2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日のお天気は?

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

行きたい所,行きたくない所

 朝晩の冷え込みを感ずるようになりました。先日は近畿地方で”木枯らし”を観測したそうです。遠くに見える山々も山頂付近は,うっすらと雪が…。

 戦後最大の火山災害,御嶽山の水蒸気爆発,低温・積雪・強風などのために捜索は中断されました。残された人,そしてそのご家族のことを思うと無念です。

 週間天気予報を見ると,どうやら今週末は行楽日和では内容です。月が変われば,図書館も再開されますから,また読書三昧かな?

 ウェザーニュースの”紅葉情報”を見ると,いよいよ紅葉も里の方に降りてきました。場所を考えれば,来月下旬まで楽しめそうです。

 紅葉狩り,できたらプリウス君に乗って出かけたいものです。そうすれば,少しばかり嗜むことができます。ちょっとしたつまみと冷酒が似合います。

◇また行きたいなあ
”ローマ法王庁は,ミケランジェロの「最後の審判」の壁画で知られるシスティーナ礼拝堂に,LED照明と空調設備を導入。16世紀に描かれたフレスコ画の保護が狙い。
 約7000個のLEDが点灯,天井画や壁画が色鮮やかに浮かび上がった。今年はミケランジェロの没後450年。新たな空調設備は,2台のカメラで室内の人数を把握,室温20~25度・湿度50~60%に保つ。改装費は,約300万ユーロ(約4億1000万円)。”

 最後の審判は二度見ました。ミラノでは,最後の晩餐も二度見ました。世界的に有名なものであり,わざわざ現地へ行って見るだけの価値があると思います。

 ひょっとして日本製のLED照明?明るくなったシスティーナ礼拝堂をまた訪れてみたいものです。ローマのカルヴァッジョ巡りを併せれば,至福の時が…。

◇とんでもない
”旭川発-北京着のMU750便が25日,スモッグの影響で北京空港に着陸できず,複数の空港にも受け入れを拒否され,危うく燃料切れになるところだった。
 山東省の済南・青島・遼寧省の大連・内モンゴル自治区のフフホト・河北省の石家荘など,北京周辺の各空港はすでに飽和状態だった。”

 APECで恥をさらしたくない中国政府,デモ封鎖よりも大気汚染の方が心配だそうな。市民の自動車の制限をしないかぎり,大気汚染は収まらない。

 私が北京に行った頃は,砂嵐に困ったのですが…。今は大気汚染,飛行機が降りられない位の空気の汚れ,そこに何百万?の人が住んでいる。とんでもない国です。

◇ちょっと強気?
”成田国際空港会社は,来春から徴収する国内線利用客の施設使用料を発表。LCC3社が入る第3ターミナルからの発着は片道380円(往復760円)。日本航空・全日本空輸などが運航する第1・2ターミナルは,片道440円(同880円)。4月8日から徴収。
 また,第3ターミナルを利用する国際線利用客の施設使用料と保安サービス料は,計1540円(出発時のみ),第1・2ターミナル利用者より1070円安い。使用料は利用客が航空券を買う時に運賃に上乗せして支払い,航空会社がまとめてNAAに支払う。同空港ではこれまで国際線客からのみ施設使用料を徴収,国内線分は各航空会社がNAAに支払っていた。成田空港の昨年度の国内線利用客は517万人。”

◇懐の深さ
 以前「これが議員の仕事か,税金の無駄遣い」と書きました。やっとスキャンダル追及から政策論争に戻る意識が芽生えてきたようです。

 私のような素人が思っていることを高い博識をもった人達が…。何事もほどほどなところで終わりにしたいものです。国民の命・生活を最優先にして欲しい。

 政治家の懐の深さ,これは日本の政治家だけのことだけではありません。日中平和友好条約を結ぶに当たり,鄧小平主席の態度は立派だった。

 「小異を残し大同に着く」ことを自ら指揮・実践した鄧小平,習近平に爪の垢でも煎じてやりたい気持ちです。今の中国,黄泉の国の鄧小平はどう思っているのだろう。

 そう言えば,能に”邯鄲(かんたん)”というのがあります。人の世の栄枯盛衰は,まるで夢の中といった内容です。が,どうやら現代版邯鄲が…。

 政治家として生きていくことを決めた理由,それぞれいろいろあると思います。が,恐らく多くの人は,「世の中を良くしていきたい」と考えたのではないか。

 先を読み,「小異を残し大同に着く」ような懐の深さをもって欲しいものです。それが国民のためになる最善の道だと思います。 

今日の1枚
Img020a


2014年10月30日 (木)

価値観の多様化

 豊田の御大,某場所での写真展の内容に疑問符!
 でも,"facebook""Fly Team"でも(大変に失礼ですが)ピンぼけ・大幅な傾き・露出?などの写真を堂々と投稿されています。私も自己顕示欲はあると思います。が,公表する以上,自分なりの基準があります。どうもディジタル・カメラの普及により,光がなくとも(少なくとも)カメラ任せで写真が,誰でも撮れるようになりました。フィルム時代を知っている者は,露出補正にも気を配ったものです。
 それにスマートフォンの小さな画面で見て(勿論部分拡大はできますが),”いいね”を押す人の気持ちも分かりません。知り合いと言うことで律儀に押しているのでしょうか?例えば,”B747 ジャンボジェットを愛するチーム”です。考えられない写真を投稿・いいねがたくさん!…個人の考えですから他人がとやかく言う筋合いはありません。が,そのポリシーのなさには付き合っておれません。
 それでも"facebook"には,素晴らしい作品を紹介してくれる人がいます。その人のページを訪問,気に入ったら”お友達申請”をお願いしております。そのおかげで,"facebook"が面白くなりました。先日も書きましたように,お友達の縮小を進行中です。一方では,そのような方とは,是非お近づき願いたいと思います。

◇ご当地ナンバー
現在19のご当地ナンバーを付けた車が走っています。来月17日,新たに10のご当地ナンバーが誕生します。これを巡って世田谷区では訴訟まで…。

 私もこの制度に疑問をもちます。長年親しんだナンバー(陸運局名)と新ナンバーの選択はできません。住居地を特定されることでプライバシーが侵害されると思います。

 こうしたご当地ナンバーは,往々にして地方自治体の首長の名誉欲を満たすものです。税金の無駄遣いの一例だとらえています。

 もう一つ,廃車手続きをしても(ナンバープレートを返却しても),同じナンバープレートは使用できないことです。希望ナンバーの場合,同じものを使いたい!

 どうもナンバープレート一つとっても見ても,闇の中で利権が動いているように思えてきます。SA,PAでも相当なお金が…。

◇無形文化遺産<本美濃紙>
 「和紙 日本の手漉き和紙技術」が,ユネスコから無形文化遺産に登録される見通しだと言います。世界に和紙が認められた!

 世界各地の芸能や祭礼,伝統工芸技術などを一覧表に記載,登録して保護する制度だそうです。世界遺産・記憶遺産と並ぶ三大遺産事業です。

 和紙は,コウゾ・ミツマタの皮の繊維から作られます。特に美濃和紙は,○コウゾのみを使用○薬品禁止○自然乾燥という用件を満たすもの。

 これが美術品の補修に最適だそうです。にじみ・変色などに強いことが評価されているそうです。日本画は,和紙もしくは絹布に描きます。

 原料にコウゾ・ミツマタを使用すると言っても,”漆”同様原料にも困ります。また,伝統技術を伝える人・受け継ぐ人の問題もあります。

 原料の入手・加工に始まり,手漉きの技術,製品化など後世に残しておく貴重なものです。そして何より若者の理解と参加でしょう。

◇B787競争
”エア・カナダは2014年12月16日から,成田/バンクーバー線にB787を投入。エア・カナダは現在,成田/バンクーバー線のAC3,AC4便はB767-300で運航,これを最新鋭機に変更。
B787の仕様はC20席・PE21席・E210席。エア・カナダのB787による日本路線の運航は,羽田/トロント線での投入に続くもの。なお,羽田/トロント線はすでに777-200LRに機材変更。 成田/バンクーバー線は日本航空も就航,この便もB787での運航。”

 まあ成田では,春以降のお楽しみですね。B787,売れていますねえ。B767の後継機?いよいよ交代の時期になってきましたか。

 赤組,B767に最新鋭の内装を施しています。が,そんなに長い寿命ではないような?燃費も悪いし,航続距離も短いし…。(東京の御大,ごめんなさいね)

今日の1枚 
Dsc_7907


2014年10月29日 (水)

上手くいくこと,いかないこと

 今日は、斎藤小織さんの○回目のお誕生日です。おめでとうございます!

 今の車に換え,もう1年が経ちました。12ヶ月点検及びオイル交換・ホイールローテなどをしてもらいました。この車,前の車よりオイルが多く要ります。

 帰宅し,例年作っている”切り干し大根”ついでに”干し芋”作りです。このところの寒風が,美味しいものを作ってくれます。

 ネットに入れ,風の当たる場所で干しました。プランターを見ると???たった1株しかないブロッコリーの葉が…。まだ蝶々がいます。幼虫の餌?

 これはいかん,申し訳ないが幼虫さんを取り除きました。横に植えてあるレタスは,ナメクジの餌?これはいかん,こちらもきちんと駆除しました。

 私の朝食サラダの材料です。大切に大切に元手をとろう?と,手間暇かけねば。綺麗に水で流すだけで,レタスは胃袋の中に入っていきます。

 "Sightseeing"に新たに1ページを加えました。「石仏の美」にも少し追加をしました。最後に京都での観能3本を"Noh"に書き加えました。時間がかかりました。 

◇ヴァージン,日本撤退
”消費増税による影響。高額品市場は特に消費が冷え込み。夏休みも客足が鈍った。東京路線はBA,日本航空,全日本空輸の3社に対して,VSは安定して高いシェアを持ち続けてきた。が,直行便の市場自体が縮んでいる。中東を経由し欧州各都市を結び,運賃は格安。中東航空会社は,巨大な資本をもち,新しい機材を購入。機内や空港のラウンジなどの設備にも投資。サービスにも定評があり,非常に強力な競合相手。
 燃料費高騰が収益を圧迫。英ポンドに対する円安の進行。為替変動による減収減益,撤退につながった。VSは,A340‐600を導入して以来,改善をほとんどしていない。
 成田から羽田空港への移行がかなわなかった。移行は日英2国間の航空当局が決めるが,その協定に「成田縛り」拘束条項がある。羽田に移行する場合,1便は成田に残すルール。VS利用客は個人客が多い。羽田に移せれば都心の大企業への訴求力は大きく,ビジネス客を多く獲得できると期待。1日1便では,羽田に移れない。”

 魅力ある航空会社も撤退,残念です。「成田縛り」は,1日1便(週○便)の航空会社にとっては,痛い条項でしょう。

 羽田シフトは大歓迎?しかし,キャパシティーの問題や成田の存続に関わることだけに,難しいところです。利益追求だけでは片付けられません。

 一方では,メジャーにますます有利になる条項でもあります。極端な話,成田は小さな機材で羽田に大きな機材をもってくる。

 あるいは羽田に便利な時間帯を希望し,成田は多少不利になっても我慢する。メジャー有利な内容と言えましょう。

◇儲かってますなあ
”ボーイング,2014年7-9月期連結決算,民間航空機の納入が好調だったことから純利益が前年同期比18%増の13億6200万ドルと大幅増益。売上高は民間航空機が好調で同7%増の237億8400万ドルと増収。第3四半期のネット受注機数は501機,期末時点での受注残は5500機超,金額ベースでは過去最高の4300億ドルに達した。” 

まだ詳細は分かりませんが,恐らくB737,B787の売れ行きが好調なためと見られます。特にLCCや発展途上国からのB737の受注は,大きいことでしょう。

 ボーイングVSエアバス,良い意味でのライヴァルだと思います。定価はあってなきようなもの,値引きもしっかりしている?

 B737,単通路(ナローボディー)の使いやすさ,初代から続く長所と進化するアビオニクス,上手に組み合わせ,新鮮みあふれるものです。

 まあ2時間程度のフライトタイムならば,我慢できる機内ではないでしょうか?LCCが採用する性能の信頼性,まだまだ生産が続きますね。

今日の1枚
Dsc_7902


2014年10月28日 (火)

好みは

◇久し振りに
 友達に聞いていたのですが,なかなか機会がなくありつけなかったラーメン。塩分を気にしつつ,挑戦してみました。

 天理市で屋台をやっていた頃に発案されたと言われている”彩華ラーメン”が,お薦めのものでした。久し振りのラーメンです。

 白菜を中心に野菜が油だ揚げてあり,少々ニンニク味が効いていました。そして醤油が濃いのには参りました。スープは全く飲めませんでした。

 ラーメン通には定評のあるお店だということですが,私には合いませんでした。ごめんなさいね。中華ソバ(それも薄味)位しか食べられませんね。

◇日没
”京都府から見た明石海峡に沈む夕日。奈良市在住の法沢公寛さんが,京都府木津川市の三上山(標高473m)の山頂,明石海峡に沈む夕日と明石海峡大橋のシルエットに成功。25日午後5時すぎ三上山頂から,1600ミリ相当のレンズを使って撮影。沈む夕日と大橋の橋脚の一部を撮影。三上山から明石海峡に夕日が沈んで見えるのは,秋分の1カ月後と,春分の1カ月前のそれぞれ2・3日程度だという。”

 一番遠くから見える富士山を撮影しようと,幾人かの人達が挑戦。理論上ギリギリの場所で,お天気を見ながらチャンスを待つ,根気の要ることです。

 そしたら,京都南部の山頂から沈む夕日を…。これまたデータを参考に長玉を使った撮影に成功したそうです。

 例え,テレコンかませたにしても相当な長玉です。三脚もそれ相応の物が要ることでしょう。相当な投資ですよね。根気よりも執念かな?

 それ相当な投資をしても,誰も成し遂げていないことに費やすこともご立派!私のようにグータラ,目標のない生活を送っている者とは大違いです。
 
◇ついに
”塩崎恭久厚生労働相は,西アフリカに滞在,羽田空港に到着した男性に発熱の症状があるとして,エボラ出血熱の感染の有無を検査。国際医療研究センターに搬送,検体を国立感染症研究所に送って精査。「エボラ出血熱は接触感染で起き,飛沫感染とは違うので冷静に受け止めてもらいたい。万が一のことを考えて搬送し,検査している」と述べた。”

 欧米でも同様なケースで,陽性反応が出ています。国際空港での水際作戦,新型ウィルスの時と同様ですね。

 この方に陽性反応が出ないことを願うばかりです。治療薬は正式には認められていないものです。エボラ出血熱,何とも恐ろしい。

 エイズ同様,どうしてアフリカで難病が発生するのかしら?これまたとっても不思議なことだと思いませんか?アフリカのイメージダウン?

今日の1枚
Dsc_7932


2014年10月27日 (月)

伝わったものは

大阪市長の文化軽視政策,まだ怒りがこみ上げてきます。日本の伝統文化をどうとらえているのか,是非知りたいものです。そして欧米の政策を勉強して欲しい。

 日本文化,その神髄は”和歌”にあると思っています。万葉集から読み始めた私ですが,古今和歌集を初めとする勅撰集も一応読みました。

 (悲しいかな読んだだけで,訳を読み,フムフムといった情けないのが現実です。)その後,連歌・俳諧・俳句と面々とつながっています。

 その懐の広さ,伊勢物語・源氏物語を初めとして,枕草子・徒然草・方丈記などへと文学は発達してきました。ここでも”和歌”が地下水脈のように流れています。

 自然物を崇めた古代人,歌や踊りもあったことでしょう。大陸からの影響もあったと思います。その延長に雅楽があると思っています。

 一般庶民は,宗教の影響でしょうか,盆踊り・田楽が流行し始めたのが,武士の世になってからです。申楽もこの頃からでしょうか?

 申楽の面白さを芸術の世界まで引き上げたのが,観阿弥・世阿弥親子です。将軍の理解を得て,能楽は一層の発展を遂げたことは,当然のことでしょう。

 能楽は,徳川将軍から式楽となり暗黒の時代に入りました。一般庶民は,歌舞伎・文楽・浄瑠璃と太平の時代を謳歌していました。

 私のような浅学の身ですら,日本の伝統文化は,これだけの大きな流れがあるのです。どれだけの人達の叡智が入っているのか分かりません。

 受け継ぐ人達も自分の達の代で,引き継がれてきたものを止める訳にはいきません。明治~昭和(戦争終了まで)にも不運にも途絶えたものが多数あります。

 ところで,今年は,世阿弥生誕650年だそうです。能の歴史そのものです。観世家の偉大な歴史です。京都観世能特別公演に行ってきました。

 弱法師(よろぼし)・江口・恋重荷(こいのおもに)といった豪華三本立てです。ミーハーの私にとって嬉しいものですが,お値段が…。

 仕方なく2回自由席での観能でした。何せ半額以下ですから…。詳細はここには書きませんが,確かに名作と言われるだけのものがあると思いました。

 と言うことは,観客からの支持は言うに及ばず,それに応えようと能楽関係者の地道な修行があってのこそだと思います。

 そして今年で63回目の正倉院展です。一つガラス(瑠璃)の水差しがありました。西アジアで見付けるとしたら,地中の中からです。

 正倉院では,約1300年間木製の箱の中に大切に保存されていました。刀剣も出ていました。が,多くの刀剣は戦いのために持ち出され,戻ってきませんでした。

 一度途絶えたり,行方不明になれば,宝物といえども闇の中です。文化のみならず,建築・彫刻なども燃えたり盗難に遭えば,もう姿を見ることすらできません。

 京都・奈良を回りながら,伝えられているものの(ことの)大切さを痛感しました。余談ですが,またお香を買ってきました。

今日の1枚
Dsc_3337


2014年10月26日 (日)

北海道,大阪共に知恵比べ

◇自動車の進歩?
 高価な飛行機では当たり前ですが,自動車の自動運転の実用化,内外のメーカーがその技を競い合っているとのことです。

 富士重工のEye sightなど,先日自動ブレーキの性能を国は公表しました。カメラにせよレーダーにせよ,目指すは自動運転の実用化です。

 私のドライバー履歴を振り返っても,5速マニュアルから始まったものです。「オートマは燃費が悪い」と言った時代です。それが現在では,立場が逆転しています。

 おかげでノロノロ運転時,左足の負担がなくなりました。オートマも高級車ともなれば,8速までいっています。ここまで来ると,低速から高速まで余裕ですね。

 その他,パワーウィンドウ・エアコンなども今や軽自動車(失礼)でも付いています。大量生産によるコストダウンですね。そして自動ブレーキの時代へ…。

 これも先日書きましたが,今や自動車は電気自動車と表現してもいいくらいの時代です。バッテリーの容量もグーンと上がっています。

 そして忘れてはならないのが,燃費競争です。エンジンの技術革新にも目を見張るものがあります。低燃費でなければ売れない時代です。

 但し,アイドルストップは中途半端な技術だと思います。バッテリーの負担が大きく,かつ大容量のものです。交換時,値段を聞いてびっくり?

 それもアイドルストップ車は,急速充電可能なより高性能のバッテリーです。この差額をガソリン代節約代を較べてみると…。誤魔化しです。

 高速道路でも自動運転となれば,疲労感が違うと思います。が,根本的に渋滞のボトルネックを解消しない自動運転は,価値が半減ということも忘れてはいけません。

◇HACの再建
”日本航空は,北海道エアシステム(HAC)を再子会社化したと発表,社長が道庁に知事を訪れ報告。HACは日航傘下に復帰することで機材繰りや整備コストの改善,航空券の拡販など経営体質の強化が期待できる。一方で道庁が筆頭株主から外れ,民間主導で採算重視が強まる。人口減が進む道内での路線維持は従来以上に難しい課題となる。”

 離島路線=生活路線と言っても良いと思います。利益が上がらない→縮小あるいは廃線→困る離島住民,この負の連鎖をどうやって断ち切るか,難しい。

 地方公共団体もしくは国の補助も考えられますが,税金の使い方としては,疑問を残しているように思います。

 民間主導ならば,やはり廃線となると思います。営利追求が私企業です。これまた一概に非難することはできないと思います。

 Amakusaも同じようなものだと思います。曖昧ですが,やはり離島路線は地方公共団体の支えがないと,私企業では無理だと思います。

 一度世界各国の似たような状況を調べてみるのも一手かもしれません。「廃線を避けるために」が,大前提として。。。

◇これだから
”橋下徹市長が問題視していた文楽協会への運営補助金,市が来年度から全廃する方針を,今月初めに協会に通知。来年度からは他の文化団体と同じように,公演など事業ごとに助成の申請をする方式に改める。新制度により文楽協会への補助額が増減するかは不透明だが,重点事業とすべきだとの専門家の意見もあるため,市はこれとは別の振興策を検討。
 市政改革プラン,14年度までに文楽協会に対する運営補助金を原則廃止,競争を基本とした新たな事業補助に転換を図る方針。来年度からは,大阪府市の文化・芸術分野の専門家会議「大阪アーツカウンシル」で事業内容を審査,助成を判断。
 市の助成は長年,年間5200万円を上限3900万円に見直し。一部を国立文楽劇場の入場者数に連動して支給額を決めるよう改めた。13年度は,市から約2700万円が支給。
 文楽協会によると,市の他に国から約8000万円,府から約2070万円の補助を受けており,「当面は繰越金などで対応し,すぐに運営が行き詰まるということはないが,いずれ立ちゆかなくなる」と懸念。市からの補助金が問題となって以降,協会は12人いた職員を9人に減らすなどしてきたが,「経費削減や組織の効率化は限界に近い。新方式は現行の仕組みになじまず,協会で事業を計画して応募することは難しい」と話している。”

 文化に対する配慮,特に伝統的な文化への国・地方公共団体の補助は,当たり前のことだと思います。これを税金の無駄遣いと称するならば,他にも…。

 後継者問題もさることながら,伝え続けたものが消えると言うことは,日本文化への冒涜であり,恥ずかしいことだと思います。

 日本の伝統文化を伝えてきたご先祖様にも顔向けができません。票にならないものには厳しく,政治家の風上にもおけない市長ですな。困ったものです。

今日の1枚
Hac


2014年10月25日 (土)

KLM

◇楽しみ
 USING RW NKM RW34やNGO18の時,一日のお仕事ご苦労様とFDAのNIGHT FLIGHTが,明日で去る?DL B747-400のゆっくりしたdescendingが見られます。

 なかなか空港へ行く機会の少ない私,せめて姿を見るだけでも,楽しみにしております。そのDLもついにA330に機材変更となるようです。

 時の流れを止める訳にはいきません。世の中,双発機の時代です。個性あふれる飛行機が,またNGOから去って行きます。

 スライドボックスを開くと,old NGOには日本の赤組・青組は言うに及ばず,世界各国からB747が飛来してきました。懐かしく眺めています。

 個人的には,B747よりも3発機に惹かれます。特にMD-11は,私の永遠の恋人?的な存在です。最後の商業運航?KLMは11月11日に行うそうです。

 最後まで残った3機のMD-11,KLMの意地を感じます。札幌経由でしたが,私も意地でKLMのMD-11を利用したものでした。CAの水色,今でもよく覚えています。

 横道に逸れますが,CAのユニフォーム…皆さんも興味があられると思います。お気に入りのエアラインがきっとあると思います。KLM…好きだなあ。

 オランダ人の頑固さが現れていますね。自社のイメージカラーを頑固なまでに保持し続ける,こういった頑固さも好きです。それと較べると…。

◇一安心?
”滑走路増設が計画されている福岡空港の運営について検討している福岡空港運営検討協議会は,民間委託を容認する方向で大筋合意。次回会合で最終意見をとりまとめ,福岡県の小川洋知事らに提出。国土交通省は民間委託を滑走路増設事業の前提条件とし,県は協議会の最終意見を踏まえ,年内にも地元意見を表明する方針。一番大事なのは滑走路の増設だなどの意見が出た。民間委託容認の方向で最終意見をまとめ,環境対策や大規模災害時の対応などの課題を盛り込み最終意見をとりまとめる。”

 一時は,海上空港の案もあったようですが,どうやら無理矢理平行滑走路を建設するようです。ターミナルの大改築も着々と…。

 成田と福岡は,私にとって最も大切な空港です。海上空港は,余りに制約が多いだけに困りものです。その点,この案ならば一安心?5年後?

今日の1枚
Img281


2014年10月24日 (金)

facebook

◇難しい
 facebookについて悩んでいます。私がこれに参加した理由は,”内外のスポッターの写真を見たいし,交流を図りたい意図”があってのことでした。

 私には,「○○と一緒とか○○を食べています」と言ったような投稿,これは私の参加した本意とはおおいにズレたものです。これはこれで面白いと思いますが…。

 ”自分の言動を知ってもらいたい欲求”とでも言いましょうか,そういった方はそのポリシーで参加されるといいと思います。私には無縁の世界です。

 が,くどいですが私の本意とはズレています。こう言った欲求をもった方々との友達関係を見直したいと思います。生意気を言って申し訳ありません。

 また,なかなか写真を投稿されない方,これも私の本意とはズレています。"give and take"の世界ととらえています。

 それに小さな画面で判断されるのも,私には納得できるものではありません。作品として見ていただけないからです。

 もう一つ,最高60名を超した状態では,せっかく友達になっても訪問させていただく時間を確保できないのが,現状です。

 せっかくお知り合いになれた方々ですが,約半分になるまで友達を減らすことを決意しました。これは大変に失礼なことですが,考えを変えるつもりはありません。

 これからは私が参加した原点に戻り,内外のスポッターとの交流をしていきたいと願っています。ご理解をお願いいたします。

◇Honda Jet
”ホンダは,BJ機向けエンジンの外販を本格化し,将来的に市場シェアの3分の1を取りたい考え。BJ Honda Jetの機体製造との両輪で,航空事業の成長を目指す。ホンダは2004年にGEと合弁会社を作り、ジェットエンジンの開発を進めてきた。HF120エンジンは自動車生産で培った技術を応用。小型軽量化,燃費も競合品に比べて10%改善。
 ホンダは,エンジン生産を7月から米子工場でも始めた。販売先の開拓,シエラインダストリーズと中古機にHF120を載せ替えるプロジェクトで協力。BJの市場規模は20年に300~400機に拡大する見込み,エンジンは現在,P&Wとウィリアムズの2強が独占。エンジンの外販についてHonda Jet向けと同じくらいの台数を確保できればいい。将来的には市場の3分の1を目指す。現在,Honda Jetの受注数は100機を超えた段階,今後は年間100~200機の販売を目指す。”

 ホンダがガリバーに挑む,こう言うニュースを見るとワクワクします。MRJのエンジンはアメリカ製です。自動車(F1を含む)でもホンダのエンジンには定評があります。

 得意な分野をさらに空で伸ばすホンダ,好きだなあ。控え目な目標と思いますが,セールスの成功を祈りたいものです。

今日の1枚(パクリ)…年明けの成田遠征の楽しみ?
Fin


2014年10月23日 (木)

先人の知恵

◆夢のような◆
 http://www.youtube.com/watch?v=xhlXkbLUiGo

◇柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺(正岡子規)
 職場で柿の話が出ました。「やはり富有柿が一番美味しい」と言う声が,圧倒的多数です。やはり種があると嫌われますね。

 幼少の頃より田舎に住んでいる者にとって,柿は身近な季節の贈り物です。子どもの頃から「饅頭柿」「やしま」「盆柿」など,田舎柿に親しんできたものです。

 そして柿と言えば,もう一つ大切な柿があります。今風に言えば,ドライフルーツです。そう「干し柿」です。これも作りました。

 渋柿をとって,皮をむきます。4・5個竹の串に刺します。縄をU字型にし,下から順に竹串を刺していきます。一番上を縛り,軒下に干します。

 お日様の力は偉大です。渋柿はどんどん小さくなります。そして次第に色が濃い赤茶色に変わっていきます。甘くて美味しい干し柿ができます。

 干し柿…信州伊那谷の市田柿が有名です。今頃伊那谷(阿南町)に行けば,”枝垂れ柿”を見ることができます。市田柿も美味しいですが,もっと好物があります。

 石川県能登地方で作られる”ころ柿”です。市田柿よりも痩せています。こちらの方が時間がかかっています。手間もかかっています。”干し柿の王者”です。

渋柿を甘い柿に換える,素晴らしい先人の知恵です。これが何世代も受け継がれていることが,また素晴らしい事です。感謝の気持ちでいただきましょう。

 便利な時代になりました。通販でも”ころ柿”を購入することができます。だまされたつもりで一度ご賞味あれ,きっと驚かれると思います。

◇年賀状
 郵便配達のお兄さんから「年賀状の注文はいかがですか」と聞かれ,内部事情がありそうなので,ここは手助けを…。

 来月の遠征用にフィルム(笑わないでください,未だにフィルム主体です)を買いに行きました。店の前にも中にも”年賀状!”の広告ばかりです。

 言われてみれば,あと2ヶ月半足らずで今年も終わりです。そろそろ年賀状の準備をしなければ…。インクカートリッジは予備があります。写真を選定せねば…。

 年賀状の発行枚数は減っていると言いますが,やはりお正月にいただく年賀状は嬉しいものです。その為には,こちらからも出さねば…。

 親しくしてきてもなかなかお会いする機会の少なくなった方々,改めて年賀の挨拶をしておいた方が良い方々,やはりこの習慣は止められません。

◇堅い話ですが…
”沈黙のらせん…ドイツの政治学者ノエル・ノイマンが提唱した仮説。<少数意見が多数意見に押されて意見を言いにくくなり,そのためさらに少数意見が軽視されていくという,世論形成の悪循環のこと>。結果として,多数派の意見が実際よりも多くの人に支持されているように見えてしまいます。
 安倍首相の就任以降,日本は戦後レジーム修正から戦前回帰への道に向かっているのではないかとの指摘がなされています。様々な立場から意見を戦わせれば健全ですが,最近はリベラルや革新的な有識者が余り発言しなくなった。民族意識が強まっている中の風潮に危機感をもっている人々は相当数いるはずで,民族意識の強い意見が仮に多数派であっても,圧倒的多数派という訳ではないと思います。
 私が知っている有識者について言えば,「この人は発言して当然ではないか」という局面でも発言しません。恐らく,多数派が幅をきかせる大勢の中で流れに棹さすような発言すると,口を閉ざしてしまうのではと推察します。このような心の働きに陥ってしまうと,沈黙のらせんを定着させてしまう。
 白井聡さんという政治学者が書いた「永続敗戦論」。2014年度の石橋湛山賞を受賞。 「終戦」という言葉で戦争を終わらせた日本は自ら敗戦の総括をせず,責任追及もしなかったため敗戦の事実を正面から受け止めない「永続敗戦」状態が続いた。その弊害が周辺諸国との外交問題,日米同盟,沖縄基地問題など至る所に及び,今になって表面化している,という内容。
 「永続敗戦」という戦後日本の定義は,安倍首相が口にしている「戦後レジームからの脱却」という概念を否定しているように読めます。永続敗戦の状態では,「戦後レジーム」がそもそも成り立たない訳ですから。その意味で,今の日本の多数派の依拠する足場を揺さぶる内容といえます。執筆の動機として,「最近の有識者が余り発言しなくなった状況への危機感」を挙げていました。多数派によってかき消されてしまいかねない声を,声なき声とせず,きっちりと理論武装して声として主張することは知識人の使命だ。後に続く知識人が現れることを期待したい。(丹羽宇一郎)”

今日の1枚
01_sticker_md11_fly_dc_jets


2014年10月22日 (水)

ものづくり

◇これは驚き
 ”日立製作所は,熱や放射線に強い石英ガラスに,ブルーレイディスクなみの密度でデータを書き込む技術を京都大と共同で開発。約1千年とされるブルーレイディスクを大幅に上回る3億年もデータを保存可,公文書や文化遺産などの長期保存に向く。
 レーザーを石英ガラスにごく短時間照射,内部に1千分の1ミリ程の小さな泡ができる。これをデジタルデータの単位とし,泡を1千分の3mmほどのピッチで平面に並べ,0.06mm間隔で100層分重ねた。約2.5cm角で厚さ8mmの石英ガラスに約1.5GBを記録。1千度の熱を2時間加えてもデータを保持。
 読み出しは光学顕微鏡。焦点を合わせ,一層ずつ読み取り可。文字や写真をイメージとしても記録,動画などのデジタルデータを再生方法を説明する文字とともに保存。”

 先日国内の某メーカーの磁気テープの話を書いたら,ブルーレイを問題にしない長期保存が可能なものを開発,「ものづくり」の国らしいものです。

 小市民の私は,HDDの寿命が気になります。質問すると,「使用方法にもよって異なり,一概には言えない」と返ってきます。成る程?

 電化製品でも自動車でも同様な返事が返ってきます。理解ができるものの,HDDが動かなくなってからでは遅い,やはり知りたくなります。

 因みに私は,コンピューターのDドライブは,空です。HDDも2台使っています。が,古い方のHDDをいつ交換しようかと思案中です。

 もう一つは,(皆さんもそうだと思いますが)様々なIDやパスワードの管理があります。これも便利なソフトがあるようですが,HDDが破損したら…。

 ならば,やはり紙媒体に打ち出すしか方法はないのでは?最も原始的なものに返っていきます。IDやパスワードを記録したものが…。泣いたことが何度も…。

 そして「IDやパスワードを使い回すな,危ない」と言われると,ますます頭の中が混乱してきます。そう飽和状態です。

 新開発されたものは,直接は関係がありません。が,知らない所で記憶媒体として使われるようになることでしょう。地道な研究に拍手を送りましょう。

◇一足お先に
”ホンダ・エアクラフト・カンパニーは,全米ビジネス機協会総会・展示会2014でHondaJetプログラムの進捗状況を発表。現在は顧客引き渡し・運航開始に向け最終の準備段階,顧客向けのデモツアー,運航開始後の代理店での対応に向けた最終準備中。アメリカ連邦航空局から認証を得る最終段階,飛行試験4機を使って認証試験のスケジュール中。
試験飛行,アメリカ各地で実施,最低速度・高磁場での飛行・高地での性能確認・横風着陸・アビオニクス・寒冷地,およそ2,000飛行時間・70地点で試験中。”

 MRJよりも先にHondaJetがデリバリー,F1で知名度を上げているHONDA,成功することを願っています。レジャー用ボートよりも,やはり飛行機ですよね。

◇国会って暇な所?
 1ヶ月半で大臣の首が飛びました。しかも二人です。それも女性です。働く女性の鑑となって欲しい人物でした。残念です。

 それにしても国会って暇な所ですね。円安により国民生活が脅かされている・東北地方の復興が不十分など,早急に取り組まなければならないことが…。

 政策を論ずる場である国会が,子どもの喧嘩のような場になっていると見えるのは,私だけでしょうか?税金の無駄遣い?

 大多数の国民がして欲しいこと,それに応えるのがバッチを付けている人のやることではないでしょうか?血眼になって大臣の首をとることが政治?

今日の1枚
Img774


2014年10月21日 (火)

厳しい環境だからこそ

 昨日は夕刻から雨の予報,午前中に在所に行き,柿をたくさんいただいてきました。田舎柿ですが,これが私の大好きな柿なんです。

 また,イチゴの苗も一緒にいただき,早速プランターに植えました。雨を予想して,直ぐにやりました。美味しいイチゴを期待しています。

 レタスは順調に育ち,朝食時のサラダに重宝しています。1株だけですが,ブロッコリーもグングン育っています。楽しみだなあ。

◇またお米のお話
”ウエストサクラメント市にコメ卸最大手の神明HDが,コメ加工工場を建設。製造するのは薄いコメのパテ。当面は現地の中粒種カルローズを使う。ライスバンズを普及させた後,現地で日本米の加工も始める。08年から輸出を始めた神明HDの14年産の輸出量は前年比2倍の2000トン。今後3年でさらに10倍に増やす。
 日本のコメを取り巻く環境は厳しいが,炊飯や加工など周辺技術は凄い。コメをおいしく食べさせる炊飯器。その米の消費地は世界に広がっている。中国の富裕層の間では,「日本製の高級炊飯器でごはんを炊くのがステータス」と言う。国内で年間600万台を販売,10万円を超える炊飯器もあります。炊飯器技術が世界にコメのおいしさを広げれば,日本米にも明るい光が…。食の安全を求める声も加わり,外食や小売りが国産米に再び目を向け始めた。炊飯技術の加工技術,消費拡大は狙える。”

 米の種類が違うので断定はできませんが,和食には日本米が合います。海外でちょっとした日本食ブームと言いますが,そこでも日本米を使った方がいい。

 国内での消費が頭打ちならば,美味しい日本米を輸出するのも良い方法です。「知恵を絞れ」と書いたら,やはり知恵を使っている企業・人がいました。

 中国人,10万円以上の炊飯器を使うことがステータス?有り余るお金の使い道に困っているのでしょうね。例えば,高価な南部鉄瓶=中国人の投機対象?がよく売れる

 こんな高価な炊飯器,併せるおかずにも気を遣うでしょう。私は要りません。何事も程々が一番似合っています。飯ごう炊飯が一番美味しい!

◇元UAのCAの話
見栄えの良さは,CAに求められていない
 現在の航空会社は容姿に重点を置いていない。オープンで愛想が良くなければいけません。本当に必要なものは,人柄です。


乗客は乱気流であわてる必要はない

 CAは,乱気流に巻き込まれてけがをする可能性はあっても,めったにないと分かっている。ベルトをしっかりと締めて乗り切る。乱気流は,デコボコ道を走っているようなもの。シートベルトを締めていれば安全です。

CAが座っていたら必ず座ること 
CAは軽度の揺れのときには頻繁に客室を動き回る。しかし,緊迫した事態が起きていると分かった時には,座っている。

デルタ航空採用試験の合格率はハーバード大の入試よりも低く,厳しかった

 2013年に行われたデルタ航空の採用試験は,CAの求人枠400人に対し4万4000人分の応募。合格率はハーバード大の入試よりも低い。

本当に客室乗務員にチップをあげたいなら,3回申し出るべき
 多くの航空会社はCAがチップを受け取らないように,乗客からのチップを最初は断るように指示。しかし2回か3回申し出れば,相手のCAはチップを受け取りやすくなる。

客室乗務員はあなたの不安を鎮めることができる
 CAは揺れや傾き,おかしな音が発生したとき,航空機に何が起きているのかだいたい分かる。影響のない一時的な乱気流なのか,着陸するときに機器がきしむ音がいつもどおりの動きなのかを把握している。

CAが静かになったときは,非常事態が起ころうとしている
 離陸の直前,CAは安全訓練をざっとおさらいし,飛行中にトラブルが起きたときにどんな対応をするかを30秒で確認することが求められている。

機内食は乗客に提供されるだけではない
 機内食が乗客に配膳された後,CAたちは時々ファーストクラスの余った食事を食べることがある。一番いいのは? 国際線です。アイスクリームがたくさんある。

水は時差ボケの特効薬
 水分補給はCAにとって,長距離飛行の際に気持ちと外見をリフレッシュするのに一番の解決策。特大サイズのボトルに水を入れて,飛行中は手元に置いておくよう勧めている。

今日の1枚
Photo


2014年10月20日 (月)

安心・安全は…

◇ 紅葉と布団干し
 珍しく?週末に台風ニュースがなく,穏やかな晴天が続きました。お陰様で布団が干せ,今夜は気持ちよく眠れそうです。

 毎年,10月になるとソワソワ?"weather news"の紅葉情報を見ています。あちこち行けませんから,重点を絞って…。やはりETC割引が厳しくなったのが痛い!

 今年は10月になって2週連続台風が上陸,これで少々焦りました。カラ松の紅葉(黄色が綺麗です),駒ヶ根を予定していましたが,流れました。

 もう一つ楽しみにしている紅葉がありますが,それは1年後に発表できたら嬉しいですね。春の桜,秋の紅葉,日本っていい国だなあ。

 布団,寝ている間に身体から発する水分が…。布団は次第に重たくなります。これを解決するのは,お日様の力です。風もなく,気持ちよく干せます。

 出し入れが面倒ですが,お天気を見て布団干し,小さい頃からの習慣でしょうかねえ。干した後の独特の匂い,お日様の匂いと言っています。

◇災害が起こってからでは遅い
”和歌山県は,南海トラフ巨大地震を想定した津波災害対応訓練を行い,米軍普天間飛行場のMV22オスプレイ2機が参加。自治体が主催する防災訓練に使用されるのは初めて。8月に横田基地で実施された米軍単独の防災訓練にも投入。
 訓練は,和歌山県南方沖でマグニチュード8.7の地震が発生,県内で震度5強から7の揺れを観測したとの想定。県内の各自治体が警察や消防,自衛隊,米軍と連携,被災者の救助・搬送,物資輸送に当たる。.
 オスプレイは岩国基地を離陸し,南紀白浜空港に飛来。災害派遣医療チーム(DMAT)を乗せ,水や食料を積んで同県串本町潮岬の広場に搬送。広場ではけが人役8人を搭乗させ,沖合の海上自衛隊護衛艦いせに運んだ。県が自衛隊の参加を防衛省に要請した際,米軍とMV22の参加を打診された。”

 従来のヘリよりも速く,たくさんの荷物を搭載できるMV22,島国の日本には絶対に必要なものです。それプラス”国防の任”にも適していると思います。

 沖縄ではなく,MV22は沖縄外に常駐する方が,すぐに行動ができます。時間短縮にもつながります。御嶽での自衛隊の活躍を見ても,これは理解できます。

 少々厳しいですが,MV22拒否は過剰反応だとも思います。ヘリを含めた航空機の事故回数の少なさを認識していないからです。

 もう一つ,アメリカの傘に助けられ,ひたすら経済に心血を注いできた日本,当然徴兵制反対!ですね。日本のために戦う意識なんてさらさらない。

 (例が悪いが)お隣の○国だったら,北の脅威はいつも身に感じています。自国を守るのは自分達だという意識が高いと思います,少なくとも日本人よりは。

 アメリカの軍事援助は必要でしょう,がそれだけに頼っているのは,誠にむしが良いとしか映りません。自衛隊の装備の近代化は,戦争を仕掛けるためではありません。

 安心・安全な国作りは,自分達の手で行わなければなりません。と言って,私は右翼でも戦争賛美者でもありません。誤解なきように。

 アメリカ人が,日本人のために命を捧げるでしょうか?「我が子(教え子)を戦場に送るな」,日本侵略に誰が戦うのでしょうね。

 日本人が日本人と国土を守る,助けるためにもMV22は必要です。自分に都合のいいことばかり言っていては,他国の理解も得られません。

 余談ですが,スイス・スウェーデンなども中立を保ちつつ,軍隊をもっています。例えば,”スウェーデン軍は,ストックホルム東方の群島で外国による不審な水中活動が行われているとの情報を受け,艦船やヘリコプター,陸上部隊を派遣して調査を始めた。
 北大西洋条約機構非加盟のスウェーデンはウクライナ危機を受け,ロシアへの警戒を強めている。”
と,自国を守る姿勢です。

今日の1枚
Dsc_9312


2014年10月19日 (日)

知恵を絞ろう

◇豊作貧乏
 今年のお米は,例年になく豊作だと言われてきました。気温・日照の変化に強い品種の改良が実を結んだことになります。

 円安による輸入品の価格上昇が続く中,お米は値下がりしていると言います。消費者が喜べば,生産者は涙を流す。

 これでは米作りを止める農家が出てくるのではないかと…。日本の農業の中心は,昔から米作りです。条件が悪い所でも一生懸命米作りに励んできた民族です。

 こうなれば”米パン”を国民食にしたらどうでしょう。高い小麦を買わなくても,国産のお米を使った美味しいパンを作ったらどうでしょう。

 お米の消費にもなります。高い外国産小麦を使わなくてもよくなります。”米パン”の国民的運動をやったらどうでしょう。

 個人的には,米パンのしっとり感がとっても好きです。小麦パンのようにパサパサしていないので,のどの通りもいいです。

◇予感
 さすが三菱航空機,ついにMRJのロールアウトがありました。が,国民的行事を期待していましたが,ものの見事に裏切られました。

 送迎デッキからは全く見えなかったそうです。限られた人しか見せない,見せられない代物なのかと想像してしまいます。

 YS-11以来の国産旅客機,もっともっと国民にアピールするものかと思っていました。「見たければネットで見よ」とは,何とも横柄な態度だこと。

 こういった企業体質が嫌いなんだなあ。親しみが湧くような体質にならないかなあ。”三菱”,旧財閥の体質が変わらないのかなあ。

 私,思うんです。きっときっと”天罰”が下る”予感”がします。

◇ハイレゾ
”家電メーカーがハイレゾリューション(ハイレゾ)と呼ぶ高音質の音楽を扱うオーディオの新製品を増やしている。配信サービスを通じてCDを上回る音質で音楽が楽しめる。保存・再生するには専用の機器が必要で,各社は本格的な音楽を求める消費者の需要に期待している。
 ソニーはウォークマンのAシリーズを発表。ハイレゾ対応の携帯音楽プレーヤーでは世界最小・最軽量で価格も2万円台に抑えた。Aシリーズは家電の年末商戦の盛り上げ役への期待が大きい。ビックカメラはソニー製品の売り場を刷新,ハイレゾ機器の品ぞろえの比率を2割から8割まで高める。
 ハイレゾリューション(高解像度)は収録された音をできるだけそのまま再生するハイファイ(高忠実再生)に含まれる。情報量はCDの3~8倍,圧縮音源「MP3」の30倍で,これまで聞こえにくかった繊細な音を再現できる。日本オーディオ協会は,周波数などハイレゾの規格を定義した。
 パナソニックは復活したテクニクスの中核にハイレゾ対応機器を据えている。税別158万円のアンプや,約84万円のプレーヤーなど高級価格帯をそろえており,家でじっくりと音楽を聴きたいシニア層の需要を見込んでいる。
 国内の音響機器市場は携帯音楽プレーヤーの普及で1988年の6620億円をピークに下降。2013年は6分の1以下の1017億円まで縮小。”

 私が興味があるのは,ダウンロードして買うことができると言う点です。今思えば,CDは結構かさばります。LPよりもぶ厚く,横幅をとります。

 もう一つは,やはり音質でしょう。CDとLPを較べればよく分かります。やはりCDは,温室が堅いと思います。様々な制限があるので致し方ないのですが…。

 取りあえずウォークマンを買って試してみて,気に入ったら現在のオーディオ製品を全部換える積もりです。

今日のブログ記事,ようやく2,000件に達しました。読んでくださる皆様方に感謝いたします。これからもよろしくお願いいたします。

今日の1枚
Dsc_7865


2014年10月18日 (土)

ご苦労様でした

 名古屋小牧飛行場,ターミナルと正対する場所に航空自衛隊小牧基地があります。平日に飛行場を訪れると,航空自衛隊の訓練を見ることがあります。

 また,ターミナルの北には三菱重工業が,ライセンス生産をしている空は迷彩・海は海上迷彩塗装のUH-60を見ることができます。

 三菱重工業へ定期検査に飛来するものを含めれば,実機を見る確率はかなり高くなると思います。ヘリに興味がない私でも,その形は覚えてしまいました。

 この約2週間,このヘリをよく見ました。夕刻帰投する姿を見ると,「今日も探索ご苦労様」と思っていました。

 新聞によると,御嶽山の捜索は(一時)中断だそうです。初雪・凍結と3067mの御嶽山は冬のシーズンに突入です。残念ですが…。

 テレビでUH-60を見ていると,プロの技を感じました。頂上付近の空気の希薄な場所,そして頂上付近の複雑な気流,ヘリの操縦は難しいと思います。

 日頃の訓練が生きているのでしょう,見事な操縦です。素人には分かりませんが,(恐らく)エンジンの推力調整は,並大抵の技ではないと思います。

 最新鋭ヘリ+訓練,やはり機材の更新は必要です。島ともなれば,やはりオスプレイも必要でしょう。国民の冷静な判断を求めたいものです。

 国土を,国民を守るのは,やはり陸海空の自衛隊であり,最新鋭の装備をすることが義務遂行には欠かせないと思います。F-4を見ると…。

 広島でも御嶽山でも自衛隊にお世話になりました。苦しい困難な時こそ自衛隊は必要であり,安易な言動に左右されることにならないよう心がけたいものです。

 捜索が再開され,残った7名全員の発見ができることを願っています。併せて,自衛隊員の方々の任務が滞りなく終わることも。

”今季の捜索打ち切りが決まった御嶽山の麓で,自衛隊や警察,消防への感謝式が開かれた。約300人の捜索隊員,阿部守一知事は「皆様方の活動をしっかりと胸に刻み,山の防災対策や安全対策に全力を傾けていきたい」と話した。
自衛隊員が滞在していた王滝小中学校では撤収作業が続くなか,児童生徒が隊員達に3曲の歌を贈った。石井萌乃さんは「たくさんの方が亡くなり,捜してくださった。感謝の気持ちを歌に込めました」。隊員は「子ども達の気持ちに胸がいっぱいになりました」と涙ぐんでいた。”
 

 やはりものではなく,心ですね。王滝小中学校の38名の児童生徒の皆さん,よくやりましたね。心より拍手を送りたいと思います。

◇弱いもの虐め?
”三菱重工業が2017年春をめどに納入を始めるMRJの量産型機をめぐり,部品サプライヤーへの発注単価を試作機と比べ,半分から4分の1にする。量産段階で機体の製造コストを大幅に低減し,事業の収益性を高める狙い。15年から量産型機の部品製造を開始,16年初頭から小牧南新工場で最終組み立てを開始。これに先駆け,サプライヤーと12月中に量産契約を締結する。同社は製造コストを試作初号機と比べて約2分の1とする方針。 さらに量産12号機では同約4分の1にする。 それ以降は,作業者の習熟などを考慮して1機ごとに一定の割合で単価を下げるラーニング・カーブと呼ばれる工数低減の考え方を適用,段階的にコストを削減。”

今日の1枚
Dsc_6767


2014年10月17日 (金)

高血圧?

 珍しく新聞広告に目が行きました。雑誌”壮快”12月号,特集は「高血圧を自力で治す」とあり,早速書店に行って買ってきました。

 ”高血圧”,因果関係はよく分かりませんが,塩化ナトリウム(塩)であることは,多くの報告がなされているようです。掛かり付けのお医者さんも”減塩”にはうるさい。

 野沢菜…こればかりではありませんが,一般的に漬け物には多量の塩を使います。そして味噌,この二つの大好きな県は?そう長野県です。

 ご存じとは思いますが,長野県は日本で一番の長寿県です。野沢菜と信州味噌のご本家ですよ!どうも長寿と関係が…。

 自宅で漬け物を作る場合,天然塩を使えば,ミネラル分が摂取できます。漬け物作りは難しいですが,インスタントを使わず,挑戦したくなります。美味しいもの。

 塩化ナトリウムは,血圧上昇を招くとされています。が,天然塩はナトリウムの含まれる量が少ない。そして先程も挙げたミネラル分が多く含まれています。

 ここまでの知識はなかった私ですが,幸いなことに台所には岩塩が置いてあります。塩化ナトリウムの塩は,小さな瓶が1本だけです。安心しました。

 もう一つ,これは読んでいて嬉しくなりました。食後のコーヒーが,高血圧に効果があることを知りました。コーヒーに含まれるポリフェノールがいいそうです。

 ポリフェノールが,血管でLDLコレステロールの酸化を防ぐ効果があるそうです。毎食後のコーヒーが…。嬉しくなりますねえ。

 あれがいい,これがいいと新しいものに飛び付きたくなります。しかし,長続きをするかと言えば…。降血剤を飲まなくても,塩とコーヒーで勝負?

 まだ全部を読んではいません。興味関心の高い所を読んだだけです。また新たな発見・知識を得ることができると思います。機会があれば,また書きます。

 高血圧に悩んでおられる方は,多いと思います。”壮快”630円(税込み)で売っています。早速書店に行って買い求めてください。

◇アエロメヒコ
”アエロメヒコ航空アンコ・ヴァン・ダール・ヴェルフ氏は,旅行会社向けセミナーで今後のアジア市場戦略について説明。日本の自動車メーカーのメキシコ進出など,日本路線の好調について説明した上で,「今後はアジア市場を強化する」との考えを表明。メキシコシティ/成田,上海線の増便,2016年には新路線を開設(中部線や関空線など)する計画。成田/メキシコシティ線,2016年までに「デイリー化に向けた強化をはかる」。中部線,自動車メーカーが中京工業地帯に拠点を構えていることが背景。北京線就航の可能性も。
 今後はB787を現行の5機から20機にまで増やす計画。現在保有するB767は,12ヶ月後を目途に全て売却する予定。その後はB777とB787のみで中長距離便を運航。”

 自動車が転けたら,即撤退?参入も早いが,撤退はもっと早い。やはりB787って,長距離に強いですねえ。ボーイングは,いいものを作ったものです。

◇面白い
”三菱重工業・三菱航空機は2014年10月18日(土)に開催するMRJのロールアウト式典をインターネットでライブ中継すると発表。

http://www.ustream.tv/channel/mrj-roll-out-ceremony”

 キャンセルだ出ないように,予定通りデリバリーしますように。素晴らしい飛行機ができることを願っています。楽しみですね。

今日の1枚
Img024a


2014年10月16日 (木)

なくてはならぬ

◇電気
 スイッチを入れれば…。電気って,本当に便利なものです。広く電力ととらえれば,(別にハイブリッドでなくとも)現在の自動車は電気自動車です。

 そんな電気ですが,東60Hz・西50Hzと昔のままです。不都合極まりたい状態が続いています。これでは東西の移動時,家電製品に不便をきたすことがあります。

 さらに東西の電気の融通をとってみても,これまた不都合きわまりない状態が続いております。変換器を使わねば,送電できません。

 電気,一時は単価の関係で原子力発電に頼っていた日本です。が,福島の事故後は,稼働している原子力発電はありません。

 なくてはならない電気,火力発電に切り替えが進んでいます。それでも先の問題があり,簡単には東西の電気の融通は難しいようです。

 折しも円安状態が重なり,石炭・石油・天然ガスの価格は上昇しました。面白いことに電力会社毎に燃料を輸入しているそうです。

 これから寒さが厳しくなります。特に北海道における電力消費は,どんどん上昇していきます。北海道電力は,また家庭用電気料金を値上げすると言っています。

 石炭・石油・天然ガスの共同仕入れは,できないものでしょうか?これまた不思議なことだと思います。どうもここにはカラクリが? 

 同じ国内に住みながら,電気料金の格差が大きくなってきています。ならば電力の自由化は?先の問題があり,そう簡単にはいかないようです。

 もう一つ,政府が進めている小発電(ソーラー発電が有名),電力会社は新規購入の門を閉ざそうとしています。これまた不思議な話です。

 このチャンスを逃すまいとセールスに躍起になった(なっている)家庭用ソーラー発電,思わぬ所で転げてしまいそうです。

 大企業は大企業で,自家発電をする傾向になってきました。資本力がある大企業はできますが,中小企業にとって電力値上げは,円安と共にダブルショックです。

 安陪さん,かっこいいこと言っていますが,予想以上の円安とそれがもたらす効果を甘く予想している(いた)ようです。

 安陪さんの提灯持ち:日銀総裁,都合の良い報告だけを吸い上げているように見えます。まさに裸の王様なんではないでしょうか?

 電力の安定供給,いろいろな角度から練り直す時期だと思います。電気まで地方と格差がでるようならば,地方再生も絵に描いた餅ですね。

◇TG
”タイ国際航空は,2014年11月1日から予定していた福岡/バンコク線のB787-8の投入をさらに遅らせる見通し。11月11日から?。なお,運航開始のスケジュールは,引き続き変更も予想される。”

 羽田で中部で見られる(見られる予定)TG:B787ですが,羽田は早朝便・中部は夕刻便のようです。明るい時間帯ならば,また福岡詣で?

 最初は違和感をもったTGの塗装ですが,ジワジワとあの紫テールの力が増してきたように思います。伝統の良い所は残し,斬新さも発揮したものだと思います。

 外来機では,CXは感じが良い塗装だと思っています。SQはデカロゴが気にくわない!GAは失敗作!MHはまあまあかな?

今日の1枚
Dsc_3251


2014年10月15日 (水)

よく分かりません

イスラム国,情報化社会の一面を覗かせてくれます。世界中の人々に恐怖心を与え,自己主張を繰り返しています。”武”には”武”なんでしょうか?

 宗教は,命との関わりの深いものです。命を尊ぶと言うことは,どの宗教でも根幹をなすものと思います。イスラム教とても例外ではありません。

 私の知るイスラムの印象は,随分違います。スペイン統治の頃,イスラムの人々はキリスト教徒をあのように弾圧はしませんでした。

 また,西洋の歴史を見れば,同じ宗教間では…。”宗教裁判”を例にとっても分かると思います。カトリックとプロテスタントの争いもありました。

 私にはよく分かりませんが,スンニ派とシーア派が”覇”を競い合っているとも聞いています。同じイスラムでも憎しみあっています。不思議で仕方ありません。

 これを我が国で見るならば,確かに武力でキリスト教徒・一向宗徒を弾圧した過去があります。しかし,宗教同士の対立,ましてや同じ宗教同士はありません。

 また,現在日本には,約1.4%のキリスト教徒がおられるそうです。多数の仏教徒によるキリスト教徒への弾圧なんて聞いたことがありません。

 大晦日の初詣(神道)その後の正月(仏教),いやその前にはクリスマス(キリスト教),全部お祝いをします。ポリシーがないと言えば…。

 また,仏壇(仏教)の横に神棚(神道)を祭る家も多いことでしょう。日本人は,百万の神を大切にしてきた民族です。異教徒に対する寛容な心をもっています。

 こう言った日本民族です。イスラム教徒の現在の姿を理解することは難しいでしょう。自己主張だけでは,正義も正義でなくなります。

 マララ・ユサフザイさんがノーベル平和賞を受けた時,私は以上のことを考えてしまいました。彼女自身,同民族の者に撃たれています。考えられないこと。

 どの宗教であっても,”信ずる者は救われる”と同時に,”他への寛容な心”をもつことも大切なことだと思います。それだけに…。生意気なことを書きました。

◇SONY
Panasonicと並びSONYは,日本を代表する企業です。が,このところのSONYの凋落ぶりには,目を覆いたくなります。初の無配という異常事態です。
 
 私の人生で言うならば,FMラジオ・テープレコーダー・カセットレコーダー・テレビ・ウォークマン・CDプレイヤーなど,SONYを好んで買ってきました。
 
かくもSONYを愛用してきた訳は,他社とは一味も二味も違うものをもっていたからです。私と同じような世代のものが,SONYに憧れたのは,ここに尽きると思います。

 が,最近のSONYは,SONYらしい商品が全く出てきません。コンピューターも薄型テレビも失敗だらけです。ちっともSONYらしさがありません。

 もう一度原点に立ち返り,SONYらしい商品開発を行って欲しい。たくさんの技術屋をリストラしたそうですが,財産を捨てたようなものです。

 経営陣を入れ替え,リストラした技術屋を再雇用することです。バブル期のような拡張路線よりもSONYらしい商品開発に全力を集中して欲しいものです。

今日の1枚
Dsc_3678


2014年10月14日 (火)

情(こころ)

 予想通り台風19号が直撃,外れたのはスピード位?警報も早めに出し,避難勧告も同様です。台風による被害者を最小限にするためには,致し方あるまい。吹き返しの強い朝となりました。雨戸を開け,鉢を戻し…。

◇災害後に人間性が現れる
 高山の気象は変わりやすい。まして低気圧・台風ともなれば,遮るものはなし。平地とは比べものにならないような強風が吹くことでしょう。

 台風一過の青空を期待したいのですが,その分北からの冷たい風が吹いてきます。ひょっとしたら雪に変わる可能性もあるかもしれません。

 高山病の症状が出る人が,連日出ているとも聞きます。3067mと言う高地です。酸素は薄い,火山灰は泥状態で足下も不安定,連日の出動による疲労。

 広島の時もそうでした,いや災害が起こる度に”自衛隊”の活動を期待してしまいます。”困った時の自衛隊頼り”,恥ずかしいですが現実ですね。

 こういった時には,国会でも町中でも”自衛隊反対”の声はありません。自分勝手なものです。冷静に己の言動を再考して欲しい人がたくさんいます。

 話を元に戻そう。あれ程の悪条件の中,己の健康不安を口に出さず,ひたすら遭難者の捜索に当たる方々,本当に頭が下がります。

 そういった捜索活動をヘリから撮影,マスコミというのは全く第三者的な言動しかできないんですね。まあいつものことですが…。

 まだ7名の方々の捜索が続いています。捜索に携わる人達の疲労もありましょう。また,お天気も気になります。雪の降る前に全員の捜索が完了することを願っています。

 そして,今回の噴火により尊い命を亡くされた方々のご冥福をお祈りいたします。大切なご家族・知人・友人を亡くされた方々のご心中もお察し申し上げます。合掌

 一方過疎に悩む地元の方々,冬の産業であるスキー客相手のお仕事に携わっている訳です。スキー場もオープンが難しい。宿のキャンセルは続く,厳しい冬です。

 それでも亡くなられた方々や未捜索の続く中,自分達のことよりも遭難者のことを第一に考えられていることは,立派なことです。

 戦後最大の被害者を出した今回の噴火,担当大臣はいずこに?黙祷だけでは,家族や現地の人の気持ちに報いることにはなりません。動きなさい。

 災害発生から2週間以上経ちます。改めて日本人の”情(こころ)”を感じます。「お陰様で何とか助かりました」「ありがとうございます」など,自分のことよりも周りへの気遣いを感じる言葉を何度も聞きました。こう言った”情”をもう一度全日本人が取り戻し,日本人の”情”を育てていける世の中になればいいなあと思います。

今日の1枚
Dsc_2267


 

2014年10月13日 (月)

秋に因む

 今夜は,台風19号の直撃になりそうです。中心気圧はだいぶ上がってきましたが,風・雨ともに心配です。

 ところで,私の住む町には,○○○祭があります。市がこの祭のために使う予算は?協賛金を集めるのも苦労しているのでは?と余分なことを考えてしまいます。

 祭,縄文の時代か続くと言われる米作り,日本人は”実りの秋”として,神様に感謝する気持ちを込めてお礼をします。”秋祭りの原点”です。

 子どもの頃,家の周りには水田が広がっていました。秋になると,稲穂は重く垂れ下がり,刈り取り・脱穀・日干しと忙しい日々でした。

 ばあちゃんと腰をかがめながら,”落ち穂拾い”をしたものです。一粒のお米とて大切です。バケツの中には,かなりの量のお米が採れたものです。

 現在では米作りのかなりの部分が機械化され,農作業も随分楽になったと思います。それでも冬から秋まで良いお米を作ろうとすると,大変な作業です。

 こうした努力と神様のおかげをもってお米が収穫できた。これは,感謝せねば…かくして秋祭りは,一年で一番盛大な祭となった訳です。

 毎年この時期になると,子どもの頃を思い出します。貧しかったけど,祭の楽しさは忘れることはできません。おばあちゃんが作ってくれた”箱寿司”,美味しかった。

 天敵いなご,捕らえて蓋をして2・3日放置しておきます。竹串に刺し,炭火で焼きます。醤油を付けて…。これも美味しかった。

 もう少し経つと,再び田圃に行って”田螺”をとりに行きます。田螺とネギ味噌の組み合わせ,これも美味しかった。

 近所の悪ガキ,それでも先輩を尊敬していました。休みの日には,○○川を越え,”自然薯掘り”です。天然自然薯,1本掘り終えるのに半日かかります。

 苦労して掘った自然薯,折らないように掘るのは大変ですよ。石が邪魔すれば,自然薯は石を避けて成長します。根気の要ることです。

 天然自然薯,もう擦り鉢で擦る前から手がかゆくなります。おふくろさんの作っただし汁を入れても,もの凄い弾力をもって,擦るのが一苦労。これも美味しかった。

 今でもそうですが,やはり秋と言えば”秋刀魚”でしょう。本当に食べ飽きない魚です。安くて旨い秋刀魚です。七輪で焼くとジュワーと油が落ちていきます。

 今でも大好きな柿,どこの家にも柿の木がありました。美味しい柿の木のある家も知っています。悪ガキが,ちょっと失敬。これも美味しかった。

 品種改良された現在の柿とは違います。田舎柿です。ゴマと言って,細かな黒点があり,それが多いほど甘かった。私が今でも在所に柿とりに行くのは,この柿です。

 もう一つ悪ガキとやったこと。”ヘボとり”です。土蜂です。蛙のもも肉に綿を付けます。ヘボがそれを咥えて巣に戻る習性を使います。

 どこを飛ぶのか分かりません。どこの庭だろうと田畑であろうと,悪ガキは平気です。巣を見付けると,今度は煙作戦です。巣の入口から煙を注入し,土で蓋をします。

 しばらく経つと,ボスがスコップで周りを掘ります。巣を傷つけないようにボスは掘ります。巣を取り出し,バケツに入れて帰宅。

 ボスのお母さんが,巣から取り出したヘボを炒めたり,味ご飯に入れて悪ガキ集団に振る舞ってくれました。これも美味しかった。

時代が大きく変わりました。家の中で遊ぶなんて考えられない時代です。ランドセルを玄関に置いたら,すぐに悪ガキ集団で暗くなるまで遊びました。

 不思議なもので,他の季節ではこれ程の想い出はないのですが,秋だけはよく覚えています。私は秋が大好きです。

今日の1枚(今年2月の撮影)
Dsc_3623

2014年10月12日 (日)

成田VS羽田

◇これを評価せよと…
”成田国際空港会社,LCCターミナルの料金体系を発表。国際線客から受け取るサービス料,既存施設より約4割安く。国内線も15%程度安く,LCC客を優遇。LCCを取り込み,アジアなどの路線網拡充を急ぐ。国内線でもLCCの施設使用料を安くする。
 旅客のサービス料には,旅客サービス施設使用料と,旅客保安サービス料がある。LCCターミナル,国際線旅客のサービス料を計1500円程度(出発時)。関西国際空港と同じ水準。既存の旅客ターミナルでは,計2610円のまま。国内線は,770円程度の施設使用料を徴収。大手航空会社の旅客は900円程度,約15%の料金差。乗客の負担を抑え,利用客と路線の誘致につなげる。大手航空会社が羽田発着便を増,成田空港の国際線は欧州便を中心に週60便以上減。成田空港は北米とアジアを行き来する乗り継ぎ客の需要が多い。アジアを中心に国際線の拡充が欠かせない。バニラ・エアやジェットスター航空などが週90便程度を運航,国際線全体では10%に満たない。関空では週150便以上が運航,全体に占める割合は20%。成田空港会社は,手荷物取り扱い施設の使用料や空港事務所の賃料も半額以下とする。LCCを支援,各社が路線を増やしやすい条件を整える。
 成田空港の新LCCターミナル,延べ床面積は約6万㎡前後。年間旅客数の約20%にあたる750万人程度の受け入れ能力。BBを省き,運営コストを極力抑えた構造。”

 ダンピング,損して得する…これは商売人のやることです。安易な考えしかできない役人のやることではありません。情けなくなる方法です。

 遠いが安い,これはどんどん数が減っている若者ならば共感を得ることができるかも知れません。が,人口構造を考えれば,大切なことを忘れています。

 航空会社は,経費節減のみに頭を抱えているのではないと思います。魅力ある空港,まずはアクセスでしょう。空港へのアクセスこそ,集客につながるものです。

 高くとも羽田を使う,それは利便性が高いからです。それでも国内線から国際線へ(逆しかり)利便性が高いとは言えません。地下に連絡モノレールくらい作らねば。

◇次世代を育てて欲しい
国の代表と言えば,それだけのキャリアが必要でしょう。しかし,いつまでも”つなぎ”しか考えているようでは,能がない。根本的な建て直しを先繰りしては…。

 新潟で行われたサッカーを観戦,つまらなかった。いつもの戦い振り,レギラー出場した顔なじみ,(光圀公みたいですが)もういいでしょう。

 監督,日本にスピード感あふれるサッカーを植え付けてください。もう顔なじみは結構です。彼らを使っているならば,ブラジルWCの二の舞です。

 ビッグマネーを手にすると,態度も横柄になりますねえ,本田さん。あなたはまもなく過去形になります。稼げる内に稼いでください。

 もっと若手から,4年いや8年先に代表として使える人間に切り替えて欲しい。現在の代表の半分以上は,十分役目を果たしています。

 そうした将来性のある若者を発掘するのも,監督の役目だと思います。もうフィジカル面どころか,メンタル面においても身を引いて欲しいメンバー揃いです。

 これでは,いつまでたっても日本代表は変わりません。そうでなければ,ザッケローニで十分です。あえて監督を換えた意味を考えて欲しいものです。

 それからアナウンサー・ゲスト・解説者,現時点を過大評価し,先のことを考えた言葉を発しているのだろうか?まさに商業主義丸出しですね。見苦しい。

 新聞には,”サッカーの試合を,勝ち負けだけでくくる習慣から脱却しない限り,日本代表は底上げ,強化されていかないのかもしれない。””サッカーは相対的な競技であり,それぞれの代表戦は様々な性格を持つ。単なる勝ち負けではなく,それらを踏まえた上で吟味し,評価を下す必要がある。親善試合は各国ともチャレンジやテストを織り込む場だ。そこで勝敗だけを見つめ一喜一憂していると,今年のブラジルワールドカップのように掛け値なしのタイトルマッチで面食らうことになる。”と。同感です。

今日の1枚
Dsc_3623


2014年10月11日 (土)

またか

 予報を見ると,2週連続で台風がやってきそうです。前回18号は,幸いなことに風も雨も大人しくホッとしたものです。

 が,今度の19号は迷走をしています。予想より1日遅れ?それもまた上陸する可能性が高いと言います。気を抜けません。

 また面倒でも,外にある飛びやすいもの(鉢植え)を片付けなければなりません。明日日曜日にやることができました。通り過ぎれば,元に戻すことも。

 天地異変もここまで続くと,お祓いが必要ではないでしょうか?難しい話よりも,古代から続いている神頼みの方が,日本人にはお似合いです。

◇ご当地ナンバー
 高速道路を走っていると,様々なナンバープレートを見ます。遠く九州や北海道ナンバーを見ると,思わず「ご苦労様です」と言ってしまう単純な私です。

 ご当地ナンバーが出始めたら,”湘南”ナンバーが有名になりました。さもありなん。が,やっぱりうらやましいのは”富士山”ですね。これはいい!

 私の住む地域も来月中旬より,ご当地ナンバーが交付されるようになると聞いています。高速道路を使って長距離ドライブ,”○日○ナンバー”ってどこですか?聞かれます。

 これって(間違っているかもしれませんが),居住地を特定できるものでは?プライバシーの侵害では?旧ナンバープレートも不評だったのに…。

 行政マンにとっては,一つの実績かも知れませんが,いらぬお節介としか(私には)見えません。豊田ならいざ知らず,(失礼)岡崎・一宮など,いただけませんねえ。

 いっそ携帯電話の”番号”持ち運びのように,ナンバープレートも持ち運びにすればいいのにねえ。そうすれば,パンクすることもないだろうに…。

 レンタカーも”わ”から”れ”に移行していくようです。「一度使ったら,もう使えない」とは,陸も空も頭が堅いですねえ。

◇また学んだ
”気象庁は,雲の量が全体の9割以上の時を「曇」。雲の量が8割以下なら「晴」,中でも,雲が1割以下のときを「快晴」。
 「晴れ後雨」は,予報時間の中で晴れから雨に天気が変わる場合を表わす。「時々」と「一時」の違い,「時々」や「一時」の後の天気(この場合なら雨)が予想される時間の長さの違い。「晴れ時々雨」は,雨が降ったり止んだりして,合計して6時間以上12時間未満と予想されるときに使う。「晴れ一時雨」は,雨が降り続け,その時間が6時間未満のときに使われる。”

 ”雲量が全体の8割以下ならば,晴”とは…。スポッターとしては,この定義ならば曖昧さが残り,空港へ出かけるのも…。”8割”とは,知らなかった。

 「晴と言っていたのに…」とブツクサ言っていた私,知らないと言うことは恥ずかしいことですね。別な言い方をすれば「予報ってこの程度か」となります。

今日の1枚
Img753a


2014年10月10日 (金)

体調が…

風邪をひきました。いつもよりは少量ですが…。

◇拡げる
 "facebook"への興味が尽きません。特に海外のスポッターの新旧の写真は,大変に興味深いものがあります。スライド交換とは違った意味で,面白いです。

 今後は,”友達申請”は欧米を中心にしたものに切り替えます。「自分に注目して欲しい」と言った内容,こういったことを書く人を選別していきたいです。

 私には,誰と一緒も,何を食べましたも,全く興味がありません。こうした手段を使わねばならない事自体,大変に不思議な人だと思います。

 さらに言うならば,(失礼ですが)小さな画面を見て「いいね」を押されても…。載せるのは作品ですから,やはりきちんとした画面で見ていただきたいものです。

 あくまでも飛行機の写真に絞り,友達の輪を拡げていきたいと願っています。もちろん多生のリスクは覚悟しています。

 私の短いスポッター人生(?)の中,スライドをスキャンし,作品を見てもらいたいと思います。煩わしいですが,仕方がないです。

”Facebookの利用者を狙ったフィッシングサイトが確認。10月7日の時点で稼働が確認。偽サイトは,Facebookのログインページを模したもので,メールアドレスや電話番号,パスワードなどを詐取されるおそれがある。フィッシングサイトへ誤ってアカウント情報などを入力しないようインターネット利用者へ注意を呼びかけている。”

◇深める
 五木寛之著:日本人のこころ(全5巻)が面白い。同時に百寺巡礼も面白い。現代作家の中では,日本人と真正面に向き合った著作をできる第一人者では?

 思わずドキッとする文章に出会います。学問も感性も乏しい凡人には,五木さんの文章は,心に響いてきます。作家って凄い職業なんですね。

 五木さんは,信念の塊のような人だと思います。くどい!と思える所も当然あります。それでも先を読みたくなる文章だと思います。

 読書をして何か残るものがあれば…。脳が飽和状態になる時が度々あります。それでも活字を追っていると,何か思考力が付き,深まっていくような錯覚が…。

 2週連続の台風到来のようです。ここはじっくりと五木さんの作品に没頭しようと思っています。良い時間が過ごせそうです。 

今日の1枚
Img760a


2014年10月 9日 (木)

地道な努力

◇昨夜は,皆既月食がありました。事前の練習の成果を発揮しようと意気込んだのですが…。また,あれ程,神様・仏様・中野様に願をかけていたのに…。

 神様にも仏様にも中野様にも見放された”哀れなウサギ”でした。雲の間,雲を通して…。それに腕が伴わないから,ピンぼけだらけ。

 生き残ったものは,http://www.chibiao.com/type_mkt/mkt1/airplane8582/tmain.cgi?id=resform&no=536&connection=71LY1HFC6ewYEC

◇朗報だよね
 幾度も自然災害を経験した今年,世の中暗いニュースがいっぱいです。そんな中,久々に明るいニュースが,”ノーベル物理学賞日本人3人決定”です。

 内容がまた素晴らしい。LEDの基礎研究そして実用化です。まだまだ高価なものですが,様々な分野で商品化され,単価も随分と下がってきました。

 ひとえに地道な研究と言いますが,1回の成功のためにどれだけの失敗を繰り返してきたことか…。先人の研究+独創的な研究の賜ですね。

 他方,記憶媒体として高容量のものが次々と開発・商品化されています。その容量は,考えられないものまで作られています。その流れに待ったをかけたのが,

 ”DVDやHDDに押されて,時代の波に取り残されていた磁気テープを復権。2011年に世に送り出したテープは1巻の容量が5テラバイト。CDなら約6400枚分。HDDより安く長くデータを保存,IT企業がデータセンターに磁気テープを採用。開発を始めたのは1992年冬,テープで記録に使う磁石の素材を変え,酸化鉄に微量のバリウムを加え,焼き固めたバリウムフェライトに目をつけた。自動改札用の切符の裏などに使われる茶色の化合物,ノイズが少なく,劣化しにくい。だが,何度実験しても結果が出ない。94年からは別の製品開発に加わりながら開発。開発を始めて8年たった00年末。研究を打ち切る期限まであと1週間。「これで最後になるかも」と思い,FD用のシートにバリウムフェライトを塗り,高性能の磁気ヘッドで読みとった。ライバルのHDDと同じ程度の記録性能が出た。
 開発にこぎつけた新しい磁気テープ,米国の取引先に何度も足を運んで商品化を持ちかけた。しかし,なかなか理解は得られなかった。IBMやオラクルが理解を示してくれた時,3年以上が過ぎていた。11年に製品化にこぎつけるまで,試作に費やしたテープは地球13周分。今年に入り,1巻の記録容量を154テラバイトまで引き上げる技術を確立。”
 

FDからブルーレイまで,その進歩は著しいものがあいます。私は,DVDで止まっています。HDDもそろそろ1号機の買い換えの時期です。今度は2テラ?

 コンピューター同様,HDDも消耗品?過去の痛い経験を元に,4・5年を目途に更新を検討しています。壊れてからでは,時すでに遅し。

 この記事,
国内の大手企業で,再び磁気テープに取り組む,さぞや風当たりは強かったことと推察されます。もの凄い研究時間及び研究費です。

 ノーベル賞もそうですが,こうした地道な努力には感服します。海外からとやかく言われる日本人ですが,このような立派な方もおられます。

◇目から鱗が…
http://www.youtube.com/watch?v=VJf8XAhC550
32*12が,いとも簡単に計算できます。これを子どもに教えれば…。最もこの原理は理解できませんが,よく考えたものです。”座布団10枚!”

◇涙が…
”コーヒー豆の国際価格が一段と上昇。レギュラーコーヒーに使うアラビカ種の指標となるニューヨーク先物価格,1ポンド220セント前後。2012年2月以来の高値水準。主産国のブラジルで乾燥した天候,15年度(15年7月~16年6月)の生産量に影響が出る。” 

私のささやかな楽しみを奪うな!でも,ブラジルまで異常気象とは…。我慢ですよね。

今日の1枚
Dsc_7776


2014年10月 8日 (水)

また

 図書館へ行くインターバルが短くなりました。昨日はお天気も良く,乾燥した快晴の一日でした。リュックに借りた本を入れて,また徒歩での図書館通いです。

 読書傾向を変えようと,五木寛之・斎藤孝のものを借りてきました。17日~月末は整理期間で,図書館はお休みです。

 せっかくなので雑誌コーナーをのぞきました。久し振りに”月刊エアライン”を見ましたが,相変わらずの内容で…。これ程ワンパターンな雑誌もない位に…。

 こんな内容のない雑誌をよくとり続けていたものと,我ながら呆れかえる次第です。同じ事を,毎年繰り返しているだけですね。

 それにプロと思えないような方の写真,やはり青木さんの写真と較べると…。技術優先,中身のない写真ですね。この程度でプロですか?プロも落ちたものです。

 ついでながら,中身?そう被写体への心がないんです。素人受けするただ綺麗な写真,こんなものならば,暇なアマチュアならば撮せますよ。

 すぐに飽きてしまい,今度はオーディオコーナーに移動しました。2冊ばかり手に取りましたが,これまたワンパターンな内容でした。よって帰宅!

 面白い習性がありまして,往路と復路では,必ず通る道を変えています。一部重複する所も出てきますが,できうる限り変えています。

 気になる光景に出くわすと,立ち止まることができます。他人の家であった場合は,余り時間を費やすことはできません。神社に立ち寄り,小休憩。

 グリーンベルトでは,多くの年金軍団がウォーキングです。ジムと違って体重移動を伴う歩行です。これならば身体に良いこと間違いなし。

 休みの日には,できうる限り自動車の運転を控えるようになりました。先日もJRの駅まで往復歩きました。さすが復路は緩やかな坂,きつかった。

 私も膝が良ければ,以前のように毎日1万歩目標に歩くのですが…。かくして昨日の歩数は,約8000歩でした。やはり少ない。

◇期待大
”気象衛星ひまわり8号を載せたH2Aロケット25号機が,種子島宇宙センターから打ち上げられた。衛星は,高度約263kmで切り離され,打ち上げは成功。H2Aの打ち上げは,2005年から19回連続の成功。来夏に観測を始める予定。静止気象衛星として初めてカラー画像で撮影。鮮明な観測データを頻繁に集めることが可能,防災に役立つ。”

 自然災害の多い年です。今後多くの観測データが,災害を最小限に食い止められることを期待したいものです。

 また,19回連続打ち上げ成功,日本の宇宙産業も長足の進歩を遂げています。関係者のご努力に敬意を表したいと思います。

 また野次馬根性丸出しですが,約30秒で高度250km以上,ロケットとはかくも高速なものなのかと感心いたしました。

 宇宙に飛び立つ飛行士は,そのGに打ち勝つ強い身体が必要ですね。恐ろしい乗り物?を生み出したものです。リニアは,子どもの駆けっこ?

 神様・仏様・中野様,どうか今夜お月様が見えますように…。

◇ボーイングの実績
民間航空機部門 *カッコ内はオペレーティング・リース
機種    第3四半期  2014年累計
737NG     120   359
747       6(2)   12(2)
767       2   3
777       27   75
787   31   79
合計   186   528

 B747,B767も終わりに近付いてきました。まあB747は,B747-8で少しは…。

今日の1枚
Img739


2014年10月 7日 (火)

好きだなあ

 心配していた台風18号,大きな被害もなくホッとしています。が,もう台風19号が沖縄を目指しています。2014年,日本は厄払いをせねば…。

 それでも久し振りの台風一過の秋晴れ,天気の回復の早いことに驚きました。鷹の爪やレモングラスの葉の乾燥には,ありがたい一日でした。

 随分前に書きましたが,カモマイルは冷凍庫に保管してあります。カモマイル+レモングラス,単純なものですが,一番好きな組み合わせです。

 冷たい烏龍茶から,温かいハーブティーに換わります。これも季節の移り変わりの一つです。昨年は事情がありできなかったのですが,今年は飲めます。

 余談ですが,これティーパックで市販されていますね。私の成田遠征の常宿:菊水ホテルの朝食時,紅茶とともにいろいろなハーブティーがあり,そこにありました。

◇HONDA
"HONDA"と言ってもサッカー選手ではありません。自動車・二輪車などのメーカーです。”など”…この中にビジネスジェットが含まれています。

 これがまた"HONDA"らしい。主翼の上にエンジンを載せる!このようなデザインの飛行機は,他にない。まさに一目瞭然と判別できる。
Imagesnbomw8vo

 1機約5億円,すでに100機ほどの受注があると言います。MRJのように高価なものではありませんが,自社エンジンを搭載,燃費に勝れた魅力たっぷりな飛行機です。

 さて本業では,再び(三度)HONDAは,F1に戻ってきます。来年度世界のガリバー:メルセデス・ルノー・フェラーリなどと,V6ターボで勝負です。

 私がF1に好きになった頃,HONDAエンジンの音にしびれたものです。まだ,人の技術で車を動かしていた時代です。マニュアル・ミッションの時代です。

 時代は変わりましたが,マクラーレンと再び組み,どんな車が仕上がるのか,とっても楽しみです。気になるドライバーは,フェルナンド・アロンソ?と?

 F1の世界は,国境なき世界です。テレビ画面に出てくる人…その人種の多様さ…まさに一芸に秀でた人間の集団です。HONDAエンジンは,日本の代名詞です。

 世界の自動車メーカーの中でもHONDAは,特異な存在だと思います。TOYOTAにはない面白い車を作り,利益をエンジン開発に惜しげもなくつぎ込む会社です。

 欧米では,モータースポーツでの活躍が,自動車販売に強く影響されます。ル・マンやラリーの一部に参加するだけではねえ。若者に見向きもされなくなるTOYOTA?

 やはり自動車競技の最高峰での戦いに挑まねば,会社のイメージは確立すまい。いい例が某国の会社です。値段の割に装備が良いだけでは,イメージ高揚につながりません。

 HONDA/SUBARU/MAZDA,世界から見れば小さな会社ですが,魅力ある会社です。他社にまねできないものをもっています。ポリシーがあります。

今日の1枚
Moon1明日の練習…難しい


2014年10月 6日 (月)

知を求め

◇今更ながら
 ネットサーフィンも好きですが,自分の目・頭を使うには,やはり紙媒体がぴったりです。字間を埋めるものにも思いを寄せながら,活字を追っています。

 ”60年間何をしてきたの?”と言われる位,無知の塊の私です。新しい言葉,素晴らしい言葉に素直に感動しています。そっとメモ書きをしています。

 「もっと早く知っておけば」と後悔はしているものの,今更時計の針が逆戻りする訳でなし,厚顔で過ごすしかないです。

 ”草木国土悉皆成仏(心のあるもののみならず,心のないものまであらゆるものが成仏するということ。)”,生かじりながら,また素晴らしい言葉を知りました。 

 仏教伝来に関しては,未だに諸説があり,一応6世紀初めとすれば,問題はないでしょう。その後20世紀前半まで,仏教は日本人の心の拠り所でした。

 他の国と違って,日本には”宗教戦争”のたぐいのことは,一度も起こっていません。仏教の教えは,概して穏健なものです。

 読んだ本によれば,”草木国土悉皆成仏”は主として天台の教えであるそうです。素人の考えですが,これは日本の古来からの言い伝えと合流したものでは?

 物言わぬ草花や(人間には理解できないだけかも)動物ですら,成仏できる教えです。逆に言うならば,人間本位の言動に対する戒めではないかとも考えます。

 今回は,大変に難しい言葉を見付けたのですが,本を読むことによって新たな発見をしていけたらなあと思います。

◇まず土から
 昨日Facebookに,知人のお子様の小学校の運動会が載っていました。所変われば何とやら,写真を凝視してしまいました。

 東海道新幹線で多摩川を越してから,スピードはガクンと落ちます。沿線沿いの風景をじっくりと眺めることができます。

 (古い話ですが)そんな中,学校を見付けました。小さな学校,狭い運動場です。運動場は,砂埃防止のためか,土ではありません。ラインも描いてあります。

 もちろん東京の市街地で,未舗装な道路はないでしょう。そして高層住宅も(地価が高いために)たくさん目に入ってきます。

 となると,ここに生まれた子ども達は,いつ土に接するのか?草むらを走れるのか?そういった自然の”自”をどこで体験するのだろう?

 土の上で行う運動会を当たり前に思っていた田舎者の私です。土の匂いや土の感触など,当たり前のこととして育ってきました。

 何か町の学校の運動会は,田舎者にはなじめないものがあります。これで”自然との共生”を学ぶことができるのだろうか。  

◇いやはや
”スクート(TZ)とノックスクート(XW)は,XWが来年の第1四半期を目途に,成田/バンコク線を開設する計画。使用機材はB777-200。タイにおける日本への関心の高さ,訪日ビザ要件の緩和による訪日タイ人の増加などが決め手。
 XWは中長距離国際線LCC。タイ:ノックエア(DD)とTZが49%ずつ出資,ピートエアとして運航していた航空会社の株を取得後,社名変更。TZがもつ中長距離線運航のノウハウを活用,ドンムアン空港を拠点にTZ,DDと連携してネットワークを拡大。
 東京/バンコク間,タイ・エアアジアX(XJ)も運航する激戦区。TZの定時運航率の高さや安全性,サービス面の取組など,「同じDNAをもつ」XWでも同様に訴求。
 XWの保有機材B777,2015年中には3機に増。今後は関空への就航を検討,日本以外では中国や韓国などの東アジアへの路線展開?”

今日の1枚
Ca2210aa


2014年10月 5日 (日)

恐ろしや

◇無常なること
 また台風の接近,今度の台風も非常に強い勢力をもっていると言います。早場米ならばいざしらず,普通のお米の収穫はこれからです。

 広島の土砂災害の復旧が本格的に始まったと思ったら,木曽御嶽山の爆発です。恐らく50数名の尊い命が奪われたことに…。ついに犠牲者は,50人を越えました。

 今年,こういった自然災害が原因で,どれだけ多くの人命が奪われたことでしょう。(いつもながら)鴨長明:方丈記を思い出してしまいます。

 新聞に載っている(被害者の)生前のお姿,見知らぬ人ですが,長い短いはあるものの思いがけない災難で途絶えた人生,儚いものです。

 長明が生きた12/13世紀と変わらない自然の力です。この世は無常なり。小林秀雄もいろいろな角度から,20世紀に生きた者の無常を指摘しています。

◇やっと
 18年間愛用してきたタグ・ホイヤー,二度目の大修理から返ってきました。たかが腕時計,されど腕時計なり。ものを大切に。

 格好をつけてロレックスを購入しようとしたのですが,店内を回っていると目に付いたものがタグ・ホイヤーです。偶然です。

 何百と並べられている腕時計,でも買えるのはたった一つ。何か目に見えぬ糸で結ばれているかのような出会いでした。

 最も大好きな故アイルトン・セナがイメージキャラクターであり,多少なりとも興味があったことは事実です。それでも第一候補を押しのけて…。

 現在を半分とすれば,あと18年タグ・ホイヤーを使いたいと願っています。その時,私の年齢は?レガシーになるか,木箱とともに…。

◇笑える記事
”大阪市教委は,「おいしくない」と不評の中学校給食について新メニューを発表。夏休み中に生徒らを招いて試食会を開き,人気が高かったメニューを中心に選定。一方で,煮物など野菜中心の料理は人気が低く,“落選”。市教委は順次,新メニューを提供し,汚名返上を目指す。
 給食は業者が弁当を届けるデリバリー方式で本格導入,冷蔵保存された弁当,「おいしくない」と不満が噴出。市教委は味を改善するため,「食べたい」「食べたくない」などを記入してもらうアンケートを実施。新メニューは,人気が高かった肉料理4品と,市教委の判断で選んだ魚料理1品。市教委はアンケート結果を参考に,独立行政法人から提供されたレシピの中で新メニューを選んでいく。”
 

まさに飽食の時代の申し子達,幼い頃から栄養価よりも好き嫌いで食事を摂ってきた結果ですな。これがデリバリー形式とは言え,学校給食とは…。

 義務教育の時代こそ,好き嫌いなくいろいろな食品を口にし,血となり肉となるものをまんべんなく摂取すべきです。

 まあ食卓にのる野菜中心の総菜,自分で作る(作ることができる)親がどれだけいるんでしょうねえ。冷凍庫の大型化も肯けます。

 年寄りから見れば,こういった親の食に関する知識の著しい欠如こそ問うべきであろう。身長だけ高く骨の細い軟弱な身体は,こうした食生活から生まれます。

 こんな給食ならば,元に戻って弁当の方がはるかにましです。教育委員会のやり方を見ても,ここまで落ちたのかと言いたい。

今日の1枚
Img736_2


2014年10月 4日 (土)

これはやばい

◇天高く馬肥ゆる秋
 知らぬ間に食べ過ぎているのかしら?何故かウェスト周りだけが…。体重計に乗っても,そんなに体重の変化はないのに…。フ!シ!ギ!

 筋肉モリモリなんて無理ですが,少なくともウェスト周りの○○位は,何とかしなければ…。その為には?以下を実践あるのみ。

○ ランニングかウォーキング
  食べてストレスを忘れるより,食べたエネルギーを消費すべく,外で動く
○ 明日のことを考える
  大切なのは,そのときの食を楽しむ。「明日は多めに体を動かそう」など,リカバリ に心がける
○ 友人と会話
  話を楽しみ,食べるばっかりのストレス解消法から離れる。一緒に運動をする,どこ かに行くなど
○ 7時間から8時間の睡眠
  睡眠不足の状態,空腹になるホルモンが多く分泌される。睡眠時間を確保した方が痩 せホルモンが働いて,太りにくい体になる。朝食は糖質とタンパク質中心
○ 深呼吸
  深呼吸をし,気分をリセットする。何か食べたくなったら,まずは何回か,大きく深 呼吸する

 我慢していた食欲は,いずれ爆発?自分の適量がだ次第に分からなくなり,過食に?体が食べ物を欲していることは,その栄養素が足りていないということ。

 食は生きるため。食に対してストレスを溜めない。こんな食に対する姿勢を貫ければ,ウェスト周りの○○も…。

◇エアバスは,損して得する?
”スカイマークとエアバス,A380の購入契約解除に伴う違約金の扱い,エアバスが被る損失をスカイマークが払った前払い金265億円内で相殺で合意。
 エアバスは最大700億円規模の違約金を求める方針を示していたが,スカイマークの損失は前払い金の範囲内にとどまり,負債が資産の総額を上回る債務超過は避けられる見通し。エアバスは,スカイマークのA380を別の航空会社に転売する方針,エアバス機の導入を拡大する計画をもつスカイマークに配慮。月内の最終合意を目指す。”

 ひょっとしたら,現在のB737-800をA320neoに置き換える条件をスカイマークは出したのでは?こう勘ぐられても…。

 もう一つ,ボーイングよりも柔軟な姿勢で商取引をしていることをアピールし,日本の空にエアバス機をさらに飛ばしてくれることを願って…。

 どちらのしても真相は闇の中,これで日本政府もエアバスに借りを作ったことは確実でしょうね。とんだスカイマーク騒動です。

◇TGも
”タイ国際航空は,12月1日から中部国際空港とバンコクを結ぶ直行便に,B787を投入。日本航空が来年1月から同路線で同機の使用,12月時点では中部の国際線で初の導入。
 タイ航空は現在,中部-バンコク線を週10便運行するが,10月26日から週12便に増,来年1月から1日2往復の週14便。B787は夕方に中部を出発する便に投入。”

今日の1枚
P1000020


2014年10月 3日 (金)

契約社会

◇交渉開始
 ”償う”と言うことは,己の非を認め,相手の損失を補うことです。世の中,契約の時代,契約に反すると言うことは,相手に損失を与えると言うことです。

 問題は,損失をいかに計算するかと言うことです。”事実を認識・予見”なのか”回避の怠慢”なのかで,随分計算が違ってきます。

自動車とは比べものにならない数の部品,その裾野は広い。逆に自動車と違って,数は
格段に少ないのが,飛行機です。

 組立会社は,ラインの予定を立て,部品の発注を出します。キャンセルが出れば,広い裾野をもっているだけに,影響は大きいと思います。

 となると,(野次馬根性はさておき)飛行機の契約は,航空会社にとって社運をかける位の決断が必要と言うことです。

 それでも契約後のキャンセルは,出てきます。が,完成機がテスト段階まできてのキャンセルの償いは,受取額と同額になっても仕方がないと思います。

 今回,エアバスは2機のA380をほぼ完成させています。なれば,航空会社の製造会社に対する損失額は,自ずと決まってくると思います。

 それを高いと思うのは,契約に対する甘さであり,無知のなせる技です。法の下での平等を考えるならば,損失をしっかりと償うべきです。

 今の時代,A380の超大型機を運用できる航空会社は,極めて限られています。日米にA380を持っている航空会社はありません。身の程知らず?!

 振り返れば,Facebookにこのニュースが流れた時,「危ない」と予測した人がいました。名前は忘れましたが,凄い先見の明がある人ですね。

 9月末からスカイマークとエアバスの違約金減額交渉が始まったそうです。スカイマークは,契約に則り,法を順守すべきです。

 それが支払うことが不可能ならば,残念ながら倒産を覚悟すべきでしょう。契約の重みを自覚すべきです。それが国際的信用につながります。

 スカイマークが,我が国の空の世界に投じた一石は,誰しも認めるものです。HISとの関係も薄くなり,徐々に独自性が出てきました。

 が,現在の経営陣では,遅かれ速かれ壁にぶち当たると思います。経営陣刷新とともに今一度身の程を感ずる経営に戻してもらいたいものです。

 個人的には,A330もそぐわないと思います。ガリバーを甘く見てはいけません。特に赤組は,地道に力を回復してきています。

 世界のLCCが発展してきた理由(機種の限定・短いターンアラウンド・必要最小限のサービスなど)を考えるならば,それらを参考にした経営が必要でしょう。

 B737に限定,いかに座席を埋めるかが,スカイマークの目指す道ではなかったのか?B767の返却時の判断は,間違っていなかったと思います。それがまた…。

 ”欲”は成長・発展には,必要なことを認めます。が,おかしな方向に向かっているならば,その”欲”を封じ込める判断が必要でしょう。

**温情?**
”A380の購入契約をめぐり、スカイマークが製造元のエアバスから違約金を求められていた問題で、両社が違約金を200億円規模にすることで大筋で合意。10月中の最終合意をめざす。「スカイマークの経営に影響を与えない金額にする」として、前払い金約230億円の範囲に収める考えを示した。造りかけの2機はエアバスが他の航空会社に売る見通しがたち、態度を軟化。”

今日の1枚
Dsc_3828


2014年10月 2日 (木)

較差

 どういう訳か,晴天が続いています。が,西も東も雲が多い予報,これでは動けません。今週末は,上州詣の準備に取りかかる予定です。

 例えば,前橋までの時間と交通費を考えると,少しでも成果のあるコースを考えなければなりません。その為には,手持ちの資料をよくよく研究せねばなりません。

 今回の撮影は,やはり疲労を考えると2泊3日を考えております。勿論ケチケチ作戦,帰りは0時1分インター退出作戦です。これで3割引です。

 庶民のささやかな抵抗?以前と比べれば,ETCの恩恵が格段に下がりました。それでもETCマイレージをコツコツと貯めています。

 それに上州と言えば,やはり温泉があります。沢渡温泉のような鄙びた安宿で結構,贅沢な源泉掛け流しを楽しむことができるならば。

 それに山間部に行けば,ひょっとしたら秋の味覚=松茸にありつけるかもしれません。大好きなリンゴにもありつけます。ワクワク。

 こんな庶民のささやかな楽しみと違って,豊田の大富豪は,豪華な寝台列車でまたまた札幌へ行かれました。どれだけお金が埋まっているのでしょう。無尽蔵?

 今年になって何度北海道へ行かれたことか?豪華な寝台列車は,総なめです。勿論キャンピングカーや飛行機でも…。北海道?もう10数年は行っていません。

 こういった前世の行いの良いことが,今のリッチな生活に結び付いていると確信しています。ガレージには車が何台も…。私,だいぶ僻みぽくなりました。

 こう書いていくと,もっと僻みたくなることがあります。毎年恒例の世界の大富豪番付です。ビル・ゲイツは約9兆円の資産です。たった一人ですよ!

 これだけの資産があれば,小さな国の国家予算に匹敵すると思います。貧富の格差は,ここまで大きくなってます。ビル・ゲイツの資産…私も協力しました。

 そのうちに豊田の御大もトップ100に入ることでしょう。日頃のプアーな発言と実際の行動の落差は,相当なものがあります。うらやましい!

◇A350XWBの飛行
 すでに"Face Book"には,投稿されていますが,改めて見ると美しい飛行機です。 
 http://www.youtube.com/watch?v=V2tsjeV7uNQ

 中程と最後のブレイクの場面,いいですねえ。"air to air"の魅力がたっぷり味わえます。本郷の歯医者さんも,今度は動画に取り組んでいただきたいものです。

 先日真正面から見たB787とA350が似ていると書きましたが,訂正します。A350は,まさにパンダです。窓枠の曲線が豊かです。

 赤組が契約していることもあってか,早くデリバリーして欲しいものです。ただAFのB773のように面白みには欠ける塗装かもね。

今日の1枚
Dsc_0781


2014年10月 1日 (水)

気合いを入れ直し

◇10月1日
 フルタイムで働いていた頃,「今日から年度の後半戦,やっと折り返し地点だ」と自分に言い聞かせていたものです。

 年度当初は,誰でも「今年度こそ○○をやろう」と決意するのですが,いつの間に…。そういった時に気を引き締めるのにちょうど良いのが,今日です。

 一年間という長丁場,いつもいつも緊張感をもって過ごすことは,凡人にはできません。それだからこそたまには刺激が必要です。

 (最長)5年間の再雇用(再任用)の半分まできました。出会いも別れも慣れてきました。接した若者が,一人前に育って言ってくれることを願っています。

 そして今日は,再び歯の治療日です。欠けた歯の治療です。それが終わると,また痛んでいる(全部か?)歯の治医療が続きます。

 若い頃は,「8020運動」を笑っていましたが,40を過ぎ50を過ぎ60を過ぎると,私には到底不可能なものだと分かってきました。

 凡人は,痛くなければ歯医者に行きません。凡人は,一日に一度で良いから丁寧に丁寧に歯磨きをしません。塵も積もれば山となる。次第に…。

 歯医者さん曰く,「糖尿病に罹っている人は,治療が大変」だそうです。なりたくてなる病気なんかありません。若い頃からの不摂生が,次第に現れてきます。

 若い頃から,最低年1回は歯医者に通い,歯の状態を見てもらうといいでしょう。適切なアドバイスがいただけると思います。

 歯の治療一つとってみても,日頃は「分かっちゃいるけど…」と思うのが,凡人です。今年歯医者に行っていない人,早速予約をしましょう。

◇邪道かなあ
 Face bookのとあるグループ,欧米を中心に型式写真が,大集合。世の中,偉大なるスポッターがたくさんいるものです。

 古いもの(ポジからスキャン)からディジタルまで,それはそれは(私にとっては)宝の山です。コレクターとして(他には使いません)写真を集めています。

 コピーしたものを機種別に分類しながら,HDに整理しています。なかには,あまりに古く,そして知識がないものですから,判別できないものもあります。

 そういった写真に共通することは,飛行機に個性があるということです。現在の双発機には,そういった個性がほとんど見受けられません。

 燃費・推力などを生み出すために,エンジンの口径はどんどん太くなっています。醜い位になったものも…。細く非力なエンジンでも,独特な美しさがあります。

 先日美しいコメットの写真を見付けました。主翼に埋まった4発のエンジン,何と美しいフォルムでしょう。今では考えられないものです。お宝です。

今日の1枚
Dsc_7866


« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »