2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

今日のお天気は?

« 北海道,大阪共に知恵比べ | トップページ | 好みは »

2014年10月27日 (月)

伝わったものは

大阪市長の文化軽視政策,まだ怒りがこみ上げてきます。日本の伝統文化をどうとらえているのか,是非知りたいものです。そして欧米の政策を勉強して欲しい。

 日本文化,その神髄は”和歌”にあると思っています。万葉集から読み始めた私ですが,古今和歌集を初めとする勅撰集も一応読みました。

 (悲しいかな読んだだけで,訳を読み,フムフムといった情けないのが現実です。)その後,連歌・俳諧・俳句と面々とつながっています。

 その懐の広さ,伊勢物語・源氏物語を初めとして,枕草子・徒然草・方丈記などへと文学は発達してきました。ここでも”和歌”が地下水脈のように流れています。

 自然物を崇めた古代人,歌や踊りもあったことでしょう。大陸からの影響もあったと思います。その延長に雅楽があると思っています。

 一般庶民は,宗教の影響でしょうか,盆踊り・田楽が流行し始めたのが,武士の世になってからです。申楽もこの頃からでしょうか?

 申楽の面白さを芸術の世界まで引き上げたのが,観阿弥・世阿弥親子です。将軍の理解を得て,能楽は一層の発展を遂げたことは,当然のことでしょう。

 能楽は,徳川将軍から式楽となり暗黒の時代に入りました。一般庶民は,歌舞伎・文楽・浄瑠璃と太平の時代を謳歌していました。

 私のような浅学の身ですら,日本の伝統文化は,これだけの大きな流れがあるのです。どれだけの人達の叡智が入っているのか分かりません。

 受け継ぐ人達も自分の達の代で,引き継がれてきたものを止める訳にはいきません。明治~昭和(戦争終了まで)にも不運にも途絶えたものが多数あります。

 ところで,今年は,世阿弥生誕650年だそうです。能の歴史そのものです。観世家の偉大な歴史です。京都観世能特別公演に行ってきました。

 弱法師(よろぼし)・江口・恋重荷(こいのおもに)といった豪華三本立てです。ミーハーの私にとって嬉しいものですが,お値段が…。

 仕方なく2回自由席での観能でした。何せ半額以下ですから…。詳細はここには書きませんが,確かに名作と言われるだけのものがあると思いました。

 と言うことは,観客からの支持は言うに及ばず,それに応えようと能楽関係者の地道な修行があってのこそだと思います。

 そして今年で63回目の正倉院展です。一つガラス(瑠璃)の水差しがありました。西アジアで見付けるとしたら,地中の中からです。

 正倉院では,約1300年間木製の箱の中に大切に保存されていました。刀剣も出ていました。が,多くの刀剣は戦いのために持ち出され,戻ってきませんでした。

 一度途絶えたり,行方不明になれば,宝物といえども闇の中です。文化のみならず,建築・彫刻なども燃えたり盗難に遭えば,もう姿を見ることすらできません。

 京都・奈良を回りながら,伝えられているものの(ことの)大切さを痛感しました。余談ですが,またお香を買ってきました。

今日の1枚
Dsc_3337


« 北海道,大阪共に知恵比べ | トップページ | 好みは »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/57803336

この記事へのトラックバック一覧です: 伝わったものは:

« 北海道,大阪共に知恵比べ | トップページ | 好みは »