き後利益が75億円の赤字で,就航後3期連続の赤字。前期(111億円の赤字)よりも赤字幅は縮小。国内で新たに5路線が就航した効果で利用客が増え,売上高は前期比44%増の419億円と伸びたが,一部の路線で搭乗率が低迷している。
 ピーチは3月期で税引き後利益が10億円と2年連続の黒字。同じANAHDのバニラ・エアは40億円の赤字だが,4~6月期では営業利益の赤字がほぼ解消。両社とも訪日客取り込みで成果を上げつつある。”

 ジェットスター・ジャパン,どれだけ資本を注入してもこの有様です。やはり成田ベースが,根本的な原因なのでしょうか?それとも…。

 新たに発足するエアアジア・ジャパンは,何と拠点を中部国際空港に置くと言います。ここならば空港の混雑も皆無です。それに日本のど真ん中に位置しています。

 ピーチやバニラが何故成功し,ジェットスターが低迷しているのか,これは経営方針が全く違うことも遠因にあるのかもしれません。急な路線開拓,搭乗率の低さなど。

 いずれにしても経営方針を大幅に変えない限り,この会社の赤字の垂れ流しは止まりそうもないと思います。成田から拠点を少しでも移すことはどうでしょう。

 オーストラリア・シンガポールなどの他のジェットスターとの連携も薄いように思います。飽和状態の成田空港ですが,それなりの工夫が要ります。

 これは春秋航空にも当てはまることです。こちらも資金豊富な中国春秋航空がついているとは言え,成田ベースでは先が見えてくると思います。

◇前田建は
”国土交通省は,仙台空港の運営権の売却先として,東京急行電鉄や前田建などの企業連合を優先交渉権者に選んだ。景気に左右されにくい安定収益源作りをめざす脱・請負の成否が問われる。大規模太陽光発電所や風力発電所といった再生可能エネルギー事業とコンセッション事業の強化。
 前田建は東急グループや豊田通商と特別目的会社(SPC)を設立し,空港ターミナルや滑走路の運営権を取得。16年6月をメドにすべての事業を国から引き継ぐ。国交省によると,(1)LCCの誘致や施設整備 (2)空港ビル内の商業施設拡充 (3)バスや鉄道など空港アクセスの改善などが主な提案内容。前田建は3割程度を出資するSPCから出資比率に応じて配当金を受け取る。さらにLCC専用施設の整備や商業施設の改装,滑走路の補修といった工事需要も見込み,収益機会は広がる。
 政府は,広島空港,福岡空港,高松空港なども運営権を売却する。民間設備投資の回復などを追い風に前田建の業績は堅調。20年の東京五輪まで建設業界全体が好景気にわくなか,なぜ「脱・請負」を急ぐのか。背景にはバブル経済崩壊後に味わった建設不況。前田建も03年3月期には創業以来初の営業赤字に陥った。ピーク時に80兆円を超えていた建設投資は40兆円台にほぼ半減,中長期で大きく回復する可能性は低い。大手・準大手を問わず,コンセッションを含むPFI(民間資金を活用した社会資本整備)に一つの活路を見いだそうとしている。”

 「目の付け所が違う」と言いたいが,欧米と日本の空を取り巻く状況は,かなり違うと思っています。空の世界は,世界経済・政治に大きく左右されます。

 そう考えれば,建設業者としては他に生きる手立てが考えられなかったかと,厳しい目をもっています。安定収入も結構だが,まずは社風”堅実さ”に戻るべきでは?

今日の1枚
Dsc_0514

2015年9月29日 (火)

本音が出た?

○痛快ですね
”習近平国家主席は,国連本部で「世界女性サミット」を主催し,国連の女性事業に1000万ドル(約12億円)を拠出すると表明。
 同サミットは,1995年に北京で開催された「世界女性会議」から20年を記念して開かれた。同会議に当時,米大統領夫人として参加したヒラリー・クリントン前国務長官は,「習氏が,女性の権利を訴える人々を迫害しながら,国連で女性の権利に関する会議を主催?恥知らずだ」と非難した。中国では今春,セクハラ撲滅などを訴える女性活動家5人が1か月以上にわたり公安当局に拘束,米政府が釈放を求めるなど国際的な批判を集めた。”

 せっかくの訪米もローマ法王の影に隠れ,メディアも「法王!法王!」です。そして国連本部の演説,まさに”成金”です。「金を出せば喜ばれる」と思ったら…。

 大統領予備選挙に向けて苦戦中のヒラリーさんですが,よくも習主席に噛みついたものです。拍手喝采,痛快ですねえ。アメリカ国民は,実に記憶力が良い!

 そして中華思想を木っ端みじんに打ち砕くようなコメント,言うこととやっていることの食い違い,他国の政治家でこれだけものが言える人はいるだろうか?

 ヨーロッパ(エアバス)そして今回のアメリカ(ボーイング)と,金の力に屈した後だけにこのコメントは,アメリカ人の本音が飛びだしたものと見ています。

○TOYOTAの凄さ
”内装部品などを固定するのに使う,小指の先ほどの大きさの「クリップ」。パンチで開けられた穴にはめ込み,内装部品や車上部の照明などの部品を,車体の骨格に固定する樹脂製の留め具。1台の車に100個程度使わる。
 トヨタが採用していたクリップは4種類に分かれていた。クリップを板金の穴に挿入する際,穴にできているバリが樹脂を削ってしまう。一度取り外すと保持力を保てず再利用は困難。再利用を可能にするにはクリップの構造を根本的に変えなければならない。開発担当者の頭にふと浮かんだのは,娘が持っていたがま口の口金。口をひねれば繰り返し開け閉めができ,簡単には開かない日本人の知恵。強度を保てる樹脂材料を選び,最適な肉厚や幅を計算。開発着手から1年9カ月。二つの先端同士が押し合うように斜めに並ぶ,がま口構造のクリップを完成。溝が穴の際にはまり,外れるのを防ぐ。溝には角度を付けており,手で引き抜けばまたひねるような動きで外すことができる。1種類の製品で済む。
脱着を繰り返すと保持力は多少落ちるが,5回まではトヨタが求める耐荷重性を大きく上回る力を保つ。クリップを挿入するのに必要な力も他社品と比べて半分以下で済む。既に日米欧で特許が登録され,中国などでも出願中。コストも他社品と比べ25%減。金型がシンプルになるよう設計,生産性は従来の5倍に上がった。”

 ”がま口の口”からヒントを得た,言われてみれば納得ですね。こうした柔らかい脳の働きがない私には,まさに驚きの新商品です。

 ”カンバン方式”と言い,TOYOTAは在庫(余分なものを抱える)ことを嫌う企業精神に満ちあふれています。それに協力する下請け工場は大変です。

 こうした積み重ねが,日本を代表とする稼ぎ頭TOYOTA何でしょうね。この会社が航空会社を経営したら,一体どんな会社を作るんでしょうね。

 古い言葉ですが「乾いた雑巾をまだ絞る」の如く,TOYOTAのやることは徹底していますね。その生産性の高さは,他の企業では見られませんね。

◇また考えた
”全日本空輸は,国内線の空港での空席待ちをダイヤモンドの優遇を強化。9月30日から。
 30日からは優先順位の最上位を「種別S」に改め,ダイヤモンド会員のみに変更。これに次ぐ「種別A」は,従来の種別Aからダイヤモンド会員を除いた乗客が対象。続いてプレミアムクラス席と普通席を希望する乗客が「種別B」,シニア空割とスカイメイト割引の乗客が「種別C」となる。
 ANAでは昨年11月からダイヤモンド会員に対し,事前改札後に最優先で搭乗できるサービスを国内線全路線に拡大。ダイヤモンド会員の搭乗後に優先搭乗を実施。国内線の空席待ちもダイヤモンド会員を優遇することで,差別化を図る。
 一方,日本航空は,国内線の空席待ちで優先順位がもっとも高い「種別S」は,マイレージサービス最上位ダイヤモンドと2番目のJGCプレミア,ワンワールドのエメラルドの乗客を対象。”

 次第に乗客を選別・差別化を図ることにより,より一層収益を図るやり方ですね。まあ庶民には関係のない世界ですね。仕方のないことですね。

今日の1枚
P1010047

2015年9月27日 (日)

悪がはびこる

○新聞を読むと暗い話が…
”国際サッカー連盟,スイスの検察当局は,ゼップ・ブラッター会長に対する捜査を始め,本人から事情聴取,取り調べた。背任やFIFAの資金を不正流用した疑いがある。   2005年ジャック・ワーナー氏(カリブ海サッカー連合)と結んだ契約が不適切で,FIFAの利益に反する行為を行った。ブラッター会長が2011年,FIFAの資金から欧州サッカー連盟会長のミシェル・プラティニ氏に対して200万スイスフランを不正に支払ったとの疑い。”

 いつも取りざたされるのは,IOC・FIFA・FIA(国際自動車連盟)です。言うなれば,世界的スポーツの元締めです。開催国や人事では,多額の金が動くとも…。

 そしてこれらの裏に隠れて見えないヨーロッパの特権階級,彼らの隠然たる力,そしてマネーゲーム,なかなか尻尾を出しません。今回もトカゲの尻尾切りですよ。

 トカゲの尻尾切りと言えば,国土交通省の係長もしかり。大悪は見て見ぬふり,小悪はしっかりと取り締まる。古今東西,これが続いています。

 昨日も書きましたVWのあくどいやり方,やはり予想通りヨーロッパはおろか世界中に広がってきました。制裁金・改修費等をやるならば,VWの株価は,超下落ですね。

 しかし,製造者としての責任があります。"Made in Germany"にキズが付いても,やったことへの償いをしてもらいたい。

 もう一つは,スマホ・携帯電話の通信費の高いことです。あべちゃんは,年内を目途に何らかの手立てを考えているようですが,不公平なことがまかり通っています。

 新規・他社からの乗り換え者のために,長く使っている者から高い通信費を徴収し,穴埋めしている商売です。つまり”シェア第一主義”です。

 経営方針として疑問の一つに,データ通信のランク付けを高めに設定していることです。ゲーム・動画を頻繁に見る若者ならば納得かも知れませんが…。

 各種調査に寄れば,1GB以下のユーザーが約半数を占めると言います。通信各社は,それを分かってやっているのです。あくどい商売です。ここで儲けています。

 さらに電話は,ほぼ無制限に解放しています。これすら通信各社は,データを元に高めの設定をしていると思います。これらのデータを公表し,ユーザーを納得させて欲しい。 
○恒例行事?
すき家は,29日から10月8日まで牛丼全品を60円値下げする。350円の牛丼は290円。

吉野家は,10月1~7日に西日本の店舗限定で並盛り380円を300円に値下げして販売。
 松屋は,プレミアム牛めしを提供する店舗で10月15~22日,380円から50円値引き販売。

 客足が遠のくと,カンフル剤として牛丼の値引き合戦。期間中は大忙しでも,終わってみれば…。御三家を順に回れば,牛丼愛好家にとっては嬉しい話ですがね。

 もちろん値段が一番大切ですが,商品の工夫・営業時間の再考など,他に収益増収につながるような手を考えられないものでしょうかねえ。

◇エアバスは
”エアバスは25日,A350-1000初号機の組立作業をハンブルクとサン=ナゼールで開始。
A350-1000は,3機種あるA350 XWBファミリーで最長となる長胴型。主翼は8月から北ウェールズのブロートン工場で製造開始。最終組立は2016年初頭に始まり,初飛行は2016年後半を予定。初号機の引き渡しは,2017年中ごろ。
 全長は73.78m,標準型A350-900より6.98m長い。座席数は3クラス366席,A350-900の325席より41席多い。航続距離は7950マイル(1万4350キロ),最大離陸重量は268トンとなる。エンジンはRRトレントXWB-97を搭載。A350-900と最大限共通化しており,ラバトリーやギャレーの最適化,新型の機内エンターテインメント(IFE)システムを導入。
 A350 XWBは40顧客から782機を受注。このうち,A350-1000は9顧客が169機を確定発注。
 日本航空がB777-200.300の後継機として,A350-900とA350-1000を合わせて最大56機導入。確定発注はA350-900が18機,A350-1000が13機の31機,OPの残り25機の機種は今後決定。運航開始は2019年の予定,B777-200,300を6年程度で置き換える。A350 XWBの増産に向け,ベルーガXLを開発,2019年に就航。”

 初めてA340-600を見た時,「何ともバランスの悪い飛行機だなあ」と思いました。胴体径がA300以来同じ大きさが一因です。今度は新型胴体径ですから,少しは?

 先日MUのB777-300を見ました。見るも無惨な飛行機です。真っ白!まるで売却前の塗装のようです。完全にCIの失敗です。赤組も同じようなものでは?

 もう少しさかのぼれば,AF・LHのB777-300しかり。あまりに全長が長すぎ,そして真っ白では,何も面白くない間延びした塗装です。むしろ青組に似合いそうな?

 因みにA340-600とA350-1000では,前者の方が約1.5m長いそうです。遠目に見たら,この差はなきに等しいのでは?A340-300やA350-900ならば,バランスが良いですね。

 もう一つ,赤組の制約は2017年度までです。A350 XWBは,制約がなくなってから導入されます。B787を国際線専用で使っていることを含め,巻き返しの切り札になることでしょう。

 臥薪嘗胆,2016/17年度をさらなる増収に向けて経営をしていくと思います。内部留保の資金だけは,お上も口出しできませんからね。

今日の1枚
Dsc_1388b


2015年9月26日 (土)

資本主義の落とし穴

○VWだけか
”VWの排ガス試験の不正問題,欧州ではエコカーと,新車販売の約5割を占める。不正問題を受けて独当局は,VW本社の調査に入った。対象車両の規模などを早急に公表する。欧州には世界のディーゼル車販売の4分の3が集中。欧州車メーカーはボッシュなど部品大手とともにNOx低減技術を改善,エコカーとしての存在感を高めた。ディーゼル車は欧州発の環境技術の象徴,日本や新興国を開拓するための戦略車。他社はVWが振りまいた負のイメージが及ぶことを恐れる。マツダは,排ガス試験は適切に実施している。トヨタは,自動車業界全体への信頼が損なわれれば悪影響が出る。
 VW問題は国内自動車関連企業や資源価格にまで影響が及ぶ。VWに排気系部品を供給するイビデンは前週末比8%安まで下落,VWと取引のある部品メーカーの株価は軒並み落ち込んだ。マツダ株も7%下落。ディーゼル車の排ガス浄化の触媒に使うプラチナは相場が下落。逆にガソリン車の排ガス触媒に採用されるパラジウムは大幅に上昇。”

 「企業が消費者を騙す」とは,それも世界1位を目指す企業のすることか!早々と会長は辞めると発表,自らは関与していないと付け加える有様です。

 会長としての社会的責任を一体どう考えているのか,数年前に起こったVWの内部問題のしこりが残っているのか,いずれにせよやったことは商売に反する行為です。

 アメリカで最初に起こったTACADAのエアバック問題,まだ解決をしていません。余りの負債の大きさに驚きますが,製造メーカーとして企業責任を果たさなければなりません。

 ”黒い排気ガス”というイメージと結び付くディーゼル車,様々な技術を駆使して築き上げてきた”クリーンディーゼル”の世界が,脆くも崩れ去るのか,注目したいものです。

 ”$ VS €”の代理戦争のような気がしてなりません。確かに不正を暴くことは大切なことですが,どうも裏があるような気がしてなりません。

○こちらは我が国
”マツダが燃料1l当たり45~50kmエンジン開発に着手する。低燃費技術を発展させ,二酸化炭素(Co2)の総排出量も電気自動車並みに減らす。2020年以降に完成にこぎ着ける目標。ガソリンやディーゼル車に搭載する従来型エンジンの性能を上げることで,EVや燃料電池車(FCV)が本命とされる次世代エコカーの座を狙う。”

 ここでも問題があります。リッター当たりの燃費計算です。カタログには,2種類の結果が出ています。そしてどちらの数字も一般道では達成できません。

 例えば私の車,カタログでは17.2km/lです。が,一般道を走っていて達成できません。田舎道で信号のないならば…。嘘とは言いませんが,何割かを引いて考えます。

メーカーも普通には知って達成可能な数値を出す義務があると思います。カタログ上の数値の争いに明け暮れている殿様商売,官民癒着の一例です。

 やはり環境に一番優しいのは,燃料電池車でしょう。が,現在の価格ではとても普及する可能性はありません。次はプラグインハイブリット車かな?

◇スカイマーク会長,引退前に語る。
”A380を導入し,国際線への進出をもくろんだスカイマーク。当初はもっと“割安な”別の計画も検討されていた。「2010年1月にJALが経営破綻した際,B747を手放した。その12機を我々が買いたいということで,入札に応じた。1機10億円でまとめて買うと。当時のキャッシュフローでは100億円ほどの投資も可能。だが,即刻断られた。スカイマークに参入されれば,運賃は下がる。当然,敵に塩は送れない。その結果,A380で進めることになった。
 スカイマークにとって大きな誤算が,A330の存在。国際線の計画とは別に,需要の細る国内線でも挽回を目指した策だった。現在,羽田では36の発着枠をもっているが,国交省はこれ以上国内線の枠は増やさず,増枠分は国際線に振り向けるという方針。国内線で生き残るには幹線で座席を増やし,収益を上げていくしかない。A330を安価にリースできるというので,それを幹線だけに入れることにした。10機入れれば,B737の時に比べて座席数が6割増しになる計算。すべてエコノミーにすれば,B737と比べて2倍の座席数が取れる。ハワイに飛ばせるので国際線にも使える。国内外両方に展開できる。
 A380の導入を決めたのが2010年,A330は2012年。しかし,予想外の円安が一連の計画に狂いを生じさせた。利益率が高かった頃は逆に円高の恩恵が大きかったのに,自分達で錯覚していた部分もあった。我々のビジネスモデルで利益が上がっていたのだと。本来ドル払いが多いので,円高にすごく助けられていた。リーマンショック後にJALが破綻,ANAも大赤字。スカイマークは独り勝ち状態だった。我々は思い上がっていた。2009~2011年の頃はANAの背中が見えたとも思った。JALと合併前のJASほどの規模になりつつあったし,国際線に進出したら一気に叩けると感じた。
 A380の購入中止を検討し始めたのは2014年1月。選択肢は二つあった。一つは,円安の影響を少しでも抑えるため,機材の受け渡し時期を延ばすこと。もう一つは,A380の前払い金が返却されないことを前提に,ほかの機材に替えられないかと。今使っているB737は2017年に製造中止になる,次の機体の選択肢の一つとして,A320Neoに振り替えようとした。3月から具体的な交渉をしていたが,7月に例のファックスが送られてきた。『大手の傘下に入れ』という内容だった。スカイマークを大手とくっつけて,A380を飛ばそうとしているのだと感じた。ファックスが来てからは,僕と有森現社長で再建の絵を描いて動いていた。法的整理についても,その計画に入れていた。
 その後,11月にJALとの提携交渉に入る。年明けからのコードシェア開始を狙っていた。しかし,国交省が難色を示し,その後はANAとも交渉のテーブルにつくことになった。「これは政治の力学。JALは(2016年度まで新たな出資に制限を設ける)8.10ペーパーがあるから出資はできないが,コードシェアでウィンウィンにやりませんかと持ち掛けた。コストも抑えられるし,固定的な収入も得られる。ANAは,出資する航空3社も含めると,多くの羽田発着枠を持ち,すでにコードシェアも互いにやっているので,我々から見たら不公平だった。しかし,そこに“政治”が絡んできた。JAL単独ではなく,両方,もしくはANAだけだと。年末まではこのまま行けると考えていたので,具体的な路線の話もJALとはしていたが,土壇場でANAありきになった。そこから,シナリオがぐるっと変わってしまった。
 年が明け,資金不足は深刻になる。1月13日にはスカイマークが申し入れた整備部品の売却をANAが断り,実施的に支援をしないと通告。この時点で単独での再建の道を選ぶ。そこに現れたのが,投資ファンドのインテグラル。多くのファンドに支援を仰いできたが,どこもA330を維持して事業を続けてほしい,東証1部の上場を維持してほしいという前提だった。つまり,あくまで他社とのコードシェアありきだった。インテグラルは,A330もA380も切って法的手続きをするというわれわれの考え方に賛成してくれた唯一のファンド。黒字化にこぎ着けるには,それが一番早い方法。最終的にインテグラル,ANA,三井住友銀行,日本政策投資銀行がスポンサーとなり,債権者集会でスカイマークの再生計画案が可決。7月からは単月黒字に,8月・9月も順調。このまま行けば,5年を待たずして早期に再上場を果たせる会社になる。
 ANAに譲ってもらい,独立性と雇用の維持を約束してもらった。基本的にはスカイマークのブランドがそのまま残る。責任が果たせた。当然,債権者の皆さんにはご迷惑をおかけしているので,これからのビジネスでお返ししていく。独立を維持して,日本の航空業界の正当な競争環境を維持するための役割を継続してほしい。インテグラルは,出口がある。スカイマークの生え抜きの経営陣と協議して決める。もちろんANAとは株主間契約で話さなければならないが,すべてをANAに売るということはありえない。インテグラルの株の売り先は重要で,再上場時に市場で流すのか,ほかの投資家とスワップするのか。今後これが一番重要な課題になっていく。航空券の予約システムに関しても,西久保さんが作った既存のスカイマークのシステムを変えず,独立性を担保する。その前提でANAとはコードシェアの交渉をしている。”

今日の1枚
Dsc_4031

2015年9月25日 (金)

私流CP

 昨日は,タブレットのことを書きました。今日は,デスクトップについて書きます。Windows8.0を買いましたが,4年目を迎えました。机の上に置くちょうどよい大きさです。

 初代より頑固なまでにNECにこだわっています。因みにノートパソコンは,東芝製です。これは子どもにとられました。初心者ゆえ,故障時のフォローがきちんとしています。

 過去の苦い経験より,Dドライブは空です。全部外付けHDDにデータを保存しています。それも三重にしています。2Tを2台と古い1T(USB2.0)を1台です。

 保存の際「名前を付けて保存」を3回しなければなりませんが,これも慣れです。過去のコンピューター・クラッシュ時,泣いたことを思えば,楽なものです。

 HDDですが,3Tの2台はUSB3.0に対応していますから,保存やコピーが楽です。ディジタル写真は,JPEG圧縮されたものですから,そんなに容量はとりません。

 それでもスライド・スキャンしたものは,結構な容量をとります。同じ画像を圧縮保存して今すら,見た目は同じ画像が2枚並ぶ訳です。これに加工したものがもう1枚加わります。

(HDDは据え置き型ですが,アダプターがじゃまですねえ。USB3.0で書き込みが高速なBuffaloのターボ付きがいいと思います。容量単価では3T?。但し,HDDも消耗品です。)

 デスクトップも今度買い換える時は,Windows10になります。それを見越して,Windows8.0→8.1→10とアップグレードしてきました。

 NECのプレ・インストールはたくさんあり,切るのが面倒です。それでもアフターサービスのことを考えると,やはり選ぶでしょうね。少しでも長持ちさせたいです。

◇毎日同じ内容ですが
”訪米中の習国家主席は,ボーイング社の工場を視察。ボーイング社は,中国の企業連合が同社の旅客機300機の商談が成立。契約総額は380億ドル(約4兆5600億円)。
 中国大手旅客機関連メーカーと,B737の組み立て拠点を中国に設立することなどを盛り込んだ協力文書に署名。中国国家発展改革委員会とも民間航空産業の全面的な戦略協力強化に関する合意文書に調印,今後も高い航空機需要が見込まれる中国への旅客機売り込み,、生産拠点の確立で優位な立場を確保。”

 中東やLCC,さらにはインドからの大量発注を伝えてきましたが,エアバスともボーングとも中国は大商談です。主席自ら”爆買い”をしていますねえ。

 中国でB737を製造する拠点を設ける,先に立つエアバスへの追随です。自社の飛行機が売れるならば,多少の出血大サービスと言ったところでしょうか。

 もう一つ,堂々とコピー製品が出回る国です。A320やB737を徹底して研究,自国の開発力と称して,新造機の開発の手間暇を省くとも考えられます。

 エアバス同様,買っていただけるならば頭を低く低くしていくしか手立てはありません。何とも見方が甘いエアバスとボーイングなこと,笑えてきます。

 何を突然と言われるかも知れませんが,ハッカーを使っての機密文書を盗んだり,ステルス機能をまねている前歴がある国です。これ位は朝飯前です。笑うは中国です。

今日の1枚
Dsc_0987a


2015年9月24日 (木)

連休最後の日は

○シルバーウィーク協奏曲が終わりました。公共交通機関の混雑振りをニュースで見ていました。連休価格ですが,あれだけ多くの人達が移動した。儲かったでしょうねえ。

それにも増して混雑したのが,高速道路(今や渋滞道路化していますが)の大渋滞です。30kmなんてまだ短い!運転手は,帰宅したらげっそりですよね。

 家族サービスに努め,往復の混雑にもめげず,今日から再びお仕事です。年金軍団は,今日から動くことができます。が,台風21号が日本を狙っています。

○初心者が手を出すのは…
 昨日タブレットでネットサーフィンをしている途中,突然ネットが見られない状態=Wi-fi機能が停止する状態に陥りました。驚くと同時に…。

 デスクトップを立ち上げ,Dellサイトを訪れました。このサイト,やたらカタカナが多い!そして難解!やはり初心者が手を出すメーカーではありません。

 サイトをあちらこちらめくっている内,やっと連絡先を見付けました。早速連絡をとってみると,ここでも素人には難解なカタカナを連発です。

 何とかトラブルの内容を伝えると,いろいろ指示を出してくれます。驚いたことは,ネットワーク・アダプターが消えているではありませんか!

 タブレットを使ってファイルのダウンロードもできません。コンピューター診断しかり。このような状態を想定していない解決法ばかりです。

 伝えたメールにダウンロード・ファイルを添付,まずフラッシュ・メモリーにダウンロード。それをタブレットに差し込み(そうUSB付属),コピー・解凍をしました。

 気になったことは,「お持ちのタブレットでは,Windows10は苦しいと思います。」だって。サイトには,堂々と書いてあるのにね。アップグレードにも苦労,これは既報済み。

 アンドロイドではEXCELLが使えないので,Windowsマシンを買ったのに。もう少し容量のある高価なものにしておけば良かった。後悔先に立たず。

◇殺到する?
”コンコルドの復活を目指して資金提供を募っていた団体「クラブ・コンコルド」が,1億2000万ポンド(約223億円)の資金を調達。同団体は2019年までに運航再開を目指す。
 フランスにある2機のうち1機を買い取ってプライベート機として運用する計画。ただし資金は調達できたとしても,運航再開には多くの困難?製造したメーカーの協力は得られないだろうと予想。技術支援がなければ英民間航空局も運航を許可しない。
 フランスの航空宇宙博物館は,コンコルドはモナリザやベルサイユ宮殿とも並ぶフランスの歴史遺産であり,どんな対価を提示されても売り渡すことはなく,運航が再開されることもないと断言。もしコンコルドを買い取ることができれば,機体は今でも十分運航できる状態に保たれ,チャーター機として活用する方法もある。”

 まずは驚くのは,約223億円という途方もない金額を集めたことです。余程お金に不自由しない人が多いのでしょう。慈善団体にでも寄付して欲しいものです。

 そして未だに根強いコンコルド・ファンが,数多くいることです。お金がない私には搭乗は無理ですが,やはり超音速旅客機コンコルドには,憧れますね。

 あの空港が一瞬止まったかの情景は,コンコルドが特別な飛行機であった証しでもあります。BAとAFのコンコルド,どちらも素晴らしかった。

◇JAは強い?
”南紀白浜空港と稚内空港を結ぶFDAのチャーター便の運航が始まった。チャーター便は26日までに2往復。関西エリアから定期便が少ない地方空港にチャーター便を運航することで,新たな観光需要を取り込める。
 農協観光和歌山支店のツアー「南紀白浜空港発着 北海道利尻島・礼文島を訪ねる3日間」のチャーター便,24日夕に白浜空港に戻る。同日午前には同じツアーの第2陣が白浜空港を出発する予定。白浜空港で国内チャーター便の運航は4年ぶり,北海道と結ぶのは初めて。白浜空港に到着した22日のチャーター便には静岡県からの,24日到着の便には島根県からのツアー客が搭乗。各ツアー客は白浜空港で降り,紀南観光を楽しむ。”

 これもJAの力を見たような気がします。恐らく参加者の多くが高齢者だと思います。鉄道・フェリーで行くには時間がかかり,体力的にもきつい。飛行機ならば…。

 もう一つは,FDAのチャーターに対する姿勢です。静岡空港では,FDAを使ったチャーターがよくある(サイト参照)のですが,関西に目を向けた点が面白い。

 考えて見れば,ガリバーのチャーター便と言えば,まあ海外旅行ではないでしょうか。国内のチャーター便ともなれば,FDAのような存在が大きくなります。

 エンブレラエルも1機は,余剰機となっているようです。これを上手く使って利益を出したり,新たなディストネーションを開拓したり,やることはありますね。

今日の1枚
Dsc_1259a


2015年9月23日 (水)

商いは

◇中国の国土は広く,そして人の数も多い。今後ますます移動手段としての飛行機が必要になってくると予想されています。また,LCCも続々誕生しています。

 このとばっちりをモロに受けているのが,韓国だそうです。A320やB737のパイロットの引き抜きです。賃金を含め,極めて好待遇の提案をしているようです。

 よく「中国人には公共心がない」との声が聞かれますが,それをあの民族に求めるのが間違っている?幼少の頃から,道徳的な躾はなされていない国ですから。

 彼らは,職場の上下・親族・家族は,何よりも大切にします。が,それだけです。我が国に伝わってきた宗教(仏教)すら,マイナーな宗教でしかありません。

 また,”仁・義”や”礼”を重んずる孔子などの教えも,いずれも過去形であり,却って日本の方が研究が進んでいる位です。時の権力者によって,扱いがコロコロ変わっています。

 また横道に逸れましたが,中国東方航空が50機目のA330を受領したそうです。因みにA320は200機以上所有しているそうです。これだけの機数を所有すれば,新塗装が完了する…。

 個人的には,A330(A340)は搭乗したくない飛行機の一つです。ワイドボディーと言う割に狭い。A300/A310の流れに沿った胴体径です。大昔の設計です。

 エアバスは,次期大型旅客機の開発もA330ベースを考えていましたが,航空会社からの反発を受け,全く新しい胴体径をもったA350XWBを作った程です。

 これ程までにA330が売れ続ける理由は,安い!の一言でしょう。あの代わり映えのしない胴体径です。完全に元手をとっていますから,安く提供できるのです。

 逆に売れないのが,A380です。中国南方航空しか買っていません。中国国際航空について言えば,B747-8を購入した位です。A380は,完全に失敗作?

 あれだけ航空機の需要が高い中国において,たった1社しか購入していません。中国東方航空は,B777-300を購入した位です。他に利用できないA380は,今後???

 それだけに赤字を埋めるべくA320ファミリーを売らねばなりません。その上得意様が,中国やインドという訳です。売れるならば,頭を低くして…。

◇こんな野次馬記事も
”全日本空輸が急ピッチで国際線を開設している。2015年度は,上期に成田~ヒューストン,クアラルンプール,下期には成田~ブリュッセル,羽田~シドニーと新路線を開設。羽田空港の国際線発着枠が大量に供給された14年度こそ路線開設ラッシュに沸いたが,15年度もペースを緩めず,13年度比で2倍のペース。新規に拠点を開設するとなれば,空港での整備やオフィス体制を一からつくり上げることになり負担は大きい。
 ANAを拡大路線へと駆り立てるのは,17年度から想定される日本航空の反転攻勢。経営破綻後,V字回復を遂げたJALは,16年度末まで国土交通省の監視下で新規投資や路線開設を制限されている。JALが身動きが取れないうちに,目いっぱいシェアを広げておこうという思惑がある。結果,14年度から16年度までの3年間で国際線の供給量を45%も拡大する計画をぶち上げた。
 日米航空交渉が棚上げになり,14年春と期待されていた羽田から米国への路線開設が今もって実現していないことが影響している。羽田から米国に就航できなくなったことから,仕方なく成田~ヒューストンを開設,それに伴って乏しかった成田から東南アジアへの路線も増強せざるを得なくなった。
 対するJALは保守的,現在,保有する最大サイズの旅客機は777-300ER,ANAは19機,JALは13機。15年3月期の営業利益でJALは1796億円,ANAホールディングスの倍近い。破綻して以降,景気のいいときに稼ぐよりも,不景気時に赤字を出さない戦略です。
 好景気が奏功し,現時点でANAの新規路線はいずれも好調。だが,ひとたび何か起これば需要が激減するイベントリスクもある。”

 私は,お空の世界は水物とよく例えてきました。世界の経済動向に敏感に反応し,旅客・貨物が変動します。燃料費が安い今は良いのだが,悪くなれば…。

 日本の航空会社全部の利益を足しても,TOYOTAの5分の1にも満たないほどの利益です。高価な乗り物を所有するリスクは,他に例を見ません。

 いくらライヴァルの敵失とは言え,青組の頑張りは評価したいと思います。事実グループ全体を見ても,目の付け所が違います。開拓精神に満ちあふれています。

今日の1枚
Img071

2015年9月22日 (火)

マツタケと

○”兵庫県篠山市内の地方卸売市場で,今季初の丹波地方特産のマツタケに1kg当たり76万円の競り値が付いた。”安価な外国産とは違いますね。

 信州の山で採れたマツタケ,昨年石仏探訪の折に,偶然食べさせてくれるお店を発見しました。少々値が張りましたが,こっそりといただきました。

 マツタケ,いろいろな食し方があります。香りを楽しむならば,焼きマツタケ?味を楽しむならば,土瓶蒸し?希少価値のある国内産,うらやましい限りです。

 土瓶蒸しで冷酒をチビリチビリやっていた頃が懐かしいです。残った具は,子ども達が食べていました。お腹にこたえませんから,冷酒が進みます。

○マツタケで思い出しました。私の好物の一つに”スダチ”があります。40年位前に徳島に出張した折,初めて見ることができました。

 これ,何にでも絞り汁をかけ食すると,何とも言えない柑橘系のいい香りがします。これから秋刀魚の塩焼きにもいいです。お味噌汁でもいけます。

 余りに気に入ったので,スダチの苗木を購入,庭に植えました。これが鋭い棘を持っています。剪定時,痛くて痛くてたまりませんでした。

 スダチはたくさん実を付けてくれましたが,いかんせん種が多すぎて,肝心の絞り汁はわずかです。悩んだ末,切りました。やはり気候が合わなかったようです。

○”棚田”も私の好きな被写体の一つです。先月能登”白米棚田”を見ました。観光化されていますが,雑草が生い茂るよりはましです。

 狭い国土,少ない平地の日本です。先人の米作りにかける執念の一つです。狭ければ,1坪にもならない水田ですら,貴重なものです。

 棚田は,自然のダムでもあります。土砂崩れが頻発している我が国ですが,耕作を止めた棚田にも起こっています。水をゆっくり下に流す作用をもっています。

”日本棚田百選の一つ、長崎県松浦市福島町の土谷(どや)棚田で,火祭りがあった。
 午後6時,あぜ道に並べられたペットボトルの灯籠3千本に次々と火がともされると,伊万里湾を見下ろす田が,幾重もの光のアーチで浮かび上がった。
 地元の「ふくしまおいどんが町づくり会」が復活。今回で10回目。”

 あちこちの棚田で行われているそうですが,なかなか撮影には行けず,新聞を見てガッカリしている次第です。最も九州ですから,無理ですね。

◇アメリカで顔を合わせる?
”アリタリア-イタリア航空は9月19日,フランシスコ・ローマ法王がアリタリア運航の法王専用機(A330-200:EI-EJG)に搭乗,キューバと米国を訪問。
 法王専用機は,ローマ・フィウミチーノ空港を出発,ハバナのホセ・マルティ国際空港に到着。アリタリアはパウロ6世の聖地訪問(1964年)以来,ローマ法王が外国を訪問する際に専用機を運航。今回使用する専用機(A330-200)は,航続距離が1万1000km,巡航速度が時速900km,座席数250席。
 ローマ法王は,キューバ東部のオルギンとサンチアーゴ・デ・クーバに空路で移動,22日には米国へ向かう。アンドリュース空軍基地ではバラク・オバマ大統領の歓迎を受ける予定。”

 アメリカで中国の習近平と出会うかな?世界制覇を密かに狙う者とカトリックの総本山の法王,なかなか対照的な組み合わせですね。

 さて,アメリカ国民はどちらを熱烈歓迎するのでしょうね。一説には,習近平は法王のアメリカ滞在と重なりたくないと…。行く前からこれではねえ。

 アリタリア航空,法王のお陰で名前をしっかりと広めることができると思います。そう考えれば,損して得するのはアリタリア航空ですよね。

 近頃アリタリア航空は,マイナーチェンジを施しました。まさか法王のためにA330を新塗装に塗り替えた?と言うことはないでしょうね。

(気になって調べてみました。EI-EJGは新塗装に塗り替えられたA330の1号機です。)

今日の1枚
Dl812a


2015年9月21日 (月)

騒がしい

○堅い話から
”電波法第59条 何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか,特定の相手方に対して行われる無線通信(電気通信事業法第4条第1項又は第164条第2項の通信であるものを除く。第109条並びに第109条の2第2項及び第3項において同じ。)を傍受してその存在若しくは内容を漏らし,又はこれを窃用してはならない。”

 この条文を読むと,エアーバンド・レシーバーを聴くことには問題がない。「存在若しくは内容を漏らし」の部分が問題となります。

 他人がいる場所で,イヤフォンを付けずに大きな音量でエアーバンドを聴く行為は,問題の箇所に当てはまると思います。情報は聴く人だけと言うことです。

 ところが,空港へ写真を撮りに行くと,大きな音量でエアーバンド・レシーバーを鳴らしている人が…。年数回しか行かない空港でこのような人に出会うと…。

 確かにイヤフォンを長く使用している苦痛は理解できます。が,それならば疲れにくい高価なイヤフォンを購入し,他人に深いな思いをさせないで欲しい。

 名前は知りませんが,成田へ行くと白髪混じりの長髪の方が見えます。いつも2台のエアーバンドを持参,大音量で聴いています。確か”習志野ナンバー”だと思います。

 撮影に熱心なことは立派ですが,やっていることは迷惑行為です。この方に真の友達がいたら,注意を受け,そのような迷惑行為はしないことでしょう。

◇関西は元気だ
”中国の雲南祥鵬航空(LKE/ラッキー・エア)は,9月25日から徐州経由の関西-昆明線を定期チャーターで新規就航。運航本数は金曜の週1便。機材は全席Eクラスの186席B737-800。
 雲南祥鵬航空 運航スケジュール(2015/09/25~)
8L9694便 関西 16:00 → 徐州 18:20/19:40 → 昆明 22:30    8L9693便 昆明 07:20 → 徐州 10:00/11:20 → 関西 15:00”

 政治の上では難しい関係ですが,中国の航空会社の日本乗り入れは,もの凄い速さです。空港へ行くと,「ここは中国?」と思うほど中国語が飛び交っています。

 そして”爆買い”で有名ですが,帰国していく人達の荷物の量は,これまたもの凄い量です。先日”温水便座洗浄機”を三つカートに乗せている人が…。

◇あれっ?
”国の規制により普段は国際線が運航できない大阪国際空港から昨日,大邱(テグ)空港へ向けて国際チャーター便が飛び立った。兵庫県の友好交流合意先である韓国・慶尚南道へ,井戸敏三知事や藤原保幸伊丹市長をはじめとする県と市の訪問団約140人を,日韓国交正常化50周年を機に派遣するもの。アシアナ航空(AAR/OZ)のA321型:HL7763を使用。機体1機を貸し切り,借り主が費用を全額負担する「オウンユースチャーター」で運航。
 県や市では国際チャーターの実績を積むことで,関西空港と伊丹の運営権を民間企業に売却する「コンセッション」後の再国際化につなげたい考え。
 国内の航空会社ではなくアシアナ航空を利用する点について,「高くて割に合わない。相談に乗ってもらったのがアシアナだった」として,国内勢は費用面で選択が難しかったと説明。
 伊丹空港の国際線は,関空が開港した1994年から民間機はチャーター便のみ認められている。このほかに2013年に南スーダンへのPKOによる自衛隊派遣が2回,チャーター以外の国際便として2011年に韓国大統領の訪日,2015年に米国大統領夫人の訪日がある。
 伊丹から国際線が運航できない状況について,旧運輸省航空局OBでもある井戸知事は「(国は現状を)東京一極集中と言いながら,空港(の運用条件緩和)については“除く関西”となっている」と指摘。首都圏では羽田空港の再国際化などが進んでいる反面,関西では依然として伊丹からの国際線が認められていない点を疑問視した。
 井戸知事は,関空と伊丹に神戸を加えた3空港について,「一元的に運営されるべき」と述べ,コンセッションによる民間委託により,運用条件の緩和による,効率的な空港運営に期待感を示した。
 藤原市長は,「伊丹に対するいろいろな利用規制を見直してほしい。安全や環境規制は守らなければならないが,国際線は見直してもらうのが悲願」と訴えた。中国や台湾,韓国といった近距離国際線について,「飛んでいる距離は国内線と変わらない。訪日も増えており,国際線を特別扱いする時代ではないだろう」と述べ,チャーターの実績を積み重ねることで,伊丹の再国際化実現を目指す姿勢を示した。
 また,伊丹ではターミナルの改修計画が進んでいることから,国際線の運用に不可欠であるCIQ施設(税関・出入国管理・検疫)の整備を求めていく。”

 飛行機の騒音問題の元祖,大阪国際空港(伊丹空港)です。騒音に関係しない泉大津沖に関西国際空港を作り,そして4発機を追いだしたのは,どこの人達???。騒がしい話です。

 勝手ですが,利用者にとっては大阪国際空港は利便性よく,国内線への乗り継ぎが楽な空港であったと思います。ここから国際線が飛ぶようになるのならば,あれは一体???

 成田から羽田にシフトしていく最大の理由は,利便性にあります。利用者のニーズにあっています。そうした状況を指を加えて見ているのも癪です。

 過去の運動を忘れたかのように,国際線の復帰を望む,これ程勝手の良い言い分はありません。関西国際空港から大阪国際空港にシフトが始まります。

今日の1枚
Img412a


2015年9月20日 (日)

シルバーウィ-ク

○シルバーウィーク,始まる。
 空・鉄道の予約は快調のようです。が,高速道路の渋滞は,尋常ではありません。お盆休みと較べるとちょっと短いだけに自動車が集中するようです。

 NEXCOのサイトを見ると,恐ろしくなります。運転手以外は,のんびり居眠り?運転手は大変ですね。いくら家族サービスとは言え,これは酷です。

 少子高齢社会というならば,この連休中に高齢者が自動車を運転するのは止めたらどうでしょう。また,二輪車を閉め出せば,事故も随分減ると思います。

 それに中国・台湾・韓国からの旅行客,なにもこんなに混雑する時に観光,人混みを見に来るようなものです。旅行業者も配慮が足りませんねえ。

 これもです。茨城空港というのが,実にシブいですね。
”台湾のVエアは,昨日,茨城/台北間のチャーター便を運航、日本へ初就航。B-22608のA321。復路便は9月23日に運航される予定。”

○私の好物
 地元で採れたお米をずっと食べてきましたが,諸事情によりお米を買うようになりました。バラツキはありますが,地元産のものより美味しいです。

 お袋さんは,実によく”炊き込みご飯”を作ってくれました。冷めても美味しいですよね。熱い番茶なんぞをかければ,たくさん食べることができました(品がない)。

 私が採ってきた山栗も”炊き込みご飯”にしてくれました。山栗は小さいですが,これが実に甘いんです。これで作る”栗きんとん”は,絶品でした。

 ”栗の炊き込みご飯”ですが,栗を茹でます。冷ましたら,下の部分に切り口を作り,とんがった方に向けて剥きます。渋皮もきれいに取れます。

 白米・栗・醤油・塩を入れて炊きます。お袋さんは,塩が少々多めではなかったかと記憶しています。塩の甘さを引き立てるからだったのかな?

 その他,サツマイモの炊き込みご飯もありました。サツマイモを選別する目を持たないと,美味しいものはできません。べとついた感じのは,失敗作です。

 普通の栗でも美味しくできますが,茹でてしっかり冷ますところがポイントかな?これに油ののった”秋刀魚の塩焼き”が,私の好物です。

◇この人は役人のロボットですね
”太田国土交通相は,成田空港の機能強化について「第3滑走路の整備をはじめとするさらなる機能強化が必要だ」と。千葉県知事・関係市町長・成田空港会社社長・国交省航空局長による4者協議会が行われた。「東京オリンピック・パラリンピック開催後も見据え,訪日外国人の増大等に対応するため,成田空港のさらなる機能強化が必要だ」「一方で,環境問題,周辺地域のまちづくり等にも関係するので,地元の全面的な協力が不可欠。地元自治体と課題を整理し,具体化に向けた検討に取り組みたい」との姿勢。”

 現在でも機動隊を動員した警備を続行している成田空港,異常事態には変わりがありません。大臣,なぜ続いているのか自分の言葉で説明して欲しい。

 現在のBランですら,国際空港としては中途半端な長さしかありません。どうして3000m以上の滑走路が建設できないのでしょうね。自分の言葉で説明して欲しい。

 この上に立って,三つ目の建設では何が一番のポイントとなるのか,自分の言葉で説明して欲しい。まあ役人が作成した文章を代読している人には無理でしょうね。

◇もううんざり
”昨日,中部国際空港発宮崎行きのNH341便(DHC8-Q400),飛行中に油圧系統の作動油が減っていることを示すランプが点灯したと,全日空のオペレーションマネジメントセンター(羽田空港)に連絡が入った。同機は午前9時44分に宮崎空港に着陸。油漏れが確認されたため,牽引車で駐機場まで運んだ。油の除去作業のため,滑走路を午前9時55分から同10時27分まで閉鎖。後続の2便が欠航,4便に最大で53分の遅れが出た。”

 ここで何度DHC8のことを書いたことでしょう。もううんざりです。欠陥機です。

今日の1枚
Dsc_0862a


2015年9月19日 (土)

次は11年後か

○国内だけかと思ったら,またチリで大地震です。幸いなことに津波の影響もなく,ホッとしました。本当に地球規模での自然災害の多発,何が原因なんでしょうね。

 箱根大涌谷・阿蘇山・桜島・口永良部島は,どうやら収束に向かっているような報道です。が,忘れてはいけません,”木曽御嶽山”です。

 まだ5名ほどの方が,火山灰の下で埋もれ,発見されずにいます。ご家族のことを思うと,まだまだ現在進行形です。後1ヶ月くらいで,また雪の季節です。

 捜索に当たっておられる方々の心労は,私の想像以上のものがあると思います。頭が下がります。勝手な言い分ですが,最後の一人まで,見付けていただきたいものです。

 今年に入って,まだ一人(?)の発見に終わっています。空気の薄い中での捜索です。マスコミは,熱しやすく冷めやすい。捜索隊のフォローは,どこもやりません。

○今日から”シルバーウィーク(*)5連休”が始まります。暦のいたずらでしょうか,滅多にない9月の連休,観光産業に従事する人達にとって,嬉しい連休です。

 高速道路の渋滞予想,GW並の数字が出ています。比較的ガソリン価格が低めで推移していることが後押しをしているのでしょう。混雑覚悟でお出かけください。

 私は興味がありませんが,”嵐”の仙台コンサート,宿泊施設はどこも満杯だそうです。まあ一泊ならば,車内で過ごす位の覚悟があれば…。

 主催者もこのような事態は事前に予測できたはずです。”復興支援”の名の下に行われるようですが,利益全部を寄付するのでしょうね。でなければ,騙しですよ。

 この夏,富士山麓で徹夜のコンサートを行った歌手もいますが,この主催者も企画が滅茶苦茶ですね。道路渋滞を含め,地元の人達に迷惑をかけています。

*今回の連休,連休初めの土・日にあたる19・20日に続き,21日(月)が「敬老の日」,22日(火)が「国民の休日」,23日(水)が「秋分の日」となっている。
 政府は祝日を月曜日に移動させ,土日と合わせて3連休にすることで休暇を増やす狙いから「ハッピーマンデー制度」を導入。この「ハッピーマンデー制度」が適用されるので,今年の9月は週明けの21日(月)が「敬老の日」になる。「秋分の日」の日取りは年によって異なるが,今年は23日(水)になる。国民の祝日にはさまれた平日を「国民の休日」とする「祝日法」も適用され,22日(火)も「国民の休日」になる。
 次に5連休が発生するのは2026年。今後,11年間は5連休が発生しない。

◇気の早い,しかし面白い
”マンダリン(華信)航空は紅葉シーズンに,中部・台中と大分,長崎をそれぞれ結ぶチャーター便を10月7日から11月28日まで運航。いずれも週1便。同社は現在,南部・高雄と熊本,北九州間でもチャーター便をそれぞれ週3便運航。”

 正直なところ,マンダリン航空でよかった。トランスアジア航空ならば,また余分な心配をしなければなりません。それにしても良い企画ですね。

◇やりましたね
”中国商用飛機とシティ・エアウェイズ,工銀金融租賃の3社は中国商用飛機が開発を進めている国産大型ジェット機C919を10機,地域路線用ジェット機ARJ21-700を10機,購入・賃借することで合意。シティ・エアウェイズはC919の21番目の顧客,ARJ21-700の20番目の顧客。
 シティ・エアウェイズは,2011年3月設立。国内路線を中心に,東南アジア・中国間も定期便を運航。”

◇今のうちにA330,A340を
”フィンエアーは,A350を受領。冬ダイヤから,上海行きAY57便に導入。11月から北京便,12月からバンコク便,2016年2月から香港便,5月にはシンガポール便に投入。日本路線も導入を予定,就航時期は未定。
 フィンエアーのA350-900は,19機発注済み。座席数は297席,ビジネス46席とエコノミーコンフォート43席,エコノミー208席。カタール航空(QTR/QR)とベトナム航空(HVN/VN)に続く3社目。
 A350 XWBは3機種で構成。短胴型のA350-800が276席・A350-900が315席・A350-1000が369席,エンジンはトレントXWBを搭載,燃費を25%改善。8月末現在,40顧客から782機(A350-800が16機、A350-900が597機、A350-1000が169機)を受注”

 B777の後継機として赤組は,A350を選定しました。ベトナム航空のA350は,過日成田に飛来したそうです。余りのお天気の悪さに…。(負け惜しみ?)

今日の1枚
024a


2015年9月18日 (金)

空もガラパゴス

◇なぜ東南アジアでは
”アジア太平洋航空センター(CAPA)によると,バンコクのドンムアン空港がLCCの空港としては,世界一乗降客が多いことが分かった。乗降客数は1440万人。ドンムアン空港の予想扱い能力は年間1850万人でだったが,今年8月まで,2280万人の乗降客を扱っている。
 エアーアジア社でも同空港を発着する路線の拡充を計る為,本年度内に同空港内の駐機場に追加投資をする。現在,これまで使われていなかった同空港の第2ターミナルを国内線専用ターミナルとして改装,再オープン後には,更なる乗降客の増加が確実。
 ドンムアンに続くLCC空港は,ラスべガスのマッカレン空港(1330万人),クアラルンプール空港(1260万人),バルセロナ,エルプラート空港(1200万人)。”

 タイのLCCについては,今年の年明けトラブルが続出,日本への飛来停止処分になったことは,ご存じの通りです。こんなマイナス要因があっても,この記録です。

 マレーシア・タイ・インドネシアの空の状況を見て,重い腰を上げたのがシンガポールでした。が,スクートの成長により,徐々に競争力を増してきています。

 この動きは,近隣のインド(世界第2位の人口を誇る)へも飛び火しました。今後中国では,雨後のタケノコのごとくLCCが増えるのでは?

 飛行機=移動手段,その他の付加価値を期待しない。こういった人達がいかに多いか,低価格の運賃に魅力を感じているのか,東南アジアの空を見るとよく分かります。

 こうして他のアジアの国々のお空を見ると,いかに我が国の空が厳しく管理されているのかが分かります。一面において,役人王国と言えると思います。

 そこには利用者の視点が著しく欠け,役人の管轄権と言った”力の保持”が大切にされてきていることが浮かび上がっていきます。

 もう一つは,新幹線整備と地方空港の乱造と言ったちぐはぐな行政,これも税金の無駄遣い以外何ものでもありません。新幹線整備=地方空港の廃止を検討すべきでは?

 人口減少,これは特に地方に顕著になってきています。少子高齢=人口減は,まず地方から始まってきています。それでも維持しようとする地方空港,何でしょうね。

 航空会社とて利益追求企業,政治の圧力を受けながらの路線決定です。今後ますます飛行機の小型が進むと思います。そうなるとますます利益を上げにくくなり,ジレンマに…。

◇こちらは元気
”バニラエア,成田-高雄線を2016年1月から増便。1日2往復で運航。”
”マカオと日本を結ぶマカオ航空,今年3月の関西国際空港線に続き,11月11日から成田国際空港線についてもデイリー運航化。機材についてもA319からA320に大型化を図る。”

 ピーチと並び積極的に国際線を開設しているバニラエア,そして小さなマカオと結ぶ路線のデイリー化,元気なのは国際線ばかり?

◇こちらも
”ベトナム航空は2016年1月1日から,成田発着で順次,B787-9を投入。3月末まで,一部日程でA330-200と併用。
 B787-9は成田/ハノイ線は成田発VN311便,成田/ホーチミン線は1日2往復便のうち,成田発VN301便。成田/ハノイ線は1月4日以降の月曜日はA330-200で運航,成田/ホーチミン線は2月1日からB787-9を投入。”

今日の1枚
7265"Facebook"より,品がないね。B777とB767に期待します。


2015年9月17日 (木)

呆れかえる

◇世の為人の為に厳しい処分・刑事罰を!
”今年7月と9月に米旅客機上で起きた爆弾騒ぎ,スカイウェスト航空で客室乗務員を務めていた男がでっち上げを認め,連邦犯罪に問われている。
 ジャスティン・コックスシーバー容疑者は9月9日,ミネソタ州ミネアポリス発,ノースダコタ州ディキンソン行きのデルタ航空機に乗務した際,機内で不審な荷物を見つけたと操縦室に報告。荷物の中から信号音が聞こえたと主張したため,機長が非常事態を宣言して管制に連絡。空港では民間機の離着陸がすべて中止されたが,爆弾処理班が荷物を調べたところ,中には丸めたタオルしか入っていなかった。
 また7月7日にも,バージニア州シャーロッツビル発,イリノイ州シカゴ行きのアメリカン航空機の機内で,トイレの壁に「機内に爆弾を仕掛けた」との脅迫状が張ってあったと主張。同機はシャーロッツビルへ引き返したが,爆弾は発見されなかった。
 コックスシーバー容疑者は民間航空機の運航を妨げ,航空機の安全を損なう偽情報を流したとして,ノースダコタ州ビスマークの連邦地裁に起訴されている。”

◇真似をするな!
”15日午後7時45分頃,新千歳空港を離陸しようとしていた成田行きGK112便の機内で,女性乗客が「預けた手荷物に爆弾を入れた」と,客室乗務員に話した。同機は乗客・乗員計182人がいたが,急きょ離陸を取りやめ,駐機場に引き返した。同社は乗客全員をいったん降ろし,貨物室の手荷物などを検査。爆発物は発見されず,約2時間40分遅れで新千歳空港を離陸。女性は東京都在住の40歳台,手荷物は預けていなかった。千歳署は威力業務妨害の疑いもあるとして,事情を聞いている。”

 終電ではありませんが,千歳をあの時間では成田到着は…。その後の動きを考えると…。個人の事情があるのかも知れませんが,約180人+αの人達に迷惑をかけました。

 外国のテロの様子が,マスコミ・インターネットを通じて伝わってきます。それだけに航空関係者は神経をすり減らしていると思います。冗談では済みません。

 「人様に迷惑をかけることは恥ずかしい」と言った躾がなされていないのでしょう。まるで子どもの狂言並のレベルの低さです。”威力業務妨害”として厳しい処分・刑事罰を!
 
 こういったことの再発を防ぐには,”威力業務妨害”の意味と共に重い処分(罰)が下ることを知らしめることです。手荷物・預け荷物の検査を厳しくやることです。  

◇10数年でこれまで成長するとは
”エアバスは,中東欧のウィズエアーからA321neo:110機を受注したと発表。単一のA321neo受注数としては史上最多。最新の「エアバス・キャビン・フレックス・コンフィギュレーション」も含まれる。今回の正式受注により,A320neoファミリーの合計受注数は4300機を突破。ウィズエアーは,A320ファミリーを63機保有。”

 10数年前,この会社を知った時は,片手にも満たない機数の会社でした。恐るべきLCCの成長という表現しかできません。空の環境まで,大人ですね。

これはセンスがありすぎる! 
 ここにあれこれ書くと,面白さが半減しますから…。

○橋下さーんと松井さ-ん,何やってん
”暴力行為などの低年齢化が鮮明になった文部科学省の問題行動調査。各地から寄せられた回答には「小1に何度も蹴られ,教師が通院」「登校中に注意された児童が通行人に暴行」など目を疑うような事例が並んだ。低学年を中心に件数が急増しており,学校現場では対応に模索が続く。
 発生件数が最も多かった大阪。府教委は「家庭環境が影響し,規範意識に乏しい子どもや自分の感情を抑えきれない子どもが増えている」と分析。生徒指導担当の増員など中学で行っている対策が小学校にも必要かもしれないとし,「問題ある子どもに,迅速かつじっくりと対応する人の確保が重要だ」と話した。
 大阪府高槻市教委は「コミュニケーションが苦手な子が問題を起こしやすい」として,友人関係の状況や学習意欲などを測る心理テストや,人を傷つけない話し方を学ぶ講座などを指導に活用している。問題行動を繰り返す児童へのサポートチーム設置なども進めており,発生件数は減少傾向にあるという。”

 格好いいマスコミ受けする文句ばかり申しておらず,もっと地に足を着けた仕事をしてくださいよ。問題は,地域社会・家庭環境ですよ!大阪は,日本の縮図ですね。

今日の1枚
028a


2015年9月16日 (水)

情けないとは

○振り返ってみれば,9月1日は”防災の日”でした。関東大震災のことを思い起こし,防災の心を育てようと設定された意義ある日です。

 が,台風は上陸するは,堤防は決壊するは,火山は爆発するは,まあ日本を代表する”自然災害のオンパレード”です。9月は,まだ10日余りあります。もう要りません。

 先日堤防決壊,未だに水が引かない常総市で起こったこと。無人の家に押し入り,金銭・貴重品を盗む行為が頻発しているそうな。日本人として恥ずかしい行為です。

 水に困れば,他府県からも給水車を出動させる。井戸水をくみ上げ,自主的に配付する人。ミルクに困るだろうと,粉ミルクを提供する企業などなど。

 東北大震災の経験が生きています。衣食住と言われるように,どれか一つでも欠けると,たちまち生活に困ります。この点,ボランティアの立ち上げの速いのには,驚きました。

 困っている人に温かい手をさしのべる…人として当たり前のこと…当たり前のことが当たり前にできない世の中です。それに反する行為,許せないことです。

 流されてくる映像を見て,あれが我が家ならば,誰が泥の掻き出し,家具・電化製品の始末をするのか,考えてしまいます。また,通帳・印鑑等も失った人も多いでしょう。

 ただ目的が,人の物を盗む,これしかありません。ここには人間としての良心がありません。こんなことは,小さな子どもだって分かります。情けない日本の世の中です。

 金目当てに他人宅に侵入した警察官・コンビニの売り上げを狙った犯行,実に金目当ての事件が多いです。”金至上主義”の世の中,理解しても納得してはなりません。

 別に犯罪に及ぶようなことでなくとも,人間の欲望には限度がありません。欲望を律する気持ち,これを養うことは幼児期からの躾です。落ち着くところ家庭教育でしょうか。

◇運行停止にできないのか
”交通部(交通省)民用航空局は,今月4日午前に金門空港で,トランスアジア航空機が管制塔の待機の指示に反して滑走路に誤進入するトラブルがあったと発表。直後にはユニー航空機が着陸する予定で,衝突の恐れがあった。
 金門発台北(松山)行きのトランスアジア航空GE2322便(ATR72-500)。同機の機長は滑走路の外で待機せよとする管制塔の指示に一度は呼応したが,そのまま滑走路へ進入。
また,同機の音声記録では,機長が滑走路への進入許可を得たかどうかを副機長に尋ね,副機長が得たと答えていたことが分かった。
 トラブルに気付いた管制塔は着陸態勢に入っていたユニー航空機に着陸のやり直しを指示,乗客乗員75人にけがはなかった。”

 事故の連発トランスアジア航空,しかもATRばかり。コックピット・クルーを処分するだけで済まされるのか?どうも台湾の航空局は,軟弱である。

 "run up to the runway"と"hold short runway"を同時に二人が聞き間違えるか,冗談じゃない。何の為のツーメン・クルーなんだ。考えられない出来事です。

 ATRの即時運行停止をしていただきたいものです。便利さが人命を越えることは,絶対にありません。たまの出来事ではなく連発です。

◇恥ずかしい行為
”台湾の日系企業の社長を務める男が,14日午前9時15分発のピーチ航空機に搭乗し,大阪に向かう予定。保安検査でライターを所持しているのが見付かり,女性検査員が「規定により機内に持ち込むことはできない」と説明,任意放棄に同意する書類にサインしてパスポートを提示するよう求めたが,男はこれを無視してイミグレーションに向かった。女性検査員が男を追いかけ,カウンターにあったパスポートを手に取ったところ,女性検査員の右腕を殴った。近くにいた職員らが男を制止し,空港警察に通報,拘束。”

 LCCに乗るような社長ならば…。と,差別的な言葉は慎まなければ。「持ち込むことができない」と言われ,無視する行為,恐らく女性検査員だったからでしょう。

 中国で,歯磨き粉を没収されたことのある私です。言われれば,仕方がありません。没収されました。日本との違いです。それが検査員の仕事です。

今日の1枚
Dsc_0870a


2015年9月15日 (火)

世の中競争だ

○人様も同じか?
”民間調査会社のMM総研の今春の調査,「ガラケー」と呼ばれる従来型の携帯端末の料金は1人あたり平均で毎月約2700円だった,大手のスマホは約6300円。ガラケーからスマホに乗り換える人が増え,今年3月末にスマホ率は5割を超えた。
 MM総研が,スマホ利用者が通話以外でデータをどれぐらい送受信しているか調べたところ,「毎月2GB以下」がほぼ半数の約48%に達した。2GBは,ウェブページを7千回ほど開いたり,標準的な画質で動画を10時間前後見たりすれば達するデータ量とされる。音楽なら500から1千曲ほどダウンロードできるといわれている。
 一方,携帯大手3社で人気の料金プラン(2年契約)は,月2700円の「電話かけ放題」と通話以外のデータを月5GBまで通信できるコース(月5千円)の組み合わせ。2GBまでしか使っていない利用者は,割高の料金を支払っている可能性がある。
 携帯会社からすれば,データ量の上限が低い安い料金プランをもっとPRすれば,他社からの乗りかえも促せそうだ。だが,そういう競争になっていない。低価格化で競うより,長期契約やセット割引で顧客を囲いこもうとしている。
 総務省幹部は「協調的な寡占状態」とぼやく。ソフトバンクが13年に業界4位のイー・アクセス(現ワイモバイル)を買収,NTTドコモ,KDDI(au),3社の独占体制が確立した。それが競争が激しくならない一因。3社の前年度の純利益の合計は1.5兆円を超え,好業績を続ける。”

 給料は下がっているのに,通信費は高騰している。やはり人様も同じか?(昨日に引き続き)あくどい商売ですね。3社独占状態ですからね。

 限られたパイを3社が奪い取る状態,いわば引き抜きです。引き抜く餌は美味しいが,その後にたっぷりと吸い尽くすやり方です。

 管轄する総務省も新たな業者の参入を積極的に促している様子は,見えません。"SIM lock"を解放しても,数は知れています。ポーズだけです。

 これってお空の世界と全く同じですね。新規参入者が出ると,ジワジワと(一応合法的に)虐めてつぶしていく。スカイマークもそろそろ危ない。

 独占状態なので,民の望むことよりも自社の利益が優先する。2GBでも容量をもてあますおじさん達・おばさん達,余程明細を見ない裕福な人達ですね。

 500KBもしくは1GBコースを設定してくれたら,かなりの方が移行すると思います。これは減収要因ですから,認められない。行政指導もありません。

○予想通り
”新幹線開業で航空業界は大きな打撃を受けている。ビジネス客を中心に新幹線へのシフトが鮮明となり,小松,富山の両空港では羽田便の利用客が大幅に減少。航空各社は減便方針。
 小松空港では日本航空,全日空とも羽田便の利用客が前年比3割から4割も減。全日空は来春から現行の1日6往復を5往復に減便。富山空港でも,全日空の4〜6月の利用者が前年同期比で約4割減。全日空は,現状が続けば来年度以降,2便以上減便する方針。
 小松空港の利用促進策,ビジネス客を対象に無料駐車券を配布するなど9月補正予算案に2800万円を計上,てこ入れ。富山県は今年度,羽田便利用者を対象に,ホテルやレンタカー代の割引クーポンなど2億円余りを支出。職員が首都圏方面に出張する際には,新幹線より安くなる割引適用時は飛行機を利用するよう促している。”

 新幹線と飛行機の両立,それは無理というものです。便利さが違います。これに多額の税金を支払う,以前からこのやり方を批判してきました。

 また,航空会社とて距離と距離を考え,路線を組むべきでしょう。あるいは機材のサイズダウン化は当然の措置です。これでも支えられなければ,撤退でしょうね。

 航空会社のドル箱の一つ羽田~伊丹路線も,いずれリニアが開通したら撤退でしょうね。新幹線とリニアの棲み分けをしっかりやねば,やけどを負います。

○恐れ入ります
”電波を一切使わずLED照明が照らす範囲でインターネット接続を可能にする"照明無線LAN"を,通信機器ベンチャー「アウトスタンディングテクノロジー」が開発,量産化に乗り出した。電波による障害が起きかねない施設などへの導入を進める。"可視光通信"と呼ばれる技術,LEDの光を目に見えないほど速く明滅させて無線通信を行う。同技術を搭載したLED照明(親機)が照らす範囲(高さ1~5m)で,受光器(子機)を取り付けたスマートフォン,タブレット端末などを使えばデータ通信ができる。照明装置側は光ファイバーなどと接続することで,5~20Mbpsの速度で通信可能,通常のネット接続とほとんど遜色のないレベル。
 活用法は多岐にわたる。発電所や病院,電話交換局,データセンターなどでは,強い電波を利用すると精密機器に誤作動が起きかねないが,電波を使わなければその懸念は解消される。同社は2012年まで発電施設で実証試験を行い,悪影響は皆無。ネット接続できるエリアが,LEDが照らす範囲に限定される特性を生かす導入例も検討。商業施設の特定の店舗入り口に設置したLED照明無線LANを使って,その店限定の商品情報を顧客の端末に送信。購入を誘う仕掛けとして試験を実施中。セキュリティー確保,光源の周囲をカーテンで囲めば,無線通信の外部への漏洩などが防げる。将来的には,水中では届かない電波に代わって可視光通信の利用を訴求する。
 同社は8月から「照明無線LAN」の量産化に着手。電波の帯域不足が指摘される中,可視光通信の利用は今後拡大すると予想,2016年以降,年間1万台の販売を目指す。”

 LED照明の良さは分かっていますが,まだまだ高価な代物です。耐久時間の長さを見れば,長期的にはお財布に優しいのですが…。踏ん切りがまだまだつきません。

 そのLEDを使った”無線通信”の実用化,よくこんなことを考えるものです。恐れ入ります。狭い範囲内ですが,電波を使わないところが目の付け所ですね。

 これを飛行機の機内で使えるようになれば…。素晴らしいアイディアが次から次へと出てくると思います。活用方法を考えるのも大切なことです。

今日の1枚
006a

2015年9月14日 (月)

おかしな商売

○いつまでこのような商売を許す?
”docomoとau,ソフトバンクの3社は,iPhoneの6sと6sプラスの予約受け付けをそれぞれ始めた。いずれも前年のように2年契約で実質負担額が「0円」の設定はなくし,昨年の「6」などよりも割高になっている。auは,音声通話が5分以内なら話し放題で基本料金を月額1700円に抑えた新プランを打ち出した。ソフトバンクも対抗して同様のプランを発表,両社の販売価格も近い水準。docomoは,他社から乗り換える際に他の2社より安い設定。”

 全く一般消費者を馬鹿にしたような商売,どうしてこんな理不尽な商売が許されるのか,納得できませんね。こういった商売を規制する手立てはないのだろうか?

 携帯電話の所有が当たり前の時代,多くの利用者に納得いく商売のやり方を考えるべきではないでしょうか?これも民の声を聞かない一例ですね。

○そのiPhoneユーザーに
”1 常に電源をオンにしている  2  Wi-FiやBluetooth設定を1日中オンにしている  3  過酷な温度環境で使う  4 一晩中,充電している  5  充電を100%もしくは0%にする  6  純正品ではない充電器を使う  7  掃除しない  8 iPhoneを持ちながら,ぼんやり歩く  9 パスコードを使わない  10 位置情報サービスを常にオンにしている 11 すべてのアプリでプッシュ通知をオンにする”

 1週間に一度くらい電源オフ状態・Wi-Fiも必要な時だけオン・充電は80%を目安に・充電口のホコリを取る・盗難防止の為のパスワードは必要・位置情報は必要な時だけ  

○SUBARを追え!
”米高速道路交通安全局(NHTSA)などは,トヨタやマツダなど日米欧の自動車大手10社が,米市場で全車種に自動ブレーキを搭載することで合意したと発表。
 トヨタやマツダのほか,GMやVWなどが合意。米国の新車販売台数の57%に上る。衝突事故の防止に焦点をあてる新しい時代に入った。自動ブレーキの搭載が,限られた高級モデルだけだと,多くの人が恩恵を得られない。
 自動ブレーキは,カメラやレーザーなどで周囲の状況を把握し,衝突しそうになると自動的に作動する。NHTSAは,自動ブレーキ搭載で死傷事故が35%減るとの調査結果を紹介。10社以外にも搭載を求める。”

 自慢ではありませんが,私が現在の車を選んだのは①自動ブレーキ②低燃費です。ガソリンは買えますが,命は買えません。ですからこの順番です。

 アイサイトのお陰で,ドキッとする場面は減りました。高速道路の自動追尾定速走行は,疲れを低減させてくれます。追い越しは,指で行います。低燃費です。

◇やっとA320から
”トランスアジア航空は,11月1日から東京(成田)=台北(桃園)線の運航機材を大型化する。対象便は成田発台北行きのGE605/GE607便,台北発成田行きのGE606/GE608便。A320からA330に変更。”

 心がけが悪いのか,A320は同じレジばかり。静岡富士山空港で初めて撮ったA320が,ずっと尾を引いています。まあこれとよく似た航空会社は,他にもありますが。

◇おめでとうございます
”国土交通省は,第63回「空の日」にあわせ,航空業界に関係し大きな功績を記した大臣功労者表彰を行う。長年にわたる航空事業の振興,発展に寄与したとしてANAホールディングス代表取締役の伊東信一郎会長,宮崎空港ビル代表取締役の長濵保廣社長,鹿児島市のサンロード代表取締役の倉内秀文社長。
 このほか,航空機操縦士関係で日本航空2名,ジェイエア1名,全日空1名,朝日航洋1名の計5名,客室乗務員関係ではJAL6名,日本トランスオーシャン航空1名,ANA1名,ANAウイングス1名,ANAテレマート1名の計11名,運航管理者関係ではANA2名,航空整備士関係ではJALエンジニアリング2名,ANA1名,ANAラインメンテナンステクニクス1名,朝日航洋2名,アカギヘリコプター1名,ジャムコ1名の計8名。”

今日の1枚
Dsc_1226a

2015年9月13日 (日)

うんざり

 スーパーマーケットに行くと,余りの野菜の高騰に驚きます。原因は,ご存じの天候不順です。自然相手の仕事だけに農家の人達の苦労が察しられます。

 自然の脅威,台風17号を見くびっていたのでしょうか,余りの被害の大きさに驚きます。また,行方不明者が15名(?)とは驚きの数字です。

 例のごとく報道の在り方には,問題があったように思います。狭い空域を何機ものヘリコブターが飛び交っていました。自衛隊の救難活動の邪魔になっていました。

 流される言葉にもどこか他人事のような類のものが…。家を流され,収穫直前の稲を水没させた農家の人達の気持ちを察していたのでしょうか?

 昨年の広島の時も同じようなことを書きました。ああいった取材方法がベストと思っているのでしょうか?時間を持て余し,何度も同じ映像を流したり,同じコメントを…。

 うんざりしてテレビのスイッチを切ってしまいました。台風の後は,地震です。もう東京は大騒ぎです。これは台風以上の騒ぎです。こんなものならラジオで十分です。

◇いつも後手後手
”政府は国際線の貨物チャーター便の運航要件の緩和を検討。航空会社が路線や便数を自由に設定できる協定を日本と結んでいない国や地域にチャーター便を飛ばしやすくし,荷主の負担するコストを下げる。主にブラジル,インド,ロシアなどの国が対象。企業のサプライチェーン(供給網)構築につなげる考えで,2015年度中の実現をめざす。
 日本は米国,英国,フランス,中国,シンガポールなど約30の国・地域とは航空自由化協定を結んでいる。締結国とは協定の範囲内で,チャーター便を自由に飛ばせる。協定を結んでいない国の都市との間に定期便がなく,企業が貨物を運びたい場合,チャーター便を飛ばす必要があるが,厳しい制約がある。国土交通省は現在,チャーター便を飛ばす条件として通達で(1)緊急事態による突発的な需要に対応 (2)契約する荷主は1社に限る――などと定めている。チャーター便を飛ばそうとしても1社分しか貨物を載せられないと,荷主の負担が大きい。政府は航空会社の意見も踏まえ,複数の荷主の貨物を載せる混載でも飛ばせるようにするなど通達の見直しを検討。企業が制約の厳しいチャーター便の活用に慎重になっており,経団連は規制の緩和を求めていた。自由化協定を結んでいない国との間で飛ばしやすくなれば,企業が製品や部品の購入先を幅広い国から選択しやすくなる。自然災害などが発生したときに,別の国からチャーター便を飛ばして,物資を輸送するといったこともやりやすくなる。”

 経団連と言えば,大企業の集まり組織です。民の強い要望を官が実現すること自体,特に問題はないと言えると思いますが。しかし一部の声しか反映していないような…。

 民の強い要望,なかでも生活困窮者層の声は,なかなか取り上げてもらいない国です。消費税増税問題にしても官が考えるやり方は,民を馬鹿にした計画です。

◇この秋は面白い
”ボーイングのエバレット工場で公開された特別塗装機は,B787-9の国際線仕様機(JA873A)。ロールアウトしたR2-D2ジェットは,これから内装作業などを行い,機体の引き渡しは9月末を予定。羽田空港へ到着するのは10月初旬となる見込みで,羽田発着の遊覧飛行を10月17日に実施。翌18日の羽田発バンクーバー行きNH116便から国際線定期便に就航。
 その後はバンクーバー・サンノゼ・シアトル・ミュンヘン・パリ・ブリュッセルへ就航,シドニー・北京・ジャカルタなどへも運航。
 座席数は3クラス215席で,ビジネスクラス48席とプレミアムエコノミークラス21席,エコノミークラス146席。B787-8の国際線長距離仕様の169席(ビジネス46席,プレミアムエコノミー21席,エコノミー102席)よりも46席増え,貨物も約1.2倍搭載できる。
 エンジンはロールス・ロイス製トレント1000-K2で,出力は3万3480キログラム。B787-9の国内線仕様機用トレント1000-A2と比べ,出力が増加。航続距離はB787-8の国際線仕様機より160キロメートル伸び,1万4960キロメートル。
 R2-D2ジェットは,ウォルト・ディズニー・ジャパンと締結したスター・ウォーズブランドを活用する契約に基づくもの。ANAは,2020年3月までの5年間「STAR WARSプロジェクト」を展開。
 スター・ウォーズの特別塗装機は,R2-D2ジェットを含む3機。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場する新キャラクタ-,「BB-8」を機体全体にデザインした,B777-300ER型機の国際線仕様機(JA789A)「BB-8 ANA JET」と,BB-8に加えて映画に登場するロボット「R2-D2」を描いた,B767-300ERの国内線仕様機(JA604A)「STAR WARS ANA JET」が登場する。
 BB-8ジェットは2016年3月から北米路線を中心とする国際線で,STAR WARSジェットは今年11月から国内線での運航を予定。ANAは国際線事業の強化を進めており,同プロジェクトを通じて,ANAブランドの世界的な認知度向上や他社との差別化を進める。”

今日の1枚
Img666a


2015年9月12日 (土)

ツクツクホウシの鳴き声を聞きながら

○セミといえば、”クマゼミ””アブラゼミ”…夏の暑い日中に騒がしく…が、代表されますね。近くの緑道には、たくさんの木があり、遠くからでもセミの鳴き声が聞こえました。夏の風物詩ですね。

ご存知のように、セミは卵から孵化し地中にあること6年(アブラゼミ)、実に長い時間地中生活を送っています。幼虫が脱皮し成虫に変わっていきます。よく知らないのですが、成虫の命は短いようです。

成虫になれば、子孫を残さねばなりません。あの騒がしい鳴き声は、相手を求める(探す)行為かもしれません。いずれにせよ、夏の暑い日中での出来事です。ご苦労様としか表現できません。

ここ数日、ツクツクホウシの鳴き声が聞かれます。まるで夏の終わりを告げているかのようです。あの独特な鳴き声、誰が聞いても印象的なものです。最後の”ジー”が、ご愛敬です。

”臥薪嘗胆”という言葉がありますが、自然界の代表がセミということになるのでしょうか?お空の世界では、赤組でしょうか?政治との結びつきが強い空の世界、一度にらまれると…。

人間の思考は、同じものでも感情が加わると変化するものです。同じB777-300…B747にとってかわった双発機…なぜか、青組のものは堂々と見えてきます。赤組のものは大人しく見えてきます。

来年度いっぱい、赤組は国土交通省に厳しく見られています。羽田の発着枠の時も多分に政治色濃いもの、スカイマーク騒動の時もしかり。自らまいた種といえども、我慢、我慢、我慢。

空の世界、栄枯盛衰の様子が、よくわかります。B747…軍用機の選定に敗れ、民間機として再生…空の世界に”大量輸送”をもたらした飛行機です。時代の流れは、省エネ…B747の活躍は過去のものです。

例えば、過去の成田国際空港では、いろいろな航空会社のB747を見ることができました。現在では?需要との関係がありますが、やはり双発機に代わってきています。

もう一つは、飛行機の製造会社です。飛行機の製造は、他の製造とは大きく異なり、多種少量生産です。どうしてもコストが高くなる製品を作っています。また、技術の確かさを求められる世界です。

欧米を中心にたくさんの航空機製造会社が生まれ、合併吸収や倒産を繰り返してきました。安易に参入できない世界です。MRJ…新参者の苦しみを味わっています。

○”911”
昨日は、9月11日。NY国際貿易センターに複数の民間機が突入、3000人程の犠牲者を出したテロ事件が起きた日です。最初ニュースで、映像を見たとき、何が起こったのか分かりませんでした。

まるでアニメか映画のシーンを見ているようでした。それほどに常人が考えないことが、NYで起こったのでした。自爆テロという言葉がありますが、その典型的なものではないでしょうか?

ネットサーフィンをしていたら、やたら投稿が多かった事件でした。残念ながら、この時間は解決をしておりません。いやむしろ新たな火種”IS"が生まれました。アルカイダの言葉も…。

個人的には、宗教と政治が結び付くと、ろくなことはありません。これは歴史が証明しています。政治の宗教弾圧もしかり。心の問題が、生臭い世界と結び付く…同じ過ちを何度繰り返していることやら。


◇楽しみ
”マレーシア航空(MAS/MH)は、エアバスA350-900型機を4機リース導入すると発表。航空機リース会社エアリース・コーポレーション(ALC)から長期リースで導入。4機のA350は、2017年10-12月期(第4四半期)から2018年4-6月期(第2四半期)にかけて引き渡される。エンジンはローイス・ロイス製トレントXWB-84。今回の契約にはA350-900を2機と、A330のエンジン換装型A330-900neoを2機のリースオプションが含まれている。”

Facebookの投稿より…撮りたいなあ

2015年9月11日 (金)

ポイント収集

 台風が去ってもお天気は…。鬼怒川の氾濫,まさかと思う場所で起こりました。災害は忘れた頃にやって来る…余りに無残な姿…一日も早い復旧を願います。 

○リクルート・ポイントのお知らせメール?「いつ参加したのかしら」と不思議に思いましたが,一応サイトをのぞいてみると…。「結構なポイントが貯まっている。」

 読んだ後,「さて,このポイントをどうするか」と,サイトを見渡すと某ポイントに撮すことができる。早速交換です。これは実に便利なシステムです。

 また,カメラのキタムラ,この”フォットカルチャー”は凄い!私にぴったりのカード!確実に元手が取り返せる!こういったカードはありがたい。

 顧客の確保の為にあらゆるお店が発行するカード,多くはポイントを付け,リピーターを狙う。しかし,融通性のない小売店のカードは…。

 仕方なくカードを発行してもらうと,財布がカードによってぶ厚くなる。見苦しい!財布はお札でぶ厚くしたいものです。そんな財布を持ったことがない私ですが。

 さてポイントカード,”Tポイント””PONTA"”楽天”に絞られてきた感があります。最も私の場合,”楽天”には縁遠い存在ですから,2社に絞られます。

 それにもう一つは,クレジットカードからのポイントがあります。これを先程の2枚といかに組み合わせるか,ベストは”Tポイント”+クレジットカードなんですが…。

 ”PONTA"は,簡単にクレジットカードのポイントに移せます。最初にあったリクルートポイントも”PONTA"経由で移せます。一日間が空きますが,移せます。

 問題は”Tポイント”です。魅力的な移行が(私には)ないので,カメラのキタムラで使っています。一時このカードの集約しようとしましたが,向いていませんでした。

 ”塵も積もれば山となる”のごとく,少額ながらコンビニの存在は大きいです。セブンイレブンの有効な使い方を知りたいです。ローソン・ファミマならば納得できます。

 私の場合,ポイントカード(クレジットカードを含む)は,いかに集約できるかを第一に考えています。せっかくお金を使うのに分散させるのは…。術中にはまっています。

 こうしたカードの有効な使い方をお教え願えるとありがたいです。(定年退職を機にクレジットカードも1枚にしました。分散は…。)

◇前日の記録では…
”成田国際空港は,航空管制レーダーの情報を活用した航跡情報をインターネットで公開すると発表。これまで成田空港の周辺を飛行した航空機の便名・飛行位置・航空機型式等の航跡情報は,地域相談センター等で閲覧可能でしたが,今後はインターネット上で確認できる。
 閲覧画面は航空機の高度を色別に表示,また,航跡の早送り・逆再生機能を加えるなど様々な機能を導入し見やすく,分かりやすくなっている。
 公開範囲は成田空港を中心,東西65km(東40km・西25km)・南北85km(南40km・北45km)。高度は出発機10,000ft(約3,000m)未満,到着機8,000ft(約2,400m)未満。対象機は前日の成田空港における出発機及び到着機。ただし,VIP搭乗機や国の航空機等は情報未公開。公開開始日時は2015年9月16日14時。航跡情報は,NAA環境情報公開ポータルサイト「成田空港環境こみゅにてぃ」で確認可能。”

 ただいま”新コンテンツ準備中”の箇所かな?http://airport-community.naa.jp/

 アプローチ・レーダー・タワーの管制部分に当たります。ただ読んで分かるように前日の離発着の軌跡ですから,スポッターには…。やはりFR24かなあ。

◇久し振りに,そしてまた
”10日午前8時17分頃,中部国際空港を離陸した熊本行きNH331便DHC8-400,客室内の気圧を一定に保つ装置の不具合が計器で確認。約30分後,中部空港に引き返した。乗員乗客計66人にけがはなかった。同便と熊本発中部空港行きの折り返し便が欠航。”

ボンバルディアDHC8,よくもこんなにトラブルの多い機材を導入したものです。国内だけでもどれだけのトラブルがあったのか!片肺着陸も見ました。

今日の1枚
Aylbvb


2015年9月10日 (木)

気が早い紅葉の話から

○行きたいなあ
”紅葉の名所として知られる六義園で11月19日~12月6日,「紅葉と大名庭園のライトアップ」がある。今年で15回目。期間中は開園時間を午後9時まで延長,ガイドの案内を聞きながら園内の散策もできる。入園料は一般300円,65歳以上150円。”

 六義園:柳沢吉保が作った名園だと思います。賑わう春・秋には行ったことがありません。ましてライトアップの時期となると,華のお江戸,混むだろうなあ。

 桜・紅葉・富士山…日本人が大好き…どれをとってみても日本は,美しい国だと思います。桜・紅葉のライトアップは,残念ながら名所では見たことはありません。

 ディジタル写真ならば,撮影直後に画像をチェックできます。失敗しても(理由をよく考えて)撮り直しができます。撮ってみたいです。

 心配性な私,まだ明るい内から3脚の場所取りがあるような気がします。鉄ちゃんではありませんが,撮影の仁義を考えると移動して撮ることは難しそうな気がします。

○若い人も
”仮に22歳から60歳までの自由時間を概算。平日は毎日自由時間を3時間,週末と祝日など年間120日は毎日15時間の自由時間がある仮定,現役時代の自由時間は合計9万6330時間。同じペースで65歳までを現役時代と考えた場合は,10万9005時間の自由時間。
 一方で,セカンドライフの自由時間を概算。定年退職後,年間365日,自由時間は毎日15時間と考えて試算。65歳からの平均余命:男性19年,女性24年が標準的な長さ,間をとって22年で試算。セカンドライフの自由時間は12万450時間。長生きするほど,自由時間もどんどん増えていく。1年ごと約5500時間も自由時間が増え,15万時間以上の自由時間がある?
 時間がどんなにたくさんあっても,その自由な時間をエンジョイする”お金”がなければ…。年金生活夫婦(高齢夫婦無職世帯),消費支出のうち「交際費」「教養・娯楽費」は各々月3万1612円,2万6055円。月5~6万円くらいが老後の自由な時間をエンジョイするために必要な平均的予算。仮に月5~6万円必要ということは年間60~72万円!セカンドライフを22年と仮定すれば1320~1584万円!退職金の全額がこれに消えてしまう!退職金は自宅のリフォームや医療費,介護費用にも残しておく必要があるから,退職金のみでは老後のゆとりに不足。いや足りない!
 いざセカンドライフに入っても,”お金”がないので何も楽しいことをチャレンジできない。死ぬまで趣味人として生きていたいなら,老後の趣味のためにお金をためておくべき。”

 現在の年金生活者でこのような概算結果です。しかし,年金は減る一方です。退職金は,経済状態にもよりますが,過度な期待はしない方が賢明です。

 となると,若いうちから計画的に”貯蓄”をすることが求められます。ケチではなく節約の心を若いうちから養っておくことが,己の老後の楽しみにつながると思います。

◇Facebookで第1報を知りましたが
”米ラスベガスのマッカラン国際空港で8日午後4時10分過ぎ,離陸直前のブリティッシュ・エアウェイズ機(B777)の左エンジンから出火。乗客159人乗員13人のうち,14人が軽いけがをした。同機はラスベガス発ロンドン行き。左エンジンから火が出ていることに乗員が気付き,離陸を中断した。”

 ついにB777でも大きな事故が起こりました(OZのサンフランシスコ空港での事故は別)。
エンジンからの出火,恐らくBAならばRRエンジンでしょう。

 原因解明をしっかりとして欲しい。離陸前ならば,燃料は相当量入っているはずです。画像で見る黒煙,恐ろしいです。それでもけが人だけで終わり,良かったですね。

◇5ヶ月
”国土交通省は,4月14日のアシアナ航空機の着陸失敗事故で破損した広島空港の計器着陸装置(ILS)が復旧,19日から運用を始めると発表。
 着陸可能な滑走路上の視程が550メートル以上から100メートル以上に緩和,霧などの悪天候でも着陸できる。広島空港は標高が高く,霧などが発生しやすい。アンテナの評価試験が終了,運用を再開する。”

今日の1枚
Img731a


2015年9月 9日 (水)

台風が接近

○約1ヶ月前にもアベック台風がありました。あの台風の後,気候は大きく動きました。果たして今度の台風の後は,どのような動きがあるのでしょうか?

 北海道は北の冷たい高気圧に覆われ,比較的お天気は良いようです。そろそろ紅葉前線が,南に降りてくるのでしょうか?北海道や東北の紅葉は,綺麗です。

 話は戻りますが,この約1ヶ月間晴天の連続はなかったと思います。先週の土曜日,慌てて布団を干した記憶があります。洗濯物が乾かず,困っています。

 早場米の収穫直前の秋雨前線です。お米の収穫に悪影響を与えなければいいのですが。もう野菜の成長が悪く,売られている野菜の高いこと!

○消費税10%
”2017年4月に消費税率を10%に引き上げる際,飲食料品の税の負担増分を後から還付する案を財務省が検討,財務省案は軽減税率の一つとの認識を示した。
 還付を受けるには,買い物時にマイナンバー(社会保障・税番号)の個人番号カードを持ち歩く必要があるが,麻生氏は「カードを持ちたくなければ持って行かないでいい。その代わり,その分の減税はないだけだ」と。還付される金額については,限度額を決める。”

 報道に寄れば,年間一人4000円程度の還付と言います。それもきちんとマイナンバー・カードを提示してでのことです。一旦支払い,後に報告済みの口座に振り込まれる。

 家族4人で1万6000円。いつもカードを携帯しなくてはいけません。小銭まできちんと支払う几帳面な人の後ろに並ぶと…。カードを探す人の後ろに並ぶと…。

 スーパーなどレジがたくさん並んでいる所,これを機に”クレジットカード専用レーン”を設けて欲しい。ETCのようなものです。並ぶ時間短縮につながります。

 横道に逸れましたが,さすが麻生お坊ちゃん,庶民感覚ゼロですね。裏では財務省の思い通りのシナリオで動いています。日本の官僚は凄いですね。

 労働人口の減少=税収入の減少,それに反して福祉財源の膨張,言わんとするところは理解できます。消費税アップは,頭から反対はしません。使途を厳守して欲しい。

 高福祉社会を実現させる為ならば,増税はやむを得ません。が,使途を偽ったり,税金の垂れ流しのような無駄な使い方を厳しくチェックして欲しい。ならば国民は納得します。

◇やっとやるのか
”全日本空輸は9月8日から,空港で搭乗時に発行される用紙名を変更。乗客自身が予約時に手続きすることで,チェックインを省略するスキップサービスを利用する場合,搭乗券をご搭乗案内に改めた。空港でカウンターや自動チェックイン機によるチェックイン時,搭乗券に変更。空港でチェックインした場合,変更に伴い用紙は発行しない。2013年12月3日から,国内線の搭乗口で用紙発行を廃止。空港チェックイン時の保安検査場での搭乗券発行も,今回の変更で取り止める。
 日本航空も,空港で搭乗券を発券した場合,保安検査場での用紙発行は行っていない。”

 何ともこれだけのことで腰の重かった青組,紙の無駄・ゴミを作るだけから,やっと解放されます。これだけ遅い対応に座布団2枚とります。

◇TG,楽しみが半減?
”成田線:TG641-TG640便はA330,TG643-TG642便はB777-300,TG677-TG676便はA380。羽田線:TG661-TG660便のB747-400,TG683-TG682便がA330。
関西線:B747-400。
名古屋線:TG647-TG646便はB787,TG645-TG644は週5便でB777-300ER。
福岡線:TG649-TG648便でA330。
新千歳線:TG671-TG670便でB777-300ER。”

今日の1枚
Dsc_3188


2015年9月 8日 (火)

B6ですよ!

○安上がりのお土産
 家族・知人問わず,海外旅行のお土産を図々しく頼む私です。今回は,デルタ航空です。ちょっと前は,エア・ヌイ・タヒチ航空です。随分貯まりました!

 私,旅行する人(達)に土産を要求します。それは,”機内誌”です。できたら新品をお願いしています。各航空会社には,それぞれのカラーがあり,機内誌にも現れています。

 そういった機内誌を見るだけでも,楽しくなります。レアなものはありませんが,それでも相当な数の機内誌コレクションとなりました。

 ”安全のしおり””ポストカード”の収集も行っています。即ち私のお願いは,全部無料のものばかりです。航空運賃の中に入っているものばかりです。

 口に入るものは,嗜好品です。これは各人の好みがあります。例えば,海外土産にチョコレートがあります。国内で売っているものと随分味が違います。渡すのは???

○アルコールと疾患リスクの関係
”男性の飲酒量場合,時々飲酒(週1回未満)している人と比べると,1日当たり日本酒換算で2合・同3合以上飲む人のがんの発症リスクはおのおの1.4倍、1.6倍。部位では,2合以上の飲む人は,食道がんは4.6倍,大腸がんは2.1倍,高くなる。脳卒中では1.4倍である。
 酒を飲まない人の発症リスクを1として比べると,虚血性心疾患は,飲酒量が増えるほどリスクが1を下回っている。全脳卒中は,週当たり300gを超える総エタノール量を摂取すると発症リスクは上がっていく。適量の飲酒であれば,血管系イベント全体で見れば発症リスクは高くない。しかし,飲酒量とがん全体のリスクの相関は,飲酒量が増えるほど罹患するリスクが高まる。
 純アルコールに換算して,日に23g。ビールなら大瓶1本,日本酒なら1合,ワインならグラス2杯程度。週に換算して約150gまで飲めると考えれば,決して少ない量ではない。週当たりの総量として見直せばいい。1週間当たりの純エタノール摂取量が450gを超す男性の場合,休肝日がない人(週5~7日飲む人)は,ある人(週1~4日飲む人)に比べ,1.8倍の死亡リスクになる。1週間の“飲み計画”を立て,2日以上の休肝日を設け,エタノールの摂取量は150gを超えないようにする。
 飲酒習慣がある人は,特にビタミンB6をたくさんとっている人たちについては疾患のリスクが低かった。ビタミンB6を多く含む代表的な食材は,レバー・マグロやかつおといった赤身の魚に多く含まれる。生活習慣病の要因にも関わる塩分・糖質を控え,偏りのないバランスのいい食事をとることが大事。
 結論は,飲酒は適量,休肝日,食生活に留意し,適度な運動をする。”

 私も過去においては,「休肝日,とんでもない!飲める時に飲んでおかないと」なんて大きなことを言っていましたが,歳とともに酒量は減ってきました。

 若い頃の無茶もそうですが,例えば”歯”の管理は大切です。痛くなければ行かない歯医者,こう言った考え方が間違っています。定期検診を受けることです。

 若い頃の(現役の頃の)人間ドック,私に言わせれば90%以上の人は必要がないですね。40代になった頃からは,毎年受診することです。歯は半年に一度の受診です。

 このブログをお読みの方々,私のようにならないように!それにしても"ビタミンB6"とは,ここまでボーイングの亡霊が…。恐ろしい飛行機ですね。

 B6を毎日搭乗していても身体に入っていないから,キャプテン言い訳に使わないように!あくまでお腹の中に入れるB6ですぞ!

◇これだからシートベルト着用をせねば
”成田空港の東約44キロの上空を飛行中,グアム発成田行きUA196便(B737乗客乗員165人)の機体が揺れて客室乗務員1人が骨折する事故があった。国交省によると,同機は高度約3700mを飛行中に突然機体が揺れた。揺れから15分後に成田空港に無事着陸。乱気流に巻き込まれた可能性がある。”

 自動車でも後部座席の者にまでシートベルト着用を言われています。空を飛ぶ飛行機の揺れは,皆さん体験されたことと思います。機体が壊れる?位の揺れもあります。

 自席を立つ以外には,シートベルト着用は当たり前のことです。これは機内アナウンスでも必ず出てきます。揺れがひどく天上に頭をぶつけることもあります。

 UA196便は(恐らく)着陸態勢に入り,シートベルト着用サインが出ていたと思います。客室乗務員は,保安要員としてまだシートベルトをしていなかった可能性があります。

今日の1枚
Dsc_9419a


2015年9月 7日 (月)

雨の月曜日

○ネット・サーフィンをしていると,どこのブログでも”秋雨前線”のことに触れられています。私も何度も触れてきました。予報では,今週中も停滞するようです。

 こうなると頼みの綱?は,またしても台風なのかしら?被害に遭われた方々には申し訳ありませんが,夏の猛暑から救い出してくれたのは,台風でした。

 続く長雨に”二十日大根”までやられてしまいました。雑草はすくすくと育ち,お天気を見て草取りをしなければなりません。思うようにはいかないものです。

 運動不足は分かっていますが,終日雨では出かける意欲も出てきません。またまた,読書に明け暮れています。今日からの仕事も,何か気が乗らない…。

○昨日の文章を思い出してしまいました。
”国連は,ポール・マッカートニー/ジョン・ボン・ジョビ/シェリル・クロウらが,基文事務総長の優先課題である温暖化対策を支援するため,ラブソング・トゥー・ジ・アース(地球へのラブソング)を共同でリリースしたと発表。
 年末にパリで開かれる気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)での国際合意実現の後押しになると期待。ラブソングは,地球に対し「あなたは普通の世界ではない。宇宙のダイヤモンド」などと讃え,保護を呼び掛けている。”

 せっかくの会議にケチを付ける積もりはありませんが,どうもこう言った会議は,空論に終わることが多いようです。大国の我が儘が,堂々とまかり通っています。

 CO2削減一つとってもいても,アメリカ/ロシア/中国などは,どちらかというと消極的な姿勢に終始しています。資源獲得には貪欲ですが,あとは知らんぷりです。

 ところで,このラブソング,一度聴いてみたいと思いませんか?ネットで歌詞を探しましたが,ヒットしませんでした。情けないですね。

◇青組は
 路線拡充に勢いのある青組,成田~クアラルンプール路線を開設。何年ぶりかの復活路線です。西に東に南に自社運航路線が増えています。

 ところでこの便,成田出発が17:20です。クアラルンプール出発が7:00です。何はおかしくないですか?ビジネス客に対象を絞っているのでは?

 まあ羽田枠には入らなかったけど,後発隊として特色を出そうと考え出したダイヤだと思います。観光客もしくは日本人を相手にしたものではないようです。

 マレーシア航空・エアアジアXそして日本航空は,成田午前発(MHは週3便?夜便があったような?)です。観光客もしくは日本人相手のダイヤだと思います。

 となると,青組の仕組んだダイヤは?やはりビジネス客?成田を経由してマレーシアにアライアンス加盟航空会社のビジネス客を運ぶ?

 こう考えてくると,青組の海外路線の中でも特異な存在となってきます。これが上手くいくならば,きっと第二・第三を狙ってくると思います。

 少子高齢を考えると,自国民を主体に運ぶ従来のやり方では,先が見えてきます。アライアンスを上手く活用し,トランジット客をいただこうと…。深読み???

◇商売の上手い青組
”ANAグループの全日空商事は,ANA公式ECサイト「ANAショッピング A-style」で,B767-300で実際に使われていた操縦桿の抽選販売を開始。価格はB767にちなんで,税込み76万7000円。支払いはクレジットカード一括決済のみ受け付け。
 この操縦桿は既に退役したB767-300(JA8288)の再生メモリアルグッズ,機長タイプと副機長タイプの2台を抽選販売。
 抽選に当たると,操縦桿のほかに機体番号や製造者シリアル番号,総飛行回数,総飛行時間が入ったメモリアルプレート,ボーイングとカスタム・ハンガーの証明タグ,オリジナルのギフトボックス,航空写真家のルーク・オザワさんが撮影した「JA8288」のメモリアルフォトも付く。1989年8月に受領したJA8288は約25年運航,ポケモンジェット99の特別塗装機として活躍。
 全日空商事によると,機長タイプの操縦桿に10件,副機長タイプの操縦桿に2件の応募がある。応募対象者はANAマイレージクラブ会員かつエースタイル会員。申し込みは9月16日まで受け付け。”

 Cクラスの座席・カートなどは,過去に売り出されたことがあります。が,操縦桿の発売は聞いたことがありません。さすが目の付け所が違いますね。

 それにしてもB767の操縦桿=76万7千円は,ぼったくりではありませんか?希少価値のあるものには違いありませんが,お値段が…。豊田の御大,出番です。あなたしかいない!

今日の1枚
Dsc_9853x


2015年9月 6日 (日)

気になること

○お堅いHP?
”愛知県警は,過去に起きた交通死亡事故の当事者の誕生日をもとに事故の内容を分類,12星座別の特徴や注意点をまとめた。県警では,昨年までの過去10年間の死亡事故当事者2911人を対象に,多発している事故の内容や原因を12星座ごとに分類。その結果,みずがめ座は死者数が最多,うお座は高速道路での事故が多い。原因別では,おとめ座が一時不停止,さそり座は深夜時間帯にハンドル操作を誤って事故につながるケースが多い。”

 詳細は,http://www.pref.aichi.jp/police/koutsu/topics/seiza.html
これはきっと”星座占い”好きな警察官の発想ではないでしょうか?

 ご自分の星座をクリックされ,一般的な特徴を見ておくのも交通事故防止に役立つかもしれません。愛知県警に座布団3枚差し上げましょう。

○失われる熱帯雨林
”米エール大などの国際研究チームは,地面から約1.3mの高さの位置で,直径10cm以上の太さがある植物を樹木と定義。世界各地の地上の観測データと,人工衛星による撮影画像を分析して計算モデルを作り,1平方km単位で樹木の本数を推計した。
 その結果,現在の地球全体の樹木は3兆400億本で,うち43%の1兆3000億本が熱帯と亜熱帯に,24%の7500億本が亜寒帯,22%の6600億本が温帯にあった。21世紀に入り,毎年150億本が消えており,特に熱帯での減少が目立つという。開発による伐採が主な原因とみられる。”

森林は天然のダムとも言われています。雨量の多い熱帯において,降った雨が洪水状態で海に流れていくことになります。地球温暖化に拍車がかかる訳です。

 温帯においても無計画な開発が,砂漠化につながっています。北東アジアで困っている”黄砂”がいい例です。官僚化した組織,机上の空論,後を考えていません。

 苗木を植えても百年単位でしか育ちません。森林伐採は,計画的に行わなければいけません。日本の山々の植林を見ても分かります。まあ,かの国に求めても…。

◇遅いのでは?
”過密が目立つ福岡空港,国土交通省は来年3月にも航空法上の「混雑空港」に指定,発着回数を制限する。1時間当たりの発着回数に上限を設け,定期便の新規就航を国の許可制にする。
 「混雑空港」の指定は,羽田・成田・伊丹・関西の4空港に続き5カ所目。離着陸が増えるのを防ぐ,現在の運航ダイヤは上限を超えていても維持。
 福岡空港では近年,LCCの就航が相次ぎ,発着回数が急増。2013年度は16万7千回,処理可能な上限の14万5千回を上回った。遅れが常態化,午後10時までの運営時間を過ぎて発着する航空機が相次いでいる。混雑空港への指定は,来年3月27日の夏ダイヤ運用開始に合わせる見通し。同省は2本目の滑走路建設も進め,24年度の完成を目指す。”

 福岡空港の特色は,民間機・軍用機・ヘリなど,スピードのことなる航空機の混合アプローチ(デパーチャー)にあると思います。少なくともヘリを動かさねば…。

 実際ヘリを動かす計画があるそうですが,まずはこれを最優先に行うべきでしょう。また,平行滑走路を作っても同時離発着はできないと思います。

 ですから,自ずとその限界が見えてくると思います。やはり思い切って海上空港を建設すべきであったと悔やまれます。滑走路も名古屋空港とほぼ同じでは…。

◇そしてこれも未解決
”昨年7月アムステルダム発のMH17便(乗員乗客298人)がウクライナ東部で墜落,オランダ安全委員会(OVV)は,墜落現場でロシア製の地対空ミサイル:ブク(BUK)の一部とみられる破片を発見したと発表。
 国際捜査チームはブクの可能性がある破片の調査を行っている。国際捜査チームにはマレーシアやオランダ,ウクライナ,豪州,英国,米国,ロシアが参加。破片から事件に関与した人物につながる情報が得られる可能性があるとして,法医学や武器の専門家などの協力を得て捜査を行っていく方針。現時点では,破片と事件の関係性があるという証拠は得られていない。
 ドネツク近郊ではウクライナからの分離・独立を求める親ロシア派の武装集団が占拠を続け,治安が悪化。国連安全保障理事会は,国際法廷の設置に関して決議案を採決したが,ロシアが拒否したため否決された。”

 ”拒否権”,一見合理的な考え方のように思いますが,この発動によって世界の歴史が止まった?曲げられた?ことが度々あります。良かった試しがありません。

 300名近くの人命が失われたこの墜落事故,突然レーダーから消えた飛行機,地上に散らばった破片や遺物などから,打ち落とされた可能性が非常に高いのにね。

今日の1枚
Dsc_0536


2015年9月 5日 (土)

不思議な

○誠に不謹慎ながら昨日の叔母の葬儀の最中,お経を聞いている内に,頭の中が真っ白になりました。何か宙に浮いているような感じでした。

 何も感じられない,何も考えられない状態です。我に返った時,相変わらずお経は続いておりました。私にとっては,驚くべき体験でした。

 葬儀は無事済みましたが,帰宅し,しばらくあの時の感覚を思い出そうとしました。しかし,もうあのような状態には戻れませんでした。どうしても何かを考えてしまいます。

 こういったことは,本来他人には話すべきことではないと思いますが,余りの体験についつい書いてしまいました。因みに私は,(一応)曹洞宗に属しています。

 そして仕方なく”般若心経”をブツブツ唱えながら,リラックスした状態でいました。”葬式仏教”と非難しながらも,あの不思議な体験は,一体何だったのでしょうね。

◇やっと断定
”レユニオン島で7月に発見された航空機の残骸について,パリ検事局は,MH370便の一部であることを公式に確認。残骸は「フラペロン」と呼ばれる翼の一部で,7月29日に島で見付かった。
 マレーシア当局は,塗装の色や保守点検記録などが行方不明のマレーシア機のものと一致したと明らかにしていたが,パリ検事局は残骸がMH370便のものであることが「非常に強く推定される」としながらも,断定することは控えていた。
 「フラペロン」にあった三つの番号のうちの一つがMH370便のシリアルナンバーと一致することが技術者によって確認,公式に認めた。”

 島では他にも漂着物があったらしいが,ゴミとして処分したとも報道されています。これは非難ができませんが,今後新たな漂着物が見付かれば,遺留品の可能性もあります。

 残されたご遺族にとって,遺品一つ残されないことは,とっても残酷なことです。どうしてMH370便は,世にも不思議なことを起こしたのか,未だに解明されていません。

 その後起こったウクライナそしてフランスでの事故,これについてもその後のフォローがありません。つくづく航空機の事故の恐ろしさを感じます。

◇やはり4発機は
”ボーイングは,日本貨物航空がB747F4機の発注をキャンセルしたと発表。B747の今年の受注はこの結果,差し引きゼロ。ボーイングは中国経済の混乱の中で4基エンジンの航空機や貨物機の需要減少に対応し,B747の生産を1カ月当たり1機に減らす準備を進めている。B747-8の受注残は8月末までの段階で29機。貨物型の価格は3億7910万ドル,ボーイングの手掛ける航空機としてはB777-9に次いで2番目に高い。日本貨物航空は2012年7月以降,B747-8F:8機の引き渡しを受けた後なお2機を注文中。”

 旅客機もそうですが,貨物機は世界経済のバロメーターとも言われています。時間短縮を図る貨物,それだけ経済状態がいいと言うことです。

 貨物機の動きが鈍れば,それだけ世界経済の減速あるいは停滞の状態になってきたと言う訳です。島国の日本では,特にその傾向が顕著に表れます。

◇こちらは双発機
”エミレーツ航空(UAE/EK)にB777を3機受領。内訳はB777-300ERが2機とB777Fが1機。EKが受領したB777は,累計150機。EKは1992年6月,B777-200を2機発注。初号機を1996年6月に受領。3機目のB777-200は今年7月に退役。また,2014年10月には100機目となるB777-300ERを受領。受注残は46機!
 2014年7月にはB777Xを150機発注。内訳はB777-8Xが35機,B777-9Xが115機。初号機の引き渡しは2020年を予定。”

 エアバスへの発注ばかりかボーイングへの発注も桁違いな”中東御三家”です。LCCなんて考えられないフルサービス,それも大型機の大量導入です。

今日の1枚
Img1052


2015年9月 4日 (金)

遠い遠い記憶

○まだ保育園に上がる前の頃,おふくろさんから「そんなことをやっていると,えんま様に舌を抜かれるぞ」と叱られたものです。今そうやって言う人はいませんよね。

 時代と共に子どもの育て方も変わってきていました。下手をするならば,我が子を人様の子のように呼ぶ光景すら出会うこともあります。

 過去・現在・未来と時は流れている訳ですが,人間共通しているのは「死」です。叔母の葬儀が今日行われます。(通夜の時)叔母の生前の想い出を一人振り返っていました。

 考えて見れば,人間死んだらどこへ行くのだろう?世界で宗教が起こった一番の命題ではないでしょうか?余りに享楽的に生きてきた(いる)私達,考えないですよね。

 生きている間,様々な欲に惑わされ,追い続け,死後のことなんて考えないですよね。現実には,火葬され,わずかな骨となって残るだけです。誰でも同じです。

 「極楽浄土」と言われてきましたが,空調の完備した時代・飽食の時代・お金でほとんどのものが買える時代です。では,現代人は「極楽浄土」を求めていないのでしょうか?

 おふくろさんの言葉ですが,現代人の99%は地獄落ちでは?しかし知りたいものです,死後の世界を。平均寿命の3分の2が終わっているだけに。

○これも幼少の頃,「アンポ・ハンタイ」と言う言葉を意味も分からず,唱えていた私です。学齢が上がるにつれ,その意味を自分で調べてみようと思いました。

 結果,この条文のどこが問題なのか,分かりませんでした。解釈を読めば,解釈をした人の思想がにじみ出てきます。条文の意味を理解する難しさを感じました。

 あれから約半世紀,また国会で問題になっている安全保障の問題,自分なりに読んでみると…。そして憲法学者が”違憲”とする箇所も分かりませんでした。

 理解力に乏しいことを痛感すると共に,今何が問題となっているのか,本当に一人一人が自分の力で考えて見ることです。流されてはいけません。

 これは選挙前の世論調査でも同様です。質問者は,自分の思い描く結果を出す為に,巧妙に設問を考えます。短時間に表面的に流される傾向が強い世論調査です。

 思い描いた結果が出れば,マスコミは己の論調を大々的に活字に替え,あるいは電波にのせてきます。意図的操作的な行為です。気を付けなければなりません。

 自分なりに主体的に物事を考える。多忙な現役者に求めるのは酷かも知れませんが,社会を見つめる目は,そうやって身に付けていくものだと思います。

◇間に合わなかった
”スクート(SCO/TZ)は,台北経由のシンガポール-成田線にB787-9を就航。これにより,全路線の定期便用機材がB787に統一。
 B787-9は,スクートビズ(プレミアムエコノミー)35席,エコノミー340席の計375席。スクートビズは2-3-2配列総革張りシートを採用。エコノミークラスは3-3-3配列。機内インターネット接続やシート電源など,オプションのサービスも用意。
 スクートは2012年6月に運航開始。成田へは同年10月29日に就航。成田路線の平均ロードファクターは,85%。
 スクートはB787-8とB787-9を10機ずつ計20機発注。全路線をB787で運航する航空会社は,世界初。
 1機残ったB777は,臨時便など定期便以外に使用。B787は,400席近い座席数と燃費向上により,運航コストを抑える。”

 B777のレジが全部揃わなかった!悔しいですが,そうそう物事が上手くいくとは…。今度は,B787を揃える目標に転換です。

今日の1枚
Dsc_9426a


2015年9月 3日 (木)

寄る歳に勝てず

 昨日は,昼前からビックリするような青空が広がりました。帰宅途中,どこの家も洗濯物がずらりと干してありました。やはりお日様の力は,偉大なり。

 そして歯医者さんの”6ヶ月検診”(車のように12ヶ月は待っておられません!)です。思ったよりも歯石の量は少なく,一安心。が,奥歯が次第に浮いてきています。

 定年退職をすると,身体の方も随分ガタがきます。パイロットならば,まだまだ現役です。あの激務で60+7?8?歳までお勤め,考えられないことです。

 と言うか,その歳までの健康管理を考えると,恐ろしい世界です。パイロット不足が産んだものですが,パイロットの方々の健康管理には頭が下がります。

○恥ずかしい男
 もう2ヶ月近くも揉めてきた”東京オリンピック・エンブレム”ですが,どうやら収束に向かっているようです。それにしても佐野研二郎と言う男,情けないですね。

 狭くデザインの世界と限定しても,創意が求められる世界です。「似ている似ていない」と騒がれるだけでも,恥ずかしいことです。他にも類似したことが続出するようでは…。

 協賛企業にとっても莫大なお金をJOCに納め,使い始めた矢先のことです。新たなものが出てくるにしても,出したお金が戻ってくる訳でなし。またやり直しです。

 被害者続出のドタバタ劇,JOCは国立競技場のデザイン再募集に次ぐ大失敗。動くお金が大きいだけに,どんぶり勘定もほどほどにして欲しいものです。

 近代オリンピックは,金のなる木です。IOCに入っていくお金も半端な額ではないそうです。一例が,放映権です。日本の各放送会社が一致団結しないととれない額だそうです。

 オリンピック・サッカーWC・F1を放映しようとすれば,莫大な放映権を要求され,結局お金持ちの国のお金持ちの放送局が牛耳ることになります。

 これがよく分かるのは,そういった放送局が放映(生放送)しやすい時間に試合や種目が組まれることからも分かります。放送局やスポンサーが必死になる訳です。

 かつて柔道着は,全て白色でした。が,今では…。テレビ映りの良い,そして分かりやすい青色が選ばれました。これも結局放送局の圧力?だと思います。

 話戻って,佐野研二郎に対する訴訟を起こしても良いようなものです。難しい争いとなると思います,このままでは日本の恥です。それともデザイン界から抹殺か。

 国立競技場のドタバタだけならば書きませんでしたが,ここまでくると怒りすら感じます。はっきりしない回答と被害者意識まで言い出す始末,困った男です。

◇不安定なインドの空ですが
”インドのLCCインディゴは,エアバスと250機の機材購入契約を締結。発注金額は推定260億ドル(約3兆1413億円)。エアバスにとって受注機数では過去最大となる大型契約。
 インディゴは昨年10月,A320neoを250機発注,正式に発注。インディゴは2005年にA320を100機発注,11年にはインドで初めてA320neoを発注,A320ファミリーの発注数は530機。
 燃費効率の高いA320neoの増強に伴い,引き続き低価格で良質なサービスを多くの乗客に提供,の長期的な成長を裏付ける。
 インド民間航空局によると,7月の国内線旅客数は前年同月比29.3%増の674万5000人で,うちインディゴはシェア35.8%で首位。ジェットエアウェイズが19.8%,国営エア・インディアが16.2%と続く。インドはエアバスが向こう20年で世界の航空市場でトップ3に入ると予測,成長が見込まれる。”

 
 中国そしてインド,言わずと知れた世界第1・2位を争う人口。経済の発展と共に国民の懐も潤い,お空の世界も豊かになってきました。

 ただ中国もそうですが,混雑する空港・管制圏など問題をたくさん抱えてきているのも事実です。ディレイが当たり前では,恥ずかしいことです。

 少子高齢社会の日本では考えられない急成長,人口も約10倍です。国土も広く,航空産業の成長が一番望める市場です。ここではエアバスが一歩も二歩もリードか?

◇予算獲得に向けて
”国土交通省は,2016年度概算要求で,首都圏空港の機能強化に向けて羽田空港の飛行経路などを見直し,2020年までに羽田・成田空港の年間合計発着枠を約8万回拡大。
 羽田空港の飛行経路の見直しに必要となる航空保安施設,誘導路などの施設整備について調査・設計を実施。駐機場・誘導路の整備,国際線・国内線地区を結ぶトンネルの整備,空港アクセス道路改良,C滑走路の耐震対策,航空保安施設の更新・改良を実施。
 首都圏空港,国際競争力を強化し経済成長を促進するために必要な施設整備を重点的に実施。特に,2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の円滑な開催,その先を見据え,首都圏の国際競争力の強化,増加する訪日外国人旅行者の受け入れ体制を拡充。
 訪日外国人旅行者が急激に増加している状況を踏まえ,訪日外客数「2000万人時代」に備えるため,那覇空港と福岡空港の滑走路を増設。空港ゲートウェイ機能強化,航空ネットワークの基盤強化や地方航空ネットワークの安定的な確保を図る。”

今日の1枚
Dsc_0797a


2015年9月 2日 (水)

希望者はいないはずだが

◇老後破産
”《例》「貯金は2700万円あるし,年金と合わせて老後は余裕で乗り切れるのでは?」と首都圏で持ち家に住むAさん夫婦。63歳の夫は60歳の時に定年退職,現在月13万円の部分年金を受給中。60歳の妻はパートで月9万円の収入,世帯の1か月の収入は約22万円。一方,月の支出は食費,光熱費,交際費などで約25万円。赤字は約3万円,年間約36万円。夫が年金を満額受給すれば妻がパートを辞めても収入は変わらない予定。

⇒「どの家庭にも,月々の収支とは別に,持ち家の固定資産税や修繕費,レジャー費などの『特別支出』がある。Aさん宅はそれが年間50万円前後。年間の総赤字額は約86万円」。
夫より長く生きると予想される『妻の平均余命』をかける。Aさんの妻の平均余命は29年,86万円×29年で2494万円。2700万円から引いた残りは200万円余り,医療・介護費用の300万円を除けばマイナス。老後破産とは,平均余命を迎える前に,貯蓄が底を突く状態。Aさんは立派な『老後破産予備軍』。

 老後破産を巡り,『生活保護』『独居高齢者』などイメージし,自分には無関係と思っている?しかし,放っておけば70歳代,80歳代に生活費が足りなくなると思われる世帯は少なくない。それが『老後破産予備軍』。老後破産の可能性,『貯蓄の減るペース』が速い家庭が増えている。3000万円や5000万円などと言われる老後資金額は,年金暮らし世帯の平均的な赤字額に平均寿命を掛けるなどした概算に過ぎない。個々の生活実態に合わせて計算した金額ではない。老後の赤字(収入-支出)額をきちんと計算する。老後資金の必要額を求めるには,年間の赤字額の算出が欠かせない。
 年間の赤字額は,月々の赤字額の12か月分ではない。生活費の赤字額の1年分に,『特別支出』を足した金額が『正しい年間の赤字額』。貯蓄の減り方が速い家庭は,特別支出が多い傾向にある。特別支出は,固定資産税や自動車税・レジャー費・車検代・家の修繕費・家電の買い替え費用など,毎月ではないが,1年のどこかで支払う支出を指す。年間の特別支出額は,家と車があれば40万~60万円かかるのが一般的。年を取るほどに冠婚葬祭費がかさみ,特別支出が押し上げられる。年間80万円以上の赤字が出れば,老後資金が3000万円あっても,80代に入った頃には数百万円に減ってしまう?教育資金贈与や住宅資金贈与,結婚・子育て資金贈与など,各種の贈与制度を利用する人も増えている。リタイア直後は貯蓄額がピークになっているため,「少しくらいあげても大丈夫」だと考え,孫かわいさに援助する人も少なくない。
 老後破産を防ぐためには,平均値を探し求める行為ではなく,老後生活における自分の家庭の年間の赤字額を計算し,貯蓄の減り方のペースをある程度つかむこと。老後破産を迎えやすい人の特徴として,『一般論』を探し求める傾向が強い。
 なお,年間80万~100万円の赤字が出れば,3000万円でも老後破産を迎えてしまう可能性がある一方で,貯蓄の減るペースが年に10万円から20万円くらい緩やかであれば,老後資金は1000万円以下でも老後破産にいたらずにすむ可能性も高い。計算してみて老後破産の可能性が見付かったなら,少しでも長く働ける道を
探したり,ダウンサイジングの住み替えをしたりして,老後の生活費や年間の赤字額を圧縮することを考えたい。”

 この記事を読んで,「現役生活の後遺症からいかに速く抜け出すか」にポイントがあると思います。入るものより出て行くものが問題であり,その一因がここにあるのでは?

 余暇の時間がたくさんあっても,その活用において,出費がかさむようなものは要注意と言うことです。するにしても厳選・一点集中とすることですね。

 そういった意味からも,私自身の趣味の厳選は,避けられないものです。やりたいこと・見たいことなど,欲望には限りがありません。厳選することです。

 誰だって老後破産はしたくないもの,しかし現実には数限りない例が存在すること。それは,欲望の抑制が効いていないことから来ることが多いようです。

 ◎きちんと計算 老後の赤字   ◎ボーナスないのに 「特別支出」  ◎一般論より 我が家の家計   ◎子どもが親の面倒を見る時代でもありません。

 現役生活からおさらば,リタイア生活に慣れ親しんで,老後を楽しみたいものです。貯蓄の少ない私には,切実な問題です。「人は人,自分は自分」です。

◇あれあれ
”石油輸出国機構(OPEC)が将来の減産の可能性を示唆,米国が生産の推計を引き下げたことから,原油価格は6年ぶりの安値を付けてから1週間たたないうちに強気相場入りした。
ニューヨーク市場の原油相場は8月31日に8.8%上昇し,3営業日の上昇率はここ25年で最大を記録。
米エネルギー情報局(EIA)は原油生産の算定方法を変更。州当局のデータとコンピューターモデルに頼るのではなく,主要各州の生産者を対象とした調査を利用する手法を採用。
 OPECによれば,OPECは「適正かつ妥当な価格」達成に向け原油輸出国と協議する用意がある。OPECは非加盟国が減産に応じない限り,減産による価格押し上げは実施しない方針。
 原油の供給過剰は解消されるのだろうか。
→米経済コンサルタント会社は,米国による修正が実施された後,来年初めにも世界市場の需給は再び均衡する可能性があると予想。
→米シティグループの世界商品調査責任者は,強材料があるものの資産運用会社による弱気のポジションが過去10年平均の3倍近い水準に達しているから,上昇は短期的なものである可能性がある。
→EIAの新データを完全に信頼するのは時期尚早,OPEC非加盟国がOPECと共に減産に踏み切ると考える理由はないと説明。
→一部のアナリストは,サウジアラビアが鍵を握っている。昨年半ば以降,原油価格が50%余り下落したにもかかわらず,サウジが中心となりOPECは市場シェア確保に向け生産水準を維持した。”

今日の1枚
Img716a


2015年9月 1日 (火)

変わる?変わらない?

○SONYらしい?
”SONYは時計のベルトにセンサーや通信機能を内蔵したwena(ウェナ)を開発。アナログ腕時計のデザインと,電子マネーや消費カロリーの計測などのデジタル機能を両立。新たなスマートウオッチの形態として提案。一定の申し込みが集まった段階で商品化,来年3月にも発送する見通し。価格は時計とベルトのセットで3万4800円から。
ベルトにソニーの技術をいかし加速度センサーやバッテリー,Bluetooth,フェリカなどを内蔵。時計本体はシチズン時計から調達。
 ウェナはiOSに対応,Bluetoothでi-Phoneとつないで使う。機能を通知・電子マネー・活動記録に絞り込んだ。メールや着信,交流サイトの通知を受けたり,消費カロリーや歩数を記録できる。電子マネーにも対応し手首をかざすだけで電子決済できる。機能が進化してもベルト交換だけで,使い続けられる。
 アップルなどのスマートウオッチと比べ日常生活に便利な機能に限定した。他の時計ブランドに協力を募り,時計の種類も増やす。女性向けにベルト幅が14mmと細いタイプも将来は用意する。”

96958a9e93819688e1e29ae3958de1e2e2e

 新しいSONYのやり方,従来ならば全て自社で作らないと気が済まない?時計部分は,シチズンから調達…これだけでも驚きですよね。価格も安い。

 幅広い品揃えを考えるならば,シチズン以外の時計とも手を組むという柔軟性。これも驚きです。当然女性版も視野に入れていることが素晴らしい。

 機能の絞り込み,オーバー・デコレーションからの脱皮。値段や大きさを考えると機能を絞り込んだ方が得策?使用頻度を考えるとこれで十分?

 機能の進化=ベルト部の交換と言う発想,これがあるから時計メーカーの協力が得られたと思います。ここでも「もったいない」の発想があります。

 新しいSONY,これが消費者に受け入れられるか,これは注目に値すると思います。腕時計をしなくなった若者が,この商品をどう思うか,楽しみです。
  
◇やはり遅れている?
”三菱航空機は,MRJについて,10月後半に初飛行を行うと発表。名古屋空港で約1時間,初号機による初飛行を行う予定。実施日は前日に公表。
 MRJは,これまで国内,アジア,北米の航空会社から計407機の受注。4-6月に行う予定だった初試験飛行は,一部の設計変更などを理由に延期。17年4-6月にANAに引き渡すスケジュールは守る方針。
 6月には地上での走行試験を始めた。現在開発しているのは約90席クラス,その後は70席クラスの開発・製造も行う。
 三菱重の中期経営計画の資料によると,70席から90席のジェット旅客機の市場規模は今後20年間で3500機と見込む。そのうち90席のクラスでは,MRJはのエンブラエルの次世代機との競合になるとみている一方,70席クラスでは次世代機での競合はなく,ぼほ1社で独占状態が可能だと予想。”

 「産みの苦しみ」という甘えた言葉は,もはや通用しないと思います。そろそろキャンセルが出てきてもおかしくない開発の遅れです。

 先日久し振りに名古屋空港に行きましたが,三菱のエプロンに出てくるだけの状態が,3ヶ月以上続いています。タキシングすらできない状況です。

 このクラスには,ERJやCRJといった小型機のガリバーが市場を独占しております。上手くいくことばかり夢見ているようで,現実の開発遅れについての詳細な説明はなし。

 これで10月後半と公表したのですから,やっとやっと楽しみが…。その前にタキシングやRWエンドまでの動作確認の時にでも撮りたいものです。

◇また新記録が
”スカイトラックスが世界の航空会社600社を対象に実施した調査によるもので,高麗航空がその中で唯一1つ星をつけられたキャリア。2012年以降4年連続となる1つ星評価。
 飛行機の古さ,搭乗の利便性,機内サービス,機内食といった点から各航空会社を評価。高麗航空については「1つ星のキャリアは各方面において評価基準の範囲に到達していない」とするだけで,詳細な評価内容については明らかにしていない。
 一方,5つ星を獲得したのはアシアナ航空,海南航空,全日空,キャセイパシフィック航空など。
 なお,高麗航空はEU域内において現在運航が厳しく制限。2010年にロシアからTU-204飛行機を購入するまで,運航禁止キャリアに指定。現在,ウラジオストック・バンコクなどの路線に就航。”

 そうだろうなあ。名古屋空港は,寛容な国の空港だったもの。Tu-154,Il-76も我慢して受け入れていたもの。世界は厳しいね。将軍様に早速報告を!

今日の1枚
Nu8933


 

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »