2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日のお天気は?

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

とりとめのない

○今年も 
 奈良国立博物館,第67回正倉院展を10月24日から11月9日まで開催すると発表。まだ盛夏というのに秋の展覧会のお知らせです。しかし,毎年恒例の奈良詣です。

 そして主立った出品物を見ると…。またしても…。正倉院の御物の中でも,好きなものがいくつかあります。その中の一つが,漆胡瓶です。これがなかなか出て来ない。

 最後に見たのは…。曖昧な記憶ですが,十年は経っています。毎年「もうそろそろ」と思っているのですが,なかなか出て来ない。また一年待たねばなりません。

 勿論人気のある"楽器”は出てきます。今回も紫檀木画槽琵琶が出品予定です。表の絵(と言っても,埋め込みですが,精緻なものです。)と裏の文様を記憶しています。

○夏ばてを防ぐ?
”特におすすめメニューは,野菜のたっぷり入った鍋。ビタミン類が豊富,肉や魚などの動物性たんぱくは体温が上がり汗をかきやすくなる。風呂あがりのビールは要注意,風呂で汗をかいた体に利尿作用のあるビールは脱水状態に拍車をかけかねない。
 夏バテには「昔ながらの夏バテ」と「現代の夏バテ」がある。“昔ながら”は暑さによる体力の低下や食欲不振。“現代の”はいわゆる冷房病。予防策は十分な睡眠とバランスの良い食事。
 エビ・ナス・チョコレートがいい。「タンパク質に含まれるグリシリンというアミノ酸は質の高い,深い睡眠に効果があるとされています。エビなどの海産物に多く含まれているGABAというアミノ酸には,不安感を抑えて精神を安定させる。発芽玄米やナスなどに多く含まれています。冷房病で冷えた体に効くのはカレーとタンドリーチキン。スパイスに含まれる唐辛子のカプサイシンはエネルギー代謝を促進するので汗をかきやすくなります。水分を摂りながら,週に一回程度カレーを食べることは冷房病の予防に繋がる。”

要は食が細っているからと言って,冷たい食事ばかりに偏ってはいけないと言うことかな。旬のものを上手に使っていただく食事が一番身体に良い!

 私も冷房は使いますが,そんなに冷やしていなくても身体が冷えるようになりました。暑いお茶,そして汗が出ますが日光浴を心がけています。

 間違っても「○○は何に良い」にはのらないことです。勿論意志強固で続けられる方は,問題ありません。が,私のような意志薄弱人間はダメです。

 連日暑い日が続いていますが,旬の魚・野菜を摂っています。安くて旨くて,まあ言うことなしですね。朝食の野菜サラダは,本当に美味しいです(自画自賛)。

○ひょっとしたら
”昨年3月に消息を絶ったクアラルンプール発北京行きのマレーシア航空機の可能性がある翼の残骸がインド洋のフランス領レユニオン島で見付かったと報じた。島の住民から送られてきた多数の写真に目を通し,不明機と同じB777の翼の一部と推定。残骸を検証した地元警察は,1年間ほど水中にあったように見えると説明。残骸は海岸に漂着し,長さ約2m。フラップと見られている。想定されている墜落区域からかなり離れているが,海流で運ばれ得るとの見解。見付かった残骸には番号が付けられているとされ,識別は容易とみられる。
 マレーシア機には乗客乗員239人が乗っていた。各国当局は衛星記録などの分析から,同機が南シナ海上で針路を変更,逆方向のインド洋に向けて飛行を数時間続け,墜落したと推定。マレーシアのリオウ運輸相は,確認のため現地に調査チームを派遣した。”

 地図でレユニオン島を探しましたが,マダガスカル島の直ぐ東です。随分離れています。果たしてこれがマレーシア機のものか?疑問ですが…。

83対326
 何の数字でしょう。正解は,4~6月期の青組対赤組の純利益です。単位は億円ですよ。売っても売っても利益率が低い青組の姿です。

青組:売上高は4138億8000万円,営業利益167億4500万円,経常利益159億4300万円。売上高と経常利益は,4-6月期として過去最高を記録した。

赤組:売上高は3120億円,営業利益は362億円,経常利益362億円。こちらも4-6月期として過去最高を記録した。総資産も少しずつ増えてきています。

 赤組,何と青組の4倍近い純利益をはじき出しています。営業利益でも2倍近い数字です。羽田のスロットをたくさんもらったのにも関わらず,この数字です。

 税の優遇はあるにせよ,いかに赤組が"臥薪嘗胆”の姿勢か,17年度以降の飛躍の為にひたすら利益を追求する姿です。青組が一番恐れている姿です。

今日の1枚
Dsc_8183v


2015年7月30日 (木)

Microsoft

 大量生産と大量消費が景気のサイクルを作っていた時代,次第にそのサイクルから脱してきました。「新しいこと(もの)は,良いこと(もの)だ。」に疑問を持ち始めたのです。

 石仏を探索して山村・漁村・農村を回っていると,びっくりするような光景に出会うことがあります。自分の幼少の頃の光景が,目の前にある!感動します。

 いつぞや批判した”絆”同様,”日本の原形”という言葉もコンクリートの塊の中で考えられた言葉です。そういった地域から職を求め,上京した人間達が…。

 昨日から無料アップデートが始まった"Windoes 10"も似ています。売るために数年毎に新しいOSを発売してきたMicrosoftですが,時代に取り残されてきました。

 MicrosoftのOSの更新は,(早いと言われる)日本の新車販売以上に早かった!全く”消費が美徳”のアメリカ人の発想です。常に前OSを批判して販売してきました。

 XPのサポート期限を過ぎても使っていることが,ニュースになるくらいでしたね。使い勝手の良いXPですら,まるでゴミのように扱っている会社です。

 確かにパーソナル・コンピューターのOSでは,圧倒的なシェアを誇っているMicrosoftですが,時代は移っています。スマホ・タブレットのOSとなると,15%を切る状態です。

 そしてスマホ・タブレットに主流が移る中,やっと大量消費の方針を引っ込めざろう得ない状態に追い込まれたMicrosoftです。無料アップグレード,初めての試みです。

 これだけ売り上げが落ち込むと,スマホ・タブレットでも同じように動くOSを提供する。そして一人でも多くの人に新しいOSを受け入れてもらいたい=無料アップグレードです。

 しかし,アップル・アンドロイドの中にWindowsが,どれだけ切り込んでいけるか?はなはだ疑問符が付きます。通信機器をいかに取り込めるか,ここでしょうね。

 アンドロイドでも使用できるアプリでアップルに大差をつけられています。通信機器とは別に”遊べる”要素が大きく閉めている世界です。これについていけるか?

 Windows 10 では,アップルやアンドロイドのアプリも動くようになると言います。まさに「なりふり構わず販売した。」感じがします。 

 もう一つは,無料アップグレードをすることで,今まで使っているパーソナル・コンピューターが使えることです。そう従来ならば,新製品ラッシュでした。

 "Windows 10"の入ったパーソナル・コンピューターの発売は,冬モデルになって出てくると思います。大型家電店も静かなものです。大量消費の時代ではありません。

 因みにWindows 10へのアップグレードは,約2時間を要するそうです。8から8.1の時は,約1時間でした。これでは時間に余裕がないと,アップグレードは難しい。

○これも暑さのせい?
”チャンギ国際空港で今月12日,羽田空港行きのJL38便(B767)が誘導路を滑走路と誤認し,数秒間離陸滑走した。誘導路は滑走路と並行しており,誤認?。機長は事態を会社に報告しておらず,日航は22日,シンガポール航空当局の通報で把握した。周辺に飛行機はなかったが,重大事故につながる可能性もあった。
 JL38便には機長や男性副操縦士ら乗員10人,乗客198人が搭乗。JL38便は現地時間午前1時50分に出発する予定が,約30分遅れで駐機場を離れ,東側滑走路に向かった。その際,手前の誘導路を滑走路と誤認。誘導路の北から南へ向け,離陸態勢に入った。
 機長らは出力最大で離陸滑走し始めたが,数秒後に滑走路ではないことに気付き,ブレーキをかけ停止。管制からも注意を受けた。JL38便は管制に誘導されて滑走路に戻った。”

 これではB767乗務部幹部も頭が痛いですね。いかに危機管理意識を徹底させるのか,ここは頭をフル回転させ,いい案を出して欲しいものです。

 素人考えでは,なぜコックピットには複数の操縦士を置いているのか,そこが原点だと思います。厳しい訓練を受けてきた操縦士,同時に二人が同じ判断をするとは考え辛い。

 台北花園空港のSQのRW間違いでも同じようなことを書きました。復唱が形式ではなく,二人で常にチェックする意識の徹底でしょうね。目で指で確認することですね。

今日の1枚
Dsc_3963


2015年7月29日 (水)

暑い中

 夏のスポーツと言えば,やはり"高校野球”でしょう。いろいろ課題をもっていますが,それでもプロ野球と較べれば,ベターだと思っています。

 夏の高校野球の中でも面白いのが,1日4試合ある"第1回戦”です。何せ動きが初々しい,そこが高校野球の魅力の一つです。強豪チームの試合は…。

 甲子園を目標に野球留学が問題となっていますが,別にいいのではないでしょうか。それでも公立高校が甲子園に出てきます。金だけでは,勝てないですよね。

 とても全部をテレビ観戦はできませんが,とにかく私の高校野球の変わった考え,皆さんはどう思われますか?とにかく高校野球=ドラマですね。楽しみです。

 その高校野球の前に,ビッグエッグでは”都市対抗野球”が行われています。知っているチームがあり,毎日密かに応援していたのですが,惜しくも…。

 テレビ観戦で思い出しましたが,26日”古典芸能への招待”で2時間"狂言”をやっていました。疲れていたので少ししか見ていません。後日録画で。

 月末の日曜日,"能や狂言”だとワクワクします。○駅前の薪能も抽選漏れしてガッカリしていただけに,この番組は嬉しかった。中堅どころのものでもあり,良かった。

 そして少しずつですが,上州の双体道祖神の資料を読みあさっています。”日本の古本屋”サイトでも,安価なものを二つ見付けました。昨日無事到着しました。

 今まで蓄積してきた資料,なかでも"EXCEL"に入っているものは,屋外でもチェックできるようになりました。ますます上州の双体道祖神にのめり込んでいる私です。

 ”県別マップル+EXCEL=最高の探索の武器!” ナヴィは?ダメです。ほとんど使い物にはなりません。私にとってナヴィは,飾りでしょうかねえ。高い買い物!

○良い試みですね
”ANAは28日、羽田空港で子ども達が航空機の仕事の現場を見学,職員にインタビューする「ANA SNS サマープログラム」を開催。抽選で選ばれた6〜10歳の子ども達4人が,パイロットの仕事場を訪れた。
 同プログラムは,子ども向けに夏の思い出作りをしようと今年初めて企画,パイロットだけでなく客室乗務員や整備士に質問するコースも設定。同社のフェイスブックページなどを通じて,直接の参加者以外からも質問を受け付けた。
 参加した子ども達は機長の制服を着用,B787を操縦する久保慎治機長の案内で,気象情報を確認する端末などが置かれた,飛行計画を立案するフロアを見学。「ふだんパイロットは乗客と接する機会がないので,直接話ができて良かった」と久保機長。フェイスブックに寄せられた質問にも,熱心に回答を書き込んでいた。”

 子ども達に仕事を知ってもらうこと,これは日本の企業に欠けていることの一つではないでしょうか?父親の働く姿を見ること,知ることは大切なことだと思います。

 学校ではキャリア教育と言うそうですが,やはり自分の父親(あるいは母親)の働く姿,普段家で見ている姿とは,大きく違っていると思います。

 家庭内でも子が親を知る,どうも親が子どもを知ることに偏っていて,是非他の企業でも取り組んでみて欲しいものです。きっと親子関係が変わってくると思います。

○また頭を絞ったドイツ人
”LHは,エコノミークラスに3段階の運賃タイプ(ライト・クラシック・フレックス)を導入すると発表。適用されるのはドイツ国内線と欧州域内路線。
 3タイプ共通のサービスは,スナックと飲み物・マイルの獲得・機内持ち込み手荷物1個(8kgまで)。クラシック運賃は受託手荷物1個(23kgまで)と事前座席指定の無料サービスを含む。より上級のフレックス運賃はマイルの5割増し獲得,予約変更の無料サービスを含む上,払い戻しも有料(120ユーロ)で可。
 ヤンズ・ビショフCCOは「実際に利用するサービスの分だけ運賃を支払いたいというのが,多くの旅客の願いだ」と述べている。新しい運賃タイプの予約受け付けは7月28日から(搭乗期間は10月1日以降)。”

 ガリバーとて知恵を絞り,LCCに顧客が流出するのを防ぎたい一心です。仮に私が使うとしてもライトかな?定時運行してくれれば,それが最大のサービスと思っています。

今日の1枚
Dsc_0768


2015年7月28日 (火)

日本のマスコミ

 もう忘れ去られたか”新幹線内の焼身自殺”,いつもながら熱しやすく冷めやすいマスコミ,フォローが全くありません。己の姿勢を律して欲しいものです。

 調布空港の軽飛行機の墜落事故も同じように,同機の過去のトラブルを根掘り葉掘り取り上げ,評論家の言葉をとってくるだけの記事ばかりです。

 こんな態度では,普天間基地移設と同じですね。騒ぐだけ騒いでおいて,フォローはなし,どこの新聞・テレビ局が普天間基地の問題を掘り下げているのでしょう。ゼロ!

 新聞の発行部数や視聴率目当てのポリシーのない記事やニュースばかりです。また最近では,世論調査を実施し,その結果をくどくど述べているばかりです。

 特にひどいのが,社説です。理想論が常に先走り,現実論あるいは(実現可能な)対案すら書いていない。記事やニュース同様,書いただけです。

 これではテレビを視聴しない人や新聞を購読しない人を自らが作っているようなものです。それが分からない巨大組織なんでしょうかねえ。

 新幹線の焼身自殺は,巻き添えを食った人,本当にお気の毒でした。海の向こうでは,飛行機の中で発火物を所持していたことが,伝わってきました。

 この国のモラルの低さは,世界各国から批判の的です。しかし,こういった民族に限ってお金を持っている。ですから一過性の出来事と見て見ぬふり???

 良いこともあります。MERSで一躍有名になった某国ですが,どうやら終息宣言が出そうです。政治も経済もくたびれている国です。巻き返しを願っています。

 売らんが為のマスコミの姿勢,ペンや電波の悪用が目立つ日本のマスコミの姿勢,素直に聞いたり読んだりするのは危険です。フィルターを通したものと疑ってみることです。

○素晴らしい!
”ボーイングは,日本の機体主要パートナーとB777Xの開発・製造に関する正式契約に調印。B777Xの主要構造部位の約21%を日本の航空機メーカーが製造分担。分担部位は,胴体・中央翼・圧力隔壁・主脚格納部結合・客室扉・貨物室扉・主脚扉・翼胴フェアリングなど。契約を結んだのは三菱重工業・川崎重工業・富士重工業・新明和工業・日本飛行機の5社。
 ボーイングはこれまで,日本の航空機メーカーと,次世代737・737MAX・747・757・767・777・787の開発,製造を通じ,,50年近い協力関係を続けてきた。契約した各社は今後,工場の新設を含む拡張,ロボットや設備導入による自動化推進などに投資,高品質の製品を納期通りに提供する。ボーイングは,2014年に50億ドル(約6100億円)におよぶ製品・サービスを日本から調達。ボーイングによる日本からの調達規模は,今回の契約締結により今後5年間で約360億ドル(約4兆4000億円)に達する。B777Xは,現行777ファミリーをベースとして製造。B777Xは現在,6社から306機の確定受注を得ており,2017年に生産を開始,2020年の初号納入を目指している。”

 実績と信頼,ボーイングが求める厳しい条件にパスし,物作りに励んできたことが,このような成果になって現れてきたと思います。

 特にB787の開発では,ドリームリフターと呼ばれる輸送機まで作りました。太平洋を股にかけた日米の技術の輪が,確実に成長してきているのでしょう。素晴らしい!

○これも着々と
”三菱航空機は,疲労強度試験機の後部胴体後部が最終組立ラインに搬入,飛行試験機5機を含む7機の製作のうち,試験機の最後の機体が最終組立工程に入った。
 MRJは,9月から10月の初飛行後は2016年第2四半期まで日本で試験飛行を行う予定。2号機は2015年第4四半期に初飛行,3号機と4号機は2016年第1四半期に初飛行,ANA塗装を施した5号機は2016年第2四半期に初飛行を行う計画。
 機体構造強度を検証する強度試験機では,すでに2014年に静強度試験で全機静強度試験機の主翼上曲げ試験を実施。今回の最終組立ラインに搬入されたのは疲労強度試験機で,予想される離着陸など,繰り返しかかる力を負荷し,耐久性の確認,保証を行う実験のための機体。MRJでは,疲労強度試験として8万回の飛行回数を想定し,実施する計画。1日8回の飛行を行うと想定,1万日分,年数にして27年以上の運用年数に相当。”

今日の1枚
P1010005ばあちゃんの桃


2015年7月27日 (月)

暑いよ

 これが夏!連日猛暑日の連続です。午前中から室温は,30度を超しています。これだけ暑くては,冷房なしでは済まされません。が,直ぐに骨まで冷えてきます。

 職場でもそうですが,長袖のシャツ(上着)を着ていないと,途端に身体がだるくなります。そう人工的な冷やし方にも弱い私です。たまに換気をします。

 が,窓を開けても無風です。湿度も高い,この地方独特の蒸し暑さです。そして夜は寝苦しいから困ったものです。昨夜は,何と3時頃目が覚めてしまいました。

 そして二度寝をしたら,8時ちょっと前です。身体のリズムがおかしくなります。自分勝手なものです。ひたすら雨乞いをしています。

 と言うのも,3月末に植えたドウダンツツジ,まだ根がしっかりと伸びていないのでしょう,暑さでやられました。慌てて日よけを作り,毎日水遣りです。

○面白いPA,SAランキング
(東日本)1:海ほたるパーキングエリア 2:諏訪湖SA 3:浜名湖SA 4:富士川SA 5:由比PA 6:有珠山SA 7:足柄SA 8:姥捨SA
(西日本)1:淡路SA 2:めかじPA 3:与島PA 4:来島海峡SA 5:大津SA 6:宮島SA 7:由布岳PA 8:蒜山高原SA

 こうやって見ると,私,「西日本を走っていないなあ」と思います。5&8だけです。それでも蒜山高原SAの蕎麦の味は,よく覚えています。あれは美味しかった。

 対して東日本,新東名高速のSAやPAが,一つも入っていない。駿河湾沼津SAなんて,夜景が美しいと思うんですが…。ここ24時間混んでいます。なかなか入れません。

 私はありがたいと思うんですが,高速道路のSAやPAにコンビニが増えてきたことです。最も(私の通った道では)セブンイレブンはありません。ファミマも少ない!

 ついでに
”国土交通省は高速道路のSAへの一般道路からの出入りを可能にし,地域振興に生かす取り組みを後押しする。自治体からモデル地区を募り,一般道路とSAをつなぐ通路や関連設備の費用を助成する。SAを地元に開放して物産展などで域外からの集客を増やしたり,地元住民を飲食店に呼び込んだりすることで,近隣経済の活性化につながると期待。
 助成するのはSAと一般道をつなぐ通路,SAを使う地元住民向けの駐車場の整備費。SAの敷地内とその外側は門で隔て,車の行き来は制限する仕組みを想定。
 全国にSAやPAが約860カ所ある(上下線が別施設なら2カ所と計算)。このうち一般道路との行き来が可能な施設は2割程度。だがSAには名産品などで知られる地域も少なくない。商業施設などが少ない地域では,SAを地域振興の拠点に使うことも可能。
 全国のSA・PAの売上高は,10年前の高速道路民営化直後の2006年度に4000億円程度が,14年度には約4900億円まで拡大。コンビニ,フードコートや宿泊施設の整備が進んだのが一因。”

 SA・PAのコンビニの参入もなにやらきな臭い匂いがします。今度は,地元の人達が関わっていることなので,この動きが広まることが嬉しいです。地域活性の一助?

○また小型機が
”26日午前11時ごろ,富士見町1丁目の民家に小型飛行機が墜落,住宅5棟が焼けた。住宅にいた女性1人,小型飛行機に乗っていた2人の計3人が死亡。ほかに住宅にいた女性2人が軽傷,飛行機の3人もけがをした。
 小型飛行機はパイパー社のプロペラ機で定員6人。男性5人が乗っていて,死亡した2人は前の座席,けがをした3人は後ろの座席に乗っていた。調布飛行場を午前10時58分に離陸,大島に向かう予定。現場は飛行場から南に500m離れた住宅街。午前11時ごろ,「民
家に小型飛行機が墜落した」と110番通報。調布飛行場は,管制官も運航情報官もおらず,都職員が常駐。”

 今度はオーバーランではありません。墜落です。パイロットを信じていますが,一体何が原因なのか,再発防止はできるのか,お気の毒な事件です。

 離陸して約2分間の間,やはり"魔の時間”です。住宅地密集地域の空港です。普天間基地と同じような状況です。安全第一に運航をしていただきたいものです。

○過去にもありましたが
 http://www.ana-ri.co.jp/business/report_plane_top.html
 余りに小さいシールで,余程近くに行かないと判別できません。無料?ならば,この程度なんでしょうか。地域貢献を謳うならば,もう少し大きくても…。

今日の1枚
Img486a


2015年7月26日 (日)

不況知らず

 突然で恐縮ですが,大小二つのヤカンを磨きました。鉄瓶を使うようになって,台所の片隅に追いやられた可哀想なヤカン,油汚れも含まれているのか,随分哀れな姿です。

 猛暑日の午後にも関わらず気になったらやる気性です。まずは油汚れ,いつもの洗剤を使って擦りました。汚れも侮れません。なかなかしつこくこびり付いています。

 窓から時折入ってくる生暖かい風,次第に汗が出てきました。が,ここで止める訳にはいきません。今度はクリーナーを使って,さらに美しく仕上げていきます。

 やっと小さい方を擦り終え,水を流し洗剤を落としてみると…。使い込まれた跡が残り,だいぶ風格が出てきました。まだまだ修行が足りません。大は明日にします。暑い!

○これで極楽浄土へ?
 今年も1通の葉書が来ました。内容は”施食法要”のお知らせです。約20名ほどの合同法要です。じっと聞いていないと,呼ばれた名前を聞き損じてしまいます。

 所要時間は約30分です。これでご供養料は10,000円也!生臭坊主の時給は,何と400,000円也!時給1,000円ならば凄い時代です。給与所得者でもこれだけ稼ぐ人は?

 このお寺,1日3回で5日間行われます。単純計算,これだけで600万円!しかも無税です。どうです,生臭坊主のやり方!葉書1枚出して,これだけの金額を…。

 そこで調べてみました。不動産取得税・事業税・印紙税・市民税・県民税・固定資産税・都市計画税・登録免許税・所得税・法人税は,全て無税です。まだ+αがあります。

 +α? 賽銭・お布施・護持会費・拝観料なども全て無税です。お医者さんよりも優遇措置がとられている生臭坊主です。さらに葬式ともなれば,まあ片手は入ってくる。

 それでも必要経費が馬鹿にならない?そうあの豪華な衣装(?),特注の道具などは,ここぞとお金を使いまくっているのでは?生臭坊主のやることは派手です。

 檀家数500軒を越えていますから,護持会だけでも500*5,000円=2,500,000円です。給与所得者のボーナスに当たりますかねえ。どうです生臭坊主のやっていることは。

 仏教の開祖は,ご存じお釈迦様です。食べるものもお布施として,身に付けているものは死者のぼろきれだったそうです。ところが今の生臭坊主は…。

 葬式仏教と揶揄され,法事以外には姿を現さず,一体何をやっているのでしょうね。ゴルフか競馬か競艇か,何せお金はたっぷりあります。不況にも断然強いです。

 遊ぶか飲むか○○か,いずれにせよ我が国の仏教の堕落は,落ちるところまで落ちています。それを助けているのが,檀家の見栄と国家の過保護ですね。

 こんな生臭坊主どもにお経を上げてもらっても,極楽浄土の入口にも行けますまい。死んだら火葬,遺骨を川に海に流すが,一番いいような気がします。

○これに併せて
”SQは,シンガポール建国50周年の特別塗装を施したA380(9V-SKI)を,8月3日と4日,6日と7日に成田空港を発着する一部便で運航。
 特別塗装機を運航する便は,成田に午前8時着のシンガポール発SQ638便と,折り返しの午前11時に成田を出発するシンガポール行きSQ637便。
 建国50周年の特別塗装機は2機,6月から順次就航。
シンガポール-北京・香港・ロンドン・ムンバイ・ニューデリー・上海・シドニー・チューリッヒ各線で,年末までの運航を予定。”

 当初は成田への運行はなかったと言います。SQからの夏休みプレゼントです。6・7日ならば…。RW16でディレイしてくれれば…。果たして行けるかどうか,お天気次第?

今日の1枚
Dsc_3903新薬師寺


2015年7月25日 (土)

食文化

 土用の丑,ウナギ屋さんは大繁盛?平賀源内さんも罪作りな男だ。現代では酷暑を乗り切る為のスタミナ料理と言えば,もっと他にもあるのにね。

 西洋からやって来た様々な行事と較べれば,まだ可愛いものがあります。それでもこの日に何が何でもウナギを食する…何か今一つ腑に落ちません。

 現実的な話,某国からの輸入ウナギ(蒲焼き)が急増するだけです。敢えて国産にこだわっても,生まれはあちらですから。まあ育てるだけです。

 個人的には,暑い夏,さっぱりしたハモの湯引きを酢味噌で食するのが好きですねえ。まずはカロリーが低く,脂っ気がない。私にはぴったりです。

 その内に資源枯渇で,ウナギを食することができなくなるかもしれません。そう言えば,オホーツクのサケ・タラの方はどうなったのでしょう。これもよく似てる?

 そして何と言ってもクジラですね。クジラ料理と言っても,小さなイルカと間違うようなクジラの料理です。これまた世界から非難を浴びているものの一つですね。

 ウナギ・サケ・カニ・クジラなど,日本人が古来から好むもの,世界から袋だたきにあっています。食文化の違いは,理解されないのでしょうかね。

○興味津々
”NASAは,地球から1400光年離れたはくちょう座の方向に,太陽(恒星)までの距離や大きさが地球と似た惑星を見付けた。表面に岩で覆われた大地や大量の液体の水がある可能性が高く,生命の存在に適した環境が広がっているとみられる。
 この惑星は,ケプラー宇宙望遠鏡で見付かった恒星ケプラー452の周りを回るケプラー452b。直径は地球の約1.6倍,重さや成分などは不明,大きさから岩石と液体の水が存在する可能性が高い。恒星は,直径が太陽より1割ほど大きく,表面温度はほぼ同じ。約46億年前に誕生した太陽より,さらに15億年ほど古い。科学者は「地球より長い間,生命が存在できる条件にあった」として,生命誕生に必要な物質や環境などがそろっているとの見方を示した。ケプラー宇宙望遠鏡などで発見された太陽系外惑星は1879個,惑星候補は4千個以上ある。NASAは今回,新たに500個以上の候補を追加。そのうち,生命が存在できる可能性がある天体は計12個あった。”

 先日の冥王星の写真と言い,NASAのやることは,まるで次元の違うことをやっているような気がします。ロシアだって中国だってやっていないことを…。

 ケプラー452bに生物がいたら?なんかワクワクしません?人間のような動物が存在しなくとも,生物が存在する???どんな生物なのか,知りたくなりません?

 ひょっとしたら,海か湖にはウナギ・サケ・カニ・クジラなどがいるかも知れません。地球にもってきて日本で売ればいいと思います。最後は冗談ですが。

○成田周辺の安価なホテルの予約が…
”日本政府観光局は,2015年上半期の訪日外客数が,前年同期比46%増の914万人と過去最高になったと発表。2014年上半期の626万人と比べて288万人増加。
 上半期の訪日外客数が過去最高を記録した国は,韓国・中国・台湾・香港・タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシア・フィリピン・ベトナム・インド・オーストラリア・アメリカ・カナダ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・スペインの19カ国。最多は中国で,同116.3%増の217万8600人と倍増。韓国は同42.6%増の181万9300人,台湾は同28.9%増の179万2600人。背景には,円安傾向や航空路線の拡大,クルーズ船の大幅な寄港増加,査証免除・要件緩和,消費税免税制度の拡充など。
 一方,出国日本人数は同4.9%減の762万2800人と減少,訪日外客数が出国日本人を45年ぶりに上回った。”

 首都圏・関西圏のホテルの予約が取りにくくなりました。また聞くところに寄れば,大型観光バスも不足気味だそうです。急増しても追いつかない面があります。

 「おもてなし」と言っていても,これだけ急激に増えては,訪日されても困る面がいろいろあるのではないでしょうか?言葉・ネット・クレジットカードなどなど。

 例えば,”東京メトロ1日乗車券”ですが,クレジットカードでは買えないのでは?WiFiが使える場所も限られています。お客さんは困るでしょうね。

今日の1枚
Dsc_1702a


2015年7月24日 (金)

お天道様は見ている

 ”世のため,人のため”に起業する。富山には,昔から薬の行商が続いています。”富山の薬売り”です。使った補充する商売方法です。紙風船をもらった記憶があります。

 この商売,お客様第一です。そしてお客様との信頼関係の元に成り立っています。だからこそ現代でも生き残っているのです。大企業が忘れていることが,ここにあります。

 もう一つ,富山の薬で有名なのが,”ムヒ”です。田模範堂が販売する虫さされ薬。1926年(大正15年),から売られている超ロングセラーです。

 名前の由来は「唯一無比」「天下無比」など,比べるものがないほど優れた効き目の商品という意味を込めた「無比」から。最も商品名は”ムヒ”ですが。

 ムヒの改良版はしていますが,田模範堂はムヒ一筋です。己をわきまえた経営理念,越中人の堅実さ・誠実さが生きています。大企業が忘れていることが,ここにあります。

 別に薬に限らず,伝統工芸品を作っている小規模店など,我が国には数え切れないほどの立派な経営をしている例があります。”世のため,人のため”は,共通事項です。

 こんな記事を見つけました。
”口ひげの紳士でおなじみ,森下仁丹の町名ホーロー看板。転売目的の盗難が相次ぎ,ネジ製造会社ユニファスが助っ人に名乗りを上げた。ネジ穴がなく,専用工具でしか取り外せない特殊ネジを開発。戦火を免れた街角に約700枚の看板が残る京都市で,今春から町家や商店に無償提供している。明治の末,郵便配達が迷わぬようにと仁丹創業者が考案した町名看板。ネジは不届き者を許さず,創業者の「世のため人のため」の精神もつなぎ留める。”

 共に大阪の業者ですが,京都の町のために提供,それを盗むコレクター。自分の果てしない欲望を満たすためだけの行為,人として恥ずかしい行為,情けない。

 自社の利益を社会に還元する人がいるかと思えば,自らの欲望だけに動く人,天は見ています。また,現世において人から信頼されることはないでしょう。

○これも?
”ANA/HDは,A330の導入を検討している。エアバスは民事再生手続き中のSKYの第2位債権者,ANAを支援企業とするSKY側の再生計画案に賛同してもらう交渉材料。
 ANAの長峯豊之取締役執行役員は「A330は中距離のリゾート路線で(の就航が)選択肢になる」と述べた。ハワイ線などを念頭に,ANAやANA子会社のバニラ・エアでの活用を検討。ANAの6月時点の機材240機の大半はボーイング,エアバス機は12機。A330を導入すれば初めてとなる。”

 DLのSKY再建への参加意志が出たことにより,ANAはますます深く介入せざろうえない状況に追いやられた。場当たり的なやり方ですね。

 A330を購入する意思をイントレピッドに示し,一時は成立するかと思っていました。が,ANAはA330を買わざろう得ない状況に追い込まれた。DL側にエアバスが付くであろうから。

 中期計画にはない(なかった)A330,これは高い買い物になります。記事にもありますように,子会社で使ってもらうしか方法は?但し,有望路線を譲ることになります。

 一時はSKYの支援を断ったり,イントレピッドを袖にしたり,今度はさらなるガリバー(DL)が現れ,恐れおののきなりふり構わず,こういう姿勢が我欲の塊と言うんです。

 王者たるもののとる道ではないことは,誰が見たって分かります。この会社も先は分かりませんね。お客様第一主義を忘れた企業に未来はない。

今日の1枚
Img419a


 

2015年7月23日 (木)

どうなっているのでしょうね

 梅雨明け宣言されても晴れ間は,二日だけ?また梅雨空に後戻り?ますます空港から遠くなった存在,悲しいことです。今週末は動けないし。

○歯車が狂った日本の家電メーカー。
 サンヨー・パナソニック・ソニー・シャープと続いてきて,今度は東芝です。どこもかしこも経営の王道から外れ,社会の発展を忘れ,金儲けに走った結果です。

 前代未聞の"過去3代に渡る社長の引責辞任”となった東芝,本来経営陣は全社員に対していかなる姿勢で臨むべきか,論語でも読んで自己改革をしてもらいたい。

 一生懸命社の為に働いてきた(いる)社員,ただ単に社の利益のみに尻を叩いてきたのではないでしょうか。全社員の幸福と誇り,社会への貢献など経営陣の初めの一歩です。

 日本を代表する家電メーカーのドミノ現象,これは多かれ少なかれ他の業種にも当てはまるものだと思います。目先の儲けばかりを追求するだけでは,失格ですね。

 私も愛用してきた(いる)ソニー製品を例に挙げるならば,本当にこの会社の製品は一味も二味も他社とは違っていた。創意と工夫の塊のような物が出てきた。

 戦後,井深大氏と盛田昭夫氏の起業から始まったソニー,トランジスタラジオ・ウォークマン・ベータ(これはVHSに破れた)・トリニトロン・CDなどなど,個性がありました。

 ところが時流に取り残されないようにと,あらゆることに(例えばパソコン)手を出し,失敗し,負の連鎖が始まった。ソニーらしい個性溢れる商品も出て来なくなった。

 社会の発展に寄与するような商品の開発を忘れ,ただただ利益を追求する普通の会社に落ちていったソニー,井深・盛田両氏の創業理念を忘れてしまったソニーです。

 世の為に"お客様第一主義に徹する””公明正大な利益の追究”に戻らない限り,ソニーの明日はないと確信しています。立ち直って欲しいです。

○本音が見えてきた
”国内で初となる仙台空港の民営化。第2次審査書類の提出,その後第2次審査参加者と競争的対話の結果,引き継ぎを受ける体制を整えるのに時間を要すると判断。
 7月27日まで第2次審査書類の提出を受け付け,優先交渉権の選定と基本協定の締結を9月とする。空港運営事業の開始が2016年2月,滑走路の維持管理・着陸料の収受などは2015年12月から引き継ぎを開始,2016年6月末に事業を完全に移管。3カ月先送り。”

 関連法規でガチガチに縛られた航空行政の元,例えばイングランドのようなスムーズな移管は難しいでしょう。形は変わっても隠然たる力を残しておきたい国土交通省です。

 先へ進めば進むほど,その隠れた部分が少しずつ見えてくると,参入業者も考えの甘かったことが分かってくる。ただもう後には引けないところまで来てしまった。

 仙台空港を前例に関西空港・伊丹空港という大プロジェクトが進むと思います。こちらは桁が違います。将来大阪までリニアが開通するとなると…。

○先日も書きましたが
”フェデックス・エクスプレスでB767Fを最大100機発注。確定発注50機、オプション50機,保有機の更新。確定発注の50機分は2018年から2023年までの会計年度に納入。フェデックスは,確定発注分だけで,2023年度までにB767Fで106機を受領する予定。追加発注について,保有機材の更新プログラムを継続,構造的コストの削減・消費燃料の効率を向上,ネットワークの信頼性を高める。” 

 世界中に強大なネットワークをもつフェデックス・エクスプレス,B777FとB767Fの双発機でそれを支えていく。B767の中古機ならば,安く購入できますから。

 これでMD-11の命も…ガーン!ガーン!ガーーン!。他社のもっているB747FもB747-8F以外は,どんどん消えていくことでしょう。撮れる時に撮る!

今日の1枚
Dsc_0404


2015年7月22日 (水)

また挑戦しましたが…

 冷蔵庫の奥に崩れかけたトマトを発見,これはいい。暑い夏には,冷たいスープ,そう”うさぎ流ガスパチョ”を作ることにしました。これも初めての挑戦です。

 何せスペイン旅行の折に食べたガスパチョの味が…。店によって味が随分と異なっていました。要は自分好みのスープを作ればいいんだ(勝手に思い込む)。

 早速ネットで”ガスパチョの作り方”を検索,材料を確かめました。まあ適当にメモをとり,ミキサーを取り出し,とにかく材料を細かく切ればいいんだ。

 ここで一つ思い出したのは,”オリーブオイル+にんにく”ですね。フライパンを使うと必ずと言って良いほどオリーブオイルを使う私です。

 隠し味にバジルの葉を数枚入れることにしました。そして少量の岩塩も。ここまでくれば簡単,全部ミキサーに入れてガリガリガリ,あっと言う間です。器を買えて冷蔵庫に。

 ○知県人は,野菜の摂取ワーストワンだそうです。汚名返上をするために,まず我が家から野菜摂取に努めようと思います。ミキサーで攪拌すれば,何が入っているか…。

 さて気になる味は?少々ニンニクを入れすぎたかな?バジルの葉をもう少し入れた方が…。しきりと反省ばかりです。暑い夏,崩れかけたトマトに狙いを定めて再挑戦。

○中東御三家に立ち向かっても
”オーストリア航空は,ウィーン=ドバイ直行便を運休。運休について,同航空は熾烈な価格競争で運航の継続が困難になったため。ルフトハンザドイツ航空とスイスインターナショナルエアラインズは,フランクフルト・チューリッヒ・ミュンヘン=ドバイ直行便を運航。ドバイ直行便の運休で生じる余剰輸送力を新規開設路線で活用,マイアミ直行便(週間5便),コロンボ直行便(同1便),モーリシャス直行便(同2便)の運航を開始。”

 最新鋭の旅客機そして最高のサービスをモットーとする中東御三家,欧米のバス代わりの経営方針では,立ち向かうだけ無駄と言うこと。いい決断だと思います。

 あるいは,使用機材の縮小を考えてもよかったかもしれません。いずれにせよ中東御三家のパワーを改めて驚異と感じたことでしょう。次はどこかな?

○再参入に向けて
”屈辱の撤退から2年:エアアジアが日本の国内線に再参入。楽天やノエビアホールディングス,アルペンなどのパートナーを得て,中部国際空港を拠点空港として,2016年春に国内・国際線を同時に就航させる。新生エアアジア・ジャパンは,航空運送事業許可申請の最終調整に入っている。セントレアで2016年夏ダイヤが始まる来年3月末から4月に,国内・国際線の両方を就航する計画。エアアジアXの名古屋~クアラルンプール線の復活も計画。
 セントレアからの新たな就航地については複数検討され,国内線は福岡,新千歳,国際線は仁川,台北(台湾)が有力候補。各路線を運航している大手航空会社の3分の1から半額以下の低価格運賃で,勝負を仕掛ける。国内線と国際線を同時に就航させる戦略。
 エアアジアXの名古屋~クアラルンプール線を復活させ,東南アジアを中心とした訪日外国人客を中京圏に運ぶ。そのうえで,日本国内,あるいは韓国,台湾などの主要都市へ乗り継いでもらう。機材はA320をリースで調達。座席数は180席程度。当初は2~4機程度で運航を始め,就航地の拡充とともに機材も増やしていく。

 セントレアを選んだポイントは
 一つ目,名古屋は国内3大都市圏の一つ,日本の代表的な企業が集積する一大経済圏。東南アジア系の外国人労働者も多い。
 二つ目,競合関係。成田,関空に今さら出て行っても勝ち目は薄い。また現時点で昼間帯の羽田に入り込む余地はない。
 三つ目,中京圏には急増する訪日外国人旅行客を招き入れる余地がある。外国人旅行客は東京,大阪を目指して来日するが,宿泊施設や観光バスなどのキャパシティに余裕がなくなっている。中京圏では国交省中部運輸局の昇龍道プロジェクトという観光活性化策が進んでいる。外国人旅行客を呼び込もうとする国や地元自治体の協力が得られる。伊勢志摩サミットの開催が決まった。
 四つ目,セントレアの低迷。2009年度以降は1000万人を割り込んだまま。セントレアにとって,エアアジア・ジャパンの就航は渡りに船。様々な協力が得やすい。

 国交省航空局の一部には,エアアジアの再参入によって競争原理を今まで以上に働かせたいという期待もある。安全性や定時性を確保して,日本人が納得するサービス水準を確立できるか。捲土重来の可否は,その一点にかかっている。”

 スカイマークの将来が見えていないだけに。エアアジア・ジャパンに期待したいものです。 

今日の1枚
Img577a


2015年7月21日 (火)

儚い

 昨日気象台から"梅雨明け宣言”が出されました。気温が一気に上昇,蒸し暑い夏の始まりです。それを待ち構えていたかのように蝉の鳴き声の大合唱です。

 朝顔のように短命ではありませんが,動物の中では蝉は短命の内に入るのではないでしょうか。そんな短命な蝉を小さい頃はよく獲ったものです。

 ペット・ショップでは,珍しい昆虫を売っているそうです。夏の人気者と言えば,クワガタムシでしょうか。私が捕らえていたのは,せいぜい約8cm位でしょうか。

 昆虫も上手に育てれば卵を産み,育てることができます。蝉もそうですが,クワガタムシも卵を産むことで天命を全うするようです。墓でも作ってやらねば…。

 もう40年位前でしょうか,我が家にも犬がいました。が,病気で死にました。あの悲しみは,今でも覚えています。そしてもう動物を飼うのは,止めにしました。

 犬・猫を始め,ご家庭で飼われている人も多くいます。中には大きくなりすぎて処分に困り,勝手に捨ててしまう輩もいるようです。

 金のシャチホコで有名なお城の堀には,そういった外来種が捨てられ,生態系を乱していると聞いています。全く無責任な飼い主です。

 飼うのを止めにしましたと書きましたが,ペットは喜んで飼われている訳ではありません。私は,動物は自然の中が一番似合っていると思います。

 ですから私,動物園や水族館がお好みではありません。餌を人間に頼っているという点でも気に入りません。実に可哀想な所だと思っています。

 ところで梅雨が昨日あけました。途端に最高気温がグングンと上昇,途端にバテました。が,いろいろな種類のレタス類やハーブの後片付けをしなくてはなりません。

 そして庭の草も降水と高温でグングンと伸びています。暑い中,思い立ったらやり時,頑張りました。全部片付け,シャワーを浴びたら自然と冷蔵庫の前に?

 ドアを開けたら,YEBIS君がにっこりと待っていてくれました。汗をかいた後のYEBIS君は,最高に美味しかったです。しかし気を引き締めないとズルズルと…。

 前後しますが,草を取っていたら,ミョウガがにょきにょきと伸び始めていました。また,酢漬けにでもしようかな。生は苦手ですが,酢漬けならば…。

 もう一つは,例の蕎麦です。台風の影響で強い風が吹きました。そのお陰でバタバタ倒れてしまいました。それでもまだ枯れていません。もう少したったら収獲?

○将来を見据えて
”全日本空輸は,世界経済の「最後のフロンティア」と期待されるアフリカ向け航空路線網を大幅に拡大する。アフリカ路線に強いブリュッセル航空との共同運航により,アフリカ路線を拡充。ブリュッセル航空は,スターアライアンスの一員,ナイロビ,キンシャサなどアフリカの19都市に就航。また昨年10月から,エチオピア航空とコードシェア提携。エチオピア航空はアフリカ最大のネットワークを誇り,アディスアベバからアフリカ域内49地点への接続便を運航。ただ,コードシェアによる乗り入れはケニア,南アフリカ共和国,エチオピアの3カ国。これがブリュッセル空港とのコードシェアによって一気に拡大する。
 2013年頃から,世界の航空各社はアフリカ便増設を急いできた。エールフランス航空は,コートジボワールのアビジャン路線を週7便から週10便に拡充。KLMオランダ航空もザンビアのルサカ,アンゴラのルアンダなどを結ぶ路線を新設。
 アフリカ各国を代表する航空会社の間でも競争が激しさを増している。アフリカ大陸のハブとしての地位を狙っている。エチオピア航空は,アディスアベバ空港の位置の優位性が売り物。エジプト航空や南アフリカ航空が対抗。両社は,旅客数ランキングではそれぞれアフリカ1,2位。ケニア航空は16年までにアフリカ各国の全首都に就航する目標。
 現在,アフリカへ渡航する日本人は1日300人弱,今後航者数は急速に拡大する?”

 日本人にとってアフリカや南アメリカは,まだまだ遠い。それでも将来を見据えると,世界規模での路線をもつことが航空会社の命?

 その意味からもアライアンスの発想は,当を得たものでしょう。最初はビジネスマンから開拓をしていくのでしょうか?一般庶民は,やはりチャーター便かな。

今日の1枚
Dsc_2001

2015年7月20日 (月)

迷った末

 台風は去ったものの"台風一過の快晴”は…。昨日,千歳・成田へ遠征に出かけられている方もいます。お天気は,どうだったのでしょう。

 私はと言えば,近くのアプライドへ行ってきました。午前中ネット検索をしていましたが,やはり実物を見なければ…。台湾製のタブレット,手が届きそうな…(心動く)。

 希望する"Windows 8.1"付きです。こういった変わりものが欲しくなるところが,へそ曲がりの証拠です。が,29日"Windows 10"が発表されます。

 自宅のデスクトップも更新予約を入れてあります。申し込む時にアップデート可能かどうかを診断してくれます。「これまでにない」の甘い言葉に誘われて…。

 ならばタブレットも同様なものにしたい…人情ですよね。ところが安価な台湾製は,「動作保証はできない」とのこと,この言葉に残念ながら…。

 高価なものならば,余裕があり"up date"できるそうですが,安価な台湾製は…。それでも正直に事実を伝えてくれた店員さんには感謝しました。ありがとう。

 大多数の人にとっては,"Microsoft"のOSで動くようなタブレットは…。私の目的の一つが,"Excel"にある膨大な資料を野外で見たいことにあります。

 これがなければ他のOSでも構いません。ここがネックです。また,これのために高額になります。またしばらくは不自由な生活が続きます。

 そして以前ならば,"up date"できる高額なタブレットを買っていたと思いますが,やはりブレーキがかかるようになりました。2男の就職までは,我慢・我慢・我慢!

○本当に作っていいの?
”昨年末から今年前半にかけ,常識外れの迷惑行為をした中国人旅行客4人の情報をブラックリストに初めて記録。中国本土からの海外旅行客が昨年初めて延べ1億人を突破する一方,目に余るマナー違反が横行,公共の安全や中国のイメージを著しく損なっている。 危機感に駆られた中国政府は今年に入り,旅行客のブラックリスト作成を宣言。リストに載せられた人物の情報は銀行や航空会社などに通知,ビザ取得に必要な収入証明や航空券などの入手が一定期間できなくなる仕組み。
 中国国内の旅行業界の反応は,意外にも悪くない。中国から日本行きの団体旅行に4回添乗した中国人ガイドは「マナーの悪い客に注意しても『ほかの客もやっているのに不公平』と開き直るだけ。処罰は必要だ」と。”

 さすが中国,しかしブラックリストが膨大な数になるのでは?やることは結構ですが,いつかは数が増えすぎ,ムヤムヤになるような気がします。

 ついでにこのリストに"出発の遅延を作った爆買者”を加えるといいと思います。金権主義がはびこっている国,うらやましいやら悲しいやら,複雑ですね。

 批判ばかりできません。こういった客を積極的に呼び込み,商売繁盛を願う地方自治体もあるそうです。「お金を落としてくれれば,我慢する。」とは,これも情けない。

 こうした欲望は,決して満たされることはありません。かの国の偉大な"孔子”という方を含め,多くの先人が戒めてきたことなんですが,子孫はそれを忘れている。

○また出た!
”ワールド・エアライン・アワード(順位/航空会社名/昨年順位)
1位:カタール航空(2) 2位:シンガポール航空(3) 3位:キャセイパシフィック航空(1) 4位:トルコ航空(5) 5位:エミレーツ航空(4) 6位:エティハド航空(9) 7位:全日本空輸(6) 8位:ガルーダ・インドネシア航空(7) 9位:エバー航空(12) 10位:カンタス航空 (11)”

 やはり中東御三家は,人気がありますね。GA/GIAの健闘を褒め称えたい。そしてスターアライアンスが,ここでも強いですね。

 面白いのは,ヨーロッパ御三家?(LH.BA.AF)とアメリカ御三家(AA.DL.UA)はお呼びではない?上級クラスの固定客と(文字通り)乗せるだけですね。

 どこの航空会社でも輸送客の大部分をエコノミークラスが占めているのに,なかなかその待遇は変わりませんね。まあ,各種格安運賃がありますから仕方がないか。

◇(新ブログ:今日の写真)訪れてくださってありがとうございます。  今後ともよろしくお願いいたします。

今日の1枚
Image312a


 

2015年7月19日 (日)

人間関係

 時代劇"水戸黄門”,好きだなあ。でも今日は,一部しか書きません。よくこのご一行,旅籠(旅館)に泊まりますね。大勢の客が泊まるのに,隣とは襖1枚だけです。

 私が育った家は襖・障子を外せば,40畳以上の広間に変身します。動かぬのは,仏壇のみ!ここに何人かの者が住んでいる(た)訳です。部屋と入っても鍵などありません。

 大人になって旅をするようになり,旅館・ホテルには鍵がかかるようになっていることを知りました。小中学校の修学旅行は,何せ大部屋でしたからね。

 現代のハイカラな家を訪れてみますと,(内側から)部屋に鍵がかかるようになっています。築40年以上になる我が家は,(リフォームした)トイレと風呂場のみ鍵があります。

 子ども部屋を作るは結構,しかし鍵がかかるような作りは,いかがなものか?子どもにもプライバシー?ちょっとプライバシーのとらえ方が違うと思います。

 食事以外は,自分の部屋に閉じ籠もってしまう子ども,バーチャルな世界にのめり込んでいく子ども,ネットでの友達を本当の友達と思い込んでいる子どもを作るだけです。

 一つの屋根に住みながら,親子としての会話も挨拶もろくにできない家庭,こんな状態が日本中に広まっているのではないでしょうか?そしてこれが…。

 我が子でありながら我が子が何を考えているのか分からない親,子どもの些細な変化も分からない親,当然こういった状態に発展していくのは,あきらかです。

 先日も書きました”中学生の自殺”そして”中高校生の犯罪”など,事が起こってから事の重大性を知る親,子どもの育て方・家の作りなど,大人の問題なんです。

 さらに例の大震災後の流行語"絆”,何と阿呆らしい言葉かと悲しくなりました。この言葉を叫んでいる人,あなたの隣人に挨拶・声かけなどしていますか?と聞きたい。

 生活環境の便利さに都会に住むのは結構,しかし少なくとも隣人との人間関係を築いていくことは,人として生きていく上で大切なことです。人は一人では生きられません。

 こういった大人の自己中心の生き方が,子どもにどんな影響を与えるのか,分かっていません。分かっていないものが,"絆”とは笑止ものですね。

 17日”祇園祭山鉾巡行”の映像を見ていて,ここには日本から古くから伝わる隣人との人間関係があるんだなあと思いました。各地に伝わる祭,これこそ日本人の生き方です。

 こうしたことを忘れ去り,隣人との人間関係を築こうともしない社会では,人として生きていると言えますまい。そしてその犠牲が子どもに来ることも分からないでしょう。 

○アナリストは違うねえ
”SKYの債権者は,AIRBUSに積極的でないANAを快く思っていない。理由は受注による経済メリットが期待できない。AIRBUSはANAを排除したいが,現状は国交省の管轄。国交省の航空行政はアメリカに弱い側面があるが,現段階では口を挟むことはしない。
 ビッグスリーのなかで,圧倒的に太平洋ルートを抑えているのが,DL,UA。一時期,DLの成田発着数はANAすら圧倒していた。
 DLにとって,SKY支援により得られるメリットは大きい。羽田スロット(発着枠)は現状では国内航空会社のみの割り当て,DLの支援が現実になれば,羽田スロットを手にできる好機。実現すれば海外の航空会社としてはじめての割り当て。
 国内では,JALが加盟するOne World,ANAが加盟するStar Alliance,既に日本での基盤があることからスロット獲得に強い意欲は示していません。Sky Teamは,日本国内線での共同運航パートナーがなく,羽田スロットの獲得に最も意欲を示している。Sky Teamの中でも中心的存在であるDLが名乗りを上げることは当然。
 航空交通管制権,日本の航空管制における優先権はアメリカにある。”

 羽田の1極集中は,ご存じの通り。しかし,首都圏の航空路は異常に歪な形をしています。横田空域,即ち未だに米軍の管制空域が存在するのです。

 古いですが,資料を http://www.teikokyo.gr.jp/pdf/20060511_pamphlet.pdf
これで羽田・成田を出発・到着する便の動きがおかしいのが分かります。

 DL,UAの以遠権も既得権として存在しています。成田から東・東南アジア便があります。全米から成田に集め,数時間後に東・東南アジアに飛んでいく。

 帰り便は,東・東南アジアから成田に集まり,数時間後に全米各地に飛んでいく図式です。所謂"成田ハブ”です。空域といい以遠権といい,力の差を感じます。

 こういった歴史的背景に加え,SKY支援の口実をもとにDLが参入できるのか?これこそ”空の黒船”たる所以です。8月5日あるいはそれ以降の動きが面白くなりました。

◇ご紹介
 http://ja8582.blog.fc2.com/
 こちらは,写真ばかりのブログです。心に残ったものを…。

今日の1枚
Dsc_6607


2015年7月18日 (土)

お粗末

 経営が苦しくなると増収を考えるのが,世の常です。が,一方では逆効果も出てくる可能性があります。安易な方向性しか生み出せないと,その先は…。

 ファーストフードの雄:マクドナルド,この会社の落ち込みは激しいですね。巨大化した組織に消費者対応が追いついていない。クレームにも上から目線です。

 これでは消費者はマクドナルドを敬遠したくなります。慌てて割り引きクーポンを乱発,終われば消費者は来なくなる。そしてまた発行…。

 この会社,次第に先が見えてきました。ファーストフードとしての原点に立ち戻ってやり直した方が賢明です。もう小手先の対応では無理です。

 そして昨日も書いた新国立競技場のお話です。まるで茶番劇です。約2500億円と聞いて,どれ程の国民が首をかしげたことでしょう。確かにおかしい,が…。

 それよりも安保関係の諸法案の方が,多くの国民の首をかしげたことと思います。新国立競技場の建設を見直すことで,国民の声を聞いている素振りをしているだけです。

 安全保障関連法案の強行採決で安倍政権への反発が強まっていることから,巨額工費のかかる現行計画を進めれば,窮地に追い込まれる?

 金でかたが付くことと命と引き替え,誰が考えたって…。今後の政局運営を考えると,「国民の考えをないがしろにしていません。」のポーズですよ。馬鹿にしています。

○世の中,金なのか
 ネットで"Fuji film"の広告を見ました。いつもならば,即削除するか無視するかのCMですが,これは興味関心があります。”写真スキャンサービス”です。

 ポジをスキャンしディジタル化をやって来ましたが,簡単なように見えて実は難しい作業です。まずそのままでOKが出るのは,余程いい条件の元での撮影のみです。

 どうしても"補正"作業が伴います。ですから,時間がかかります。それに補正する作業では,経験がものをいいます。それでもなかなか出ない色があります。

 こうしたことを考えると,メーカーに出すのも一方法です。が,問題は,費用です。ポジ1コマ=86円(300万画素子)です。100・200コマならば頼むのですが…。

 なおスリーブ1本は,842円(最高値)です。メーカーが直接DVD化を行うのですから,確かな技術でしょうね。それを加味しても,私には手が出ません。ガッカリ。

○あれあれ
”太陽光発電による飛行で,初の世界一周に挑戦しているスイスの太陽光発電プロペラ機"Solar Impulse 2"にバッテリーの不具合が見付かり,次のフライトは来年4月以降に延期。バッテリーの過熱で修復と冷却機能の見直しが必要。同機は県営名古屋空港を離陸後,約5日間をかけて今月3日に米ハワイ州オアフ島に到着。機体の上昇,下降に伴う気温の変化への対応が不十分で,必要な改修を行った上で来年にテスト飛行を実施し,次の目的地の米西部アリゾナ州を目指す。”

 最大の難関中,バッテリーによる航行が不可能にならなくて良かったですね。あるいはパイロットは,これを知っていても何とかハワイまで飛び続けてのかも?

 まあこういった裏話は,勝手に一人一人が想像するから面白いものです。機体の強度を増す=重量増加が一般的ですが,その点は知りたいものです。

○また出てきた
”太田昭宏国土交通相は,羽田空港の発着枠について「国内線を国際線に転用するのは認められない」と表明。国内航空ネットワークの基幹空港という機能をもち,国際線は高需要・ビジネス路線を中心に活用するという位置付けである。その上で国内線と国際線の発着枠を区分すると運用ルールを適用。
 民事再生手続き中のSKYをめぐっては,イントレピッド・アビエーションがDLをスポンサー候補とする再生計画案を示しており,これを牽制した。”

 
 ここでも青組の必死のロビー外交が…。政府は,青組の代弁者です。いかに青組が,DLの脅威を感じているか,舞台裏が見えてきませんか?なりふり構わず。

 NHは,SKY便にAF/KE/DLなどの共同運行されたら,これは収入減も甚だしい。DLの本音は,ここにあると思っています。くさびを打ち込み,日本国内で共同運行することです。

 忘れてはいけないのは,利用者にとってどちらが自分達のためになるかです。見え透いた言動,これは公正・公平な競争をしようという企業の姿勢ではありません。

 SKYが第3極としての立場を堅持し,利用者にとって選択幅が広がることが,一番確かな道だと思います。これは来日する外国の人達にとっても同様です。

 首都圏の人達,羽田に降り立った外国の人達にも選択権があり,少しは安価で安全な運行をする航空会社として立ち直って欲しいのが私の考えです。

 青組の傀儡政権となるようでは,とても第3極としての地位は保たれないと思います。遅かれ早かれ,エアドゥー・ソラシド・スターフライヤーのようになります。

今日の1枚(我が家では一番先に届きました。)
 Suica1

2015年7月17日 (金)

騒がしい

 国会に招かれた憲法学者が,堂々と”憲法違反”と述べたように,こと憲法に関わる重要法案を100時間余りで採決とは,いかがなものか?

 良識ある国民の心は,自民党政治に疑問符を持ち出したことは,確かだと思います。これは自民党内部でも,「十分に国民の理解を得たか?」と言う声が聞こえて来る位です。

 本音を言えば,先の訪米で格好いいことを口に出したことに始まります。民主党政権の頃の鳩○さんのようです。日本の政治家は,外交が下手ですね。

 これも国会を揺るがしている問題,約2倍に膨れあがった新国立競技場です。これを作ることに異議を挟む人は少ないが,説明もない値上がりに疑惑が…。
 
 オリンピックを我が国で開催する,これも国民の夢でしょう。素晴らしいことです。最初の開催の時,私はまだ小さかった。”裸足のアベベ選手”"東洋の魔女"…。

 オリンピック・メイン会場の建設,オリンピックに間に合えばいい。ところが一人の老害が…。”私利私欲”がむき出しですね。政治家の一番醜い姿です。

○誰しも思っている
”スマートフォンなどの通信契約が2年毎に自動更新される携帯電話会社の料金プランについて,総務省は見直しを要請。2年ごとに訪れる更新期間に解約しないと違約金がかかるが,利用者を不当に縛って選択肢を狭めていると判断。docomo,AU,SBは,契約から2年間は解約しないことを条件に,月額料金を大きく割り引く2年縛りのプランを採用している。利用者の約9割がこのプラン。契約25カ月目にあたる1カ月の契約更新期間に解約手続きをとらないと,契約は自動で更新される。それ以外の時期に解約すると,9500円の違約金がかかる。携帯会社側も,最初の契約時に各種コストが発生しており,すぐに解約されると負担が残る。すでに大手3社は,批判の高まりを受け,今春から利用者に更新月を知らせるメールを送る対応を取り始めた。秋以降は,2年毎の無料解約期間を2カ月間にする。
 2年縛りは各社とも採用,他社から乗り換えてきた顧客に,違約
金相当の現金を払うという競争も過熱。携帯会社を頻繁に乗り換える客が有利,長期契約者を軽視している。”

私も過去に条件のいい他社に乗り換えようとしたら,違約金が発生するということで止めたことがあります。例えば,11年間同会社を使っても,途中解約となります。

 保険もそうですが,自動更新は消費者を囲い込もうとする企業の論理です。知っている人は得をし,知らない人は馬鹿を見る…こんな商売ですね。

○餌を撒き始めたぞ
”民事再生手続き中のSKYを巡り,イントレピッドは,債権者にDLをスポンサー候補に選んだと発表(DLも発表)。
 債権者への弁済の原資となる180億円の出資額についてインテグラルが全額出資するとしていたが,航空法が定める外資規制などの範囲内でDLが一部を出資する。SKY再生には大手航空会社の力が必要で,DLは最善の候補と説明。ANAとJALに対抗する第三極を維持すれば,消費者の利益にかなうとも強調。
 DLは日本に運航面の提携先をもっておらず,SKY支援を通じて国内線市場への足がかりを得る考え。SKYに対しマイレージ制度や最新の収益管理システムの導入を支援するほか,共同運航も検討。機体整備でも協力。
 イントレピッドは自社案の成立などを条件に,約1150億円の債権のうち300億円を取り下げる。これにより15億円分を弁済に充てることができる。5%以上としてきた弁済率は0.5%程度高まり,SKYの支援案の弁済率(5%以上)を上回る。”

 二つの案を較べ,比較的理解しやすい方は?私はイントレピッド案だと思います。DLとの関係を築くことは,SKYが目指してきた”第三極”を維持できそうだからです。

 世界No.1のDLの支援,出資上限は20%と決まっていますが,その強力なネットワークが魅力です。羽田に飛来する”スカイチームへの援護射撃”にもなります。

 DL.AF.MU.CZ.KEと羽田に飛来しています。外来機との接続ダイヤをSKYが組めば,共同運行を増やし,経営の建て直しに役立ちます。また,長い間関係を築くことができます。

 「棚からぼた餅」ではありませんが,イントレピッドはDLと言う強力な助っ人を引きつけました。海の黒船から”空の黒船”になるかな。

 もう一案は,余りに”エゴむき出し”の内容,いずれは我が陣営に取り込もうという意図が見え見えです。将来,SKYの存在も青組の補完機能になると思います。

 民間企業です。姑息な手段を使わず堂々と利益を上げて欲しい。この案は,SKYの再建も一手段,しいては利用者のことを念頭に置いた案ではありません。

今日の1枚
Img680x


2015年7月16日 (木)

これは夢だね

 "New horizons",実にいい名前です。"s"が抜けたら…,止めときます。約9年かけての到達,「太陽系は宇宙の中ではちっぽけ」と言います。改めて宇宙の広さを感じます。

 さらに通信時間です。約9時間!撮影した大量のデータを地球に送るのに,数ヶ月から1年半はかかると言います。ディジタル化されているとは言え,凄い情報量です。
Dly1507150015f1

 アメリカという国は,人類初めての月面着陸もそうですが,(予算は削られているものの)宇宙に対する限りない挑戦(調査)を継続している唯一の国では?

 税金の無駄遣い?得られた情報を全世界の研究機関に配付し,宇宙の起源・生成過程等を追究する価値があります。それに一般人から見れば,夢がありますよね。

 ここまで来ると,"New horizons"と命名された観測機の意味が分かってきます。1国の名誉ばかりか,人類全体への大きな夢をもった観測機であることが。

 先輩格のボイジャー2号は,さらに遠くを飛んでいるはずです。未知の世界へ飛んでいます。そう考えると,地球上の出来事も小さな小さなことのように見えてきませんか?

 蛇足ですが,ボイジャー2号の土星や天王星・海王星の観測写真は,感動ものでした。そして太陽系から外に出る最初の観測機,2030年頃まで通信可能だそうです。

○ついに買うか
”米政府は,日本に売却するオスプレイ17機のうち,第1陣として5機を3億3250万ドル(約410億円)で販売することを決め,日本政府が合意。米政府がオスプレイを外国に供与した例はなく,日本が初めての輸出先となる。15年度予算には,5機分の取得費516億円が盛り込まれている。同時にベル・ボーイングは,アメリカ海軍から陸上自衛隊向けV-22オスプレイ・ティルトローター機を,5機受注したと発表。日本はV-22をアメリカ政府の海外有償軍事援助(FMS)で購入するため,アメリカ海軍が発注。機体の製造と納入だけでなく導入支援や訓練,機材等も含まれる。
 陸上自衛隊が導入するのはV-22 Block C,悪天候下での航法能力を向上させる新型気象レーダーを搭載,キャビンの空調システムも改善。また,空中や地上の脅威に対応する追加のチャフ・フレア・ディスペンサー,電子戦システムが組み込まれ,コクピットとキャビンのディスプレイで状況認識を共有することができる。
 オスプレイを導入することで自衛隊の人道支援・災害復旧活動や水陸両用作戦の能力が高まる。”

 海に囲まれ,飛行場のない離島への支援にも使えます。もちろん尖閣諸島対策です。日米豪の共同訓練もその一環です。ある程度の抑止力をもたないと…。

 海上自衛隊ではお粗末な事故をさらしていますが,オスプレイの慣熟には十分時間をかけ,乗組員の安全を含め,事故の内容にお願いしたいものです。

 ヘリコブターの性能に関して,まだまだ旧式のものがあり,不安な面は隠しようがありません。カンフル剤としてのオスプレイに期待したいですね。

今日の1枚
Image55


2015年7月15日 (水)

DLもJLも

 ○梅雨明けは?
”梅雨明けが発表されない原因は,台風11号です。接近する頃には,台風は形を変えて,離れたところにまで雨雲が拡大。しかも,今回の台風は動きが比較的遅く,数日間,雨となるところも出てきます。大雨が起こるような状況になるのが分かっているのに,急いで梅雨明けを発表しない。雨が降ることによって,高温もいったん落ち着きます。
 梅雨明け発表に客観的な基準はなく,その時々で,気象庁の予報官が判断。今回も,「今週後半は梅雨前線の雨じゃないし,もう梅雨明けでも良かったのでは」「熱中症が急増する。梅雨明け発表で注意喚起するのが良い」と意見が…。
 平年にある程度近ければ,例えば5日連続で晴れて30℃を超えれば,その時点で梅雨明け発表,客観的基準を作れば良いのでは?
 台風11号の通過後は,いったん晴天が広がります。その晴天がしばらく続くと見込めるようであれば,まず3連休あたりが,梅雨明けを発表するタイミングの一つの候補。ただ,次の台風や熱帯低気圧が,発生する気配もあります。それらの影響が出てくることが濃厚になれば,さらに梅雨明けは遅れることに。”

人間って勝手がいいものです。長雨が続けば,「早く梅雨が明けて欲しい」と願うもの。降らなければ。農作物の被害や飲料水を心配する。

 特に屋外での仕事や商売をする人達にとっては,重大な関心事です。私の住む地方も適度の降雨はありましたから,梅雨明けを待っています。

○えーっ!
”フェデックスはB767Fを25機以上追加購入する交渉。公示価格に基づく購入額は約50億ドル(約6200億円)。ビジネスニーズに合致するよう保有航空機の計画の調整に常に取り組んでいる。現時点で発表することはない。”

 このブログでも頻繁に使っている”世の中双発機の時代”が,また現実味を帯びてきました。UPSのB767Fを珍しい機材と思っていたら,ガリバーまでも…。

 こうなるとB777-200F(一時はA380Fを発注しかけたフェデックス…結局キャンセル)を大型機として使い,中型機としてB767Fを使うのでしょう。

 いずれにしてもB767Fは,貨物輸送を考えるとB747Fの半分を運べるちょうどいい大きさです。また,補完されているB767もたくさんある?改造費で済みます。

 青組の貨物機が,全機B767の改造型です。第二の人生を歩んでいます。なかにはウィングレット装着の機材まであります。コスト削減にはもってこいです。

○伏線が
”SKYの再建,同社の最大債権者でイントレピッド・アビエーションが策定した再生計画案のスポンサーとして,DLが参画する方向で最終調整。独自の再生計画案について債権者向け説明会を都内で開く。その際,DLの協力が得られることを債権者に説明し,賛同を得たい考え。SKYへの出資や共同運航の実施などが想定。出資する場合は羽田空港の発着枠の返上が生じない議決権ベースで2割未満になる見通し。DLの支援が決まれば,SKYは外資系として初めて羽田空港発着の国内線に就航。米航空大手3社のうちDLだけが日本で国内線の運航面でのパートナーがおらず,同社がSKYと組めば,羽田からの乗り継ぎ利便性が高まり,ロサンゼルス便などへの需要拡大が見込める。両社はすでに,SKYの国内線でDLのマイレージが使えるなど一部で協力関係にある。
 SKYの再生計画案をめぐっては,同社はすでにANAを傘下に持つANAHDの支援を軸にした案を表明。同社はANAに代わるスポンサー候補を2社に絞り込んだとしつつも確定できていなかったため,対抗案の実現性が懸念されていた。イントレピッドがANA案に反対する背景には,SKYの破綻でこうむったリース契約の損失をANAに肩代わりしてもらうはずだったものの,その交渉が不調に終わった。
 8月5日に開く予定の債権者集会では,SKYとイントレピッドの二つの再生計画案が付議される異例の展開。書面による投票期限も7月24日に迫っており,両案とも支持集めが激しくなっている。

 現在でもSKYのHPを見ると,DLでたまったマイレージを国内線で使うことができるようになっています。イントレピッドは,いいところを探したものです。

 さらにスカイチームに参加している航空会社は,国内ゼロです。国際線が無理ならば,国内線に切り込もうというのが,DLの本音でしょう。

 しかし,これは頭を傾げたくなります。アメリカ国内線への外資参入は,事実上閉ざしています。あれだけオープンスカイを主張してきた国ですよ。

 それが,日本には適用しない考えなんでしょうか?あまりに自分中心な考え方だと思います。もしもアメリカ国内を開放したら,ビッグ・スリーの存在は?

 恐らく中東御三家の餌食になることでしょう。他にないから乗っているだけで,高い・狭い・サービスが悪いのをアメリカ国民は我慢している。

 お客様第一と考える中東御三家が,アメリカ国内線に参入したら…。LCCのサウスウェスト航空以外は,大変に厳しい経営になると予想されます。

 もう一つ,このことで頭を悩ましているのが,国土交通省だと見ています。一時エア・アジアの声も聞かれました,影の指導で表舞台に出ることもなく終わりました。今度は,いきなりです。

 国内路線運行するのにも,資本の20%以下というのが決まっています。と言って,ガリバーが参入となれば,話は別です。あくまで投資の制限のはずなんですが…。

 LCCとは違った意味で,仕掛けが出てくると思います。これでは,官僚=青組の図式が崩れていきます。さて,こうなると…。実は,(恥ずかしいですが)私はこの先が読めません。

○同じ事を
”ダッフィーの顔が機体にあしらわれた日本航空の特別機。ダッフィーがディズニーシーに登場して今年10周年を迎えることを記念して作られた。ダッフィーバスも登場し,特別機の就航を盛り上げた。特別機は来年4月ごろまで全国各地で運行予定。”

 過日B777-300でS/Cを出したと思えば,今度は(また)ディズニー関係のS/Cです。全くこの会社は懲りないことを何度もやります。

 ディズニーの公式エアラインは知っていますが,デカールを貼るだけで,ディズニーに入る金額は…。儲けたお金を湯水のように使う昔のやり方です。呆れます。


今日の1枚
Dsc_4044


2015年7月14日 (火)

台風9号は

 今年の梅雨は,降水に地域差が大きく出ています。鹿児島県を中心にした集中豪雨は,ご存じの通り。今回は,北へ上がって熊本県が豪雨に見舞われています。台風の影響?

 昨日の午後,職場では台風9号の動きに話題沸騰でした。17日(金曜)に手渡す大切な書類を準備しなければなりません。私を除く多くの人達は,大忙しです。

 予報を見ると,16日から17日にかけて四国・中国地方を縦断するようです。気象庁の”暴風・大雨注意報”は,早くから広範囲に出されるのが一般的です。ひょっとしたら…。

 誠に残念なことに(両日)私はお休みです。皆さんのお役に立てず,残念です。せいぜい我が家の暴風対策をするくらいでは?と言って休日出勤をしても…。

 願わくば,この台風の後に"梅雨明け宣言”が出されると嬉しいのですが。予報では,梅雨明けが遅くなるようなことを言っています。台風よ,停滞前線をぶっ飛ばせ!

 台風の被害はいつも甚大のものがあります。梅雨時の集中豪雨も同様です。しかし,これがないと”夏の渇水”につながります。思うようになりませんが,うまくできています。

 もう一つ,今日は仕事帰りに図書館へ行かなくては…。15日が返却期限です。台風接近の折にじっくりと読める本を探さねば…。

○上げる時は素早く,下げる時はノラリクラリ
”航空燃料の価格が低迷,原油価格の下落に加え,需要の落ち込みです。シンガポールのケロシン価格は,3カ月ぶりに1バレル70ドルを割り込んだ。理由は航空機の利用が減ったため。北米路線では米国で高止まりする航空運賃,アジア路線では韓国のMERSが客足を鈍らせている。
 アジアから北米への航空燃料の輸出が止まった。夏場の行楽期で航空機の利用が増える時期に入り,例年であればアジアから米国への輸出が増える。今年はアジアで滞留したままになり,価格を押し下げている。
 原因の一つが,米国の航空会社の運賃。昨年後半から石油製品の価格は軒並み下落。しかし,米国では航空燃料が値下がりしても,航空運賃に反映されずに高止まりしたまま。
 大手航空会社は運賃を下げなくてもある程度の顧客を確保できている。さらなる顧客確保のための価格競争に前向きでない。米エネルギー情報局の統計,6月26日時点の航空燃料の在庫は約4140万バレルと前年同時期に比べ1割多い。出荷量は6月の4週間平均は1日あたり158万バレルと前年同期比で横ばい。米航空会社は座席の需給が引き締まった状態を維持するため増便を手控えており,燃料需要が伸びる余地はない。
 高止まりする航空運賃に対し,米国のガソリン小売価格は前年同時期に比べ24%安い。消費者は高いままの飛行機の利用を手控える一方,安いガソリンの恩恵を生かしている。
 韓国のMERSが需要に影を落とす。日本から韓国へ向かう旅行客が減少。日本からの需要は落ち込んでいるが,韓国へ向かう格安航空券の価格は上昇。韓国からの訪日客が増加し,供給が減った座席の需給を引き締めている。
 アジアのケロシン価格は日本の航空会社が設定する燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)のコスト計算で使われる指標。ケロシン相場の低迷が続き,今後の燃油サーチャージのさらなる引き下げにつながる可能性はある。”

 航空燃料は,特殊な燃料です。他に転用できないから,だぶつき気味になる訳です。しかし巧妙な手段を使って燃油サーチャージの値下げは,わずかです。

 わずかとは,赤組・青組ともに”8月からの国際線貨物サーチャージの値下げ”を公表している程度です。相変わらず密室での”燃油サーチャージ”の決定です。

 他の交通機関では,燃料や電気代が値上がっても,このような曖昧な価格を設定していません。航空会社の経営がずさんだと思いませんか?お上に甘えていませんか?

 日本の航空業界が稼ぐトータルは,トヨタ自動車の何分の1しかありません。身の丈に合った経営ができないものでしょうか?華々しさばかり求めている旧態依然の経営です。

○元気だねえ
”エアアジアX(D7)は10月を目途に,新千歳/クアラルンプール線の運航を開始。現在は関係当局に申請中,日本路線の就航地としては成田・羽田・関空に次ぎ4都市目。使用機材はA330。
 D7は現在,新千歳/バンコク線をチャーター便としてデイリー運航、このほど8月1日からの運休を発表。D7のクアラルンプール発日本行き便の利用者のうち,約6割はマレーシア国内および周辺国からの乗継客。新千歳/クアラルンプール
線の運航が開始されれば,バンコク経由で訪日していた観光客の需要が,クアラルンプール経由へとシフト?”

 やはり中部よりは,北海道の方が魅了ですよね。いい温泉・蟹・スキー場と東南アジアの人達にとっては,とっても魅力ある北海道です。

今日の1枚
Dsc_0666


2015年7月13日 (月)

KYOTO

 昨日の室温の最高は,32.5度でした。禁断症状が出ましたから。そして昼間は一人ですから,冷蔵庫に直行です。冷えたYEBIS君がニッコリと待っていてくれました。

 毎日同じことを書いていますが,蒸し暑いこと!湿度も65%もありました。YEBIS君との久々の対面後,今度はシャワーを浴びました。気持ちが良かった。

 そうそうシャワーを浴びる前に自室のエアコンをオン!シャワーを浴びて,涼しい部屋にこれまた直行!ここまでやれば,後はシエスタがあるのみ。

 こんなに暑い日曜日に娘は,オープンキャンパスのためにお仕事です。きっとスマートになって帰ってくることでしょう。今年は3回やるそうです。

○皆さんはどう思われますか?
”米国の観光雑誌"Travel and Leisure"で,今年の世界の観光都市ランキング1位となった京都市。2年連続でトップに輝いた<古都>で、外国人観光客らをもてなす免税店が大幅に増加している。4月現在で前年の約4倍となる715店。免税制度改正による対象商品の拡大など,市などが講じた免税店支援の施策も急増を後押し。新制度スタート直後,英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語を話せる人員を待機させたコールセンター(年中無休)を設置。外国人観光客のさらなる増加を見据え,人材育成にも着手。免税対象の商品などを英語・中国語・韓国語・仏語で説明する冊子を作成、市の外国人旅行者向けHPでは免税店情報を発信。”

 いくら円安と言っても,”京都物価”というものがあります。国内の観光雑誌の紹介する店は,どこも高い!なぜか"KYOTO"と言うだけで,高く感ずるのは私だけ?

 それに地下鉄も2路線のみ。海外からの観光客に路線バスは,難しいだろう。となると残るはタクシー,狭い京都の道をタクシーがいっぱい走っています。

 もともと神社仏閣は,法人化に伴う免税措置が講じられ,京都市に入る税金も少ない。なれば観光業で稼ごうと言う図式なのかしら?

 京都の伝統工芸も安価なものは,(よく見ると)"made in China"ですよ。土産物屋さんの商品にケチをつけるつもりはありませんが,粗悪品の多いこと!

 何度も仕事で京都へ行っています(分かる人は分かる)から,ついつい土産物屋さんに付き合わされました。そこでじっくりと観察した感想を述べているだけです。

 京都のとどめ,入場料の高いこと!駐車料金も同様。まさにあそこはぼったくり集団の世界です。団体料金にしても割引率は低い。中学生以下は,入場無料にして欲しい。

 桜・お祭り・紅葉の時期をずらし,ちょっと静かな京都は大好きです。例の"50+"を使って,安価に気ままに京都を楽しみたいものです。"1 day ticket"を有効に使ってね。

○同じく"Travel and Leisure"から
”2015年の旅行関連のベストサービス「World's Best Awards」を発表。アメリカ国内線を除く国際線を運航する航空会社のベスト10も発表。
1:シンガポール航空 2:エミレーツ航空 3:カタール航空 4:キャセイ・パシフィック航空 5:ニュージーランド航空 6:ヴァージン・アトランティック航空 7:タイ国際航空 8:大韓航空 9:全日空 10:カンタス航空”

 客室内の快適さ・搭乗中のサービス・顧客サービスと付加価値の主に4項目が調査対象だそうです。このたぐいの調査は,バラバラな結果が出て面白いですね。

 やはり中東御三家は,どの調査でも強いですね。そして地味ながら,どの調査でもキャセイ・パシフィック航空が出てきます。私自身,CXやSQは好きな航空会社です。

 そして日本航空は,この調査でも名前が出てきません。落日の旧ナショナルフラッグ・キャリアなのかしら?狭い!不味い!親方日の丸が解消されない限り無理ですね。

○この会社,危ないよ!
”11日午後6時半頃,名古屋から福岡に向かっていたFDA,京都上空およそ6000mを飛行中,計器が空調の異常を示したため,名古屋空港に引き返した。当該便と福岡からの折り返し便が欠航。”

 先日は新潟上空で,そしてバードストライク,そして今回。9機体制になっても,自転車操業です。1便の遅れが後続にズルズル,福岡帰りで定時運行は経験なし。

 欠航となると,決まって搭乗率の低い路線から始まります。この会社,危ないよ!そろそろ大きな事故をやるような気がします。外見と中身は大違いの会社?

今日の1枚
Dsc_1591
西芳寺庭園

2015年7月12日 (日)

夏の撮影は

 インドネシア:ジャワ島のラウン山の爆発,映像で見るともくもく煙を出しています。これが地上に落下すると火山灰です。観光地ジャワ島は大打撃です。

 当然,成田・関西への航空便はストップです。現地で足止めをくっている人達,まあ自然現象には逆らえません。しかし,何とか運行再開,良かったですね。

 我が国は?口永良部島の住民の方々の避難生活も長引いています。また,観光地:箱根の大涌谷の立ち入り制限は続いています。こちらも宿泊キャンセルが…。

 夏と言えば,バカンスシーズンです。例外は私くらいでしょうか,何も計画はありませんし,どこにも行かないでしょうね。暑い!混む!高い!この三重苦を思うと…。

 (密かに密かに夢見ているのは,9月下旬の北海道です。11連休があります。これは豊田の御大の影響を受けた訳ではありません。少しでも安価にそして楽な旅ならば…。)

 梅雨が明けなければ,成田・伊丹・福岡にも行けません。もちろんこれらの空港を全部制覇する余裕もありません。それに撮影時間が限られています。

 と言うのも,イタリア・フランス人からスライド交換の申し出があり,過去のスライドを引っ張り出し,選別しています。なるべく古いものを希望されていますからね。

 あれこれ見ていると,やはり夏のトップライトは,"腹黒”です。下半分が真っ黒です。これでは相手に失礼です。撮影した本人は,必死になって撮ったのですが…。

 夏の撮影は,せいぜい午前10時までと午後2時過ぎからですね。この間は,まあディジタルで遊ぶのに都合がいいと思います。これならば,かなりの補正が効きますから。

○前回よりは
 またバジルソースに挑戦しました。前回足りなかった"松の実”を入れました。今度は肝心のバジルの葉が不足?仕方なくオリーブオイルを増量,不人気のガーリック減。

 パンにバジルソースを塗り,トーストにしました。薄く切ったトマトを挟んで朝のトーストです。自己満足ですが,明日の朝も同じものを食しようと思いました。

 あれ程たくさんあったサニーレタス類も少なくなってきました。これだけ暑くては,ブロッコリーも作れません。救いは,やっとパプリカが収穫時期を迎えたことです。

 緑色からいつになったら黄色に変わるのか,ヤキモキさせられましたが,やっとです。鷹の爪も今年は大収穫が期待できそうです。少しでも自作を増やさねば…。

○実現するかな
”国土交通省航空局は,東京で開催した日本/イスラエル航空当局間協議で,両国の航空会社が成田空港で週14便まで就航可能な枠組みを新たに設定することで合意。これにより,イスラエルの航空会社が成田空港に定期便をデイリー運航で就航することも可能。
 また,日本,イスラエル間のコードシェアの枠組みを自由化,双方の航空企業の運航柔軟性を拡大,第三国企業との共同運航も可能。”

 昔昔その昔,イスラエル機の名古屋空港チャーター便を思い出します。今で言うテロ対策なんでしょうか,非常に警備が五月蠅かった記憶があります。

 今でもこの国の飛行機のディストネーションでは,警備が変わらないと聞いています。聞くところに寄れば,搭乗手続きに異常な時間を割くそうです。

 それでも成田便が開設されれば,やはり撮りたいですね。使用機材は,B777?B767?どちらでしょうね。順当ならばB767でしょうかねえ。

○これで終わりにして欲しいね
”広島空港で今年4月,アシアナ航空機が着陸に失敗した事故機,駐機場脇の空き地に置かれている機体の撤去作業を始めた。11日午前から機体の部品を取り外す作業に入り,機体を切断するなどして今月下旬までに空港外に運び出す。”

 アメリカで日本で重大な事故を起こしたアシアナ航空,事故はこれで終わりにして欲しいですね。何回やったら気が済むのでしょうね。

 安心・安全は,公共交通機関に携わる企業にとって,最も優先すべきことです。今回でも"go around"して,安全を優先すべきことなのに…。

 お金があっても(実際は…)乗りたくない航空会社の一つですね。さらにかの国の○○○○は,私の思想信条に反しますからね。

今日の1枚
Image631a


2015年7月11日 (土)

またイジメ

 雨が降らなければ,日中の気温はどんどんと上昇,おまけにこの地方独特のムシムシした状態,不快指数(そういえば最近聞かれなくなった。死語か?)も高いと思います。

 サイトを見ていたら,マドリッドでは昨日45度を記録したそうな。私が夏に旅行した時に42度というのを経験しました。目の前にヘヤードライヤーが動いている状態です。

 それでも湿度が極めて低いので,日陰に入れば気持ちが良かった。が,日本の夏は日陰に入っても暑い!身体が萎れてきます。虚脱状態です。

 これで蝉でも鳴くようになると,耳からも暑さを感じるようになります。シエスタ(siesta)の時間が欲しくなります。暑い昼間は,シエスタに限ります。

 ところで,今度は岩手県で悲しい出来事がありました。中学生の自殺です。15歳にも満たない少年が,自らの命を絶ちました。将来を担う大切な力が。

 この事件に限らず,中学生・高校生の自殺が多発しているのは,一体どのような原因・理由があるのでしょう。今回の場合は,どうやらイジメが原因と伝えています。

 これだけイジメによる自殺が頻繁に起こるようでは,日本の学校教育の未来も明るくはないと思います。イジメ=犯罪ととらえるならば,警察の出番でしょう。

 もう一つは,日本の現代社会が"個”を大切にする社会へ移ってきていることも考えられます。私,"自由"同様"個”のとらえ方も間違っていると思います。

 "自由”には,責任が伴います。責任が問えないようでは,自分勝手な言動となります。"個"という考え方は,互いに互いを尊重し合うことが前提です。これに欠けます。

 意見や考え方に違いはあってもいい,しかし他人の意見や考えを尊重する気持ちをもたなくてはいけません。ましてやパワーによる押し付けなんて,とんでもない話です。

 この事件,新聞を読むといろいろな意見が書かれていますが,少年少女の理解に欠けた大人の考え方,そして責任追及ばかりです。まるでお隣の国の模倣のような姿です。

 例えば,各学校にカウンセラーを置いたらいい…最も。しかし,教員の数は減らす・1学級当たりの児童生徒数も減らさない。大人同士の連携がとれるのか?

 と言うのも,記事に寄れば,該当生徒の学級担任はうすうすイジメを把握していた。が,周りとの意思疎通に欠けていたそうです。文科省の指示も形骸化するほど現場は多忙?

 そんな中,教育現場に異質なカウンセラー,どうやって運営するのでしょう。カウンセラーを置く前に文科省はやることが山積しているのでは?これでは解決になりません。

○知らなかった
”自衛隊のP1が,米国だけでなく,ロシア軍の動きを警戒する欧州の関心も呼んでいる。
 P1,海洋の警戒や監視。特に肉眼では見付けられない海中の潜水艦を探し出し,攻撃する能力がある。
 海上自衛隊は現在,厚木基地に約10機配備,運用試験を続けてきた。今年度中に試験を終え,本格的な運用に入るという。価格は1機,約200億円。2018年から毎年5機ずつ調達し,最終的には約70機を配備するという。レーダーの画面はカラー化,潜水艦を見付けるためのソナーブイと呼ばれる音響探知機器の性能も向上。P1は,最高速度はプロペラ機のP3の約1.3倍。航続距離も約6600kmから約8000kmに増。
 中国が南シナ海で岩礁を埋め立て,軍事拠点を築こうとするなか,米軍はP8などを投入し,現場の監視を強めている。日米は東シナ海だけでなく,南シナ海でも利害を共有していると,南シナ海での米軍と自衛隊の協力に意欲をにじませる。今,東シナ海で米軍がやっている警戒・監視活動の一部を,自衛隊が肩代わりする。それにより,米軍は南シナ海での活動に,余力を振り向けられるようになる。
 日英両政府は今年1月下旬に,初となる外務・防衛担当閣僚級協議(2プラス2)をロンドン市内で開いた。英国はP1の購入に意欲をにじませている。底流にあるのは,ロシアとの関係悪化だ。英国や北欧諸国の近海では,ロシア軍とみられる潜水艦の活動も増えている。”

尖閣諸島・竹島と我が国の領土が中国・韓国の干渉を受けています。歴史的事実を勝手にねつ造し,力による解決をするかのような動きが続いています。

 周りを海に囲まれている日本,海上自衛隊の領土・領海・領空を守る仕事は,大変なものがあると思います。単なるかっこよさで終わってはいけません。

 今回知ったP1,さらなる航続距離を求め,改良を加えて欲しいものです。あくまで領土・領海・領空を守るという専守です。これは守っていただきたい。

今日の1枚
Img756a


2015年7月10日 (金)

安らかな自在な心

 現代では,"立ち止まる”ことを成長の過程ととらえることができない風潮があります。絶えず進歩(果たして進歩なのかは別として)していないと許されない。

 "流行”もその一つ,町興し・村興しと称し,ひたすら売る商品を開発,果てはそのグランプリたるものもマスコミが煽り立てる。まさに金の亡者ですね。

 ソーシャルネットワーク上で,「今誰々と○にいます。」「先程の○○はこれです。」など,不特定多数に発信することも似たり寄ったりです。なぜそんなに急ぐのかしら?

 これは一種の強迫観念なのかもしれません。それを見たり読んだりしても,「あっそう」で終わるだけ,急ぐことはないじっくりと身構えられない現代人?

 そして”遅れまい”と,どこにいてもスマホや携帯電話を見ている輩の多いこと。何と空虚な生活=人生,自分の肥やしとなるようなものが何かが分かっていない。

 とどめは,ファーストフーズに対するスローライフでしょう。時間をかけると言うことは,(大げさに表現するならば)人生を謳歌することだととらえています。

 "立ち止まる”ことは,消費経済を推進していく上では,禁物なんでしょうね。最近私は「疲れた」と書くのは,身体の疲れだけを指しているのではありません。

 世の動きを見ていると疲れます。これをただ単に歳をとっただけでは片付けてはいません。落ち着いた時間が欲しいのです。自分を振り返り,残りの人生を考えたいのです。

 今まで私は,自分の足跡に(妙な)こだわりをもっていました。立ち止まって考えると,どうもそれだけでは不満に思うようになってきました。

 先日来,妙な文章の頻度が多発するようになったのは,ここにあります。立ち止まって考えると,残りの人生をできうる限り素朴に過ごしたいようになってきました。

 こう書いてくると,"不易と流行”ということになるのでしょうか?生き方を焦らない,急ぐこと・欲しいものなんてそんなにたくさんある訳ではありません。そうでは?

 欲望の肥大,欲望を絶えず刺激し,それによって経済が循環していく。給料が上がれば,欲望はますます肥大化をたどります。景気の停滞・後退は,不況ではありません。

 刺激を受けても,もう何が欲しいと切実に思いません。ただただ”安らかな自在な心”が欲しい。と言っても貧乏人です。それなりに生きていけます。行きます。

○またか
”UAは8日,コンピューターのハードウエアに問題が生じ,2時間近くにわたって全便の運航を停止。米連邦航空局(FAA)),UAのシステム全体にトラブルが生じたため,全便が運航停止。UAは800便に遅れが出た,自社の4便と提携先の地域航空55便が欠航。ルーターの問題により,様々なアプリケーションのネットワーク接続が悪くなり今朝の運航停止につながった。”

 確か先月,UAは同じようなコンピューター障害で同じような事態になったように思います。これは日本でもたまに起こりますね。利用者は大変だ。

 航空管制のシステム障害もありましたね。航空管制ができないならば,飛行機は飛ぶことが不可能です。多大なる恩恵の裏には,このようなこともあり得る訳ですね。 

○A350 VS B777
”エアバスは,CX向けA350-900の製造が順調に進んでいると発表。CXはA350-900を20機,A350-1000を26機発注。初号機の引き渡しは2016年初旬。
 A350 XWBは,A350-800が280席,A350-900が325席,A350-1000が366席,エンジンはトレントXWBを搭載。JLが,A350-900とA350-1000を合わせて最大56機導入。SQやTGなど11社が導入を予定。6月末現在,40顧客から781機を受注。アジアからは244機を受注。”

 双発大型機の誕生です。B777に大きく水をつけられていたエアバス,満を持しての開発です。A330も性能アップ版を出すなど,小型機共々両社のバトルが激しくなります。

 なかでもJLは初めてのエアバス機,これを受け取る頃には,例の制限も終わっています。B787でもそうですが,一般乗客には新型機導入は,相当なインパクトがあります。

 できればスターウォーズに対抗して,最初からS/C導入はいかがなものでしょうね,植木社長様。B787とA350-900を組み合わせると,路線の内容が随分変わってくると思います。

今日の1枚
Dsc_3025


2015年7月 9日 (木)

田舎はいい

 通勤途中,GSの電光掲示板を見てビックリ!"145",確か先週ガソリンを入れて時は,"134"であったはずです。視力が記憶力が衰えた?最高値は,"146"でした。 

 この時期,東方遠征も西方遠征もありません。ガソリンタンクもなるべく軽くして走っていますが,この数字を見たら…。これは生活に響きます。

 まだ多少の余裕があると思っていたのは,数年前でした。ガソリン価格一つとってみても,これは大変に厳しいものです。ジワジワと生活が脅かされてきています。

 「こんなはずじゃあなかった」と思ったときは,もう黄色から赤色にシグナルが変わってきています。最近読んだ本”下流老人”,いつ誰がなるのか,神のみが知る。

 この本には,熟年離婚・認知症にも焦点が当たり,病める日本の社会を鋭く突いています。”一億中流意識”と言った言葉は,もう死語ですね。

 そこにもある認知症,先日も書きましたが運転免許証の更新時に検査があります。この検査で認知症と言われても,無事故無違反ならば更新できます。

 が,これも75歳以上の運転手は,免許更新時の検査で「認知症の恐れ」と判定された場合,医師の診断を受けなければなりません。

 仮に交通事故を起こした場合,認知症が疑われる=医師の診断となるそうです。高齢者の事故を防ぐのには,これは効果がありそうです。

 が,都市部に住む高齢者は運転免許証の返上は可能かもしれません。が,公共交通機関が整備されていない地方部ではどうでしょう。やはり都市部の思考と言わざろう得ません。

 乗りたくて乗っているのではなく,他に移動手段がないから乗っているのです。私が知っている地域の中で,朝夕各1本というダイヤを見たことがあります。

国会議員は,人口に比例して議員を選出しています。それ自体に異議はありません。が,地方選出の国会議員は,もっと地方の声を大にして出して欲しいものです。

 例えそれが少数意見であっても,都市部からの視点しか考えられない人達への警鐘となります。これは利益代表ではなく,今後増え続ける高齢者への配慮です。

 これは余談ですが,地方を旅行をしていて楽しみなのが,"地方紙”です。ガリバーな新聞社の記事とは,一味も二味も違います。これこそ地域密着の典型だと思います。

○世界にはおかしな輩が
”バンコク発イスタンブール行きトルコ航空機が,「機内に爆弾を仕掛けられたとの情報がある」として,インド・デリー空港に緊急着陸。機体に異常はなく,乗員乗客計148人は無事。インド航空当局やトルコ航空によると,機内のトイレに「爆弾あり」と書かれていたという。インド治安当局が機内を調べたが,爆発物は見つからなかった。治安当局が乗員乗客から事情を聴いている。トルコ航空は「すべての安全点検を終えれば、予定のイスタンブールに向かう」としている。”

 予想するに自分が搭乗している飛行機のトイレにいたずら書き,余程人に迷惑をかけることがお好みのようです。一緒に搭乗した多くの人達は,大迷惑です。

 先日の新幹線車内での焼身自殺でも,時と場所を考えないもの,あの場合は何にも関係ない人が一人命を落としています。刑事上,民事上,こういった場合は?

今日の1枚
Dsc_2981


2015年7月 8日 (水)

利潤追求のために

 日本の空からガリバー2社のB747が消えて,飛行機と言えば"双発機”となってしまいました。国際線をとってもB777-300が一番大型機になってしまいました。

 そのB777-300あるいはB777-200も初期導入期が,次第に世代交代をする時期が間近になってきました。赤組はA350を青組はB777Xを選びました。どちらも双発機です。

 新たな双発機B787もB787-900の導入が進み,赤組は国際線投入路線をより柔軟に組めるようになってきました。今度はB767-300の姿が次第に…。

 オンシーズンが間近な現在,座席数が減ったことにより,チケットの入手が難しくなってきています。航空会社としては,空きを減らし収益を上げる目的を達成できるわけです。

こんなことを考えていたら,海の向こうはもっと進んでいます。

”米国の航空会社の事業を拡大,必ずしも乗客にプラスになっていない。その原因は,既存のジェット機に座席を追加したり機体を大型化したりして定員を増やすアップゲージング(upgauging)という航空業界の手法です。この手法が採用された結果,先月の国内線で提供する座席数は2年前より12%増,便数は4.4%減少。大型機の方が乗り心地はいい,飛行速度も速い。頭上の荷物入れも広い。座席が増えれば格安な航空券を買える可能性は高くなるし,アップグレードも受けやすくなる。しかし,便数が減れば選択肢も減る。小都市への便数が減る確率も高い。
 司法省が米主要航空会社4社を談合の疑いで調査していることが明らかになり,各社の運航計画の策定方法に注目が集まっている。利幅を守るために共謀して輸送能力の増加を抑制した疑いがもたれている。
 航空会社にとって単価:1座席1マイル当たりのコストを下げられるし,プレミアムシートやWiFi接続サービスなどを販売する機会も増える。空港の混雑も緩和され,嵐の際などの遅延やキャンセルを防止できる。また,新たな機体を購入したりリースしたりする必要がない。米航空業界団体エアラインズ・フォー・アメリカによると,平均的な国内便の座席数は現在107席で,5年前の95席から増加。航空会社が多くの既存の航空機に座席を追加している。同じ機体で座席数が増えれば,乗客の足元のスペースは狭くなるだが,座席を薄くし,トレーテーブルやシートポケットのデザインを見直し,乗客にはほとんど分からない。
 アップゲージングの最大の犠牲者は,ハブ空港と小都市の間の輸送を引き受けてきたリージョナルジェット。この5年間で定員が50人以下の国内便を約3分の1削減。比較的大型の航空機を導入,それに見合うだけの需要がない小都市への便はなくなった。”  

 このまま日本の空に適用するのは,難しいと思います。が,より確実に収益を上げる為の手法は,どこでも考える事は同じです。

 ガリバーと言えども,機体の小型化・定員増は考えていると思います。収益の多い路線には大型機,地方へはさらに小型機を導入していくことでしょう。

 もう一つ忘れてはならないことは,"新幹線の整備””リニアの開通”でしょう。仮に品川~新大阪が開通すれば,伊丹は不要になる位寂しい空港になると思います。

 それは北陸新幹線開通により,便数減・機材の小型化にも現れています。日本の場合,新幹線との競争を忘れてはいけません。なにせ新幹線は便利です。

 独断と偏見ですが,那覇や福岡の新滑走路と千歳のみが,生き残っていくように思います。少子高齢社会を迎え,航空会社は生き残りの為に知恵を絞っていることでしょう。

○やはりねえ
”エアバスの2015年第2四半期の引き渡し,引き渡しはA320シリーズが129機,A330シリーズが29機,A350シリーズが3機,A380が9機。受注はA320シリーズが237機,A330シリーズが23機,A350シリーズが1機,A380はゼロ!
 ボーイングは上半期が,B737が249機,B787が64機,B777が50機。B747,B767ともに9機ずつ納入。”

今日の1枚
Img869a


2015年7月 7日 (火)

備えあれば…

 昨夜,熟睡中目が覚めました。右膝がズキズキ痛みます。せっかくの爆睡が,痛みのために途切れました。その為,仕事中眠たくて眠たくて…。

 もう1週間前の東京での疲れが,時間を経て膝に来ました。万歩計では,1日約2万歩を記録しています。坂の上がり折り,メトロの接続時の長い通路と階段…。

 久しく痛みが出なかったので,「これくらいは」といった慢心が招いたと考えられます。自動車を運転する際も左足ブレーキです。信号待ちを含め,これで通しています。

 手術では治らないそうですから,特にアップダウン時,もっと膝に負担をかけない歩き方をしなければなりません。脚立も上がったら,上がりっぱなし?

 ところで,皆さんのご自宅には”水の備蓄”がどれくらいありますか?我が家は,一応20リットルを備蓄しています。毎年ミネラルウォーターの一番安い冬に入れ替えです。

 この地方には久しく大地震が起こっていません。が,いずれ(それがいつなのかは,神のみぞ知る)来るかもしれません。数日分の”水の備蓄”だけはしています。

 前兆のある場合は,それなりの備えができます。が,やはり大地震については,結果論ばかりで,予知は難しいようです。ならば我が身は自分で守らねば…。

 「災害は忘れた頃にやってくる」とも言われています。平素より地震対策だけは,きちんと行いたいと思っています。火事を伴うと…。どうしようねえ。

○どうしようもないよね
”原油価格の低下と旅行客の増加で第1四半期(1~3月)の実績が良好だった韓国の航空業界が,旅行シーズンを目前にした6月に発生したMERSの影響で,バラ色の経営目標が揺らいでいる。中国人観光客の大量の航空券予約取り消しで,7,8月の航空機運航を縮小したうえ,中国人観光客の訪韓需要が回復するまで多少時間がかかると予想される。
 アシアナ航空は6月の国際線乗客9万8千人が搭乗予約を取り消した。国際線乗客は昨年の100万9454人より15.7%低い85万552人。大韓航空は10万5千人が搭乗予約を取り消した。10%減。済州航空は国際線搭乗客が19万1千人で,予約取り消しは4万人余り。国内線も搭乗客数が減っている。大韓航空は約2万4千人,アシアナ航空は約1万6千人が予約を取り消した。
 これに伴い,航空企業等は搭乗率低下にともなう損失額を減らすため相次いで運航縮小に入った。大韓航空は6月15日から7月31日まで,アシアナ航空も6月9日から7月29日
 証券会社は第2四半期ばかりか,第3四半期や年間実績展望値を低くしている。大韓航空とアシアナ航空の今年の営業利益推定値を,それぞれ1兆50億ウォン(約1105億円)から9069億ウォン(約998億円)に,4182億ウォン(約460億円)から2709億ウォン(約298億円)に下げる。”

 まさかのMERS旋風,多くの方が亡くなられました。いろいろ原因を書かれていますが,もう収束に入ってきています。やはり空の世界は,水物です。

 昨日のギリシャでの国民投票,これが株価・通貨にどう影響をもたらすのか,韓国航空業界もヒヤヒヤでしょうね。リーマン・ショックの再来ならば,最悪ですね。

○日本も見習わなくては
”先週スクートのパイロット研修,エバ・マリア・ティエン氏は参加者の中でひときわ目立つ存在。女性はただ一人,しかも教官でもあった。
 男性中心のパイロットの世界,ティエン氏は数少ない女性の一人。世界のパイロットのうち女性が占める割合は3%,シンガポールではわずか約1%。ティエン氏は空を飛ぶことにかける意志の強さと技術,愛情から男女の壁を打ち破った。欧州での業務に進んで就いてチャンスを待ち,昇進後アジアに移った。厳しい状況では本当に懸命に働く必要がある。
 航空業界で勤務する女性の仕事は,室乗務員に限定される傾向がある。2013年には米国の客室乗務員のうち80%が女性。航空機パイロット協会の会員のうち女性が占める割合は約5%,BAやLHなどの航空会社と同水準。シンガポールを拠点とする航空会社の中では,ティエン氏はワイドボディー機を操縦する唯一の女性パイロット。”

 日本にも旧JEXに女性キャプテンがいました(います)。パリのエアー・ショウでも後援されたと記憶しています。パイロット不足を嘆くより,女性パイロットも育成したら?

今日の1枚
020a

 

2015年7月 6日 (月)

心に期すること

 今週は,お袋さんの命日があります。仕事日に当たります。外を見れば曇り。剪定ばさみを持って,いざ墓参り。忘れたのは,蚊避けスプレー,またやった。

 玉ツゲの剪定をまず行い,丸く丸く丁寧に2本を剪定,だいぶ小さくしました。墓石を洗い,磨き,準備万端。花を生け,とっておきの"京都三千院のお線香”を立てました。

 生きているうちにはそれ程とは思っていませんでしたが,もっと親孝行しておくべきだった。「この親不孝者が…」と言う叱責が聞こえそうです。ただ頭を垂れるのみです。

 後日,仏花を買って仏壇にお供えをしなければなりません。その為に帰宅してから仏壇のお掃除をしました。不精者です,だいぶホコリがたまっていました。恥ずかしい。

 ところで,日頃からこう考えるようになりました。何を?そう,自分の葬式です。自分の葬儀代位は残しておきたいことと,”無宗教”で行ってもらいたことです。

 護持会と称して毎年多額の寄付金を要求するお寺,こんなお寺の坊主に唱えてもらって,却って迷惑です。”葬式仏教””金の亡者”と揶揄されても仕方のない堕落です。

 葬儀も家族葬で十分,わざわざ葬儀に来ていただくのも恐縮です。家族にも余分な苦労をかけたくない,火葬された骨を墓に入れてもらえれば十分です。

 こう書いてくると(恐らく)笑われると思います。が,"死”はいつやってくるか分かりません。できうる限り周りに迷惑をかけないことを考えています。

 例えば,贈与もほぼ終わっています。蓄えという蓄えもありません。迷惑となるのは,大量のスライド・ボックスとCD・DVD位か,CD・DVDは市に寄贈してもらえれば…。

 人間の欲望には限りがありません。あそこに行きたい!あれを食べたい!あれが欲しい!などきりがありません。こんな享楽的な生き方しかできないのだろうか?

 私だって行きたいところ・食べたいもの・欲しいものはありますよ。でも一つを充たしたら,次の欲求が生まれます。そういう人生を繰り返してきました。疲れました。

 私の好きな言葉,目指していること,”我唯足知”がそれです。今ある環境を大切にし,ただただ己の脳を活性化させる活動に努めること,これです。停滞ではありません。

 一度受けた"生”を大切にして生きていきたいものです。それは欲求を満たすことが目的ではなく,己をもっともっと大切にした生き方に努めることです。

○また煽り立てるマスコミ
”ほぼ決着がついたと見られたスカイマークの経営再建問題が,ここへ来て風雲急を告げている。東京地裁が民事再生作業を進めるスカイマーク側が提出していた再生計画案に加え,イントレピッド社が提出した計画案についても,8月5日予定の債権者集会で賛否投票を行うことを決定したから。この種の債権者集会で,二つの案の賛否が問われるなんてことは,まさに異例中の異例。こんな状況下では,出資を予定する銀行もファイナンスには応じられないのではないか。スカイマークの資金繰りを支えてきたのは,経営再生を主導するインテグラルから投入された90億円の資金(最終的に資本金に充当)と日々入ってくる売上金,いわゆる日銭。それでも不足した場合には,三井住友銀行と日本政策投資銀行が,DIPファイナンス(民事再生法等の申し立てから計画認可までの期間の運転資金を調達する手法。)の形で運転資金を融資することを検討していた。ところがこんな状況では銀行としては動けないのではないか。”

 個人的には,インテグラルが支えると思っています。こういった不安を与えるような行為は,不謹慎です。東京の皆さん,アマオウ食べて博多に行きましょう。

 困った時はお互い様です。スカイマークを助けましょう。日本の空の為にもあなたの協力が必要です。私?残念ながら資金がありません。応援は気持ちだけです。

今日の1枚
Dsc_0761


2015年7月 5日 (日)

SI2

 深夜までネットに張り付けだった人も…。名古屋空港を離陸,日本時間4日未明,ハワイ・オアフ島の空港に無事到着。3000ftを切ってからの時間の長いこと!

 これで飛行時間は約118時間,連続飛行時間の世界記録を更新。狭いコックピットで孤独を噛みしめながら,生理的現象・不眠不休に近い状態,よく頑張ったものです。

 それでもあと約半分が残っています。莫大な資金を投入しているそうですが,それでも地球一周を実現してもらいたいものです。次はアメリカ本土へ!

 1号機が出た時とは,随分技術革新が進んできました。例えば,夜間飛行です。主翼全幅いっぱいにソーラーパネルそして蓄電池を積んでいるそうです。

 知識だけですが,リンドバークは単葉単発単座のプロペラ機でニューヨーク・パリ間を飛び,大西洋単独無着陸飛行に初めて成功させました。

 時代は変わっても,技術革新の元,新しい冒険が続いています。今回も綿密な計画,そして不安ならば延期という英断をしながらのハワイまでの飛行です。

○耳が痛い(ピーター・バラカン)
 英国人にとってマナーは,「自立した人間として,他人に不快な思いをさせないための自発的な行動」です。英国は個人主義を重んじる国ですから,一人一人が他人を最大限,尊重する。同時に自分も,他人から尊重してもらえるよう,普段から周りに良い印象を与えるべく努力します。
 一方,日本人にとってのマナーは「決められているから,仕方なく守っているルール」に映ります。礼儀正しいし,相手に対する細やかな心配りも素晴しい。ところが,仕事が終わった途端,豹変する。日常生活で,ビジネスパーソンの残念な行動をよく見かけます。

◇ビジネスパーソンの残念な行動
 歩き方がだらしない・スーツのまま酔いつぶれる・人にぶつかっても何も言わない・店員に対して上から目線で接しがち・レジでの無言・道を譲られても会釈がない・大きなゴミが落ちていても素通り・(公共の場)洗面台の周りを水浸し

 聖書に「人にしてもらいたいと思うことは何でも,あなたがたも人にしなさい」という一節があります。英国では「黄金律」と呼ばれるもので,子供の頃から教え込まれます。だから「こんな時,自分だったらどうしてもらいたいだろうか」と常に考え,行動するようになる。そうしたことを積み重ねていくと,他人を気遣った行動を,自然にとれるようになります。実践しているのは特別なことではなく,さりげないことである場合が多いのです。自分がどういう印象を人に与えているか,気を配るようになります。英国ではマナーを欠いた行動で他人を不快にさせるのは,教養のない証拠と思われる。人に何かをしてもらう時にPleaseとThank youを必ず言うのも,同じ理由です。それを言うか言わないかで,その人への印象が大きく変わります。たった一言,「お願いします」とつけ加えれば,気持ちよく働けるのに…。本来,「お願いします」「ありがとうございます」の一言は,「そうすべきだ」と考えて言うものではなく,条件反射で出てくるべきものです。
 日本の言葉に「お天道様が見てる」があります。世間や会社,取引先などに対してではなく,「お天道様」に恥ずかしくないように振る舞うことは,マナーの向上につながっていくはずです。お天道様という,日本の黄金律がまだ,日本人の心の中に生きている証拠だと思います。”

 この記事を読んでいると,北陸:加賀屋のおもてなしを思い出します。プロの選ぶ旅館中の旅館:加賀屋,そこでのおもてなしの神髄が,昔あったものでは?

 泊まらせていただく,気持ちよく泊まっていただく,その両面がぴったりと合っている。そこ古くから日本に伝わってきた心の交流があります。

 宿泊代金が高いので再訪はしていませんが,「あそこは違う!」と今でも思っています。自分の注文だけをサービスしてもらう西洋との違いもあります。

 明治以来,西洋方式が○であり,日本古来のものは×の図式が,今でも残っています。まねは所詮上っ面だけで,中身の伴わないまねばかりです。

 マニュアル通りの受け答えが,そんなに合理的でしょうか?それが普通の会話でしょうか?「今日も蒸し暑いですねえ。美味しいアイスコーヒーなどどうでしょう。」と言えないかな?

 東京1極集中の日本,そこに住む人々の胃袋を満たすのは?安心・安全と国内産を求める閉鎖的な人達,田舎に住む私から見れば,人の心までおかしくなっていると。

 「隣の人は何する人ぞ」,これまた古い言葉です。隣人に対しても興味・関心をもたずして,それが正常な社会と言えるでしょうか?マナーもおかしくなって当然です。

 古くから日本に伝わる"秩序と価値”が残っているならば,ピーター・バラカン氏に堂々と反論ができるのだが…。そう日本人の美風と羞恥の崩壊が進んでいるからです。

今日の1枚
Img015a


2015年7月 4日 (土)

善意と悪意

 私,毎日新聞を読むのが楽しみです。某新聞を長年届けてもらっています。それでは足りず,ネットでいくつかの新聞を読むようにしています。

 同じ事柄を扱った記事でも新聞社(記者)によって,視点が異なるところが面白い。ついつい比較し,ウィンドウズがいくつもいくつも…。

 最近は,ネットでも有料化(一部有料化)が進んでいます。まあ経営が苦しくなりますから,仕方がないことです。無料分だけでも読めれば…。

 興味をもった記事を2本紹介します。

”カラーパウダーを使った台湾の音楽イベントで粉じん爆発,大勢の若者が大やけどを負った事故,日本の医療器具メーカーが治療用ガーゼを寄贈。寄贈したのは富士システムズ,通気性のよい合成繊維にシリコーン液をコーティングしたガーゼ,傷にかぶせた上で包帯を巻く。重度のやけどには使いにくいが,ガーゼをそのままにして包帯だけ交換することで,皮膚の再生を助ける。普段の需要は少なく,日本で作っているのは同社だけ。福島に工場を持つ同社の川口洋一郎社長は「あるものを全て出した。東日本大震災の際の台湾の支援にお返しができれば」と話す。”

”名古屋市の無料低額宿泊所,生計困難者に生活保護費を申請させ,受給日に全額を管理して搾取する貧困ビジネス。元入居者によると,生活保護費は約11万~12万円,全額を預けると,家賃や食費,運営費など9万円抜かれ,残りは夕方に戻る。このサンハウスグループ,名古屋市と羽島市で三つの施設を運営しているほか,名古屋市内で無届けの3施設も営む。炊き出し会場や公園,簡易宿泊所に手配師スカウトを派遣,路上生活者を入居させていた。契約書には,料金欄に運営費2万円,管理費7千円と記載,入居者には具体的に説明せず徴収。「施設側は,野宿の人を金のなる木だと思っている」と,路上生活者を支援する男性は言う。運営者は生活保護費から安定した収入を得て,路上生活者は搾取されても屋根の下で安心して暮らすことができ,お互いの思惑が一致する。”

 胸がジーンとしてきました。かたや大震災のお礼にと支援の手を差し出す人,かたや生計困窮者を食い物にする人,どちらも日本人です。

 同じ日本人でありながら,どうしてこんなに心の持ち方が違うんでしょう。特に後者,路上生活者を閉め出す行為の裏に,どうしたら救えるのか考えないやり方,ここです。

 同じ日本人,私自身もひょっとしたら生活困難者になる可能性だって…。社会の一員でありながら,社会から見放された存在,手をさしのべるのはボランティアだけ?

○皇太子殿下ご夫妻も
”全日空(ANA)は2日,羽田発ファアモツ国際空港(トンガ)着のANA1959便を運航。使用機材は,JA627AのB767-300ER。
 この便は,トンガ国政府が4日に挙行する同国国王陛下の戴冠式に,皇太子殿下と雅子妃殿下を招待,これに参列することに伴うチャーター便。
宮内庁の発表,3日(金)にヌクアロファに到着,トンガ出発は6日(月),ヌクアロファ発が10時55分,羽田着が17時の予定。”

 庶民の足B767を皇室が使われる,滑走路・随行人員などいろいろあると思います。青組の面目躍如,我が国のトップ・エアラインの登場です。

 これはトリプル・キャプテン体制でしょうかねえ。客室乗務員も普段の乗客と違うだけに緊張する?だろうなあ。それでもトンガのバカンスが…。

 庶民といたしましては,どのような機内食であるのか,知りたくなります。まあ,ファーストクラス+αくらいかな?野田元首相のような居酒屋飛行機ではあるまい。

今日の1枚
Image1094


2015年7月 3日 (金)

人口減少

 雨のち蒸し風呂のような暑さ,1日違うだけで5度以上の気温の差,体調管理が難しい梅雨時です。湿気をとろうとエアコンのスイッチを入れれば,今度はだるくなります。

 熱中症という症状も市民権を得て,気象情報の折には暑さ=熱中症のパターンができてしまいました。と言って冷たいものに手を出せば,今度は食欲がなくなります。

 数年前から日本人の4人のうち1人は高齢者,そろそろ仲間入りをする私です。体調管理が難しいです。摂り過ぎれば,夜トイレに立つ回数も増えます。眠いです。

”総務省は,今年1月1日現在の日本人の人口を発表。前年より27万1058人減り,1億2616万3576人。減少幅は過去最大,6年連続の減。人口減少が加速している。
 出生者数は100万3554人,1979年の調査開始以来,最少。逆に,死亡者数は127万311人で最多。自然減(海外赴任や留学などを除く)は26万6757人,過去最大。
 65歳以上の老年人口は3268万764人,全体の25%。15歳未満の年少人口(1631万18人)の2倍を初めて超えた。15~64歳の生産年齢人口は7717万2787人で20年連続の減少。
 都道府県別の人口,増えたのは6都県。増加数の上位は,東京都(7万2516人)神奈川県(1万659人)埼玉県(9561人)。愛知,沖縄,千葉3県が続いた。”

 あなたの住む町は? プラスは,全国で10箇所だけ?
 http://www.nikkei.com/edit/interactive/population2014/map.html#/static

 労働人口の減少,税の負担額,過疎と過密など,人口減少に伴い様々な問題が生まれています。記事にあるように”東京1極化”による歪みは,さらに問題を難しくする?

 働く場所がなければ,働く場所を求めて移動する,当然です。学ぶ場所がなければ,学ぶ場所を求めて移動する。これまた当然です。しかし,これは歪みです。

 国の仕組みを官民挙げて取り組まなければなりません。と言って,従来のような金のばらまきをすることが,地方の為になるといった施策は,長い目で見ればよろしくない。

○驚き呆れかえるミス
”台北市郊外で2月,復興(トランスアジア)航空の事故,正常に稼働していた2基目のエンジンが停止した原因はパイロットの操縦ミスだった発表。
 台湾飛航安全調査委員会によると,墜落直前にパイロットが「わあ,間違ったレバーを引き戻してしまった」と叫んでいたことが,ブラックボックスの記録から明らかになった。
 事故機は2基のエンジンのうち1基が既に機能停止に陥っていたが,正常に稼働していたもう1基が,パイロットのこの操作ミスにより停止してしまった。”

 飛行機は,1基のエンジンの推力でも離陸は可能です。最も異常に気付けば,その前に停止しますが。正常な1基のスイッチを消せば,引力に引っ張られますよね。

 この航空会社のみならず,台湾の航空会社に寄る墜落事故は,他国を圧倒しています。事故対策の根本的なところが,どうも徹底できていないような気がします。

 名古屋空港手前で墜落したA300の事故でも,オートパイロットに関わる初歩的なミスです。コンピューターとパイロットとの格闘,結果は…。

 ほとんどの航空機では,パイロット2人で操縦を行っています。どうしてでしょう。ヒューマン・エラーを相互チェックで防止する為では?

 離着陸前後の魔の時間帯,パイロットが一番緊張する時間に…。驚き呆れかえるパイロットのミスです。犠牲になられた方々,ここで今一度ご冥福をお祈りいたします。

○また同じような調査が
”エイビーロード・リサーチ・センターが,2014年に海外渡航をした人を対象に,国際線エアラインの満足度調査を実施,シンガポール航空が2012年調査の以来4年連続で総合満足度1位。
【総合満足度ランキング】
1位:シンガポール航空/前年1位  2位:日本航空/前年3位  3位:ANA/前年2位  4位:ニュージーランド航空/前年8位  5位(同率) :エバー航空/前年6位  5位(同率) :エミレーツ航空/前年5位  
【各部門別満足度ランキング1位】
航空機の機材,設備:シンガポール航空/前年2位  客室乗務員の接客サービス:日本航空/前年3位  空港内の航空会社職員の接客サービス:ANA/前年1位  機内飲食サービス:カタール航空/前年13位  機内エンターテインメント:エミレーツ航空/前年1位”

 満足度は,個人差が大きいと思います。感覚的なもの,それも不安定なものがあります。まあ庶民は,エコノミークラスのシートピッチや機内食の比較をしてもらいたいのですが。

*もう少しだ!12917ft 44ktで,ミッドウェー島を通過,ハワイ諸島がまうすぐだ。軌跡を見ると,苦労しているのが分かります。眠たいだろうな。連続20分の睡眠が限度。

今日の1枚
Img710a


2015年7月 2日 (木)

脳の活性化

 全くとんでもない事件が起こったものです。例の新幹線内の焼身自殺です。「若者はとかく暴走しがち,老人はとかく慎重になりがち」と言いますが,これは例外?

 深夜の首都高速道路での暴走事件を書きましたが,今回の場合は全く見ず知らずの人を巻き添えにしています。とても70歳を超えた人のやるべきことではありません。

 この事件の背景はまだ分かりませんが,自分が引き起こそうとすることが,どれだけの人に迷惑をかけるのか,これだけの人生経験がある人ならば…。

 直接間接を入れれば,約9万人の人達に迷惑をかけたそうです。残された家族(?)親族は,愚かな行為の為に肩身狭い生活を…。亡くなられた人はお気の毒です。

*これで飛行機並みの”手荷物検査が導入”されれば,この老人のやったことのいかに愚かな,人様に迷惑をかけたことにもなります。後世に残る愚かな事件です。

 いくら自暴自棄の心理状態であったとは言え,小さな子どもでもやらないことを…。これでまた老人の暴走が,社会問題となって浮かび上がってきます。

 もはや思考の柔軟性が失われています。他人の会話に割り込んでくるのも似たようなものです。自分の思考回路が固定され,周りが見えなくなる訳です。

 こうなると他人の心情を汲み取り,自分の責任でもって口に出すことも怪しくなります。他人の家に土足で入って行くようなものです。それも自覚症状がないだけに…。

 死は突然やって来ますが,老いは徐々にやって来ます。それだけに自分の心の鍛錬を疎かにしてはいけません。柔軟な思考をもつために(例えば)読書をお薦めします。

 そして病と上手に付き合いって生きていかなければいけません。病と無縁の人は,却って怖いです。生活に慎重さを欠くことが多いからです。

 先進国の中で真っ先に少子高齢社会に突入した我が国,老人に関する悪いニュースが増えてきそうです。せめて自分が仲間入りしないよう,脳の活性化に励みましょう。

○エーッ!
”中国の李克強首相は,エアバス社製のA330を75機注文。契約金額は180億ドル(約2兆1900億円,フランスにとって異例の巨額契約。内訳は,購入確定が45機と購入計画段階の30機。”

 これは金で政治問題をムヤムヤにするやり方です。フランス政府は,これで中国のやることに口出しはできまい。アメリカとフランスの分断成功?

 欲望にくらんだ両国,これ程醜い商談は例が少ないと思います。オバマさんは,苦々しくこれを見ているでしょう。ボーイングに注文する理由がないですからね。

 いっそのことフィリピン・ヴェトナム・マレーシアなどの国々は,エアバスの不買運動でも始めたらどうでしょう。全く愚かな目先しか見えないフランス政府です。

○その後
”名古屋空港からハワイのホノルル空港へ向け飛び立ったソーラー・インパルス2,トラブルを起こしている?ソーラー・インパルス2は,”FR24”で追えます。偏西風に乗り,名古屋を離陸後40時間ほどで2700kmを飛び,ホノルルまで3800kmという距離でUターン。8000m程度の巡航高度では偏西風が100km/h以上,Uターンしても戻れない。高度2300mだと雲も多く連続飛行できない可能性大。偏西風が強く,高度も低いため日本に戻ることはできない。今度はミッドウェー島の方向に飛び始めた。(0433)ミッドウェー島を越し,ハワイに向かっています。(5221ft,17kn)”

 この記事を読み,私もFR24を常に表示しています。周りの民間機の動きに反して,ほとんど止まっているかのような動きです。頑張れ!

○知らなかった
”DLは,JFK=LAX,SFOの輸送力強化を図る。輸送力強化により,両路線で最多の座席数を提供する航空会社の地位が盤石になる見通し。JFK=LAX直行便は11月から増便,1日最大10便で運航する。4便はB767,6便はB757を使用。1日8便のJFK=SFO直行便は,3便がB757からB767に機材変更。DLはJFK=LAX,SFO直行便でワイドボディ機材を導入する唯一の航空会社。DLはLAX空港ターミナル内施設の改装に2億2900万ドル,JFK空港ターミナル拡張に14億ドルの投資。”

 日本ではかつてB747を国内線で使っていました。今はB777-300を使っています。このような大型機の使い方をしている国は?

 航空大国アメリカでは,大陸横断も中・小型機でまかなっています。同じ路線をいくつかの航空会社の競争です。LCCの生き残れる道があります。

今日の1枚
Dsc_0718


2015年7月 1日 (水)

先を考えると

 昨日で2015年の半分が終わりました。「光陰矢のごとし」と言う言葉があります。あっと言う間の半年でした。そして新年度から3ヶ月,これも早い!

 「後悔先に立たず」とも言いますが,私の場合,こうやって半年・3ヶ月を振り返ると,実に無為な時間の多いことに情けなくなります。

 こんな生活をしていると,さらに老いた時には,自分の足跡の薄いことに嘆き悲しむのではないかと思います。「継続は力なり」,とても空虚な言葉に聞こえます。

 今の仕事も1年と9ヶ月,「まだかまだか」と思っていては,結局中身の乏しい時間を過ごすだけに違いないと思います。たった1時間ですら,有意義な時を過ごせない私。

 卜部兼好(これが生前の名前だそうです。ウラベ・カネヨシ)の徒然草で,「思い立った時を逃さず,即実行」と書いています。読んでいて,ウーンと…。

 もっと突き詰めていくと,本当にやりたいことがはっきりとしていないのです。考えれば考えるほど情けなくなります。残り時間は少ないのに。

 と言って,お金がかかるようなことに手を出せば,きっと資金不足で長続きはしない。私の生き甲斐としてきた趣味も,やはり資金が底をつけば続きません。

 となると,ますます頭の中は混乱するだけです。少しでも頭の中を整理しなければいけません。歳をとっても息長く続けられることは,???。

 70歳を越えれば,自動車の運転免許の更新が難しくなります。人様に迷惑をかける運転はしたくありません。となると,”飛行機や石仏や日本庭園”は消えます。

 ”能”はと言えば,これまたチケット代が馬鹿になりません。せいぜい年数回がいいところでしょう。”50+”ならば,時間がかかりますが,鉄道の利用が可能です。

 となると,残るは”音楽”しかありません。これまた"生”となると,能同様年数回がいいところでしょう。全部消えていくような気がします。

 ”趣味=生き甲斐”と言っても,このように先を考えると,そんなに長く続くものを求めてきていなかったことが,遅まきながら分かってきました。

 一つの趣味が長く続くと考える事すら間違っている?歳に似合った趣味を始めるといった柔軟性が私には欠けています。思慮の浅さを露呈したようなものです。

 ならばこれら以外に生き甲斐となるようなものを考え,求めていかなければ,ますますボケがひどくなります。再任用(再雇用)のうちに考えをまとめたいと思います。

○青組は一歩先を行く
”沖電気工業(OKI)は,ANAに国内初の自動手荷物預け機を納入。搭乗者自身が操作して手荷物を預けられる装置,オランダのBagDrop systems BV社製。ANAは7月より羽田空港国内線第2旅客ターミナルに5台から運用,2015年度末までに同ターミナルに計39台を導入する予定。係員を介すことなく手荷物を預けられ,自動手荷物預け機によるカウンターを増やし,手荷物受託の処理能力を向上,搭乗者の待ち時間を短縮できる。
 自動手荷物預け機の利用方法は,手荷物を装置に入れ,搭乗券をかざす→画面に表示された旅程,顧客情報などを確認→発行される手荷物タグを荷物に取り付ける→装置の前面のドアが閉まり,控えが発行。
 導入にあたりOKIは,プロジェクト推進,仕様調整,進捗管理,技術支援,日本国内の法規適合支援などを実施。今後,他の日本国内の航空会社や空港ビル運営事業者への導入を目指す。”

今日の1枚
Dsc_0696小石川後楽園


« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »