2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今日のお天気は?

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

ひょっとしたら

昨夜
Windowsから"Windows8.1"のお誘いを受け,アップデートを行いました。軽い気持ちで始めたのですが…。そもそもこれが…。アップデートに要する時間,約1時間45分!改善されるならばと我慢の子です。

その前から,”無線LAN”から”有線LAN”の切り替えで悩んでいた私。アップデートをしてもこの状態には変化なし。そして期待していた改善ですが,どこを改善したかも分からないくらいのマイナーチェンジです。”スタートボタン”も最初はどこにあるのか…。

そして言えることは,「このOSは,パソコンを重宝しているしている者にとっては,扱いにくい」と言うことです。職場で使っている"windows7"の方が,伝統を踏まえた扱いやすいものだと思います。

先ほども"biglobe"に相談しましたが,改善されず!唯一残ったのが,コンピューター内のトラブルです。ひょっとしたら,メーカーに修理をお願いすることになるかもしれません。明日NECと交渉しようと思います。

このような訳で,予告なくブログ・掲示板を中断するかもしれません。予めご了承ください。

これは
ANAホールディングスと日本航空の2013年9月中間決算は,国内線の好調などで両社とも売上高が前年同期を上回った。ANAの売上高は過去最高となったが,円安による燃料費の負担増で両社とも減益となった。
国内の景気が回復傾向にあるため,ビジネスや観光の旅客者数が増え,増収につながった。一方で,円安でドル建ての燃料費負担がANAで220億円,JALで232億円増え,営業損益と純損益は両社とも前年同期より悪化した。
ただ,純利益の減少幅はANAが前年同期比45.7%、JALが同17.8%と差がついた。ANAはトラブルによる欠航が相次いだB787の保有機数が多いことに加え,国際線に占める中国便の割合が高く,日中関係の悪化による日本人観光客の減少が大きく響いた。
通期の業績予想は,ANAは売上高を4月時点より300億円減の1兆5800億円,純利益を同300億円減の150億円に下方修正。一方,JALは売上高を同140億円増の1兆2860億円,純利益を同100億円増の1280億円に上方修正した。
ANAは「JALは公的支援による再生で純損益が年間1千億円押し上げられている」としている。一方、JALの植木義晴社長は「羽田国際線発着枠の傾斜配分で,JALは来年度以降,年間160億円の利益を失う」と主張した
。”

2013年10月30日 (水)

日本の恥

これは日本の恥ですな
お米の偽ブレンド販売・有名ホテルの食材疑惑・牛乳の偽成分,そこまでして利益を上げる!「お客様は神様です」と言う言葉ありました。メニューを信頼しているからお金を払うのが,客です。その信頼関係を崩してまでの利益優先の体質。

私たちの口に入るものだけに,”偽り”は許せません。中国製の”餃子”で騒いだのは誰達であったのか?日本製ならば,少々高くとも”安全・安心”だとお金を払ってきたのではないでしょうか?

疑惑が発覚したら,これまたいつものパターンです。国や都道府県の関係諸機関には,もっと食品に関して厳しい姿勢で臨んでいただきたいものです。抜け道のない厳しい罰則を作ってもらいたい。

そして今回の一連の騒動は,(恐らく)”氷山の一角”であると思います。以前某国の”食用油”の問題がありましたね。某国は恐ろしい国だと思っていましたが,どうやらこの国も恐ろしい国では?オリンピックの開かれる国,これは日本の恥ですな。

チャーターですか
日本航空は2013年度下期に,約85本のチャーター運航を検討。
地方発着に関しては,2011年に初めて実施した運航乗務員と客室乗務員にその地域の出身者を配する「ご当地チャーター」も継続。搭乗ゲートでの機長の挨拶や機長のサインを入れた搭乗証明書の配付など,独自のサービス拡充にも取り組んでいる。
例えば地方発着では,福島・宇部・広島・出雲・高松・松山・高知・小松・新潟・函館・札幌を検討中。
また,方面もハワイ、アラスカ、パラオの「3本柱」に加え,アジアにも注目。ネパール・ミャンマー・カンボジアへの運航をめざしており,ミャンマーは昨年初めてヤンゴンの単純往復で実施したが,今年はヤンゴンとマンダレーのオープンジョーで計画。
中長期的には,定番路線を強化しつつ新たなデスティネーションの開発に取り組む方針で,例えばペルーやブラジルへの設定を検討。また,B787型機によるチャーターの準備もおこなう。大型機では需要が追いつかないモルディブなどが検討対象。B787型機が利用できるようになる時期は未定,「2016年度にはある程度使えるのではないか」との予測
。”

”中長期的には…”とありますが。千歳・中部・関西・福岡からのヨーロッパ便の定期を目指していただきたいものです。B787ならば,きっとできると思います。余りに利益優先・首都圏優先な姿勢が,航空会社としての使命を忘れている?のでありませんか。

飛行機の王者B737
ボーイングは,B737 MAX開発プログラムのアップデートを発表,7月のプログラム開発時に発表した13%の燃費効率改善からさらに1%を引き上げる性能改善が行われたと発表。B737 MAXで14%の燃費改善の達成で,特により長いフライトの場合にメリットを享受出来るとし,さらにライバル機との差別化をアピール。
また,B737 MAXはデジタル飛行データ取得ユニット(eDFDAU:digital flight data acquisition unit)とネットワーク・ファイル・サーバ(NFS)を搭載。これにより,飛行中のメンテナンスに必要な情報取得がこれまでより倍以上となり,このデータを集中的に管理し,地上で必要になる作業を効率的に準備することが可能になる。
なお,2017年7月から9月の第3四半期にB737 MAX初号機を引き渡す計画
。”

2013年10月29日 (火)

困った困った

これだから
昨日"biglobe"において有線LANへの変更の仕方を教えていただきました。いつもながら大変に親切な"biglobe"です。パソコンの操作に疎い私でも分かりやすく,とっても安心できます。いいプロバイダー(最も他を知りませんが)です。

ところが,有線LANにしたのですが,いつも間にやら無線LANに切り替わっています。おかしな警告も出てきます。再度"biglobe"のお世話になりましたが,分かりません。NECと連絡をとってお教えを願いました。

無線LAN設定が残っており,優先的にそちらに切り替わってしまいます。パソコンをスリープ状態から元に戻すとよく起こります。高速インターネットは,あきらかに有線LANの方が早いです。"speed test"では,10倍以上の速さになることも分かっています。

一難去ってまた一難,これだから素人は困る!

私の秋の恒例
第65回正倉院展が開催されています。このうち3分の2以上は足を運んだことになります。前売りチケットをコンビニで購入することができ,とっても便利になりました。早朝出発も変わりなし,少しでも人いきれが少ない時間に鑑賞したいことも変わりなし。

正倉院展の後は
京都市上京区の浄福寺で,秘仏「栴檀瑞像釈迦牟尼仏(せんだんずいぞうしゃかむにぶつ)」(高さ1.3メートル)と釈迦堂内部が約100年ぶりに公開される。一般公開は11月1~10日。
秘仏は,清凉寺に祭られている「三国伝来生身釈迦如来立像」(国宝)を鎌倉時代にまねて造った最初の像とされる。
釈迦堂は総ケヤキ造りで,1756年に建立。2011年から木材を解体し,修復工事をしていた。正確な記録は残っていないが,寺関係者によると,公開は約100年ぶりという。
また浄福寺の本堂は,江戸時代に建物の奥行きが3間に規制されたが,外からは建物が2棟並んでいるように見せながら内部は3間以上ある設計で,日本最古の「違法建築物」として知られる
。”

☆元気ですねえ
大手航空会社もあの手この手を繰り出してきています。低燃費もそうですが,やはりLCCの動きには神経をとがらせていると思います。そんななか

ジェットスター・ジャパンが,大株主の日本航空と豪カンタスグループに対し,約110億円の第三者割当増資を11月に実施する。
成田空港を拠点とするジェットスターは昨年7月に運航を開始したが,旅客数が伸び悩み,平成25年6月期決算で88億円強の最終赤字を計上。自己資本が5億円強まで減少,、債務超過に陥る恐れが出ている。
ジェットスターには豪カンタスグループと日航が各33.3%,三菱商事と東京センチュリーリースが各16.7%を出資。増資は議決権のない株式で実施され,増資後も議決権ベースの出資比率は変わらない
。”

LCCと言えども,経営状態が芳しくないようです。主な乗客である日本人の体質に合わないのか?それとも他に理由があるのだろうか?浮き沈みの激しい世界,エアーアジア・ジャパンも消えましたね。

 

2013年10月28日 (月)

医者通い

今日は,3週間に一度の医者通い!
薬の関係で3週間に一度は,医者に行かなくてはなりません。月曜日と言うこともあり,混雑を予想していました。"walkman"を持って医者に行きました。やはりしっかりと待たされました。それでも大好きな音楽を聴いておれば,そんな苦にはなりません。

昨年もそうですが,朝晩の冷え込みが始まると血圧は上がっていきます。”中性脂肪””コレステロール”の値も気になるところです。食べたいものを我慢する,これって本当に辛いですよね。我慢我慢です。

ネットサーフィン
朝一番に電気屋さんに来てもらいましたが,やはりコンピューターの調子がおかしい。おまけにインターネットもおかしい。もう頭の中は飽和状態です。どうしてこんなに新しいコンピューターがおかしくなるのか,欠陥商品?

それでも先日興味あるサイトを見付けました。石仏が趣味,これは超マイナーな世界です。ただでさえ少ないマニア,それをネットの世界で知らせるとなると,超超マイナー?ほとんどが開店休業状態のなか,こまめに更新されています。

さらにデータをまとめ,小冊子にされ販売されていると言いますから,奇特な方?です。全22冊,財布に響きますが,今後のことを考えると出費は致し方ないです。時間をお金で買っているようなものです。

大丈夫???
8月上旬。三菱航空機の会長江川豪雄は,ある米国系航空会社の経営陣に激しく責め立てられていた。「今度こそ大丈夫だ,と話していたではないですか…。失望しましたよ」,すでにMRJを注文してくれた有力顧客。江川は再延期の話を内々に伝えたが,返ってきたのは怒りといらだちの言葉。この米国系航空会社は,近距離路線にMRJを飛ばそうとしていたが,計画延期で1年以上も予定が遅れ,機材配備などのスケジュールが狂う。
MRJの初納入は当初,2013年の予定。その後の設計見直しなどで計画は2度も遅れた。それから2カ月あまりで発表した再延期。初飛行の目標時期は従来の「2013年中」から「2015年4~6月期」,量産機の初納入は「2015年度後半」から「2017年4~6月期」へと再び遅れることになった。
従来機よりも燃費が2割もいい。MRJは165機の確定受注を得ているが,ある航空部門幹部によると,「MRJの顧客の1社がどうやらキャンセルを考え始めたようだ」という。飛行計画の度重なる延期が,競争相手につけ込む隙を与え,顧客を不安にさせている。
戦後の日本では,三菱重工などの航空機産業は航空機の開発を禁じられ,開発や生産技術などあらゆる面で空白期間ができてしまった。YS11は三菱重工など民間企業と政府がつくった半官半民のメーカーが事業主体。
技術力に定評がある三菱重工が,なぜMRJの計画延期を繰り返すのか。最大の原因は,三菱重工が航空機づくり特有の難しさにもがいていることにある。MRJの部品はおよそ95万点。しかも,国内生産は3割程度で,大半の部品は世界中から集まってくる。
ようやくMRJの最終組み立て作業に入った三菱重工の小牧南工場。そこには,ただ部品の受け入れスペースだけが広がっていた。「組み立てメーカー」の役割に不慣れなことが一因だ。やっと三菱重工は重い腰を上げた。「これからは飛行試験などでデータの蓄積が増えていく。円滑にこなすためには,経験豊富な人が必要なのです」ある三菱航空機の幹部は,最近動き出した人材獲得作戦の目的をこう説明する。それも,ボーイングOBらにターゲットを絞ったスカウトに乗り出した。
三菱重工と三菱航空機の改革より,「日本の空」を巡る航空機ビジネスの方が速く,大きく変わろうとしている。それも,世界の航空業界の2強であるボーイングと欧州エアバスがガチンコでぶつかり合い,その余波が三菱重工の航空機事業を揺さぶる。日本航空がエアバスのA350の大量購入を決め,ボーイングはB777Xの優良顧客を1社失った。しかし,影響はそれだけでは済まない。日本のパートナーがボーイングと築いてきた緊密な関係をも危うくしている。航空大手は燃料費の上昇ばかりか,LCCの台頭に頭を悩ませている。競争が激しい航空機メーカーと航空会社がコストダウンを進めれば,しわ寄せは部品メーカーに及ぶ。三菱重工はボーイングの「ティア1」と呼ばれる最上位の部品メーカーとはいえ,値下げ圧力をもろにかぶりかねない。そこから抜け出すための切り札がMRJだった。だが,仮に完成しても,それで安泰というわけではない。ある三菱グループの関係者は「MRJは飛んだ後こそ本当の勝負」と話す。B787で今年1月に発生したバッテリーの不具合問題。メーカーの事情で運航が停止すれば,航空会社に営業補償を支払う必要が生じる。機体を飛ばすまでの道筋が見えたとしても,メンテナンスやトラブル対策まで万全を期すためのハードルが残っている。MRJがビジネスとして離陸するまでの視界はいまだ不良
。”

2013年10月27日 (日)

お空の世界

自動車は好調だが
ANAHDの2013年4~9月期の連結営業利益は前年同期比3割減の500億円弱?。円安による燃油費上昇やB787の運航停止,中国・韓国線の不振が響いた。14年3月期の営業利益は前期比6%増の1100億円とする従来予想に届かない公算が大きい。
ANAHDは4~9月期の業績予想を開示していない。燃費性能の高い中型機,B787は6月に定期便の運航を再開するまで4月から国内線と国際線合わせて約1700便が欠航。これにより燃費効率が悪く,座席数が多い大型機を飛ばしたために採算悪化が進んだ。
為替相場での円安による燃油費上昇も痛手。9月末は1ドル=98円程度と1年前より約19円安くなり,燃油の輸入価格が高騰。海外からの部品調達や海外空港での整備費なども増えた。
一部のアジア路線の低迷も収益を押し下げた。中国・韓国との関係悪化で,両国を結ぶ路線の旅客が低迷。韓国路線はLCCとの競合もあり,成田・中部発の韓国線を運休。
欧米を結ぶ長距離路線はビジネス客を中心に好調。夏からは訪日旅行客の増加で中国線が回復したが円安などの影響を補いきれなかった。
上期の大幅減益を受け,14年3月期通期の営業利益は1千億円を大きく下回る可能性も出てきた
。”

国際関係・経済状態などの影響を受けやすい業界,特に”燃料費の高騰”は痛いですね。燃油サーチャージに転嫁すれば,お客さんは次第に海外旅行を控えるようになるし。円安効果をもろに受けていくことになり,軌道修正に迫られる?

エアアジア・ジャパンは26日,エアアジアブランドでの運航を終了。同社は昨年8月に就航したが,業績不振からマレーシアのエアアジアが合弁を解消,ANAHDの100%子会社となった。バニラ・エアに変更し,路線や料金,サービスを一新して12月20日(成田−那覇,台北の2路線で再出発)に運航を再開。
バニラ・エアは中部国際空港から撤退するなど採算性の悪い国内線を縮小する一方,観光客向けの国際線を強化。操作の分かりにくさが不評だったインターネット予約も改善?”

採算性の悪い国内路線」っておかしいと思います。「地方自治体・地場産業などにおんぶに抱っこ」の”殿様商売”ではありませんか?たいした企業努力もせず,せいぜい路線規模に見合った機材投入くらいしか能がない!

フジドリームエアラインズは2014年1月24日,1月26日,1月28日の3日間,名古屋小牧/出雲空港間のチャーター便を運航。旅行会社JTBのツアーで利用するもので,直行便の無い路線での就航。JTBでは通常は列車で5時間の距離を,チャーター便で約1時間で移動でき,2泊3日のツアーを募集

名古屋飛行場(NKM)をベースとするフジ・ドリーム。来年早春に最後の1機(予想はグレー)を受領予定です。まだまだ路線開拓はできると思います。常滑への移動(お金と時間)を考えると億劫になります。

東北に旅行した知人は,「早割を使えばお金も時間も節約できる。新幹線の長旅は身体に応える。」と言っていました。年金生活をしていても,たまには息抜きをしたくなります。こちらより早い紅葉や素晴らしい温泉,いいですね。

2013年10月26日 (土)

悲しいねえ

台風
台風27号,伊豆大島の人達に大きな被害もなく,避難勧告が解除されました。良かったです。本当に良かったです。また行方不明者の捜索が始まります。本当にご苦労様です。なんとか早く全員の皆様の遺体が発見されますように!

コンピューター
このところコンピューター・スキャナーの調子がおかしいです。電源を入れ,ログイン画面となりますが,パスワードを入力できない状態でフリーズしてしまいます。ホームページビルダーもおかしい,そしてインターネットもおかしい。

メーカーに問い合わせしたいが,(今までの経験から言うと)なかなか解決の糸口がつかめないもの。最終的には,再インスツールを薦められます。冗談ではありません。バックアップをとっても,様々な手を加えてあるものはやり直すしかありません。

まあ同じ機種を買った人でも使い方は様々ですし,環境も違います。いくら"help me"と叫んでも…。それでもこの状態が続くようならば,やはり問い合わせから始めるしかありません。コンピューター・リテラシーのない私は,こういうとき本当に困ります。

みのもんた
息子の不祥事が原因で,出演しているテレビ番組をすべて降りたみのもんた。この人を好きか嫌いかで分けるならば,好きではありません。が,この事件をおもしろおかしく伝えるマスコミの姿勢には,疑問を感じます。

台風の時にも書きましたが,「熱しやすく冷めやすいマスコミ」「フォローをしない無責任な垂れ流しのマスコミ」「売れればいい,視聴率を稼げればいい」など,マスコミの伝える内容をフィルターを通してインプットしなければ…。

家族が不祥事を起こしたら,当然親の責任が問われると思います。が,それにも自ずと限度があると思います。これが前例となってしまうことが恐ろしいです。一つのけじめをつけて仕事復帰ができたら…。甘いですか?

(例えば)子どもの万引きの謝罪に親が付きそう。当然でしょう。でも誠心誠意謝罪した後は,親子で今後のことを話し合い,生きていくのが自然ではないでしょうか?子どもの万引きに責任をとって親は仕事を辞める?

☆アフリカのパワーを感じます
ボーイングは、GEキャピタル・エイビエーション・サービスがリースするB777-300ERを、ケニア航空に納入したことを発表。
同機はケニア航空にとって初めての777-300ERであり、さらに多くの収容量と飛行距離、その長距離飛行運用に改良された経済性を提供、同社の編成中で最も大型の機体。
「このB777-300ERの納入は、ケニア航空の我々にカギとなる達成を印すこととなる。その長距離飛行の機能は、我々の現存する長距離市場をさらに効率的にすることを可能にし、近い将来のルートの開始を容易にする、我々のネットワーク拡大プランに完全なフィットとなる」とケニア航空のグループ常務取締兼CEOのティタス・ナイクニ教授は語った。
ケニア航空は追加のリースを含む、航空会社の「プロジェクト・マウィング」と呼ばれる10年戦略プランによって、さらに2機のB777-300ERの納入を受けることになっている。このナイロビを本拠地とする航空会社は、現在44機の航空機による編隊のサイズを2021年までに107機、目的地を現在の62から115箇所に増加させるプラン。
ケニア航空は現在、4機のB777-200ERと6機のB767-300ERから成る、全ボーイングの長距離飛行編隊を運用している
。”

☆大韓航空
ボーイングは10月24日、大韓航空機が、5機のB747-8インターコンチネンタルと6機のB777-300ERの注文を発表。
大韓航空はさらに1機のB787を追加注文。
大韓航空は現在、B747-8の旅客機と輸送航空機の両方のバージョンを注文した、世界で唯一の航空会社であり、B747-8とB777輸送航空機を同時に運航する最初の国際線運用者。
大韓航空の現在の編隊である90機のボーイングの旅客機は、B737とB747、そしてB777によって構成。航空会社はさらに全ボーイングの輸送編隊、27機のB747-400とB747-8、B777輸送航空機を運用
。”

黄色ポケモンが日本を去り,さらに寂しくなった日本の空。お隣では,まだB747を購入,この違いはどこから来るのかしら?

2013年10月25日 (金)

気になる台風の動き

墓参り
今日は,父の命日でした。お墓に着いたときは,曇り空でした。なかなか幸運な自分に…。が,線香を立てる頃にはシトシトと雨が降ってきました。その後は…。車に乗ったら,上半身はしっかりと濡れていました。

お勤めを終えると残り少なくなった珈琲豆を調達。「200gを二つ」と注文したら,美しい女主人は「あらっ,500gでは?」ときた。仕方なく「言う通りにします。」と言ったら,ニッコリ。全く商売がお上手?それとも綺麗な女性には弱い?

手渡されるとき「500g以上には,国産ジャムをサービスします。イチゴかブルーベリー,どちらにされますか?(なんだそんなことか!」と思いました。「ブルーベリーを所望します。」と。セールを知らなかった頓馬な私。

最後にガソリンスタンドへ。電光掲示板を見たら「152円!」,一挙に5円安くなりました。それでも信州の値段と較べたら,超激安となります。160円前後に慣れてしまいましたが,これくらいの値段ならば,仕方がないか?

台風27号が南の方に逸れていくようです。嬉しいのですが,伊豆大島の被災者のことを考えると,雨も風ももう要りません。土石流の下に埋まっている人の事を考えると,雨が恨めしくなります。速く見付かりますように!

(現在,伊豆大島全地域には避難勧告が出されているようです。)今夜は,また眠れないと思います。お気の毒としか言えません。避難勧告解除後,無事に自宅に帰れるといいですね。また(縁起でもないですが)土石流が…。

これはいいアイディア
ネットを通じて、世界中の美術館や博物館の作品を味わったり、展示室内を巡ったり。そんな体験がパソコンなどを通じて無料でできる「グーグル・アートプロジェクト」。プロジェクトを創設したアミット・スード氏は「一つの場で多くの美術館が見られるようにしたかった」と語る。
2011年2月に欧米の17館から始まり、現在はアジア、アフリカ、オセアニアを含む260館にまで拡大し、作品数も4万点以上になっている。
スード氏はインド出身でいま30代半ば。十数年前から欧米で仕事をする際に有名美術館を訪れるようになり「もっと若いころから来たかった」と感じたという。こうして世界中の美術館をオンラインで楽しめる企画を思いつく。今や作品の比較検討も可能で「一般のファンだけでなく、研究者のニーズを満たすところまで来ている」と話す。
各美術館側は、趣旨はすぐに理解してくれたが、安心して画像を提供してくれるまでには時間を要した。「簡単に旅行のできない人が楽しめる一方、これが来館への動機づけにもなる」と説得したという。
「でも実作の前に立つ体験は味わえません。オンラインでも実体験でも、生活の中にもっとアートを取り入れようということなんです。」

何でも見たい好奇心旺盛な私,素晴らしい企画ですね。一人の発想に同意した多くの美術館に拍手!本物を見るにこしたことはありませんが,先立つものを考えると"better"なもので我慢しなければいけません。

☆関西も成田も
成田国際空港の2013年冬スケジュールで、国際線旅客便の週間便数は前年比19便増の536便。デルタ航空と大韓航空が減便、ウラジオストク航空が運休する第1ターミナル北ウィングは前年を割り込んだが、同ターミナル南ウィング、第2ターミナルはいずれも数を伸ばしている。
国際線の便数増の要因は、新規就航でチェジュ航空の14便とトランスアジア航空の7便、増便では全日空の11便増、日本航空の14便増、エバー航空の4便増、エティハド航空()の2便増、S7航空の2便増、ニューギニア航空の1便増。
便数減では、DLやKE、XFのほか、エジプト航空、ウズベキスタン航空、トランスアエロ航空が運休し、香港航空も撤退。エアアジア・ジャパンも運航を停止。
就航する航空会社の数は貨物を含めて84社となり、過去最高を更新。路線ネットワークも就航都市数で海外101都市、国内15都市となり、過去最高。国内線の便数はJWの運航停止により3便増の402便に留まった。
12月に運航開始予定のバニラ・エアは加えていない
。”

久々の大賑わいとなるのか?!成田,行きたいなあ。

☆B787の動き
エア・インディアは2013年10月29日(火)から、関西/デリー線に787を投入する。関西国際空港への787の定期便就航はこれが初めて。関西発は火、木、土の週3便、デリー発は月、水、金の週3便。”

2013年10月23日 (水)

言いたい放題

堅い話から
ドル・ユーロに対して約4年ぶりという”円安”のニュースが入ってきました。石油・天然ガスなどのように輸入に頼る資源は,相当な出費を余儀なくされます。もう何ヶ月”入超”が続いていることやら。

海外のブランド品も”円安”のおかげで日本にたくさん入ってくるのでは?なかでも自動車は,なかなか好調のようです。しかし,海外のメーカーから見れば,(例えば)軽自動車のような税優遇を問題としてきます。

私ならば,ガソリンのオクタン価を問題にしたいです。日本のレギラーガソリンのオクタン価は,欧米と較べて若干低いです。そのために輸入車の大部分は,ハイオクガソリンを使います。指摘する人は少ないですが,輸入車への防波堤は,レギラーガソリンなり

この地域の電力会社は,組合に対して賃金カットを提示したそうです。これにはボーナスも入っているとか。こうした芸を演出して,電力会社は堂々と電気料金の値上げを狙っています。ここにも原発停止の影響が出ています。

エアバスの攻勢
エアバスのファブリス・ブレジエ社長兼最高経営責任者は,将来。日本でのシェアを現在の13%から50%に引き上げる考えを示した。
日本航空からA350を最大56機受注したことなどから,日本市場でのシェアは2020年には25%に上がると説明。その上で「20年後(の33年)にはシェアを50%まで伸ばす」と述べた。今後,全日本空輸など日本の航空会社への売り込みを強める考え。
A350の機体の10~12%は日本メーカーの部品を使っているとしたうえで,「機体の先端素材や電気機器、エンジン技術など日本には優れた企業がある。日本企業からの調達を増やせない理由は何もない」と述べた
。”

問題は,全日空がB777の後継機をボーイングが売りたいB777Xにするか,A350にするかだと思います。日本航空の時と同様に全日空に対して,相当な条件を用意してくるに違いありません。それでもボーイング機を継続して買うのか?自民党やお役所からの(影の)圧力がかかるのか,面白いですね。間違っても”ロッキード事件”の再発にならないように!

久し振りにLCC
LCCの最初の関門は「ネット予約」。コストのかかる電話予約の手数料を高く設定し,ネット予約に誘導する。
ジェットスター,便を選び氏名などを入力。次は座席指定の画面に移るはずだが,なかなか切り替わらずにエラー画面。エアアジアのサイトは使いにくさを感じる。ページが切り替わると2度も氏名の入力を要求する。3社3便のネット予約に1時間以上かかった。試しに全日本空輸のサイトで1便を予約してみたら所要時間は約5分だった。この程度は序の口。
2013年4~6月の国内航空会社の平均遅延率5.4%に対してピーチ13.79%,ジェットスター10.81%・エアアジア25.16%。JALは4.09%・ANA4.77%。この数字を見る限り「LCCに遅延はつきもの」と考えたほうがいいだろう。少ない機材をフル活用するLCCは,代替機材が豊富な大手航空に比べて遅延が多いのはある程度,やむを得ない。
予約に不慣れな乗客,遅延や欠航が多い実態を知らない乗客はまだ相当に多いと感じた。利用者もLCCの安さと引き換えの短所を理解したうえで利用する必要がある。
「トラブルも旅行の一部」。これぐらいのおおらかな心でLCCを利用する?

こういった記事を読むと,余程暇で寛容精神に満ちあふれた人が利用する?私には無理のようです。せいぜいスカイマーク・フジドリーム止まり?

最後にまた
数の暴力が戻ってきたようです。
特定秘密保護法案>まるで戦前に戻っていくような動きです。この次に出てくるのは,<新治安維持法>なのかしら?

2013年10月22日 (火)

迷走台風

昨夜
布団を干したこともあり,妙に暑い!その上に””が一匹ブーンブーンと…。どなたもこの経験はおありかと思いますが,なかなか眠れない。ごそごそベープを出してきたが,もう液体は残っていない!仕方なく寝ていると…。今日は一日眠かった。

それと読み始めると止まらない読書。現在”太平記”を読んでいますが,全4巻の大作です。中国の故事を引用しているところがやたら多く,そこはほとんど飛ばしています。それでも現在第2巻の途中。11月2日(返却日)までに何としてでも読破せねば。

台風「
台風27号及び28号,アベック台風の動き(「藤原の効果」と言うそうです)が気になります。昨日も書きましたが,雨風の強い時の墓参りはまっぴらです。明日の天気予報(台風情報)を参考にいつ墓参りをするのか,決めたいと思っています。

それにしても26号と似たような動きをする28号,やや迷走気味な27号,困ったものです。今回のアベック台風は,このまま行けば近畿以東に影響を与えるのは必須の状況です。伊豆大島での救援活動にも影響を与えそうです。

*藤原の効果とは
二つの台風の距離が約1000キロ・メートル以内に近づくと,互いに影響して台風が複雑な動きをすること。中間点を中心に、二つの台風が反時計回りに互いを追いかけるように回転したり,小さい台風が大きな台風に吸収されたりする。戦前に中央気象台(現・気象庁)台長の藤原咲平氏が提唱。

このソフトは導入の価値あり?
http://news.mynavi.jp/news/2013/10/22/241/
"windows8.1"にも余り魅力を感じない私,ひょっとしたらこれは?このメーカーのサイトをじっくりと見て判断をしたいと思います。一方では,このようなものが出回る(開発される)と言うことをMICROSOFTはどう思っているのでしょうねえ。

☆SQは
シンガポール航空は,ファースト・ビジネス・エコノミーの3クラスすべてに新しい座席を搭載した新ボーイングB777-300ER型機の運航を開始。新座席は,約1億5000万米ドルを投じてB777-300ER型機8機と,2015年以降の受納を予定するエアバスA350型機への搭載を予定。現時点で日本路線への投入は確定していないが,SQ日本支社長デイヴィッド・リム氏によると「まもなく良いお知らせができる」という。顧客満足度で常に上位に入るSQが「業界でのリーダーシップを維持する」ために投入する。”

機材は新しい,サービスはいい,機内食もいいなど,SQの評判はいつもいいですね。ヨーロッパもいいですが,シンガポールもいいですね。また,ヒルマンレストランのペーパーチキンを食べたくなりました。

☆KLは
KLMオランダ航空は2014年3月31日から,福岡/アムステルダム線を増便すると正式に発表。福岡発は月・火・木・土で,アムステルダム発は月・水・金・日の週4便で,機材はビジネス35席、エコノミー283席、計318席の777-200ERを使用。
これによりKLMは2014年夏スケジュールは,成田線が週11便,関西線が週7便,合わせて日本/アムステルダム間を週22便の運航。
KLMオランダ航空では「九州一円、そして就航地,福岡の関係各省庁,経済界そして観光業界の強力な支援,協力のおかげで,就航以来 6 ヶ月,福岡路線は全般的に素晴らしい業績を上げています」としています
。”

KLまでも中部飛ばしか!

2013年10月21日 (月)

珍しく朝に

バージンロードは空の上。愛知県常滑市の中部空港で20日,上空を飛ぶ飛行機内での結婚式「2万フィート(高度約6千メートル)のバージンロード」が開かれた。
同空港ターミナルビルを使った結婚式が500組に達した記念として,全日空グループと中部空港会社が共同で企画。鈴木啓太さん,高木絵里加さん夫妻が抽選で選ばれた。ウエディングドレスに身を包んだ新婦に新郎,親族や友人の計52人がDHC-8-Q400に乗り込み,富士山や新郎新婦の実家がある同県日進市の上空を飛行した
。”
経費約280万円!

富士フイルムは,来年中に安価なコンパクトデジタルカメラの開発を中止し,事実上撤退。富士フイルムは,1万円前後が中心の安価なデジカメの機種数を今年度中に半分程度まで減らす計画だったが,来年中には開発をやめる。”
スマートフォンの勢いに撤退を余儀なくされたようです。今持っているコンデジ(CANON/PANASONIC)を大切に使わねば…。特にPANASONICは,お気に入りのコンデジ…旅のお供…ですからね。
飛行機や石仏などは,ディジタル一眼を使用。記録用飛行機はフィルムを使用。目的に応じて使い分け。これも自己満足の世界なり。

知らなかった!
全国消費実態調査から1人当たりの重要5項目の消費額を算出。さらに産業連関表を使って加工品や外食での消費額も割り出して加算した。この消費額と内外価格差から算定した1人当たりの負担額は,5項目合計で年2万4000円,4人家族なら9万6000円余り。
来年春の消費税率の5%から8%への引き上げによる負担増は,年収800万円未満の世帯では年5万~9万円。農業を守る「隠れた負担」のほうが,消費増税よりも重いことになる。5項目は生活に欠かせないため,低所得世帯ほど負担感が重い「逆進性」が目立つ。税金で最も逆進性が強いとされる消費税より,低所得者の負担感は大きい。
「低所得者の財布からひそかにお金を抜き取っているようなもの」と,関税の撤廃を訴える。関税維持を主張するTPP反対派も「隠れた負担」を指摘。主要農作物の関税で国民1人あたり年2万円を負担していると試算。「関税が撤廃されれば家計は負担が減って新たな消費が生まれる」とプラス効果は認めつつ,「農機具メーカーなど幅広い産業が打撃を受ける」と。しかし,交渉では5項目も加工品は関税が撤廃・削減される方向で,「聖域」を完全に維持するのは難しい状況。
関税撤廃に伴う収入減を政府が税金で補填するのが所得補償制度で,TPPで自由化した農作物に導入される公算が大きい。税負担は関税と違って富裕層の方が重いため,日経センターは「所得補償の方が低所得者の負担は軽くなる」と結論
。”
「国益を守る」と選挙で訴えていたが,どうやら…。また,”国家機密”と称し,正しい情報を国民に伝えない法案も…。どうやら本来の姿を見え始めたようです。また騙されたのかな?

海外のメディアは冷静だ
中国の領土は英国より巨大で,経済成長のスピードも速い。中国の大気汚染が他国に与える影響も,これまでのどの国よりはるかに大きい。
今年1月,北京市の大気中に含まれる有毒物質の量は世界保健機関(WHO)の基準値の40倍を超えた。中国の10分の1の田畑が化学物質や重金属で汚染され,半数以上の都市で使用されている水は清浄や飲用に適していない。中国北部の都市は深刻な大気汚染が原因で,住民の平均寿命は5年半も短命だ。
中国政府は国民の批判を恐れ,2570億ドル(約25兆1600億円)を投じて環境汚染対策に取り組むとしているが,この額は香港の1年間のGDPに匹敵。また,中国の1年間の国防予算の2倍だ。中国は世界の40~45%の石炭,銅,鉄,ニッケル,亜鉛を消費。さらに,中国の工場が排出する二酸化炭素量は1990年の20億トンから90億トンに跳ね上がり,全世界の30%を占めた。その数字は米国の2倍に相当する。
中国に必要なことは二酸化炭素排出量の削減だ。エコノミスト誌はその有効手段として,中国政府が民間企業に炭素税を課すことを提案。同時に先進国に対して中国の環境保護政策に積極的な支援を行うよう呼びかけている
。”
PM2.5だけではなく,特に都市部の大気汚染は深刻のようです。海外からの旅行客も減ってきていると言います。我が国でも”四大公害病”が過去に(現在も続いているが)問題があり,その克服に取り組んできました。経済成長優先のツケが回ってきた中国,”黄砂”もそうですが解決しなければならないことが多いようです。

ゲーッ!25日台風?
この日は,親父さんの命日だ!台風の中の墓参り?参ったなあ。

2013年10月20日 (日)

また巨大台風が

目を覚ませば,雨音が…。そして一日中雨は止むこともなく…。市の祭りは,どうなったかな?恐らくパレードは中止でしょう。今まで一生懸命練習してきた人達,可哀想ですがしかたがありませんね。また来年…。

昨日も書きましたが,もうニュースを見る気力がなく,”ノー・テレビデー”となりました。週中頃から再び台風27号の接近,皮肉なものでコースは26号とよく似ています。まるで夏の山口・島根での集中豪雨のようです。

こう書くと,また皮肉を。あの集中豪雨の後の報道は?確かあと1人の方が行方不明になっていたと記憶していますが,見付かったのでしょうか?人命は何よりも尊いもの,きちんとフォローして欲しい(最も私の怠慢で,とっくに見付かっているかもしれませんが)。

鹿児島県には,霧島・桜島の長年の噴火によって降り積もった”シラス”と呼ばれる火山灰があります。旅をしていて,崖が大きく崩れているのを見たことがあります。火山灰は,極めて水に弱いので崩れやすいのです。今回も同様でした。

中身は怪しい?のですが,これも久し振りに”ネギトロ”を食しました。まあ値段から言ったら,この脂は骨の周りについているものか?それでも寿司飯にたっぷりのマグロ+焼き海苔とくれば,贅沢は言えません。但し,これまた久し振りに”赤味噌の汁”,辛い!

私には,せいぜい(減塩)ミックス味噌です。できれば(減塩)白味噌がいいなあ。具は,”豆腐+長ネギ”もしくは”あげ+長ネギ”で十分です。味噌汁の具は,シンプルなものほど美味しいですよね。

一度は行ってみたいのだが…
インドと中国に挟まれたヒマラヤ山脈の王国、ブータンが,外国人への門戸をさらに開こうとしている。ブータン・エアラインズが国際線就航。
ブータン・エアラインズは,A320を外国からの旅行者のほとんどが経由するタイのバンコクとブータンのパロ空港間で運航。
仏教を国教とし,国内総生産に代わる指標として国民の幸福度を測る「国民総幸福量」を掲げるブータンは「幸福の国」、「雷龍の国」として知られ,雪を頂いた山や手付かずの自然や神秘性を求め,観光客誘致に乗り出している。瞑想などができる静かな場所や現代生活から逃れる場所を探している人々の人気
。”

資本主義国の毒牙に噛まれないように,文字通り”幸福の国”を作っていって欲しいものです。

未だにデスクトップ+フレッツの私は
NTTが東西地域会社で展開している光ファイバー回線のインターネット接続サービス「フレッツ光」の巻き返しに向け,着々と準備を進めている。現行の光ファイバー網と比べ最大10倍の速さで通信できる新装置を2014年度にも実用化。柔軟に光ファイバー網を構築しやすくなる工夫も取り入れる。フレッツ光はスマホ向けLTEサービスの普及で契約数が伸び悩む。新装置によってNTTは運用コストを大幅に削減でき,毎秒10ギガビットもの超高速サービスを安価に提供可能。「フレッツ光の逆襲」がこれから始まる?

まあこれも理論値ですが,さらに高速となるフレッツに期待をしています。

2013年10月19日 (土)

拉麺を食べたぞ!

禁断の実
塩分摂取に配慮した食生活をしていますが,たまには食べたくなるのが拉麺。この夏,訪れたときはご主人が腰を痛められ,休業中でした。いくら何でももう再開しているだろうと思って向かった店が,”謝々”と言います。

この店,以前は違ったところで商いをしていましたが,いつの間にやら現地点に移りました。さらに初代のご主人がご高齢になられ,現在のご主人は二代目(?)です。変わらぬものの一つに,いつもご夫婦で店をやっておられます。

初代も二代目も調理はご主人の役目です。一人で作っていますから,味のばらつきは少なく,いつも同じ味に思えます。たった一人で調理していますから,随分と待たされることもあります。それでも食したくなる拉麺です。

壁のメニューから,ねぎ拉麺が消えていました。九条ネギを使った美味しい拉麺でした。残念無念。仕方なく二番目の候補を注文しました。2ミリ程の大蒜のスライスがたっぷりと入っています。これはこれでまた大変に美味しいです。味に変わりがなし!良かった!
1307362509
と言うわけで,久し振りに”禁断の実の一つ拉麺”を食べてきました。

ニュースを見ていたら,台風26号の爪痕”伊豆大島”の災害復旧作業をやっていました。いつものことながら”過熱した報道”には,”常識のなさ”(彼らにとっては,”報道の使命”ととらえているだろうが)が気になります。

消防・自衛隊の方々の作業を近くに寄って撮影,上空にはヘリコプターの飛び交う音。地元の人達は,眠れない日々が続いていると思います。昼間上空では,ヘリコプターの騒音!ますます落ち着かない生活ではないでしょうか?

伊豆大島には宿泊場所が少なく,ボランティアも断っているそうな。そんな数少ない宿泊場所を報道陣が占拠している?のではないでしょうか。「熱しやすく冷めやすい日本の報道」の一端を垣間見たような気がします。

黙々と災害復旧を行っている「消防・自衛隊員の方々を見習え」と言いたい。行方不明者の懸命な捜索・災害復旧に対する思いが,疲れた身体にむち打って作業に向かわせているのではないでしょうか。情けない!

☆エールフランス,80周年記念動画
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ymw92jlm3vw
もう成田飛来実績あり,黙って指をくわえているしかないのかなあ。

☆生産調整?
ボーイングは2013年10月18日,B747-8の月間生産機数を1.75機から1.5機へ引き下げた。市場環境が芳しく無いことから,生産機数を引き下げる。ボーイングでは2013年4月に月2機から1.75機に引き下げ,これに続き引き下げた。
ボーイングの見通しでは2014年ごろには特に貨物市場が回復,B747-8などの大型機は760機の需要がある?。なお,4月の発表時は790機の見込みとしていたので,20年間で30機が減る見込みに修正
。”

大型機は,A380に譲った?

2013年10月18日 (金)

足下を見たな

仮換地は
土地区画整理の関係で,組合事務所を訪問。話を聞いていると,「なんだこれは!」というような内容ばかり。組合という名目だけで,業者に丸投げです。40年前を思い出します。元の土地の4割以上をとられるのです。振りかえられた場所の酷さ!

土地区画整理は,簡単に言えば土地を多く持っているものからふんだくり,道路・公園などを作るのが真の目的です。完成後は,土地の値段が上がり,税金対策で土地を売らざろう得ない状況にもっていく。業者の取り分を多くするためには…。

在所に行って話してみたら,どなたも同じような内容ばかり。組合の取り分を少しでも多くし,民間業者に売りたい一心。利益は,組合を通して委託業者に入っていく。人の褌で相撲を取っているのと同じです。

そうはいっても完成予定は,約20年後だそうです。生きているかどうか分からないお話です。子ども達のために残しておくようなものです。お金をけちっては,子ども達が可哀想です。足下を見られています。

市のお祭り
市役所へ行ったら,週末のお祭りの準備の真っ最中。夏の花火大会と並んで,市が最も力を入れている行事です。協賛金の先細りの中,知恵を絞った内容のようです。その影響で駐車場探しに翻弄されました。

某書類をいただき,今度は警察署へ。免許証の一部変更窓口に行ったら,なかなかの美形の警察官。警察署も随分と女性が増えました。いいことです。肩苦しい所ですが,女性の華やいだ雰囲気が少しは…。

市のお祭り,とりようによってはパワハラですな。強制的参加の部門も少なくありません。まあ公共施設を安価な料金で使わせていただいていますから,市民は文句を言えないのかもしれません。私も過去,どれだけボランティア活動にかり出されたことやら。

☆国を守り,国民も守る
台風26号の影響により2013年10月16日未明に発生した東京都大島町の土砂災害に対して,東京都知事から災害派遣要請があり,10月17日19時30分現在で陸海空の3自衛隊から,隊員のべ350名・航空機のべ24機が活動。
派遣されている航空機,、陸上自衛隊第1飛行隊と東部方面航空隊のUH-1,第12ヘリコプター隊のUH-60JAとCH-47J,海上自衛隊第21航空群のUH-60J、航空自衛隊第2輸送航空隊と第3輸送航空隊のC-1など。
自衛隊は台風が関東地方を通過した10月16日11時から情報収集や救援部隊の輸送,患者の搬送のためヘリコプターとC-1を飛ばしています。10月18日には海上自衛隊の輸送艦も投入され,さらに活動が拡大するもよう
。”

こんな時に自衛隊が,オスプレイを持っていたら!伊豆大島は空港があるから,まだ救助活動はしやすいと思います。空港のない島での土砂災害には?やはりオスプレイを早期に導入して欲しい。

国を守り,国民を守るためにもオスプレイのような機材が必要です。2機の予算計上と聞いていますが,一桁違う数字ならば…。UH,CH以上のペイロードを持っているオスプレイ!

☆就航をしたものの…
アエロメヒコ航空は10月16日,成田路線でのB787型機の運航を開始した。従来はB767型機を投入していたが,機材変更により座席数が171席から243席に増加。来年には増便も計画しており,今後の需要のさらなる拡大に期待がかかる。”

もうこれからは,日没時間の出発となります。それとも到着便をデッキで?いずれにせよ撮影には苦しいです。春先まで待つか?!

2013年10月17日 (木)

楽しみだなあ

大好物
毎年この時期は,大好物に出会えます。先日は次郎柿,そして今日は筆柿です。梨も小粒ですが,安いものを買います。そう”柿+梨”は,私の大好物です。梨はもっと水分の少ないものが好きなんですが,もう売っていません。

この夏,ニュースで若者の柑橘類離れを放映していました。なかでもグレープフルーツの輸入量が減ってきているとか。理由は,切ってスプーンで食べるのが面倒なことだそうです。何ともなまくらな人間が増えたもんです。

そう考えれば,柿や梨は嫌われますね。皮をむかなくてはならない,そして柿には(多くの場合)種がある。不人気に輪をかけたような存在の柿,それでもあの柿独特の甘味は,大好きです。富有柿は…。

農家の人達が手間暇かけ,たっぷりの愛情を注ぎ込んだ果物,一年に一度は食するといいと思います。皮をむくのもよし,種を取るのもよし,お日様の光をたっぷりと浴びた季節の果物を食しましょう。

故障
今日,職場の事務機器(ラミネーター)が故障しました。「もう随分使っていますから,そろそろ買い換え時でしょう。」と言う声が聞こえました。こういう言葉を聞くと…。ドライバーを探して,分解開始。壊さないように細心の注意。

分解途中で,故障の原因が分かりました。オーバーサイズのラミネート?入れ方が逆?そして長年の汚れなどが挙げられます。まずローラーに巻き付いている原稿を取り除きから始め,ローラーのゴミをシンナー系統のもので取り除きました。大成功!

使い捨ての時代”に育った人類は,“故障”と聞くとすぐに買い換えを考えます。また,使い方が雑です。一方では,修理費よりも新品を購入した方が安価な場合があります。修理をする人間の人件費節約もあるでしょう。メーカーの思う壺です。

素人でも直して使えるものは,使いたいものです。そのためには最低限度の修理用具(+と-ドライバー・ペンチなど)を揃えておくといいでしょう。自分で直したものは,今まで以上に愛着がわき,大切にするものです。

☆またもや
アメリカン航空は2013年12月1日,羽田/ニューヨーク・JFK線を運休する見込み。すでにアメリカン航空のウェブサイトから予約できない。
アメリカン航空の羽田/ニューヨーク線は,羽田発で2011年2月20日から就航。東日本大震災により運休後,2011年7月3日から運航を再開し,2011年9月6日に再び運休。その後、2012年6月1日から運航を再開
。”
一方では,ダラス/香港・上海便を開設のニュースもあります。

☆撮れるようになる?
エアカランは2013年10月27日から,成田/ヌメア線の運航スケジュールを変更。現在は成田発が月・水・土・日の週4便、火・木・土・日へ変更。スケジュールも成田発20時40分から,成田発12時に8時間繰り上げての運航。機材はA330-200を使用
お昼の出発となります。夜逃げからの脱却?

2013年10月16日 (水)

そうなのか

台風26号で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
毎週のように発生する台風,それも久々の超大型台風でした。午後遅くなっても”吹き戻し”は一向に止まず,名古屋空港に着陸する飛行機はフラフラメロメロ?石仏を訪ねて巡礼を行っていますと,こんな所にも家が…。山崩れが起きたら?

日本は自然災害の多い国です。沖縄の人達は,毎年のように台風の直撃を幾度も経験されています。先人の知恵が,住居にも生活にも生かされています。近代的な建物よりもはるかに自然と共生した暮らしぶりです。

あの大震災,津波の恐ろしさを先人達は様々な方法で残してくれました。残念ながら年とともにそれは忘れ去れ,便利さ・効率を求めた生活に変わっていきました。私たちは,あの大震災を生かした方策を練る必要があります。そこに予算が必要ですね。

大都市であっても油断大敵。集中豪雨のために下水道がパンクしたこともあります。地下街・地下鉄のトンネルが冠水したことだってあります。人々の安心・安全が必ずしも保証された町はないと思っています。

そうなのか
ボーイングは日本でも牙城を失い始めた。2019年にも納入が始まる航空機は同社の大型機B777を置き換えるエアバスのA350。大型機はほぼすべてA350に置き換わってしまう?
背景は,日本政府の支援を受け再建を遂げて以降の日本航空の経営,さらには日本政府の変化。日本航空は20年ほど前にもエアバス機の購入を決めかけたことがあった。だが,当時は日米貿易摩擦の時代。政権にあった自民党上層部は経営会議の直前でこう待ったをかけた。「全日本空輸ならまだしも,ナショナルフラッグシップキャリアの日本航空はボーイングから買わないとまずいのじゃないか」
 発注が決まったのがB777だった。日本航空にとっては,機体だけでなくエンジンの選定や運航する路線にまで細かく「族議員」から注文をつけられ,経済合理性が二の次だった時代。
今回,自民党はむしろ日本航空を突き放した?「今度,経営が悪化しても日本航空は救わない。だから航空機調達に口をはさみ,日本航空の将来に対して(政府に)責任が生じるのはまずかった」。
政府から離れる日本航空,日本航空から離れる政府。新たな構図は今後も,様々な影響を航空機産業やエアライン産業に及ぼしそうだ。
例えば,ANAホールディングス傘下の全日空の航空機調達。ボーイングは間違いなく,受注をとりにいく。日本航空がエアバス製大型機で機先を制した後だけに,全日空はB777の後継機導入を巡って,ボーイングとの商談からどれだけ有利な条件を引き出せるか。
一方,日本の航空機関連産業とボーイングの関係にも影響が出る可能性も。ボーイングはA350への対抗機として,B777Xと呼ばれる大型機の開発準備を進めている。B787のように主翼を日本で生産する,との期待もあったが,ボーイングが現在,検討しているのは米国に持つ2つの関連会社での生産。
日本市場は中国,インド,ブラジルなどの台頭で相対的に航空機メーカーにとっての存在感が小さくなっている。日本航空との取引も減少局面に入り,ボーイングは日本の航空機産業との取引を従来のように,拡大一辺倒で続けるかどうか。
ボーイングにとって,一時は世界最大市場だった日本に起きた変化は,日本の産業界にとっても大きな変化の始まりを意味している
。”
さらに
日本航空が46機保有するB777全てを更新対象とする商戦が熱を帯び始めたのは昨年12月。エアバスのファブリス・ブレジエ最高経営責任者が稲盛和夫名誉会長を訪問。かねて「調達は複数購買が基本」と公言していた稲盛氏の意向を受け,日本航空はA350の購入検討を本格化。
1月に起きたB787のバッテリートラブル対応に追われるボーイングを横目に,エアバスと日本航空は機材の納入時期,機数,価格などを巡り交渉。
4月下旬には基本合意に向け機運が高まったが,ここで日本航空の整備部門を中心に「待った」の声が上がった。
日本航空の機材の大半はボーイング製。整備部門にとってボーイングは長年慣れ親しんだパートナー。この時,エアバスを不安視する日本航空幹部が指摘したのが「A350の耐久性」だった。
日本航空はB777を国際線と国内幹線路線で運航しており,後継機も同じように使う計画。国内幹線路線では国際線の倍近い500人近い旅客を乗せ,羽田―札幌など短距離を1日何回も飛ばさなければならない。機材に最も負担がかかる着陸時の衝撃もその分大きい。
主に中・長距離の国際路線での運航を想定して設計されたA350に対し,ボーイングはこうした日本特有の事情に設計面で配慮してきた。航空業界ではB777はA350に比べ最低2~3割は耐久性に優れるというのが通説。
耐久性に劣り,新たな整備負担もかさむため,総コストでエアバスはボーイングより不利。日本航空社内ではこうした見方が広がっていった。
ボーイング側は日本航空社内の動きを敏感に察知。一気に巻き返しに出る。5月8日,ジム・マックナーニCEOが来日。植木社長にトップセールスに臨んだ。
同社は大型のB777X型機を軸に,B777Xが納入できるようになるまではB787―10型機でつなぐ提案をした。日本航空にとって整備やパイロット養成の負担が少なくて済む。
ボーイングの巻き返しが奏功したかに見えた6月上旬,エアバスの乾坤一擲の新提案があった。
A350が耐久性に劣る分を補償する格好で,エアバスが整備費などを一定程度負担するプランを日本航空に持ちかけた。新提案を検討すると,ボーイングの提案より総コストで圧倒的に優位とする結果が出た。
ほぼ勝負が決まった大型商談決定の発表が10月にずれ込んだのは,羽田国際線発着枠の決定が控えていたため。
民主党政権時代に決まった日本航空の再建策に対し,現与党の自民党は今でも「過剰支援だった」と厳しい目を向ける。日本航空が1兆円規模の大型投資を発表することは,発着枠を決める政府判断に影響を及ぼしかねないとする懸念があった。
10月2日,羽田国際線発着枠はANA11便に対して日本航空5便で決着,エアバス機購入の発表の機は熟した。
したたかな駆け引きを見せた日本航空だが,従来のボーイング一辺倒からエアバスへの切り替えは大きな賭けでもある。この決断が吉と出るか,凶と出るか。新生日本航空の真価が問われる
。”

2013年10月15日 (火)

世の儚さ

研修生
世の中3連休,その開けはどこか職場の雰囲気が違っていました。それでも研修生は,緊張した一日?リフレッシュとともに今までの研修レポートをしっかり読み込んできたのでしょう,なかなかの成果を上げていました。

自分自身「こんなこともできないのか」と思うことは何度もありますが,それを口に出したら己の敗北です。ほとんど白紙の状態の研修生,身に付けなければならないことばかり。分からないことばかりからのスタートです。

時には「一歩進んで二歩後退」のこともあります。ほめる言葉は少ないですが,それでも諦めさせず,向上心をもって仕事を覚えて欲しい気持ちでいっぱいです。今年は運良く(?)若い女性,今までのプログラムを何度も練り直し,取り組んでいます。

言葉
スタンダールの言葉に「死とは,モーツァルトが聴けなくなることだ!」があります。また,リストの”前奏曲”には,「人生は死によって開かれる未知の歌への一連の前奏曲である。」と言う言葉からインスピレーションを得て作曲されました。

夕刻,友人より訃報の連絡をいただきました。このブログでも何度も書いているD氏が亡くなられました。昨年5月に緊急入院されて以来ずっとずっと闘病生活を送っておられました。先月中旬のお見舞い時には,随分良くなってきていると思っていました。

毎月お見舞いに行ってD氏とお話をするのを楽しみにしていた私。渓流釣りが最高の趣味であったD氏。病院のベッドで一人夢見るのは,渓流の光景ばかりだったそうです。退院したら,一緒に渓流を見に行こうと話していました。

大先輩の往生には何度も接してきました。もちろんおふくろの死は,初めての””を目前としたものでした。もう甘えられない,恩返しもできない,その瞬間でした。同年代の死を聞くと,改めて人生の儚さを感じてしまいます。

卜部(吉田)兼好の”徒然草”,鴨長明の”方丈記”を何度も読み直している私です。人の世の儚さ・むなしさを感じ,一時一時の大切さを痛感します。願わくば,D氏のあの世での平穏な生活が実現しますように。合掌。

今夜は,心静かにフォーレのレクイエムを聴き,D氏を思い出します。

☆MRJ
地方新聞に名古屋市内を深夜に走るトレーラーの写真が
三菱航空機と三菱重工業は2013年10月15日,MRJの飛行試験機,初号機の最終組立を開始。この最終組立は県営名古屋空港に隣接する三菱重工業の名古屋航空宇宙システム製作所小牧南工場で開始。
これまで愛知県海部郡の飛島工場で組み立てた機体構造部位のうち,中部胴体を10月13日,小牧南工場に移送。これを受け,最終組立に着手,順次,搬入される飛行試験機の胴体,主翼などの機体構造部位を結合。電気配線、油圧配管などの取り付け,必要な装備品の装着。
これから順次,名古屋市港区の大江工場で組立を行っている垂直尾翼,水平尾翼,プラット・アンド・ホイットニーから供給されるエンジンなどを搭載
。”

もう計画の遅れは許されない背水の陣,トラブルのないことを祈るのみです。

2013年10月14日 (月)

台風,上陸するかな

またですか
何か毎週「台風」が発生,沖縄の人達はため息ばかり?職場の仲間は,(日頃の行いがいいのでしょう)台風の合間をぬって旅行,さぞかしいい旅ができたことでしょう。今日は全国的に晴れマークの予報が…。予報って難しいですね。

以前「この夏の猛暑のまとめ」を放映していました。大きな原因は,やはり「海温の高さ」と言うことでした。この影響で台風が発生しやすく,大型になりやすい傾向があるとのこと。なぜ海温が上がったのか?その訳を知りたいのに…。

10月も半ばというのに最高気温は,25度を超しています。「東京では,観測以来最も遅い真夏日も記録」しました。それでも秋到来,「朝晩の冷え込み」が始まりました。高い山々には,「初冠雪」の便りも届いています。夏の暑さが紅葉にどう影響するのかな。

鈴鹿
やはり「F1」は面白い。ここ数年,レッドブル・ルノーがダントツの強さ,セバスチャン・フェテルの強いこと。史上最年少の年間王者は偶然でもなく,本当に強い。ドイツ人ドライバーってなかなかのものですね。走りに理論がある。
20131014214937_s

が,4分の1世紀のF1はもっと面白かった。それ程メカニズムにコンピューターが入っていない分,人間くささが車にあった。そして何よりドライバーにもの凄い個性があった。今のドライバーには,あれ程の個性がありません。

そして何より"HONDA ENGINE"があった。ドライバーが「"HONDA ENGINE"の力を出し切る」と言った面白さがあった。もちろんフランス人が,ルノーを応援しているように…。こうなれば,"HONDA"のF1への復帰が待たれます。

☆B767
日本航空は12月9日,全クラスの座席を刷新した国際線用ボーイングB767-300ER型機「スカイスイート767」の運航を開始。成田/バンクーバ線に投入,機内ではビジネスクラスに全席から通路にアクセスできるフルフラットシートを配置。エコノミークラスも,座席間隔を広げるなどして足元のスペースを最大10センチメートル拡大。
バンクーバー線の後は1月に成田/クアラルンプール線に導入。その後,対象路線を長距離の東南アジア線やホノルル線などに拡大していく予定。
時刻表などでは「スカイスイート767」からとって「SS6」と表記
。”

まだB767-300ERを使うんですね。B787がどれだけ増殖したのか知りませんが,機体への信頼度の高いB767,大切に使って欲しいものです。いつかカナダ再訪にこれを使いたいものです。楽しみになりました。

2013年10月12日 (土)

ため息

一体いつになることやら
週半ばから,西の方のお天気に注目していました。新幹線は,余裕があります。一方空の方は,あっと言う間に埋まっています。さらに悲惨なのは,ビジネスホテルです。カプセルホテルもしくは超高級ホテルしか,空室はありません。3連休ですからお値段も…。

西の方,この3連休は”晴れマーク”ばかり。お天気+宿泊+足の3拍子が揃わないことには…。直前まで,いろいろなサイトをサーフィンし,空室を探していました。年金者としては,少しでも安価な撮影旅行を考えています。がっかりです。ため息ばかり。

ところが,”晴れマーク”ばかりと思っていたら,”黄砂”情報が入ってきました。今年の春の遠征を思い出しました。そして春先は,余程のことがない限り西への遠征は…。雲の多い,そして何となく薄く黄砂が飛んできているようです。

自己満足
人にはなかなか理解されがたいことであっても,自分だけが惚れ込むってありますよね。"Amazon"を何気なく見ていたら?DVD(最新のブルーレイではありません)の中に…。即購入,そして今日届きました。
47a
早速鑑賞を。結局最後まで見てしまって午前中はお終い。このDVD,今となってはディジタル映像を見慣れていますから,色の滲みが気になります。それでもCDの愛聴盤以上に映像があるとインパクトが違います。間違いなく”お宝”の一つとなりそうです。

ところで"Youtube"には,なかなか興味深い映像があるものです。なかには(あきらかに)違法なものをアップしている輩もいますが,HDに余裕があるだけにダウンロードをしたいと思っています。無料のソフトをご存じの方,是非ご教授を!

笑いが止まらない会社
富士重工業の2013年4~9月期の連結業績は,営業利益が前年同期の3.5倍の1500億円程度。従来予想の1130億円を上回り,半期ベースで過去最高益。SUV(フォレスターの7割が輸出!)の販売が日米で好調なのが主因。円安進行も追い風となった。14年3月期の営業利益見通しも上方修正が確実とみられる。
日本国内も,4~9月期の新車登録台数が32%増と大手7社で唯一のプラス。今の為替水準が下期も続けば通期の営業利益は前期の2倍強の2500億円を上回る可能性がある
。”

ここ数年富士重工の業績は飛躍的に伸び,私の住む地域の営業所の社屋も本社の資金だそうです。トヨタグループの一員として,軽自動車生産を放棄,少ない車種(レガシー・インプレッサ・フォレスター)で売れる車だけを作る会社となりました。

個人的に富士重工の車が好きなのは,SymmetricalAWD+Boxer Engineにあります。そして忘れてはならないことは,日本のメーカーの中で唯一”年改”をしていることです。1年に一度自主的にマイナーチェンジをしています。インプレッサも3回目の年改間近!

*”年改”:スバル車の場合,ビックマイナーチェンジと呼ばれる改良は,あらゆるモデル・クルマで実施。年改毎にアプライドモデルと呼ばれるアルファベットがA→B→Cと変わっていきます。最初の最初の1ケタ目が車種記号。B→レガシィ,G→インプレッサ,S→フォレスター,Y→エクシーガ,Z→BRZ。2ケタ目はボディ形状とモデルの世代。例えばレガシィの場合,セダンがC→D→E→L→Mとなり,ワゴンがF→G→H→P→Rと。3ケタ目は駆動方式とエンジンの排気量。4ケタ目が年改記号。

2013年10月11日 (金)

先行き不透明な時代

どうなることやら
NECは,子会社のインターネット接続会社「NECビッグローブ」を売却する方針を固めた。通信設備などの主力事業に注力するためで,近く入札を行い,売却先を選ぶ手続きに入る方向。売却額は数百億円になる見通し。ビッグローブは業界4位で会員数は約320万人。NECが78%の株式を持つ。2013年3月期の売上高は841億円。”

約320万分の1ですが,もう16年もBiglobeにお世話になっています。この間のインターネットの長足な進歩は,予想もつかないものでした。契約当初は,月何時間の契約から始まったように記憶しています。常時接続なんて考えられない時代でした。

それだけではありません。通信速度の速さも特筆ものです。光ファイバーの仮申し込みから,工事までの期間も随分ありました。我が家まで電柱を何本も経由(この地区では私が一番速かった!)し,工事をしてもらいました。あの時の感動!速い!速い!

同じ光ファイバーでもどんどん契約内容が変わり,どんどん速くなっていきました。アップロード・ダウンロードも随分と楽になりました。勿論この頃になると,常時接続は当たり前のこととなりました。

スマートフォンの普及が,コンピューターの世界を変えていっている昨今,この先の世界は一体どうなるのでしょう。昨日の携帯電話の件ではありませんが,私のような機能を一部しか使わない人間は,どんどん切り捨てられていってしまうのか?

これは何もユーザーだけの問題ではありません。NECは,携帯電話からスマートフォンへの転換が遅れ,この分野からの撤退を余儀なくされました。PANASONICとて,プラズマ・携帯電話からの撤退と先を読み間違えた尻ぬぐいで精一杯です。

民間企業の経営者は大変ですね。利益を上げるために生産を中国を初めとするアジアに工場移転。いわゆる産業の空洞化の始まりです。ところが中国でつまずき,特に中小企業の経営者は,中国で大変な目に遭っているそうです。自由な撤退を許さない国です。

*:中国人従業員への退職金支払い,追徴課税などが障壁となり、大企業ですら中国から撤退するのは難しい。日本企業には格段に厳しい。欧米には“逃げ得”を許しても,日本企業だけには『一円たりとも得させない』と。

☆まだまだ勉強不足
関西国際空港は10月11日から12月31日まで,国際線間を乗継する乗客を対象に期間限定の特典を設定。
特典として,旅客ターミナルビルやエアロプラザなどで食事や買物の際に利用できる1000円券や、KIXエアポートラウンジまたはリフレッシュスクエア60分間無料券,空港内わくわく見学ツアーの土日祝日に利用できる無料券,スカイシャトルバス1日乗車無料券を用意。りんくうプレミアムアウトレットの割引クーポンや,りんくうプレジャータウンシークル温泉割引券も提供する。トラベルデスクでは乗り継ぎ時間に応じて利用可能な特典も案内する
。”

子ども騙しのようなやり方,香港・シンガポールで勉強してきなさい!

今日の1枚
Dsc_9031

2013年10月10日 (木)

時は流れる

定年退職を実感した日
昨夜携帯電話を充電しておきました。珍しく朝寝坊,急いで朝食をとり,出勤。物忘れの激しくなった今日この頃,携帯電話を忘れてしまいました。出勤届時に困りました。手動で出勤を済ませ,一日の始まり。帰宅して電源を入れると???

以前ならば,電話・メールが必ず入っているのですが…。お互いの連絡・意思疎通の必要性がなくなった?のでしょうか。改めて一つの区切りが付いていることを実感しました。そのうちに携帯電話をもつ必要もなくなるのでは…。

必需品が,必需品でなくなるのでしょうね。便利な文明の利器と思っていましたが,どうやらそれは現役の時に通用するものかもしれません。備わっている機能の何分の一しか使っていなかったのですが…。

お粗末
新聞で見る三大お粗末です。○東京電力○JR北海道○民主党ですな。ニュースでこの三つに出くわすと,必ず”頭を下げる光景”が定番となっています。人間誰しも完璧なことはできませんが,それにしてもこの三つ”お粗末”としか言いようがありません。

体質も似通っています。縦の系列の形式化(形骸化)が定着し,自己改革の機能が全く見受けられない。社会的にも責任ある組織だと思うのですが,誰も責任をとろうとしない点も似ています。

例のドラマの逆ですが,「部下のミスは,同時に上司のミスである」と言いたい。弁明ばかりの記者会見を繰り返したって,何も変わらない。”安心・安全”の観点から見れば,先の二つは泥沼化しているのでは?三つ目は,消えていけば済むことです。

風邪
これも古い言葉ですが,「アメリカが風邪を引けば,日本も風邪をひく」とあります。盤石と思っていたオバマ政権に黄色信号が灯っています。市場は敏感に反応しています。円高が一層増すかと思ったら…。

最初は「世界遺産”自由の女神”の見学ができなくなった」くらいの報道が,大統領の世界的な会議に出られないまでの事態に発展。お互いの非難合戦は,事態をますます深刻なものにしていくだけ。政治の世界の大義名分?

古くは”ウォール街の株暴落”,最近では”リーマンショック”と世界のグローバル化の中での大事件です。一国だけの問題では済まされないのが,世の常識。経済界以上に敏感な投資家,さてどう動くかな?

今日の三題,時は流れていますが解決できないこともいくつかあります。これが人間の生きている生の世界なんでしょうね。

☆エア・インディア
エティハド航空は2013年10月9日,エア・インディアが2012年10月に売却を発表していた,B777-200LRを5機を購入することを発表。
エティハド航空はこの機材をアブダビ発着のロサンゼルス線に投入する予定。また,機材の受領は2014年初頭の予定で,エティハドがすでに保有する仕様にあわせ3クラス制に変更を行い、2014年4月から路線に投入する予定
。”

以前からエア・インディアの経営状況が思わしくないことを知っていましたが…。成田に頻繁に飛来していた機材も…。路線縮小をすることによって,骨太の体質に生まれ変わろうとしているのか?

今日の1枚
Dsc_1701


2013年10月 9日 (水)

記録を破る

楽天・田中将大投手
G20131008ttt0700646g3000000
昨シーズンから負けなしの28連勝(今シーズンは24連勝),すごい記録を作ったものです。田中投手は,甲子園の頃から知っていますが,「楽天,いい投手を獲得したな」くらいしか思っていませんでした。歳とともに身体ががっちりとしてきました。

記録は意識して作れるものではありません。まして投手となれば,点を与えず(あるいは最小失点に抑え)味方がそれ以上の得点を重ねて勝ち投手となるわけです。楽天の野手も大変だろうと思います。エースのために守り,打たなければなりません。

人間誰しも好不調があります。1週間に一度の登板であっても,その他の6日間の身体及び心の管理は,本人しか分からない大変なものだと思います。それを昨シーズンから28回も乗り越えてきている!とてもとても人間業とは思えません。

まあいずれは負け投手になるでしょうが,これまでそしてそれまでの努力を心から讃えたいものです。こういった立派な投手が,日本のプロ野球にいることも誇りに思っていいと思います。

今年のプロ野球は,ヤクルト:バレンティン選手のホームラン59本という記録もありました。しがらみから抜け出たセリーグの各投手,正々堂々と戦い,59本のホームランを浴びました。四球で逃げることなく勝負したことも良かったと思います。

記録を生み出すことは大変なことですが,記録を破ることはさらに大変です。”…今年のプロ野球,久し振りに内容の濃いものであったと思います。”巨人・大鵬・卵焼き”の世代から見れば,少しは魅力を取り戻したかな?

☆久々にエルフラ
201310092013100780ans_fhpjia380
情報に疎い私ですが,A380の初めての特別塗装機ではないでしょうか?1年間限定,型式写真愛好家にとっては,苦しい位置に"80"があります。成田のRW16Lで撮れますかなあ???

ついでに,これはゆっくりと鑑賞したい
http://80years.airfrance.com/

2013年10月 8日 (火)

意識改革

カタログの言い訳
毎月何台も発表される新型車。浮き沈みの激しいこの業界ですが,熾烈を極めるのが”燃費”競争だと思います。世界に先駆けハイブリッド車で先行するメーカー。アイドルストップ付きなどを講じて追い上げるメーカー。

メーカーのサイト(カタログ)を見ると,”燃費”の欄には,素晴らしい達成値が載っています。そして誰しも「そんなに燃費がいいのならば」と購入に踏み切る。乗ってみて分かることは,7割も達成すれば御の字。カタログでは,大変小さな文字で言い訳が書いてあります。

燃費消費率は,定められた試験条件のもとでの数値です。したがって,実際の走行時には,運転条件・習慣及び整備状況等により燃料消費率が異なってきます。~略~一般的に燃料消費率はやや低い数値になります。」とあります。

町中のチョコ乗りがメイン(?)の軽自動車,高速道路を100km以上で走るハイブリッド車にこの数字は縁遠いものです。こういった”高燃費車”を購入したら,それにふさわしい乗り方を学ぶ必要がありそうです。

もう一つ,ハイブリッド車の電池は,20万円以上すると聞いています。また,アイドルストップ車には,一般のものよりも容量の大きなバッテリーを積んでいます。これらの維持費に見合うだけのカーライフを考える必要もありそうです。

現代の生活には,都市部の公共交通機関が発達している地域以外では,車は生活の必需品です。また貴重な資源(石油)を使って走っています。一人一人のドライバーの意識の変化こそ一番求められているものではないでしょうか?つまり意識改革です。

A350に関して
昨日発表があった日本航空のA350購入契約の件,賛否両論がありますね。いろいろな考え(推測を含め)があるようですが,私は選択の意味を考えると賛成です。稲森さんではありませんが,”経営リスクの軽減”のための大鉈が下りたと思います。

”適材適所”の言葉通り,「B777-300よりも経済的なA350-1000」と言われています。より経済的な機材を選ぶことは,経営者が最も優先する考え方です。過去のしがらみからの脱却は二義的なものです。

ボーイングとエアバスが,お互いに切磋琢磨し,より地球環境に優しい機材を開発するか,そういった観点でこれからの飛行機を見ていく必要がありそうです。もう”ロッキード事件”の時のような時代ではありません。

☆偉大な三流国?
中国国家観光局は,中国人が国外旅行をする際のマナーガイドを発行。
近年、急増する国外への中国人旅行者の「非文明的」行動が,国の評判を落とす結果となっているとし,イラスト共に64ページに渡って細かに記載されている。
「公衆の場で鼻をほじらない/鼻毛は切らない」,「歯に挟まったものをとる時は,指を使わない」,「公衆トイレを長時間占拠しない」,「便座に足跡を残さない」,「指を鳴らして呼ぶのは犬だけ。人を呼ばない」などに始まり,「いざ危険な状況が起きた時に,他の人が使えなくなるので,飛行機の救命胴衣は持ち帰らない」なども記載。
ツアーガイドを務める中国人男性は,「国外でむちゃをすると,中国人のイメージが傷つく」とし改善されるべき時が来たとコメント
。”

最近仲の良い某国とともにこの偉大な三流国の旅行者と出会うと,思わず顔を背けたくなる私。まずは「大勢で大声でわめく姿。見苦しい,迷惑,恥ずかしい。」,こんな恥ずかしいガイドブックが出ることは,それこそ国辱ですよね。

今日の1枚
P1020714

2013年10月 7日 (月)

待ちに待った

このブログにて何度も「まだか!まだか!」と書いてきました。今日,やっと…。
Tm_20131007_ab_fig1_1
日本航空は,欧州の航空機大手エアバスに次期中型機A350を発注。発注台数は合計31機(A350-900型機18機およびA350-1000型機13機)で,購入価格はカタログ価格ベースで9500億円となる。受け取りは2019年以降で,6年間かけて調達。さらに25機の追加購入も予定。日本航空がエアバスから航空機を購入するのは,日本航空と日本エアシステムの合併後は初めて

エアバスの喜びもただごとではないと思います。ボーイングの厚い壁にやっと穴を開けることができた!ご祝儀を兼ねて相当なディスカウント?(エアバスのディスカウントは有名ですから)こうなると,MRJまでと思っていたスポッター人生もA350までと軌道修正?

ボーイングにとっては,やはりB787のトラブルが影響していると受け止めていることでしょう。青組とともに経営基盤をしっかりと確立するために決めたB787。受けた経済的損失ばかりでなく,ボーイング一辺倒の長年の考えまでも変えてしまった。

31+25=56ですな。ひょっとしたら,B737の数と並ぶくらいエアバスが占めるようになります。こうなると青組は,A380を考えるのでは?(下々の期待を込めた観測?)A380の胴体径はB787よりもちょっと広い!これがじわじわと効いてくるような?

そしてB767…延命策(ウィングレット装着)がとられていますが,やはり古いですね。さらに初期導入のB777-200までもレプレイスできる勘定?B767の乗務員は,いずれA350に移行するのでは?となると,東京の大御大は???(勝手な想像ばかりだな)

最後にプレスリリース
http://press.jal.co.jp/ja/release/201310/002669.html
http://www.airbus.com/newsevents/news-events-single/detail/airbus-and-japan-airlines-sign-their-first-ever-order/

2013年10月 6日 (日)

座って半畳,寝て1畳

何だ,日本でも
住んでみたいんでみたい街」のランキング。首都圏では吉祥寺が6年連続で首位。交通の便の良さや商業施設が充実していることを理由。一方,「老後に最も住んでみたいと思う街」のランキングは,鎌倉がトップで歴史や自然環境などが評価。”

住めば都」と先日書いたばかりですが,国内版もあるのを初めて知りました。私はと言うと,交通・商業施設もそうですが,やはり医療機関の充実を挙げたいですね。できたら静かな環境のもとでゆったりと暮らしたいものです。

交通の便がいいところは,騒音・排ガス等がつきまといます。商業施設が近くならば,さらに騒音がひどくなります。便利なものになれてしまうと,人間誰しも横着になります。自給自足は無理にしても,家庭菜園に取り組むのもいいですね。

例が悪いかもしれませんが(住んでおられる方,ごめんなさい),品川駅西口を出て歩いて行くと,高輪ですね。響きもいいし,高級住宅地として有名です。町散歩をしていると,狭い路地が曲がりくねり,変わった形の家をいくつも発見することができます。

一方では,同じ町の中で「一日数時間しか日の当たらないような家」も見かけます。いくら有名な町とは言え,自分の家となると二の足を踏んでしまいます。名もないような町であっても,やはり南向きの日当たりのいい家に住みたいものです。

年金生活になっても,今まで購入したCD/DVD/書籍があります。1日1杯くらいは,美味しいコーヒーが飲めます。所詮人間生きるのに,「座って半畳,寝て1畳」で済みます。ならば少しでも人間らしい場所に住みたいものです。

☆あの小さな会社が…
エミレーツ航空は,ドバイ発着で4大陸への路線を拡大したと発表。フィリピンのクラークへ777-200LRで就航,ドバイ/ミラノ線を延伸してミラノ/ニューヨーク線を777-300ERで就航,さらにブリスベン線にA380の投入。
クラークはマニラのニノイ・アキノ空港に続く就航で,ニューヨークにはこれで1日3往復便、ブリスベンはA380の就航地として22番目。アジア・ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリアと各大陸への路線拡充でよりネットワークを強固にする
。”

初めて見たときは,A300-600Rでした。それが今では,世界中にA380を飛ばす会社にまで成長。全くオイルマネーの威力恐ろし!ドバイに来てもらうことよりも,エミレーツ航空会社を利用していただく姿勢に徹していることが,大躍進の原因?

恐らくエミレーツ航空は,シンガポール航空やキャセイパシフィック航空の経営方針を徹底して研究したと思います。そしてそれがものの見事に的中!ドバイ空港の利便性とともに離発着の徹底した管理も付け加えるべきでしょうか?

☆ウズベキスタン航空
ウズベキスタン航空は2013年10月25日以降,成田/タシュケント線を運休する計画。ウズベキスタン航空は2013夏スケジュールで水、金の週2便の計画ですが,このうち水曜日は運休している。”

名古屋空港では,散々楽しませてくれたウズベキスタン航空,寂しいですね。

2013年10月 5日 (土)

まとまりのない

芸術の秋とも言いますが…。
横山大観展――良き師、良き友」が5日,横浜美術館で始まった。「屈原」(16日まで展示)や「秋色(しゅうしょく)」といった大観の代表作をはじめ,薫陶を受けた岡倉天心や,大正期に影響を与え合った画家仲間の作品が並ぶ。同展は11月24日まで。”

日本画家の中では,横山大観が一番好きな私。島根県:足立美術館はあこがれの地です。今回横浜で行われる「大観展」ですが,何とか日帰りでもいいから行きたいと思います。それとも急遽,相模国の石仏撮影を計画しようかな?

大観ほど先人を研究し,己を厳しく見つめ,絶えず新しい世界を求めた日本人画家はいないと思います。偶然数作はできたとしても,己の画風の確立となると,大観に並ぶ画家は…。大観の残した絵を鑑賞することは,大変に辛いものがあります。緊張感が求められます。

http://www24.atpages.jp/art625/taikan.html

お空にも
国際民間航空機関(ICAO)は,カナダ・モントリオールで開いた総会で、航空機から出る温暖化ガスの削減策を2020年までに導入することを決めた。排出量取引など市場メカニズムに基づく仕組みを設計する。ICAOは,温暖化をめぐるこうした対策への国際的な合意は主要産業界では初めて。
具体的な内容は今後ICAO加盟各国間の交渉を経て作成し,次回16年の総会で決定。世界全体の二酸化炭素排出量の中で航空産業が占める割合は2%未満だが,発展途上国を中心に拡大を続けている分野のため,対応を急ぐ
。”

安倍首相ではないが,「地球球温暖化」への取組は,次世代の負荷を軽減するためには,是非取り組まなければならない問題です。例の「PM2.5」が話題になった某国,首都におけるスモッグ状態をどう解消するのでしょう。

日本の車は,世界トップレベルの「排ガス規制」により,困難があればあるほど,逞しく成長してきました。私のカーライフは,この取組の歴史そのものです。「力が落ちた!走らない!」と言った初期の頃から見れば,現在の車は異次元の世界のようです。

航空機においても,燃費向上に向けての取組をメインにする時代から,「CO2」を減らす取組に方向転換する必要があると思います。これからの時代,かけがえのない地球環境を守るのは,1国1企業の努力ではできません。人類の叡智が試されます

☆どこに問題があるのか
日本航空のCMに登場した富良野町の「5本の木」。CM放映開始とともに巡礼を行うファンが殺到したものの,一部の心ないファンの行動が原因で,事態は予想外の方向へ進んでいた。「5本の木」は同町の私有地にそびえ立つ5本のカラマツ。ところがCM放映後,私有地に立ち入り撮影を行うファンが後を絶たず,ゴミのポイ捨てや違法駐車などの問題も発生。ついには激怒した木の所有者が,被写体としての価値を下げるために新たに木を2本植えて、7本の木にしてしまった。”

CM制作会社に言いたい。私有地と分かっているものを使うことに疑問をもたなかったのか!最低でもCMの中にも「これは私有地です」と流すべきなのではないだろうか?ファンの皆様,ゴミのポイ捨てや違法駐車は,日本人として恥ずかしいことです。

☆甘いなあ
中部国際空港は,2014年後半の供用開始を予定していた新ターミナルの計画を延期すると発表。伊藤鎭樹氏は「本格的な整備に入る前に,航空会社をめぐる動向が変わってきた」ことから延期を決定したと説明。今後は空港の規模や仕様、コンセプトを見直し「きちんと状況を見極めながら進めていきたい」考えを示した。
中部は南側地区整備事業計画として,新ターミナルの建設とエプロンや駐車場の整備,増設を発表。ターミナルビルと駐車場や道路は2014年後半に,それ以外の施設は14年後半から15年後半までに段階的に整備する計画だった
。”

時間によっては閑古鳥が啼く空港,使用料を値下げして,そのまま使っても何ら混雑しない空港では?新たな建造物は,結局利用者の負担増を求めることになります。

今日の1枚
Dsc_0424



2013年10月 4日 (金)

生まれた国が…

某調査
世界にはいろいろな調査があります。日本人には思いも付かないような調査をし,発表して驚かす?概してこういった調査は,サンプル数・地域・方法を公表しないものです。それでも野次馬は…。

エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が世界80カ国に対して行った,健康や安全、豊かさなどについての調査・格付。
指標には「ビジネスチャンス」や「衛生基準」、「政治の自由度」などのほか,「生活の質」や「2030年の経済予測」といった主観的なものも含まれている。男女平等・失業率・犯罪率・気候条件なども考慮された。
先進国は格付けで比較的上位に位置しているが,米国とドイツはともに16位,日本は25位,英国やフランスはさらに下位に格付けされるという結果。なお,中国は49位
。”

「他人の飯は白い」(この例えも古すぎますねえ)と言いますが,「住めば都」と言う言葉もあります。海外を旅行していて,うらやましい気持ちが生まれますが,いざ永住するとなると…。やはり「自分が生まれた国が一番だ」と思います。

いかがなものか
日本航空は4日,羽田空港の国際線発着枠の配分是正を国土交通省に請求。配分に関する行政文書の開示も請求。植木義晴社長は,国交省から納得いく回答がなかった場合,「次のステップを考えざるを得ない」と述べた。”

確かに2対1の割合では,企業の死活問題<1枠(便)あたりでは100億円程度の収入が減る?>となるであろう。それでもここ数年の政府の日本航空に対する手厚い保護を考え,そのおかげで再生を果たしてきていることも事実です。公正な競争原理ではありません。

日本航空で思い出しましたが,この先1週間のお天気は全国的に崩れるようです。例年9月に”秋雨前線の停滞”による長雨がありますが…。今年は台風とともに消えてしまったと思っていました。

☆どこのLCCも餌の出し方は同じ?
セブパシフィック航空は関西/マニラ線を2013年12月19日から増便,デイリー運航。これを記念して,10月4日(金)から10月7日(月)の4日間,席数限定のスペシャルプロモーション運賃を販売。片道100円からで、全てウェブサイトでの予約のみ。
片道100円の航空券は,2014年1月1日(水)から6月30日(月)まで旅行が対象。2013年11月1日(金)から12月31日(火)まで場合、片道5,999円。
なお,就航記念プロモーション運賃の販売終了後,関西/マニラ線の運賃額は8,999円。いずれも空港施設使用料、燃油サーチャージは含まれない
。”

☆今日も動画を紹介
はて,どこの空港でしょう。
1382388_690259124337100_1162871110_動画を見ると…
https://www.facebook.com/photo.php?v=10151972097167216&set=vb.158307244279033&type=2&theater

2013年10月 3日 (木)

塩分の摂り過ぎ?

薄味
薄味になれてくると,外食は本当に辛いものがあります。今日のランチに”鶏の唐揚げ”が出ました。周りは,「美味しい,美味しい」と言っていますが…。私も60年近く,ああいった濃い味に親しんできました。その結果が…。

”塩分”は,生きていくためには必要不可欠なものです。が,その摂取の摂り過ぎを長年蓄積してくると,”高血圧”の原因になってきます。また,”カロリー・オーバー”は,(間接的に)”糖尿病”につながってきます。

普通には,塩分摂取の基準は”1日9グラム”だと言われています。美味しいラーメンやうどんも,「汁を残さず」といった食し方をしておれば,この数値をあっと言う間に超えてしまいます。実は私もそのうちの一人でした。

”高血圧”や”糖尿病”といった症状・病気は,それ単体では進んだ医学の力で対応できるそうです。問題は,この二つを起爆剤として他の病気を併発することです。毎月お見舞いに行っているD氏も,”糖尿病”から始まっています。

使い辛い"windows 8"
新しいコンピューター,半年が経ちました。相変わらず使い辛いOSだと思います。散々前評判が高かったものが,こんなにひどい商品とは…。マイクロソフトもその非を認めた。
日本マイクロソフトは,基本ソフト「ウィンドウズ」の最新製品「8.1」のパッケージ版参考価格(税抜き)を発表。
ダウンロード版も18日から発売。「ウィンドウズ8」のユーザーは,日本時間17日午後8時から,無償でアップデートできる。
また,これに伴い,「ウィンドウズ7」のパッケージ製品の出荷を終了
。”

コンピューターから,スマートフォン・タブレットへの流れは止まりません。コンピューター(デスクトップ・ノート)の売上高も右下がりの状態です。しかし,コンピューターの生きる道はあります。企業・官公庁はもちろんのこと一般家庭でも潜在的な需要はあります。

マイクロソフトの市場調査の誤りが,こうした現象を引き起こしてきたと思います。大きなディスプレイや大量の情報処理など,コンピューターの力を借りる場はいくらでもあります。安易な妥協の産物を出さないことです。

未だに(世界中で)"windows XP"がもてはやされていることをマイクロソフトは,金儲けの方向でしか見ることができない。安易に新しいOSを乱発,アフターサービスも一方的に打ち切る企業体質。まさに「墓穴を掘っている」としか言いようがない会社です。

今日の1枚
Dsc_2514a(情熱的!)

☆一度見てみたいが…
日本航空と全日空は12月8日,2013年末に地球に再接近する彗星「アイソン彗星」を上空から鑑賞できる特別チャーター便の運航を実施。
JLは羽田空港発着で午前4時から5時頃に離陸する約90分のフライトを予定。使用機材はボーイングB737-800型機。
NHは羽田空港発着で4時10分にチャーター便に搭乗し、約90分のフライトを実施。旅行代金は、例えば宿泊なしプランで窓側、中央席利用、2名1組で9万9600円。3人目の利用者追加代金は、通路側の場合1名1万9800円
。”

まさにぼったくり!リッチな人しか参加できないなあ。貧乏な私は,諦めるしかない。

☆B787の動画はいかが
http://www.youtube.com/watch?v=foItkYwLWAw&feature=player_embedded

2013年10月 2日 (水)

特別ランチ

ランチ
いつも高カロリーなものが出てくるランチ。今日は某方のおかげで”特別ランチ”をいただきました。さつまいも・ピーマン・しその穂の天ぷらです。昨日冗談で言ったつもりですが,まさか本当に出てくるとは,驚きです。

温かい天ぷらは,本当に久し振りです。出てきても冷えたものが多かった記憶があります。記憶力の弱い私ですが,温かい天ぷらは”てんぷらの平尾”以来食べていないからです。こう書くと”福岡遠征”をしたくなります。週末の福岡の天気は…。

”てんぷらの平尾”は,福岡の撮影ポイント(席田会館前BS)近くにあり,気になって仕方のないお店です。確か700円弱のランチで,8品位出てきたと思います。卓上にある”漬け物”などは無料です。ご飯・赤だし付きです。安い!速い!美味い!

天ぷらは高カロリーですが,私のお好みは野菜ばかり。まあ白身魚が限度です。間違ってもイカやエビは食べません。揚げたてをフーフーいいながら食する幸福感!日本人だなあ。

国土交通省の体質だなあ
国土交通省は,来年3月末から拡充する羽田空港の国際線発着枠について,全日本空輸を傘下に持つANAホールディングスに11便,日本航空に5便を割り当てる方針。
日本航空の再生を通じて生じた同業他社との格差を是正するよう求めていたANAや自民党の主張が反映された。
国交省は来年3月末のダイヤから,昼間の年間発着回数を現在の約3万回から約6万回に増やす。1日40便の増便,半分を海外航空会社に割り当てる。残る20便をANAと日航に配分するが,交渉が難航しているアメリカとの便を除くイギリス・フランス・中国など16便の配分をまず決めた
。”

羽田の発着枠は,航空会社の経営を左右する貴重なもの。まあ2対1の割合は,妥当な線でしょう。航空会社の首っ玉を押さえ続ける国土交通省,政治がこれ程介入する業界も珍しい。

HACへの援助や廃止していた地方路線の復活など,日本航空が公共交通機関としてやらなければならないことがあります。これまでは再建を金科玉条のごとく唱えてきても,本来の企業としての役割を果たすよう,もう一度舵を切り直す必要があると思います。

個人的には,この段階の成果を見ながらロゴ(塗装)の変更・制服の変更などを行って欲しかった。利益を上げたらすぐに目立つことをやりたがる”旧体質”が出てきました。今回の措置もそのお灸では?

☆ガソリン価格
資源エネルギー庁が2日発表した9月30日時点のレギュラーガソリン店頭価格(全国平均)は1リットル160.0円で,前週に比べ0.7円下がった。値下がりは3週連続。
シリアなど中東の地政学的リスクが後退,米国の財政問題が実体経済に影響する懸念も出てきたのを背景に,原油の国際価格が下落しているのを映した
。”

高止まりの原因は,元売り各社の生産調整だとにらんでいます。「円安だ!国際情勢が不安定だ!」など,値上げの時はすぐに反応する。が,落ち着き始めると,少しずつしか価格を下げない。

ハイブリッド車やアイドルストップ車の増加で,ガソリンの消費量は減る傾向にあると思います。価格が高すぎて満タン給油が減ったこともありましょう。が,それ以上に生産調整の方がはるかに罪は重い。やることが汚い!

昨日も書きましたが,消費税アップの折には,様々な理由を付けて価格を上げると予想されます。安倍首相の言うことを信じたいが,綺麗事では企業は動きません。常に利益最優先の世界ですから。

☆B737MAXは,
ボーイングは,カナダのウェストジェットよりB737 MAXを計65機受注したことを発表。受注内訳は737 MAX8(150席クラス)が40機,B737 MAX9(170席クラス)が25機。カタログ価格で総額63億ドル(約6,203億円)の契約。この契約は2013年8月に交わした購入覚書が確定したもの。納入は2018年~2021年を予定,ボーイングのB737 MAXの確定発注は,これにより1,567機。

ますますA320ファミリーとの激闘が続きます。生産台数から見たら,確かにB737が勝りますが,伸びを見るとA320ファミリーも凄い!お手頃なお値段とキャパシティー?

今日の1枚
Dsc_2460

2013年10月 1日 (火)

痛みを伴いながら

10月,今年度も(どうしても仕事の関係で年度の方が大切です)後半戦に入りました。久し振りに会った研修生,相も変わらず…。後半戦初日から,私の方がプレッシャーを受けてしまいました。

政治家という職業,本当に美しい言葉を生み出すものです。「国の信認を維持し、社会保障制度を次世代に引き渡す。これが私の内閣に与えられた責任だ。」と安倍首相は,来年度からの消費税値上げにあたって理由付けを行いました。

「たった3%」と言われますが,その次には「2%のかさ上げ」が待っています。時間をかけながらも,5%から倍の10%への値上げです。年金者にとっては,相当な出費増となります。せめて食料品や公共料金の消費税を据え置いていただけたらなあ。

それでも私は,基本的には消費税の値上げには賛成です。少しでも充実した社会保障制度を構築していくには,それなりの財源が必要だからです。痛みを伴いながらも,是非推進しなければならないと思っています

☆いつまで続くやら
スターフライヤーの福岡−関西線が1日,新規就航。搭乗率65〜70%を目指し,就航式典後,米原慎一社長は「ゆったりとしたシートなど,我が社は格安航空会社とは違ったサービスで差別化している。関西線は長い目で見ながら成長させていきたい」と述べた。
北九州、福岡−羽田、関西−羽田に続く国内4路線目で,1日4往復(8便)が運航。通常料金は1万4000円で,28日前までの予約・購入は4500円から,前日までは7500円からとして,競合する格安航空会社に対抗
。”

どうもスターフライヤー,青組傘下になってからうまくいっていないような気がします。最もベースが北九州ということもありますが。独自の海外路線の方が面白いと思います。もっと海外チャーターを実施し,力を付けて欲しいものです。

☆ピーチらしい?
元AKB48の篠田麻里子は,ピーチ・アビエーション公認の客室乗務員として,10月に初フライトに臨む。
また,篠田の顔写真がデザインされた旅客機が,同社の路線で運航されることも併せて発表
。”

若い可愛い?女の子。これで若者をターゲットに集客?それにしてもRW34Lエンドで撮影できない!これからRW16は少なくなるし…。ここはやはり福岡飛来を狙うしか(運があれば)ありませんな。

今日の1枚
Dsc_1346

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »