今日のお天気は?

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 光と… | トップページ | 3月11日 »

2014年3月10日 (月)

無知の恥ずかしさ

◇歳をとると(言い訳?),どうも固定観念にとらわれ,なかなか自分の殻を打ち破ることは難しいものです。少なくとも私は,その傾向が強いようです。

何か好きなものがあると,深く深く追求を始め,拡がりがありません。世の中知らないこと・ものがたくさんあるのに…。もったいない生き方です。

安野光雅”という画家を知ったのも,つい最近のことです。山口県津和野市には,氏の美術館があるそうです。これも知りませんでした。

音楽でも美術でも,どうも日本人は欧米人に対するコンプレックスがあるようです。それに留まらず,憧憬の念すら…。

日本画の歴史,これも最初は大陸からの影響が大きいのですが,次第に美しい国土の中,大和風に変化してきました。近世の浮世絵は,本家の画家達を驚かしました。

雅楽と聞いて宮中を連想する人は,素晴らしい。荒々しい琵琶の音すら,どこか悲哀に満ちた感情を生み出します。能においてもしかり。音は風土から生まれる?

ところで,安野光雅氏の水彩画(油絵ではありません),私の見たのは”原風景のなかへ”という小さな画集です。(共同通信社の連載をまとめたもの)

1枚1枚の絵には,まさに”ここに昭和あり”といったものです。昭和と言っても,太平洋戦争前かな?ほとんどの風景には,人影もなく,静謐そのものの風景のみ。

次回図書館に行ったら,検索をかけて氏の他の本を探そうと思います。昭和生まれの者にとって,これは郷愁を誘うと共に忘れていたものを呼び覚ますものです。

定年退職を機に,日本の古典文学をむさぼるように読み,同じく古典芸能を知り,”日本人としてのアイデンティティー”を呼び起こそうとしている私です。

新しいものがすべて良い訳ではなく,古いものの中にもお宝があることを知りたいと願っています。”人生=限られた時間”,心に響く時間としたいものです。

◇また,長距離バスの事故がありました。群馬県の事故を受けた対策が不十分?尊い命が奪われました。チャーターバスを追い払ったことで,余計に多忙になった?

運輸業者のみならず建設業者の人員不足が指摘されています。そのうちに手抜き橋・建造物が指摘されるかもしれません。

研修生”名目で,アジアの若い人達の力を借りている業種も少なくないとも聞いています。日本の移民嫌い?”労働者の受け入れ”を国の段階で検討して欲しいものです。

このままで行けば,企業はますます安価な労働力を求めて海外へ進出,国内の空洞化に拍車をかけるだけです。改善の兆しを見せる”正規採用”も進めて欲しい。

今日の1枚
Dsc_4166

そう言えば,これで"goo mail"は,終了ですね。長いこと使わせていただきました。感謝!


« 光と… | トップページ | 3月11日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/55311137

この記事へのトラックバック一覧です: 無知の恥ずかしさ:

« 光と… | トップページ | 3月11日 »