2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今日のお天気は?

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

工夫が足りない

 滅多に使うことのないものでもたまに使うことがある時,「どこだ,どこだ」と探しまくる悲しい性。先日もタッチペンを必死に探しましたが…。

 きちんと整理保管することができない悲しい性,これが原因です。そのために無駄な時間をたくさん使って,挙げ句の果てに分からない,疲れがどっと出ます。

 従兄の日曜大工の作業場,いつも感心するのが,整理整頓。大きさや使用頻度に応じて保管場所がきちんと決まっています。感心します。

 自分で使うものをいかに使いやすい状態にするのか,見習わなくてはなりませんが…。そこで少しはできるだろうと,机上にあるボックスの整理をしてみました。

 机上に新聞紙を敷き,小さな引き出し一つをひっくり返し,中身を全部見えるようにしました。まずは,不要なものの選別です。これが出てくるんですねえ。

 ポストカード・切手シートなどが,いくつもの引き出しに分散していました。これらを1箇所(引き出し)にまとめました。筆記用具も同様です。

 こんな小さなことでもやってみると,引き出しの中身の減量にも役立ちました。次回は大物:納戸をやりたいと思います。雨の休みの日にでもやろうかな。

 ところでもう一つ,滅多に使うことのないものでもたまに使うことがあるもの:タクシーがあります。路線バスの最終が終わった後などに…。

 タクシー乗り場に長い列,なかなかタクシーが来ない。待つ時間って,長く感じるものですねえ。昔は,近距離だと”乗車拒否”ってのがあったけど。

 タクシーの数が多すぎると,国土交通省が指摘,減車に応ずるか否か,地域によって分かれているそうです。お役人の机上の計算ですね。

 数もそうですが,値段までお役人の指導が入る。これには一長一短がありますが,あまりお役人が立ち入る領域ではないような気がします。

 ”高いから乗らない“”お客さんが少ないから儲けを確保するために値上げ”,この負のスパイラルの一つがこれです。創意工夫が足りないと思います。

 要は,利用者の立場に立ったやり方ができていないと言うことです。東南アジアで見るオート三輪タクシー(名前を忘れました)は,足代わりです。

 タクシーという概念の固定が,お役人・会社に根付いています。一人で利用するのにあんな大きな箱は要りません。サービスの多様化が求められていると思います。

○成田アクセス
”成田空港では,アクセス手段として最も利用者が多いのが鉄道で,全利用者の42%。空港バス(21%),自家用車(20%)が続く。
 鉄道では,成田エクスプレス,京成スカイライナーという看板特急を導入。シェアはほぼ互角。特急料金のかからない列車も含めると,京成のシェアがJR東日本を上回る。
 京成は日暮里―空港第2ビル間を36分で結ぶスカイライナーのほか,所要時間は1時間程度かかるものの特急料金の不要なアクセス特急や快速特急が,割安さを武器に利用者を集めている。
 JR東日本の成田エクスプレスは,都内のみならず大宮や横浜の発着もあり,首都圏の幅広いエリアから乗客を集めている。ただ,東京駅から成田空港まで1時間半程度かかることに加え,料金がスカイライナーより割高というデメリットがある。
 京成は「グループ会社が運営しているバスも加え,多様なアクセス手段を提供することで,LCCの乗客に利用していただきたい」と。価格ではなく利便性を高めることで,LCC利用客を取り込む。まず,上り始発スカイライナーの成田出発時刻を8時台から7時台に繰り上げた。早朝に成田空港に到着する便の多いLCC乗客の獲得を狙ったものだ。一方,下りの最終イブニングライナーは京成上野発車時刻を22時00分から23時00分に繰り下げた。成田空港着は24時10分で,翌朝のLCC早朝便の利用者に対応。
 成田エクスプレスの上り始発は7時44分,快速エアポート成田の下り到着時刻は22時47分。京成が一歩リード。外国人の利用,「ジャパンレールパス」など外国人専用のJRパスを使えば,成田エクスプレスに無料で乗れるためだ。
 そこで京成は,東京メトロや東京都交通局と組み,地下鉄が1~3日間乗り放題となる切符にスカイライナーの往復乗車券を組み合わせた「京成スカイライナー & 東京サブウェイ・チケット」の販売。春秋航空,バニラエア,ピーチ・アビエーション,エアアジアXといったLCCの機内でスカイライナーバリューチケットも販売。
 次々と手を打つ京成に対して,JR東日本は成田エクスプレスに往復割引切符を導入し,さらに空いている指定席があれば事前の指定なしに座れる「座席未指定券」という制度を導入。”

今日の1枚
Dsc_0063a


2015年5月30日 (土)

上手に付き合いたいものだ

 ”環太平洋造山帯”の西の端に位置する日本,地殻変動の最も激しい国の一つです。地殻変動,一般的には,ウェーゲナーの”大陸移動説”まで話が戻ります。

 要は,大地はプレートの上に乗っており,動いているということかな?そのプレートとプレートの境界線部分がぶつかり合うと,よく地震が起こるそうです。

 また,火山活動も活発で,地球内部の動きを正直に表現しています。昨年の木曽御嶽山から箱根大涌谷,鹿児島桜島,そして今回の沖永良部島です。

 火山の噴火爆発で一番記録が残っているのは,江戸時代にあった富士山の爆発です。江戸では,飛んでくる火山灰の影響で,昼間も暗かった記録が残っています。

 美しい富士山ですが,南東にあるこぶ(?),江戸時代の爆発の名残です。爆発を繰り返し,あのような美しい形を作ったことも知られています。

 この時の爆発で,御殿場から小田原にかけての地域は,凄い厚さの火山灰が降り積もったそうです。現在富士山が爆発を起こしたら???

 火山活動のマイナスばかり書きましたが,プラスがあります。日本人が大好きな温泉です。わずかですが,地熱発電所も作られています。

 長くダラダラ書きましたが,日本人の生活には火山は切っても切れない存在だということです。火山活動を恨みながらも,火山との共存をしてきました。

 マイナスを指摘するのは容易いですが,それをどう生かすか,日本人の知恵が試される時です。人命を第一に考え,火山活動・地震活動を予知し,生かすことです。

○やるねえ
”ロシア・トランスアエロ航空UN8888便は28日午前1時17分に北京首都空港を離陸,モスクワに向かった。本来の飛行ルートによると,同機は離陸後,南に向かい,その後東から北へ飛行。だが,離陸後しばらく南に向かった後,東ではなく西に向かい始め,北京市街地の上空を飛行。方向を誤り市街地上空に入ったのは,機長が方向を誤解したことが原因。管制官がすぐに方向の誤りに気付き,本来の方向に変えるよう告知,同機は西から東に方向を変えた。
 このようなミスに対するペナルティーの基準は国や航空会社によって違う。また,明確な関連規則も設けられていない。
 UN8888便の予定離陸時刻は午前0時40分だったが,37分遅れの午前1時17分に離陸。同機は午前4時16分,モスクワ・ヴヌーコヴォ国際空港に11分遅れで到着。”
 真夜中に聞きなれないジェット音,北京市民もさぞかし驚いたことでしょう。こんな凡ミスをするようでは,運行責任者の資格が問われますね。

 しかし個人的には,こうしたことを一国の首都上空でやったことに…。それも中国ですよ。空の規制が厳しい中国ですよ。蔭では拍手喝采?

○私見
 相変わらずスカイマークの再建のプロセスに暗雲が…。計画案を裁判所に提出したものの,自分達の都合のいいことばかりの内容,不満が…。

 リース会社のイントレピッド・アビエーション…返却されたA330,せめてANAが使ってくれたら,損失が少なくなる。ところがANAはNO!ですからねえ。

 エアバス,スカイマークはライバル・ボーイング一辺倒,これが気に食わない。A380キャンセルのお詫びにA320でも購入してくれるならば,ところがNO!ですからねえ。

 仲を取り持つANAも新規注文はすでに発注済み,今さらこの計画を変更するような気持ちはない。あくまでもスカイマークを赤組にとられたくない一心ですから。

 要はスカイマークの再建,ANAが入ったことのプラス・マイナスがあり,それをどう生かすかが一つのポイントではなかろうか。

今日の1枚
Dsc_4168x


2015年5月27日 (水)

久し振りです。

号外を出します。

○なぜNKMへ来ないのか
”戦後初の国産旅客機で,平成18年9月で民間航空路線から引退した双発プロペラ機YS-11が27日,久しぶりに羽田空港を離陸。大阪府八尾市のエアロラボ インターナショナルが国土交通省から昨年末に落札した機体の試験飛行,羽田には独特の高いエンジン音が響いた。
 機体は昭和43年製,国交省が空港設備の点検用に使用していたが,平成18年に引退。エアロ社が「もう一度空へ飛ばしたい」と約223万円で落札,羽田空港で整備や塗装を続けた。
 保管場所となる高松空港まで,試験
飛行としての許可を取得。午前中にエンジンの状態をチェック,午後2時15分頃,8年半ぶりに飛び立った。”

 実は,このYS-11のNKMへの飛行計画があったらしい。どうして止めになったのかは,知りません。とっても残念に思っていました。

 保管場所が高松空港,これは一度高松空港詣をしたくなりました。もっとも何かプラスの高松空港行きにせねば…。瀬戸内の石仏巡り?それとも?

○座布団5枚!
”シンガポールを出発,23日に上海に向かっていたシンガポール航空SQ836便(A330-300)が,飛行中にエンジンが急停止するトラブルを起こしていた。パイロットが滑空しながらエンジンの再始動に成功,墜落は回避した。”

 もう4日も前の話です。知りませんでした。情けないことです。パイロットの冷静な判断でエンジンは再始動,良かったですね。大昔のBA:B747を思い出しました。

 これは座布団5枚のもの快挙です。SQ,凄いね。いやハドソン川も思い出しました。それにしても飛行中にエンジン・ストップはいけません。

 恐らく中国が近付くにつれ,PM2.5を初めとする有害物質の濃度が濃くなり,エンジンが余りの空気の汚れに悲鳴を上げたものと推察されます。

 中国に向かう飛行機は,エンジンの前にシャープの空気清浄機に使うようなフィルターを装備することをお薦めします。笑い事ではありません。真面目です。

*明日・明後日のブログは,都合によりお休みをさせていただきます。

お詫びに…。

Dsc_0308a

Dsc_0281a

Dsc_0249a

Dsc_0233a


国民生活は

 確実に覚えているのは,1ドル=160円台の時期がありました。原油の高騰がもろに生活に響きました。今回の円安も円高に慣れた生活をしてきた我々には…。

 199円後半から一気に122円台に突入,昨年来輸入品の高騰が国民生活を襲っていることは,ほとんどの人の生活実感ではないでしょうか。

 「輸入原材料あるいは燃料費高騰により…」,こういった言葉がこの夏には頻繁に聞かれそうです。畜産農家・漁業関係者など,弱いものから淘汰されていきます。

 それに最近マスコミが情報を流さなくなったTPP,この結果如何では,さらに弱いもの苛めが進むものと思います。これは他人事ではありません。

 都市部の人達は,毎日口にするものを当然と思っていると思います。あるいはお金さえあれば,世界中のグルメを楽しめるともね。

 農業経営・漁業経営だって,企業と同じです。利益が出なければ,廃業です。いい例が,酪農家の数の減少です。バターが不足したでしょ。あなたの生活に結び付くでしょ。

 一度手放した牛を再び飼育することの困難さ,荒れた牧草地を元に戻すのにも,年単位の時間がかかります。再び生産しても,TPPの結果次第では…。

 一部の大企業の代弁者となっているアベチャン,もちろん良い所もあります。認めます。しかし,国民生活の水準が下がるような政策は困ります。

○久し振りの話題
”民事再生手続き中のスカイマークが策定している再生計画案,最大債権者であるリース会社イントレピッド・アビエーションがANA/HDによる支援に反対する意向。再生計画案の承認には債権者による投票で一定の条件を満たす必要があり,同案の成否に影響を与える可能性もある。A330:7機のリース契約をスカイマークと結んでいた。同社はスカイマークに対する債権が約1040億円に上ると東京地裁に届け,債権総額(約3200億円)の3分の1を占めている。スカイマークはインテグラルが50.1%,ANAと金融機関が計49.9%を出資して共同で再生を支援することで合意。再生計画案を東京地裁に提出,7月頃に債権者集会を開く予定。再生計画案を可決するには(1)総債権額の2分の1以上の同意(2)投票した債権者の頭数の過半数の同意を同時に満たす必要がある。”

 A380:6機についてエアバスは,一体どのような話し合いをしているのか,依然不明です。が,届けた債権の3分の2に含まれていると思います。

 報道によれば,”債権者への弁済率を5%程度と想定”となっているようです。これは法律に五月蠅いアメリカの企業が飲み込むには…。まだまだ波乱がありそうです。

 くどいですが,スカイマークはA380の購入中止をめぐり,欧州航空機大手エアバスから約840億円の違約金を請求されている。併せれば,約2000億円!

 また,再生計画案の可決の条件が,非常に高いことも挙げられます。イントレピッド・アビエーションとエアバスが手を組めば,否決となるでしょうから。

今日の1枚
Img916a


2015年5月26日 (火)

唱歌

 唱歌,誰しも小学校・中学校の頃に音楽の時間で歌った記憶があることでしょう。唱歌:ふじの山・我は海の子・浜辺の歌・早春賦などなど。懐かしいでしょ。

 最もこの唱歌,最近の子ども達はあまり歌わなくなったように聞いています。まあ時代遅れの内容であることも一因だと思います。

 それでも何かのセレモニーでみんなで歌うとなれば,誰しも知っている曲が選ばれるものです。その代表的なものが,唱歌です。例えば,”故郷”なんてどうでしょう。

 東北大震災の慰霊セレモニーで,この曲を聴いたように記憶しています。ああいった場では,ポップスは似合いません。やはり唱歌です。

 唱歌かどうか自信がありませんが,”アマリリス”という曲が頭に浮かんできました。調べてみたらこの曲は,フランス民謡とありました。

 音域も狭く,ハ長調ですから,小学校低学年位でも歌える曲です。「…ラリ ラリ ラリラ,しらべはアマリリス」と出てきます。懐かしいでしょ。

 唱歌あるいは童謡,もっと拡げれば民謡,日頃ストレスを抱えている現代人には,幼い頃歌ったこれらの曲に回帰するのも,ストレス解消になるのではないでしょうか。

 庭の片隅に今年もアマリリスが咲いてくれました。百合同様,強烈な匂いがします。切り花にせず,ちょっと遠くから花を愛でるものです。
P1000094

○ウハウハが止まらない
”エミレーツ・グループの2015年3月期決算,純利益が前年度比33.7%増の54億6100万AEDディルハム(15億米ドル),27年連続で黒字を達成。グループ全体の売上高は,9.9%増の964億5800万AEDディルハム(263億米ドル),現金残高は5.5%増の200億3300万AEDディルハム(55億米ドル)。
 主力のエミレーツ航空の売上高,7.5%増の888億1900万AEDディルハム(242億米ドル)で過去最高。純利益は40.0%増の45億5500万AEDディルハム(12万米ドル)。利益率は1.2ポイント上昇の5.1%。
 旅客数は10.7%増の4929万2000人,ロードファクター(座席利用率,L/F)は前年度比0.2ポイント上昇の79.6%。座席供給量を示すASK(有効座席キロ)は9.1%増加,有償旅客が搭乗して飛行した距離を示すRPK(有償旅客キロ)による旅客イールドは29.7フィル(8.1米セント)。
 同社は24機の新造機を受領,内訳はA380が12機,B777-300ERが10機,B777F型貨物機が2機。保有機数は231機。大型機ばかりです。”

 もうここまで来ると,ウハウハが止まらない。徹底した市場リサーチとともに積極的な新規路線の開拓,空の世界はエミレーツを中心に回っているようです。

 中東御三家のタイムスケジュールも徹底したもの。同じような時間帯に世界各国から到着,そして数時間後に世界各国に飛んでいく。徹底したキャリアです。

 「来てくださるのではなく,利用していただく」姿勢に徹している御三家です。まあお金持ちは,1泊○十万円は軽くする豪華なホテルに滞在,VIP気分を味わっている?

今日の1枚
Img1670


2015年5月25日 (月)

野菜の苗

 疲れがどっと出ました。昨日は大人しく大人しく過ごしました。久し振りにじっくりと読書,そしてシューベルトのピアノソナタを2曲(D.664,D784)聴きました。

 S.リヒテルの古い演奏です。これはLPでも持っています。前者は,本当に穏やかな曲です。後者は,それこそスパッ!スパッ!と切っていく爽快感があります。

 それでもチューリップの球根掘り,花壇の土の掘り起こしと苦土石灰撒きをしました。プランターの花もそろそろ入替をする時期になってきました。

 ご近所に野菜の苗を押し付け,随分少なくなりました。明日は,職場に持っていこうと思います。恐らく全部はけると思います。何せ野菜サラダ用のものですから。

○実現できたら
「今回は(国際線で)LCCを3割にする目標は掲げない」と3月の新関西国際空港会社の安藤圭一社長の記者会見。LCCに特化した従来の路線から「LCCと大手航空会社の両方の便数を引き上げる」と方針の見直しを宣言。
 今年の夏期は,国際線に占めるLCCの割合が26.8%と国内主要空港で初めて25%を突破。成田空港の9.6%を大きく上回った。
 今年3月末,日本航空はソウル線の運航を取りやめた。全日本空輸も平成25年夏期から運休。座席が狭く,4時間以内の近距離が一般的なLCC。主戦場はアジア路線。特にソウル線はその象徴,ピーチや韓国系4社の計5社のLCCが就航。既存の大手航空会社も含めた競争を繰り広げていた。日航や全日空の撤退は,激しい価格競争による消耗戦を嫌った。
 LCCの旅客の大半は,観光客。観光客は旅客数の増加には寄与するものの,課題は国内外の情勢に左右されやすい。2000年代初めの重症急性呼吸器症候群(SARS)拡大,最近では尖閣諸島の領有権をめぐる争いなど,不測の事態が起こると利用者が急減。
 対策は,安定収益が見込めるビジネス目的の旅客取り込み。ビジネス客は,大手航空会社を利用することが多い。ビジネス客の取り込みには,大手航空会社による路線充実が不可欠。また,第1ターミナルは,LCC専用の第2ターミナルよりも施設利用料が高い。収益の安定には大手航空会社が就航するメリットも大きい。
 今後の関空にとって大事なのは,すみ分けとバランス。価格競争の激化による共倒れを防ぐため,同一路線での過度の就航集中をできるだけ回避し,すみ分けを図る。”

 成田・羽田の両空港以外に日本のガリバー2社が,どれだけ海外に飛ばしているでしょう。かつては地方空港(例えば,小松空港)でも海外便がありました。

 日本のガリバーに食らいついたのが,韓国の2社です。安い運賃でソウルに呼び込み,欧米路線に乗り換えてもらう作戦です。これは当たりました!地方総舐め!

 その間,国土交通省を始め役人さんは?成田空港の場合,乗り入れたくとも制限をしていた位に人気が高かった。殿様商売ですね。日本のガリバー2社も同じようなもの。

 この時期,シンガポールのチャンギ空港の拡張整備と香港の新空港建設がありました。さらに某国では,考えられない位の”空のインフラ整備”が始まりました。

 もはや成田のアジアのゲートウェイは,夢物語になってきました。慌ててやり出したのは,何と”羽田の国際線化”です。航空行政の場当たりが見えてきます。

 航空行政の曖昧さは,関西の三つの空港にも当てはまります。関西を作っても伊丹は残す。さらに神戸にまで空港を作ってしまった。政治家の圧力は恐ろしい。

 この三つの空港存続は,まさに足の引っ張り合いです。昨日書いたような身売り(?)が現実化となりました。神戸は廃港?スカイマークも転けたしね。

 LCCを積極的に呼び込み(それでも24時間公共交通機関問題は…。),空港寝泊まり族の出現となりました。そう言えば,東の大空港でもそうですね。

 運賃が安いからLCCを利用する人達にとって,高い宿泊費はとんでもない話です。私も早朝便を利用するならば,きっとそうすると思います。無料休憩室を増やして欲しい。

 まあ関西空港,日本のガリバーが中長距離路線をいくつも開設したら,本物でしょうね。参入そして即刻撤退では,笑いものですからねえ。夢をもつことはいいことだが…。

今日の1枚
Dsc_0133a


2015年5月24日 (日)

蕎麦殻から

 以前,信州伊那谷のそば屋さんで”蕎麦殻”をいただいたことを書きました。プランターや露地のゴーヤの乾燥防止に根元に撒きました。

 そしてスズメは賢い!”蕎麦殻”目がけて毎日我が家に飛んできました。せっかく根元に撒いた蕎麦殻は,辺り一面に散らばってしまい,毎日掃除をさせられました。

 スズメの食べ残し?中身の入った”蕎麦殻”がたくさんあったのでしょうね。スズメの餌にならなかった”蕎麦殻”から,たくさんの芽が出てきました。

 最初は雑草かと思いましたが,”蕎麦殻”を敷いた所からだけ出てきます。たくさん抜いてしまいましたが,まだまだ残っています。小さなプランターに移植しました。

 露地のものもすくすく成長し,今では20cm程にまで成長しました。近くで観察して見ると,もう花芽がいくつもあることを発見しました。

 早速ネットで,蕎麦の栽培を検索,写真入りのものを丁寧に読みました。こうなれば,もっと移植して少しでも多くの蕎麦を育てようと決めました。

 それだけ実が付くのか分かりませんが,また一つ楽しみが増えました。種を取っておけば,来年さらに増やすことができます。在所の畑を借りようかな。
Dsc_0309

○売りたくて仕方がない,買いたくて仕方がない
”新関西国際空港会社は,関西国際・大阪国際(伊丹)両空港の運営権売却に向けた1次入札を締め切った。オリックスは,仏空港運営大手ヴァンシ・エアポートとの連合で入札に応じた。入札資格を得ていた大和ハウス工業・日本生命保険・住友不動産・三菱地所・東京急行電鉄は応札を見送った。オリックス連合は,二つの空港の運営権を獲得し,空港周辺に保有する商業施設やホテルなどの集客につなげるのが狙い。新関空会社は,外国企業単独の入札を認めない一方,国内企業には空港運営のノウハウがないことから,国内と海外の企業が組んで入札するよう求めていた。今後,優先交渉権者を選び,来年1月をめどに運営権を譲渡したい考え。”

 先に仙台空港が話題になりましたが,関西国際・大阪国際空港は桁が違います。国が予定する関空・伊丹空港の45年間の運営権の売却最低価格は,何と2.2兆円也!

 「国内企業に空港運営ノウハウがないから,海外の企業と手を組め」とは,何ともちぐはぐなものの言い方だと思います。海外の企業の方が割り切りがいいのに…。

 大阪国際空港もリニア開通までの命?とても今のような大型機乗り入れは,難しいでしょう。関西国際空港もLCC頼みでは,成田同様頼りないですね。

 これまた成田同様,公共交通機関が24時間運用されないような空港は,先が見えていますね。毛布や長椅子で誤魔化すのでしょうか。

○SQも必死ですね
”シンガポール航空は,8月に導入予定のプレミアムエコノミークラスの座席と機内サービスを公開。同クラスはエアバスA380の19機・B777-300ERの19機・A350の20機に順次導入。シンガポール/シドニー線でまず開始,その後東京・北京・上海・香港・デリー線などに投入。プレ・エコは,座席幅18.5インチ~19.5インチ,シートピッチ38インチ。13.3インチの個人用モニターやノイズキャンセリング搭載のヘッドホン,レッグレスト,フットレスト,シート電源,USBポートなど。
 機内サービスでは,事前にメインコースを選択可能なブック・ザ・クックを提供。優先チェックインや優先手荷物取り扱いを行うほか,受託手荷物許容量は35kgに設定。”

 SQは機齢が浅いことで有名でした。また,サービスもなかなかのもの。ところが,中東3社とのオープンスカイを境に…。起死回生の一つが,プレ・エコかな?

 ビジネスクラスがファーストクラスを駆逐したように,プレ・エコがビジネスクラスに迫っていく,どこが先に手を付けるかで腹の探り合い状態のようです。

 先に日本のガリバーが大々的に宣伝していましたが,SQの内容を見ると完全に日本のガリバーの負け!SQは,本気モードです。さあ他社はどうする。

今日の1枚
Dsc_0029a


2015年5月23日 (土)

ドローン

 「鳥のように空を飛びたい」と思っていた人は,たくさんいたと思います。有名なダ・ヴィンチのスケッチをご存じでしょう,彼も本気でした。

 人類の長年の夢を叶えた第一歩が,ご存じライト兄弟の”初飛行”です。わずかな距離ですが,”飛んだ”ことには間違いありません。1903年のことです。

 1903年と言えば,たった112年前です。まだ百年余りしか経っていません。今では数百人を乗せて1万何千km飛ぶ飛行機も開発・運用されています。

 ダ・ヴィンチが,ライト兄弟がこのことを知ったら,ビックリすると思います。「鳥のように空を飛びたい」と言った人類の夢が,今やごく普通のこととなっています。

 ”飛ぶ”と言うことで言えば,最近話題になっているのが,”ドローン”です。ある記事によれば,”空の産業革命”にも例えられるそうです。

 ”火の活用”そして”蒸気の活用”と並ぶものだそうです。「何と大げさな」と思ったら,記事をよく読めば,成る程と納得できる代物です。

 ”ドローン”の開発は,まさに”金のなる木”です。売らんが為に莫大な投資をし,今や数多くの“ドローン”が販売されています。驚きました。

 余りの急速な変化に付いていけないのが,”法律”です。お金さえあれば“ドローン”は買えます。免許も要りません。現在はやりたい放題?の時期です。

 参考までに“ドローン”の価格ですが,1万円以下~数十万円まで様々です。免許は要りませんが,相当な操縦訓練が必要なようです。ラジコンを例に出すと分かりやすい。

 横浜市に住む15歳の少年が,”ドローン”を使って空撮された映像を,インターネットの動画サイトに投稿,好評を得ていたそうです。何とサポーターまで出現。

 この事件の発端となったのが,首相官邸屋上に墜落(不時着陸)した”ドローン”です。“ドローン”悪用の最たる例が,これでした。政治家・警察はビックリ?

 「面白いものが発明されたなあ」と位に思っていたら…。”ドローン”は,使い方を考えれば,兵器にもなり得るものです。事実こういったことに熱心な国があります。

 先に挙げた少年,警察から再三注意を受けていたにも関わらず,浅草の三社祭の様子を撮影しようとした(?)ことで,緊急逮捕です。

 “ドローン”の取締,規制のないものへの少年の挑戦?,”威力業務妨害容疑”という訳の分からぬ言い訳をつけての逮捕です。これにもきっと裏があると思います。

 政治家に対して関係省庁側は,緊急の法整備をやっていることと思います。厳しい法律を作らねば,次なる”ドローン”事件が…。

 しかし,災害の状況把握・ 農薬(薬剤)の散布など,ドローンを使えばできることにまで法の網に引っかかるようならば…。ラジコンファンとて同じでしょう。

 いずれにせよ”空の産業革命=ドローン”は,開発が止まることはあり得ません。どんな法整備をするのか,注目に値します。私もやりたい!

今日の1枚
Dsc_0099


2015年5月20日 (水)

年寄りのぼやき

○ 若い人達は理解に苦しむことでしょうが,二日続けてフル稼働しますと疲れます。まだ明日があると思うと,早く二度目のリタイアをしたいものと切に願っています。

 また職場の若い人達から見れば,もはや”老害”です。迷惑のかからないように言動を慎んでいますが,それでも見る人から見れば,やはり”老害”でしょうね。

 私的な事情があるにせよ,社会の仕組が大きく変わった為に起こった現象です。周りにはひたすら我慢していただくしか方法はありません。ごめんなさい。

 それでも何とかお役に立とうと,”知識と経験”を惜しげもなく出している積もりです。これとても「もはや時代遅れの遺物」ととらえられているのかも?

 ”粗大ゴミ”とて”リサイクル”すれば,何とかお役に立つものと思い,昨日のような行動を考えるようになりました。これで365日ホリデーとなれば…。

○ 大昔,友達が喫茶店を開いていました。諸事情により閉店し,家業を引き続いてしています。友達の店と言うこともありますが,よく喫茶店に行ったものです。

 しかし,周りで増えるのはコンビニばかりです。喫茶店やGSは減る一方です。「お茶でも飲もうか」と言いたくても,店がない。あったとしてもチェーン店だけ。

 私,駐車場も2・3台しか置けないような小さな喫茶店が好きでした。通い詰めれば,どちらかともなく会話が始まるような小さなお店です。

 チェーン店のようなマニュアル通りの会話(あれを会話と入れるかどうかはさておき),何とも喫茶店の味気ないこと。成り立たないから店を閉めるのですが…。

 そう言えば,中年の頃まで通っていた近所の小さな居酒屋も閉めました。焼き物の煙の中,ちょいとつまんでビール・酒などを気楽に呑める店,よかったなあ。

 コーヒー同様チェーン店の居酒屋,マニュアル通りの注文そして会計,居酒屋と言えども何とも味気のないものです。おじさん達が気楽に呑める店があればなあ。

○ 日中航空協定…羽田~広州の昼間便で合意。4往復!中国は,南方航空と?日本は,ガリバー2社?何とも面白くない組み合わせではないでしょうか。

 これで成田の南方は,減便確実。ガリバー2社は,お上の顔色をうかがってB3位を飛ばして誤魔化すことでしょう。ますます成田の地盤沈下が促進されます。

 半世紀も経っていないのに,一体成田空港の建設は何だったのか,国の施策(国土交通省)を疑いたくなるのは,私だけでしょうか。

 朝6時から夜10時までの規制が続くようでは,貨物機の運用にも差し障りがあります。貨物機を呼びたければ,24時間空港でなければ来てくれません。

 となると成田空港周辺の人達の生活は…。まさか補助金のバラマキをして誤魔化すつもりはないでしょうねえ。このままいけば,LCC空港がいいとこ?

 地域住民も納得できるプランを国土交通省は提示すべきです。これまで長い間単身赴任で警備に当たってきた機動隊の皆さん,一体何だったのでしょうねえ。無責任です。

○ ”5月18日,広東省の深セン宝安国際空港で16日,旅客機の大幅な出発遅延に怒った中国人乗客が集団で空港施設を破壊。” 

 記事をよく読むと,天候不順が原因らしい。空港職員の説明不足・高飛車な態度なども書かれているが,直ぐに切れる中国人…もちろん一部の中国人です。

 まあどれだけ切れれば気が済むのでしょうね。お湯をリクエストしても持ってくるのが遅いと切れ,カップ麺を客室乗務員にぶっかけたというのもありましたね。

 韓国・日本で空港ターミナルで”爆買い”して,飛行機の出発を遅らせたのもあります。日本の航空管制官も中国機のディレイには,十二分に配慮しないと…。

 腹いせに空港ターミナル通路かベンチで用を足す輩が出てきますよ。何とも腫れ物に触るような…。羽田~広州線も気を付けねばいけません。何をやるか分かりませんから。

 客室乗務員,エプロンよりも”レインコート”を準備した方がいいかもしれません。エルアル航空のように武装警察官を乗せたらどうでしょうね。自衛策です。

今日の1枚
Image55


2015年5月19日 (火)

粗大ゴミだって

○ スピンってご存じですか?そう本の背表紙の上部に直接糊付け,または背表紙か花ぎれと背の間で接着される,しおりとして使用する平織りのひものことです。

 図書館で本を借りてくると,スピンの付いている本は便利です。途中で終わる時もスピンを挟んでおけば,次に読む時始まりのページがすぐに分かります。

 付いていないと栞を使いますが,これまた読んでいる時に置き場所に困る。健忘症の私です,すぐに置いた場所を忘れて探し始めます。全く時間の無駄です。

 (かっこよく)蔵書の中の一部分に文庫本があります。基本的に文庫本にはスピンは付いていません。付いているのは,新潮文庫位?ではないでしょうか。

 製本する時スピンを付けると単価がどれ程上がるのか知りませんが,少なくとも愛読書として保存してもらいたい気持ちがあるのならば,スピンを付けて欲しいものです。

 一見無駄の一物のように思われがちなものでも,使い方によっては随分と重宝するものです。借りてきた本にスピンが付いていて喜ぶ一老人です。

○ 知らず知らず長いこと放置しておくと…。はて次の話は,黒カビの話です。まず気になるのは,お風呂の目地です。そしてコーキングしてある箇所です。

 最初は茶色のようですが,何せ高温多湿なお風呂場です。カビの生長にはもってこいの場所です。スプレー式の黒カビ退治薬を買ってきます。

 いくつかのメーカーのを試して使っていましたが,結論を言うならば,たいした差はありませんでした。お薦めのものがありましたら,お教え願いたいものです。

 目地にしっかりと薬(泡状)をかけ,15分から20分程放置しておきます。この後です。ゴム手袋(塩素系ですからね)をして,堅めのナイロンたわしでゴシゴシ。

 これを二度ほど繰り返せば,大概の黒カビはとることができます。問題は,風呂場の湯を使う洗濯機です。ほとんどの人が気が付かない洗濯機です。

 ここも少しずつ黒カビが増殖する場です。洗濯機の黒カビを撃退する薬を売っていますが,高い!それ程の効果がない!実際にやってみました。ダメ!

 そこで登場するのが,”過炭酸ナトリウム”です。これも結論を先に言います。優れものですが,とにかく時間がかかります。家族がお風呂を使った後にやりましょう。

 洗濯物を何も入れず,お風呂の残り湯を洗濯機の最大容量入れます。予め湯に溶いておいた過炭酸ナトリウムを入れます。(10リットル当たり100gを目安)

 洗濯機を2・3分回します。化学反応で泡がたくさん出てきます。オーバーフローしないように気を付けます。そしたら風呂で使っている椅子・洗面器を入れます。

 翌朝,椅子・洗面器を取り出し,再び2・3分回します。(理想的には,2時間ほどでやるそうですが面倒です。)浮いてきたものを小さなタモですくい,捨てます。

 綺麗にとったら,湯(水)を捨てます。そして水道水を入れ,すすぎ・脱水を二度ほどやります。蓋を開け,内部を乾燥させます。これで黒カビはしっかりとれます。

○何か今日のブログは,おかしな内容となってしまいました。暇な老人は,気になり始めるとコツコツとやり始める正確なものでして,お許しください。

 しかし,この二つをご主人がやれば,奥様からの評価はグーンと上がります。そうそう昨日の網戸の張り替えもお忘れなく。(粗大ゴミも有効活用すれば…)

今日の1枚 
Dsc_6437


2015年5月18日 (月)

三題

○ 暑い日,食欲もなくなるし,何をするにも億劫になってきます。気分転換にDVDで映画を見ることにしました。借りに行くのも面倒なので,家にあるものから。

 引っ張り出してきたのは,"The Pianist"(2002)です。懐かしいです。この映画,封切りの時は大手は手を出さなかったように記憶しています。間違っていますか。

 私は小さな映画館で見ました。ネットでこの映画の存在を知り,とっても楽しみにしていました。ストーリーがストーリーだけに,涙と感動?の連続でした。

 実在したシュヒルマンを代表とするナチスドイツのユダヤ人虐殺,その中にあってドイツ人将校フォーゼンフェルトとの交流,素晴らしい映画だと思います。

アウシュビッツ…これが世界遺産?…価値判断が違うんですよね。歴史的に見ても地理的に見てもいつまでもこだわりを待ち続けない寛容さ,某国と某国とは違います。

 それにしても邦題”戦場のピアニスト”とは,恐れ入ります。洋楽でもそうですが,こういった言葉の使い方,巧みな人がいるもんですねえ。

○ これから夜になるとうっとうしいのが,蚊と暴走族の音です。前者は便利な液体防蚊があり,重宝しています。が,後者は何ともなりません。

 自己主張をするのは個人の自由ですが,他人に迷惑なことこの上ありません。と言うか,そうした行為に走る若者が気の毒に思えて仕方ありません。

 恐らく生育歴から言っても,幸せな生活ではなかったと思います。そして将来への希望もなく,ただただ本能に任せた短絡的な行動しかとれない若者だと思います。

 それでも運転免許をとるために必死で勉強したとは思います。夢実現の為に頑張った姿,それを自分の将来の為に結び付けられなかった(ない)悲劇だと思います。

 GS,自動車・オートバイを見れば(族だと)分かると思います。無責任な商売です。分かってても黙認商売,要は売れれば良い…触らぬ神にたたりなし?

○ 皆さんもボールペンを数本は持っておられると思います。万年筆が憧れだった時代とは違います。ボールペンは,安価で書きやすい優れものです。

 いつの間にやらボールペンは,筆記用具の中心の位置に居座るようになりました。そのボールペンも油性インクから水性インクへとめざましい変化を遂げています。

 油性ボールペンのもつ欠点,余分なインクが先端について書き辛い。テッシュペーパーでいちいち拭き取らなければならない煩わしさ,そうですよね。

 インクやボールの開発における日本メーカーの努力・競争は,凄まじいものがあります。流れるように力なく書くことができる水性ボールペン,日本のメーカーの独壇場です。

 古くは万年筆を筆記用具の王様から引きずり下ろし,世界的ボールペンメーカーを抑えた日本の水性ボールペン,いつの間にやら私も全て切り替えていました。

 ところが,未だに複写という書類があります。油性ボールペンならばいざ知らず,水性ボールペンの苦手なことです。早く水性ボールペン用の複写用紙ができないものかしら。

 役所・銀行・郵便局などに行ってみると分かりますよね。未だに油性ボールペンしか置いてありません。お堅い所のお寒い需要しかない油性ボールペンです。

 万年筆がインクカートリッジを換えるようになり,便利になった記憶があります。ボールペンもインク部分を取り替えるだけで済みます。便利かつエコです。

今日の1枚
Jl8163


2015年5月17日 (日)

手伝いと疑問

 昨日は,午前中予報通り雨が降りました。門柱の続きを午後やろうとしたら,(長男が)網戸のネット交換をするという。仕方なく手伝うことにしました。

 この作業,私はやった経験がありません。最初見ていたら,案外簡単なことが分かりました(襖張りと同様)。が,見ているほど優しくは…。

 襖同様少しのゆがみが,仕上がりに大きく影響します。押さえのゴム・チューブは,意外に伸びるので余裕をもって(2cm以上)切らないといけません。

 汗をかきながら,2枚の網戸のネットを交換しました。やはり2枚目の仕上がりは,満足いくものでした。ちょっとした道具(押さえローラー)があれば,これは簡単です。

*(参考になるかどうか)古いネットを外す時,まずゴム・チューブを丁寧に取り除くことです。劣化していますが,これを丁寧にやれば,ネットは綺麗に剥がれます。また,ネットを張る時は,二方向から軽く引っ張っていると綺麗に貼れます。

○疑問が解けません
 ところで”財団法人”ってご存じですか?聞いたことは,どなたも経験があられると思います。が,その実態となると…。実は私も同じです。

*財団法人:法人格を付与された財団のことであり,ある特定の個人や企業などの法人から拠出された財産(基本財産)で設立され,これによる運用益である金利などを主要な事業原資として運営する法人である。(wikipedia)

 新聞記事に「アフリカ遺児救え 世界10都市で一斉に街頭募金」財団法人:あしなが育英会とありました。ウェブを見ると,ここ凄い寄付金を集めています。

 しかし,収支決算を見ると,何とも大雑把な数字の羅列です。財団を運営している経費(人件費を含む)など,上手に隠してあります。突っ込みたくなります。

 unicefと日本ユニセフ協会も違います。これについては,以前豊田の御大が詳しく述べられています。http://blog.goo.ne.jp/oldman_1949/s/%A5%E6%A5%CB%A5%BB%A5%D5

 中央共同募金会,分からないでしょう。”赤い羽根共同募金”の本体です。こちらもサイトをご覧になってください。http://www.akaihane.or.jp/organization/index.html

 最も中央共同募金会は,社会福祉法人です。財団法人とは,違います。さらに読み込んでいくと,これまた一般人には理解しがたい収支報告です。

 私がここで何を言いたいのか,それは”善意の心”が本当に役立っているのか,疑問をもっているからです。この点は,先の豊田の御大と同じ意見です。

 街頭に立ち,一生懸命募金を呼びかける若者達,その清らかな心に心打たれます。が,集まった募金をぬくぬくとかすめ取っているように思えて仕方がありません。

 ”○○法人への天下り”の話をよく聞いてきました。財団法人や福祉法人としては,そういった役所と関係の深い人がいた方が,心強いですからね。

 何せ収益報告は,所轄庁に届けねばならないと思います。隠れ蓑があれば,税務署も踏み込めないでしょうから。○○法人,実態がつかめません。

 募金の趣旨は素晴らしいと思います。東北大震災では,かつてないほど募金をした私です。被災者の為に役立てていただこうと…。しかし,日本赤十字社のやり方に…。

 いくつかに分類されますが,たくさんの”法人”,その実態は霧の中に隠れています。調べれば調べるほど,その実態は上手く隠してあり,疑問が解けません。

今日の1枚
013a


2015年5月16日 (土)

サングラスと

 小さなことですが,迷っています。私の目はお袋さん譲りで,”まぶしさ”に弱いです。サングラスを着用するのは当たり前(明るい雨の日でも)です。

 数年前に使っていた”偏光サングラス”,こともあろうかクラッシュ…自分が悪いんです。愛用のサングラス(何代続いたRay-Ban Large metal)よりも…。

 タレックスの評判が高いようですが,いちいち町まで出かけねばなりません。ネットで見たのですが,いくつかフレームに制約もあるのが…。

 ただし偏光サングラス,プラスチックですから細かなキズが付きやすいのが難点です。この難点がある為にRay-Banのガラス製品が気に入っているんです。

 この細かなキズが,長距離ドライブの時にかえって目の疲れを増長させます。プラスチックかガラスか,う-----------ん。

 ならば定番のRay-Banにしようかと,迷っています。いずれにせよ”まぶしさ”に参っています。そろそろ決断をしようかと思っています。

 ところで,我が家の門柱,さすが40年近く経つとガタがきています。因みに石は,鉄平石です。その他,アプローチやスロープも鉄平石です。あの頃好きだった。

 その門柱,一番上が剥がれてきました。静かに最上部を全部剥がし,ハンマーでコツコツコンクリートを取り除きました。予定は両方やろうと…。

 が,片方をやったらグッタリです。それに時々膝が…。だいぶ剥がれたと思って,水を勢いよくかけたら…。まだまだです。またコツコツ取り除き作業続行。

 予想以上の難工事です。業者に依頼すれば良かった…。初めてやるので,その下の石までグラグラしています。これは根気の要る作業です。

 残りは明日。コンクリート5kg以上は必要になります。建材店へ行って,1袋買ってこなければいけません。今度は腰が痛くなってきました。

○また新作が
 ニュージーランド航空,この会社の機内安全ヴィデオの新作が発表されました。名付けて”サーフィン,サーフィン”   https://youtu.be/xjJ4DvznW4o

ロード・オブ・ザ・リングから,ホビットと映画が続いたと思ったら,今回は海です。周りを海で囲まれたニュージーランドらしいヴィデオです。

 このヴィデオ,搭乗者に安全に関するメッセージを巧みに伝えつつ,ニュージーランド航空と3つのロケ地をうまく組み合わせ伝えている点がいいと思います。

 何と言ってもヴィデオ製作の着眼点が良い。客室乗務員のワンパターンと違って,訴える力が違うと思うのですが…。目先を変えるのもいいのでは? 

○これは経済状況?羽田効果?
”成田国際空港会社が3月期連結決算,売上高が前期比1.8%増の2031億円。国際線の外国人旅客数が最高を更新,物販や飲食収入が好調,2004年の民営化後で最高。税引き後利益は1.4%減の196億円。
 航空機の発着回数は22.8万回と3期連続で最高を更新。ただ,旅客数は全体で2%減の3531万人。国際線は5.1%減の2930万人,外国人が増えたが,日本人は減少。国内線は,格安航空会社の路線が増えて15.9%増の600万人。
 16年3月期連結決算の業績予想,外国人旅行客の増加で売上高は2106億円を見込む。”

○こんどは
”13日台湾・台北松山空港,ティーウェイ航空の航空機が滑走路を走行中に方向が外れ、エプロンに駐機していた航空機の後部に衝突した。台湾の航空会社所有の航空機は破損,他社便のフライトにも影響しなかった。”

 先日は客室乗務員が暴力を振るった?振るわなかった?でニュースになった会社です。松山空港,市街地にあって狭い空港です。が,プロでしょ。

今日の1枚 
Dsc_7026x


2015年5月15日 (金)

あな恐ろしや

 上州双体道祖神,久しく石仏の撮影を休んでいたら,無性に撮影したくなってきました。買いあさった本,気に入ったものを選び,地図で位置を確認しています。

 ほとんどの場合,詳細なポイントは分かっていません。区画整理や新しい道路や施設の建設により移転しているものが多いです。本も古いものばかり,新刊は出ませんから。

 随分前に書いたように思いますが,双体道祖神を見付けるのには,地元の高齢者の方のご協力なくしては難しいです。コミュニケーションが大切です。

 これまで一体どれ位の数の双体道祖神を撮影してきたのか分かりませんが,その相当数は地元の方のご協力あってのものです。写真を見る度に…。

 農村・山村・漁村と過疎地域もたくさん回ってきました。双体道祖神撮影の道楽のためにどれだけの人の働く手を休めさせたことでしょう。罪作りなことです。

 古いもので約500年近く,路肩に峠に海岸端に置かれてきた道祖神,今でも人々の信仰対象になっているところもたくさんあります。

 ですから場所を見付けたら,最初に行うのが合掌です。ほとんどの道祖神は,再び訪れることはありません。置かれた環境から始まり,彫りを鑑賞し,最後に合掌。

 地元の人にとっては信仰対象,私にとっては”美術品?”かもしれません。邪道を歩んでいるのかも知れません。いずれにせよ上州路に出かけたいものです。

○無計画のなせること?
”民用航空データ分析機関CADAは,4月の世界航空会社定時運航率報告を公表。中国の航空会社は先月,8万2345フライトで遅延,世界の遅延の40%,アジア太平洋地区の82%を占めた。空港別,日本の4空港が世界の定時運航率トップテンに入った。遅れが目立つ空港は中国の沿海都市に集中,4月,中国の空港で8万9990フライトが遅延,世界151空港の遅延の32%,アジア太平洋地区の遅延の76%。定時運航率が最も高かったのはキャセイパシフィック航空の88.4%,最低は厦門航空の57%。ワーストテンは米国の1社を除いて全て中国の航空会社。”

 民族意識の違いなんでしょう。日本鉄道・地下鉄を例に出すまでもなく,時刻表通りに運行して当たり前の日本民族です。一方は遅れて当たり前の状況です。

 それでも遅れて苛立つ人も多いようで,機内での喧嘩・乱闘などニュースになる民族です。お金の魔力に麻痺し,キャパシティーを考えず増発したためでは?

 もう一つは,中国の空は軍が取り仕切っているという事実です。空の世界は,軍優先です。日本(自衛隊と米軍)と似ている所があります。

 いずれにせよ食品の偽装工作や食用油などを考えると,二度と行きたくない国の一つです。金の力や軍の力を借り,心が伴わないような民族です。

○これすら
” 国産初の大型旅客機C619の初飛行,2015年末から16年前半に先送り。C919の開発は,中国商業飛機(COMAC)が担当。1号機の納入時期,当初計画の18年から20年ごろに遅れる可能性がある。上海の生産施設での1号機の組み立て作業に予定以上の時間を要している。
C919は156-168席のナローボディー,A320やB737がライバル。COMACは主に国内の航空会社やリース会社から計450機を受注。”

 プロペラ機でも足に問題があり,事故が多発している中国機です。もっとスピードが速いジェット機ともなれば,さらなる難しさが出てきます。

 批判ばかりはしておれません。MRJの開発遅れ,それも二度も,やはり産みの苦しさはどこでも同じなんでしょうね。ご同情申し上げます。

 ただC919,アメリカやEUで型式証明・耐空証明などがとれるのでしょうか?とれなければ,飛べるのは中国国内だけになります。国際線では使えません。海外に売れません。

 まあ一番遠いのが,南沙諸島に作っている3000m級の滑走路をもつところか?南国気分を味わうにはちょうど良いですね。

 その内にハワイにまで滑走路を作るかもしれません。あれはもともと中国民族が見付け,名付けた島なんだと言ってね。あな恐ろしや。

今日の1枚
Dsc_8307a


2015年5月14日 (木)

商業主義

○どっちつかずだが
”NTTドコモは,シャープと富士通が新製品を投入。ガラケーと言っても中身はAndroidベースのガラホ。Androidを採用。NTTドコモではガラホであっても,従来のガラケーと同じ料金体系を適用。ガラホに乗り換えても,料金は同等で,スマホに比べて割安で利用できる。ユーザーからすれば「いままで通りのガラケーを使い続けたい」と思うかもしれないが,ガラケーがガラホに進化,「パソコンやスマホ向けサイトが閲覧できる」「LINEが使える」など,むしろユーザーにとってのメリットは大きい。”

 入力のし易さを考えるとガラホ,多機能なことを考えるとスマホ,問題は料金!我が国は3社の独占状態,1社が抜け駆けすれば…。

 ドコモ,ポンタとの提携でもビックリしたのに,料金は同等(これも詳細に見ないと鵜呑みできませんよ)となれば,ガラホから流れるでしょうね。

 余分なことですが,”ガラパゴス化=悪”と騒ぎ立てた(いる)輩(マスコミ)には,何か賛同しかねるものがあります。まるで明治維新の頃の”西洋化”みたいです。

 西洋文化が進歩的であり,優れているとは,一概に申しません。薬一つとってみても,漢方には漢方の良さがあります。和紙には西洋紙にない良さがあります。

 日本語入力には,ローマ字文化の世界とは違った難しさがあります。日本語入力に適した電話ではないかと思います。また,ノートよりデスクトップが扱いやすいですよね。

 何事にもメリット・デメリットがあります。デメリット=悪・古い・不便というイメージを一方的な考えで押し通そうというのが,マスコミの暴力です。

 その裏には,商業主義が隠れています。携帯電話の歴史は,きっとスマートフォンの歴史と重なってくると思います。儲ける為に技術革新をしているのですから。

○おかしな?拡がり
”出身地や応援したい地方自治体に寄付をすると住所地での税金が軽減されるふるさと納税。2015年度から条件付きで確定申告が不要になったのを受け,4月の寄付額が前年の約20倍増,過去1年分を超えたりする例が続出。利用者層も会社員や若者らまで。ふるさと納税は自治体への寄付額のうち2千円を超えた分を税金から差し引く制度。寄付の上限額は,1月から約2倍に拡大。確定申告も,4月から5自治体までの寄付については不要。
 人気を支えているのが寄付者に贈られる返礼品。泉佐野市は「7月をめどに現在111品目ある返礼品を2倍近くに増やす」。ただ,高額な返礼品で寄付者を獲得しようとする競争も過熱,総務省は自治体に自粛を要請。返礼品の内容紹介や一部手続きを代行する民間サイト「ふるさとチョイス」は,4月のアクセス数が384万件と3月から倍増,前年同月比でも約6.6倍増。”

 これが始まった頃,マスコミは返礼品の紹介ばかりでした。こんな一面的な情報しか流さないから,寄付者をたくさん集めようと”餌”を考える訳です。

 やはり一つに返礼品への期待,一つに節税対策なんでしょうか?いずれにしても家計に余裕のある人達のお話ですね。ナンバー制が始まっても変わりがないのかしら?

 まあ宝くじよりは,確実に返礼品が送られてくることがメリット?あれこれ税金を取られるよりは,自らの意志で税を納める方が納得いくのかも知れません。

 それでもこのような「ふるさと納税」なんていうものを考えた役人は,どんな思考回路をもっているのでしょう。そしてこのソフトなネーミング,脱帽!

今日の1枚
Dsc_1714x


2015年5月13日 (水)

お金の魔力

 希少価値なものには,とんでもない値がつくものです。新聞を読んでいたら,「パブロ・ピカソのアルジェの女たち,手数料込みで約1億7900万ドル(約215億円)!」

 小型機1機分のお値段?聞くところによれば,ここ数年オイル・マネー筋により絵画の値段は,とんでもない上昇を続け,記録更新の連続だそうです。

 思い起こすは,19-20世紀にかけてアメリカの富豪達が金にものを言わせ,ヨーロッパの美術品を買いまくった時期がありました。歴史のない伝統のないアメリカです。

 そして今回は,中東版ということでしょうか?そのうちにアラブ首長国連邦に美術館(博物館)でも作るのでしょうかね。ひがみ!ひがみ!

 そういえば最近こういった話がありました。某中国の企業,社員旅行に従業員6400人,その経費44億円なり。これだけの人間を移動させるのに,一体何機をチャーター?

 フランスの空港はパンク状態?有名ホテルは,建物毎貸し切り状態,それも何軒も!いやはや某企業のやることは大きい。マスコミに取り上げられ,企業の絶好のPR!

 広告を出さなくてもマスコミが取り上げてくれ,こちらは経費ゼロ!そして例の”爆買い”です。日本での買い物と中身が違います。ブランド品の”爆買い”です。

 フランスから見れば,内心…だが,観光立国フランスです。国内にお金を落としていただければ,しばしの我慢!我慢!呆れかえっていることでしょう。

 中学の歴史で学んだ”成金”も全く同じ,しかし長くは続かなかった。そしてアメリカ人,ヨーロッパの人から見れば…。歴史や伝統はなく,あるのはお金だけの国。

 元へ戻って中東オイル・マネー,機齢は新しく,内装は素晴らしく,何より大型機好み!アメリカ・日本のかつての成金(桁が違いますかね)と似ています。ならば先は…。

 たった1枚の絵画の話ですが,世の中には秩序があり,それを混乱させる(それも金の力を借りて)中東及び中国の動き,そのうち天罰が下りますよ。諸行無常の響きあり。

○警鐘を込めて
”財務省は財政制度等審議会で,救急車の一部有料化を検討すべきだとの見解を打ち出した。軽症にもかかわらず救急車を呼んだ人に,費用を請求する案などが浮上。財政状況を改善するための歳出改革の一環,年約2兆円の消防関係予算にメスを入れる狙い。タクシー代わりに救急車を利用しようとする一部利用者への「警鐘」の意味合いも強そうだが,有料化には利用者の反発も予想される。救急車による搬送者のうち半分近くは軽症者。2013年の救急出動件数は591万件で,過去10年間で22%増えた。重症者の搬送に支障が生じている。”

 このことは,同級生の消防士から何度も聞きました。「救急車をタクシー代わりに使われ,たまりません。」,一度味を占めると同じ人が何度もあるそうです。

 確かにブーイングが起きるでしょうが,利用者への警鐘そして本当の緊急輸送患者のために仕事をして欲しいものです。タクシー代わりとは,まさに悪用です。

○SQ大丈夫?
”カタール航空は5月11日,ドーハ/シンガポール線のQR944便にA350 XWBを投入,アジアで初めてA350を定期便で運航。カタール航空ではシンガポールは同社の戦略的に重要な拠点の一つ,ドーハ経由でヨーロッパ,アメリカへ飛行してほしいとコメント。
 カタール航空は現在,ドーハ/シンガポール線で1日2便を運航。この路線には7月16日にA350を2往復便体制,8月16日には3往復便ともA350に変更する予定。”

 UAEとシンガポールの航空協定,オイル・マネーの強みで次々に新造機を購入,エグゼクティブに好評な仕様,SQのお客さんがどんどん奪われている?

 かつてSQが行ってきたことを今度は,UAEの御三家が取り入れています。A380,B777,B787,A350などその注文・購入機数は,驚くほどです。

今日の1枚
Img723a


2015年5月12日 (火)

ホームページ

○1通のメールが
 広告が入りますから,”無料ホームページ”の運営が成り立っていた(る)と思います。が,広告主が経費節減を図る為に撤退したら,サーバーの維持管理は…。

 お空の世界だけかもしれませんが,ホームページを作成し,情報発信する人達が減ってきています。これでは”無料ホームページ”の運営は,難しくなります。

 私が過去に借りていた ”無料ホームページ”,2箇所廃止されました。仕方なく他の”無料ホームページ”を探し,移転してきました。

 1通のメールとは,”@ site”が今月末をもってサービス終了という内容でした。私のホームページで言うと,”音楽“”能”が当たります。

 私自身,更新が滞っていたサイトです。それでも”音楽“”能”と言えば,私の人生の中では大きな存在です。その足跡と思って作ってきました。

 また新たに”無料ホームページ”を探し,移転できるものならば移転したいと思っています。最悪のことを考えたくないですが…。

 「有料にすれば…」と言う声を過去に聞きましたが,私のホームページ全体を”有料化”の方向に持っていけば,月々片手以上の出費となります。無理です。

 (失礼ながら)ホームページ作成への熱意を失われた方々の気持ち,サイト運営・管理者としては,よく分かります。私も負けそうになることが度々ですが…。

 と言って,私のホームページを解体し,残せるものだけ残すという方法もあります。いずれその方向に持っていく可能性も…。

 たかが趣味の世界ですが,趣味の世界だからこそここまで続いていると思っています。名古屋空港が中部空港に移った時,KRがなくなった時,それを乗り越えてきました。

 せめてMRJが飛行するまでは,頑張りたいと思っています。あと少しですね。なんとか気を取り直し,”無料ホームページ”を見付けねばなりません。

○三菱重工
”三菱重工業は,2015年度から2017年度までの3カ年の「中期経営計画(2015事業計画)」を策定,発表。
 民間航空事業ではボーイング向け事業の増産推進と次世代生産プロセスの確立,収益力向上と同時にMRJ開発推進と機体価値向上を図り,その開発の着実な推進と量産拠点展開する。MRJについては,2016年初から各地の工場で順次整備を進めていく。主翼部品は神戸造船所で一貫製造,飛島工場の専用ラインで組立。大江工場は,中大物部品の板金,機械加工,松阪工場で小物部品製造と尾翼の組立,三菱重工航空エンジンでエンジンの最終組立,小牧南工場で最終組立を行う。
 2015年9月から10月には初飛行を行い,日本とアメリカで飛行試験を実施。2017年4月から6月には,ローンチカスタマーの初号機納入。全日空と機体整備,スペアパーツ,訓練,ITシステム,技術支援,整備・運航マニュアルなどカスタマーサポート体制を構築。”

 まだまだ一波乱いや二波乱ありそうなMRJですが,2017年春を目指し実現させて欲しい。私もその姿を見るまでは,スポッターを辞めないように…(個人的願望?)。

○機内出産
”国交省航空局は,日本の法律で妊婦の航空機の搭乗を制限する規定はない。対応は航空各社によって異なる。国内の多くの航空会社に共通しているのは,出産予定日28日以内の搭乗時に医師が「健康上の支障がない」と認める診断書の提出。また日本航空は7日以内,全日空は14日以内の場合,さらに医師の同伴が必要。スカイマークやピーチなど各社も日数の違いはあるが,いずれも診断書の提出や医師の同伴が決められている。
 エア・カナダの場合,経過が順調で,過去に早産の経験がない場合に限り,妊娠36週満了時までの搭乗が許可。あくまで乗客の自己申告に基づき,今回のケースでも出産後に妊娠期間などは確認していなかった。”

 今回偶然にも医師が搭乗していたからよかったものの,もしも…。また,無事生まれたから良かったものの,もしも…。考えられないことです。

 これは決して美談ではありません。他の乗客に多大なる迷惑をかける可能性が高い,無鉄砲な搭乗です。そこまで緊急を要した空の旅であったか?

 急病人が発生,緊急着陸(優先着陸)は目にしたことがあります。それとても順番を繰り上げた着陸です。他機は迷惑です。今回もそうであったと思います。

今日の1枚 
Img699a


2015年5月11日 (月)

coffee? tea?

 私は珈琲が大好きです。もう15年近く”あかね珈琲”のお世話になっています。このお店,店のママの笑顔を目当てに?いや値段は少々高いが,味の相性が良い。

 先日も”珈琲や緑茶は,心臓病や脳卒中などで死亡するリスクを低下させる”との記事がありました。心強い応援と勝手に決め込んでいます。

 なんでも緑茶1日5杯以上,珈琲1日3・4杯以上になると,効果があるらしい。紅茶は?と突っ込みたくなります。何か企業の影が見えてきます。

 さて珈琲,水を沸騰させたら,容器やカップを温めます。珈琲豆は,湯が沸くまでの間にゴリゴリ挽いています。やや粗めが好みです。

 挽いた豆を平にして,ゆっくりとお湯を注ぎ,膨らんでくるのを確認します。膨らみが治まり,注いだ湯が下に落ちた頃,ゆっくりとお湯を注ぎます。

 この際,中心部でゆっくりと円を描きながら湯を注ぎます。規定量注いだら,静かに落ちていくのを待ちます。最後残り少なくなったら,素早く上げます。

 温めておいたカップに注ぎ,香りを楽しみながら,飲みます。庶民の小さな幸せです。特に朝の珈琲が美味しいと思います。しかし,1日に3・4回は無理です。

 ストレートタイプは,直ぐに飽きてしまいます。いろいろ試してみましたが,”あかね532”が一番相性が良いようです。偶然にも従兄も同じものを飲んでいます。

 食間の飲み物は,鉄瓶で沸かしたお湯を使った緑茶です。珈琲の苦さは気になりませんが,緑茶の苦いのは苦手です。香りがあれば,薄めのものを好みます。

 緑茶も珈琲同様ピンキリです。私のような味覚センスに乏しいものは,銘柄を選びません。これは1日5杯以上を軽くクリアーできます。

 歳をとってくると,炭酸が苦手になります。また,ジュース類も糖分を考えると,控え目になります。あれだけ凝っていたミネラルウォーターは???

 最後に(人から変わっていると言われる)麦茶です。私,冷たい麦茶はお好みではありません。熱々の麦茶,香りを楽しみ,汗を流しながら飲むのが好きです。

○笑えてくるが,マジです。
”エアバス・インダストリーが昨年,操縦室を機首上部から機体後部の客室下部に設ける開発案の特許を申請していたことがわかった。パイロットは窓のない密室で各種の飛行データを知らせるデジタル表示画面をにらみながら運航業務に当たる。この開発案が実現すれば,機首部分はより長く,とがったような形状となり,空気力学的にもより適したデザインになると強。また,機体中央部に「穴」が開いた,ドーナツのようなデザインとなる新たな開発案でも特許を申請。奇抜な形状だが,より多くの乗客の搭乗が可能になる。機内の気圧調整が現状と比べてばらつきなく行うことができ,それだけ機体構造への負担が減少する。操縦室前の床面に開閉式の扉を仕掛け,コックピットへの侵入を試みる者が発生した場合,床面下の空間に閉じ込める安全対策の特許を申請。”

 コックピットの場所移動,現在計器着陸が可能だけにこういったプランも出てくるのでしょう。哀れは,コックピットクルー。まさに”縁の下の労働”ですな。

 ドーナッツ機体形状,翼及びエンジンはどこに付くのでしょう。まさかEクラスの機内食は,ドーナッツ?ミスドと提携するつもりなのかしら。

○A400Mの墜落事故
”トルコ空軍向けのエアバスA400M,スペイン・セビリアでの初飛行で墜落炎上,搭乗していた6名が死傷。エアバス・ディフェンス・アンド・スペースも事故を認め,危機対策室を立ち上げた。当該機には,パイロット,副操縦士,整備士が1名ずつ,エンジニアが3名搭乗。サンパブロ空港を離陸後,何らかの問題により戻ることを伝えた後,送電線に接触したとの見方がある。
 A400Mは,フランス空軍やドイツ空軍,イギリス空軍,トルコ空軍の発注を受けて開発されたターボプロップ4発の軍用輸送機,フランス空軍6機とトルコ空軍2機,イギリス空軍2機,ドイツ空軍1機,マレーシア空軍1機が引き渡し済み。で開発遅延や開発費の高騰,計画性能の未達成,生産の遅延など多くの問題を抱えていた。”

 飛行機は安全な乗り物,しかしその性格上,一旦空に舞い上がれば,即修理という訳にはいきません。不具合が見付かれば,何としても安全に地上に降りなければなりません。

 それだけに耐空検査・資格検査など,様々なチェック機能が働いています。それでも今回のような事故は,(忘れた頃に)起こります。残念です。

 平日,C130の訓練をよく見ますが,私の記憶する所,事故ゼロです。お金をかけ,労力をかけ整備し,クルーの努力にも頭が下がります。

 製造会社が,故障の原因を解明し,改善し,安全なA400Mを作ってほしいものです。時間はかかりますが,人命には換えられませんからね。

今日の1枚
Img015a


 

2015年5月10日 (日)

Captain Speaking

○Captain speaking
 飛行機…(私の場合)あの狭い座席周り,美味しくない食事など,マイナス・イメージがいくつもあります。要は,時間をお金で買うから使うのですね。

 楽しみ?あの"V2"に達した時の感覚が好きです。もう一つは,(変わっていますが)キャプテン・スピーキングです。変わっていますよね。

 定型文に近いキャプテン・スピーキングを聞くと,何か損な感じがします。「あなたには感情がないの?」と言いたくなるスピーキング,「今回はハズレ」と思います。

 が,なかには興味を引くキャプテン・スピーキングもあります。こういったお話ができる方って,きっと感性が鋭い人だなあと思って聞いています。

 10年近く前になりますが,それはユニークなキャプテン・スピーキングをされる方が,"J-Air"におられました。周りを見ると,みんな聞いている!ビックリ!

 緊張の連続,そんな仕事ですが,せめてキャプテン・スピーキング位は,生の人間を垣間見るような話を聞きたいものです。これぞ社のイメージを上げる一つ?

○伝統工芸品
 古い話で恐縮ですが,40数年間初めて”正倉院展”に行った時の話です。歴史に興味があり,この展覧会がどのようなものなのか,興味津々で言ったものです。

 また,この展覧会は読売新聞が後援をしています。きっかけは,電車の読売新聞のつり下げだったと記憶しております。まったく偶然の賜です。

 あの頃の通称”名四国道”は,道路整備も十分でなく,それはひどい道でした。力のない車で,長い坂を登っていく時は後ろの車に申し訳ない気持ちが…。

 見るもの見るもの一つずつに感動しました。その中に一つ,変哲もない直方体の箱がありました。経年のせいでしょうか,多少いびつになっていました。

 それでも数年前に作られたかのような”光沢”をもっていました。この”光沢”に興味が行きました。後から買った”図録”を開いてみると,”漆”製品でした。

 漆製品の光沢は,一千年経っても変わらない…驚きました。その後,正倉院展に幾たびに漆製品を気を付けて見るようになりました。毎回いろいろな形で出てきます。

 接着剤のない時代です。漆の強力な接着力を使っています。螺鈿細工の場合,この漆の力を使っています。そして変わらぬ光沢です。

 正倉院に残された数々の遺物,そのなかでも漆を使ったものは,あの頃が頂点であったような気がします。その後のものは,とてもあのレヴェルに達していない?

 この漆,東アジアにしかないようです。そこに様々な付加価値を付け,見事な工芸品に仕上げていく訳です。ヴェトナム・中国などでも見かけました。

 輪島塗・会津塗など,日本各地を旅すると漆製品を見て楽しむようになりました。漆製品は,完全な分業制です。最終仕上げ者の名前しか残りません。

 漆製品は,一つ一つの過程において熟練した技術が必要です。なかでも薄るを塗る作業は,数十回は塗り重ねるそうです。その上に螺鈿・金泊細工を施すならば…。

 漆製品,ここまでくると日本人の手先の器用さが発揮されます。先程,見て楽しむと書きましたが,余りの高価なものだけに手が出ないからです。

 それでも手が届きそうなものが,将来きっと出てくると信じています。あの変わらぬ光沢は,私の心の中にも輝いていますから。素晴らしい伝統工芸品です。 

今日の1枚
Img205


2015年5月 9日 (土)

押されなかった

○原点を尊重
 高崎山の猿命名,何とも過剰な反応だと思います。また,それに対する行政側の対応の拙さ,まさにお役人ですね。責任を被りたくない気持ちがありあり。

 数年前からあかちゃんが生まれたら,公募で名前を付ける。これが原点であったと思います。今回でも一番多数の人達の賛同を得た名前です。

 ならば市民参加の原点に立てば,そのままで良いのではないでしょうか。そもそも行政に苦情を言うのが,筋違いです。行政は最大意見の集約をしただけです。

 そもそもこのようなクレイジーな苦情,そういった苦情に対する反応が拙いですね。市民参加と言った立派な考えも,これでは点取り虫のようです。

 また,多くの人達の賛同を得たものを,行政が勝手に変更するならば,公募の意味がなくなります。ですから苦情を言った人達も,言っていることがおかしいと思います。

 多種多様な意見は尊重しますが,クレイジーな考えに対しては,あくまで原則論で押し通すべきです。そこで折れ曲がるような考えならば,今度は行政側の問題があります。

 両親の愛情を受け,これから長い人生を歩むあかちゃん猿,可愛らしい名前を付けてもらったと思います。イングランドの王女とともに幸せになってほしいものです。

 因みに,英王室は「コメントは特にありません。赤ちゃん猿にどんな名前を付けようと,動物園の自由です」と答えた。さすが大人だね。クレイジーとは違います。

 その後,大分市長を交え,相談の結果,名前を変えないとなったそうです。首長の面目躍如と言ったところか,クレイジーに屈しなかった。立派!  

○ハーブ
 昨日,GWに読んだ本を返却しに徒歩で行ってきました。片道40分程です。往復しても1日の目標に達しませんが,暑い中歩いてきました。

 平日の図書館,年齢の近寄った集団がたくさんいました。行くとこない?やることない?寂しいですねえ。行きたくても行けない,やりたくてもすぐに疲れる私。

 借りてきた本の中に”料理に役立つハーブ図鑑”があります。ハーブに興味をもったのは,サラダ用とティー用だけでしたが,まだまだたくさん使い道があります。

 暑くなって作りませんが,カレーやシチューには(生の)ローリエを入れていますし,肉を焼く時にローズマリーを乗せて焼いたりしています。

 本を読むと“ハーブオイル”がありました。これを元にドレッシングができます。また,”ハーブ・ビネガー”もありました。どちらも適したハーブがあります。挑戦!

○ガリバーの争い
”ボーイングの4月の引き渡しは,66機(前年同月56機),受注は37機(70機)。
 内訳は,B737が43機(前年同月39機),B747が2機(1機),B767が1機(0機),B777が9機(8機),B787が11機(8機)。B787は11機中3機がB787-9で,スクート・全日本空輸・米国のVIP顧客に1機ずつ。受注はB737が9機(前年同月70機),B747が0機(0機),B767が1機(0機),B777が18機(0機),B787が9機(0機)。B787は,エア タヒチ ヌイがB787-9を2機発注。残りはB787-8,匿名顧客が6機,北米のVIP顧客が1機発注。

 エアバスの4月の引き渡しは,62機(前年同月52機),受注は108機(78機)。
 内訳は,A320シリーズが50機(前年同月40機),A330シリーズが9機(12機),A350シリーズが0機(0機),A380が3機(0機)。受注はA320シリーズが107機(前年同月72機),A330シリーズが1機(6機),A350シリーズが0機(0機),A380が3機(0機)。”

今日の1枚
Img002a


2015年5月 8日 (金)

たちの悪い

 我が家の前にゴミ・ステーションがあることを触れました。月・木曜日は,燃えるゴミの日です。もう昨日の夕刻からゴミを出す人も…。

 朝起きて新聞を取りに…休刊日を忘れて…ふとゴミ・ステーションを見てみるとカラスが…。お利口さんですね。餌のある袋だけを器用に嘴で引っ張り出しています。

 そして嘴でビニルに穴を開け,餌をたかっています。ゴミ・ステーションのネットもカラスには役立ちません。カラスと人間の知恵比べかな。

 ビニル袋から飛び出したゴミ,竹箒を持っていって掃除するのが,私の仕事?ゴミ・ステーションの広さとネットのアンバランス…役所には言っているのですが。

 もう一つは,蕎麦殻です。土を柔らかくする為に蕎麦殻を混ぜました。今度はスズメです。嘴で土を払い,丁寧にすき込まれた蕎麦殻を突っついています。

 土が辺り一面に散らばり,これまた竹箒で寄せ集めています。一時少なくなったカラスとスズメですが,気持ち数が増え,復活したのかしら?

 野鳥達も生きるのに必死ですね。命のサイクルもそうですが,弱肉強食の世界です。そのために知恵を絞り,巧みに生き抜き,種の保存を図っています。

 悲しいかな人間は知恵があるだけに,その知恵を悪用したり,自己本位な行動に出てしまいます。そう考えれば,人間程たちの悪い動物はいない?

 その一つ,若者の無免許運転・暴走行為など自らの行為が,社会にいかなる影響を与えるのか,考えることのできないようです。まあ暴走行為は一時より減りましたがね。

 こういったことで巻き添えをくった人が,一体何人いたでしょう。また,これからも続くのでしょうか。何か世の中,規範(遵法)意識がますます薄くなってくるように…。

 やはり「戦後の教育そのものが間違っていた」としか言いようがありません。修身→道徳,その中身を時間をかけて検討せず,上っ面をなぞる道徳教育ではね。

 この教育を受けた世代が,社会の中堅となっています。その子どもなば…。また家庭教育の崩壊も自明の理ですね。この点,アベチャンに期待する方が無理?

 誰しももっていると言われる”五欲”,これをコントロールできなければ身の破滅,それどころか他人様にまで迷惑をかけます。やはり人間程たちの悪い動物はいない。

○やっと許可が
”アメリカ国防安全保障協力局(DSCA)は,国務省が日本へV-22B Block Cオスプレイと関連機器,部品,サポートなどを,対外有償軍事援助(FMS)で輸出することを承認,輸出案を議会へ報告。
 日本政府はV-22B Block C 17機とRR:AE1107Cエンジン,その他計器類, 技術資料,部品,空輸費用,訓練,各種サポートなどを求めてる。
 V-22Bはを陸上自衛隊が運用し,災害救援能力を強化し水陸両用作戦を支援。V-22B Block Cは,2011年から生産されている最新型,コクピットやキャビンの環境調整装置(ECS)が強化され,気象レーダーや電子戦(EW)システムなどのアビオニクスがアップデートされている。17機で30億ドル(約3,600億円),1機当たり211億円。”

 またまたアメリカ政府に足下を見られ,相当高額な買い物となりました。が,日本国内での活用は多方面に渡り,国民の理解を得られると思います。 

 こうした買い物は,けちってはいけません。けちるとろくなことはありません。いい例が某国の(K)F16です。見栄えはいいが,中身は旧式,更新すらできない代物だそうです。

○やはり時代は双発機
”ボーイングは,スイス インターナショナルエアラインズ(SWR/LX)からB777-300ERを3機追加受注した。SWRは2013年にB777-300ERを6機確定発注。併せて9機,長距離国際線用。15機のA340-300が,老朽化に伴い2016年から置き換えを進める。B777-300ERにより,A340-300と比べて1便当たりの提供座席数は約100席増,1座席当たりの運航コストは25%減,1座席当たりの燃費は23%減。ペイロードは12%,貨物搭載量は18%増。”

 ここにも4発機を見限った会社が現れました。遅い,燃料食い,狭いなど,今となってはA340は時代遅れの飛行機です。VSやTNもB787-9に置き換えつつあります。

 しかしエアバスのお膝元に近いスイス,アメリカ製飛行機に戻ったものです。余程条件が良かったのか,それとも別の理由があるのでしょうか。

 型式写真から見るならば,現行塗装と仮定し,長ーい胴体は真っ白!どこかの航空会社と同じで,全くつまらないものです。レジ集めたらそっぽ向かれる?

今日の1枚
Dsc_6919(成田空港の雉子)


 

2015年5月 7日 (木)

空が気になる

 昨日在所に行ったら,イチゴが…。較べれば,我が家のイチゴは,とってもみすぼらしい。たくさんイチゴをいただいてきた。採り立てのイチゴは,甘さの中に酸味があります。

 帰宅し,夏花を移植しようと…。が,聞き慣れないB747の音!見上げてみると,南の島に向かうB747Fでした。B787の翼を運ぶ専用のB747Fです。

 ネットを見ていると,なかなか美味しいそうなものが飛来しているようです。が,ここはじっと我慢の子です。因みに成田は,終日南風です。いいなあ。

 風に乗ってGWを海外で過ごした人達の帰国ラッシュ,鉄道も高速道路もUターンラッシュ,毎度のことながらお疲れ様です。これにて民族大移動は落着?

 余裕ある生活?時間があります。久し振りに能”松風”のDVDを鑑賞しました。不思議なものです。見る度に新しい発見をします。また,視点を決め手鑑賞するのも一手?

 昨日の鑑賞では,身体の動きと謡を関連させながら見ました。よく言われることですが,何もしないでじっとしている時,体中に次へのエネルギーを蓄積していると。

 そして前に進み出る時は,後ろからの引っ張る力が作用する。そして後ろに下がる時は,前に引っ張る力が作用するそうです。動きが少ないだけに,演者の力量の目安?

 何より”松風”は,”熊野(ゆや)”と並び番組の載れば,お客さんが集まる位の人気能です。私のような初心者には,この二つを何度も鑑賞し,眼力を養わねば…。

○A380,10周年
”A380が初フライトした2005年4月27日から,ちょうど10周年。エアバスはインテリア・エキスポで1列11席,3-5-3の通路へのアクセスが出来ない人が大きく増えるレイアウトを提案するなど、収益性を考えた案を次々と提案。現在A380は,OZ・KE・CZ・SQ・TG・MH・QF・BA・LH・AF・QR・EK・EYが導入。A380は,3月末現在18社・317機の受注残。UN(トランスアエロ)・VS・UU(エールオーストラル)さらに中国からの発注,リース会社AMEDEO(http://www.amedeo.aero/a380/)が発注。”

 今までA380の悪口を散々書いてきました。まあ搭乗できてもECOクラス,ここにもありますように横11列!ついにB747を越えました。チケットの略号はどうなるの?

 昔DLのL10で中央5列がありました。それはそれは悲惨です。自然が呼んでいる時,席を立とうものならば,二人を超さなければなりません。

 二人を超える,B737やA320もそうですが,こちらは飛行時間が比較的短いので,それ程の苦痛は…。それでも自然が呼ぶと…。自席に着くのにも…。

 やはり貧しい乗客に優しいのは,B767ですね。バンクーバーやオークランドなど,2・3人の家族旅行ならば,最高の乗り物ですね。

 中東3社以外,A380を使える路線は限られています。使うならば,ライバルを意識した見栄があると思います。観光路線では使えないし…。

 世の中双発機の時代,これに逆行した飛行機です。僻みですが,これはお金持ち(あるいは自腹を切らない)の搭乗する飛行機ですね。

今日の1枚
Image234a


2015年5月 6日 (水)

オスプレイ

島国の日本,そして自然災害の多い日本,災害救助の在り方を日頃から練っておく必要があります。そして何より機動力を備えておかなければなりません。

 山岳救助・離島への生活物資輸送など,滑走路がなくても運行できるヘリコプターは,我が国には欠かすことのできないものだと思います。

 都会に住んでいる人達は,多量の電気を消費しているにも関わらず,原発反対と唱え,自分達から遠く離れた所に追いやっています。

 交通不便な所に住んでおられる方々の気持ちも分からないだろう。そしてそんな所で災害が起こっても,評論家的な冷めた発想しかできないであろう。

 今回のネパール大震災,アメリカ軍が動きました。そうオスプレイです。私はいつ動くのか注目していました。国際空港のキャパシティーを越えたと聞いた時からです。

”在沖縄米海兵隊の普天間飛行場のMV22オスプレイ4機が,ネパール大地震の救援活動のためにカトマンズに到着。米軍は,ネパール国内とタイ中部のウタパオに拠点をもつ統合任務部隊を設置して運用を開始。米軍関係者ら約120人がネパール入り,復旧支援活動を本格化。オスプレイは,ネパール政府が垂直離着陸可能な航空機支援を米側に要請したことを受けて派遣。救助隊をカトマンズから離れた被災地に送り届ける任務などに従事。”

 こういったオスプレイの使い方,日本でも十分に考えられます。マスコミや一部扇動家による事故率の誤った読み方に踊らされています。

 困った時には,「自衛隊を呼べばいい」と言った日頃の言動の裏腹な行動,こういうのを勝手がいいと思います。それでも何も反論もしない自衛隊,立派ですねえ。

 国を守るも国民を守るも自衛隊なしでは済まされません。そういった意味からも,オスプレイの早期導入を訴えたい。どうでしょうねえ。

○狸と狐の化かし合い?
 スカイマークの再建には,航空会社としてのノウハウを持つ同業他社の支援が欠かせないとみられていた。が,「支援なら,相手が嫌がることはするべきではありません」と,インテグラルの佐山展生代表は,ANA幹部らにこう語ったそうです。ANAは「競合他社にスカイマークがもつ(羽田空港の)発着枠を奪われるのは困る」という危機感。ANA提案は,飛行機を27機から20機ほどに減,大規模なリストラ。取引先金融機関と合わせたANA側の出資比率は8割。インテグラル,再上場などで株を売り利益を出す必要,経営の主導権は渡せなかった。ANAは4月に入りリストラ案は撤回,出資比率では譲らなかった。
 流れを変えたのは,航空機リース会社イントレピッドの書簡,「ANAの参画が妥当だと考える」。イントレピッドが主張する債権額は約1040億円,全体の3分の1。再生計画に反対されれば,否決の可能性が高まり,破産などの手続きに移行する可能性が高い。大口債権者の意向を無視できないインテグラル,スカイマークを将来的にも競合他社に渡したくないANA,妥協を選ぶ。「インテグラルが50%超を出資する」「インテグラルが会長を,ANAが社長を指名する」。多比羅誠弁護士は,このような落としどころを示した。その後,「従業員の雇用を守る」「5年以内の再上場を目指す」などが加わり,ANAの支援が決まった。
 大手航空会社とLCCのはざま,価格や路線,サービス水準などをどう見直していくのか。そこでインテグラルとANAの足並みがそろうかどうか。両陣営とも3分の1以上の株式を握り,経営方針に反対できる拒否権を握り合った。ANAの長峯上席執行役員は,スカイマークの独立性について「エア・ドゥなども独立した航空会社だ」と強調。スカイマーク側には「エア・ドゥはとっくにのみ込まれている」と映る。"

 前社長の強欲から来たスカイマーク,社会的貢献を忘れた会社です。「利用していただき,利益を得させていただいている。」と言った理念に乏しい会社です。

 これはANAとて同じこと。他の子会社同様にしようとしたが,思いの外スカイマーク(インテグラル)の反抗,将来の布石を打っておいてここは収めた?

 航空ファンとしては,撮影したい対象ではあるものの,疑問がたくさんある両社です。老舗の経営者ならば,あのような利益第一の経営はしませんがね。

今日の1枚
Dsc_0573x


2015年5月 5日 (火)

共存

 お天気の変化は,目まぐるしいものがあります。昨日は終日細かな雨が降っていたかと思えば,今日は晴れるかなあ。各地の行楽客は一挙に増えるのでは。

 子ども達が幼い頃,この時期に行ったのは動物園です。入口付近にある大きなツツジが満開の頃です。また,藤の花も綺麗でした。動物園なのに何故か花ばかり記憶にあります。

 野生の動物達を見る機会は,めっきり減りました。道祖神探索の時には,熊・鹿・猿などを見かけて,かえってビックリ(熊は怖かった)したものです。

 ニュースでは,猪や鹿の異常繁殖を伝えています。数が増えるにつれ,自然と餌が不足してくる。本来ならば人里離れた山奥に住む動物達,里まで降りてくるそうです。

 農家の人達にとっては,農作物に甚大なる被害を被り,困っているそうです。猟師の免許をもった人も減り,その駆逐にはあの手この手を使っているそうです。

 世の中不思議なもので,仕留めた猪・鹿を使ったジビエ料理を考えて見たり,食肉加工に手を出してみたり,村興しにと考えているそうです。

 禁猟にすれば,数が増えすぎて困る,獲り過ぎれば,野生動物保護の声が高まる。野生動物と人間の共存は,難しいものがあります。動物園の動物は幸せかなあ。

○新規路線が開拓できないならば
”日本航空は航空券の予約や発券などの旅客情報を管理する基幹システムを48年ぶりに全面的に刷新,2017年秋に稼働。投資額は周辺システムを含め1000億円規模。搭乗履歴などのデータを分析,好みの座席や機内食を推測して提案するなど今後,利用者のニーズにきめ細かく応えられるようにし,サービスの品質を向上させる。
 刷新するのは旅客サービスシステムと呼ぶ航空会社のITシステムの心臓部。JALは1969年に稼働した自前のシステムを改修しながら使い続けてきた。17年秋から航空・旅行会社向けITシステムのアマデウス社が開発したクラウドサービスに切り替える。
 現在は予約や発券,マイレージプログラムなどを独自のデータベースシステムでそれぞれ管理,膨大な情報を十分に活用できていない。クラウドでデータを一元管理,利用者情報のビッグデータを解析,新たなサービスを開発しやすくなる。
 蓄積した利用者のデータを活用,特定の路線や時間帯で機内食のニーズを分析することが可能。人気のメニューが品切れにならないように,あらかじめ多めに用意するといった対応につなげられる。
 JALは旅客サービスシステムの刷新と並行し,運航管理や空港業務支援などのシステムについても20年度までをメドに順次改修。約3万1000人のグループ従業員のうち,航空券の予約窓口や空港カウンターに勤務する1万人強を対象に,17年度から新システムの移行に向けた研修を始める。”

先日3月期の決算を書きましたが,税制上の優遇はさておき,日本航空の純利益はライバルと較べて高いものがあります。売上高ではなく,純利益が大切です。

 稲森イズムの浸透でしょうか,利益追求の為にきめ細やかな改革をしてきた一つの成果ととらえています。その分,従業員一人一人は大変でしょうねえ。

 企業組織の中で労働組合の分裂,それでも強力な体質を引きずっているようですが,それでもこれだけの利益を上げるようになったのは,リーダーの力量でもあります。

 旅客サービスシステムの変更ができるのも,利益を上げることができるようになったからに他ありません。18年度以システムの威力が発揮されます。

 次への飛躍は,まず内部改革からと言うことでしょうか。乗客あっての航空会社,遠回りしても倫理に基づいた企業として成長してほしいものです。

今日の1枚
Dsc_8329a


2015年5月 4日 (月)

安全運転でね

 やはりNEXCOの予測通り,GW後半の高速道路の混み具合は凄いですね。まとまった休みが取れない,分かるなあ。せっかくの休み,どこかに行きたくなりますよね。

 私も高速道路を使いますが,カー・ナヴィゲーションや電光掲示板により入ってくる情報,特に渋滞情報は気になります。なにせ交代要員がいませんから。

 となると,できるだけ混雑を避けて走りたいのが人情です。夜間割引もありますが,夜間走行が多いのはそのためです。運送業者の大型車も随分マナーがよくなりましたから。

 それでも渋滞にはまったら(特に首都高速道路),まあじっと我慢の子ですね。ラジオもCDも聞きません。ぼけっとひたすら前の車に付いていくだけです。

 渋滞,○緩やかな上り坂によるスピード低下 ○トンネル内でのスピード低下 ○IC/JCTによる交通集中などが原因と言われています。

 私,渋滞時は原則走行車線を走ります。急ぎたいのは誰でも同じですが,どうも経験値から言って”走行車線の方が流れがスムーズ”です。いやそう信じています。

 そんな時,横着な車がいますね。○やたら進路変更をしたがる車 ○やたら車間距離をつめたがる車 ○路肩走行を平気でする車。

”車両は故障その他の理由で駐停車することがやむを得ない場合を除き,路側帯を通行してはいけない(道路交通法17条,車両制限令9条)。車両が路側帯を通行する行為は,通行区分違反,違反点数2点,反則金6千円~1万2千円(同法119条1項2号の2,同法17条1項本文)。”

 私,スピード違反に対して路肩走行違反は,甘すぎると思います。特に自動二輪車に多いように思います。苦労する割に違反点数が少なく,取り締まる気持ちがない?

 横道ですが,自動二輪車のスピード取締,自動取締機では?それとも後ろ姿を撮っているのかしら?そうでないならば,いかにも不公平な取締ですね。

 全国的に交通事故による死亡事故が減ってきています。それだけマナーが良くなったのか,取り締まりが厳しくなったのか,いずれにせよ減少は嬉しいことです。

○その内に…
”2014年に大きな災難に二度遭遇,財政難に直面するマレーシア航空が保有するA380の6機全てを売却もしくは貸し出すことを検討。経営再建計画の一環で,B747-400Fの2機とB777-200ERの4機の放出も含まれている。同社が保有する機材は全部で約150機。マレーシア航空は3年間,赤字経営が続いた。この2件の災難を受け,昨年民営化された。”

 個人的な考えですが,中東の豊富なオイルマネーを背景とした航空会社を別として,A380はキャパシティーが大きすぎると思います。見栄も程々にしないと…。

 SQ/TG/KL/OZなどは,身の程を考えないと経営をさらに圧迫すると思います。事実この4社,必ずしも経営が順調な訳ではないと伝えられています。

 BA/AF/LHとても同様です。昨日書いた世界最大のAAを含め,(政治的な事情はさておき)A380を購入したアメリカの航空会社は1社もありません。

 例が悪いかもしれませんが,自動車もどんどんダウンサイズ化が当たり前の時代です。空の世界で言うならば,”双発機の時代”だと思います。

 機材を小さく,そして燃費のいい機材を使って,空席を減らし収益を上げる。LCCとの競争そして燃料費の高騰に対する備えです。

 マレーシア航空,エアアジアとの熾烈な争い,同じ土俵では戦えません。フルサービスながら,機材の縮小・路線の整理など,やるべきことはたくさんあります。

 ただ聞く所によれば,マレーシア航空は労働組合の力が非常に強いそうです。その為に思うようなリストラができないとも言われています(どこかと似ている?)。

今日の1枚
Dsc_8403a


2015年5月 3日 (日)

学び実践する

 予報では,今日まで晴天が続くと言います。にわか家庭菜園の仕事が,急ピッチで進みます。今週は,曇りや雨の日が多そうです。当たりますように!

 余りのお天気の良さに苗は元気がありません。そこで根元に敷き藁をすることにしました。これで水をやってもじっくり浸透,蒸発も少しは防げます。

 プランターには,(ひょっとしたことで蕎麦屋さんからいただいた)”蕎麦殻”を撒いてみました。敷き藁の代わりです。効果は?

 面白いのは,蕎麦殻に混じった蕎麦の種が芽を出し始めたことです。現在,双葉が出そろう頃です。もう少し経ったら,1箇所にまとめてみようと思います。

 上手くいけば,夏の終わりには白い蕎麦の花が観賞できるかもしれません。蕎麦は栄養価の低い土地でも育ちますから,これは興味がわきます。

 ヴァラエティーに富んだレタス類も芽が出てきました。夜間の気温低下を防止する為に新聞紙を被せておきました。その効果もありました。発芽率がいい。

 ハーブでは,種から始めた”タイム”,その発芽率の高さに思わずにんまり。さてこのタイム,成長したらどうやって使おうか?

 ハーブの栽培,失敗が多い私です。ネットで栽培しているものをピックアップ,”育て方”をまとめてコピーしました。梅雨時と夏の高温・直射日光に要注意です。

 ここまではいいこと尽くめですが,スナックエンドウはうどんこ病にやられたようです。また,ナメクジがウヨウヨ出てきました。楽をさせていただけません。

 還暦をとっくに過ぎても,まだまだ学ぶべきことが多いものです。こう言った姿勢を保っていきたいものです。”学び実践する”…地道にやりたいものです。

○世の流れ
 先日,携帯電話の国内生産中止予告を書きました。アンドロイド搭載のスマートフォンが,これからの主流になる?それともスマートウォッチ?

 携帯電話以上に早く廃れる?のが,コンデジではないでしょうか?驚くなかれ,専門店の売り場に出向けば,その事実に…。これまた世の流れです。

”1990年代に出現したデジタルカメラ,日本のエレクトロニクス業界に変革を起こしました。それ以前のフィルムカメラは,市場規模2000万台前後で安定。デジタルカメラが実用化されると市場は急成長を遂げ,エレクトロニクスメーカーの参入。2000年代始め,携帯電話機へカメラが搭載,デジタルカメラ市場の先行きに疑問符が付きますが,成長を続け2007年の出荷は1億台を突破。2008年の世界同時不況の影響,需要が元のレベルに回復することはなかった。このころから普及が始まったカメラ付きスマートフォンが息の根を止めた。2014年の出荷台数,ピーク時の3分の1以下,日本メーカーの生産は今後さらに減少が続く。台湾の出荷,前年比で30%以上の減少。コンパクトタイプのデジタルカメラ市場は世界的なレベルで縮小しているどころか,消えつつある。”

 画素数で競争している頃が懐かしい。携帯電話同様,あの小さなボディーに様々な付加価値を付ける日本メーカーお得意の作戦,それも全て過去形。

 残るは,ディジタル一眼レフ・カメラのみです。レンズ交換の強みを生かし,これはまだ生き続けることでしょう。フィルムカメラがなくならないのが不思議です。

 マックが世界的の転け,ベネッセが転け,各々の市場のガリバーとて安穏とした時代ではなくなってきています。せっかくの新製品も時代の流れに淘汰されます。

○ガリバーまでが
”アメリカン航空は,8月19日から成田-シカゴ線にB787-8を導入。運航便数も週5往復から週7往復のデイリーに増便。座席数はビジネス28席,プレミアムエコノミー48席,エコノミー150席の計226席。AAはB787-8とB787-9を21機ずつ計42機を発注済み,エンジンはGE製GEnx。現在は,B777-200ERで運航。”

 アメリカン航空,あの凄みのある塗装から平々凡々の塗装に変わりました。機材更新に取組中ですが,例え1便とは言え,B777からB787へと…。思わず絶句!

 これも書きましたが,赤組(税制優遇はさておき)の純利益の額,ビックリしますよね。いかに効果的な運用,無駄の削減等に取り組んでいるのかが分かります。

 あの堅実なLHでさえ経営が苦しいと聞いています。もう「大きいことはいいことだ」の時代ではないし,生き抜く為の知恵比べの時代ですね。

今日の1枚
Dsc_0633


2015年5月 2日 (土)

マナー

 5月に入った途端,自動車税の通知書が来ました。こういったことは,お役所仕事らしからぬ手際のいいことです。4月の固定資産税もそうでした。

 例えば,市民からの苦情に対しては,「予算が絡むことなので…」「善処します。」など,のらりくらりかわすことが多い役所仕事です。 

 ところで,我が家の目の前は,ゴミ・ステーションになっています。車を止めやすい位置にあるのか,結構遠くからゴミを出す人がいるようです。

 昨日は,可燃ゴミの回収日でした。パッカー車が過ぎ去って見てみると,×シール(回収できません)を貼ったゴミがたくさん残っています。

 回収日に関係なくゴミを出す人,いろいろなものを混ぜ合わせて一袋にまとめて出す人,いろいろなゴミ袋があります。ネットを被せてあっても,カラスが…。

 朝日新聞に横浜市の事例が載っていました。どこの自治体でも同じようなものなんですね。マナーが悪い人…自宅から出れば,知らない顔ですね。

 混在ゴミを出した人を特定するならば,プライバシーの侵害?個人情報の流出?まあ学者らしいコメント,自宅前にゴミ・ステーションがあったら…。

 要は,他人事なんですよね。本当に困っている自治体に対して建設的な提言ができないんですよね。何か勝手に出した方が勝ちと言った論理に聞こえます。

 家の前の残されたゴミ,綺麗になくなった時がない。ひどい時には,暗くなってきてから捨てに来る人もいます。マナーが悪い以上です。

 ゴミの分別・回収日の厳守など,自分の都合だけで守らない人が増えています。ゴミステーションの数をもっと多くしたらどうでしょう。

 マナーの悪い人,それとなく近所で見ているならば,きっと減ると思います。少なくとも出せば知らないと言った人は減ると思います。回収する人は大変ですが。

 こう書いていくと,海外からの旅行客の印象…日本は綺麗,ゴミが落ちていない…読む度に笑えてきます。日本人の実態を知ったら,ガッカリ?

○久し振りにB787
”米連邦航空局(FAA)は米国内で運航する航空会社に対し,保有するB787の電源系統の整備を命じる。電源系統に不具合があり,最悪の場合に電源が失われ機体を制御できなくなる可能性がある。ボーイングによると,8カ月間にわたり一度も電源を切らずに運航し続けた場合,電源喪失の可能性があることが実験室の模擬試験でわかった。実際の運航機体に問題は起きていない。ボーイングは問題のソフトウエアの更新を2015年10~12月期までに進める。当面の対応として電源のオン・オフを通常通りすればリスクは回避できるという。B787は国内では日本航空が20機,全日本空輸が35機保有。”

○実用化なるか
”米航空宇宙局は,米空軍研究所などと共同で,飛行中,鳥の翼のように滑らかに形状が変化する全く新しい飛行機の主翼の開発に成功したと発表。一枚板のような主翼はリベットやボルト類を使ったつなぎめが一切ないため,その分,機体の重量を軽減。飛行時の空気抵抗も大幅に減るから,燃料費を年間数百万ドル節約でき,離着陸時の騒音もほぼ半減。既存の航空機の主翼への採用が可能,世界の航空業界が熱い視線を送っている。
 この主翼には表面につなぎめがなく,フラップも存在しない。しかし特殊な材料と技術で,フラップに相当する部分がフラップより滑らかかつ柔軟に上下に反る。つなぎ目にリベットやボルト類を使わず,一枚板のように滑らかな形状で機体重量の軽量化と飛行時の空気摩擦の低減に成功。燃費が5~12%向上,離着陸時の騒音を最大40%削減。既存の飛行機の翼を改良して組み込むことも可能。
 ただ,今回の実験は,ガルフストリームにこの主翼を取り付けた。今後,大型機での実験を始めるため,ラングレー研究所で翼の設計作業に入っている。
 NASAなどが主導する民間航空機の技術革新はここ数年,猛スピードで進んでいる。昨年,NASAはボーイング社と共同で次世代の超音速旅客機の開発に着手。リアクション・エンジンズが最速マッハ5で飛び,ロンドンとニューヨークを58分,英国と日本を約3時間で結ぶ超音速旅客機の飛行実験に入っている。”

 燃費を稼ぐ,騒音を減らす為のあくなき追究には頭が下がります。民間機よりも先に軍用を開発するように思えてなりません。

 画像がないので何とも言えませんが,こういったことに取り組むのは,やはりNASAを初めとするアメリカの研究所・民間航空機製造会社なのか。

 超音速旅客機,大西洋を挟む欧米・太平洋を挟む日米ならば理解できますが,陸上の上を飛ぶ日欧では,課題が多いです。名機コンコルドでも…。

○TOYOTAの実力
 昨日青組と赤組の売り上げ・収益を書きましたが,華やかに見える空の世界も…。唖然とする数字が並んでいます。やはりお空の世界は,水物?

”トヨタ自動車は,2015年3月期通期の見通しとして,販売台数900万台,売上高27兆円,営業利益2兆7000億円,純益2兆1300億円との業績予想を発表している。”

今日の1枚
Image55


2015年5月 1日 (金)

気持ちよさそうに泳ぐ

 部屋から外を見ると,鯉のぼりが嬉しそうに泳いでいます。5月5日はこどもの日です。タンポポと鯉のぼりを見ると,真昼の撮影は…。

 鯉…中国のお話は,下に書いておきます,”登竜門””鯉魚石”などは,全て中国の故事から来ています。いわゆる鯉の滝登りですね。

 金閣で有名な京都鹿苑寺,遊歩道を歩いて行くと見事な鯉魚石を目にすることができます。枯山水の鯉魚石は,抽象化されたものが多いですが,鹿苑寺のは具象化されています。

 海の魚も美味しいですが,鯉も実に美味しいです。もちろんお刺身にしていただいても結構,圧力鍋で甘露煮にしても美味しいです。

 鮎やヤマメの塩焼きが食べられなくなった今,川魚では鯉が一番食べたくなります。これ酢味噌でいただいても…。暑くなれば,鱧が待っています。

*端午の節句
”中国の正史,二十四史の一つである後漢書による故事で,黄河の急流にある竜門と呼ばれる滝を多くの魚が登ろうと試みたが鯉のみが登り切り,竜になることができたことにちなんで鯉の滝登りが立身出世の象徴となった。端午の節句には厄払いに菖蒲を用いることから,菖蒲の節句と呼ばれ,武家では菖蒲と「尚武」と結びつけて男児の立身出世・武運長久を祈る年中行事となった。”

○剪定
 天気予報をよく当たります。素晴らしい確率です。空港へ行きたいのは山々ですが,そこはじっと我慢の子?予定の作業をこなしました。

 生け垣の剪定,結局8時から12時まで4時間を費やしてしまいました。これは外側だけで,内側がまだ残っています。が,もう体力の限界です。

 天気予報通り気温はグングン上がり,もう汗びっしょりです。自転車に乗って(もう歩く気力も失せてしまいました。)近くのコンビニへ…。

 帰宅し,早速シャワーです。空腹ですが,まずは汗を流さないことには…。さっぱりした所で,冷蔵庫の前に。先程買ってきたビールを…。旨い!

 テレビのコマーシャルができる位,美味しく飲み干しました。ビールって美味しい飲み物ですね。汗をかいた後は,格別な美味しさです。

 が,この後がいけません。疲れとアルコールが効いてきたのか,いつしかウトウトしてしまいました。空き巣が多い地域ですが,パーパーに開いたままです。

 GW中には,残りの内側をやらねばなりません。大きなゴミ袋に12袋!燃えるゴミの回収に間に合ったのは8袋,月曜日まで4袋はお守りです。

 これで新芽の伸びを抑制できます。次回の剪定が楽になる?しかし次は真夏です。事前に冷蔵庫にYEBIS君を数本入れておかないと,熱中症になります。

○悪口が通じた?
”ネパール大地震,自衛隊の国際緊急援助隊の先遣隊約20人が29日,カトマンズに到着。自衛隊の医療援助隊長は,「各国関係機関や各軍とよく連携をとりながらいい仕事をしていきたい」。援助隊の派遣はネパール政府の要請に基づくもので,先遣隊を含む約110人。先遣隊が現地の被害状況を確認した後,残る隊員らがネパールに向かう予定。
 死者数は5200人,負傷者数も1万人を超えた。被災者の捜索活動は依然続いており,死傷者数はさらに増える見通し。カトマンズ近郊などでは,海外から届く救援物資などが被災地に来ていないとして,住民らによる抗議デモが発生するなど,住民の不満は高まりつつある。”

 今度は,C130の出番です。テント・毛布そして濾過装置,プラス食糧です。高地ゆえ朝晩は冷え込むそうです。急げ!急げ!恩返しに急げ!

○また調査
”ドイツの調査機関・JACDECが1月に発表したエアライン安全度ランキング
 1位のキャセイパシフィック航空や2位のエミレーツ航空は,安全性のみならず,サービス面でも評価の高い,全日空が11位。上位20社の中には,LCCが4社(ジェットブルー航空,ヴァージン・オーストラリア航空,ウエストジェット航空,エア・ベルリン)ランクイン。日本航空は44位。
 機材の新しさで定評のあるエミレーツ航空の平均機材年齢は6年2ヵ月。エアライン業界全体の平均は11年以上。新しい機材で運行できているということは,そのエアラインが高収益企業であることの証。
 事故率の違い,運行地域に関しては,IATAによると,ジェット機の全損事故率(100万フライト当たり)で圧倒的に高いのはアフリカ地域。14年はたまたまゼロだったが,それ以前は事故率が高く,09年~13年の平均値では6.83と,ほかの地域を圧倒的に引き離している。北米は0.2,欧州は0.24,北アジアは0.06。アフリカに次いで事故率が高いのがCIS諸国の2.74,中東・北アフリカの1.82,ラテンアメリカ・カリブ諸国の0.87。機体メーカーに関しては,IATAは西洋製(ボーイング,エアバス,ボンバルディアなど)と,東洋製(ツポレフなど)に分類。事故発生率は,西側製の方が低く,安全。CIS諸国やアフリカで事故率が高いのも,ツポレフなど東洋製,機材年齢が古かったり,整備体制が悪い。EUは安全性に問題のあるエアライン(コンゴ共和国,リベリア,シエラレオネ,モーリタニアなど)を域内乗り入れ禁止。
 快適な空港ランキング,Skytraxが発表した世界空港ランキング。3年連続でシンガポールのチャンギ国際空港。2位の仁川国際空港とともに,アジアと欧州や米国を結ぶ乗り継ぎ拠点として評価。トップ20に羽田空港,中部国際空港,関西国際空港,成田空港がランクイン。”

○数字を並べると
 ANA,2015年3月期の連結業績,純利益392億円。売上高は9%増の1兆7134億円、営業利益は39%増の915億円。
 JAL,2015年3月期の連結決算,経常利益1752億円。売上高は3%増の1兆3447億円。受取補償金がなくなり,純利益は1490億円。

今日の1枚
Dsc_0023ドウダンツツジ(第2弾)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »