2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日のお天気は?

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

蒸し暑い

”名古屋と東京,大阪などの夏季(6~8月)の気温の平年値(統計期間1981~2010年),名古屋25.6度で東京24.3度より高いが,大阪26.6度,京都26.0度ほどではない。ただ,猛暑日が名古屋10.8日。東京2.2日より多く,大阪10.8日,京都14.5日。
 なぜ暑くなるのか。○名古屋の西側には1200~1300メートル級の鈴鹿山脈,伊吹山地が連なる。琵琶湖方面からの西風が吹くと,山を越えて下降気流となり,濃尾平野に流れ込む。フェーン現象となって気温上昇を招く。○ビルやアスファルトの蓄熱作用,昼ごろには伊勢湾から海風が吹き,地上の気温上昇が抑えられるが,強い西風に負け,高層ビルに遮られ,海風が入らない。ヒートアイランドは,体にこたえる熱帯夜が続く。
 名古屋は冬も過酷。冬季(12~2月)の平年値は5.5度,京都5.6度並み。最低気温が零度以下の日は26.3日,東京19.5日,大阪6.5日,京都20.6日より多い。若狭湾からの北西の季節風が関ケ原を抜けて吹きつけるのが原因。”

 夏蒸し暑く,冬冷たい季節風,まあ暑さ寒さに耐える名古屋人,他の地域に行けば,どこも天国のような気候です。これに地球温暖化の影響でさらに気温は上昇?

 日本の三大都市圏で一番過酷な気候の名古屋,梅雨の晴れ間を喜ぶ反面,また例年の蒸し暑さが続く夏がやってきます。高温多湿に耐える体力あるかなあ。

 記事にはありませんが,名古屋を取り巻く地形をもう少し。北には岐阜県(最南端を金華山)・東には東部丘陵地帯と暖かい空気の逃げ場のない地形です。

 前橋・熊谷程は有名ではありませんが,東隣の岐阜県多治見市は盆地です。フライパンの底のような多治見市,ここも暖気の逃げ場のないところです。

 もう40年以上前から,某大学の大和田前教授は,名古屋のヒートアイランダ現象について調査・研究をされていました。これは本にまでなっています。

 最後に人間というのは現金な動物でして,いくら暑いと言っても好きなこととなると耐えられるものです。何って?空港にいる写真家達です。陽を遮るものがない空港です。

○VSと一瞬思いましたが…
”LHは,フランクフルトとミュンヘン空港からファーストクラスで出発するLH・SWISS・OSの旅客らに対し,搭乗までの待ち時間にポルシェのレンタルサービスを行うと発表。ポルシェの貸し出しは各空港のファーストクラス・ラウンジで受け付ける。レンタルできるのは,ファーストクラス・LHのマイレージプログラム最上級会員・LHプライベートジェットの利用客。車種はポルシェ911とパナメーラ。車種の選択はオンラインからも可。料金は3時間で99.11€。料金には燃料代・保険料が含まれ,走行距離の上限は150km。”

 LHの台所は厳しいものがあると聞いています。手頃なところでサービスを考えたと思いますが,FCに搭乗する人って,そんなに暇なんでしょうかね。

○元気なのは
”トランスアジア航空(GE)傘下のLCCである台湾のVエアー(ZV)は,2015年の冬ダイヤで,日本への定期便の就航をめざす。ZVは2013年11月に設立。現在台北/バンコク,チェンマイ,マカオに定期便を運航。日本線は関空,中部,福岡線の定期便就航を計画,国土交通省には6月中に申請。台湾の人々から人気が高い,GEや他社との競合路線を考慮,就航地を決定。
 また,首都圏への就航も検討中で,茨城への乗り入れも予定。茨城については,9月のシルバーウィーク中に茨城/台北間で1本チャーターを計画。
 乗客の8割~9割は台湾発の訪日客となる見込み。日本発は2割~3割を見込む。
 運航機材はA321で全席エコノミークラスの194席。”

 これはまだ見たことはなし,撮りたいです。やはり福岡?まあどのような時間帯に飛来するかで出撃空港を決めたいと思います。それもなるべく早く。

今日の1枚
P1000125aa


2015年6月29日 (月)

若者の心を

 ビルの2階にある見晴らしの良い某喫茶店で,午後のコーヒーをいただいていました。ふと前の道路の向こうに(ビルの谷間に)小さな神社がありました。

 いくら建築ラッシュとは言え,不動産屋も神社には手を出さないのかしら?立ててある幟もだいぶくたびれていました。前を歩く人達には,どうやら目に入らないようです。

 私がコーヒーを飲んでいる時間(休憩時間?)で神社のお参りは,1組の老夫婦のみでした。若者達には目に入らない存在ですね。

 恐らく近所の人達(氏子)により定期的に掃除はされているのでしょう。コーヒーを飲んだ後,その神社に行ってきました。綺麗なものです。

 氏子の高齢化に伴い,この神社の将来は…。と言って若者達に信仰心を植え付けようにも植え付ける人もいない?支柱だけの幟が…。

 酒屋さんやコンビニに行くと,いろいろなハイボール(あるいはその亜種)があることに驚きます。また,新しい味の追加もあります。面白い現象です。

 これは先にブームになった焼酎でもそうです。焼酎の割方も呆れるほどたくさんあります。居酒屋さんのメニューを見て驚いた記憶があります。焼酎のお茶割り???

 先のハイボール,某メーカーのヒット商品,何と缶ビールのような缶ハイボールに至り,多くのマスコミも取り上げていました。何ともおかしな現象です。

 限定的ですが,某ウィスキーは原酒が底をついたとも言われています。それでもメーカーは,不安だと言います。天下のNHKのドラマが後押ししたにも関わらず…。

 記事をよく読むと,ウィスキーを好む(よく口にする)年代は,圧倒的に40~50台が多いそうです。20~30台の倍以上あるそうです。このままいけば…。

 そこで人気のあるうちに手を打とうと,様々な作戦に出ているそうです。全く若者達のお好みを把握しないことには,将来が不安になると言うことです。

 少子高齢社会,今まで延々と続いてきたものやアルコール一つとってみても,少なくなる若者をどう取り込むのか,日本の社会の課題でしょうね。

○お祭りは終わった
”世界一周をめざして飛行中,天候不良を理由に県営名古屋空港に着陸した太陽電池飛行機ソーラー・インパルス2が今朝、ハワイに向けて離陸。1日に着陸して約1カ月。慎重に天候を見極めてきた。今回、最大の難関となる太平洋上の飛行に旅立った。
 同機はジャンボ機並みの72mの両翼などに、約1万7千枚のソーラーパネルが設置され,発電で得たエネルギーでプロペラを回す。蓄電することで夜間も飛行できる。”

 名古屋空港の名物が,これで一つ消えました。爆睡中の私は,ニュースを読むまで知りませんでした。無事ハワイに到着して欲しいですね。

今日の1枚
Img670a


2015年6月27日 (土)

他人様に迷惑をかけない

 以前"暴走行為”について書きました。ストレス発散・自己主張の場などを考えて見ました。自分の欲求を満たすなら,他人のことなんか頭にない者のやることです。

 昨日埼玉県川口市在住の会社役員(49)が,道交法(最高速度)違反容疑などで書類送検されました。いい歳をした者がやることではありません。川口市民の恥です。

 「見た目が格好良く,スーパーカーなら取り締まられないと思った。」と。呆れ果ててものが言えません。自動車が人間の価値を上げる?とんでもない考えです。

 しかし,これ程の愚か者でなくとも,どうも高級車を所有すると,人格が変わる者がいます。古い国産車でも最新の外国車でも公道の上では,平等です。

 もちろん複数車線になれば,走行・追い抜き車線はありますが。それでも法定速度を大幅に上回る追い抜きは,普通の思考をもった者のやることではありません。

 そして先程の者は,深夜首都高湾岸線で法定速度を109km超過した時速189kmで運転,ナンバープレートを外したランボルギーニやフェラーリで走行したりした。

 男らは首都高9号線の辰巳第一PAに集うグループ辰巳会のメンバー。駐車スペースを占拠してエンジンを空ぶかししたり,夜間に暴走を繰り返したりしていたそうな。

 調べたけど,速度超過:6ケ月以下の懲役(過失の場合は3ケ月以下の禁錮)又は10万円以下の罰金, 共同危険行為:2年以下の懲役又は50万円以下の罰金,あとは?

 これでも(罰則・罰金が)まだ軽いと思うんですが,”永久免許停止”が一番似合っていると思います。お金で片付かない刑罰も必要ではないでしょうか。

 今一度書きますが,日本人の美徳の一つに”他人様に迷惑をかけない”がある(った)。こんな素晴らしい美徳が消えていくと思うと,国の綻びを感じます。

○またか
 昨日赤組のB737S/Cについて書きました。困った時のディズニー頼みですね。そうしたら今度は,B777-300に"嵐"+αが発表されました。今までは,B777-200でした。

 浅田真央選手の時もそうでしたが,かなりリア気味にならないと全景が入らない。いつもの赤組の渋ちんなやりかたです。それに夏場は蜻蛉モヤモヤです。

 秋以降にならないと(トップライトから斜光にならないと),これは難しいものです。焦らず,と言ってのんびり構えていると…。困ったものです。

 オリンピックのオフィシャル・スポンサーです。JOC会長の見苦しい姿も写真に写っています。赤組も相当気を遣っていることがよく分かります。

 まあこれ以上自由民主党のご機嫌を損ねては…。じっとじっと2018年度を待つしかありません。その間にしっかりと利益を確保することですね。

○世の中,双発機の時代
”B737MAXは,詳細設計の90%が完了。初号機の組立は,2015年5月29日に開始した。CFM・InternationalのLEAP-1Bエンジンの開発は計画通り進行中で,MAX9・MAX7・MAX200の設計は急ピッチで進行。
 B787-10は、B787-9をモデルに,設計上のコモナリティ(共通性)を95%まで高め,生産性と費用便益が向上。RRのトレント1000-TENエンジンの開発も計画通り進行中。設計は,今年中に90%を完了する予定。生産開始に先立ち設計と製造工程を検証している段階。
 B777Xは,予備設計の検証が終了。GE・AviationのGE9Xエンジンの開発も順調に進行。エバレットとセントルイスで新しい生産施設を建設,機体仕様の決定時期は2015年第3四半期を予定。”

 この3機の開発の中で,一番注目を集めているのは,B737MAXでしょう。いかにA320と差別化を図り,優位になるかがボーイングの将来を決めます。

 そしてなによりB737の息の長さに驚かされます。元々はB707ですから,さらに驚きます。この胴体径による固執,並の固執ではありません。3-3列も依然変化なし。

 但し胴体径以外は,全てが変わってきていますが。レドームの形が変わってきたものの,悪ガキの顔は残っています。この顔がボーイングを代表する顔です。

 B717・B727・B757・B767の新規製造は,ほとんどが終わっています。B747とてA380
への対抗上作っている感じ?世の中,双発機の時代です。

今日の1枚
Img005a


2015年6月26日 (金)

松を守る

 松に特大の毛虫を見付けたのが,先週のことです。お天気,特に風と日照を考え,ご近所に迷惑をかけないように最新の注意が必要です。

 早朝の風のない,洗濯物が干してない時間+家の前を通る小学生や中学生に薬がかからない時間,ついに条件をクリアーしたので消毒を開始しました。

 展着剤を混ぜてありますから,数時間降雨がなければ効果が現れてきます。松以外の庭木にも丁寧に丁寧に散布しました。気温・湿度が高くなると,害虫の発生します。

 薬剤散布したら,疲れが出ました。やはり昨日の状態から完全に抜けきっていないようです。それでもカモマイルの花を切り取って,天日干しをしました。

 もう一つ,先週少しずつとったはずの野草が…。その生長の速さには付いていけません。朝顔とニガウリも順調にネットを上昇中です。これも楽しみです。

○ただ食い?
”学校給食費を「払えるのに払わない」とみられる未納,埼玉県北本市の中学校4校は,3カ月未納が続いた場合は給食を提供しないことを決めた。実施は7月から。未納額が膨らんだことによる苦肉の策。各家庭に通知,該当する保護者43人のうち,納付の意思を示さない保護者は3人に激減。生徒1人当たりの給食費は月4500円,全額が材料費。今年4月から6月まで3カ月分の未納が続く家庭の未納額は計58万500円。一部未納を含む全体額は約180万円,7月分の食材購入が危ぶまれる状況。3カ月未納が続く家庭の保護者43人に,生徒に弁当を持たせるよう求めることを通知。40人が実際に納付するか,「納付する」との意思を示した。”

 モンスター・ペアレントが出てきて何年も経ちます。生活保護家庭であっても,食べたものを支払うのは,社会通念です。今回の措置を読みますと,笑えてきます。

 ただ食い,食い逃げをする腹づもり?子どもも自分の家が給食費を支払っていないことは,薄々分かっていたと思います。親の姿を見て子どもは将来…。

 それにしても3ヶ月で約180万円の未納,学校も舐められたものです。言葉による督促を重ね支払わないならば,毅然たる態度を示すべきだと思います。

 ここでこれだけの人数・金額とすると,日本全国でどれ位給食費の未納があるのか知りたいものです。文部科学省,こういった現場の声を聞く気があるのかしら?

 こういった親の出現は,この国の社会あるいは教育のどこかがおかしい?例えば,"自由"を教えても"責任”を教えていない。やはり”修身”の復活だね,あべちゃん。

○今度は何機撮れるかな
”日本航空とオリエンタルランドは,東京ディズニーシーとのタイアップ:JALハッピージャーニーエクスプレスの就航を発表。東京ディズニーシーにダッフィーが登場して10年,開園以来のオフィシャルスポンサーであるJALグループとの新たな企画が実現。
 JALハッピージャーニーエクスプレスの対象機種は,B737-800,JA318Jほか4機。具体的な路線や便名は運航前日の夕方にJALホームページで公開,就航期間は7月14日から翌4月頃まで。”

5824

 やれやれまた伊丹の午後便を狙いに…。梅雨の真っ最中のデビュー,夏休みの集客作戦ですね。前回も結局3機しか撮れなかった,さて今回は???

 もう一つ,前回はB777-200にもあったのですが,今回はないようですね。寂しい。それにもう少し色の濃いものにしていただけないものかしら?

 最後に日本航空のやることは,ワンパターン。経費節減。相当リア気味にならないと絵全体が見えないやり方です。これって嫌いなんですよね。 

○ピーチ,3機のA320を購入
”ピーチは14機のA320を運航,これまではリース契約。今回は,エアバスから直接購入。航空会社による航空機の調達は、リースと購入の二つの方法があります。リースの場合は金融機関の投資部門,子会社の航空機リース会社から借りる。リース先が航空会社であり,投資先として人気があるそうです。リースで機材を調達する理由は,リスクを極力軽減。取引はドル建てが中心。為替のリスクもあります。製造側にとっても,契約をしてから新造機の納品まで時間がかかる。
 エアバスがピーチからの直接購入を了承した背景にあるのは,信頼の一言。エアバスは「いつ潰れるかわからない航空会社ではない」とピーチを認めた。ピーチ側,リースよりもリスクが高い直接購入に踏み切った理由は?直接購入する資金調達ができるほどの経営体力が備わってきたという証しです。2015年3月期単独業績は本業の儲けを示す営業利益が28億円,国内LCCとして初めて営業黒字化した2014年3月期(営業利益20億円)に続く2期連続の黒字。昨年,パイロット不足に伴う計画減便の影響があったにもかかわらず,利益を拡大。平均搭乗率は85.9%と前の期から2.2ポイント伸ばしている。今年度末には累積損失7億円が解消。8月には深夜早朝(夜22~朝7時)時間帯の発着ながら、国内LCCとして初めて羽田に乗り入れる。3月末に成田空港と新千歳,福岡をそれぞれ結ぶ路線を開設,関空,那覇に続く国内3拠点態勢の構築?。また,2017年夏までに仙台空港を新たな拠点とする。ピーチに対する信頼は、利用者側の実感としても増している。関西空港の第2ターミナルをほぼ専用?海外へ行くなどの場合に利便性が高い。ビジネス客も利用し始めている。”

 少々べた褒め?の記事ですが,確かにピーチの市場調査・路線開拓など,納得のいくものばかりです。経営陣の先を読む目の確かさでしょうね。

 そして大株主にANAHDが控えている点も見逃すことができません。ANAとの路線補完だけに終わらず,人口減少の国での会社経営も先を読んでいます。

今日の1枚
P1000140

2015年6月25日 (木)

スポーツは野外だ

 体調が悪いのか,突然の猛暑に身体がついていかないのか,昨日から体調が思わしくありません。下手に部屋の冷房を入れると逆効果?

 仕方なくテレビのスイッチを入れたら,女子のサッカーをやっていました。私,スポーツの解説者の思い入れが嫌いです。ボリュームを絞って静かに観戦です。

 サッカーと言えどもナショナリズムの高揚になります。攻めれば,そら行け!攻められれば,じっとこらえよ!など,勝手放題な応援です。

 サッカーの世界も女性上位?”なでしこジャパン”と言うそうですが,いつの間に男子の同じユニフォーム?男子よりも地味ですが,女子の方が地力がありますね。

 見ていたらのどが渇きました。鉄瓶で湯を沸かし,熱い緑茶をたくさん飲みました。飲む度に汗がしっかりと出て,少しは身体が軽くなった?

 そう言えば若い頃,この時期テレビと言えば"野球”でした。キリンビールと枝豆があれば,この世の天国でした。放映が途中で切れると,慌ててラジオのスイッチを…。

 あんなに好きだった野球も,もう随分見ていません。2男が小さい頃,Nドームに行ったきりです。あのドーム,これも好きになれませんねえ。

 なぜって?だって”風”がないもんね。風を味方に付けるのも一つの作戦です。”月”も見えない野球場,さび抜きのお寿司でしょうかねえ。

 春夏にある高校野球,あれをドームでやったら,まさに興ざめですよね。真っ黒に日焼けした少年が,風もお日様もないドームでゲーム,想像しただけで白けません?

 高校生に甲子園は聖地であり,国立競技場もしかり。今度の国立競技場はドームになるらしい。可哀想な高校サッカーや陸上,いっそこれを機会に場所を変えて欲しいものです。

○またやってしもうた
”ジェイエアのCRJ200の3機,規定で定められた整備を行わないまま運航を続けていた。整備が行われていなかったのは,エンジンと胴体をつなぐ部品,一定の飛行回数ごとに整備を実施することが社内規定で決まっている。いずれの機体も導入から一度も整備(機体本体とエンジンをつなぐ部分のひび割れなどの強度を検査)がされないまま,半年間運航を続けていた。24日朝,整備システムを更新する際,整備項目がチェックされていないことに気付いた。整備漏れの原因を調べるとともに,23便を欠航。”

 これは暑さボケでは済まされません。私がボケても人様に迷惑をかけませんが,飛行機は困ります。利用客一人一人の命がかかっています。

 2000回以上飛んだと言いますから,×40としたら…。おいおいこんなことしていると,お客さんが逃げていきますよ。飛行機の整備は,イコール乗客の命です。

○映像,画像で見ましたが
”世界一周の途中,悪天候のため愛知県豊山町の県営名古屋空港で待機していたスイスの太陽光発電プロペラ機「ソーラー・インパルス2」は,24日未明,次の目的地・ハワイに向けて出発を検討,離陸直前に航路の天候不良が判明,出発を取りやめた。今後の日程は未定。
 同機は今年3月,アラブ首長国連邦のアブダビ空港を出発。南京空港からノンストップでハワイを目指していたが,悪天候のため名古屋空港に着陸,天候の回復を待っていた。”

 またインスタントドームに格納,孵化を待ちます。名古屋空港では,もう1機孵化を待つものがあります。全く予定が分からず,なかなか出動ができません。

 パリ・エアー・ショウでは,1機も売れなかったMRJです。社長のほら吹きも何か空しく聞こえてきます。産みの苦しみを散々味わっています。

 試験飛行を成功させたら,もっとほらを吹いても構いません。が,いつ飛ぶのか分からない段階では,言葉を慎んで欲しいものです。

○この予報は…
”気象庁は,7~9月の3カ月予報を発表。偏西風が平年より南を流れ,太平洋高気圧の張り出しが弱くなる見込み。7月は東日本,西日本で低気圧や前線の影響を受けやすく,平年より曇りや雨の日が多いと予想。気温は,北日本,東日本,西日本ともほぼ平年並み。”

今日の1枚 
Dsc_3479

2015年6月24日 (水)

思わず…

 辛い月曜日と火曜日,今週もやっと山場を過ぎ,ホッとしています。部外者以外には見られない報告文書,これがなかったらもっと気楽なんですが…。

 今日,そっと勇気を出して聞いてみました。「父の日,何かプレゼントをしましたか」と。返ってきた言葉「サントリーの"maister's dream"を贈りました。」と。

 口には出しませんでしたが,心の中では「ウッフッフッ」,さすが我が愛すべき弟子(?)です。お父様も娘からのプレゼントに思わずニッコリされたことでしょう。

 うちの娘?”YEBIS"を1カートンです。太っ腹!そして昨日は,獲り立ての”サクランボ”です。さすが甲州のサクランボは,甘くて美味しい!

 辛い月曜日・火曜日ですが,温かい心にも触れることがあります。嬉しいですねえ…単純な年寄り!後3分の2,またネジを締め直して頑張ろう。

 朝刊を見たら,ソーラーインパルスが離陸を延期したそうです。深夜に離陸予定だったそうですが…。これは梅雨が明けなければ,ハワイに向かうのは無理なようです。

 現代の最高の技術を使った飛行機ですが,自然の力には勝てないようです。と言うことは,今飛んでいる飛行機は,自然の力を力でねじ伏せているのかな。

 ならば,いずれその強烈なしっぺ返しがあるような気がします。その兆候が,地球温暖化ではないでしょうか?海水面があがれば,(例えば)日本のいくつかの空港は水面下となります。

○我が国のLCCの雄は
”ピーチ・アビエーションが羽田―台北線を開設する。国内LCCが羽田空港に乗り入れるのは初めて。国土交通省が利用を促している羽田国際線の深夜早朝発着枠(午後11時~午前6時)を使い,8月に就航。
 羽田は首都圏で利便性が高く,外国人旅客の増加も見込めるため,乗り入れを検討。ピーチは現在,関西国際空港と那覇空港を拠点に国内線と国際線を展開。”

 昨日某新聞でLCCの乗客アンケートが載っていました。やはり評判は高いものではありませんでした。一番は,リピーターの割合が少ないことです。

 2時間以上,あの座席のシートピッチではねえ。それに預かり荷物の料金が…。さらに定時出発がどれだけ保障されていることでしょう。

 安価だからと割り切れるのは,やはり若者だけでしょうか。今度の便も深夜早朝の離発着,やはり若者をターゲットにしているのかしら?

○中国と並んでこの国も
”インドの航空業界,エアバスは向こう10年間の成長率を年平均10%と予測。ボーイングも向こう20年間は年平均8%を見込んでいる。一方、国際航空運送協会(IATA)は,高い税率などが海外からの投資を妨げているとし,改善を訴えた。
 エアバスは,国内線だけでは11%と見積る。世界の成長率の約2倍。旅行者の増加によりインドは32年までに1,291機が追加で必要になると予測。乗客が全体の1%増えるだけで、機体の保有数を2倍にする必要がある。
 ボーイングは,向こう20年間の成長率を8%,機体の需要は25兆円に上ると予想。燃料価格は安定,為替相場も一定範囲内で推移していることを好条件と評価。ただ,航空運賃の設定方法に懸念が残る。
 IATAは,航空インフラが整っていない,高い税率や厳しい規制が海外航空会社からの投資を妨げている。現在の国際線の就航規制では,国内での5年の運航経験と20機以上の機体保有が義務付けられている。”

 インド旅行した人に聞いたところ,上海同様空の混み具合が激しく,なかなか着地できない。さらに税関で長蛇の列,ターミナルを出ると自動車ラッシュだそうです。

 あれだけの人口を抱えた国です。交通網の整備と言っても,そう簡単にはいかないと思います。道路を作ってもすぐに自動車で埋まる国です。

 しかし少子高齢社会の国から見れば,何とも元気の良い国なんでしょう。先進国の事例を参照し,自然を大切にした国作りをしていただきたいものです。

今日の1枚 
Cxhxd

2015年6月23日 (火)

見上げてみると

 目の毒?昨日12時50分頃,窓から外を見ると…。間違いなくあれは"B787"です。ほぼ予定通りの飛行です。となると,南の島はRW18です。お天気は,曇り時々晴れ?

 急いでFRを見る(BE1)と,弥富上空まで真っ直ぐです。ここでレフトターン,RW18に正対です。NH9294便が,盛んに"touch and go"の訓練をしています。

 これでは下地島空港が閑古鳥が鳴いています。島の税収入も激減,貴重な自然・田畑をつぶした空港なのに…。ここは4000mの滑走路があります。税金の無駄遣い!

 国家予算で4000mと言う,成田以外には例を見ない長い滑走路。いくらシュミレーターの性能が良くなったとは言え,やはり実機を動かすのとは違うと素人は思います。

 さてRW18に正対したBE1は,視程の悪い南の島目指してディセンディングを続けます。やがて巨大な航空母艦のような空港島を確認します。

 "BE1,Clear to land RW18,wind..., ...knot" "Rager,clear to land RW18,BE1" 静かに静かにランディングです。ブレーキ・スポイラー・エンジンリバース…。

 デッキの大歓声が聞こえそうです。先端部分では,まだエンジンリバースはかかったまま?レフトターンの頃。すべてをクリアーにしてSPOT28へ…。

 まだワインダー(モータードライブ)の音は止みません。分かるなあ,この気持ち。SPOT28,お日様が出ていたら完全に逆光,光が弱くて良かった?

 かくして本日のメイン・イヴェントは終了,夕刻乗務員によるトーク・ショーがあるとか?遠くからの遠征組は,モニターにて力作の確認?友との語らい?乾杯?

○先日の続き
”スカイトラックスが選ぶワールド・エアライン・アワード,世界一清潔な航空サービスを発表。”エバー航空”が,最も清潔なシート・テーブル・カーペット・トイレの部門で受賞。
 以下,2位:シンガポール航空 3位:ANA 4位:キャセイパシフィック航空 5位:アシアナ航空 6位:ガルーダ・インドネシア航空 7位:JAL 8位:海南航空 9位:大韓航空 10位:香港航空”

 日本航空や大韓航空,この部門でも全日空やアシアナ航空の後塵を…。これだけでは判断できませんが,判断の基準にはなります。一人一人の乗客の厳しい目を忘れないこと。

 私の仕事でも言えることですが,”当たり前のことを当たり前にやる”って,難しいですよ。気の緩みもありますが,継続性の難しさです。

 B737の頃,大変に楽しませてもらった”海南航空”,トップテン入りです。中国のガリバー3社の名前がないだけに立派です。これは第1位のエバー航空にも言えます。

○熾烈な争い
”ボーイングのパリ航空ショーでの総受注は331機,確定発注154機,コミットメント177機。オランダのエアキャップがB737MAX 8を100機発注。SMBCアビエーションキャピタルが,B737MAX 8を10機追加発注。カタール航空(QTR/QR)は,B777-8Xを10機とB777F貨物機を4機を発注。エチオピア航空(ETH/ET)は787-8を6機,スリウィジャヤ航空(SJY/SJ)はB737-900ERを2機発注。
 コミットメントは,ガルーダ・インドネシア航空(GIA/GA)がB787-9を30機とB737MAX 8を30機,大韓航空(KAL/KE)がB737MAXを30機とB777-300ERを2機,瑞麗航空(RLH/DR)がB737MAXを30機,中国の民生金融租賃(Minsheng Financial Leasing)からB737MAXとB737NGを計30機,ヴォルガ・ドニエプル・グループがB747-8F貨物機を20機,エバー航空(EVA/BR)がB777F貨物機を5機を導入する意向。BBJ MAX 9も,1機受注を獲得。匿名顧客がB737-800を17機とB737-900ERを4機発注。”

 今後の需要予想の通り,B737が受注の中心です。また,少しずつB777Fの発注が出てきたことは,貨物機の世界も双発機に移っていくのか?

今日の1枚
Img1670


2015年6月22日 (月)

良い時間

 昨日の午前中は,雷を伴う結構な雨量,久し振りにいい時を過ごしました。おかしいと思われるかも知れませんが,さして用事もなく出かける理由もありません。

 ”つれづれわぶる人は,いかなる心ならん。まぎるるかたなく,ただひとりあるのみこそよけれ。”(徒然草第75段)気が散ることなく,自分の時間がもてたと言うことです。

 晴れれば,外でやる(やらなければならない)ことがあります。本を読んでいても,やはり外のことが気になります。雨ならば,そんな雑念は消えていきます。

 上州の石仏の下調べ・図書館で借りてきた本・NHK:FM放送・部屋の片付けなど,自分のペースでやることを決め,時間を使うことができます。

 こう言った時間を上手く使いたい。雷の音さえ,「大人しくしてろ!」と聞こえてきました。ここは素直にしたがい,マイペースに時間を使おうと。

○懲りないねえ
”バニラ・エアの機長は,スマートフォンで富士山などの風景写真を撮り,自身のフェイスブックに投稿。操縦していたのは副操縦士だったが,同社は「好ましくない行為」だとして機長を27日間の乗務停止とした。
 ピーチ・アビエーションでは,副操縦士がタブレット端末で「雲の状態を勉強するため」として機長の許可を得て撮影した写真を撮影し,LINEで仲間に公開。副操縦士を14日間の乗務停止にした。”

 客室乗務員とツーショットで問題になる前の話ですが,航空会社もこういったことを隠したがる傾向にあるのでは?まあ自社写真の気の緩みという恥ずかしい話ですから。

 そして内々の処分で済ませようとする体質,これがいつまでたっても自覚不足を産む原因と分かっていない。処分は,第3者によるものが公正公平というものです。

 さらに言うならば,社員のこうした不祥事を産むのは,管理職の在り方にも問題があると言うことです。HPなどで,己の管理体制の甘さを述べ,反省して欲しい。

 先日のT社の女性常任役員の不祥事が発覚した時,真っ先にマスコミを通して謝罪したT社の社長,あれが本来の管理する立場の者のすべきことではないでしょうか?

○これも懲りないねえ
”ICAOは今年3月,同国に対し審査体制の不備を指摘し,90日間内の是正措置を求めていた。しかし,同期間内に適切な対応は見られなかったとして18日に深刻な懸念を改めて突き付けた。
 3月の監査結果では,タイの民間航空行政当局(DCA)の人員不足に言及,地元の航空会社の運航業務の安全対策で問題点があると指摘。
 ICAOは今回,タイの他,アンゴラ,ボツワナ,ジブチ,エリトリア,ジョージア(旧グルジア),ハイチ,カザフスタン,レバノン,マラウィ,ネパール,シエラレオネとウルグアイにも表明。
 ICAOの警告を受け,タイ航空は最高レベルの安全対策で業務を運営しているとの声明を発表。懸念の対象は航空会社ではなくICAO基準の措置を有効に実行していない国家機構を示唆していると指摘。
 ICAOの懸念表明を受け,他の国がタイ向けの路線でどう対応するか。ICAOの今年3月の指摘を受け,アジアの複数の国はタイへの新規路線の開設を禁じ,保有する機材の点検強化を命じた。日本,中国,韓国,シンガポール,オーストラリアや欧州連合などが含まれていた。今回の重大な懸念表明を受け,タイの航空会社が新たな規制を受ける可能性もある。”

自国内の航空行政を司る役所の人員が不足,3ヶ月タイ政府は一体何をやってきたのか,ここを知りたいものです。また,チャーター・不定期定期便が飛ばなくなる?

 安心・安全を搭乗者に保障することばかりか,搭乗者に関わる全ての人・組織に対しても不安を与えるタイ政府のやり方,再び国際的に問題にありますね。

 また,タイ以外にも多くの国々が,ICAOから改善を指摘されました。各々の国の責任をしっかりと果たしてもらいたいものです。それも早急に。

○最後は明るく
”「これまでにない価値を持つ材料。耐熱合金の世界を一気にたたき壊すかもしれないほどのインパクトだ」。その材料とはエンジン向けのセラミックの繊維複合材CMC。炭化ケイ素(SiC)でできた繊維をセラミックとして焼き固めたもの。ニッケル合金に比べ重さが3分の1,耐熱温度が20%UP,強度が2倍。高圧タービンには1000度を超える高温の燃焼ガスが送り込まれる。SiC繊維製のCMCだと最高2000度まで耐えられるため冷却空気が不要となる。軽量であれば燃費向上も見込める。
 SiC繊維を手掛けられるのは日本カーボンと宇部興産の2社しかない。GEが選んだのは日本カーボン。仏サフランと日本カーボンを迎え入れ,3社合弁でNGSアドバンストファイバーを設立。
 CMCが入ったエンジンLEAPは燃費を15%以上削減。エアバスの次期小型機,2017年に初飛行を迎えるボーイングの次期小型機の両方への搭載が決まっている。
 今後,CMCを燃焼器ライナーや円筒部品などにも展開。特殊機械を使って繊維を縦横に通しながら3次元の部品に加工するGE独自のノウハウで実現。エンジン70機分の量産に入っている。
 SiC繊維はスポーツ用品などに限られていた。耐熱温度は1300度から2000度まで上がり,強度の1つで引っ張った時の伸び具合を示す「弾性率」は380ギガ(ギガは10億)パスカルとほぼ2倍に引き上げた。弱点の1300度を超えると劣化する。これを克服したのが酸素を紛れ込ませない電子線照射のノウハウ。
 一方宇部興産は,IHIと組む。セラミックと繊維は結合しすぎると割れてしまうが,窒化ホウ素をコーティングすることで克服。IHIはこれまでタービンディスクやファンなど特殊な合金加工を得意としたが,化学プラント部隊からも人材を送り込み実用化を急いでいる。
 日本の繊維2社には英ロールス・ロイスも接近
。CMCは航空機エンジンだけでなく発電所のガスタービンなど産業機械の部品も取って代わる可能性がある。”

 炭素繊維の実用化,B787にもかなりの部分に使われています。さびない素材,飛行機の軽量化=高燃費など,素晴らしいものを発明したものです。

 そして今度は,エンジン部品でのSiC繊維で活路を見出す日本企業です。地道な研究が実った点も素晴らしいですね。良ければ導入する海外の企業の姿勢も素晴らしい。

○番外
 今日”南の島”にB787の1号機が到着(1300)するらしい。ボーイングから”南の島”へのプレゼントだそうです。太っ腹ですねえ。他施設に2・3号機も寄贈するそうです。

 ”南の島”,最初は物珍しさがあって人を呼べるかも知れませんが,一体どう管理・維持していくんでしょうねえ。まさか放置しておくだけではないと思いますが…。

今日の1枚
005a


2015年6月21日 (日)

ETCマイレージ

 毎月この日に”ETCマイレージ”のお知らせメールが来ます。今月は,昨日来ました。圏央道の料金が高いですねえ。ビックリします。

 それでも深夜割引30%がありますから,少しは助かります。50%レスの時代が懐かしいです。いや”休日・祝日1000円”と言った”黄金時代”もありましたねえ。

 あの頃,休日・祝日には晴雨関係なく走ったものです。晴れれば西や東の空港へ,曇れば石仏求めて東や北へ走ったものです。良い時代(?)でした。

 今では,休日・祝日・深夜で30%レスですからねえ。それに100km未満の通勤割引もややこやしいシステムになりましたね。平日に高速を使わなくなりました。

 今回のメールでは,次回の東方遠征(?)…千葉県もしく群馬県の行きの料金の大部分がカバーされる金額でした。嬉しいですねえ。ETC様様です。

 ETCの搭載にはお金がかかりますが,とっくに元手をとりました。くどいですが,50%レスの時代に戻ってくれれば…。再び燃料費高騰の兆しが見えていますから。

○事実ならば…
”スペインのスポーツ紙アスは,日本サッカー協会会長:長沼健氏(故人)が2000年に,02年の日韓WCの招致にからみ南米サッカー連盟に礼金を払っていたと報じた。金額は150万ドル(約1億8500万円)。「X」とする同連盟の元職員の証言を伝えた。同紙のサイトは証言の映像も紹介。礼金は日韓開催に投票した見返りとして同連盟に加盟する協会に分配するために払われた。ただ,実際は南米サッカー連盟のレオス元会長らが着服。レオス元会長は国際サッカー連盟の理事を務めていたことがあり,贈収賄などの罪で米司法省に起訴されている。”

 アギーレ(前全日本)監督を切った日本サッカー協会,あの時もマスコミは騒いだものでした。潔白な者が切るならばともかく,自らまでも…。

 FIFAの力は,IOC並のものがあります。一つのスポーツでオリンピック並みの人気,そして動く金!そこには”闇の金”が動いているのでしょうね。

 (WC)開催国の名誉とそこで動く金,オリンピックもそうですが,スポーツは金のなる木です。スポンサー,特に放映権と引き替えに入る実入りのいいものです。

 余りの高額な放映権の為に手を引いたり,複数で申し込んだり。またそこに映る自社のロゴの為にスポンサーに名乗り出る。金!金!金!

 映像は世界に配信されます。最も力をもった国の国民が見やすいように競技開始時間までも…。IOCやFIFAは,金なしでは動かすことのできない組織になってしまった。

 そして日本サッカー協会も”悪の手”を使ってしまったのか,これはしっかりとした取り調べをして,膿を出し切ることを期待したいものです。

○お世話になっています
”政府は,医療費の伸びを抑えるため,後発医薬品(ジェネリック)の普及率の目標を前倒しする方針を固めた。「2020年度末」としていた80%達成時期を「18〜20年度末までのなるべく早い時期」としたうえで,「17年半ばに70%以上」との中間目標を設定。
 厚生労働省は,経済財政諮問会議から目標値の引き上げを求められ,5月下旬に「20年度末に80%」の新目標を設定していた。それでも政府の行政改革推進会議からさらなる前倒しを求められ,今回の対応を決めた。”

 これぞ役人気質,追及の手が厳しいとやっと本音らしきものを出してくる。なければ業界を配慮して,緩やかな措置に収める。感心します。

 問題は残りの20%です。この中に含まれると思われる医薬品リストを公表すべきです。医薬品に対する透明度を増す為には,是非必要だと思います。

 少子高齢社会に突入し,医療費にかかる費用は莫大な金額になると思います。健康保険の負担を減らす意味からも,より分かりやすい行政に徹するべきでしょう。

○エアバスの予測
”エアバスは,2015~2034年の航空機市場予測「グローバル・マーケット・フォーカスト(GMF)」を発表。
 今後20年間で航空輸送量は,年間平均4.6%ずつ増加すると想定,約3万2600機の新造旅客機(100座席以上),貨物機(10t以上)の需要を予想。内訳は旅客機が3万1800機,貨物機が800機。
 現在,運航されている1万9000機の航空機は,2034年までに2倍以上の3万8500機となると予測。約3万3100機の経年機が,燃費効率の高い航空機に入れ替えられると予想。
 航空機は,特に60億人の人口を抱える新興経済地域が,世界の航空輸送の成長を牽引する見通し。
 世界の航空大都市(長距離国際線の旅客数1日1万人以上の都市)を結ぶ長距離路線の輸送量も増加する見通し。現在,1日の旅客数は90万人だが,2034年までには,230万人に増加する見込み。航空大都市数は,2034年までに現在の47都市から91都市に増加する見通し。
 広胴型市場では,長距離路線や幅広い地域路線,国内路線市場で,機体サイズが大きくなる傾向が続く見通し。このため,今後20年間で約9600機の広胴型旅客機と貨物機の需要を予測。新造航空機の引き渡し総数の30%を占める。
 単通路型機市場では,今後20年間で約2万3000機の需要がある見通し。前回の予測から約1000機増加し,新造機需要全体の70%を占める。”

一方ボーイングは
”今後20年間の新造機需要は,前回予想より3.5%増の3万8050機を予想。
 民間航空機は,2014年の2万1600機から2034年には4万3560機に倍増と見込む。新造機3万8050機のうち,58%がこの20年間に納入,市場の成長を支える。
 ワイドボディ機は8830機を予測。B787-8,B787-9に代表される200~300席クラスの小型ワイドボディ機が主流となる見込み。市場のニーズが大型機から効率性の高い双発機に移行する傾向が継続する。
 単通路機市場は,今後20年間で2万6730機の需要を見込む。これは,世界の商業航空路線の70%以上,最大で75%の旅客を輸送すると予測。この市場の成長を牽引しているのはLCCと,新興市場の航空会社。
 航空会社の成長の大部分は,新規需要に加え,老朽化した機材の買い換え。毎年約2・3%が買い替えと予想。
 一方,航空貨物市場も,今後20年間で920機程度の新造機需要を予測。”

 まとめると,全体をE(エアバス)32600機,B(ボーイング)38050機と予測。ワイドボディーをE9600機,B8830機と予測。ナローボディーをE23000機,B26730機と予測。

 これは従来の両社の予測と大差ありません。(機体の大きさに変わりなく)双発機の需要をどう見込むかで変わってくるだけです。A380とB747-8,余り需要が…。

 そしてどちらも稼ぎ頭は,A320でありB737であると言うことです。利益率は低いものの一番需要のあるクラスです。ワイドボディーは,ずばり燃費競争と見ます。

 また砂漠で眠っているB747-400のどれだけが貨物機となって復活するか,難しいですが期待したいところです。最も貨物機も双発機の時代に突入する?

今日の1枚
Img314a


2015年6月20日 (土)

ますます肥大化

 凡人には理解しがたいことがたくさんあります。例えば,企業の吸収・合併が上げられます。大が小を飲み込む…分かる分かる,自分にない+を他に求める…分かる分かる。

 言葉で表現するならば,ある程度は理解できます。が,実社会の中での吸収・合併となると分からなくなります。なぜならば,吸収・合併には相当な原資が要ると思うからです。

 新聞の経済欄を見ていると,この吸収・合併が大きく取り上げられることがあります。SBのアメリカ企業の吸収など,大いに騒がれたものです。

 私が気になるのは,銀行・保険会社の吸収合併です。銀行の低利息はご存じの通り。保険会社の保険金の値上げ,例えば自動車保険が上げられます。

 低利息ですから返す時のお金は,原資+αのαが少なくて済みます。貸す場合の金利は,利息のような0に近い数字ではありません。この差が,銀行の利益となる訳です。

 こう考えていくと,低利息に支えられ銀行は利益を膨らますことができます。これが原資となり吸収・合併の原動力になる訳です。太るものは,ますます太れると言うことです。

 もうも銀行が何らかの原因で倒産しても,最高1千万円の保障しか国は認めていません。これ以上銀行に預けても万が一の場合は,返さなくてもいい都合のいい話です。

 この仕組は,保険会社とて同様です。善良な市民は万が一に備え,多額の保険金をかけています。こう言った人達のほとんどは,事故を起こす確率は…。

 横着なあるいは無謀な運転の結果起きた事故,そういった事故の補償に善良な市民の保険金が使われています。これで利益が少なくなると保険料の値上げです。

 銀行同様保険会社が倒産したら,これまた国の業界を手厚く扱っていることが分かります。多額な保険金は,雀の涙程しか保障されていません。

 積もり積もった利益が,保険会社の吸収・合併の原動力になる訳です。銀行といい保険会社といい,善良な市民から血を吸っているようなものです。

 そして自分達の利益を守る為に,○○献金をして,無言の圧力を○○家にかけ,自分達の利益を守っているという訳です。愚かな善良な市民です。

 企業の吸収・合併,特に銀行や保険会社の場合,こういったあくどい商売の結果できることなんでしょう。さらに太る為にも吸収・合併を促進する訳です。

 そんなに儲かっているならば,預金者や保険者に少しでも還元するという発想がないものかしら?サービスも変わらないし,馬鹿にしています。 

○先が長い
”LOTポーランド航空(LOT/LO)は,ワルシャワ-成田線を2016年1月に開設すると発表。東欧から日本に直行便を運航するのは初めて。ビジネスや観光での集客を狙う。
 ワルシャワ発は日曜・水曜・金曜、成田発は月曜・木曜・土曜の週3往復を運航。運航機材はB787-8(ビジネス18席・プレミアムエコノミー21席・エコノミー213席)。
 LO79便はワルシャワを午後3時に出発,成田には翌日午前9時20分に到着。LO80便は成田を午前11時5分に出発,ワルシャワ着は午後2時40分。”

 成田では,久々の朗報ですね。大昔SKが,B767ERで飛ばしていました。B787-8ならば楽々飛べます。そして燃費もいい。アエロメヒコやNZと同じ考えですね。

 問題は,冬季開設ということです。ポーランドの冬は厳しいようです。やはり観光客は,夏場でしょうね。あとはトランジット狙い?それでも週3便では?

○エアバスは強い!
”エアバスは,パリ航空ショーでの総受注は421機。確定発注は124機。
 ピーチ・アビエーション(APJ/MM)が3機のA320を発注。2016年から受領,2017年までに20機体制を構築。
 A350 XWBなどは,全体で55機。サウジアラビア航空は20機のA330の導入を決定。また,A350はA350-900を31機受注。総二階建てのA380はゼロ!
 A320などは,確定103機,コミットメント263機の366機。A320neoファミリーを323機受注。A320neoは,合計受注数が4000機を突破。
 航空輸送の成長の源はアジアである・市場から高く評価されている・A321neoが市場で多くの支持を得ている。”

 やはりB737やB787(B777)と真っ向からガチンコ勝負!そして両社とも超大型機は不振(A380はゼロ!)ですね。そして2機のスカイマーク機,売れるんでしょうかねえ。

○コンコルド?
”カタール航空は,ドーハ=ジェッダ線を1日3便に増便,全席ファーストクラスのフライトを開始。全席プレミアムクラスのフライトにはA319を使用。QR3002便はドーハを9時に出発,ジェッダに11時20分に到着。QR3003便はジェッダを12時20分に出発,ドーハに14時40分に到着。フルフラットシートやノイズキャンセリング・ヘッドホンでの機内エンターテインメント,フライトの前はハマド国際空港のアル・ムルジャン・ビジネスラウンジを利用できる。同ラウンジの利用は,カタール航空とワンワールドのファーストクラス・ビジネスクラスに限定。”

○地味ですが
”吉祥航空(上海市)は,8月に上海(浦東)―羽田路線を開設する。吉祥航空によると,同路線は8月6日から週3便運航。羽田に未明に着き,上海に折り返す。”

 面白いですが,早朝国際線ターミナルは逆光ですね。RW次第では…。

今日の1枚
Image1347a


 

2015年6月19日 (金)

甘い考え

 先日書いた”国民健康保険料”の支払いをしました。給料天引きと違いますから,その負担を重く感じます。まだ”住民税”が薄給から天引きされていますが…。

 そしてお騒がせな”年金”ですが,○○スライド制という支払う側に有利な論理で,今年も減らされました。”年金”の何ヶ月分は,税金・保険料で消えていきます。

 再任用(再雇用)が終わったら,このような公的徴収がさらに懐に響いてきます。生活費の確保すら難しく,わずかな資金を切り崩していくしか…。

 こう言った話をしていると,決まって「まだもらえるだけいいのでは?私達が年になった時,年金はもらえるのかしら?」と返されます。

 なにか梅雨空のような人生に滅入ってきます。しかし,梅雨空はいずれ終わります。しかし生活資金問題に解決はありません。いやー人生プランが甘かった。

 話はがらりと変わりますが,いよいよ"Windows 10"のリリースが秒読み段階になりました。これを知ったのは,ディスプレイのアイコンをクリックしたことからです。

 ディスプレイの右下には,いくつものアイコンがあります。USB接続を安全に切ろうと…。なぜこんな場所にウィンドウズ・アイコンが?クリックしてみたら…。

 "Windows 10"の予約でした。リリースされると自動的に(ウィンドウズ・アップデイトのように)ダウンロードが始まると予想されます。

 "Windows 8"から"Windows 8.1"の時,アップデートに約1時間近くかかった記憶があります。これならば無料CD配付にして欲しいものです。

 さらに言うならば,どうしてこんなに短期間にOSを変えていくのか,昨年"Windows XP"のサポート問題がありましたね。使い勝手のいいOSでした。

 また関連ソフトや周辺機器も問題なく動いていたOSで,人気が高かったものです。そんなものも企業の一方的な考えで,また新しいOSが生まれてきています。

 マイクロソフトもいい加減この姿勢を改めないと,ますますコンピューターの売れ行きが悪くなると思います。なかなか懲りない企業です。

○明暗
 アフリカ最大の航空会社エチオピア航空,ヨーロッパの友達からMD-11Fを送ってもらい喜んだものです。この会社のフレイターには,興味をもっています。

 なにせ日本との路線,アジスアベバ~香港~成田です。やはりお客さんが集まらないのか,そのうちに…。夜逃げ状態では,撮影もできません。

 それでもB787-8を追加オーダーをし,積極的に国際線路線を開拓しているのは,立派です。余程商売の仕方が上手なんでしょうね。

 一方では,アエロフロート22機のB787-8をキャンセルと言ったニュースも入ってきています。東西の二大国の政治情勢を反映したものでは?

 ほとぼりが冷めた頃,A350を追加する?それともA330neoを購入することでしょう。EUとアメリカの分断作戦のような気がします。

○これはお薦めのブログ,一押しです。
 いろいろなブログを訪問していますが,このブログは面白い!為になる!一押しです。
 http://blog.goo.ne.jp/oldman_1949

今日の1枚
Img668


2015年6月18日 (木)

知恵を絞るより

 別に有名なお寺さんの庭を出すまでもなく,庭の管理は大変です。剪定・消毒など,きちんとやらないと悲惨な状態になります。見苦しい姿になります。

 悲惨な状態と言うと,我が家の狭い庭を指すのかもしれません。高温多湿状態になると,雑草の生長は実に早いものがあります。蚊に刺されないようにスプレーをして…。

 雑草は,短い内にとれば楽です。が,10cm以上になると,力も要ります。始末にも困ります。これが分かっていても,ついつい「今度やろう」と誤魔化す人生です。

 雑草は至る所で生長します。アスファルトやコンクリートの隙間にも種が入り,堂々とニョッキニョッキ。こう出てくるようになると,根も相当張っています。

 広ーい空港はどうでしょう。日本の空港の夏の風物詩?放置された雑草,伸びるは伸びるは,1m以上になることもあります。おかげで車輪が見えなくなることもあります。

 雑草が伸びれば,野鳥や虫などの絶好の住み家となります。何せ天敵から我が身を隠す雑草様が伸び伸びですから。雑草は感謝されています。

 空港の主役:飛行機にとってこの野鳥は天敵に近いものがあります。そう”バードストライク”です。しかし,私が行った(数少ないですが)海外の空港の除草は素晴らしい。

 24時間空港でいつ草刈りをするのでしょう。それでも年中高温多湿な東南アジアの国際空港は,きちんと除草をしています。バードストライクを起こせば…。

 機体破損・エンジン破損など,航空会社の支払う金額は相当なものがあると思います。混雑の激しい羽田空港,ここも例外ではありません。

 ライフルによる威嚇やハヤブサによる駆逐などいろいろな手を使って,野鳥を追い払っているのですが,あまり効果はないようです。確実な駆逐方法を考えたら…。

 やはり庭と同様,こまめな除草が一番効果があると思うのですが,予算・作業時間など,いろいろ難しいようです。儲けている航空会社の負担が一番? 

○また好きな
”航空サービス調査会社スカイトラックスが発表した2015年版の航空会社ランキング。
パリ航空ショーで表彰式,カタール航空のアクバル・バーキル最高経営責任者は式典後,「スタッフ一同が勝ち取った栄冠だ。私は彼らのリーダー役を果たしているだけ」と。
スカイトラックスは1999年から毎年発表。110カ国の乗客1890万人を対象,世界最大規模の満足度調査に基づいて決定。調査項目は機内食の味や座席の快適さ,客室乗務員の接客など,広い範囲に及ぶ。
カタール航空は11年12年にも総合1位を取り,2位も2回獲得。ビジネスクラスの座席の部門でもトップ。2位はシンガポール航空,3位はキャセイ・パシフィック航空。全日本空輸は7位。
太平洋路線の1位はキャセイ・パシフィック,大西洋路線の1位はルフトハンザ航空。
客室乗務員の部門は,ガルーダ・インドネシア航空。
最も大きな改善がみられた航空会社にはエールフランス航空。
客室の清潔さは台湾のエバー航空,機内エンターテインメントはエミレーツ航空,機内食はアシアナ航空,ニュージーランド航空,オーストリア航空。
航空会社の提携グループは,ワンワールド。
格安航空会社の部門では,エアアジアが7年連続となる首位を獲得。”

 空港のランキングと良い,この調査といい,ランク付けを好きな欧米人ですね。ここで一言,アメリカのメジャーがどこにも出て来ない。やはりなあ。

 出てくるのは,中東やアジアの航空会社がほとんどです。世界的なガリバーの場合,細かなことにこだわらず,単に乗り物としか考えていないのかもしれません。

○2017年度からが楽しみ?
”日本航空は,スカイトラックスによる2015年ワールド・エアライン・アワードで「ベスト・エコノミークラス・エアラインシート」賞を受賞。
 全世界の航空会社のエコノミークラスシートの中で,最も優れていると評価されたもの。同部門で日本の航空会社が受賞したのは初めて。
 JALが受賞したのは,2013年のベスト・ビジネスクラス・エアラインシートに続いて2度目,今回はエコノミークラスシート部門で評価された。”

○AMAKUSAに続け?
 JACは,ATR42-600を最大26機導入(確定8機,オプション1機)を決定。自社購入。2017年1月に1号機受領。AMAKUSA航空に次ぐATR導入。
Jac
ATR 42-600
Passenger capacity:46 to 50 seats,Engines:Pratt & Whitney 127M,Maximum take-off power:2400 horsepower per engine,Maximum take-off weight:18,600kg,Maximum load:5,500kg,Maximum flight range when fully loaded:800 nm (1,483km)

 あまりにトラブルの多いボンバルディアに嫌気がさしたのだと思います。本家は,MRJを大量発注しています。ERJやCRJは,どうなるのでしょう。

 いずれにせよ2017年以降の布石を着々と打っていますね。やはり純利益が高いだけに資金豊富,機材更新を早めているのでしょうね。

今日の1枚
Img903a


2015年6月17日 (水)

カメラを持ちたいのだが

 私の住む地域の夏の蒸し暑さは,全国的に有名です。昨日もお日様をほとんど見ず,ただただ蒸し暑さが終日続きました。ワイシャツは,汗びっしょりです。

 そしてへそ曲がりな私は,クールビズには背を向けて仕事をしていました。ネクタイのクリーニング代も馬鹿になりません。と言って,だらしないスタイルは…。

 へそ曲がりは,私だけではありません。梅雨入り宣言をされても,フロントガラスを汚す位の雨量を記録するだけ。後半戦の集中豪雨が,今年もあるのか?

 この時期,朝起きても外はすでに明るいです。そして夕刻も明るい時間が長くなりました。間もなく”夏至”ですが,梅雨の真っ最中です。メリットは,ほんんどありません。

 空港に行けないならば,”落ち穂拾い”を考えなければ…。今日は”半ドン”ですから,午後の時間を使って作戦を練りたいと思います。

 ところで昨日書いた"master's dream"ですが,長兄のゴルフ・コンペの賞品です。私が自ら購入する訳がありません。息子とは言え,もらい物です。

 もらい物がもう一つ,諏訪の”真澄”も冷蔵庫に眠っています。これもお気に入りの日本酒です。冷や奴と”真澄”の組み合わせ,明日からの4連休でいただきます。

○忘れた頃に
 昨年突然噴火した木曽御嶽山,積雪の為に捜査が中断していましたが,ようやく再開されました。残念ながら新たな遺体収容に至ってはいません。

 相当な火山灰のなんでしょう,遺体は火山灰に埋もれてしまって,探し出すのには相当な気力が必要ではないでしょうか。頭が下がります。

 相当な人出がある箱根大涌谷,マスコミは一斉にニュースとして流しました。がいつの間にやらフォロー記事も見かけなくなりました。

 そして桜島・沖永良部島・伊豆小笠原諸島と,太平洋プレートの潜り込みは活発のようです。観測網がかなり充実してきましたが,それでも自然相手です。難しい。

 古くから,”災害は忘れた頃にやって来る”と言います。大地震になれば,鴨長明が体験した関西の大地震と何ら関わりがない悲劇が待っています。

 自然が美しい日本ですが,その影には牙をもった恐ろしい自然の別の姿があることを忘れてはならないと思います。大都市直下型地震が,一番被害が大きいです。

 立派な建物も親しくしている人,地震によって壊れたり亡くなられたり,日本民族の歴史はこれの繰り返しです。さて自分達にできることは,何だろう。

○これまでをまとめると
”2015年1月,SKYはANAHDに全面的な支援を要請する方向であった。ANAHDが支援するなら,インテグラルも共同スポンサーに名乗りを上げる。が,SKYとANAHDの交渉は破談。
 インテグラルは,イントレピッドのA330を使わず,B737に絞れば再生できると判断。インテグラルは再生支援基本契約を締結。イントレピッドは,ANAHDがA330を継続使用してくれる可能性にかけていた。
 ANAHDはSKY側に共同スポンサーへの参加意向表明書を提出。B737の保有数を,27機から20機に削減するような提案。事実上のリストラ。SKYが猛反発。SKYでA330を継続利用してもらうことを期待していたイントレピッド。スポンサーへの参加意向表明書には,A330を継続使用する可能性もあると記されていたが,条件は極めて厳しい。イントレピッドはこれに反発。イントレピッドはSKYからリース契約を解除,同社以外の航空会社にA330を探す。ANAHDは,A330を7機引き取る意向表明書をイントレピッドと交わした。SKYに代わってANAHDが引き受けることを検討する内容。イントレピッドは,ANAHDのスポンサー参画を推す。エアバスも同様の要請。
 ANAHDが有力なスポンサー候補となったのは,大口債権者を引き込み,交渉の中でスポンサーの地位を固めるため。出資比率はインテグラル側が50.1%,ANAHDと同社が指名する出資者が合計で49.9%。出資総額は180億円で,取締役は両陣営3人ずつ…。が,ANAHDは金融機関などと組んで出資比率の過半以上を主張。一方,インテグラルは同社が80%を握り,残りをANAHDにするよう主張。
 インテグラルがSKYの再建に拠出できる金額の上限を90億円だと推測していたANAHD側は,企業価値が250億円ならば結果的に過半数を握ることができる。が,インテグラルは「1株の価値」を主張。結局インテグラルの折衷案を受け入れ,ほぼ同格の地位を手に入れた。しかし,その一方で「1株の価値」と「取締役の数」を両社同じにすることは譲らない。細かい条件は株主間契約で縛る考え。インテグラルは,ファンドとしての条件を株主間契約に盛り込もうと画策。ANAHD,株主間契約で経営の主導権を確実に握りたいという思い。株式譲渡制限に関する条項,インテグラルは予定通り5年以内に上場できなかった場合,株式を第三者に譲渡する必要性が生じる可能性もあると。インテグラルが持つ50.1%の株式がJALに渡るのを恐れたANAHDは,JALに株式は譲渡できないという一文を株主間契約に入れた。
 日本は,航空会社が経営破綻しても消滅することがない。エア・ドゥ,スカイネットアジア航空,そしてJAL…。航空会社が危機に直面するたびに国は市場から撤退させず,支援するよう仕向けてきた。
 SKY再建を巡るANAHDの動きは,信義に反すると。しかし,動かなければ,2017年度から出資や新規路線開設の制限が解けるJALに奪われるかもしれない。SKYを巡るドタバタは,JALを“仮想敵”と意識し続けたANAHDの一人舞台?”

今日の1枚
Image653a

2015年6月16日 (火)

暑くなると

 "master's dream" とは,何とも渋い良い名前ではないか。コーンスターチを使った紛い物のビールを造らされていた職人が,己の技を披露したい心意気では?

 日本には,100年ほど前に同じような夢を見た職人がいた。そして出来上がったのが"YEBIS"です。流行を追っても,やはり"gold"は,飲むものの心をとらえます。

 毎日ではなくとも,「ビールを飲むぞ」と思った時,このビールの喉越しは,他のビールでは味わうことができない旨さがあります。あくまで"gold"です。

 そんな地位を脅かすものが,"master's dream"ではないでしょうか。確かにこのビールも喉越しがよろしい。よくぞ作ったものだと感心します。

 日本酒に醸造用アルコールを入れたものがあります。コーンスターチと発想は同じです。あれを日本酒というのは,本当に情けないことです。

 同じようにビールを飲み慣れた人は,”麦+ホップ+水”以外を入れたものは,紛い物です。日本酒といいビールといい,何と紛い物の多い日本の社会。

 この夏からは,ビールを飲むならばどちらかを飲みたい。日本酒も”純米酒”を飲みたい。どうせ量は飲めない身体,旨いものを少量でもいいから本物を飲みたい。

 順序は逆になりましたが,今朝のバジルソースを塗ったトーストは旨かった。シシトウもたくさんできました。冷たい純米酒で一日やろうかな。

 こう書いていくと,自分の食べ物に対する卑しさがモロに出てきます。まあそれが自分の姿と思ってください。今度は豆腐に挑戦したいです。湯葉もできますから。

○共存
”ANAHD傘下の全日本空輸と日本航空,2020年に開催する東京オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルパートナーとして同大会組織委員会と契約。契約金額は非公表。五輪のスポンサーシップは1業種1社を原則としているが,同委員会は国際オリンピック委員会と協議,特例として航空分野では2社。1業種2社は,銀行分野のみずほ銀行と三井住友銀行に続く2例目。
 同委員会の森喜朗会長は「1社のほうが広告価値はあるだろう」としながらも,両社は「日本にとっても,国際社会にとっても大事な会社」,2社同時にスポンサーになる意義を説明。また,「JALとANAが仲良くそろっている。あまりないこと」であり,「両社が五輪という大義の中で決断していただいた」と述べ,「これが五輪の良さ,オールニッポンの良さ」と。
 具体的な支援内容についてはこれから検討,両社は五輪のマークなどを使用した宣伝広報活動が可能,東京五輪を盛り上げるほか,日本代表選手団や聖火などの輸送協力を行う予定。篠辺修社長は「JALと一緒にできるところ,ANAの強みを生かせるところを分かち合う」,植木義晴社長は「まさしくオールジャパンの象徴。ANAと相談して力を合わせ,おもてなしのサービスを提供していきたい」と。”

 狭い日本,二度目のオリンピック,どこの企業も”商機”到来と…。まあ会長自身の頭の固さが気になる位でしょうかね。

○衰える?とんでもない
 インチョン国際空港,普段2万人の中国旅行客があるそうです。が,このところは400人まで減少しているそうです。その他の国からも旅行キャンセルが続出。

 WHOも指摘していますが,初期対応の拙さと情報を適切に流さなかったことが,ここまで深刻な状態になった理由と聞きます。

 熱があっても診察を続けた医師,警官など,驚くべき事実が次から次へと出てきます。隔離患者数も増える一方で5千人を超したと言われています。

 また,「先週末が山場」と報道されていましたが,今週になっても死亡者・隔離者は増え続けています。先が読めず,外出を控える人が増えているそうです。

 願わくば,他国へMARSを広めないような努力をして欲しい。特に空港・港での検疫チェックをして欲しい。そう放射能汚染を恐れ,日本製品を制限したようにね。

○スマホ
 "facebook"の閲覧,スマホは便利です。一方では,コンピューターで大きな画面で閲覧している人もいます。どちらの”いいね”が信用できるでしょう。

 私の信頼する友人の一人ですが,”いいね”を残しています。拡大してみたら,(恐らく)ポストカードからの転用です。これが”いいね”?彼を知っているだけに?

 私の友人の中には,自分で撮った古いものを紹介してくれる人が何人もいます。1970年以前となると,これは”世界遺産”並の価値があります。

 レジが判読できれば,少々画像が粗くても”いいね”をしてしまいます。小さな画面で”いいね”を押されても…。スマホの限界ですね。

 一方では,いちいちコンピューターを立ち上げての閲覧も面倒です。しかし,”いいね”に今一つ責任をもっていただきたいものです。

今日の1枚 
Image800a

2015年6月15日 (月)

旨いものは旨い!

○作ってみた
 私にとって朝食は,自分の食べたいものを食べたいだけ作り,食べられるものです。魚菜主義に近い私ですが,特に生野菜が大好きです。

 苗を買って植えたサーニーレタスもそろそろ終わりです。それを待ってかのように,種から育てている5種類(残念ながら2種類は…)が,よくやく食べられる状態です。

 ヨーグルトは,”Bifidus ”がお気に入りです。自分で作った”イチゴジャム”もなくなりました。仕方なく蜂蜜を少々混ぜています。

 トーストには,ニンニクとオリーブオイルです。暑くなれば,完熟トマトを潰してのせるのが好きです。これはスペインで教わりました。

 ハーブ類の中で,やっとバジルがこんもりと茂ってきました。バジル・ソースを作るのが目的です。バジル・ニンニク・オリーブオイルをミキサーにかけて作りました。

 (オリーブオイルを使わなくても,ミキサーの後始末は大変ですね。もう少し後始末の楽なものを作っていただけると,ありがたいのですがねえ。)

 これをパンに塗り,少々の岩塩を振りかけ,トーストにします。これがまた美味しいのです。朝から幸せな気分になります。野菜類は,全て自分で作ったものです。

 口に入れるものを自分で作る,年寄りの暇つぶしととられるかもしれませんが,まあ年寄りの自己満足と受け止めていただければ…。旨いものは旨い!

○まるで
 まるで”他人の家に土足ではいる”ようなもの。”Facebook”において,他人のページに堂々と自分の写真を載せてくる輩がいました。即刻削除,friendも同様。

 その写真,悪天候・リアショット・地面の傾きなど,気に入らないことがたくさんあります。一言断るなりすればまだしも,自分のページを開いてビックリです。

 考えて見れば,”friend申請”を深く考えなかった私も悪い。申し込まれるとついつい”承諾”してしまう情けない私です。反省。

 膨れあがった”friend”をそろそろ重要度の観点から整理しなければ…。多くても気に入った写真を載せていただけない者は…。

 自分の目の行き届く範囲内でお付き合いするのが,一番良策ですね。一度はその考えのもとで整理したのですが,また膨れあがってしまいました。

 しかし良いこともあります。南米・中東・(旧)共産圏などの”friend”は,珍しい飛行機をアップしてくれ,これは目の保養になります。良いですねえ。

 そして不思議に思うこと。なぜ”非公開サイト”を作るんでしょうねえ。一人でも多くの方の閲覧を希望するのが,普通の考えですが。何か理由が…。

○これは凄い
”J.S.Bach(1685~1750)の肖像画が,ライプチヒに死後265年ぶりに戻り,ニコライ教会で一般公開された。今後,市内のバッハ博物館に常設展示。
 この肖像画は,エリアス・ゴットロープ・ハウスマンが1748年に描いた。バッハの生前に描かれた数少ない作品の一つ。鮮明な色や生き生きとした表情を今に伝える。バッハの死後,息子に受け継がれてライプチヒを離れ,戦禍を逃れるため英国へ。1952年に音楽学者ウィリアム・シャイデがオークションで落札。昨年シャイデが死去,遺言でバッハ資料財団に譲らた。価値は推定約250万ドル(約3億円)。”

 遺言で約3億円を寄付,私のような善良ではありますが貧乏な市民には,とてもこのようなことは行えません。素晴らしい遺言だと思います。

 音楽界における大バッハ,美術界における横山大観,常にその作品はそれぞれの世界の中心に位置し,愛好家としての大切な柱の一本です。

 小学校や中学校の音楽室に”肖像画”が掲げられていますが,ハイドン・モーツァルトと並びカツラを被った大バッハ,その元になった作品です。

 ライプチヒでこれを見て,ドレスデンでフェルメールやラファエロを見て,そんな贅沢な旅をしてみたいものです。ただいまスポンサーを募集中です。

 帰り道(パリの)オルリー空港で撮影の日程です。豊明もしくは豊田の御大がスポンサーになっていただければ,即実行に移れます。

○今までとは違った
 現在の米国の日本大使の名前をご存じでしょう。そうキャロライン・ケネディー氏です。いろいろなパッフォーマンスを見せてくれ,今までとは違った駐日大使です。

 東北にも九州にもフットワークが実に軽い。そしてメディア受けする容貌,ニュースも多いです。勿論日本国政府への苦言・容貌も忘れてはいません。

 昨日の新聞には,何とモンペスタイルで田植え!屈んでいたら,大柄な女性の姿としか映りません。ここまで日本社会に溶け込もうとしている人とは…。

 やはりケネディー家の血筋だけあります。米国国民どころか日本国民までも虜にしてしまいます。いっそ日本の内閣総理大臣にもなったらなあ。

 奇しくも本国では,リラリー・クリントン氏が大統領指名候補に旗揚げです。アメリカの女性は柔軟かつ強靱な心をもっている?一方隣国の女性は?

今日の1枚
Co12064

2015年6月14日 (日)

迷惑なこと

○黄砂
 カモマイルの花の収獲が最盛期,梅雨の合間の貴重な晴れ間でした。が,昼前からどうも空がアイボリー?です。新聞を見たら,やはり”黄砂”でした。

 高度成長を遂げている中国,その内に国民総生産が世界一になるとも言われています。それはそれで素晴らしい事です。が,愚かな国には変わりがありません。

 自然環境をどんどん壊し,近代化を進めるやり方です。この国には,他国の歴史を学ぶ姿勢に欠けるようです。空気も水も汚れていく一方です。

 もしも日本や欧米の国々の過去をしっかりと学んでいるならば,”乱開発”はしないでしょう。例え森林を伐採しても,植樹をしたでしょう。

 "PM2.5"で一躍有名になった中国の大気汚染,マスクなしの外を歩けないような北京,これが一国の首都です。おかしな社会主義の国です。

 自国だけならばまだしも,東アジアの隣国にまで,汚染物質・黄砂をもたらすとは,何という迷惑な行為でしょう。これも困ったことです。

 せっかくの日曜日ですが,昨日の黄砂を洗い流すような雨が降って欲しいものです。欲しくないものを送ってきてくれます。黄砂防止に取り組んで欲しい。

○B787-9
 昨日赤組のB787-9の初号機が,成田に到着した。B787-8を見慣れてきた頃,B787-9は実にスマートに見えます。特に主翼から前を見て…。

 青組と較べて導入が遅れていますが,赤組はB787を国際線だけに使っている所に差があります。ですから成田・羽田(国際線)に行かないと,レジが集まりません。

 B747の所有機の多さを誇っていた赤組ですが,全て放出,全機双発機となっています。これも世の流れですね。そして次はA350と言うエアバス最新鋭機の登場です。

 この導入が,お上の意向に合わなかったのか,次期政府専用機はB777-300かつ青組の整備となったのは,ご存じの通りです。

 A350とB787をいかに使い分け,路線を展開するのか,楽しみです。2016年度が終わってからの赤組の動向に注目ですね。再び青組との熾烈な争いとなります。

 因みにB787-9を成田~ジャカルタ線に使うという地味なデビュー,この夏の成田遠征の楽しみが増えました。是非RW16Rで撮りたいものです。

○MERSの影響
”韓国旅行を予定していた中国人観光客が,タイや日本に行先を変更するケースが増え,航空便の搭乗率が上がっている。
 MERSが韓国で感染拡大し,感染者は138人(内14人死亡)。4次感染も確認。感染経路の確定は困難な状況。また,隔離対象者は4000人?
 タイを始めASEAN各国,空港での水際対策に力を入れているが,潜伏期間が2~14日あり,入国後に発症した場合を想定して対策を講じている。マレーシアやベトナムなど,韓国への渡航自粛を呼びかける国も増えている。”

 中国では韓国のスターの出演を自粛要請といった記事もありました。毎日MERSによる死亡者数が増えていく不安,国内消費も相当に落ち込んでいるそうな。

 防虫剤散布で有名になったOZ,KEに遅れること約10日,やっと機内の除菌を発表。飛行機は落とすは,MERS菌をばらまくは,この会社の体質は疑問がいっぱいです。

 これでアジアの他国で韓国絡みのMERS感染者が出たら,悪評どころではありません。やはり不急不要な外出や国外への移動は,自粛していただきたいものです。

 韓国に関連する航空会社,運休・減便などが続くでしょうね。こう考えると,日本の飛行機も心配になってきました。除菌対策行っていないでしょ?

今日の1枚
Dsc_8420


2015年6月13日 (土)

醜い

 まだまだ額は少ないかも知れませんが,与えている影響を考えると,西久保愼一前スカイマーク社長はとんでもない負債を残して去ったものです。

 ベンチャー企業の一つともとらえられるスカイマーク,右肩上がりばかり夢見てきた男ではないかと思います。お手上げになれば,去れば良い,勝手が良い男です。

 裁判所に出された二つの再建案を見ると面白いですね。そこには相当ANAHDが絡み,ことを難しくしている面があります。ここにも強欲な醜さが出ています。

 整理してみるならば,身の程知らずのA380注文からことが発しています。少子高齢社会の日本,経営の活路を国際線に求める発想です。

 そもそもここでつまずいています。国際線を切り開く甘さです。B747が生まれた頃の発想が,今でも通用するとでも考えたのでしょうか。

 国内線でのA330の導入とて同じです。ガリバーがB777-300/200を使っているならば,それに対抗したA330を導入しようとしました。これも甘い。

 リース機に頼るスカイマーク,リース料をいかに捻出するかとなれば,LCC程極端な経営は無理というもの,せいぜいA320かB737が身に合っています。

 スカイマーク,生まれた時はB767-300でした。これはエアドゥーと奇しくも同じ方針でした。これでも座席が埋まらず,B737に統一したではないか。

 経営の盤石さを忘れ,夢ばかり追い続けた男です。彼は,現代の”裸の王様”です。中小企業ならばいざ知らず,航空会社ではこれが致命傷です。

 以前にも書きましたが,スカイマークの再生の計画も甘いものです。スカイマークを美味しい餌のごとく集まった強欲な鳥に食われています。

 さらに影では,外資系の参入を拒みたい国土交通省の考え方が見えてきます。ガリバー2社を意のままに操ってきた役人です。外資の参入は困ります。

 例えば,デルタ航空がスカイマークを援助するとしましょう。当然新参者がシェアを拡げようとするならば,運賃の見直しをするでしょう。これが困るんです。

 LCCも適当に泳がして自由化を装う国土交通省,アメリカ・メジャーの本格的参入となれば,これはペリーの黒船どころではありません。己の立場が危うくなります。

 高いと言われ続けている国内線運賃や国際線運賃が,空の黒船で崩れ始めるかも知れません。この世の春を謳歌してきた日本のガリバー,お尻に火が付きます。

 利に賢いANAHD,リース会社やエアバスにどこまで譲歩できるか,これがこの問題の最大の焦点になるような気がします。強欲のツケです。

 支援航空会社として残るには,対抗案に勝ち,自分達の案を債権者の過半数が認めていただく必要があります。その為の譲歩が必要だと言うことです。

 また社長の座を期待していたのが…。さらに路線・運賃には口出しをしないことまで発表せざろう得なくなったことは,ご承知の通りです。一連の動き,醜いです。

○馬鹿げたことを
 赤組のキャプテン,コパイのいぬ間にCAと…。ジャーマン・ウィングスの影響で…。これは悪用ですな。今までの努力が,軽率な行動で台無しです。

 男性のCAをたくさん雇ってみたらどうでしょう。そうなれば,このような考えをもつ者もいなくなる?でしょう。仕事第一に考えられないのかなあ。

 撮影中は自動操縦,航空法で操縦士は外部の状況を常に確認する義務があり,機長はこれを怠っていた。直ちに処分,乗務停止処分,甘いね。

今日の1枚
Dsc_0611a


2015年6月12日 (金)

 用事があって近所を歩いていたら,あるお宅にある”ガクアジサイ”が目に留まりました。アジサイには,いろいろな種類があります。どれくらいあるのかしら。

 ”ガクアジサイ”は小さな小さな花ですが,またその点が奥ゆかしくも可愛らしくも感じられます。たとえ雑草であっても,花は美しいですね。

 ”花は自らの美しさを知らない”ですが,見てくれる人たちの心を和ませてくれます。花は誠に貴重な存在です。一面砂や石ばかりの砂漠では,花を見ることは…。

 私の通っている町医者,小さいですが管理が行き届いた花壇があります。月に1回の通院ですが,何時もきれいな花が見られます。管理が大変だと思いますが,嬉しいです。

 実は大学生の頃,花屋さんでアルバイトをしていました。きれいな花に囲まれて仕事ができると思って希望したのですが…。甘かった。

 アルバイトの仕事は,ブーケを結婚式場に届けたり,葬儀会場への生花の納入・撤収の仕事ばかりでした。一刻を争う仕事,ボケボケしていると叱られたものです。

 それでも一日の仕事を終え,店に帰ってくると花に囲まれた一時を過ごすことができました。あれがなかったら,即刻辞めていただろうな。

 我が家の小さな花壇,今は寂しい状態です。夏の花は,ほとんどがプランターに植えてしまった結果です。失敗です。その代り夏菊・秋菊を3色ずつ植えてあります。

 理由は簡単です。手入れが要らない?仏壇・お墓詣りの際,この菊の花を使えるからです。菊は宿根草ですから,一度植えれば来年以降も使えます。

 昨日からの雨に肥料が溶け,根に届き,夏に向かって大きく育ってくれることを願っています。花には小さな夢があります。咲けば嬉しくなります。

 先程「雑草の花も」と書きましたが,どんな植物であろうと,花は美しいものばかりですね。人間も一人一人違っていますが,それぞれに”華”をもっていると思います。

 一人一人がもっている”華”を見付け出し,評価していきたいものです。その為には,まずは己を磨くことが大切ですね。心したいものです。 

○やっと今頃になって
”IATA(国際航空運送協会)は,航空会社で異なる機内持ち込み手荷物のサイズを適正化する取組を発表。
 機内の手荷物収納棚を有効活用できる,新たな機内持ち込み手荷物のサイズを,IATAに加盟する航空会社や機体メーカーと検討し,標準サイズとして提唱。キャスターや持ち手を含む大きさが,幅55×高さ35×奥行き20センチ(または21.5×13.5×7.5インチ)以内であれば,120席以上の航空機で乗客全員の手荷物を,1人一つずつ機内に収納できるという。
 IATA加盟航空会社のうち,ルフトハンザ ドイツ航空・キャセイパシフィック航空・エミレーツ航空・カタール航空・アビアンカ航空・中国東方航空・中国南方航空・カリビアン航空・アズール航空が参加を表明。
 オコバンの遺失物捜索システムは,旅行カバンなどにTSAロックを供給するトラベルセントリー社が開発したサービス,2009年8月にスタートした。”

 120席以下の飛行機ならば,収納スペースはさらに狭く・小さくなります。以前FDAのお粗末な対応を書きましたが,航空会社の毅然たる姿勢を見せて欲しいものです。

 正直者が馬鹿を見るような,形だけのサイズ発表なんて無意味です。一人がいくつも手荷物を持って機内に入ったら,収納しきれない荷物が出てくるのが当たり前です。

 こういった”お墨付き”の手荷物サイズを発表,そしてほとんどの航空会社が採用すれば,少しは問題が解決すると思います。

○これは素晴らしい
”フィンエアーは,ヘルシンキ空港における一部のアナウンスを中止すると発表。今月から中止となるのは,旅客ターミナルに流れるフライト情報と利用者へのアナウンス。ただし,緊急事態を知らせるアナウンス,出発ゲートとその付近でのアナウンスは継続。
 新しい取り組みは,航空会社と空港による「静かな空港プロジェクト」と関連している。目的は,待合エリアにおける快適性の向上,旅のストレスの軽減。目標はアナウンス減少により,ターミナル内の騒音を最小限に抑え,急かされる感覚を取り除くこと。
 フィンエアーは,ターミナル内の発着案内表示板を確認,モバイル端末・PCを活用,フライト予定や出発ゲートをチェックするように呼び掛けている。”

 どこの空港へ行ってもアナウンス公害,関係のないアナウンスを散々聞かされます。ついでに新幹線のアナウンスも公害ですね。

 いずれにせよヘルシンキ空港の取組が,他の空港にも広まって欲しいものです。英語ならばなんとか…,他の言語は理解できないだけに騒音です。

今日の1枚
Image189a


2015年6月11日 (木)

MERSの影響

連日同じようなことを書きますが,沈静化の動きが出てきたと思ったら,新たな犠牲者が出ました。大統領のアメリカ訪問も延期という事態となったようです。

 前回の南米訪問の時とは国内情勢が異なり,まさになりふり構わず政権維持の方策を練っているようです。それにしても恐ろしい病気ですね。

 SARSの時も空港・港湾の入国審査が厳しかったですが,今回もやはり同じような状況になることでしょう。それにしても初期対応が甘かった。

 MERSが収束しない限り,韓国を訪れる人は激減し,国民生活にも多大なる影響を与えることでしょう。KE,OZと言ったガリバーも経営が苦しくなるのでは?

 お空の世界は,水物です。国際紛争・燃料費の動き・テロなどが,航空会社の経営を直撃します。景気持続どころか,不採算路線の休止・中止・間引きが起こるでしょう。

 これはよそ事ではありません。政治の上からもこの世の春を楽しんでいるANAHD,この世界,そう簡単に右肩上がりの成長をさせてくれません。何せ水物ですから。

 ガリバーANAHDですが,株価は下落・増資が可能か・SKY問題をどう解決に導くのか,この三つの壁は,なかなか手強いと思います。

”ANAHD株,6月に入り累計の下落率は3%。韓国での中東呼吸器症候群(MERS)感染拡大,アジアを中心に旅客需要が冷え込み,業績が下振れする?航空会社はイベントリスクに収益を大きく左右されやすい。今回のMERSが沈静化せず,日韓だけでなく,アジア全体の広がれば,訪日外国人需要が後退,収益の押し上げ効果も減る。
 さらに増資リスク。過去3年ごとに増資,次の増資は今年?国際線を拡大,25年度に連結営業利益2000億円,16年3月期予想(1150億円)比で倍近くに増やす長期経営戦略は?新興国市場への路線新設,M&Aや航空機の取得は?そしてSKY問題。出資を伴う支援をしても,主導権を握れず,投資効果が小さい。SKYの路便・価格の決定にANAは関与しない。羽田発着枠を日本航空などに抑えられるリスクは減ったが,傘下におさめて超過利潤を得ることは難しい。
 最後にイントレピッド・アビエーションがANAの出資に反対。SKYが契約を解除したリース機材を,ANAHDが引き受ける交渉を進めていたが,スポンサー就任が決まった後にANAHDが引き受けできないと通告。そこでイントレピッド社が独自の再生計画案を提出,デルタ航空など複数の航空会社に打診中。イントレピッド社は届け出ベースで4割近い債権を握る。外資系航空がSKY支援に乗り出した場合,低価格戦略でANAや日航に挑む可能性もある。MERSに加え,SKY支援も燻りだした。”

 それそれもう出てきたMERSの影響です。
”中国本土旅客による韓国旅行のキャンセルが相次いでいる。マカオの澳門日報の記事,春秋航空,上海とチェジュを結ぶ路線の航空券(片道,運賃のみ)が9元(日本円換算:約200円)で販売。6月12日以降,7月までのほとんどのフライトで最安値が9~99元(200~1900円)に設定。今後需要の激減が続いた場合,韓国線を運航する各航空会社が運休・減便などに踏み切る可能性もあるとしている。”

 要はお客さんが集まらない。空気を乗せて飛ぶ位ならば…。日本の青組・赤組も…。上記の通り,まさに水物です。数年前の中国路線どころではありません。

今日の1枚
Image72aa


2015年6月10日 (水)

言葉

 ”平成”も早いもので"27年"を数えます。20代のフレッシュマンは,”平成生まれ”となります。一時代前に生まれた私としては,”昭和”は随分遠くなりました。

ネット・サーフィンをしていたら,”昭和”を感じる言葉を…。
1位 えもんかけ(ハンガー) 40.7%  2位 チョッキ(ベスト) 31.7%  3位 ちり紙(ティッシュ) 24.1%   4位 ズック(運動ぐつ) 21.8%  5位 背広(スーツ) 19.4%  調査期間:2015年3月25日~2015年3月30日  マイナビスチューデント調べ

 1位の”えもんかけ”を見て,笑ってしまいました。小織さんがよく使います。最初聞いたとき,?と思いました。私より随分と若いのに”昭和言葉”を使います。

 正直な感想,「そういえば昔そういった言葉があったなあ」と。まあ世の中カタカナ言葉が増えてきています。無理に日本語に訳すと理解に苦しみますから。

 もう一つは,小さい頃から慣れ親しんできた”方言”が,どんどん減ってきています。下手に使うと笑われる?あるいはキョトンとされる?

 しかし石仏探索をしているとき,地元の方が方言を使って説明をしていただけると,何かホッとします。方言ならではの温かみを感じます。

 それにおじいちゃんやおばあちゃんが使う方言は,刺々しさはありません。何十年も使ってきた慣れ親しんだ言葉です。これ以上の温かさが他にあろうか。

 おじいちゃんやおばあちゃんがカタカナ言葉を乱用したら,これまた滑稽に思うんではないでしょうか。そこには今でも方言が生きている。

○毎度ありがとうございます!
”政府は,2015年版「観光白書」を発表。外国人旅行客の増加で国内での消費も伸びているが,お金のかけ方が異なる傾向が…。
 14年の訪日客は前年比約3割増の1341万人,訪日客の消費額は約4割増の2兆278億円,ともに史上最高を更新。アジアの所得水準の上昇,円安で日本への旅行が割安になった。
 1人当たりの買い物額は中国が12万7443円,2位のベトナム(8万8814円)。中国人が日用品や衣料品を一度に大量購入する「爆買い現象」が裏付けられた形。
 買い物の中身は,「電気製品」「化粧品・香水」「菓子類」などは中国が1位,「医薬品・健康グッズなど」は台湾,中国の順。「和服・民芸品」「マンガ・アニメ・キャラクター関連商品」「書籍・絵はがき・CDなど」はフランスがトップ。
 一方,1人当たりの宿泊料金の首位は,滞在期間が長いオーストラリア(9万3484円),中国(4万4661円)は半額以下。”

 これから2020年に向け,訪日観光客は増え続けるのでは?中国の景気・韓国の経済不振とMERSなど,近隣諸国からの訪日観光客が増加する要因がいくつもあります。

 しかし,なんと言っても”円安”でしょう。専門家によれば,"1$=128円”まではいくのではと言われています。少子高齢社会に思わぬ風が吹いています。

 我が国でもいろいろと遅れたもの・ことがあります。例えば,無料Wi-Fiが使える区域が少ない,狭いことです。これは現在でも不満の一つとして挙げられています。

 「おもてなし」とて,連日客室が埋まってくるような状態になれば,難しいことですね。従業員の悲鳴が聞こえてくるようです。

 また観光地の”案内表示板”も不満の一つでしょう。都市部の地名表示は,少しずつ改善されているようですが,地方では…。地方自治体の後押しが必要です。

○景気が良いねえ
”国際航空運送協会(IATA),世界の航空会社の2015年の純利益予想を293億ドル(約3兆6400億円)と,前回予想の250億ドル(約3兆1100億円)から上方修正。2014年の164億ドルからほぼ倍増の見通し。好調な北米航空会社が利益全体の約半分を占める。
 IATA年次総会で,原油安を利益押し上げの主な要因に挙げ,ドル高や航空会社の燃料ヘッジ契約でその効果が相殺される可能性もある。ドル建て燃料価格の下落で大きな恩恵を受ける北米では2015年の利益が157億ドル,利益率は7.5%となる見通し。これに対しアジアの利益率は2.5%、欧州は2.8%にとどまるとの予想。”

今日の1枚
Img590a


2015年6月 9日 (火)

梅雨入り

○梅雨入り
 予想通り,”一年で一番辛い梅雨”に入りました。湿度が高いとどうしても身体がだるく感じられ,気温の高低によりさらに疲れやすくなるからです。

 また,降水量が多ければ,生活が脅かされることもあります。最近は早場米の栽培が増えましたが,この梅雨の頃が”田植え”の本番には変わりがありません。恵みの時期です。

 紫陽花の花,雨が降ると一番と美しくなるから不思議なものです。プランターに植えてあるものは,ナメクジ被害に要注意です。薬を使っても降水があれば,効果が薄れます。

 一般的に多くのハーブ類は高温・過湿を嫌い,その管理の難しさを痛感する時期でもあります。雨間をぬって,適度な刈り取りや茎の整理をして,蒸れを防がねばなりません。

 私のような者でも静かな雨は,何となく落ち着きがあり,趣があると感じます。”晴耕雨読”ではありませんが,落ち着いて読書や音楽鑑賞に打ち込める時期でもあります。

 何よりこの季節,二日と晴天は続きません。空港から遠い田舎住まいの私です。例年空港通いが少なくなる時期です。これはストレスがたまります。

○しまった!
”三菱航空機は8日,MRJの地上走行試験を愛知県豊山町の県営名古屋空港で始めた。地上を機体のエンジンで自力走行するのは初めて。今年9~10月に予定する初飛行に向けて機体の操縦性やブレーキの利きなどを確認。午前9時過ぎ,誘導路で試験機のエンジンが回り,時速最大10km程度でゆっくりと動いた。約700mにわたって,走っては止まるという動作を繰り返した。今後は段階的に速度を上げ,初飛行直前には離陸時と同じ時速約200kmで試験を行う。”

 新聞を見ていたら,”MRJ,地上走行成功”の記事がありました。撮りたかった!情報があったら,デッキに行っていました。後悔先に立たず。出るのは,そう,ため息。

 ソーラーインパルス騒動に隠れ,どうもMRJはノーマーク?地上走行ならば,登録番号(レジ)がなければできません。グランドあるいはタワーの許可も必要です。

 2回の大きな開発遅れのMRJです。もう背水の陣を敷いての開発です。これが繰り返され,RWエンドでの出力チェック・RWを使った高速走行など,楽しみです。

 MITSUBISHI,かん口令を敷かず,堂々と開発途中を公開していただきたいものです。より多くの人達にMRJを知っていただくチャンスだと思うのですが…。

 これで何度も地上走行をテストすることになるでしょう。またNKMへ出かける口実ができました。情報がないだけに,あとは運次第といったところでしょうか。

○他人事ではありません。
”韓国政府は,中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスに感染していた80代男性が死亡したと発表。韓国で感染者の死亡は6人目。感染者も23人増え,計87人。増えた23人中17人がサムスンソウル病院で感染。サムスンソウル病院では8日まで計34人の感染が確認。平沢聖母病院で国内最初の患者と同じ病棟だった30代男性が5月27~29日にサムスンソウル病院の応急室に入院。その際、同じ応急室にいた他の患者や医療関係者らに感染が広がった。30代男性の感染が確認されたのは5月30日。また,16歳の男子高校生への感染も確認。”

 不治の病,亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。韓国,サウジアラビアについで患者数が多いとも伝えています。飛行機の発達の悪影響の一つ?

 ワクチン等の対処ができないだけに,これ以上広がらないように関係機関のご努力を期待したい。この国,とかく情報の隠蔽が行われるだけに,国民生活に与える影響は大きいのでは?

 韓国への入国者が減ったとしても一時的なもの,とにかく患者の隔離と治まるのに我慢することでしょう。それにしてもウォン高に悩む韓国,ダブルパンチです。

○石仏と飛行機の組み合わせ?
”首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の神崎IC−大栄JCT間の9.7kmが開通。これで常磐自動車道と東関東自動車道がつながり,北関東地域から成田空港へのアクセスが便利になる。北関東と千葉県の観光交流の他,成田空港向けの航空貨物輸送など物流面での経済効果が期待。
 当初2014年度中の開通を目指していたが,地盤沈下による工事の遅れで開通がずれ込んだ。整備が順調に進めば,今年度中に関越自動車道や東北自動車道も圏央道でつながる予定。”

 現在下調べ中の上州の石仏,その数の余りの多さに…。高速道路でつながれば,1泊分助かります。ゆっくりゆっくり移動ができます。水上地方は雪が多いので,秋口までに。

 先日も書きましたが,高齢者の自動車運転,無理をしないようにのんびりと移動するように心がけます。高速道路はありがたい。わずかですが,ETCマイレージも貯まりますから。

今日の1枚
Img870a


2015年6月 8日 (月)

小さな楽しみ

 カモマイル…レモングラスと併せると最高の香り,後味のさっぱりしたこともお好みの理由の一つです。市販されている乾燥カモマイル,どうもなじめません。

 ならば自分で作るしかありません。それも(時々しか飲みませんが)一年分ストックとなるように栽培,収獲,乾燥させねばなりません。面倒です。

 それでも自分が納得したハーブ・ティーを飲む為には,その面倒なことも我慢せねばなりません。間もなく梅雨入りですが,少しずつ収獲を始めています。

 一方のレモングラスですが,冬の間株の上に藁を敷いていたので,生き残っています。これから気温が上昇するにしたがって,かなりの背丈となります。

 珈琲も好きですが,ハーブ・ティーも大好きです。嗜好品だけに自分が納得できる味にしたいものです。こういったことを”楽しみ”と言うのでしょうか。

 これがお酒ならば,どこどのこの銘酒だったり,○○年ものだったり,○○年産のものだったり,そういった世界を知らない貧乏人です。小さな小さな楽しみです。

○春秋航空の本家
 ピーチ・ヴァニラ・ジェットスターといったLCCが元気です。一つに大手旅行会社も扱うようになったことが,飛躍の一助になっていることでしょう。

 大空港に行けば,海外のLCCの飛来を見ることができます。羽田に日本人客を奪われつつある成田,LCCの誘致を本格化させています。

 中国のLCC,このところ凄い勢いで進出しているのが,”春秋航空”です。日本春秋航空の本家です。関西が諸事情により伸び悩む中,今度は中部へ進出です。

 ホテル・大型バス…これから2020年のオリンピックに向けて新築・増築・増車しなければ…。事実関東・関西では大型バスが不足していると聞いています。

 政府も円安を背景に積極的に”訪日”をアピールしています。お金持ちの中国人,例の”爆買い”の目的で訪日しているそうです。

 人々を運ぶ乗り物=飛行機も商機到来とばかり,日本との定期路線化を目指しています。先の春秋航空も茨城・関西,そして中部と日本の主要な地域を漏らすることになります。

 そして決め手は,”安さ”です。春秋航空の安さには,定評があります。中部~上海を皮切りに中国内部にまで路線を敷くと言います。一部はモンゴルまで。

 珍しかった春秋航空(確か最初は佐賀空港?)ですが,これからはグリーンテイルのA320を各地の空港で見ることができるようになるでしょう。 

○スターウォーズ機を投入?
”全日空は冬スケジュールから,羽田/パリ線にB787-9を投入する。現在はB787-8で運航。国際線長距離仕様のB787-9はビジネス48席・プレミアムエコノミー21席・エコノミー146席の計215席。”

 成田から羽田へシフト,従来の紳士協定は,”成田便を一部残し,羽田からも飛ばす”ものでした。その影響をもろに受けたのが,VSです。結果,日本からの撤退。

 これは明らかにメジャー優先の紳士協定です。が,ここに来て青組は露骨に紳士協定を破り始めています,成田~パリを休止?廃止?するようです。

 先のブリュッセル便の発表と良い,2016年度まで新規路線を認められない赤組への先手以外考えられません。B787-8/9ならば,そこそこ席が埋まります。

 ライヴァルの利益率の高さに怯えながら,とにかく”良いとこ先取り”に徹したやり方です。お上を味方に付けたためにスロットもたくさんいただけました。

 もう国内線からの利益追求にも限度があり,開拓するのは国際線のみです。しかし,円安傾向が進む中,再び燃油高騰の悪夢の足音が聞こえてきます。

○余分なことですが
 ポジ・フィルムで残すのは,型式写真です。それもできうる限り”重心位置”でなければなりません。メインギアが重なった時が一番好きです。

 ディジタルでは,残す気持ちはありませんから,後ろ姿(例NRT:RW34L)も撮ります。が,これは本位ではありません。サティアンが入れた頃には考えられません。

 嫌いな写真,○リバース状態○リア気味○レジの見えないもの○機体にウォーター・マークが被さったものなどです。珍しくてもパスさせていただきます。 

今日の1枚 
Dsc_8870


2015年6月 7日 (日)

この先は?

 4月は固定資産税,5月は自動車税,そして今月は国民健康保険,毎月毎月多額の出費です。これに2男の国民年金・授業料等を加えると,毎月毎月大赤字です。

 密かに対策を練っていますが,なかなか実行できるだけの踏ん切りができません。自動車運転免許証もあと1回,それ以降は有料の講習が待っています。

 新聞紙上を賑わしている高齢者の運転トラブル,ああはなりたくないです。いや人様に迷惑がかかります。高速道路の逆走,まるでアクション映画ですよね。

 自動車運転免許証も取得して40数年経ちました。田舎暮らしですから,自動車は必需品と思い,乗り継いできました。出かけるのは自動車が当たり前の生活でした。

 また,長距離運転の疲労感もここ数年激しくなってきました。これで"eye sight"がなかったら,もう高速道路の長距離は無理です。あれは便利です。足を滅多に使いません。

 直ぐにではありませんが,自動車依存症からの脱却をせねばなりません。2・3km以内ならば,意識して歩くようになりました。少しでも歩かねば…。

 自動車依存症からの脱却=飛行機・石仏を諦める?もう一つ,これまで意識して京都に行くのを控え目にしてきました。京都は,鉄道を使って簡単に行けるからです。

 京都は,ビジターに優しい一日乗車券があります。拝観料のみで駐車料金も要らなくなります。それに季節に合った場所を選ぶことができるようになります。

 いろいろ興味がありますが,そのウェートの置き方が変わってくるような気がします。音楽・能楽・神社仏閣方面にウェートが移っていくと言う訳です。

 その前のもがきではありませんが,やはり上州の石仏を撮りたいです。時間が許せば,越後(これは無理だろうなあ)もやりたいのですが…。

○韓国のMERS騒動
”大韓航空は,中東呼吸器症候群(MERS)対策5項目を発表。MERS拡散を防ぐため,大韓航空は検疫当局や空港公社と緊密に協力。 
 大韓航空機は,MERS発生以後は中東地域から到着した全便で追加消毒を実施。もし感染の疑いのある患者が発生した場合,該当機を隔離,定められた手順通りに徹底消毒を行う。感染の疑いのある患者の発生に備え,防護装具(マスク・消毒剤・体温計など)を各空港に準備。中東発着機にはマスクと消毒剤を追加で搭載,機内アナウンスを実施。健康状態の質問書を乗客に配付,感染の疑いのある患者の発生に備える。機内で感染の疑いのある患者が発生した場合は,他の乗客からできるだけ遠く離れた座席に移動,専用の化粧室を使用,疑いのある旅客・周辺の座席の旅客にマスクを着用。”

 KE,MERSの影響を最小限に食い止めるためでしょう。ただでさえ旅客数が落ち込んでいるKEです。懸命のアピールが通じるでしょうか。

 上得意様の中国からの観光客は激減しているようです。その分日本への観光に切り替え?またまた難問をふっかけてくるかもしれませんよ。

 OZは殺虫剤でしたが,KEは消毒だそうです。偉大なる進歩です。また,そのまま飛ばさず,該当機を隔離する。OZへの当てつけのようですね。

○これは広まって欲しい
”カンタス航空(QF)は,日本路線の燃油サーチャージを廃止,航空運賃に組み込んだ新運賃を適用する。2015年7月1日以降の発券かつ8月1日以降の日本出発分から実施する予定。QFは,国ごとに異なる燃油サーチャージの取り扱いに対応すべく,今年の初めからグループ全体の運賃体系の見直しをおこなってきた。今年5月にはオーストラリア/ニュージーランド間について新運賃を導入,燃油サーチャージを運賃に一本化。グループ企業にも導入を拡大,ジェットスターグループには導入しない。日本航空との共同運航便でシンガポールを経由する場合も同額を徴収。
 QFは今年3月に,変動する為替レートに対応することを目的として,4月1日以降の燃油サーチャージの適用条件を変更。基準となるシンガポールケロシンの市況価格を,1バレルあたり60米ドルから50米ドルに引き下げた。ニュージーランド航空も冬ダイヤからの廃止を決定。”

 以前マレーシア航空の燃油サーチャージが話題になりましたが,再建途中で…。QF,NZの新運賃,後からアッと驚く額の請求がなくなります。

 キャンセルしようにもキャンセル料がかかってから,正式旅行代金を発表する我が国の旅行会社,これもおかしいですね。旅行代金に含まれるものも増えましたが…。

今日の1枚
Img698a


2015年6月 6日 (土)

しつこく

 しつこいですが,”分からなかったらもう一度確かめる”こと,なぜならば”安全第一”だらかです。この仕事に携わる人ならば,最初に学ぶことではないでしょうか。

 私もエアーバンドを聞いて久しいですが,ダブルコンタクトなんてざらにあります。一つを確認したら,"another station calling?"などと訪ねるのが一般的です。

 自衛隊のヘリパイロットの聞き間違い,これも二人(パイロット夫達)で聞いていますね。どちらも”?”と思わなかったのかしら。

 そして今回の場合,3機とも"tower"に周波数が当ている訳です。当該機に関係なくとも状況判断ができていたはずです。スクランブル以外は,優先順位を変えるのは…。

 全日空のパイロットとて同様です。自衛隊機の存在は分かっています。さらに2分に1機ほどの離着陸感覚がない那覇空港です。着陸機の存在も分かっているはずです。

 離陸を中止したならば,速やかに滑走路から出る必要があります。でないと後続機は,"go around"になってしまいます。これも当然の措置です。

 最後にJTAです。自衛隊・全日空の動きは,全て理解していたはずです。いくら間隔があったとしても滑走路上に全日空の存在を確認できたと思います。

 どのような調査結果が出るか分かりませんが,4者の”安全第一”の意識が問われるものだと思います。プロとして誠にお粗末としか言いようがありません。

これもくどいですが,豊田の御大も厳しく書かれていますから,もう一度取り上げます。アシアナ航空の"MERS"への対処です。これもおかしい。

 A330にMERS感染者が搭乗,殺虫剤を撒いて,中部に飛ばしたことです。感染症の病気に殺虫剤ですよ。機内にハエも飛んでいたのかしら。

 この機内の搭乗者の中から新たに患者が出たら,アシアナ航空はどう弁明するのでしょうね。「殺虫剤を撒いたので大丈夫だと思った。」と言うのかしら。

 乗客の安心・安全よりも飛行機の運用効率優先ととられても仕方がないやり方です。ICAOによる指導が一番必要な航空会社です。韓国政府は信用できません。

 国土交通省のお役人さん,"SARS"の時のことを忘れている。SARSもMERSも非常に感染力が強く,その治療法も満足に見付かっていません。

 SARSのことを思い出せば,中部に降り立った乗客は,一人一人感染の有無を確認すべきでしょう。また,フォローもやらなくてはなりません。

 自分のお膝元の国際空港でこれだけのことが起こっているのに,ノー天気な○○知事は,ソーラーインパルに興味をもち,わざわざNKMに出かけています。

 中部に降り立った乗客の一人でもMERS患者が出たら,このノー天気な○○知事は,部下を叱り続けるでしょう。責任転嫁ですな。県民の安心・安全は選挙用語?

○デルタねえ
”スカイマークの最大債権者で独自の再生計画案を策定中のイントレピッド・アビエーション,デルタ航空など複数の航空会社に連携を要請。日本での事業拡大に意欲をもつ航空会社をスポンサーに迎え,ANAホールディングスの支援による再生案に対抗。
 イントレピッドは当初,ANAによるスカイマーク支援に賛成。ANAがスカイマーク向けのリース機材を引き取る意向を示し,4月8日付で合意文書も交わした。ところがANAのスポンサー入りが発表された後に機材引き取り交渉を打ち切られ,ANAへの不信感を強めた。ANAは合意文書について「法的拘束力はない」と主張。イントレピッドはANAがスカイマークの再生をリスクにさらすものだと対立。”

○またか
 AZ,新塗装(マイナーチェンジ)と思ってB777を撮っていたら,今度は本気?の新塗装が発表されました。緑のラインがなくなりました。平凡?
5433

今日の1枚
Dl812a


2015年6月 5日 (金)

心の引き締め

 昨日は,まるで台風一過のような風と青空,驚きました。NKMに駐機中のソーラーインパルスの話題が,まだ続いています。不思議と私は…。

 (着陸許可を渋ったことは,どこの新聞社も書いていませんね。知恵の浅い○○知事は,野次馬根性丸出しでソーラーインパルスの見学に行ったそうです。)

 そんな中,約1ヶ月前に予約していました“胃カメラ”検査に行ってきました。空腹状態での検査,1年に1回とは言え,苦痛ですねえ。

 以前,胃潰瘍・ポリープを経験している私,バリウム検査では引っかかります。結局胃カメラ検査をするハメになります。ですから例年6月に検査を自主的にしています。

 結果としては,腹部超音波検査…多少脂肪肝があり…炭水化物・糖分の摂取に配慮,胃カメラ検査…胃腸・十二指腸…異常なし。やれやれ。

 同年齢の友人,久し振りに会うと”診察券”の数が話題になります。私はまだ少ない方の部類に入ります。それでも用心をしています。あと2年は…。

 最悪なのは,”歯”ですね。これ程酷い状態になるとは,予想もしていませんでした。例の"8020"を聞いた時,笑った私がこのような状態になるとは…。

 ブラッシング・歯間歯ブラシは,必需品です。それでも歯垢がたまり,歯周病が…。硬いものをかめない状態です。リンゴをスライス状態で食べる悲しさ。

 ここまで書いて自分の嫌らしさを感じました。それは”他と較べる”という思考です。これはいけませんね。まだまだ人間性の未熟さを感じます。

 こういったことを自覚した時には,本棚から”徒然草”を引っ張り出してきます。吉田兼好の鋭い物事を見る目,自分を叱咤するのに適した本です。

 そんな”徒然草”の中でも,教科書にでも出てくる”二本の矢”がありました。”一発勝負”の大切さ,己を磨く一方法です。耳に痛い話です。

 例えば,高速連写…ディジタルならば気になりません。「気に入ったものを1枚選べばいい」と言った安易な気持ち,やはり写真は1発で決める心構えが大切です。

 このような例に反して,”備えあれば憂いなし”があります。が,私にはやはり吉田兼好の考え方に共感を覚えます。己を気持ちを引き締め,緊張感をもって望む姿勢です。

 ついでに書いておきますが,”徒然草”はどこから読んでもかまいません。最初から読むなんて愚の骨頂,パッとめくってそこから読めば良い,そういった本です。

 ”徒然草”と”方丈記”は,私の愛読書の中心にしている本です。何度読んでも心を引き締めてくれる内容だと思います。”方丈記”は,もう原文で読めます。

 それでも何度も読むと言うことは,私の至らなさを証明しているからです。これから何度この2冊の本を読むことになるのでしょうねえ。

○考えられない二重ミス
”3日午後1時25分頃,那覇空港の滑走路で,離陸走行中の全日空機の前方上空を航空自衛隊那覇基地所属のヘリコプターが横切った。全日空機は離陸を中止。直後に日本トランスオーシャン航空機が同じ滑走路に着陸し,全日空機の後方で停止(約400m)しており,衝突の危険もあった。管制官は滑走路上に全日空機がいたため,JTA機に着陸やり直しを指示したとするが,JTAの乗務員は同社の聞き取りに「指示は着陸後に受けた」と話している。JTA機は新石垣発の610便B737(乗員乗客44人)で,全日空機は新千歳行き1694便B737(同83人)。国交省によると,那覇空港と那覇基地の管制は一体化されている。横切った空自ヘリCH47は管制官の指示がないまま離陸した。”

 青組の離陸許可を自機の離陸許可と間違える?!復唱をしっかり行えば,分かることです。これに注意を集中しており,他機には注意散漫?なのかしら。

 青組は,二度もビックリ?滑走を始めたら前方をヘリが横断,慌てて急ブレーキです。タキシーウェイに出ようとしたら,後ろから着陸機が…。

 これとて周波数がタワーに入っているはずですから,他機の着陸許可が聞こえたはず,ならば緊急体制で速やかにタキシーウェイを目指さねばおかしい?

 後続機もタキシーウェイに出ていない飛行機が見えたはず,ならばゴーアラウンドを求めてもいいのでは?管制官の指示よりも安全が大切なのでは?

 自衛隊機も青組も赤組もみーんなおかしい。関係者は,ぜーんぶ処罰を下されて当然です。言い訳なんか聞きたくない,安全第一は,口先だけなのか!呆れかえります。

○クレイジー?
”2日,中東呼吸器症候群(MERS)感染者が搭乗したアシアナ旅客機が消毒されないまま中部国際空港へ運行

 ソーラーインパルスに浮かれた○○知事,これを知っててNKMに行ったのかな?それともこのことを知らなかった?大問題だよねえ。

 飛行機は落とすは,病原菌をばらまくは,一体この会社の体質はどうなっているのでしょう。韓国と往来する飛行機は,全て消毒をした方が良い。 

今日の1枚
Dsc_0277a

A380,初めての本格的特別塗装
5428

2015年6月 4日 (木)

泥沼化?

 イントレピッドに続きエアバスもスカイマークが出した”再生計画案”に賛成は得られない模様だと伝えています。約900億円がぶっ飛ぶ訳ですから。

 スカイマークにとって不利な条件が,また増えました。エアバスは,スカイマークが所有する機材に自社の製造機が1機もないことへの不満でしょう。

 仲を取り持ったとされるANAとて,新規購入をしてくれない。これはイントレピッドとて同様,ANAは自社のリース機を導入するつもりはさらさらない。

 ANAとて赤組に流れないように参加しているだけで,せいぜい共同運行の手段を使って手元に引き寄せるだけです。三つの会社のエゴむき出しの様相です。

いったんはスカイマークからの支援要請を断ったANAです。「苦しいから助けて」と言われ,No!といったANAです。スカイマークはANAの本音を見ています。

 救世主は,最初から言っているように”エア・アジア”しかありません。この会社ならば,海外2社を黙らせることができると思っています。違いますか?

 まるで泥沼化したスカイマークの再建計画,“エア・アジア”が乗り出さないのならば,倒産した方がいいでしょう。今度はインテグラルが困る?

 もう一つ分からないのが,なぜ”民事再生法”をとり,”会社更生法”をとらなかったのかが分かりません。

 民事再生法:「再建型」の倒産制度,経済的に窮境にある債務者の事業または経済生活の再生を目的とする法律。最大の難所は,債権者から民事再生手続きの申請について同意が求められるか否かです。

 会社更生法:民事再生法と同じ破産法に類する法律であり,経営困難である株式会社について,事業の更生を目的としてなされる更生手続を定めるために制定された法律。

 スカイマークのように負債額が大きいならば,会社更生法を選ぶのが常套手段に思えます。最大債権者が海外の会社であるだけに,時間がかかるがこの方がベター?

 これならば,腹の探り合いを続けるANAの支援に頼ることの可能性も低くなるのではないでしょうか。さすがお上も”ANA出の社長には…”と。

 右を見ても左を見てもエゴの塊,ならば一層破産宣告して再生した方が…。インテグラルとて,投資金額が戻ればスカイマークに興味がなくなるでしょう。

 さらに深読みするなら,アドバイザーであるGCAサヴィアン,監督委員を務めるひいらぎ総合法律事務所,手数料はまず引いておいての仕事です。

 ”呉越同舟”と言う言葉がありますが,まさにスカイマークを取り巻く会社のことを指しています。スカイマークを食い物にしています。見苦しいです。潰すのがベスト!

今日の1枚
Img1670

2015年6月 3日 (水)

雨の日の視界確保

朝目が覚めたら,静かな雨音が聞こえました。これで今日は,あの暑さから解放されるのではないでしょうか。庭木・野菜・ハーブは大喜びでしょう。

 私には妙な習癖があります。長時間の駐車をする場合,必ずワイパーを上げる習慣があります。中古車展示場に並んでいる自動車のようです。

 その理由の一つが,ワイパーにたまる砂埃です。ワイパーのゴムは,素晴らしいゴムを使っています。が,砂埃と一緒に使えば,ゴムに細かなキズが付きます。

 こうなると同心円状に細かな筋ができ,目が疲れます。これが嫌なんです。できうる限り雨の日のドライブで目が疲れないようにしたいものです。

 ホイールや車体の汚れよりもフロントガラスの汚れが気になります。夜間の長距離ドライブ,ワイパーが拭き取っても残る同心円状の筋,嫌ですねえ。

 もう一つは,油膜ですね。いろいろなケミカル用品を売っています。いろいろ試しました。が,結局落ち着くのが,原始的な磨き砂タイプですね。

 大気中の汚れ,勿論一番は排気ガスです。フロントガラスが付いている自動車が避けられない大敵です。どんな高級車に乗っても油膜は付きます。

 どんな高級車でも,必ずワイパーは付いています。長い短いの差はありますが,使用目的は同じです。ですから,砂埃・油膜を避けて通ることはできません。

 私の車,梅雨前にはワイパーゴムを買えようかと思っています。目の疲れを少しでも軽減させる為にも。この出費は,仕方のないものです。

○ここにも改革が
”経営再建中のマレーシア航空の最高経営責任者クリストフ・ミュラー氏は,「2018年の黒字化を目指して聖域なき改革を進める」と宣言。2万人いる従業員の3割を削減,低運賃競争が続くアジアでの競争力回復を目指す。昨年3月の機体消失事件から迷走を続けた同社の再生が動き出した。
「我々は事実上の倒産状態にある」とミュラー氏。1990年代末のアジア通貨危機後に経営が悪化し始めたマレーシア航空。数度にわたって再建を進めてきたが,業績悪化に歯止めをかけられなかった。昨年に相次いだ墜落事件を契機に客離れが深刻化。最終的に国営投資会社カザナ・ナショナルを通じた再国有化による再建が決まった。
 総コストを2割削減するリストラの柱が人員の削減。すでに同社は再建に向けて会社を二つに分割済み。現在営業中の「旧会社」は8月31日で営業を終え,9月以降は「新会社」に資産や運航業務を引き渡す。新会社は解雇対象外の1万4000人と新たな雇用契約を結ぶ。
 「取引先は2万社もいらない。2000~2500社で十分だ」とも。業務委託などで2万社と取引があるが,不当な高値発注を指摘。機内食を発注していた企業との契約を見直し,発注額の25%カットを飲ませた。
 新会社は機体運航やサービスなど12部門に分け,それぞれの部門にコスト削減などの目標達成を求める。従業員教育などの部門では外部企業と競わせ,場合によっては外部への業務委託を検討。エアバスの大型機2機の売却に向けた交渉を進めている。それ以外の計画は「現在交渉中」として公表は拒んだが「保有機体と路線の縮小を進める」と強調。 
 リストラを支えるのは運賃の安さが競争力となるとの信念。東南アジアの主要航空会社は15年1~3月期に原油安で業績が盛り返したが,老舗航空会社とLCCによる運賃引き下げ競争は激しさを増している。”

 どこかの国の元ナショナルフラッグキャリアと同じですね。経営陣の旧体制からの脱却そして正常な組合活動,さらにはコスト削減をしなければ生き残れない。

今日の1枚
Mhmkx


2015年6月 2日 (火)

本気?ポーズ?

 雲が多いものの連日の暑さは,身体に堪えます。まだ先週の疲れがとれていない今日,仕事は本当に辛かった。それでももう2ヶ月が過ぎました。

 もっと辛かったのが,ランチに出た”ひじきの含め煮”,とっても辛くて辛くて食べられませんでした。作っている人には申し訳ありませんが,味付けがきつい!

 あれでは1食あたりの塩分含有量は発表できませんな。心配で周りのご婦人に聞いてみたら,同じ感想でした。それを聞いて安心しました。

○自動車を運転していると,歩行者・自転車・自動二輪車が怖いと思うことが,たびたびあります。自動車と比べて自由に動き回れるからでしょうか。

 最近高速道路の電光掲示板を見ると,自動二輪車による事故が多発しているようです。スピード超過・ジグザク走行など,危険きわまりないことが原因でしょう。

 自動スピード取締でも前にナンバープレートがありませんから,自動二輪車はフリーパスです。警察もこれには打つ手がないのでしょうね。

 もう一つは,自転車です。風に煽られ,フラフラ走行。大型車の通り去る際の風圧でもフラフラ走行,誰しも避けたくなるのが自転車では?

 自動二輪車ほどヘルメット着用が徹底しないためか,ノー・ヘルが当たり前?車両ですから,車道を走るわけです。但し,小学生以下は歩道も可?

 最近は驚くべき姿で自転車を運転している姿を…スマホ画面を見ながら,両耳にイヤフォンをさしながら,周りの状況判断ができるのでしょうか?

”自転車の交通ルールが6月1日から変わる。14歳以上の人が,信号無視や車道の右側通行といった危険行為で3年間に2回摘発されると,有料講習が義務づけられる。
 道路交通法の改正を受け,悪質な交通違反を危険行為と決めた14類型(信号無視・通行禁止違反・歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)・通行区分違反・路側帯通行時の歩行者の通行妨害・遮断踏み切りへの立ち入り・交差点安全進行義務違反等・交差点優先車妨害等・環状交差点安全進行義務違反等・指定場所一時不停止等・歩道通行時の通行方法違反・制動装置(ブレーキ)不良自転車運転・酒酔い運転)・安全運転義務違反)。
 危険行為を警察官に目撃されると,「指導警告」を受け,従わない場合は刑事処分の対象となる「赤切符」を切られる。重大な違反は,即赤切符の可能性がある。赤切符か,危険行為が原因で事故を起こして事件送致された場合が「摘発」に当たり,3年間に2回で受講対象となる。14類型以外は,摘発されても受講の対象にはならない。”

 車両ととらえるならば,違反→罰金では?有料講習会では,まだまだ自転車に対する甘さを感じます。点数稼ぎにならない違反,本気で取り締まる気はないだろうな。

○これは揉めますね
”民事再生手続き中のスカイマークの再生計画案について,最大の債権者であるリース会社イントレピッド・アビエーションが独自の再生案を東京地裁に提出した。スカイマークはANAホールディングスから出資を含む支援を受ける方針だが,イントレピッドはANA以外の航空会社の支援を受けるべきだと主張。
 これに対して,スカイマークは同案が再建のスポンサーとなるエアラインを選定中としており,実現可能性が示されていないほか,債権者への弁済率がスカイマークが提出した自社の再生計画案より劣っている点などを指摘。”

 余程A330後遺症に悩むイントレピッド・アビエーション,さらにA330を使ってくないANAへの当てつけなんでしょうね。ANAがどう出るのでしょうね。

 ANA以外の航空会社と言っても,国内にはスカイマークを助けるところはありません。ひょっとしてエア・アジアを意識しての再生案かもしれません。

○エアバスの稼ぎ頭
”エアバスはA320ファミリーについて,月産60機以上への増産を検討している。
 A320ファミリーは現在月産42機。2016年第2四半期には,A320ファミリーの4番目の最終組立工場となる米モービル工場から最初の機体が引き渡される予定で,2017年第1四半期から月産50機体制を目指す。
 4月末時点のエアバス機全体の受注残は6399機,A320ceoが1350機,エンジン換装型のA320neoが3794機,全体の80.3%を占める。
 月産60機以上を目指したい,LCCをはじめ航空会社やリース会社からの受注が旺盛なことから,さらなる増産を目指す。
 エアバスによると,今年1月から4月末までの純受注状況は,A320が174機,B737は66機。受注比率はA320neoの73%に対し,B737は27%。
 B737の生産レートは現在月産42機,2018年から月産52機に増産。エアバスは工程の改善などにより,ボーイングの生産レートを上回りたい考え。”

○引っ越し
 昨日で切れた無料ホームページ,何とか新たに二つをゲット!”能楽””音楽”が生き延びました。どちらも更新が滞っています。週末には更新しようかな。

 どちらも自己満足の世界,そして足跡を残す為に作ったものです。少しでも続けねばなりません。せっかくお借りしたものですから。

 ”石仏の美”を更新したら,また上州に行きたくなりました。が,今度こそしっかりと下調べをして無駄な動きを省かねばなりません。明日AMAZONから地図が来ます。

今日の1枚
Dsc_0082a


2015年6月 1日 (月)

月が変わりました

○水無月
 今日から6月,いよいよ一年の内の最もお天気の不順な時期になります。この時期から飛行機の撮影は,トップライトとなり,いわゆる”腹黒写真”となります。

 とは言え,午後も2時を過ぎますと長い時間撮影が可能なだけに,晴れればいい時期となります。午後遅い出発便の撮影も不可能ではありません。

 最も成田空港の場合は,RW34Lは撮影に向かない時期となります。RW14Rならば美味しいです。新しいヘリポート,使った所を見たことがありません。

 さらにサティアン周辺も工事中,不要物を作ってお金を使っているだけのような気がします。派遣されている機動隊員,一体いつまで続くのでしょうね。税金の無駄!

 昨日サイトアップした写真,やはりRW34Lの写真やRW16Rの一部は,納得いかないできでした。まあ分かってやっているのですが,そこはお上りさんの苦しい所です。

○道祖神は
 昨年秋からサボっていた石仏探訪,準備万端ではありませんでしたが,東方遠征をしてきました。もちろんケチケチ作戦(深夜料金利用)を実行しています。

 今でも道祖神は,近くの人達の信仰対象となっています。別に神道・仏教のご加護に頼るまでもなく,身近な石仏だってご加護があるはずです。

 足の不自由な方が道祖神に何度もお祈りし,完治した話もあります。もちろんお礼に草鞋をお返しにする訳です。その他,身体のあちこちの病の話もあります。

 悲しいかな私の場合は,どちらかと言えば”美術作品”として道祖神を見ています。勿論出会いと別れの合掌は忘れませんよ。これだけ合掌すれば,極楽間違いなし?!

 次回の東方遠征に備え,市町村別の詳細な地図帳を購入したいと思います。ナビゲーションには,”字名”が出て来ない場合が多いからです。これは投資しなければ…。

 余談ですが,一人旅ですから”疲れ”はできるだけ軽減したいのが本音です。高速道路も80~85kmの低速走行にしています。時間がかかります。どんどん抜かれます。

 それでも"eye sight"の威力は抜群です。SAやPAへの出入り時くらいです足を使うのは。加速・減速はハンドルに付いているスイッチ操作だけです。

 これで"eye sight virsion3"ならば,白線内の中央を走ってくれます。自動走行に向けて,自動車産業は必死の開発ですね。ありがたいことです。

○これからの人は大変だ
”みずほ銀行のコールセンター。オペレーターフロアに「WATSON受電中」の表示。オペレーターが顧客からの電話,会話の内容に応じてパソコンの画面が自動的に切替,本人確認書類など口座開設に必要な手続きを表示。オペレーターと顧客の会話からIBM(AI)「ワトソン」が判断,必要な情報を画面に表示。ワトソンは,経験から学習する。オペレーターは会話が終わると,ワトソンの働きを評価。この繰り返しでノウハウを積み重ねていく。最適な回答を導き出すAIが「人の能力に依存していた営業を変える可能性を持つ」。
 高齢者福祉施設では富士ソフトが開発したロボット:パルロ。音声認識と顔認識の技術を活用,一人一人の顔と名前,趣味や誕生日といった個人情報を記憶。インターネットにもつながり,記憶した情報とネット上の情報を組み合わせて会話をする。会話では0.4秒以内に答えるように設定。
 ソフトバンクは,ワトソンを活用したサービスを年度内に始める。例えば症状をスマホに入力,医療データから病名を推定する健康分野,学習の進み具合や志望校の過去問を分析,最短の合格法を提示する学習分野。
 ソニーは自動運転技術開発のZMPに出資,画像センサー技術とZMPの技術を融合した車載カメラなどの共同開発に乗り出した。吉野家ホールディングスはタメコと提携,4月から来店ポイントをためる独自アプリサービス導入。博報堂DYホールディングスはメタップスとCMの広告効果を測定するシステムを共同開発。
 AIは人間の頭脳に近い仕組を持ち始めている。就職先もAIが決める時代が来るかもしれない。米国ではSNSやBLOGなどインターネット上の情報を解析,最適な人材をスカウト。AIはこれまで人間にしかできないと思われていた複雑な作業をこなせるようになってきている。脅威論もある。いかに使いこなし,ヒトと役割分担をしていくかが問われる。
 AIはデータの中から有意義な情報を見つけ出すために,有効な手段。自動車や電気機械,流通,社会インフラなどの分野で広がっているビッグデータ活用,データ収集の手段であるIoT(モノのインターネット)とは不可分な存在。
 AIでは,米国のIT(情報技術)企業が先行。グーグルは,13年から14年にかけてディープマインド・テクノロジーズなどAI関連企業を買収。自動運転車などへの応用を視野に入れている。AIは産業構造を大きく変える可能性がある。日本企業が生き残るために,技術や資金を振り向けていく必要がある。”

○まだまだ制限が多い
”アメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)は,アメリカ国外の10空港でプリクリアランスを実施する計画を発表。対象の10空港は成田・ブリュッセル空港・ドミニカ共和国のプンタ・カナ空港・キポール空港・オスロ空港・バラハス国際空港・アーランダ空港・アタテュルク国際空港・ヒースロー空港・マンチェスター空港。
 現在,DHS参加の税関・国境警備局(CBP)の担当官が,アメリカ国外の空港でプリクリアランスを実施しているのは6カ国,15空港。DHSの発表で,対象国は15カ国に増加。今後,DHSが対象となる国,空港と個別に交渉を行い,実施時期を決定。これにより,対象空港からアメリカに到着する場合,航空便はアメリカ国内線と同様に扱われることとなり,手続きが大幅に緩和。
成田国際空港などは,1年間にわたり実施されていたプリクリアランスの対象空港の増加には,DHSの発表では世界の24空港以上から応募が寄せられました。この中からDHS,CBPがアメリカへの入国者数の多さ,航空便の状況などから10空港を判断。
 成田国際空港のアメリカ路線は,日本,アメリカの航空会社に限ると,5社,1日40便,週間280便が就航。日米以外も加えると,8社,週300便超。
 アメリカは,911テロの後,入国審査を大幅に厳しくしたことから,入国手続きに大幅に時間がとられるなど,ビジネス・観光客から不人気となり,航空会社を含む観光・旅行産業がDHCに対応を長年に渡り求めている。”

 事前登録・入国審査とアメリカ入国は,厳しく時間がかかります。昔RGが給油のために降りていましたが,トランジット扱いで不便だったそうです。
 
今日の1枚
Img135


« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »