2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日のお天気は?

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

夢をもって

◇さらに進化する
 豊田の御大の存在は,実に大きい。御大の友人が,軽キャンピングカーを買った記事が載っていました。興味が湧き,すかさずネット・サーフィン開始なり。

 高い!普通車と違って,キャンピング・カーはオプションがいっぱいです。あれもこれも付けたくなります。そうなるとお値段の方も…。手が出ません。足も出ません。

 だいたい日常生活にキャンピング・カーは不便(不要)です。御大のようにセカンドカー・サードカーのある方ならば,いいのですが。

 「何とお金持ちなんでしょう」…なんか"before after"のような言葉が出てきてしまいます。余程,前世からの行いがいい人なんでしょう。

 と言う訳で,私のキャンピング・カーの夢は,数時間で消えていきました。まあ寝袋でも買って,凸凹状態で車中仮眠するしか手はありませんね。

 また,昨日の記事には,JR東海”リニア試乗”申し込みがありました。これならば私でもと思い,早速申し込みをしました。火曜日に催行される!

 まるで宝くじのようなものです。もの凄い倍率になるのでしょう。今回は平日のみの開催ですから,子どもは少ないだろうと思っています。

 因みに,来年の春休みにも”リニア試乗”があるようです。一区間4千円以上します。たった30分?ですから,まさにぼったくり?状態。

 先日マスコミ向けのリニア試乗会が行われ,人気を煽る所がJR東海の商売のうまいこと!まあ,せいぜい長生きして名古屋~品川を乗ってみよう。

 そう言えば,JRの○○カードをもっている人は,10月1日まで激安運賃で乗車できるんだった。開業50周年記念の一環と聞きました。

 この”50”と言う数字,まさに私の人生の大部分を占めています。中学1年の時,”夢の超特急”が発車しました。まさに突貫工事だったと後に知りました。

 雪害のことは,先日書きました。高校生の頃,”騒音訴訟”で揺れた新幹線です。友人の自宅が,新幹線の高架付近でした。遊びに行ってビックリです。

 もの凄い音と振動です。これでは新幹線を恨みたくなるものだと痛感しました。様々な騒音対策がなされるようになりましたが,根本的な解決はできていないですね。

 これに懲りてか,リニアはほとんどが地中を走ります。まさにチューブの中を時速500kmで走るようです。品川まで約50分,寝ておれません。

 新幹線の進化,鉄道のことはよく分からないのですが,確実に振動が少なくなってきていることが分かります。しかし,食堂車がなくなったのは…。

 日本中に新幹線が計画されています。まあ,JR東海以外は,経営が苦しいでしょうね。多額の建設費が,運賃に跳ね返ってきます。が,便利になります。

 これから新幹線が,どのように進化をしていくのか,とっても楽しみです。先日も書きましたが,定時運行と人身事故ゼロは,新幹線の誇りですね。

◇強いドル
 国際的に見れば,1ドル=110円から115円となる?原材料・食糧を海外に頼っている我が国,これは生活に響きますね。

 なかでも一番は,原油高?これは様々な分野にまで影響を及ぼします。ビニルハウスの暖房費・漁船の燃料費から,運輸業の燃料費などなど,厳しいですね。

 それに”出るものに較べ,入ってくるものは少ない=家計?”というように,バブルの頃の円安と背景が異なります。

 65歳以上の人口が,4人に1人の時代です。この傾向がますます強くなるだけに,一体いくつまで働かねばならぬのか。若者は,もっと大変です。

 それに消費税増税ですから,ますます日本の富の格差が広がっていきます。そして地方の疲労は,もっともっとたまってきます。

◇余談
 このブログ,あと20回書くと”2000件”になります。このまま行けば,来月下旬に達成すると思います。お祝いは,食べるものを宅配にてお願いいたします?

今日の1枚
Image2003


2014年9月29日 (月)

やはり

危惧していたことが現実になりました。木曽御嶽山の爆発による死者が出ました。昨日午後からは,火山性有毒ガス発生のために,捜索は打ち切られました。

 2次災害を考えれば仕方のないことですが,連絡の取れないご家族の方々にとっては…。幸い好天が続いています。自衛隊も出動したそうです。

 猛暑だ!集中豪雨だ!山崩れだ!地震だ!そして火山爆発だ!2014年はまだ終わっていませんが,何という不運続きなんでしょう。外憂そして内憂。

◇安らぎ
 随分過ごしやすい季節となりました。久し振りに図書館まで歩いて行ってきました。約7400歩です。散歩を一種懸命やっていた頃と較べると…。

 過ごしやすいと言っても日中の日差しは強く,汗がしっかり出ました。それでも徒歩はいいです。目線が良いし,気になると止まれます。振り返れます。

 一番の収穫は,キンモクセイの良い香りを楽しめたことです。野外では,強烈なキンモクセイの匂いも和らぎます。秋の入り口ってところでしょうか。

 立派な建物は,人を威圧します。が,玄関前の草花は,住む人の優しさを感じます。例え小さくとも,こういった前を通る人に安らぎを提供してくれます。

◇情けない
 「日本代表選手,カメラを盗む!」,国費を使った者がすることか!恥ずかしいと書いたけど,犯罪者です。大人です。永久追放だけでは軽すぎます。

 過去には,日本代表選手の麻薬事件がありました。日の丸を背負った自覚がない,記録だけで選手を選ぶ体質が問題です。

 まあそれもこれも”メダル病”が起こすものです。これは恐ろしい難病です。この難病を国民から徴収したお金を使って煽っている放送局があります。

 「参加することに意義がある」と綺麗事では済まないことは分かります。が,その道に精進してきて己の力を試したい,こう言った人達が選手になってもらいたい。

 いくつかの連盟・協会,運営するにはお金が必要でしょう。補助金を取るために成果がいるでしょう。が,メダルを取るのが目的ではないと思います。

 スポーツを見ていると,不思議と4位の選手の表情が気になります。悔しい顔・満足した顔などなど,それがスポーツ・マンなんですよね,

◇ここにも円安効果が
”伝統工芸品に使う漆の価格が大幅に上昇。9割を占める中国産は前年より7割高い。円安が値上がりに拍車。漆は加工前の生漆として輸入。昨年から値上がり。四川省などで漆を採取する職人の人件費が上がった。国内販売の約3割を扱う箕輪漆行は,全国の漆器製造業や家具メーカー向けの販売価格を2~3割引き上げた。輪島漆器商工業協同組合も,加盟する製造会社への販売価格を上げた。漆器をつくる職人は,コストの上昇が製造会社の収益をさらに圧迫すれば「技能伝承に支障をきたしかねない」と。”

 漆製品,古くは正倉院に伝わるものが有名です。その耐久性は,驚くべきものがあります。数年前に作られたものと言われても,素人には判別できません。

 漆…天然素材(原料)…ウルシノキの樹液です。日本にあるヤマウルシは細くて,樹液をとるのが難しい。それに下手に触るとかぶれます。

 たかが樹液と言っても,先に書いたようにその塗装の硬くて丈夫なことは,化学塗料など問題になりません。木や皮などの保護として,また接着剤として使われています。

 伝統技能を引き継ぐためにも,あるいは本物を伝えていくためにも,厳しい経済情勢の中,頑張っていただきたいものです。

◇大風呂敷にならぬよう
”三菱重工業はMRJの受注を2018年をメドに計1000機を目指す。欧米やアジアを中心に100社以上の航空会社にMRJを売り込んでいる。アジアではベトナムやインド,インドネシアなどの航空会社に,15年4~6月に予定する初飛行を機に営業攻勢を強める。MRJの最終組み立ては,月10機を生産する計画。受注が1000機を超えれば拡大が必要になるため,新工場の増設も検討。また,20年代後半をメドに次の新型機を開発する考え。MRJと同じ小型機か,中型機にするかなどは今後の世界需要を見ながら検討。生産開始当初は赤字が続くが,中長期的に三菱重工の基幹事業に育てる方針。受注増には競合他社を上回る燃費性能の実現や,低コストでの部品調達や生産体制の確立などが課題。”

 日本の航空会社,B737やA320以下の小型機を全部MRJに換えていく?長い目で見れば,国産品の方が安心でしょう。

今日の1枚
Peterb


2014年9月28日 (日)

Action Shots

◇あな恐ろしや
 木曽御嶽山の突然の大爆発,驚きました。今日,被害者が判明すると思います。火山灰に埋もれている人が,果たしているのか?

 こう書くと,すぐにポンペイの遺跡を思い出します。火山灰に埋もれた人を陳列してあります。その是非はともかく,ベスビオス火山の爆発の威力はいかに…。

 週末,そろそろ色づき始める御嶽山です。登山客が多いのは当然でしょう。何とタイミングの悪い爆発だったことでしょう。

 日本では,いまでもいくつもの活火山が活発に活動しています。爆発の予知が難しいならば,それだけのリスクがあることを肝に銘ずるべきでしょう。

◇コラボレーション
 NHK(26日)”にほんの芸能”で大変に興味深いものをやっていました。”能楽+文楽+歌舞伎のコラボレーション”です。題目は,”隅田川”です。

 さる事情により,夕刻よりウンウン唸っていた私です。取りあえずHDに録画,昨日DVDに保存先を変更しました。一晩寝た(何度も起きましたが)のですっきり?

 早速視聴しました。”隅田川”は,能楽の中でも人気の高いものです。それを歌舞伎役者が演ずる(ワキは文楽担当)というから,興味津々です。

 結論から言えば,やはり歌舞伎役者の演技は,詞章を生で表現するものです。動きも多く,次第に集中力をなくしていきました。

 とは言え,日本に伝わる芸能をいくつも組み合わせるやり方は,お互いの垣根を乗り越え,吸収し合い,その心意気に賛成したいと思います。

 こう言った体験が,再び己の道に戻った時に生かされると思います。殻に閉じこもっていては,伝統は形骸化する可能性が高いですから。

 今夜は,久し振りに能楽です。”紅葉狩”ですから,季節にぴったりです。鬼の出現,楽しみです。集中力をもって視聴したいと思います。

◇neoは
”2014年9月25日,エアバスはファミリー最新モデルA320neoがトゥールーズ・ブラニャック空港から離陸,初飛行に成功。プラット&ホイットニー製PW1100G-JMを搭載,飛行性能の評価とシステムの動作を検証,約2時間半の飛行試験を実施。今後は(CFMインターナショナル製)LEAP-1Aエンジンを載せた機体とPW1100G-JMを搭載機する計8機を利用し,約3000時間の飛行テストを予定。”

 neo VS MAX,飛行機という乗り物がある限り,この争いは続くとも言われています。世界中で一番利用の多い飛行機です。A320シリーズが,どこまで伸びるか,楽しみです。

 型としては,どちらもA320であったり,B737であったりしますが,もう名前だけで完全に別物と言っても良いと思います。

 どちらも原型がしっかりした思想の元に作られているだけに,これだけのロングセラーになっているものと言えます。

◇3号機到着
 博多で伊丹で,B787-9を見ました。撮りました。B787-8とは,随分印象が違います。ちょうどB767-200とB767-300のようです。バランスが良くなりました。

 これのライヴァルが,A350?こちらも実機を見てみたいものです。それにしても真正面から見ると,この2機,似ていますね。

 従来,ボーングの顔をエアバスの顔は,すぐに判別できたものです。今度は,真正面から見ると戸惑う可能性大?また,遊べます。

 NHのB787-9の3号機(国内専用)が,昨夜羽田に着きました。1号機は,いつ国際線に移って行くのでしょう。情報に疎い私は,知りません。
Nh9397

お知らせ
 ”型式写真”は従来のサイトに,"Action Shots"は,"Fly Team"へと分けていきます。せっかく撮ったものです。無料のページを有効に活用します。

 ただし,このサイトはコピーが横行している?ので,モノクロでアップしていきます。嫌みたらしく"photo by ngo-spotter"を入れた上で,アップしています。

 検索は,HN "jl8582"で行ってください。現在450枚以上アップしました。最も似たようなものばかりですが…。

今日の1枚
Dsc_7694b


2014年9月27日 (土)

コーヒー

◇落ちた味
 毎日同じコーヒーを飲んでいると,少しの変化にも敏感になります。もちろん私の体調も影響しますが,何日も続くと…。

 これに気が付いたのは,先月購入した豆からです。見た目は変わりませんが,明らかに質が低下しています。湯温に気を付けながら,淹れているのですが…。

 まずは,最初の湯を入れた時の豆のふくらみが少なくなりました。それとともに味が…。コーヒーのもつ深みが欠けてきました。香りも淡泊です。

 同じ産地でも木によって違うのは当然ですが,明らかに質の低下です。しかし,コーヒー豆の値段が上がっています。

 やはりコーヒーの産地の天候不順・病虫害の影響のようです。大手のUCCがブルマンを販売中止にするようです。まして小さな小売店では…。

 私のささやかな楽しみ…モーニング・コーヒー…異常気象に左右される時代になったのか,悲しいです。美味しいコーヒーが戻ってきて欲しいです。

◇盛者必衰
 1980年代でしょうか,大型小売店として”ダイエー”が華々しかったことは。余力でもってプロ野球まで所有する”盛者”でした。

 その”盛者”も世の流れを読み間違えたのか,いつしか右下がりの企業に転落,新聞によれば,再来年には名前が消えると言います。

 また,私もお世話になっている一人ですが,あの”マイクロソフト”,往年の輝きを失っています。経営者としての喜怒哀楽を味わっていることでしょう。

 ”普遍”なものは,世の中にあるのでしょうか。ただ一時の幻を見ているようです。”普遍”を求めることは,人として当然ですが,空しいものです。

 また,横道に逸れてしまいました。近くにある小売店,なかでもミュージック・ショップは,全滅?今に”商店街”も死語になるのでは?

◇ますます期待が高まります
”三菱航空機は,米航空会社のイースタン航空とMRJ40機の購入について正式契約。40機のうち20機は確定発注,2019年から納入する予定。残り20機は一定の条件で購入する権利だけを定め,生産枠の取り決めがない購入権契約。”

◇珍しく
”AIRDO,整備ミスを隠すため社員が管理データを書き換えていた疑いのあることが分かった。規定の整備時期を数カ月過ぎたのに,期限が来ていないように見せかけていた。国土交通省は,同社を厳重注意処分とする方針。
 航空機の整備不良は重大事故にもつながりかねず,AIRDOの安全意識や社員教育が問われる。翼の整備は1年ごとに実施項目,1年半毎に実施項目と誤って認識。ミスに気付いた担当者は整備計画の管理データを改変,期限を迎えていないように見せかけていた。整備されないまま規定の時期を数カ月間過ぎ,この間も機体は運航を続けていた。今月,国交省の監査で一部の整備記録がないことが発覚。担当者によるデータ書き換えが判明。問題発覚後に整備は行われ,運航に支障はなかった。”

 高等学校の予約バスの手配を忘れ,悪戯メールで誤魔化そうとしたJTB社員,ばれたところでクビ!責任の取り方とともにチェック態勢の甘さを指摘され…。

 今回は,空を飛ぶものの安全管理のずさんさ,これを隠し通そうとする行為,JTB社員と五十歩百歩ですね。これまたチェック態勢の甘さを露呈しました。

 今日の1枚
Dsc_4790


2014年9月26日 (金)

自画自賛

◇これぞ日本人の特質
 海外旅行で各国の鉄道を体験しました。乗車下車の違いは,旅行ガイドブックで学び,ワクワクしたものです。失敗もいくつかありますが…。

 飛行機もそうですが,車内の臭いにも異国を感じたものです。また,色の配置・窓の大きさなど,見るもの見るもの…。まるで子どもでした。

 一番困ったことは,時刻表が当てにならないこととホームが(直前)変更されることです。電光掲示板を注意して見ていないと…。

 JR・私鉄・地下鉄など,日本の鉄道ではそういったことは,まず考えられないことです。一つのカルチャーショックかな?

 「昨年度,東海道新幹線の平均遅延時間は,0.9分!ここ10年雪による運休なし!」,まさに日本人の仕事です。几帳面な日本人の性格がよく現れていると思います。

 随分前ですが,関ヶ原付近の降雪のために名古屋駅に入ってきた上り列車は,雪かきをしていました。短時間・人海戦術だったように思います。

 「時刻表を守る」,その使命に駆られたやり方,(今ではJRとなりましたが)列車運行に携わる人達には,頭が下がります。

 そう言えば,赤組も定時発着率が良いと聞いています。これも地上職員の「時刻表を守る」といった意識の高さでしょうね。

 総じて,日本人は時間を守ることに関心が高いと思います。そして理由があって遅れる場合でも,騒がず乱暴せず復旧を待つ民族ですね。(自画自賛)

◇うやむやに…
”B787,山口宇部から羽田への途上でバッテリーから発煙,高松空港に緊急着陸したトラブル。運輸安全委員会は,寒さによるバッテリーの劣化や瞬間的な高電圧が重なり,内部がショートした可能性があるとする調査報告書を公表。ただ,発端と考えられる現象の痕跡は見つからず,原因特定には至らなかった。
 旅客機では初めてリチウムイオンバッテリーが採用,GSユアサが製造。電解液は,低温で粘り気をもち,リチウムイオンがスムーズに動けなくなって,金属リチウムとして,電極の表面にとげ状に付着する析出が起きやすい特性があった。充電時などに瞬間的な高電圧がかかったことなども加わり,プラスとマイナスの電極が金属リチウムでつながり,ショートして過熱したと推定。
 報告書は,開発段階の不備も指摘。GSユアサが2006年,複数ある電池の一つを人為的にショートさせる試験,バッテリーにアース線などの外部配線をつながず,過熱は一つの電池にとどまった。一方,運輸安全委が同型バッテリーに外部配線をつなぎ,ショートさせると,アース線を伝わってバッテリー全体に大電流が流れ,熱暴走が起きた。開発時に危険性を過小評価したと分析。
 運輸安全委は米連邦航空局に対し,開発時に実際の環境に即した試験を米ボーイング社などに求めるよう勧告。同社にも根本原因の解明を求めた。同社がトラブル後に進めたバッテリー改修,「今までの運航状況を見る限り,相当改良されている。勧告をすべて実施すれば乗客の心配はなくなる」と評価。”

 まさに役人の作文です。特定はせず,原因も示さず,うやむやに終わっています。これが,長時間を費やした報告書と思うと…。

◇これはこれは
次のアドレスから  http://www.nikkei.com/video/ 上の”話題・特集”から,”陸上のブルーインパルス”を選択。

今日の1枚
Dsc_7695


2014年9月25日 (木)

危機管理能力を疑う

◇我が身に…
”日本航空は24日,顧客情報管理システムが外部から不正侵入を受け,情報が流出した可能性があると発表。流出した顧客情報は11万件,データが圧縮されていた場合,最大75万件に上る可能性がある。
 流出した個人情報は,マイレージ会員の氏名や住所・性別・会員番号・勤務先など。クレジットカード番号の流出は確認されていないという。”
 

外部から不正侵入受けるほど,セキュリティーが甘いのかしら。情けなくなる”危機管理能力”です。個人情報がこれだけ流出するとは,呆れました。

 ベネッセ事件を他山の石と思っていたのかしら?企業の信用問題です。すいませんでは済まされない事態です。事と場合によっては,経営者の首が…。

早速パスワード及び○○を変更しました。古人でやれる範囲内でやります。泣けてきます。 

◇仕事と趣味
 無事定年退職を済ませた私,さる理由によりまだ部分的に仕事を続けています。それもそろそろ…。モチベーションの低下でしょうか。

 昨日の新聞に「65歳以上の夫婦,8組の一つは共稼ぎ」とありました。自分と比べるのは失礼ですが,私にはそのようなせっぱ詰まったものが…。

 もちろん現役時代とは比べられない低収入です。まあこれから長い(?)間これが続くのだから,生活改善をせねばとも考え,諦めの境地です。

 ところで,「趣味を仕事にするな」と聞きます。最もな話です。例えば,”飛行機の写真で飯を食う生活”なんて考えられません。

 「好きなことを制限があってこそ楽しめる」,これが趣味だと思います。仕事と飛来のバッティングあるいは悪天候など,なかなか思うようになりません。

 限られた時間で精一杯趣味を謳歌してきました。縁のない飛行機の数など,数え上げればきりがありません。まして世界中の飛行機となれば…。

 そういった意味からもスライド交換は,コレクターの部分が入りますが,実に面白い世界です。”相互補完”の世界です。

 撮影をしていて,よく「諦めが速い」と言われてきました。飛来までの時間,余りに長いようならば,頭は別のことを考え始めています。

 「せっかくだから」という言葉もよく聞きます。これも無計画性を晒しだしたものです。この場合でも,他に時間を有効に活用できるものがあるなら…。

 趣味を人生の生き甲斐の柱としていることを批判はしません。が,制限や制約があって己のままにならないところが,趣味の面白さではないでしょうか。

◇日本の一面
 約3ヶ月,道祖神探索を中断しています。高温と蛇出現を嫌い,夏場の行動を控えています。そろそろ動き出さねば…。

 私のサイト内に”石仏の美”があります。たまに振り返りをします。たった1枚の写真であっても,それぞれに思い出があります。

 その中に群馬県南牧村(Part2:No.122)があります。1体の道祖神を撮影するために,山道を登っていきました。村の入り口に石像物が集められていました。

 南牧村熊倉 http://www.mapion.co.jp/m/36.15630228714723_138.6581946844907_7/ 

 バス停の時刻表を見ると…。通りがかったおばあちゃんのお話では,朝夕のバスが生命線だそうです。医者に行くのも買い物に行くのも,これしかありません。

 この村は,昔養蚕と蒟蒻芋で栄えていたそうですが,近年若者はどんどん山を下り,老人ばかりの過疎地域となりました。静かな山村でした。

 ”国立社会保障・人口問題研究所の推計,福島県を除く1680市区町村のうち,2030年の人口が15年に比べて2割以上も減る自治体は509。増える自治体は81。全体の4%。減少率トップは群馬県南牧村の46%減。山深く,過疎に悩む村。”

 これまでも廃村となった地域をいくつも回ってきました。人が住んでいない地域を想像できますか?道路は草が生い茂り,崩れかかった家屋,無惨です。

 ちょっと前には,人の声がして生活臭が漂っていたと思います。人が住まなければ,どんどん荒れていきます。元に戻ることのない故郷,これが日本の一面です。

今日の1枚
Dsc_7667a


2014年9月24日 (水)

著作権

◇難しい
 インターネットは,情報の宝庫です。が,”著作権”には配慮が必要です。私自身,自分の撮影した写真(型式写真)を”違法コピー”された経験があります。

 サイトによっては,”右クリック”で簡単にコピーできるものが…。特に投稿サイトの管理者は,簡単にコピーできないように配慮が必要だと思います。

 7月に加入した"Fly Team"に約100程投稿しましたが,ものの見事に…。それを知って全部削除しましたが,時すでに遅し。

 このサイトの管理人にもメールを出しましたが,全くやる気なしです。投稿者総数や投稿枚数を誇っている事位か,”著作権”に対する配慮なし。

 一方では,せっかく撮影したものをHDにしまっておくのも勿体ない。そこで,枠・HNの埋め込み・モノクロに加工して投稿することにしました。

 今後,枠・HNの埋め込みを施して発表・投稿していきたいと思います。まあ高度の技術をもった人達とのイタチごっこ?難しい問題です。

◇新聞の隅に
 「何と京都から富士山が見えた」とありました。その距離は,何と261kmもあるそうです。理論上は見えるそうですが,立木に邪魔され,不可能と言われていたそうです。

 もう何ヶ月か前,和歌山県から富士山が見えたとありました。これ約323kmもあるそうです。因みに北は,福島県299kmです。東は,犬吠埼198kmです。

 確かに富士山は,日本で一番有名な山です。誰でも知っています。それにしても富士山の魅力に取り憑かれている(た)人の多いこと!

 図書館に行けば,富士山の写真集が何冊もあります。四季の移り変わりに富士山が見事に応えています。また古くから画家の興味を引き立ててきた富士山です。

 私は,横山操の”赤富士”が大好きです。飲み代にも”赤富士”を描いた彼ですが,気合いを入れた時の富士山は,また格別です。

 いつものように随分横道に逸れましたが,もっともっと遠くから富士山を遠望する記録が生まれるような気がします。それ程記録とは破られるためにあると。

◇あれあれ
”韓国の仁川国際空港を経由して欧米へ向かう日本の乗り換え客が急減。韓国の仁川空港経由の日本の乗り換え客の減少は,東京・羽田空港の「国際化」が要因。仁川国際空港公社,4~8月の日本の乗り換え客は38万9557人,前年同期の42万8784人に比べて約4万人(9.1%)減少。日本出発の乗り換え客に限ると,22万322人から19万6224人に2万4098人(10.9%)減少。仁川空港での乗換率は2013年9月から減少,2014年4月にはピーク時の20%から5%も低い15%にまで下落。韓国への旅客輸送量は前年同月比11.9%減の12万1667人(14年6月単月)で,2013年4月から前年割れ。日韓関係の悪化から,韓国を訪れる日本人が大きく減少。
 羽田空港の2013年の年間乗降客数は約6857万8000人で,開港以来最多。国内線は約6060万人,国際線は約797万人。14年は7000万人の大台突破が期待できる。地方空港から乗り換えて海外へ出かける人にとって,韓国・仁川空港を経由する必要は薄れてきた。
 中国の空港が国際線の直行便を増やし,仁川空港を経由して米州などに向かう中国の乗り換え客も減。2013年9月から14年2月にかけて,仁川空港を経由して米州を往復した中国の乗り換え客は前年同期に比べて5万1000人減少。”

日本の地方空港からの海外旅行客を見込み,KEやOZ,果てはLCCまで乗り入れてきた経緯のあることが,かくももろく崩れていくのか。

 お空の世界は,かくも厳しいもの。それでも韓国の成長は著しいものがあります。隣国として,よきライバルとして,ともに成長していけるといいですね。

 政治の面からは,対立する日韓ですが,経済・文化面では密接な関係があります。異文化を尊ぶ気持ちを忘れないようにしたいものです。

今日の1枚
Dsc_4233


2014年9月23日 (火)

思いつくままに

7月,職場でピーマンの苗をいただきました。が,???。シシトウの間違いではないか。が,???。おかしい。やっと分かった,タカノツメ!

 と言うことで,目的もなく収穫,天日干し中です。さてさてタカノツメ,どうして消化するのやら?ピーマンが良かった。いやシシトウでも良かった。

 もう一つは,ナスです。これは苗の状態を見ても間違いはない。水遣り・追肥とナスの栽培は,面倒です。しかし,採れ立ては瑞々しく美味しい。秋ナスまでやろう。

 ホームセンターにて,変わったレタス4種とブロッコリーを買ってきました。朝食用のサラダとして使いたいと思います。病気・虫との戦いが始まりました。

 そう言えば,そろそろレモングラスを刈り取り,干さねばなりません。カモマイルは収穫・天日干しをして保管してあります。
 
 ハーブティーの初心者,レモングラス+カモマイルの組み合わせは,絶品です。ホットでもアイスでもいけます。爽やかな気分,まったりまったり。

 同じく職場でのくだらない話です。「このままいけば,私は人生の中で二度の東京オリンピックを経験する。」と言ったら,笑われました。

 もう職場の中では,東京オリンピックを覚えている(経験したいる)者の数は,超少数です。これを話して,改めて歳を感じました。

 考えて見れば,名神高速道路が開通した時,画期的な出来事でした。また,まさか第二東名高速ができるなんて,予想もしておりませんでした。長生きしたなあ。

 勢い余って「2017年リニモに乗るぞ!」と言ったら,反応は???。大多数の者にとっては,当たり前のことと受け止められています。あと14年生きながらえねば。

 時速500km,考えただけでゾクゾクします。F1よりもはるかに速い!これより速い乗り物は,飛行機だけです。東京~名古屋(大阪とは言いません)間,乗るぞ!

◇日本初の試み
”空港運営の民間委託の第1弾,国と宮城県が募集している仙台空港運営の事業者,流通・商社・不動産大手など,単独や数社合同を含めた10の企業グループが名乗りを上げた。
 企業名を公表していないが,事前審査に応募したのは三菱商事・楽天・イオンモール・オリックス・住友不動産など。”

 仙台空港の民営化がうまくいけば,その他の地方空港も同様な措置をとればいい。それで地方が活性化するならば,国・県は積極的に取り組むべきです。

 税金を使った諸々の誘致策(補助金)など,自分の懐が痛まない役人の発想です。乗客サイドに立ったサービスこそ,これから求められるものではないでしょうか。

今日の1枚
Dsc_3227a

(おまけ)◇富士重工,快進撃!
”売上高営業利益率は13.5%(2014年3月期)と世界の自動車メーカーのトップ水準。衝突安全技術で先行,ブランド価値を高めることに成功。
 現在の絶好調の起点,2005年のトヨタ自動車との資本・業務提携。スバルの米国工場(SIA)がトヨタのカムリの生産を受託。軽自動車生産からの撤退。
 トヨタとの業務提携の柱の一つが,BRZ/86の共同開発,軽自動車の工場を登録車生産に転用。赤字体質の軽生産からの撤退,より利幅の大きい登録車生産の拡大,さらに経営資源を集中した製品開発がブランドバリューを高め,国内の収益体質は劇的に改善。
日産自動車は,スバル株の売却を決断。ブランドを重視したグローバルプレーヤーへの進化を目指す方向へ経営の舵をきった。理想のクルマづくりに向けて1200億円を,エンジンをはじめとするパワートレーン開発に注ぎ込む。プラットフォームやパワートレーンを開発し,商品ポートフォリオを入れ替える。
 収益源の米国市場を立て直すことを優先し,レガシィなど主力車種を米国市場に求められるサイズや味付けにあわせた設計に変更。全輪駆動のスバル車は雪の多い北東部,北西部では強い存在感。また,国内ディーラー改革を断行,独自の技術でアイサイトを大手に先行して導入。
 アイサイトは高価なレーダーを使わず,2つのカメラを組み合わせ,画像解析のソフト力を基にわずかに10万円程度で高度なシステムを実現。価格から逆算してカメラのみでシステムを作り上げたのは,リバースエンジニアリング。
 当初は高位グレードから売れる結果,国内収益改善に大いに貢献。商品開発の軸を米国市場に移す代わりに,国内にはオンリーワンな技術革新を導入,販売体制の再構築を先行,ブランド価値は高まり,収益性はトヨタも含めたライバルメーカーを圧倒。
 身の丈にあったブランドバリューを再定義,選択と集中を徹底した成果,BMWと拮抗する収益性をたたき出す。プレミアム路線から決別,コストをきっちりと管理,結果としてプレミアムメーカー並みの利益率を実現する。
 日本市場。車両開発の軸を米国に置いているということは,日本固有の商品開発を両立させることが難しくなる。軽自動車はダイハツからのOEMに切り替わり,スバルの個性は薄くなった。レヴォーグを投入。
 アイサイトは性能をさらに引き上げ優位性の確立を急ぐ,安全装置自体のコモディティ化が進む。米国事業は,強固なブランド力とユーザーのロイヤルティーの高さがある。
 中国事業は,輸入車事業が延長。完成車に25%の輸入関税,プレミアムブランドに近い価格帯で好調に販売が拡大し,大衆車ながらプレミアムブランド的な存在感。円安に転じたため,中国向け輸出車採算はドル箱化。
 国内販売の減衰,アイサイトの陳腐化,米国でのつまずき,中国輸入車販売モデルのピークアウト,中国現地生産移管など,様々なリスクが16年~18年に重なるともなれば,もはや「崖」にも映る怖さ。プラットフォーム効率の改善,コストを作りこみ,スバルらしい走りを具現化できる次世代ハイブリッドエンジンの開発。大きくはないが強い特徴を持ち質の高い企業を目指すというビジョンが大切。”

2014年9月22日 (月)

マスコミの醜い姿

 F1の世界,自動車レースの最高峰です。ここでの技術が,将来一般車に活用され,さらなる技術革新が生まれてきます。昨夜はシンガポールGPでした。

 シンガポールにはサーキットがありません。オーストラリア・モナコなどと一緒で一般道路を使ってレースをします。路面は,高速走行に適しているとは言い難いコースです。

 世界最高峰の自動車レース,かつてはたばこ産業のCM独占でしたが,今一番?の柱は,中東のオイルマネーです。エミレーツ航空です。地元SQは,ほんの少し。

 エミレーツやエチハド航空,F1の世界でも顔が利きます。世界の航空会社の勢いをここでも感じることができます。照明を使った夜間のGPは,綺麗だった。中身は?
 
◇金メダル病
マスコミの”金メダル病”,またしても始まった。アジア大会前から,金メダルの皮算用やメダル確実と世の中を煽っています。取れなければ,見向きもしない。

 実は,大会前にメダル確実とNHKが報道していた選手がいました。結果は…。フォローなし,新聞の片隅に普通の文字で名前が載っていただけです。

 アストリートの人生は短いものです。小さい頃からの日々精進,しかし夢が届かない人の方が多い現実です。そして結果が伴った人だけに光が当てられる。

 オリンピック,サッカーWCなど国際大会は,ビッグニュースです。が,余りにマスコミの金メダル病が蔓延しているために,面白みがなくなってしまいます。

 結果を重視し,その過程は結果を出したものだけに当てられる。何か日本の教育を想起させられます。そう「(速く正確に)結果を出す」ことこそ目的だと。

◇機材更新
”アメリカン航空グループは遅れていた機材更新を急ぐ。2018年までに,主力機の約35%に相当する345機を入れ替え。B737とA320を18年までの5年間で274機投入。国際線の中長距離路線にはB777やA350など68機導入。パイロットの賃金抑制や路線集約などを進め,売上高営業利益率は12%にまで改善,大型投資の余裕が出てきた。18年以降もさらに151機の機材更新を予定。
 デルタ航空も国内線を中心に18年までに累計155機を更新する予定。小型機を重点的に投入。18年までにB737を100機程度導入,A321を17年まで45機。50席以下の機材を100席以上の小型機に置き換えることで座席供給量を維持しながら,全体の機材数を減らす計画。燃費や整備などのコスト削減。新機材では,ビジネス客も取り込み単価の引き上げも狙う。
 ユナイテッド航空も17年までに機材更新を成長戦略の中核に据える。17年までの4年間は年間約32機まで増やし,合計129機投入する計画。B787を合計36機,アジア・太平洋など国際線に重点投入。
 米航空大手3社は再編を経て規模拡大による再生を目指したが,統合作業などに手間取り機材更新が遅れていた。燃油が高止まりし,機材更新は最重要課題になっていた。”

 3社合わせて約630機!やはり一番は,燃費!合併吸収により,まさにガリバー!それだけに1機当たりの燃費を減らすことは,合計すれば…。

 先頃A380の不振(販売が極端に偏っている)ことを考えれば,小中規模の飛行機で座席を確実に埋めた方が利益が上がる。あの飛行機大国ですら,考え方が変わった。

 アメリカや日本の航空会社では,A380は1機も導入していません。大型機のコスト高は,経営を圧迫するものと考えられているのか。

 ボーイングやエアバスの稼ぎ頭,B737やA320の価値が高いことが分かります。また,そう考えるならばボンバルディア・エンブラエルなどの(さらに)小型機は…。

今日の1枚
Dsc_2702a

2014年9月21日 (日)

無常なこと

◇自然の力
 広島の土砂災害から1ヶ月,亡くなられた方全員が判明し,取りあえずホッとしました。冷たい土の中に眠り,捜索を待つ…悲惨です。

 空から国土を眺めていると,広島のような場所は無数にあると言っても過言ではないと思います。被災原因を検証すればするほど,いつ起こるか分からない場所が…。

 命が欲しいが,先祖代々受け継がれてきた所を簡単には,移れまい。「何とかして住み慣れた場所で生活をしたい」と言うのが本音でしょう。

 また台風16号が接近しています。気圧配置によっては,のろのろと暴風・豪雨をもたらしながら…。こんなに自然災害の多い年も未経験です。

 こう書いてくると思い出すのが,鴨長明「方丈記」です。ここには長明が体験した五つの自然災害が,克明に表現されています。

 自然の力の前には,例え何億のお金をつぎ込んでも破壊されてしまいます。約800年前の長明が生きていた時代と日本の災害は変わりません。

 もの凄いお金をかけても地震も豪雨も突風も予知できない人間,多くの人命が奪われることも何ら変わりがありません。自然の力を見くびってはいけません。

◇一過性のことにならないように
”国土交通省は,地方航空路線維持に向けた地元の取り組みを支援する「活性化プログラム」の対象に,FDAの愛知県営名古屋―山形など8路線を選定。自治体などでつくる協議会に3年間,それぞれ年3600万円を補助。
 このほか,日本航空の羽田―南紀白浜は,欧米からの旅行者誘致や,観光タクシーやレンタカー利用者の助成に取り組む。天草エアラインの福岡―天草は,関東地方や福岡在住者向けの体験ツアーを実施。”

 因みにその他は,HAC(釧路~丘珠)・ANA(羽田~紋別)・ANA(羽田~能登)・FDA(静岡~鹿児島)・JAC(但馬~伊丹)です。

 スカイマークはゼロ!そしてLCCもゼロ!と言った結果です。さて,何やらきな臭い匂いが漂ってきます。どうでしょう。

 都市と地方を結ぶ路線,赤字路線ばかりだと思います。地元自治体の協力により,補助金なしでも黒字路線になることを願って止みません。

◇せっかく
 せっかくエチオピア航空B787が成田に就航(12/20:月・水・金)するのに…。夜逃げですか!何ともスポッター泣かせの就航ですこと。

 関西にも新規就航航空会社があるそうですが,まあここは…。中部に香港EXが就航,果たしていつまでももつのやら…。

 香港で思い出しました。エチオピア航空は香港経由です。ディレイするならば…。ひょっとして成田の門限に…。朝出発…。妄想ばかり先走ります。

○昨日"Japanese Spotter's Site”を更新しました。お立ち寄りくださいね。

今日の1枚
Img735a


2014年9月20日 (土)

大切なことは

◇一安心?
 スコットランドの住民投票の結果,「イングランドに留まる」と聞いてホッとしました。地球の一国だけの問題ではないことは,皆さんご存じの通りです。

 500万人以上の民意を尊重したいと思います。ただ「君臨すれども統治せず」とエリザベス女王の言葉は,控えるべきであったと思います。

 我が国でも,先頃昭和天皇の実録が公表され,近いうちに出版されると聞きます。マスコミに寄れば,昭和天皇の政治への関心は,相当高かったようです。

 ただし,最後の一歩を踏み込まなかった(太平洋戦争開戦は…)点は,一人の国民として立派だったと思います。

 イングランドと他の三つの地域の差,これは我が国でも当てはまることです。東京1極を推し進めてきた結果,国土は荒れ,過疎化は急激に進んでいます。

 スコットランド問題を他山の石と思っていると…。迷惑な原発は地方になんて自分勝手なことを考えていると…。

◇塩分摂取
”WHOが提唱する塩分摂取量は,1日当たり5g未満。日本では,古来より比較的多くの塩分を摂取する風習があります。目標とする摂取量はあくまで5g,日本人の生活の中で,この1日5gという厳しい目標を達成するのは非常に難しいと考え,男性で9g、女性で7.5gという現実的な数値目標を設定している。(※高血圧症を罹患している人は、男女ともに6グラム未満。)”<日本高血圧学会HP>

 2年近く降血薬を飲んできた私,日々の塩分摂取を控えたために,上が140を越えることはなくなりました。が,これから気温が低くなると…。

 味噌・醤油が日本の味のベースです。これらの減塩に本格的に取り組まねば,1日の塩分摂取量は目標には達しません。

 残念ながら”減塩食品リスト”を見てみますと,本格的に取り組んでいる企業の少なさ=減塩食品の少なさが気になります。

 イングランドでは国策にまでなり,減塩食品の製造・販売に取り組んでいます。健康な内から減塩食品を意識して摂りたいものです。

 癌は別として,高血圧や糖尿病と言った生活習慣病に罹らないようにするには,減塩が一番の対策です。この点は,長野県人を見習わなくてはいけません。

今日の1枚
Ssn3d0213a仕上がりが楽しみです。

2014年9月19日 (金)

迷惑

◇迷惑だなあ
 IT産業は,日進月歩と言われています。未だに”消費謳歌”の夢を追い続けています。スマートフォン・コンピューター,私には付いていけない時代です。

 NTTドコモは,自社の契約者を対象にiPhoneの下取りを最高3万2400円で引き取り,iPhon6/6プラスへの買い替えを促すと言います。

 あたかも旧機種は,ゴミ?の存在なんでしょうか?強引なやり方です。これに他社も追随すると言いますから,まさに消耗戦です。

 では,どこで利益を得るのか,知りたいものです。恐らく(高いと言われている)通信費なのではないでしょうか?

 マイクロソフト,往年の姿は見られません。が,アップルとともにコンピューターの世界をリードしていることには,間違いはありません。

 ウィンドウズ8の失敗?たった1年で改良版を出した位の失敗作です。今月末には,研究用にウィンドウズ9(仮称)を発表すると言います。

 例のウィンドウズXP,まだ相当数残っています。それから何代目になるのでしょう。こういったことに疎い私は,分かりません。

 家庭で趣味として使うならばいざ知らず,官庁・企業では,そうコロコロ道具(コンピューター)を買い換えることは,難しいです。いやできません。

 それ程時代の最先端技術を求めている人達は,カスタムメイドあるいは自作をするでしょう。基本OSをこんなに短期間に発表されれば,消費者は却って逃げるのでは?

 時代の申し子,スマートフォン・コンピューター(タブレットを含む)を企業戦略だけで,これだけ短期間に発表されては…。

 それにそれらの機能を十二分に駆使して活用している人は,どれ位の割合でいるのか,調べてくれないかなあ。調べると不利になるんかなあ。

 私なんぞ,アプリ一覧をのぞくと,不要なものが約8割?どんどん削っていけば,随分HDの負担が減ると思っています。

 しっかりとした基本となる型の制作,そして改良を続けるならば,消費者としてはありがたいのですが…。やはり消費型社会なんでしょうかねえ。

  
◇円の異常な動き
 104円?とんでもない108円?このままならば,110円になるかも?海外旅行を計画している人達は…。現役の頃,160円を超した時もありました。

 年内は,燃油サーチャージも安いようです。リッチマンは,今のうちに海外旅行を!航空会社が喜びます。3ヶ月海外旅行客が減っているそうな。

 ”8月の出国者数は前年比2.8%減の178万8000人。2014年5月だけは1.2%増,6月は0.8%減,7月は2.8%減3ヶ月連続の前年割れ”

 一方では,訪日観光客は伸び続けていると聞きます。国内の観光業者,異常気象でこの夏は儲け損ねた?訪日観光客で儲けねば…。

 今日の1枚
Dsc_7684


2014年9月18日 (木)

比較

”JALは破綻を機に,規模のスリム化,業務の効率化とサービスの向上を図り,収益力を高めた。会社更生法適用による税の優遇措置も,業績を押し上げた。 一方,ANAは規模的には国内1位の座,有利子負債と高コスト体質から,低収益に。
 JAL,国際線の需要増に押し上げられたものの,燃料価格の上昇により費用が膨らんだ結果,増収減益。また,国際線の収入が国内線を超えた。損益計算書は,営業収入は前年同期比4.4%増の3070億円。事業費は,同5.8%増の2455億円。売上総利益は615億円。ただ,販売費及び一般管理費が7.6%膨らんだため,営業利益は15.6%減の186億円。減益。 2010年の破綻時にとられた優遇措置の影響。一つは法人税の免除,19億円。限界税率が40%近くあると,経常利益が169億円なら,本来ならば70億円程度計上しなければなりません。これが優遇措置によって免除。もう一つは,有利子負債が,破綻時に10分の1以下まで棒引き,支払利息が抑えられている。有利子負債は,借入金からリース債務まで含まれ,合計で1217億円。支払利息は,5億円弱。本業が好調,優遇措置が重なり,高収益を維持。自己資本比率(純資産÷資産),49.6%。破綻前は12%程度,大きく財務内容が改善。
 規模的には国内1位となったANA,収益力ではJALに大きく引き離されている。損益計算書,売上高は10.0%増の3868億円。ANAの方が26%ほど大きい。売上げ増に伴って,売上原価は7.5%増の3220億円。営業総利益は24.7%増の647億円。販管費は11.9%増の644億円。営業利益は,3億円の黒字。売上原価率(売上原価÷売上高)は85.2%から83.2%,コストコントロールが強化され収益力が少し高まった。
 JLは営業利益は186億円。売上高営業利益率(営業利益÷売上高)は6.1%。ANAは売上高3868億円に対し,営業利益は3億円,売上高営業利益率は0.1%。売上原価率,JALは80.0%,ANAは83.2%。売上高が数千億円,3.2%の違いでも大きな差が出る。販管費率(販管費÷売上高),JALは14.0%,ANAは16.7%。
 以上のことから,売上原価,販管費ともに,JALの方がANAよりも抑えている。これは,JALの税の優遇や有利子負債の削減とは関係はない。この大きな要因の一つとして,「有償座席利用率」の違い。JALの有償座席利用率は,国内線は62.4%,国際線は73.3%。ANAは,国内線は59.2%,国際線は69.0%。航空事業は,「空気を運ぶより,安くても人を乗せろ」,有償座席利用率が数%高いだけでも,利益が大きく違ってくる。JALは破綻処理後,稲盛和夫氏の指揮により,全従業員にフィロソフィを浸透,徹底したコストカットとサービス向上に努めた。サービスの向上が利用率を改善,収益力の強化につながった。さらに,優遇措置,ANAにとって不利な状況が続く。
 ANAの有利子負債は8572億円。JALは1200億円,ANAはこの7倍近い有利子負債を抱えている。ANAの支払利息は35億円。JALは4億円,ここでも収益力に差。その結果,ANAは営業利益は確保したが,経常利益段階では,25億円の損失。ただ,同社の自己資本比率は34.5%ある。ANAは,B787を17機購入。しかし,ANAは高コスト体質。「売上高でJALを抜く」悲願を達成しても,収益の確保に苦慮。
 2011年,スカイマークが,6機A380を総額1915億円で購入する契約を結んだ。ところが,支払いが滞ったため,契約が解除されてしまった。
 スカイマークが購入しようとした6機のうち,2機はすでに完成。残り4機のうち2機は仕掛品。しかもA380は,リース市場でも需要がほとんどない不人気機種,完成品でも売る先がなかなか見つからない。
 スカイマークの財務諸表,売上高は860億円,資産合計は787億円。この状況で,1機あたり300億円近くする機体を何機も買うには,資産規模も売り上げも,小さすぎる。最大700億円の違約金を支払うことも,非常に難しい。しかし,エアバスは欧州を代表する企業,政府としてはEUとの関係を考えると,スカイマークを破綻させて未払金や違約金を踏み倒すことは避けたい。一つの可能性として,JALかANAに,スカイマークを抱え込ませる。スカイマークを傘下に入れれば,羽田空港の発着枠を得ることができる。ただ,JALもANAも,A380という大きな荷物は抱えたくない。新しい航空機を導入すると,莫大なコストがかかる。パイロットは,新たに育成が必要。整備も部品も,機種ごとに全て異なる。巨大な格納庫も必要。これほどのコストをかけてまで,2社が,スカイマークが持つ羽田の発着枠を欲しがるか,今後どちらかがスカイマークを傘下に入れるか。
 航空業界は,縮小することはない,格安航空会社の参入により,競争がますます激化。
その点では,JALは長期的に見ると,現状の利益率を維持することは難しい。自由化が進み,世界中の航空会社の競争が激化,利益率が落ちている中,JALだけが高収益を保つのは至難の業。2018年度までの法人税の免除を受けていますが,以降は支払いが始まる。ただ,世界情勢に大きな動きがなければ,グローバル経済の下で利用者はどんどん増える。航空機の性能も向上。”

◇farewell MD-11
オランダ人Peter & Tim親子からKLMのMD-11の話を聞いていましたが,ついに11月11日をもって退役するそうな。https://md11farewellflight.klm.com/en_us/

 このブログをお読みの方ならば,ご存じでしょうね。飛行機が大好きな私ですが,その中でもDC-10,MD-11が大好きです。さすが我が国では,DC-10の姿は…。

 現在MD-11は,貨物機としてわずかに残っています。フェデックスやUPSが使用しています。エンジン始動から,すぐに分かります。吠えています。

 わざわざ3発のエンジンを積む必要がなくなった現在,3発機は骨董品扱い?それでもあの姿は美しいし,個性があります。個性がある最後の飛行機です。

 *迷惑メールが多数来ます。PCから携帯へのメールは,全て切りました。*

今日の1枚
Dsc_7669


2014年9月17日 (水)

Moomin

"フィンランドの画家トーベ・ヤンソンが生誕100周年を迎えた。個性豊かな仲間の友情と家族愛に満ちた世界は母国だけでなく,日本でも大人気。第2次世界大戦中に誕生したムーミン,ヤンソンが経験した戦争の暗い記憶と,平和への願いが込められている。
 ムーミン・シリーズはフィンランドの子供に広く親しまれてきた。ヤンソンを世界的に有名にしたムーミン・シリーズの1作目「小さなトロールと大きな洪水」が出版されたのは第2次世界大戦直後の45年。だがヤンソンが物語を書き始めたのは,39年の開戦の年。国境を接する旧ソ連の侵攻でフィンランドが冬戦争に突入した年。旧ソ連との継続戦争でもヘルシンキの街は空爆され,人々は食糧難にも苦んだ。
 戦争は,ヤンソンの家族や友を引き裂きもした。弟ペルウロフは徴兵され,恋人も激戦地の前線へ送られた。失意に加え,家族や恋人を失う不安や緊張で一時は絵が描けなくなるなど,うつ状態に陥った。ムーミン達は恐怖や危険を乗り越え,最後はいつも家族と平穏な世界に戻る。ヤンソンは厳しい戦争の現実の中,自分自身の心の安らぎを求めて,ムーミンを生み出したのではないか。
 ヤンソンが生前,戦争について多くを語ることはなかった。だが,言葉で語らずとも,非暴力で他者と調和し共生するムーミンの世界観に,戦争はもう嫌だという思いがはっきりと表れている。”

 ムーミン,私も(随分前ですが)見(読み)ました。ヤンソンが生み出した名作シリーズだと思います。普遍性をもったものと言っても良いと思います。

 ムーミンのお話は,アメリカ生まれの軽薄なアニメにはない,深い思想が織り込まれています。だからこそ,地球の裏側に近い東洋の小さな国でも愛されています。

 ムーミンのお話を子ども向けと勘違いしないで欲しい。”平穏な世界”を次世代を担う子ども達に保障するのは,我々大人のすべきことなのだから。

 あれだけ純粋で無垢な子ども達に,戦争(紛争)をしている大人達が見せるものではありません。相手の非難・攻撃だけでは,何も解決はしません。

 ところで,フィンエアー(AY)は,DC-10やMD-11にムーミンやサンタクロースを描いていた時期もありました。懐かしいなあ。
P1000226a

 数年前,AYには,(無知な私です)変わった模様のA330やA340があったような?結局撮れませんでしたが。次はA350になるのかな?

 手元にAYの機内誌がありますが,大西洋を越すのはニューヨーク線のみ。インド・シンガポール・タイ・ハノイ・香港・北京(上海)・ソウル,そして日本。

 ヨーロッパの航空会社としては,非常に偏った路線網を敷いている航空会社だと分かります。ヨーロッパ圏内とアジアで稼ぐ会社です。

 「アジアから最も近いヨーロッパ」と言うことでしょうか?空港自体も…。成田・中部・関西向けが,ほぼ同時間で出発するのも面白いです。

 トランジットのしやすい空港,飛行機・空港を利用していただく気持ちに満ちあふれています。ここにも学ぶべき点があります。

 カナダ・アラスカと並びフィンランドは,オーロラが鑑賞できる国とも聞いています。長い夜には,暖炉の前でムーミンの本を読んでいるのかな。

今日の1枚
Dsc_7752a


2014年9月16日 (火)

MAZDA

◇また値上がり
 国際的に原油安が続いています。ウクライナ・中東不安を抱えながらもこの原油安,一体どうなっているのでしょう。勿論安いに越したことはありません。

 が,GSの電光掲示板では,随分値上がっています。言い分は,「円安だから」です。もっともな言い分です。国際的な原油安にもかかわらず。

 週毎に目まぐるしく変わるGSの電光掲示板の数字,どうも円安を謳いながらも真意は違う所になるような気がします。

 げすな勘ぐりですが,生産調整があるような気がします。また,こういう時にGSを救済しようとする元売り各社の思惑が…。

 我々庶民にとって,4月からの高速道路料金値上げ・様々なETC割引の率低下や廃止が懐に響いています。その上この値上がりは,さらに懐を直撃しています。

 そうでなくとも,私は歩ける距離ならば歩くようになりました。車に頼りすぎない生活に少しずつ変えてきています。

◇MAZDAの快挙
 MAZDAの量販車DEMIOの新型車が,先日発表されました。ガリバーにはない魅力があるのか,反応は上々だと言います。

 小型車は利益幅が少ないが,数で勝負するのが一般的と言われています。そこにMAZDAが,超大型爆弾?:1.5lのディーゼルを投入したのです。

 私自身,過去の所有車の半分以上がディーゼル車でした。何しろトルクがあり,オートマチック車にぴったりです。あの頃は,最低2.2lだったような気がします。

 そこへ1.5lディーゼルですから,これは開発に力が入ったと思います。某政治家の偏見の一声で,我が国のディーゼル車に対する風当たりが強くなり,消えていきました。

 MITSUBISHIのディーゼルも評価が高いのですが,大排気量です。ガソリンより安く,耐久性のあるディーゼル,これはヒットしますよ。

 T社ならばヴィッツ,N社ならばマーチにディーゼル車が欲しいです。地下資源の無駄使いから,ディーゼル車の時代になって欲しいものです。

 因みに,輸入車でもディーゼル車の割合がジワジワ広がっているそうです。元々本国では,半分近くがディーゼル車ですから。

 最高速100km/hの我が国に,これ程似合った車はないと思います。ゆっくりゆったりディーゼル車を乗りましょう。

◇困ったことです。
 FUJI,ポジ・フィルムの現像拠点を買えたようです。田舎に住む私ですが,”中四日”と一日増えました。何でも四国:高松?で行うような…。

 KODAKがKMやKRの製造を止めてから,頼りになるのがFUJIです。しかし時代の趨勢は,ディジタルにしています。ポジ・フィルムは儲からない。

 儲からないけど,未だにポジ・フィルムにこだわりを持つファンがいます。こうしたファンのためにもFUJIは,細々とフィルム製造・販売を行っています。

 ありがたいことですが,物流のおかげと言ってしまえばそれまでです。小さくとも現像所をいくつも用意してくれると嬉しいです。

 このままでは負の連鎖が起こるような気がします。家庭で簡単にプリントできるものでも,現像所の確かな腕と紙は生きています。

今日の1枚
Dsc_7694a


2014年9月15日 (月)

傲るなかれ

◇輸入車のドライバーよ
 多くのドライバーが経験していることだと思います。何か輸入車に乗っていると,自分が偉くなったような?品位があるような?そう勘違いしている人が,多いように思います。いかがでしょうか?

 いくら高性能と言っても,我が国の道路法規では,100km以上は違法です。まあ細かいことは言いませんが,114km以上と…。この理由は述べません。ならば国内の道路ならば,軽自動車でも出すことができるスピードです。

 「おれは輸入車に乗っているんだぞ!おい,前の国産車,どけっ!」と言うなドライバーをよく見かけます。いくらお金持ちで高級な輸入車を買ったとしても,道路法規を守りましょうよ。ハンドル握って,人格が変わるのは軽薄の印です。

 そもそもメルセデスベンツが素晴らしいのは,例えぶつけられても乗客を安全に守る作りをしているからです。道路法規を破って,高速運転する車ではありません。クラッシュに対する安全性は,国産車も学ぶべき点が多々あります。

 また,”サイズダウン”もドイツから始まりました。が,日本では,某社が先頭を走って,資源の無駄遣いをしています。ダウンサイズをしながらも,以前の(いやそれ以上の)パワーを得ています。これならば,輸出しても安心です。

 また,横道に逸れましたが,私は僻んでいるのではありません。余りに自己本位で品位に欠けるドライバー,それは輸入車に多いことを指摘しているのです。また,大きな車についても同じような事が言えます。

 高いハイオク・ガソリンをばらまいて,見栄を張って,格好付けて,覆面パトに目を付けられていますよね。余裕があるパワー・しっかりした走り,いいですよね。そういった車の余裕が,人の余裕につながってこそ,輸入車に乗る価値がありますよね。

◇AC&TG
 羽田には,ACとTGのB787が飛来します。撮りたいなあ。が,羽田でグランド・ショットが撮れる場所は?KSKさん,教えてください。

”タイ国際航空は9月12日,羽田/バンコク線にB787-8型機を投入。午前に羽田を出発するTG683便とその復路のTG682便を同型機で運航。
 TGはB787-8型機を合計6機発注,羽田線に導入したのは2号機。今後,年内に4機を受納,ハノイやクアラルンプールへの路線に順次投入。TGのB787-8型機はビジネス24席・エコノミー240席:合計264席。”

◇事実ならば,これはいけない
”2014年9月10日,ポール・オガタ氏がカンタス航空の乗務員に人種差別されたと訴えている。オガタ氏はロサンゼルス発オーストラリア行きのカンタス航空機内で,客室乗務員の男性に機内食を注文する際,「ビーフ」メニューを頼んだ。すると乗務員は大げさに驚いた表情をして「アジア風チキンを食べないのか?アジア人の面汚しだな」と言った。周囲のオーストラリアの白人は大笑いしていた。
 ハワイ出身のオガタ氏は,怒りを抑えながらにらんだとブログに書いている。さらに「アジア風チキンをアジア人が食べなければならないなら,ビーフはいっそのこと『白人風ビーフ』と名付ければいいのに」と皮肉った。カンタス航空は「同便の客室乗務員の責任者2人は何の苦情も受けていない。企業としてはソーシャル・メディアに現れて初めて今回の事件を知った」と説明。「カンタス航空は多元文化を有する企業であり,約100カ国のスタッフを抱えている。人種差別はあってはならない。今回の報告を真摯に受け止めている。」として,内部調査を進めている。”

今日の1枚
Dsc_7738


2014年9月14日 (日)

子どもを守ろう

 世の中3連休,高速道路は混み合っているのかしら?空を見ていると,雲が変わってきました。猛暑も集中豪雨ももう要りません。

 本来ならば,東の地への遠征も…。懐具合を考えると…。本音は,北風です。南風ならば,無理をしてでも行くのですが…。

 話はがらりと変わりますが,相変わらず迷惑な携帯メールが入ってきます。一体誰の携帯からアドレスが漏れたのでしょう。

 ウィルス同様,余程暇な通信費を気にしない輩がいる者です。そんな時間とお金があったら,もっと自分にとって有意義なことに使えばいいのにねえ。

 捨てられるだけのメールを1日何本も出して,勿体ないねえ。と思ったら,”Google,Yahoo”からの発信,やはりお金が勿体ないと…。

 (意味のない)アルファベットと数字を使ったメール・アドレス,誰が見たっておかしなメール→削除コースなのにねえ。ああ迷惑。

◇反省
 職場にインターネット接続がつながるようになった頃,私はインターネットの便利さを強調,広く活用して欲しいと願う立場でした。

 恥ずかしながら,デメリットを釘指すことをしませんでした。私の犯した大きな過ちの一つです。しっかりと伝えなければいけませんでした。

 子ども達,各家のインターネットにつながったCPでゲーム,会話は要りません。メールも文章らしき文章ででなくても,仲間内は通じます。

 さらに自分が気にくわなければ,無視をすることも中傷することも可能です。インターネット・携帯は,子ども達をバーチャルな世界に引き込んでいます。

 残酷なシーンが出てきてもバーチャルな世界と思い,感覚が麻痺してきます。このように育ってくれば,人間関係を構築することができません。

 外で遊ばないとか塾通いなんて言いますが,もっと子ども達の心を犯しているのが,バーチャルな世界だと大人は気付いていません。

 テレビだって,相変わらず安上がりなグルメ・旅番組がズラリ。さては,流行ばかりを追いかける番組,とても知性と教養を磨くものではありません。

 テレビを見せておけば静かと,若いお母さん方は思っているのでは?静かな環境で子どもと語り合っている親は,どれだけいるのだろうか?

 インターネット・携帯・テレビの存在を否定はしません。が,子ども達の成長にプラス面よりもマイナス面が多いことを,大人は反省しなければいけません。

◇また朝日
 特集記事・社説・天声人語などを通し,朝日新聞は(一応)謙虚な姿勢・反省・戒めを載せていますが,決定的に欠けているものがあります。

 誤報によって,どれだけ日本が,あるいは日本人が,外圧に曝され続けているのか,そこが欠けています。「誤報でした,取り下げます」では済まされません。

 慰安婦問題しかり原発問題しかり,朝日の驕りがもたらしたものと言っても良いと思います。第三者委員会を作る?そこでさらに厳しく指摘されたら?

 改めて謝罪する積もりなのかしら?現時点で分かっていることや記事が悪影響を及ぼしたことを検証し,国民に謝罪すべきです。そして海外に発信すべきです。

 この段階を踏むことによって,朝日の再生が始まると考えています。「朝日の911」,何格好付けているんだと言いたい。

 誤解なきように言っておきますが,我が家は,40年以上朝日新聞の購読を続けています。だからこそ一個人として苦言を言いたいのです。

今日の1枚
Img248


2014年9月13日 (土)

計画断念

◇幸か不幸か
 子ども達にとっての夏休み,お天気の悪さに海や山に出かける機会が少なかったのでは?幸か不幸か,海や山の事故が少なかった。が,今夏(7~8月)の山岳遭難は583件,遭難者の699人,1968年の統計開始以降最多。遭難者のうち,40歳以上が544人(77.8%),60歳代が最多の208人。原因別では,「道迷い」(31.8%),「転倒」(21.6%),「滑落」(14.4%)の順。

 昨日,”高齢者パワー”と書いたのに…。この夏,太平洋高気圧の勢力が広がらなかったことや偏西風の蛇行など,猛暑・集中豪雨の原因となった。

 こうした不安定な気象状況の中,登山を計画すること自体に無理があったのではないでしょうか?それも人生経験が豊富な方々が…。

 「計画を断念する」こと,これは現役時代でも辛いことだ。それでも人生経験が,「これは無理だ」と,責任をもって判断をしてきた人生を送ってきた人達ではないか。

 将来のある若者の死も悲しいが,余生を謳歌している高齢者の死も悲しい。豊富な人生経験を余暇の過ごし方にも生かしたいものです。

◇珍しく
 谷川俊太郎さんの”なみだうた”の一部分

 悲しみとか淋しさとか喜びとか哀れとか
 人は感情をさまざまに名づけるけれど
 言葉で呼んでしまってはいけない感情もある
 こころとからだから溢れてくるというより
 自分が隠れた大きな流れにひたされているような気持ち…
 そんなときぼくは知るのだ
 涙の源は人が思い及ばぬほどはるか遠くにあるということを

 この詩を読んだ時,私の頭の中にふと横切ったメロディーがあります。K.183,いわゆる”小ト短調”です。涙すら追いつかない悲しみ。

 信長貴富が作曲したものがあるらしい。谷川さんの詩にどのようなメロディーがつくのか,是非一度聴いてみたいものです。

◇また一段と
 ニュースを見ると,今月に入ってからの”円安”のスピードの速さに驚きます。昨日久しぶりにGSに行ったら,そのお値段にびっくり仰天。

 先物取引の航空燃料ですが,この冬以降の”燃油サーチャージ”には,驚くものが?日常生活では,輸入物に頼っているものがたくさんあります。

 円安による物価高騰は,避けられません。自己防衛を心がけないと…。庶民の生活を脅かす円安です。国内消費を支える運輸業も…。

 賃上げよりも増税分により,かえってマイナスなのが現状,輸入品の価格が上がれば,消費を控えるのが一般的です。

 一昔前ならば,輸出産業は円安大歓迎だったと思います。しかし,いわゆる”産業の空洞化”による海外拠点へのシフトが進んでいる現在,円安のメリットは?

今日の1枚
Qf


2014年9月12日 (金)

高齢者のパワー

◇次世代の日本 
 少子高齢社会…いつの間にか「化」と言う漢字が,一文字抜けるようになりました。かつて経験したことのない社会が,形成されつつあります。

 自分を含め,60歳を超えると(個人差があるとは思いますが)身体のあちこちにガタがきます。次第に診察券の枚数が増えてきます。

 身体の衰えに伴って,記憶力・判断力などの脳の活動も鈍くなってきます。また,思い込みも激しくなっていくような気がします。

 「高速道路への流入,高齢者による逆走が激増」というニュースも納得できるものです。ここにもかつて予想もしなかった現象が生まれてきています。

 また,少子高齢社会,働く若者への負担が増すばかりです。そして産業の空洞化によって,いわゆる働き口がない。一方では,労働者不足も言われているのに。

 さらに消費税10%が騒がれて言いますが,目的税ならば…。これで収まるならば…,しかし法人税減税・相続税増税となると,首を傾げたくなるのは私だけか?

 余談ですが,つくづく「日本人は穏健だ」と思います。世界を見渡せば,武装勢力の反抗があってもおかしくありません。

 美しい日本・穏やかな日本人・秩序を重んずるなど,美点がいくつもあります。こうした日本人がもつ美点を伝えていくことを忘れてはいけません。

 そのためにも少子高齢社会といえども,高齢者のパワーに期待するところ大です。これだ途絶えるようならば,日本は野蛮な国になってしまいます。

◇ペンの暴力
 私も大昔取材にも来ないのに記事にされ,辛い思いをした経験があります。奇しくも朝日新聞の記事でした。その後記事にした貴社は,辞めました。

 記事にされ,クレームを付けても反応はありませんでした。これが,「ペンの暴力だ」と思いました。記事にすれば,余程のことがない限り訂正はしません。

 慰安婦問題・原発問題と朝日新聞の記事の勇み足,訂正はあっても,心からの詫びがありません。実に横柄な新聞だと思っています。

 朝日新聞の誤りを読売新聞・産経新聞が指摘しています。これは先日このブログにも掲載しました。朝日新聞は,頬被りして反論すらできません。

 雑誌では,朝日新聞の内部のことを面白可笑しく書いていますが,これも眉唾物です。国家間の大問題となっているだけに,朝日新聞の在り方は問題が大きいと思います。

◇MUの新しいロゴ
 中国の空も新会社が続々現れ面白くなったと思ったら,いつの間にやらガリバーの寡占状態に戻ってしまいました。どれもこれも同じようなドラゴンで…。

 長く親しまれてきたMUのロゴ,ついに新しい風が吹いたかのような,爽やかなものになるそうです。ホワイト・ボディーですから手抜きですね。

ロゴ及び塗装に関しては,賛否両論があります。AIのように元に戻る?JLのように復活?KLのようにツートン配分?人間,以外と保守的な傾向が強いようです。 

 たくさん保有機があるMUです。これから約5年をかけて,順次新しいロゴに変わっていくそうです。そして撮ったこともないS/Cを1機でも…。

今日の1枚
P1000018


2014年9月11日 (木)

較べる

◇まとまりがないですが
 江戸幕府の政策の一つに身分制度がありました。少数の者が,多くの者を支配するやり方の一つです。いわゆる「士と農工商」と言われるものです。

 「世の中まだ下がいる。我慢せよ。」といったようなものでしょうか?下を見させることにより,現状を是認させるやり方と言ってもいいでしょう。

 人間の弱い心理を巧みに使ったものと言えます。他と較べて優越感に浸る。そこで自己満足に陥る,あるいは我慢ができると言う訳です。

 これは現代でも通用するようです。世の中には貧富はつきものです。この批判の矛先を変えるのが,為政者のやり方です。

 その例として,中国の初等教育における日本批判や韓国における反日キャンペーンなど,自国と日本を較べ,国民の不満を日本に向けるやり方です。

 ところで,”他と較べる”ことによって,己の至らなさを痛感することは,己の成長を伸ばす糧となります。これもいい例があります。世阿弥の言葉です。

 「上手は下手の手本,下手は上手の手本」…上手の誤りは,下手を侮るところから始まる。よい所を発見できない者はやがて下手となるほかない。

 芸が秀でている者であっても,未熟な者の芸から学び取るものがある。それくらい謙虚な姿勢が必要だということです。

 勿論,未熟な者は秀でた者から学び取る姿勢を忘れてはなるまい。芸一つとってみても,他と較べると言うことは,これくらいの意味があるということです。

 私自身,今の仕事をしていると歯がゆい思いを何度も経験してきています。が,初心者だからこそ,こちらも学ぶ姿勢がなければならないと肝に銘じています。

 もう一つ,熱帯で育つラワンと日本の北国で育つ檜を較べてみましょう。成長は速いが,木質は粗いラワン。檜は夏冬で成長が異なり,木質は細かい。

 他と較べて速い(勝れている)と言って喜んでいると…。単純に他と較べ,喜怒哀楽を出すようでは,まだまだ未熟者ということです。

 ”他と較べる”と言うことは,このように場合によっては,己にプラスになることだってあります。その為には,己を正しく認識することです。

 そして,何より”物欲”に溺れることなく,”吾唯足知”といった心構えをもつことです。今日も良い日でありますように!

◇恐ろしい会社
”ボーイングは,ヨーロッパ最大の格安航空会社ライアンエアー(RyanAir)よりB737 MAX8の200席仕様:B737 MAX 200を計100機受注,同社がMAX 200型のローンチカスタマーになったことを発表。カタログ価格で総額約1兆1,700億円の大型契約,同型機を別途100機購入するオプションが含まれる。搭載エンジンはLEAP-1Bエンジンを選定,デリバリー開始時期は2019年四半期を予定。
ライアンエアーは,保有機数を現在の300機超から2024年までに520機,パイロットなどの乗務員や整備士など,約3000人を雇用。また,年間の輸送客数を昨年の約8200万人から2024年までには1億5000万人以上に拡大する計画。”

 ボーイング,200席使用となれば,昔のB767-200程になります。B767も(いずれ)B787に換わっていくと思います。そんな時代に,まだB737を改良・生産ですから。

 この会社,浮気をしませんねえ。ずっとB737一本です。それだけにボーイング,相当なディスカウントをしただろうなあ。あわせれば200機!

 乗客からの高い支持を得ているライアンエアー,どこまでガリバーを追い込んでいくのか,楽しみですねえ。

今日の1枚
Dsc_7605


2014年9月10日 (水)

次は

◇暇な読売
”政府要人が搭乗する政府専用機の飛行状況の一部が,スマートフォンなどで確認できる状態になっていた問題で,同種の機能をもつ他の複数のアプリでも,専用機の動向を把握できることがわかった。防衛省は,これらのアプリの提供会社に対し,専用機の情報を表示しないよう要請。
今回,新たに判明したのは,二つのアプリ。専用機の飛行地点・速度・高度などが表示。専用機は今月6日午前9時20分頃,安倍首相のバングラデシュ・スリランカ訪問のため羽田空港を離陸。二つのアプリはこうした動きを生中継し,8日午後9時頃,羽田空港に到着した際の状況も表示。”
 

まるで鬼の首でもとったかのような論調,暇な読売ですな。エアーバンド・スマートフォンを持っている者ならば…。

 次はエアーバンドの違法性を追求する姿勢に転換か?テロ対策を口実にした情報の隠蔽ととらえることができます。

 読売のこうした姿勢=政府の提灯持ちは,今に始まったことではありません。マスコミのこうした偏向した姿は,国民扇動にもつながりかねません。

 読売・産経の姿勢は,”国民の知る権利”を歪曲したものになる可能性を秘めており,改めて記事の鵜呑みを避けなければならないと思うようになりました。

◇デング熱を甘く見ていた
 代々木公園で蚊に刺された患者が,デング熱と報道され,その数はどんどん増えています。ついに渡航歴なし,都内に入ったこともなしの人まで。

 代々木公園は,広い公園です。が,どこを飛んでいるのか分からない蚊,いの一番に公園を封鎖すべきではなかったのか。

 どうも東京都のやることは,後手穂手に回っているように思えてなりません。「騒がず迅速に」とも言われていますが,それもどうかと思います。

 ウィルスをもった蚊に刺されなければ発病しないと言います。しかし,どの蚊がウィルスをもっているのか,分かりません。ならば,やはり初期の行動が…。

 デング熱は,まれに発病・死につながるそうです。抵抗力の弱い高齢者に犠牲が出たら…。やはり初期の行動が…。

 お役所意識とは言いませんが,やはり危機意識に欠けていると言われても仕方がないと思います。これ以上感染者が増えないことを祈りたいものです。

◇涼しくなったら
 まだまだ外に出ると日差しは強烈です。それに雑草の伸びが凄いです。蒸し暑く,降水量が多かった8月の証明です。嫌いな蛇も…。

 涼しくなったら,上州・越州を回りたいと思っています。その準備をするのが,いつもながら資料と地図をにらめっこの日々です。

 と言っても,この作業,図書館で借りてきた本を読む合間に行っています。それというのも図書館には,高齢者向けのエッセイがたくさん並んでいます。

 1冊読むと次を読みたくなります。余命を充実させるためには,まず先人の足跡を知らなければ…。余り大げさには考えていませんが,興味はあります。

 これまで一体何体の道祖神を見てきたか分かりません。見た数だけ,お祈りをしてきています。道祖神が私を守ってくださっている?

 それに道祖神探索は,”一期一会の世界”でもあり,どんな人に出会えるのか,それはとっても楽しみなことです。

今日の1枚
Img931


2014年9月 9日 (火)

口にするもの

◇スタミナを付ける
 食欲がなくなると,「夏バテかなあ」と思うようになるこの時期,私の好きなものがあります。実に簡単です。

 納豆・オクラ・長いもを切って混ぜるだけです。できればメカブがあれば,それこそ最高です。わさびを効かして食します。

 以前は,ウズラの卵を入れたりしました。が,コレステロールが心配なので,入れなくなりました。いわゆる”ネバネバ・トリオ”ですが,実に旨い。

 これに減塩味噌を使って赤だしを作ります。長ネギ+油揚げ(もしくは豆腐かワカメ)といったシンプルなものが,私のお気に入りです。

 これからいろいろなキノコが出回るようになります。ゴボウ・ニンジンなどを入れれば,スタミナスープができます。当然ニンニクをたっぷり入れます。

◇台湾で136品目の食品に「廃油の食用油」使用が判明,回収
 ”台湾のギョーザやパンなど,様々な食品に,問題の食用油が使われていた。台湾南部の業者が,廃油や革製品の製造過程で出た油を再利用し製造。この食用油メーカーから,971の食品関連会社に流通,136品目の食品の製造に使われていたことが判明。”

 どこの国でも”金の亡者”がいるものです。そうやって作った料理を自分は食べないだろうな。人のことを考えるより,金儲けが優先している?

 グルメの国台湾,人々の口に入るもの,国民の怒りは…。下水から食用油を作っている国もあります。賄賂により当局の追跡を上手に逃れています。

 他国の批判で済むものではなく,我が国でも産地偽装・食品添加物など,食に関する問題が(忘れた頃に)起こっていることに気を付けなければなりません。 
 
◇知らなかった
 ”台風,北西太平洋・南シナ海で発生する台風防災に関する各国の政府間組織である台風委員会(日本ほか14カ国等が加盟)は,2000年から,北西太平洋または南シナ海の領域で発生する台風には同領域内で用いられている固有の名前を付けることした。”

 因みに日本語では,テンビン・ヤギ・ウサギ・カジキ・カンムリ・クジラ・トカゲ・ハトが挙げられています。

 今回の台風14号は,中国語からフンシェン(風神)が当てられました。俵屋宗達を思い出しました。被害のないことを願っています。

 台風の数は少ないものの,その被害は多大なものがありました。”備えあれば憂いなし”とも言います。水・食料などの備蓄をしておきたいものです。
 
◇チャンギ空港も必死だ
”シンガポール・チャンギ国際空港は2014年9月3日,6月に発表した航空会社へのインセンティブプログラム「GAIN (Growth and Assistance Incentive)」に続き,長距離路線を運航する航空会社向けの着陸料インセンティブ・プログラムを発表。2014年9月1日から2016年3月31日までの1年7カ月に渡り,長距離路線の直行便を就航する航空会社に着陸料を一律50%割引する。
チャンギ空港では,アジア太平洋地域の航空需要は強いものの,航空会社が長距離路線を維持する上で,コスト圧力にさらされている。長距離路線を運航する航空会社を短期的に支援。長距離路線への乗継需要を取り込み,ハブ空港としての地位を維持。
2015年3月31日まで,トランジットプログラムを展開,シンガポール航空・シルクエアを利用した旅客は,空港内で利用できる40シンガポールドル分のバウチャーをプレゼント。”
 

シンガポールや香港の空港では,トランジットがかなりの割合を占めています。自国の航空会社利用とともに快適な空港施設目指し,あの手この手を。

 私にとってシンガポールは,ヒルマンレストランのペーパーチキンなり?冷えたビールに熱々のペーパーチキン,また食べたいなあ。

今日の1枚
Img_0190


2014年9月 8日 (月)

近頃思うこと

◇仏様が泣いている
 葬儀,冠婚葬祭の中でも一番大切なものです。大切な人を失い,平常の判断ができない状態につけ込んだ悪徳商売のトラブルが絶えません。

 それに輪をかけているのが,堕落し”葬式仏教”と揶揄される今日のお寺さんです。金儲けに血走っていると言っても過言ではあるまい。

 お布施とは,そもそも何ぞや。一人前になっても修行を欠かさないのが,プロではあるまいか。贅沢な暮らしをしている住職を見ると,堕落の一端を見ます。

 「修行のために一年間不在となります」と言った,仏様(あるいは己に)に真摯に向き合う住職っていますかねえ。聞いたことがありません。

 拝観料,これまたお布施同様,お寺が決めるものではないと思います。有名なお寺さんのお高くとまった態度,これまた堕落の一端を見ます。

 タイへ行った時,仏教の一つの在り方を見たような気がします。宗教心は,信者の自発的な心から育つものです。お金が先ではないということです。

 もちろん旅行者ですから,詳細なことは分かりません。が,少なくとも日本の仏教とは考え方が違うと感じました。

 お寺さんの職業化とで言いましょうか,全てにお金が先立っています。これでは堕落した仏教・葬式仏教と指摘されても仕方ありません。

 日本人の多くが信ずる仏教ですが,もはや心の拠り所となるものから遠い存在になってしまいました。仏様が泣いています。

◇自由と責任
 言論の自由とは言いますが,これは報道についても言えると思います。但し,どちらも責任が伴うことを忘れてはなりません。

 朝日新聞の慰安婦問題が随分話題に上っていますが,ニュースソースの裏付けが不確かな報道であったと釈明,それ以上は…。

 これに噛みついたのが,読売新聞と産経新聞です。昨日のブログに載せました。一つの記事が,国家間の争いの種になったという事実,改めて報道の慎重さを…。

 インターネットの普及,様々な長短が指摘されています。一つには匿名の恐ろしさです。"face to face"ならばとても口に出せないことも,匿名ならば…。

 相手を非難中傷すること,人間関係作りができていないからこそ起こり得ることです。と言って,自分の都合の良いことばかりを集めたがるのも?

 少子化・共稼ぎ等,子ども達は子ども同士の触れ合いの機会を狭められています。触れ合いの機会が少ないから,人間関係作りが苦手なんですね。

 インターネットならば,人間関係に配慮することなく,生きていけますから。自由があって責任のない世界になりかねません。

◇振り返り
 このブログでも書いてきましたが,日本の古典文学を貪るように読むようになりました。また,若かりし頃読んだ本も再読をするようになりました。

 仏像,今の私には生々しすぎます。静かに日本庭園を眺めていた方が,心が安まります。日本庭園には,あの世とこの世の結界があります。

 能楽,浅学の身の私ですが,どうやら”悲しみと慰め”のように見えてきます。魂を揺さぶられると言うより,大和魂と表現した方が適切かも知れません。

 モーツァルトの音楽,アンリ・ゲオンは”駆け抜ける悲しみ”と表現しましたが,私には彼の音楽を一言で言い表す勇気はありません。

 こう書き連ねていくと,旅に憧れていた自分がどこかに行ってしまったような気がします。未知の世界への渇望も希薄になりました。

 つくづく歳を感じます。そしてちっぽけな平凡な自分,取り柄のない自分,そんな自分でありながら,やはり大切にしたい=長生きしたい。

 日本人の男性の平均寿命を考えるならば,余命はそんなにありません。凡な私ですが,(水戸光圀)”吾唯足知”の心境になりたいものです。

今日の1枚
Img_0189


2014年9月 7日 (日)

醜い

◇愛するイレブンが…
”AF/KLは,貨物需要は予想より回復が遅い,アムステルダムを拠点に運航する機材を2016年末までに3機体制へと削減。これにより,MD-11の5機は2015年から2016年にかけて退役。AF/KLMの貨物機は777Fの2機がパリ,747-400ERFの3機がアムステルダム,計5機体制。2013年時点の14機から9機が削減。
航空貨物事業の黒字化にむけ,コスト削減とパートナーシップの拡大を進め,特に医薬品やエクスプレス輸送などの特殊な貨物輸送に重点を置く。”
 

MD-11,何と飛行機らしい飛行機。今の世にふさわしくない悪燃費。細々と貨物機で生き延びていますが,ついにKLまでが…。

◇残念ながら日本人にはない
 全米オープンで錦織選手が,日本人として96年振りの準決勝進出を果たしました。少しだけですが,試合を見ました。

 感情を強く表出しないところを見ると,案外シャイな人かも知れません。それとも想像も付かないことを考えているのかもしれません。

 錦織選手と好対照なのが,チャンコーチです。感情むき出しです。日本人にはない感情の表出です。これはこれで面白い光景と思いました。

 そして留めは,本人「絶対に勝って決勝に行きます」コーチ「勝てない理由はない」と。秘めたる自信が言わしめる言葉,サッカーの本田選手とは…。

◇醜い1
 航空機の事故の確率は,他の交通機関と較べても低い方です。それだけに万が一の備えを忘れてはなりません。

 どこの航空会社に搭乗しても,シートベルトの着用及び救命胴衣・酸素マスクの使用法についてのデモンストレーションがあります。

 また,機内手荷物の制限もあります。棚に収容できない,あるいは一人で広い場所をとるなどを防止するためです。また,足下に置く場合もしかり。

 ”安全”は,自ら守るものであり,他の人に迷惑をかけないことでもあります。トラブルが面倒なためにずさんなやり方をしているF○Aのやり方は?

 くどいようですが,ルールを守ることは搭乗者の責務です。また,ルール厳守に毅然たる態度をとるのは,航空会社の責務です。

 こうした己の責務を忘れ,放任主義・ことなかれ主義のF○Aの在り方は,”安全”を放棄したものと言えると思います。

*F○Aのサイトには, 
機内に持ち込むことのできるお手荷物は,身の回り品(3辺の和が100cm程度以内のバック・カメラ・傘など)のほか,お1人につき1個までとさせていただきます。サイズは以下の通りです。大きさ 3辺の合計が100cm以内(45cm×35cm×20cm以内):個数 お1人様1個まで:重さ 10kgまで

◇醜い2
”謝る,というのはなかなか厄介である。人生最大の難事といっても過言ではない。失敗をして謝らなければ,「人でなし」と罵られ,さっさと謝罪しても「謝って済む話ではない」と,相手の怒りの炎に油をさしかねない。
 ことに国家間の謝罪は,難題中の難題である。村山富市,河野洋平両氏をはじめ歴代首相や官房長官の何人かは,小紙が止めるのも聞かず,さきの大戦について,過剰なまでの謝罪と反省を繰り返した。
 結果はどうだったか。戦後70年近くたっても中国や韓国の為政者は,村山氏らの謝罪を受け入れて炎を消すどころか,「愛国心」という揮発性の強い油をまき,民衆の怒りの矛先を日本に向かわせて政権の安定を図っている。
 朝日新聞の幹部もこうした故事を頭に入れ,社として謝罪しない方針を決めたのだろう。先月5,6両日に慰安婦問題に関する特集記事を掲載し,32年ぶりに「韓国済州島で女性を強制連行した」との吉田清治氏に関する記事を取り消したが,1カ月たっても「おわび」のおの字もない。
 慰安婦を「強制連行された軍用性奴隷」と断じ,世界に日本の汚名をばらまいた国連人権委員会の報告に,朝日報道が大きな影響を与えたのも知らぬ顔の半兵衛を決め込んでいる。官房長官も昨日の記者会見で「間違いない」と認めたのに,である。ただし,例外もある。
 池上彰氏が「過ちを訂正するなら,謝罪もするべきではないか」と書いたコラムをボツにしたものの,事態が明らかになった途端,あっさり「おわび」した。朝日に「反省」の2文字は似合わない。どうか,このまま突っ走ってほしい。朝日の記者は「日本は中韓に謝罪し反省の態度を示せ」とは,恥ずかしくて書けなくなるだろうが。”
 

昨日の産経新聞の記事です。新聞社間の醜い争いですが,どうも朝日新聞に分が悪いようです。国家間の争いの火種,それも確実な裏付けなく報道,朝日新聞です。

 その後の経過については,皆さんよくご存じの通りです。日本の国益を損ねた点では,誤って済まされる問題ではありません。ペンの暴力です。

 但し,先の戦争は,日本帝国主義の他国侵略であることは間違いありません。これを反省し,平和憲法の下,再出発した日本です。

 そのことは世界の多くの国々が認め,平和条約締結に至っていることからも分かります。その点からも”第9条”を守ることが,国益に適うものと信じています。

今日の1枚
Dsc_6985


2014年9月 6日 (土)

FDAのずさんなこと

◇仕事熱心な税関?
 海外の友人へのスライド郵送,自国と他国の税関を通ります。日本の税関は,開封しても(異常がなければ)速やかに日本郵便に引き渡します。

 ところがドイツ・イタリアの税関では,開封してそのまま眠らせておきます。通常1週間程で届くものが,約1ヶ月かかることがあります。

 不審物と思われ,開封されるのは致し方ありません。が,異常がなければ速やかに次の行動を起こして欲しいものです。

 8月2日に投函したものが,ドイツの税関でストップです。届くのに約1ヶ月かかりました。こういうのを仕事熱心な税関と言うのでしょうかねえ。

◇ひまわり8号に期待大
 気象予報士の話に愕然,「この不安定なお天気は,まだ2週間は続く模様です。」と。また,秋野菜の準備に忙しい農家の人のコメント,「病気が心配だ」と。

 趣味の世界のレベルではありません。”食糧の問題”です。ほどほどの値段で口に入るのが当たり前と思ってはなりません。日照・降水などのおかげです。

 自然環境の微妙な変化,ここにポイントを当て,速く多くの情報を目指しす”ひまわり8号”,その稼働までまだ1年半もかかります。が,期待大の気象衛星です。

 ”夏は暑く,冬は寒い”といった日本の気候,その当たり前と思っている気候がおかしくなっています。詳細な観測・分析・対策ができるようになれば。

◇これも口に入る
 世の中,賢い人がたくさんいるものだ。あるいは,世の中,商売の上手い人がたくさんいるものだ。電波の恐ろしさと言い換えてもいいと思います。

 「身体に良い」…何か殺し文句ですね。記憶によれば,”納豆”があった。一時スーパーの陳列棚から”納豆”が消えたこともありました。

 こういった例は,たくさんあります。”アロエ””ヨーグルト”…。さらに輪をかけたものが,サプリメントの出てくること出てくること。

 儲ければ手段方法を選ばない「身体に良い商品」,出てきては消えの繰り返しです。何年も続けて摂取するような商品は???

 そもそも「身体に良い」とは,自然な状態ものを季節に応じて食するのが,一番ではないでしょうか?そう”旬”を大切にする日本人の食事です。

 西洋の食事が,日本人の体型も中身も変えてきています。日本人のDNAがそれについていかないのかしら?コレステロール・中性脂肪など,真っ先に当てはまります。

◇誰でも知っている?
 ピーチやジェット・スターの機内持ち込みは,うるさいです。預ければ有料ですから,どうしても機内持ち込みをしたくなる人が…。

 一番いい加減なのは,フジ・ドリームです。HPにある機内持ち込み制限を守ろうとする人はいるのかしら?寛容な心をおもちです。

 昔,NZの20kg制限に引っかかり,荷物の詰め替えをしました。地上スタッフの身体を考え,この数字を厳しくしていました。

 こういった制限に対して,日本人は素直に従う民族であったと思います。少なくとも”正直者が馬鹿を見る”ようなことはなかった。

 並ぶこと一つとってみても,そこには不文律の秩序があります。隣国の人達と大きく違うところです。それだけにフジ・ドリームのやり方は…。

今日の1枚
Dsc_7655


2014年9月 5日 (金)

VS900

◇あれあれ
 ”ヴァージンアトランティック航空(VS)が,ロンドンのヒースロー空港と成田空港を結ぶ路線を廃止,自社便での日本路線運航から撤退。世界的な路線見直しの一環で,来年2月1日が成田発ロンドン行きの最終運航日。
 ヴァージンアトランティック航空によると,89年5月にロンドンのガトウィック空港と成田空港を結ぶ路線を就航。日本路線からの撤退に伴い,日本支社の閉鎖も検討。”

 B747から始まったVS,デイリー運行でBAと戦っていました。A340-300,600といったやや時代がかった機材,やはり燃費が悪い?

 一度も搭乗したことはありませんが,この会社の切り開いたサービスには,定評があるそうです。他社がやらないことをやる…リチャード・ブランソン会長の負けん気?

 (有料)遊覧宇宙飛行を目指しているのも,ヴァージングループです。このことは,随分前に書いた記憶があります。約1500万円也!
http://www.youtube.com/watch?v=R4fjPLDDCL4&feature=player_embedded

 BAがシックな塗装から現行の塗装(途中がありましたが)になるやヴァージンがやったことは,ユニオンジャックをウィングレットに!スカーレットレディーに!

 G-VAST,VBIG,VFIT,VGAL,VSEA,VSUN,VWEB,VYOUなど,他の航空会社には見られないレジの割り当ても面白いです。何かHONDAの遊び心に似たものが…。

 個人的なことですが,私,ヴァージンの垂直尾翼にうまく陽が当たると,素晴らしい赤(朱)が浮き上がってきます。素晴らしいセンスだと思います。

 成田遠征時,陽が当たれば必ず(同じレジでも)撮ってきた一つが,ヴァージンです。特別塗装機には当たりませんが,普通塗装でも魅力ある会社です。 

 よきライヴァル?に恵まれたヴァージンですが,ついに日本から撤退が決定。成田が寂しくなります。スカイマークのB737に引き続き…。

◇20周年!
”関西国際空港は4日,開港20周年を迎えた。1994年の開港以来,巨額の債務負担に苦しんできたが,近年は格安航空会社の誘致などで海外からの集客力を高め,業績が復調。第1ターミナルには,韓国ロッテグループが展開し,ロッテ免税店が日本初出店。
 新関空会社の安藤社長は記念式典で「この20年は平たんな道のりではなかったが,海外からの利用客が過去最高になるなど成長トレンドの中で20歳を迎えられた」と。関空の2013年度の旅客数は外国人観光客増加を追い風に1812万人と,12年ぶりの高水準を記録。総離着陸数は過去最多の約13.3万回。
 新関空会社は債務解消に向けて関空と伊丹両空港の運営権売却を目指している。安藤社長は「今年は次の20年に向けて経営の自立を図る大事な年」と強調。運営権売却は約2兆2000億円を最低入札額として手続きが進められており,10月にも入札を開始。15年6月ごろに落札者が決まり,16年1月には新会社に運営が移行する予定。”

 羽田1極化の緩和を図るためには,是非関西国際空港を魅力ある空港にしていただかなければなりません。

 24時間空港として,人や物が集まり,散っていく空港になって欲しいものです。過去は過去,未来志向で是非取り組んでいただきたいものです。

今日の1枚
Dsc_3890a


2014年9月 4日 (木)

疲れました

 久しぶりのお仕事,まず生活のリズムが…。ギリギリしか起きることができませんでした。速く元の生活のリズムを取り戻さねば…。

 それでも,朝の慌ただしい時間,珈琲をいれることは忘れません。責務を果たさねば…。高級な珈琲と言われても,その価値の分からない私です。

 相変わらず”アカネ・マイルド・ブレンド”を嗜んでいます。癖がなく,飲み飽きない味です。毎日飲むには,値段と味がちょうどいいです。

 貧乏人の金失いと言いますが,今度のミル,どうも使い勝手が良くない。また,アマゾンで新しいものを買うハメになりそうです。これも情けない。
 
◇難しい扱い
”外国訪問の際に搭乗する政府専用機の飛行中,位置情報や飛行ルートがインターネットで解る。専用機の飛行ルートはテロ対策のため非公開,市販のアプリを入れるだけで動向を把握することが可能。専用機を運航する防衛省は,アプリ提供会社に専用機の情報を表示しないよう要請。アプリの名称はFlightrader24。2006年から提供を始め,300円で販売。飛行中の航空機が空中衝突を防止するために発信するADS-Bという信号を受信,航空機の現在地を地図上にアイコンで表示する仕組み。”

 私もFlightrader24を利用していますが,「何を今更…」と言うのが,率直な感想です。
テロ対策?,どうも世の動きに外れているような気もします。

 マスコミには流すが,国民には知らせない。利用すべき所は利用し,テロ対策を旗に情報を隠す行為ととらえたくなります。また国益ですかねえ。

 世界的に要人輸送機の情報が,Flightrader24でどうなっているのか,知りたいものです。要人機を撮影するために,羽田・成田・関西などの空港へ行く熱心さは?

 これでは送迎デッキの閉鎖・空港周辺のフェンス周りに警備員を置くのかしら?こうなってくると,テロ対策の根拠が薄くなるのでは?

 さらに言うならば,この程度の内容を記事にするマスコミ,眠れる者まで起こすことにもなりかねません。それより記事優先なんでしょうね。

◇ここでも
”ニュージーランド航空は2014年9月10日,サンフランシスコ発オークランド着NZ007便で同社の747-400による運航を終える予定。現在,1機の747-400,ZK-NBVが運航ラインに投入されている。”

NZのB747は,200型400型ともに名古屋小牧空港に飛来実績あり。なかには,ほぼオールホワイト塗装のものもありました。NZもB747を持たない航空会社になります。

中部では,B767のチャーター便があったような?NZで思い出すのは,機内で提供されるワイン,なかでもクラウド・ベイが美味しかったです。

◇日本は後進国?
"ノックエア(DD)とスクート(TZ)などが共同出資する新LCCノックスクート(XW),2015年第1四半期の運航開始を計画。ピートエアとして運航していた航空会社の株を取得,8月28日に社名を変更。バンコクのドンムアン空港を拠点としてB777-200型機を使用,TZと同様に中長距離の国際線の運航をめざす。"

今日の1枚
Dsc_7634


2014年9月 2日 (火)

趣味と現実

この月が終わると,年度の半分が…。情けないけど,月日の経つ速さをますます実感する歳となりました。

先月,何度もお天気のことを書いたような気がします。まるでヴィデオを見ていると錯覚するような日々が続きました。月が変わってもお天気は変わりません。

友人からのメールにも「青空って何度見たかなあ?」と。広島の犠牲者,まだ2人見付かっていない。捜索をする人達も大変ですが,ご家族の方のことを思うと,早く見付かって欲しいものです。

この広島の例を出すまでもなく,先月は全国で集中豪雨がありました。また,全国的に日照時間が短く,農家の人達も困っておられます。野菜の高騰もありますね。

◇趣味には金がかかる…納得
”定年間近の世代はしばしば「会社を辞めてヒマになったとき、趣味もないのにどうすればいいのか」と悩みます。せっかく得た自由な時間をどう使えばいいのか分からない。
20代の読者は平日は仕事に追われてばかりで、自由な時間はあまりありません。たまった家事を週末にこなし、自宅でネットしながら時間をつぶしていたら日曜が終わってしまう繰り返しで趣味なんかない、という人も。
趣味は生活を豊かにする可能性がある一方、お金の問題でもある。無制限に趣味にお金を投じていると家計が成り立たないどころか、借金漬けになってしまう恐れもあります。今月はバラ色老後もにらみつつ、趣味とお金の関係は?
無趣味の20代の人は、仕事が忙しいため趣味を楽しむ時間がないと考えているかもしれません。しかし、趣味を楽しむという要素をカットしてしまったことで、日常生活の満足感は大きく下がってはいないでしょうか。
友人との交際関係や買い物、おいしいものを食べることなど何か趣味を持つことは、忙しい毎日に潤いをもたらします。「来週末、大学時代の友人とおいしいスペイン料理を食べに行く」とか「来月出る新作ゲームが楽しみで仕方がない」のようなちょっとしたわくわく感があることで、しんどい仕事もがんばれる。
ブラタモリ的な街歩きの趣味がある。
人生を楽しく彩りのあるものとするためにも、忙しく疲れている人ほど趣味をみつけてほしい。
”電通総研「好きなものまるわかり調査」(2013年3月)、若い世代の趣味の種類や費用について詳細な調査を行った。今の若い世代は廉価な趣味と高額の趣味をメリハリをつけながら楽しんでいることが分かり、興味深い。
趣味というのは基本的にお金がかかります。自宅でネットを閲覧しているだけでも、パソコンやタブレット等の端末、ネット回線とプロバイダー契約、家庭内LANの機器が必要。
旅行や車が趣味になれば、毎月4万~5万円以上?ショッピングやグルメもお金がかかりやすい趣味のひとつ。
まったく無趣味であることは、節約の観点からは確かに良いことです。しかし、生きがいや暮らしがいがあってこその人生です。豊かでゆとりのある生活という観点からすれば、お金はあっても幸せは感じられない無趣味状態には疑問が残ります。
むしろお金がかかることは肯定しつつ、年収から投じてもよい趣味の予算と、趣味から得られる満足度のバランスを考えることがマネープランとしては重要。
この調査、高校生、大学生、20代の社会人に趣味をたずねています。年代によって趣味の種類や趣味に投じる金額が変化していくことも明らかに。
社会人になると自分の所得が安定的に生じることから、お金がかかる趣味を楽しむ人が増えていくのも特徴のひとつ。車やバイクにお金をつぎ込んだり、ギャンブルやたばこなどに毎月1万円以上つぎ込むのも社会人ならではの特権。
グルメやショッピング、恋愛の予算も学生時代と比べればぐっと高くなる。食べたり遊びにでかけたりする場所が変わってくるのは社会人になってからの楽しみのひとつ。
今までできなかった趣味について、世界を広げることはすべての社会人が意識してみるべきテーマ。大人になってスタートした趣味は、長く続けられる可能性もありますし、会社とは離れて新しい人付き合いを広げるきっかけにもなる。
SNSでのつながりも趣味をきっかけとすることで、一気に広がりを見せることがある。仕事の内容や年収、年齢や家族構成などを気にせず、同じ趣味嗜好を持つ仲間として友人が増えていくのはおもしろい体験。
そして、大人の趣味はコストパフォーマンスや予算管理を意識しながら楽しむ趣味にステージを上げていくことが重要。ギャンブルにはまって借金漬けになるのではなく、競馬等を楽しむにしてもバランスのとれたつきあいかたで長く楽しむ。
大人の趣味はマネープランの中に織り込むべき。日常の生活費はもちろん、子育てや住宅購入資金準備、老後の資金準備などを視野におきつつ、自分の趣味予算も確保していく。”

問題なのは,若者もさることながら,定年退職者ではないでしょうか?寂しい退職金・減る一方の年金など,年を追うにしたがって,厳しい経済状況が待っています。

確かに趣味は,人生に潤いをもたらせてくれると思います。が,その前に生活が苦しくては,趣味の世界は遠い遠いものと…。

今日の1枚
Dsc_7315


« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »