2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日のお天気は?

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

先人の財産

道祖神
珍しく"facebook"にも写真を載せました。反応は?そこにも書きましたが,「誰も載せない写真,我が道を行く。これぞ自己満足の極」と。流行に流されるものではなく,本当に自分が撮影したいものを撮る。

浅学な私ですが,道祖神=双体道祖神ではありません。また,五穀豊穣を祈るだけでもありません。道祖神信仰は,古くから伝わる様々な信仰を取り入れ,子孫繁栄・疫病防止など,様々な願いを込められたものと聞いております。

よく「道祖神って,あの安曇野にあるのでしょ」と聞きます。確かに安曇野は,道祖神の宝庫です。しかし元来がへそ曲がりな私,安曇野に多くある豪華絢爛な衣装を身に付けたものは…。もっと素朴で拙い彫りの方を好みます。

言葉で言うのもなんですから,ちょっと覗いてみてください。
http://sekibutsu625.ojaru.jp/index.html
私の心を強く揺さぶった石仏,記録として残しておきたい石仏」

棚田もそうですが,道祖神も放っておけば,雨風による風化が進みます。効率が悪い?棚田はダムの役目を果たしています。失えば二度と戻ってこない石仏,心の拠り所がなくなります。

私がこの二つに興味をもったのは,多くの先人の財産を受け継いで守っている人達がいることを知ったからです。文明の利器に逆らったものかもしれません。たまにはそういったものがあってもいい。

今日の1枚
Dsc_2191

☆LHは凄い!
2013年9月19日,ルフトハンザドイツ航空は「B777-9X」34機、「A350-900」25機発注。同社の一括発注としては過去最大規模の総額190億ドル(約1兆8800億円)の大型契約。B777-9Xは400席クラス,搭載エンジンは米GE製GE-9X。A350-900は314席クラス,英ロールス・ロイス製トレントXWB 84を搭載し,既存の機体と比べ消費燃料と機体維持費がが約20%減少する見通し。ルフトハンザは全面的な機材の刷新を進めており,2025年までに747-400とA340-300を置き換える計画。引き渡し開始はA350が16年,777Xは20年の予定。”

スターアライアンスの雄ルフトハンザ航空。A380を除けば,4発機はなくなります。人件費とともに燃料費は,航空会社の経営に多大なる影響を与えます。常に先を打つ経営方針,シンガポール航空とはちょっと違ったやり方。

ルフトハンザ航空のB747やA340は,多くのレジを集めることができました。が,次第に姿を消していくことが分かると何か寂しくなります。折しも我が国のB747-400Dも年度内に姿を消していくようです。時代は常に流れていますね。

☆8月の成田
成田国際空港によると,8月の航空旅客数は開港以来過去最高の8%増の354万7114人となった。このうち,国際線旅客数は4%増の300万9000人。日本人旅客は1%減の172万8397人,外国人旅客は19%増の81万5691人,通過客は3%増の46万4912人。国内線旅客数は33%増の53万8114人で、2ヶ月連続で過去最高。
航空機発着回数では,貨物便などを含む航空機発着総数が7%増の2万20回の過去最多となり,開港以来初めて1ヶ月の回数が2万回を上回った。このうち,旅客便の発着回数は国際線が4%増の1万3740回,国内線が26%増の4134回
。”

羽田に相当数流れていてもこれだけの数字,立派だと思います。

2013年9月29日 (日)

疲れた!

無料サーバー
7月末のサーバー入れ替え以来,@ページへのサイト・アップが上手くいきません。相談メールを出しているのですが,そこは無料サーバー,丁寧には応えてくれません。これが続くようならば,他への移転も視野に入れないと…。

@ページ,1Gまでは無料なんですが,(使っている内に)ホームページビルダーの動きが鈍くなります。それにホームペーjビルダーそのものも,"Windows8"に対してバグがあるような気がしないでもありません。

今日も一日,ひたすら”石仏の美”のサイト・アップに費やしました。肝心のモノクロ版は,一体いつになったら完了するのかしら?自分自身,そんなに根気のある人間ではないと自覚していますから。

このブログもそうですが,もともとは文才のない私です。もっと突き詰めるならば,頭の中にある語彙数が少なく,的確な表現ができないんです。このブログにおいても,同じような言い回しの連続です。訪れてくださる方々に申し訳なく思います。

あれこれ読書をして語彙数を増やそうとしているのですが,どうも脳の働きまで鈍くなり,なかなか新しい言葉が入っていかないようです。素晴らしい表現に接するとき,これは覚えておこうと思うんですが…。

カーゴルクス
日本には,小松空港に定期便乗り入れをしていますが,
カーゴルクスは2013年9月26日、同社で9機目の747-8Fを受領した。レジは「LX-VCI」で、愛称は「シティ・オブ・トロワヴィエルジュ(City of Troisvierges)」。ペーンフィールドからロサンゼルスへフライト後、135トンの貨物を搭載し、ルクセンブルクへ運航。”

久しく見ていない会社です。成田への乗り入れはしないのかしら?それならば,撮影できる可能性が高まると思うんですが…。

日本カーゴのB747-8Fは,まだ2機なのかしら?

仁川空港
仁川国際空港で2013年9月26日、北側敷地で第2旅客ターミナルの着工式典が開催。2017年には供用開始する予定で、これにより2018年の平昌冬季オリンピック開催に多くの旅客を迎え入れることが出来る。
今回の建設は仁川国際空港で2008年に終了した第3滑走路の建設後、3回目の拡張工事。
完成すると年間の旅客処理能力は現在の4400万人から6200万人まで、貨物も450万トンから580万トンまで増える見込み
。”

いつも較べられる成田,Bランの延長は?

今日の1枚
Dsc_7837

2013年9月28日 (土)

準備が大切

外出
撮影を目的に外出する場合,事前の下調べが大切です。無駄な時間やガソリンを使わないためです。お気に入りの"Mapion"から,1/21000の地図を打ち出し,ポイントのチェックから始まります。

参考図書をいちいち車の中で見ていては,時間のロスです。ポイントを確実に頭の中にインプットするために,打ち出した地図(当然切り貼りをします)に赤でチェックを入れていきます。そうすると回る順番も頭の中に入ります。

「ナヴィゲーションがあるじゃないか?」と言われるかもしれませんが,字名が必ずしも出てくるとは限りません。またたいていの場合,道路は細線か破線か???になります。ですからナヴィゲーションは,ほとんど役立ちません。

ここまでは,あくまで頭の中のお仕事です。が,行ってみたら盗難あるいは不明などがあります。そんなときは,がっかりします。「縁がない」と諦めます。根気のある人ならば…。私はだめです。すぐに諦めます。

回っているとこんな風景にも
Dsc_2268
日本の棚田100選」の一つ,”稲倉の棚田”です。道端に腰を下ろし,しばし美しい棚田に見とれました。ご多分に漏れず,棚田の維持管理は大変なようです。農業従事者の減少・非効率化など,日本の棚田は衰退の一途?

そこで登場したのが,”オーナー制度”です。棚田の1枚1枚にオーナーが付き,お金を支払って耕作をしていただき,収穫したお米をいただく制度です。よく見ると,1枚1枚の棚田には,白い紙が見えます。

最後には,疲れをとるように考えています。”日帰り入浴”ができる温泉も事前調べの大切な要素です。以前は,撮影後帰路を急いだものです。が,疲れた上にさらなる疲れを覚えるようになりました。

広い湯船に入って,身体を伸ばすことやうつ伏せになって腰を伸ばします。私,別に”源泉掛け流し”にはこだわりません。広い湯船が好きです。ルートイン・チェーンには,大浴場が付いています。いいですね。ユニットバスは,味気ないです。

今回,お風呂に入る前に張り紙が目に付きました。どちらにしても夕飯を食べなくては。”地元産松茸釜飯”とあります。1500円と豪華な?夕食となりました。久し振りに松茸にありつけました。
Dsc_2523(冠着荘のレストラン)

脇見運転
脇見運転は,事故につながる行為です。が,誘惑に弱い私,やってしまいました。中央道”座光寺PA"付近と”飯田山本IC”付近と二回もやってしまいました!おまわりさん,周りのドライバーの皆さん,ごめんなさい!

どんな誘惑かと言いますと,”打ち上げ花火”です。昔,成田の帰りに浜松市付近を通っているときに見た記憶があります。南下するに従い,花火が次第に大きく見えてきました。特に後者は,頭上でドカーン!車の中に火薬の匂いが入ってきました。


2013年9月26日 (木)

人に喜んでもらえる

台風20号の影響でしょうか,結構強い風が吹き荒れました。しかし湿度は50%を切っており,過ごしやすい一日でした。だらだら汗をかいていたのは,まだそんなに遠い日々ではありません。季節は動いています。

久し振りの剪定,トリマーを扱う腕が落ちました。なかなか丸く刈れません。エンジン付きトリマーは重たく,次第に握力が落ちてくることが分かります。それに完治していない腰の方も心配になって…。

床屋さんといい,庭師さんといい,実にうらやましい仕事だと思います。培った技を生かし,全体を見ながら,見事に美しくかつさっぱりと仕上げる仕事。技を習得するのに努力が要るものの人に喜んでもらえる仕事ですね。

そう仕事の張り合いは,儲けることではなく,人に喜んでいただけるか否かではないでしょうか?ゴミの収集作業だって,辛い仕事だと思います。それでも決められた曜日に回収していただき,ゴミの山から解放されます。これを当たり前と思ったら罰が当たります。

☆面倒なこと
成田空港ターミナルで撮影しようとすると,空港敷地に入る際,検問があります。身分証明となるものやトランクルームを見られます。まことに面倒なこと。
成田国際空港会社は,成田空港の利用者に身分証の提示を求める「検問」について,2015年3月までの廃止を目指す方針を発表。「当社と警備当局の警備レベルの維持向上が図られ次第,15年3月よりも前倒しして実現させたい」と話した。
国内の空港で唯一行われている検問は,成田闘争の歴史を背景に,1978年の開港以来続いてきた。しかし,国内外の拠点空港との競争が激しくなる中,利便性向上のため,地元経済界などから廃止を求める声が上がっていた
。”

何が”利便性向上だ!”と言いたい。過剰警備も程がある。まあ空港内を始終回っているセキュリティーを見ても,もっと他の方法があるだろうと思ってしまいます。あの人件費は,一体どれ位かかっているのか?

日本の空港の施設利用料金は,高いと思います。警備一つとっても過剰だと思います。それに監視カメラ・監視電波など,警備コストを下げる手立てがありそうなのに…。「利便性」を言うならば,とっくに分かっていることです。

☆赤はユニセフ,青は?
全日空は,ユネスコおよび日本ユネスコ協会連盟と覚書を締結,世界で初めてユネスコの公式サポーターとなった。公式サポーターは,ユネスコが教育・科学・文化の分野で展開する国際協力プログラムの強化のため,寄付を通じてユネスコに協力する企業,今後3年間、ユネスコに寄付するとともに事業の啓蒙活動を行う。”

少なくとも赤い羽根共同募金よりはましなこと。3年と言わず,ずっとやってください。

今日の1枚
Dsc_6572

2013年9月25日 (水)

車の買い換えをするには

買い物
私の買い物は,まさに性格そのものです。事前に調べておきますが,お店に行ったら,直感ですね。この直感でもって何度失敗したことか!それでも直らない,愚かな人間。

それでも高価な買い物となると,もう少し丁寧になります。愛車レガシーも走行距離が約10万kmとなりました。唯一の欠点(変速機)を抱えながらも,4年半が過ぎました。自分としては,よく走った方では?

石仏巡りをしていると,狭い農道・林道をよく走りました。レガシーでは,何度も切り返さないとUターンできない場面に何度あったことやら。木の枝・笹などでサイドは,細かな傷だらけ。運転が下手です。

走行距離・季節を考え,そろそろ買い換えの時期?あれこれインターネットで調べ,希望車種を絞り込みました。販売店も全て周り,見積もり・査定を行ってもらいました。が,どこも納得できず。

皆さんも経験があられると思いますが,下取り額・値引きが気になりますよね。まず車買い取り店で,下取り額をはじいてもらうこと。これを最初にやりましょう。私もやりました。この数字が下取り額の基準となります。(もちろんネットでもやれますが,情報がどのように流出していくのか,心配です。)

この準備をしておかないと,販売店は(少しでも利益を得ようと)自分たちの都合の良い下取り額を出してきます。一方では,基準となる下取り額の上下を見ることができ,販売店の足下がはっきりとしてきます。

私の場合,いくつかの販売店を回りましたが,下取り額はばらばらです。「低い!」とクレームを付ければ,泣きが入るか「上司と相談してきます」ときます。間違っても最初の下取り額を真に受けてはいけません。

例えば,○社のハイブリット・カーは,○社のどこの販売店でも扱っています。複数を回ってみれば,私の言いたいことが理解できると思います。競合と言う言葉がありますが,台数を稼ぐためには販売店も負けたくない気持ちがあります。

もう一つ気になるのは,値引きです。これはインターネットで堂々と数字が出ています。その数字の上限を確認しておきます。この数字を頭にたたき込んでおくと,見積もりの時に参考になります。

どこの販売店も値引きは,小出しをしてきます。当たり前です。少しでも利益を得るためには,あらゆる手段・方法をとってきます。「これで精一杯です」は,頭の数字を超さない限り信用がなりません。

値引きには,オプションからの値引きがあるのかどうかもチェックポイントです。車両からの値引き・オプションからの値引きを区別しましょう。こうして希望車種が絞られ,販売店の誠意も分かってきます。

最後には,ガソリン給油満タンとか,希望者ナンバープレートなどをサービスさせれば,かなり納得できる成果だと思います。情報があふれている昨今,販売店のいいなりになってはいけません。お金は大切に使いたいものです。

価格があってなきような存在,少しでも情報を手に入れ,賢い買い物をしたいものです。何せ高額商品です。私もできる限りのことをやり,「ぶつかりにくい車」に決めました。また,10万kmは走りたいものです。

☆個人的には
毎年この時期に始まる”赤い羽根共同募金”,そしてこれも機首部にシールを貼る会社
全日空はじめANAグループは2013年10月1日から12月31日までの3ヶ月間,「赤い羽根共同募金」のPR,募金運動に協力します。特別塗装機20機が運航に加え,ANAグループが就航する国内50空港のカウンター、74ヶ所の空港売店「ANA FESTA」に10月1日から10月15日まで,募金箱を設置。”

まずは町内会費の中に組み込まれている赤い羽根共同募金。街頭で職場で学校で行われる募金活動。募金活動事態には,クレームをつける人は少ないと思います。が,なぜ町内会費に組み込まれているのか?…これはまだ序の口。

この団体のサイトを見てください。経理は,まさにどんぶり勘定。自治体(外郭団体として)のよっては,常勤職員までおいている。集まった募金の使途が,全く不明瞭。

これは日本赤十字も同様。東日本大震災の募金が,どのように使われているのかご存じですか?サイトを見ても,赤い羽根共同募金と同じです。不明朗な(分かりにくい)数字の羅列。

募金活動には,私も参加します。が,その組織のずさんな運営は,人の善意を傷つけるものです。気を付けましょう。

今日の1枚
P1000745


2013年9月24日 (火)

有意義な一日

自他の違い
自分ができること,それを研修生にもできると思ったら大間違い。でも心の底には,「なぜこれが分からないのだ!なぜできないんだ!」と思うのも本心。

ならばどうするか!私が心がけていることは,"small step"です。そのために研修生には,”目的(目標)”を明示します。「あなたは今ここまで身に付けた」という自信を付けさせたい。でも,「目的(目標)は…」。これの繰り返しです。

今日も私から見たら,とんでもない研究不足。今までやってきたことを静かに振りかえさせました。その中で,今日の失敗の原因を考えさせました。随分時間がかかりました。それでも自分なりの原因が分かったことが大きな成果でした。

こういった時間を共有していると,経験の差がありますが,研修生はこれからもいくつかの壁にぶち当たると思いました。一人前になるには,相当な経験と努力が必要になることを分かってくれたら…。

今月が終われば,一年の半分が終わることになります。私自身焦らず,"small step"に心がけ,研修生のために頑張っていきたいと思いました。今日は良い勉強をさせていただきました。感謝!感謝!感謝!

所詮,組織の一員
今日の職場では,日曜日の”半沢直樹”の話が出てきました。誰しも最後の1分間のことを口に出していました。

やはり「出る釘は打たれる」のごとく,所詮組織の一員です。組織=チームワークと言っても良いと思います。この視点から見れば,やはり私的怨念に支配され,組織の一員としての自覚に欠けるものと言えましょう。

トップから見れば(まあ平社員に近い者が,あのような重要な会議に出ることはできないでしょうが),危険な人物と言えると思います。あるいは彼を使って,トップは組織のチームワークをより強固なものにしたかった?

このドラマ,少々脚色のあくの強さに参りました。それは回を追う毎に強くなり,個人的には「もういいです」と思っていました。脚本家は,視聴率という亡霊に,己の魂を売ったような気がします。

☆話がおかしな方向に
タイ国際航空のエアバスの事故について調査しているタイの国家運輸安全委員会は,乗客の避難作業を手助けした「客室乗務員の幽霊」を探している。
乗客の1人は,「私はパニックの最中に、タイの民族衣装を着た客室乗務員を見ました。残念ながら,客室乗務員の胸元につけられていた名札で名前を確認することはできませんでした。この女性は非常に穏やかに乗客に接し,瞬時に乗客たちを落ち着かせていました。ですが,飛行機から避難した後,この乗務員の姿を見た人は誰もいませんでした」と。
同様の証言が複数存在したものの、客室乗務員は全員、「航空会社の制服を着ていた」と主張。空港の監視カメラや消防および救助隊のビデオにも,航空会社の制服を着た客室乗務員しか映っていなかった。「霊界」の専門家たちは,1998年12月にタイ国際航空の航空機が墜落した事故で死亡した客室乗務員の一人が,「善良な天使」となって現れた可能性がある???

仏教を厚く敬う国,タイ王国。「善良な天使」が出現してもおかしくない?

今日の1枚
P1040424



2013年9月23日 (月)

迷惑メール・フォルダー

Spam Mail
毎日毎日20通以上も来る"Spam mail",”迷惑メール・フォルダー”がすぐにいっぱいになってしまいます。本当にしつこい,ゴミ扱いしていますがしつこい。

どこからメール・アドレスが漏れたのか?あれこれ考えています。下手なアンケート・無料と謳うものなど,手を出したことがないのに…。

想像ですが,メール・アドレスを売っている者がいるのだろう。そういったものの転売をする者も…。昔は住所録が売れたと聞きますから…。

いずれにせよ毎日必ずと言っていいほどの作業,”迷惑メール・フォルダー”を空にする作業。大量に送り続けるメールをサーバーの段階で閉め出すことはできないのかしら?

Face book
もう一つ,"Face book"における”友達申請”もおかしいです。

これもよく来ます。どんな人かと思って探ってみると,ほとんど中身のないものばかり。但し,プロフィール写真だけは可愛い若い女の子です。

まあ”いいね”欲しさに,あるいは自分の存在を認めてもらいたい人と同じようなものかしら?友達が何百人…これも普通な状態ではありませんね。

何百人の中で,新たしい投稿を見付ける?こうなると”スマートフォン依存症”と言いたくなります。携帯電話で始まった孤独感を満たす役割?

電車に乗ってみてください。10人座っていたら,その7・8割はすぐにスマートフォンを見ています。これってまさに”スマートフォン依存症”?悲しいねえ。

なにか"SNS"のどれかに参加していないと不安になる?小さな画面を見て,直感的に”いいね”を送る。次第に"Face book"も興味がなくなってきました。

そして”ガラケー”と馬鹿にしたような言葉がありますが,”ガラスー”の時代が来るかもしれません。技術革新は,多くの人がついて行けない位に速い!

私がこれだけ酷評するのは,やはり人と人とのつながりは,”会話”ですね。それもできれば”顔を見た会話”ですね。言葉の重みが違います。

嬉しいねえ
世の中,3連休。ニュースを読んでいたら,「台風18号の被災地にボランティアが出現。復興作業に汗を流す。」とありました。

私も参加したいのですが,腰痛もちでは却って迷惑。戦争とともに”隣組”はなくなりました。町内の中でも人間関係が希薄なのが当たり前の現在,これは嬉しいねえ。

こうした困っている人を助ける心,見返りを求めないで人に尽くす心,久し振りに心が安らぐ記事を読みました。お疲れ様でした。

今日の1枚
P1020418

2013年9月22日 (日)

リニアは

中日新聞のサイトを見ていたら,「リニアはどこの下を走る?ルート決定」という特集があった。

”東京オリンピック”の話は以前に書きました。開幕数日前に開通した”東海道新幹線”のことも話題になりました。”ひかり”こだま”の時代の始まりです。時速200kmと言う速さを体感してみたくて,早く乗ってみたいと思ったものです。

”第2回東京オリンピック”には間に合いませんが,その7年後”リニア”が,東京(品川)~名古屋間走る予定だそうです。今度は,時速500kmとも言われています。ほとんどがトンネル内を走るリニア,とにかく「時間をお金で買う」ことになるだろうと…。ところが,ところが,”のぞみ”料金プラス2000円以内と聞いてびっくり。

また大きく横道に逸れる悪い癖。そのルート特集を見ると,我が市の地下を通ることが分かりました。地下何十メートルですから,音も振動も無縁の世界です。それでも走るようになることが分かったら,(単純ですが)嬉しくなります。

心配なのは,それまで元気で生きておられるか!?

東京スカイツリーには全く興味がない私ですが,このリニモには是非乗りたいものです。品川駅ですから,”東京の大御大の城下町”です。リニアが走るようになった頃,大御大はどれほど立身出世されていることでしょう。本社の役員室でふんぞり返っておられることでしょう。

その頃には,B767-300は過去の遺物で日本の空から消えているでしょう。先日B767-400がボーイングのカタログから消えたとあります。ウィングレットを付けても,燃費の良いエンジンを積み替えても,B767は生き残れないでしょうねえ。

いやその前に,新しく導入(?)されるかもしれないA350XWBの査察機長?教官?いずれにせよ,”東京の御大”の今後がとっても楽しみです。ますますご多忙になり,お顔すら拝めない時代がやってくると思います。そしてご自宅(今でもご立派ですが)も,お城のような立派なものに…。庶民の小屋とは違います。

と言うことで,御大の撮影された1コマを
Img192(JA8582)
涙が出るほど美しい飛行機とは,こういったものを指します。

☆東京1極化
国土交通省は羽田空港の国内線と国際線の乗り継ぎを改善するため,双方のターミナル間を結ぶトンネルを新設する。開通後に乗り継ぎ客をバスで輸送し,移動の円滑化や時間短縮を図る。来年度に詳しい設計に入り,東京五輪が開催される2020年までの完成を目指す。訪日外国人客を地方都市に移動しやすくして、全国的な観光業の活性化につなげる狙い。”

この他,猪瀬東京都知事まで疑問符を投げかける”成田~羽田”の直通路線。ますます東京1極化を促進,地方の地盤沈下の速度が速くなるだけ。

☆LHの動きは速い
赤組がもたもたしてどれだけの時間が経ったことでしょう。
ロールスロイスは,ルフトハンザ・ドイツ航空のA350-900の25機発注を歓迎。搭載するトレントXWBの総額は15億ドル相当。この契約にはロールスロイスによるメンテナンス、トータルケアも含む。”

2013年9月21日 (土)

明日は我が身?

なかなか腰痛が治りません。不自由な生活です。特に自動車の乗り降りの時は…。

それでもD氏のお見舞いに行ってきました。考えて見れば,入院生活って大変ですよね。何せ暇で仕方がない?楽しみと言えば?ないよね。せいぜいテレビを見るくらいかな。それでもD氏のように流動食しか食べることができない人にとっては,毎日垂れ流されるグルメ番組は,目の毒ですよね。

入院も長くなると,見舞客も少なくなることでしょう。私のような者でも少しでも気分転換になるのなら?と思って行っています。

とは言うものの「明日は我が身?」になるかもしれません。遅かれ早かれそうなるでしょう。若い頃の暴飲暴食や不摂生な生活のツケが回ってきます。減塩生活・高カロリー摂取の制限生活など,まさに予備軍ですな。

D氏をお見舞いするたびに,現在の状態が幸せであることを自覚しています。

昨日のニュースで,携帯3社の"iPhone"のことが流されていました。携帯電話の飽和状態の日本,これはパイの奪い合いあるいは泥仕合ですね。”キャッシュバック・値引き・割引”といった利用者に理解しがたいキャンペーンばかり。まさに体力勝負?

過去に,地方公共団体に”ゼロ円”あるいは”1円”でコピー機を落札し,話題になったことがあります。業者は,”損して得する”ことを知っています。携帯電話で言うならば,異常に高い料金(5000円以上はする)からの利益が目当てです。

消費者を守るはずの行政機関も,呆れてものが言えない泥仕合ですね。あるキャスターが言っていました。「私も持っていますが,その機能の何分の一理解し使っているか,自信がありません。」と,こういった本音の部分が大切なのでは?

☆これは面白い
http://www.youtube.com/watch?v=VYiov0qwQSQ&feature=player_embedded

A380、A330そしてA350 XWBが美しい!「A340のような不経済な4発機は不要?」と突っ込みたくなります。

いつも思うことですが,A330って(今から思えば)狭いですよね。もともとはA300の胴体のストレッチですから。それでも売れ続けるということは,エアバスの企画・商売の上手さなんでしょうねえ。

ライバルのB787シリーズを追撃するA350XWB,美しいですねえ。胴体径もライヴァルよりも若干広く設計,ついにA300から始まった歴史に幕が下りる?

今日の1枚
Sdsc_1825

2013年9月20日 (金)

やはり恐ろしい国

いやはや,「売れるならば何でもする
”「半沢直樹」が,中国でも注目を集めている。大銀行を舞台に,主人公が逆境に立ち向かう姿が共感を呼んだ。主人公の決めぜりふ「やられたらやり返す。倍返しだ!」は,中国語で「加倍奉還」と訳され,ファンの間で定着。中国では正式には放映されていないが,インターネット上で無料動画が流れ,海賊版DVDも売れている。
 無料動画サイトでは毎週,同ドラマの放送翌日あたりから,中国語の字幕付きで動画が流れ始める。上海のDVD販売店では,店員が商品の補充に追われている。TBS側は「動画は違法で,DVDも海賊版だ」と指摘する。
 さまざまな圧力やピンチを切り抜けるストーリーに,中国のネット上では「日本人の粘り強い精神力を見た」と。経済観察報は「日本企業の仕事のやり方や,日本人と企業の密接なつながりが描かれている」と紹介
。”

この国のぱくり・コピーは当たり前。著作権・商標など,全く眼中にない?「だまされる方が悪い」と居直りは,商売の常識。観光地の土産物は,「粗悪品のデパート」です。偉大なる国は認めても,○○は三流ですな。

☆スカイマークは
米子空港に初就航するスカイマーク,今年12月に就航予定の米子―成田などの路線に加え,2014年11月に米子―新千歳,米子―羽田,米子―那覇の3路線の就航を計画。
米子路線を充実させる理由について「米子市や松江市を含む空港周辺は人口も多く,十分なマーケットがある。われわれの存在価値を発揮できる」と。また「空の道ができることで,観光や産業で都市間の結び付きが生まれるはず」とも
。”

スカイマークの地方活性化につながる動きは,大歓迎。しかし,この会社は撤退も速いことで有名?韓国の航空会社にやられっぱなしの西日本の空港,果たして成田線は続くのか,楽しみです。

☆B787の今後は
ボーイングとGE キャピタル アヴィエーション サービスは,6月に締結したB787-10の10機発注を確定したと発表。GECASへの787-10のデリバリーは2019年の予定。B787-10は5社から102機の確定発注を獲得。GECASは今回の発注で1995年からの累計でボーイングへの発注機数は598機で、444機を受領。”

8のデリバリーこそ二転三転したボーイング,9の初飛行で弾みを付け,ついに10まで。ボーイングとしては,過去にない異例のストレッチ開発。10になると,B757のように見えるのかしら?

☆また寂しくなります
エールフランス航空は保有するB747-400旅客機,貨物機ともに2015年に退役すると発表。エールフランスのB747は10機で、このうち旅客機6機、貨物機3機、旅客・貨物のコンビが1機。
エールフランスでは2015年までの再建計画で長距離路線は拡大を継続するが,B747については早期に退役させ,B787を2017年,A350を2018年にそれぞれ導入。その間はA380とB777が主力機
。”

世界のメジャーからもB747が姿を消していく。寂しい限りです。やはり世の中「双発機の時代」ですね。

今日の1枚
Dsc_1779


2013年9月19日 (木)

健康第一だ!

いつまでも若くはない
身体のあちこちに黄色信号や赤信号が灯り始めました。

今までならば,そんなに時間を費やさなくても回復することが…。
腰痛…きちんと正しい姿勢で座っていないと,腰の痛みがズキズキと…。

それでも何とか今週の仕事を終えることができました。
本当にあと3年半仕事を続けることが可能なのか,不安がいっぱいです。

この夏,結局実現しなかった福岡遠征,軍資金が要りますが実現させたい。
休みとお天気がなかなかあいません。今週末は,全国的にお天気はよろしくないようです。

また,信州詣も山間部はほぼ70%(?)位は終わりました。信州北東部の撮影を何とか手を付けることができたら。まあ,来年にまで持ち越す量です。

やりたいことを実現させるためには,一にも二にも”健康第一”です。健康であれば,やりたいことも少し(軍資金との関係で)はできます。

日帰り温泉でもいいから,明日からのお休みに実現させたいなあ。

☆エバー航空も粋な計らい
新潟空港と台湾を結ぶチャーター便をエバー航空のキティジェットで運航
新潟空港でのキティジェットの発着は初めて,東京学館新潟高等学校の修学旅行で利用。また,台湾からも多くの旅行者が新潟を訪れるため,到着ロビーにてノベルティを配布,当日の取材についてご配慮をいただきますようお願いいたします。


日時平成25年9月26日(木)
新潟空港着13時30分<国際線到着ロビーにてノベルティ配布>
新潟空港発15時30分<生徒は13時30分頃、新潟空港に集合>
高雄空港着18時25分
<帰り> 平成25年9月30日(月)※キティジェットによる運航
台湾桃園空港発10時30分⇒ 新潟空港着15時00分
新潟空港発17時00分⇒ 台湾桃園空港着19時45分
”(新潟県報道資料)

高校生にとって思いで深い修学旅行になることを願っています。また,修学旅行に海外旅行ができる,良い時代となりましたね。
Dsc_1823


☆受けてみようかな?
日本航空学園グループの公益財団法人JAA人間力育成協会(JAA財団)は2013年11月10日(日)、「航空検定」を開催します。空の検定とあって、9月20日の「空の日」から受験申込の受付をスタートします。開催場所は千歳、東京、名古屋、大阪、福岡、山梨、石川の7都市で、受験料は3級が2,100円、2級が3,150円。ウェブサイトで申込が可能。”

☆当然!
日本航空は北海道エアシステムの経営改善に向けて,筆頭株主の北海道と協議,最大限の支援を行うと発表。早期の安定的な黒字化,財務健全化へ協力するもので,すでにJALと北海道エアシステムはコードシェア拡大の施策を実施。
JALではさらに営業収入の極大化,JALの経営再建で蓄積した企業再生,構造改革のノウハウを活かし支援する
。”

「切り捨て」の汚名返上,日本の空の発展に尽くすためにも,支援は必要だと考えます。

2013年9月18日 (水)

盛りだくさん

☆赤組は
日本航空の近年の業績は順調だ。2013年3月期の連結最終利益は1716億円と,ANAHD(431億円)の約4倍。直近の13年4~6月期もANAHDが営業・最終赤字だったのに対し,日本航空は大幅減益ながらも黒字を確保。日本航空の収益性の高さは,世界の航空大手の中でも屈指の水準。13年3月期連結決算で,本業のもうけを示す営業利益が売上高に占める比率を示す営業利益率は15.8%と,ANAHDの7%を大きく引き離す。
 SMBC日興証券によると,海外の航空大手の前期決算の営業利益率は,デルタ航空が7.2%,カンタス航空が2.5%,シンガポール航空が1.6%,ルフトハンザ航空がマイナス1.2%など。板崎王亮シニアアナリストは「日本航空の収益性はずば抜けて高い」と指摘。
10年に経営破綻した日本航空には3500億円の公的資金が投じられ,会社更生法の適用で金融機関も5215億円の債権を放棄。今も法人税の減免などを受けており,ANAHDの伊東信一郎社長は「自助努力ではカバーできないほど,経営体力の差が開いている」と。
ただ,世界の航空業界ではLCCや中東の航空会社などが勢力を拡大させるなど競合が激化している。板崎氏は「来年春に配分される羽田空港の国際線発着枠で一つでも多くの枠を獲得し,いかに自社の収益増につなげられるかが課題だ」と分析
。”

☆B787-9,成功!
Biz13091808140003p1
ボーイングは17日,B787-9型の初試験飛行を米ワシントン州で実施。燃費性能の良さが売りの従来型より座席数が40席多く,効率的な運航が可能になる。日本では全日本空輸が30機,日本航空も20機を発注している。
派生機は従来型より全長が約6メートル長く,座席を最大290席設けられる。従来型は日欧間などの長距離でも直行できる優れた燃費性能が特色だが,1回の給油で飛行可能な距離をさらに伸ばした。価格は2億4950万ドル(約247億円)。ボーイングは8月の段階で388機を受注。2014年半ばに1号機をニュージーランド航空に納入する予定

☆お隣の国の空の事情
中国で「空の渋滞」が深刻な経済問題になっている。各地で乗り入れ便が急増。大気汚染による視界不良,発着が大幅に遅れるケースが続出。北京や上海など主要空港で定刻通りに飛ぶ確率は3割以下と,国際的にみて最悪水準。経済損失は年間500億元(約8000億円)に達する。

 フライトスタッツによると,8月の北京首都国際空港の出発便のうち,定刻通りに飛んだのは全体の28%。上海浦東国際空港は27%。両空港が世界の主要35空港のワースト1,2位。さらに広州白雲国際空港は8月の定刻出発が18%,成都双流国際空港は24%。

 遅延が相次ぐのは,ビジネスや旅行需要の急増に,各地の空港が対応し切れていないため。北京空港は2012年の旅客数が8192万人と10年前の3倍に拡大。現在の1日当たりの発着便数は約1900と,1分間に1.3機が離着陸を繰り返している計算。

また,12年の発着遅延は39%が航空会社の業務遅れ,25%が航空管制によるもの,次いで大気汚染や悪天候による視界不良で全体の21%。石炭を使う発電所や工場が多く,微小粒子状物質「PM2.5」や排ガスを原因とした大気汚染がまん延。影響は空の交通に及んでいる。

中国では旅客需要が20年に6億人と現在の約2倍に急増する見通し。いくら陸上施設を拡充しても,中国では飛行機の航行区域である「空域」は人民解放軍が管理し,民間が使えるのは全体の2割。訓練など軍事活動を優先する。民間機は自由に空を飛べない。最悪の空港:北京国際空港の空域管理はとくに厳しい。機密保持を理由に軍は空域情報の公開には後ろ向きとのこと。

2013年9月17日 (火)

ひがみ?

今日は,誠にうらやましいお話
米経済誌フォーブスが発表した2013年版の米国の長者番付(上位400人)によると,米マイクロソフトの共同創業者,ビル・ゲイツ氏が20年連続の首位だった。資産総額は約720億ドル(約7兆1300億円)で,前年より約60億ドル増えた。”

この資産額,一国の年間予算に匹敵するするのでは?恐ろしい!これだけあるのならば,もっと社会に還元する活動をしてほしいものです。富の集中,資本主義社会の歪み(私の僻みか?)です。

マイクロソフトも往年の勢いをなくし,別分野での開拓をしなければ,さらなる落ち込みとなることでしょう。日本どころかアメリカにも「祇園精舎の鐘の音,諸行無常の響きあり。…」があるんですね。

これは凄い数字
15日に放送されたTBS系のドラマ「半沢直樹」の視聴率(ビデオリサーチ調べ)は,関東地区で35.9%だった。瞬間最高視聴率は40.1%と,40%の大台にのった。関西地区の視聴率は36.7%,名古屋地区は35.9%,北部九州地区は28.8%だった。”
実は,私も第4話から視聴しています。きっかけは,職場の仲間のお薦め番組ということでした。日曜午後9時が楽しみになりました。せっかく楽しみにしていたこの番組,来週で終わりです。

再放送や続編が期待されますね。これは,久々の「日曜美術館」ヒット作品ですね。

B787-9の初飛行
米航空機大手ボーイング は16日,新鋭のB787の派生機であるB787-9の初飛行を太平洋時間17日午前10時(日本時間18日午前2時)に行うと正式に発表。
シアトルから北へ約40キロのワシントン州エバレットにあるペイン・フィールドで実施する。初飛行は約5時間に及ぶ見込み。天候次第で予定に変更もある。
B787-9は,現在の製造モデルであるB787-8より全長が20フィート長く,座席数が40席増えて全290席となり,航続距離は約300マイル増える
。”

B787をドリームライナーと言うそうですが,いよいよドリーム機の登場ですね。少なくともB787-8よりは,スマートに見えると思います。楽しみです。

なお,この初飛行の様子は,ボーイングのサイトで実況中継される予定だそうです。待ちきれない人は?http://www.youtube.com/watch?v=M1x20TLhLvg&feature=player_embedded

☆これもB787のお話
格安航空会社(LCC)で初めて導入されるB787,ジェットスター向けのVH-VKAが2013年9月14日,初めてのフライト。8月中旬にペインフィールドのフライトラインに登場し,初フライトが待たれていました。デリバリーは9月の予定で,長距離路線に使用される予定
まあ日本には飛んでこない?だろうな。LCCの定番B737,A320,A330からついにB787が登場!時代はどんどん変わっていきますね。

これも無理だろうな
20130916planes_livery


2013年9月16日 (月)

自然の力

また一つ学びました。「自然の力は偉大なり」,南の海上に位置した頃は,中型の台風と思っていました。が,日本に近づくにつれ,勢力を伸ばし,大型の台風になって駆け抜けていきました。

先の竜巻で甚大なる被害を被った地域を台風18号は通っていきました。被害に遭われた方々のお気持ちを察するに,何も被害のない私は,何とも言葉になりません。

「地球温暖化」が叫ばれて久しいですが,この夏の猛暑といい,海水の温度の上昇は,とても人間の力では太刀打ちできないものです。打ち上げ花火のごとく,次から次へと「地球温暖化」の影響を指摘され続けています。

「地球温暖化」を少しでも緩める手段は,やはり大気中の二酸化炭素の総量を減らすことです。分かっているのにそれができない。一般庶民でもできることはたくさんあります。「ちりも積もれば山となる」のごとく,地道な取組が大切ですね。

☆整備不良?
青組のB777がオイル漏れのために引き返した。デルタ航空のB747も電気系統のトラブルで羽田に緊急着陸した。

どちらも運行乗務員の適切なる判断により,未然に事故を防ぐことができました。よかったと思いますが,やはり機体整備には念には念を入れて欲しいものです。

過日あった青組のA320の整備不良,コスト削減のために中国の会社に整備を依頼したことから始まっています。空を飛ぶ輸送機関ですから,一度飛び立てば,命を預けるわけです。整備にまでコスト削減を結び付けるのは?

☆さすがお役人
国土交通省は2014年度から羽田空港の国際線着陸料を引き下げる検討に入った。発着枠に余裕がある深夜帯の着陸料が対象で、新たな路線を就航させたり増便したりする場合、航空会社が負担する着陸料を3年間にわたり年20~50%引き下げる。20年開催の東京五輪もにらみ、羽田の利便性を高めて訪日客拡大につなげる。
羽田発着の国際線の着陸料は現在、時間帯を問わず一定で、B777の場合は1機あたり約70万円。割引を適用すると1年目に35万円、2年目に49万円、3年目に56万円。航空会社が深夜に1便増やすと単純計算で3年間分の割引額は約2.5億円にのぼる。
羽田の深夜帯の国際線発着枠が余っているのは、空港と都心を結ぶバスや鉄道などの交通手段が少ないことも響いている。深夜バスなどを運行する事業者向けの支援策を来年度から実施することも検討
。”

ますます成田は…。関西・中部は,さらなる地盤沈下。関西・中部から日本の大手航空会社は,どんどん手を引いている。ヨーロッパ直行便はなし!海外航空会社に頼りっぱなし。

ますます羽田1極化を推進していく国土交通省。まあこれくらいの航空行政しかできない役所が,日本の空をだめにしている?

今日の1枚
Dsc_1821

BBSにて"friend's photos"を連載しています。お立ち寄りください。お待ちしております。



2013年9月15日 (日)

台風18号

台風18号の接近で,一日中不安定なお天気でした。晴れ/曇り/雨と全部ありました。

撮影した画像の処理で半日,サイトアップで半日費やしました。ブログを書くのがこんな時間になってしまいました。

今日サイトアップしたものは,http://sekibutsu625.ojaru.jp/index.html
いつもながら文才に乏しく,なかなか文章化できないジレンマ。書き始めてもどうしてもワンパターンになってしまいます。K君の批評が楽しみです。

ところで,例のシリア問題は,何とか米ソで決着がついたようです。あんなに騒いでいた報告書,闇に消えたのか?国連の報告書の発表はあるのかしら?

落ち着いたのならば,あれ程高騰し続けたガソリン代を下げて欲しいものです。まさか便乗値上げではなかったでしょうねえ。

いずれにせよ予報では,今夜から明日の午前中が山場となりそうです。河川の氾濫・土砂災害のないことを願っています。

☆函館では…
台湾の復興航空の函館―台北線定期便就航から1周年を迎え、函館市や函館商工会議所など関係団体でつくる函館空港振興協議会は9日、同路線の利用客らに土産品を手渡し、感謝と歓迎の気持ちを伝えた。同社は昨年9月9日に函館線を定期便化し、好調を維持している。現在は日、月曜の週2回1往復ずつしているが、競合する台湾のエバー航空に対抗するため、10月27日からの冬ダイヤで水曜に1往復増便する。

函館,もう何年行っていないのかしら?忘れました。それにしても台湾の人達,北海道がお好きなようです。函館・千歳・旭川,凄いお客さんを運んでいるものです。最近では,TGまで加わっています。

美味しいものを食べ,温泉につかり,広大な大地に心癒やされることでしょう。

☆不思議なこと
韓国のティーウェイ航空(TW)は12月20日、佐賀/仁川線を開設。水、金、日の週3便で運航し、機材はボーイングB737-800型機の189席。TWの佐賀への就航は今回が初めて。”

すぐお隣の福岡空港に飛来しているのに,なぜまた佐賀に…。不思議なことです。佐賀にそれほどのお客さんが望めるのか?あるいはハウステンボス目当てか?それならば長崎空港の方が…。分かりません。

☆久し振りにB787-9
確かこれの初号機は,ニュージーランド航空が受領するはず。
ボーイングは787-9の初飛行を2013年9月17日に行うとツイッターで発表。この予定は天候条件による。9月11日にもエンジンテストを実施。”

横から見ると短いのに,前から見るとずんぐりむっくり。A350といい,最新の飛行機はコックピットの窓ガラスが丸みを帯びていますね。

今日の1枚
Dsc_1744腹!腹!腹!何か分かるかな?




2013年9月14日 (土)

絵本

いつも文字ばかり,疲れさせてばかり。ごめんなさい。
そこで,たまには絵本を…。
心安まる光景を(と,本人だけしか思っていなかったりして)

その1
Dsc_2038

その2
Dsc_2030

その3
Dsc_2012

その4
Dsc_1994

その5
Dsc_1986

おまけ(おばあちゃんにいただいた珍しいトウモロコシ,色に注目!)
Dsc_1979



2013年9月12日 (木)

他山の石?

今日は,超堅い内容?
以前"Record China"を紹介したことがあります。三面記事のような内容が多いものの,驚く中国の実態を暴露?したものも…。

さて,中国の経済力は(ひょっとしたら)世界第一位になるかもしれません。なにせ世界四大文明の発祥の地(と教えられてきた)の国です。経済の発展が著しい中国,北京オリンピックが開催されたのは,2008年です。記憶に新しいことです。その後,中国の大都市では,交通渋滞・ゴミ問題・大気汚染など,経済の効率化を優先したつけが回ってきていると思います。

さて我が国,東日本大震災の立ち直りは?東京電力福島原子力発電所の問題は?マスコミは伝える「絆」…最近聞いたことありますか?放射能汚染水にあれ程のエネルギーを使っているのに…。労働人口の低下による労働者不足,円安による輸入品の高騰など,津波の影響を受けた地域の復興はなかなか進んでいません。

そんな中,2020年東京オリンピック開催が決定しました。過去に私は二度不安を書いてきました。くどいですが,○福島原発の事故処理の見通しが立たない現状で,国際的な集客イベントを仕掛けることについて「ことの順序が違う」のでは?○マスコミの取り上げるのは,オリンピック開催に関わる経済効果です。

阿倍首相のプレゼンに首をかしげる専門家,「0.3平方キロメートル内にブロックされている」,誰がその客観的事実を立証できるの?はるか沖合の漁業でも禁止されているのが実態では?

確かに経済効果は高いであろう。建築・土建業者のみならず,笑いが止まらない業者も多かろう。この決定以来の株価の上昇が,このことを証明します。これで震災復興のスピードは,ますます鈍くなるであろう。マスコミも復興状況よりは,オリンピック関連の方がニュース性は高く,どんどん矮小化の一途をたどるのでは?

中国のように国威高揚をするため,なりふり構わず「経済優先=豊富な物があることが豊か」ととらえるのか,「お・も・て・な・し」のごとく日本の国の成熟度を示すものととらえることができるか?

☆見方は複雑…役所の発表らしい
”国土交通省は,2011年度空港別収支の資産結果を発表営業黒字を計上したのは,新千歳の15億5,000万円,小松の5億9,000万円,熊本の7,000万円の3空港。*利払前税引前償却前営業利益(EBITDA)を合算する前の黒字は羽田・新千歳・熊本・広島・小松・長崎・松山・徳島・百里。EBITDA合算後も赤字となる空港は那覇・新潟・釧路・三沢・稚内・丘珠の6空港。”

*利払前税引前償却前営業利益
A 営業利益の額 = 審査対象年の各事業年度(審査対象事業年度)における営業利益の額
B 減価償却実施額 = 審査対象事業年度における未完成工事支出金に係る減価償却費+販売費+一般管理費に係る減価償却費+完成工事原価に係る減価償却費+兼業事業売上原価に係る減価償却費+その他減価償却費
C利払前税引前償却前利益 = A営業利益の額 +B減価償却実施額

今日の1枚
Dsc_1747

2013年9月11日 (水)

誰しも幸せを願うもの

一時はブータンが一躍脚光を集めた「幸福度」ですが,熱しやすく冷めやすい我が国のマスコミは…。

そんな中,2013年度の世界幸福度レポート(World Happiness Report)が,コロンビア大学地球研究所が発表。

豊かな国は幸福度も(おおむね)高い。
豊かな国には問題も多い。
ヨーロッパの貧困国は幸福度が特に低い。
気候の良さは幸福につながらない。
幸福度の高い国には,自転車先進国が多い。

これらの条件を満たしている上位の国々は,デンマーク・ノルウェー・スイス・オランダ・スウェーデンだそうです。

因みにアジアでは,アラブ首長国連邦の14位。ほかにはシンガポールが30位・タイが36位・日本が43位など。中国?93位です。

☆ケニア航空
日本ではなじみの薄いアフリカの航空会社ながら
ケニア航空は2013年9月9日,10月にB777-300ERの初号機を受領,営業飛行は11月に開始する。この機材は2013年11月19日から,ナイロビ/広州線の直行便運航に投入。”

広州…アフリカ系の人達の集まっている都市です。初号機を投入する理由もよく分かります。

☆再建のためには
LOTポーランド航空は2013年10月27日からの冬スケジュールで12路線を運休。経営再建計画の一環。
ワルシャワ発着ではポーランド国内線のブィドゴシュチュ線をはじめ,ローマ,シュツットガルト,ベイルート,カイロ,ニース,チューリッヒ,ヘルシンキ,デュッセルドルフ線を運休。ストックホルム線は1日3往復を2往復に減便。これにより供給量は25%削減。
LOTではこの路線のうち,ワルシャワ発着チューリッヒ,ヘルシンキ,デュッセルドルフ線は赤字路線で,これにより2015年からの黒字化に向けて前進する?

日本でも赤組が大胆な再建計画を立て,実施しています。賛否両論ありますが,まずは赤字路線をたたむしか方法はないのでは?アライアンスは大丈夫?

今日の1枚
Dsc_1696

2013年9月10日 (火)

中華そばが食べたい!

gooフリーメール廃止
保存フォルダーの引っ越しを始めました。半ば眠っていた某フリーメールへの転送作業です。具体的に数は書きませんが,「まあこつこつやれば…」と安易に考えていました。が,転送処理能力を上回っているのか,「転送ができません」の連続です。

大西屋
職場で「久し振りに無性に中華そばを食べたい」と独り言。周りの席から,いろいろ推薦をいただきました。その一つが,大西屋というお店です。早速ネットで調べると…
http://tabelog.com/gifu/A2103/A210301/21000025/

カレンダー選挙に投票
全日空は,2014年"B747スペシャルカレンダー"の表紙デザインを決定。Facebookで三つのデザインから投票で最も多いものを表紙に選んだ。”格納庫内の747”が見事第1位!私もこれに投票しました。嬉しいなあ。

☆ピーチは
ピーチ・アビエーションが,自社養成パイロットの実機訓練を関西空港で始めた。関西空港や成田,羽田など混雑の激しい空港では民間航空会社の訓練飛行は原則的に認められていないが,「拠点を置くピーチ社だけの特例」として認めた。
民間航空会社の実機訓練は,訓練専用の下地島空港などで実施するのが通常。しかし,機体の回送コストがかかるため,滑走路2本を持つ関西空港にはピーチ社など複数の航空会社から訓練受け入れの要望が寄せられていた。
実機訓練はピーチ社の副操縦士要員の訓練生が対象。発着機の少ない早朝に実施し,A320機の操縦資格(型式限定)を取得するために必要な「タッチ・アンド・ゴー」などの訓練に約10日間,取り組む。1グループ8人程度で,ピーチ社は年間2,3グループの養成を計画している
。”

→シュミレーターの導入により,実機訓練の回数は減るばかり。今回のような特例を認めれば,ますます下地島への税収入は減るばかり。「回送コスト削減」のためにこんな特例を出してもいいのかなあ。自然を壊し,下地島空港を作ったのは…。

→こんなに特例を認める国土交通省ならば,もっと柔軟な航空行政を展開してもよさそうなもの?伊丹空港への4発機乗り入れ禁止同様,全くおかしなことです。

☆エアバスの"Youtube"を見よう!
A350のテストフライトの様子はいいですね。パラシュートを背負った乗員,テストフライトならではの光景?http://www.youtube.com/user/airbus/videos

今日の1枚
Dsc_1695

2013年9月 9日 (月)

企業責任

これまた驚き
Gooのフリーメールの廃止(来年3月)」,これまでいろいろなトラブルがあったものの,いくつかの「登録メール」に使ってきました。これから約半年,過去のメールを元に「登録先の変更」をやらなければなりません。

無料ですから,一方的に宣言されても仕方がありません。が,Gooのバックに控えるのは,NTTと言う大企業です。変更に伴う影響をどうとらえているのか,何ら説明もなく「有料化」を宣言されました。ユーザーから見れば,もう少し丁寧な説明があって欲しい。

やはりなあ
2020年東京オリンピック開催決定」の話題で持ちきり。同じような内容をほぼ一日繰り返し報道。特にNHKはひどい。ニュースを見たくても,同じ映像を繰り返し垂れ流し。利点ばかりが強調された報道ばかり。

公共投資には金がかかります。国債の発行額を見ても国民一人当たりの負担額は,250万円を軽く越えています。その上に建設国債発行となれば,オリンピックの名を借りた「コンクリート優先時代」へ逆戻り。国民の負担はさらに増えます。

特に建設業者はニコニコであろう。被災地の復旧,建設業者の人手不足が遅れの原因になっているとも言われています。ここで首都圏の建設整備のために力点を向けられたら…。少子高齢社会の日本,働き手の不足は解決されないままです。手放しで喜べる?

☆関連して
オリンピック・パラリンピック誘致の決定で、羽田空港と成田空港を東京都心で結ぶ都心直結線が?国土交通省は平成26(2014)年度予算で鉄道局は都心直結線の整備に向けた調査として3億円を要求。
このプランは丸の内側の地下に「新東京駅」を設け、京成線の押上駅と京急線の泉岳寺駅を結び、約11キロメートル間を整備する。この路線を整備すると、羽田から東京行きが現在の27分から36分程度から18分、成田から東京行きが53分から55分のところ36分。成田空港の相互補完機能も強化されそう
。”

さらに東京一極集中が進むだけで,他の地域の切り捨てが加速度的に進むような気がします。本音としては,(やるんだったら)関西でやって欲しかった。関西地区のインフラ整備も進み,東京一極が(わずかと)思いますが,弱まるような気がします。

☆MRJは
Photo_2また数日前のニュースですが,MRJの姿の一部が報道されました。過去三度の開発延期…この試験飛行まではスポッター人生を終わりたくない私…あまりの遅延に困っています。乗客数100人以下の小型機は,世界の様々な企業で製造・開発が行われています。いわば激戦です。と言って,試験飛行にこぎ着けても様々な不具合が出るのも困りますが…。

今日の1枚
Dsc_1733

2013年9月 8日 (日)

単純に喜べる?

2020年:東京オリンピック開催が決まりました。

我が人生において二度目の東京オリンピック,56年前のことをいろいろ思い出します。○従兄の一人が聖火ランナーに選ばれたこと。○裸足のアベベ。○女子バレー(回転レシーブ)など,思い出していくといろいろあります。

首都高速道路・東海道新幹線などのインフラ整備により,戦後の復興に大きな弾みをつけたイヴェントでした。が,その後の経済不況を克服するのに時間がかかりました。あの頃以上にオリンピックは商業化され,その影響は前回以上ではないかと危惧しております。

NHK:クイズ百人力

2対100の対決。まずは某プロカメラマン,長いレンズで撮影後,イヤフォンなしのエアバンを聞く光景。航空無線に関する方を知っているのだろうか?エアバンを聞くときのマナーを知っているのだろうか?航空無線は,マナーをもって法を守って聞くものです

元某航空会社のCA,以前勤めていた航空会社の肩書きを…。過去の栄光(?)を衣に…悪く言うならば,人との違いを出したいために…刻々と変わっていく業界,いまさら過去の栄光にすがった達人はないでしょう。

空撮まで入れ,相当な取材費を投入した番組。NHKの取材費の在り方にも問題があります。これで財政的に苦しいから”視聴料値上げ”なんて,国民を馬鹿にしています。これ一つとってみても何ら変わりのない「親方日の丸放送社」です。

☆この変わり身の早さ!
ジェットスターは2013年11月1日以降,関西/シンガポール線を運休すると発表。対象はJQ64・JQ63便として現在,月・水・金・土の週4便をA330-200で運航。
この路線ではジェットスター・アジアが台北を経由して関西/台北/シンガポール線を運航。ジェットスターの運休後は直行便はシンガポール航空,経由便でジェットスター・アジアが運航
。”

さすがアジアLCCの雄:ジェットスター。儲からないと判断したら,あっと言う間に運休。その変わり身の早さにはビックリ。

☆悪名高き燃油サーチャージ
シンガポール航空は2013年10月1日から12月31日までの燃油サーチャージ額を値下げ。日本/シンガポール間は9月末まで,1区間12,500円から12,000円,成田/ロサンゼルス線は14,000円から13,000円へそれぞれ値下げ。”

本当に不思議な世界です。日本のガソリン価格がどんどん高騰しているとき,シリア情勢が不透明なとき,下4期には値下げの予告。他にもいくつかの航空会社が値下げを表明しています。

今日の1枚
Dsc_1710

2013年9月 7日 (土)

大好きな梨

テレビのグルメ番組ではありませんが,毎年この時期に食するもの:梨です。今日もいただきました。

→小さい頃から,梨と柿は私の大好物。梨(長十郎):堅くて水気の少ないものを食べていましたが,果汁の多い”二十世紀”が出現。そして品種改良で,今では”幸水”が一般的。確かに甘くて水気もたっぷり。

→農業に携わる方々の努力にけちを付ける訳ですが,この梨を初めとして,”甘味”にこだわった品種改良ばかりです。例を挙げるとトマト,もう”糖度”との戦いですね。団塊の世代としては,「あの懐かしいトマトの味は,一体どこへ?」と言いたくなります。

もう一つ例を挙げましょう。大好きな魚です。

→養殖・栽培漁業の進歩も著しいものがあります。ハマチは,ほとんどが養殖物です。刺身を食べてみれば,養殖ものか天然ものか,すぐに分かります。脂・堅さが全然違います。脂たっぷりで柔らかなものを好む消費者?

素材の本来もつもの,その一部を肥大させ,消費者のニーズにあったものを提供?,どうもこれに疑問をもちたくなります。

歳をとると,味覚まで懐かしいものを欲するようになります

☆今日のテレビは
”NHK:クイズ100人力で2013年9月7日,「羽田空港対決」を放映。17時30分から18時42分。再放送は9月14日1時40分の予定。
航空写真家のチャーリィ古庄さんと気象予報士の真壁京子さんと羽田空港に乗り入れる航空会社のパイロット・客室乗務員・グランドホステス・グランドハンドリング・ケータリング・警備・空港施設・案内などの方々との対決。」

→NHKもいろいろな工夫を凝らした番組制作をするものです。私も空港を知るために視聴予定です。

☆あれあれ
デルタ航空は2013年11月3日から,関西/シアトル線を運休。現在はB767-300ERで運航,
シアトル発DL183便は11月2日から,関西発DL182便は11月3日の便を最後に運休。”

→中部ほどではありませんが,関西も地盤沈下?LCCの存在価値がますます高まる関西?

今日の1枚
Dsc_1712


2013年9月 6日 (金)

雲が残った

雲が残ったものの,久し振りの良いお天気。

図書館で借りてきた3冊目「夜の寝覚

→書名は知っていましたが,中身は全く知りませんでした。ワクワクします。これ程集中的に「日本の古典」を読むことができることを幸せと思います。たった一度の人生,回り道もたくさんありますが,少しでも充実したものになれば…。

準備はしていますが,

→5月以来「石仏(道祖神)」の撮影を行っていません。信州の残りの市町村の調べも準備しています。が,実行できていません。①暑い ②天候不順 ③高騰するガソリン価格など,躊躇するものがいくつもあります。

ついに復活

→「円安」,ついに(対ドル)100円台に復活。輸入品の高騰は避けることが,ますます難しくなりました。「ちりも積もれば山となる」のごとく,生活弱者の生活はますます厳しくなります。年一度の海外旅行もますます遠い存在になります。

☆新たな黒船(?)
”中国・春秋航空傘下の「春秋航空日本」は5日,2014年5月末から国内線に参入すると発表。成田空港を拠点に高松,広島,佐賀の各空港に就航する予定。国内4社目のLCCで,日本の航空会社が出資しないのは初め。
中国の春秋が株式の33%を握り,67%は国内のIT企業,商社,旅行会社などが出資。
B737-800:3機で成田と3空港を1日2往復。17年までに20機に増やし,国内線の拡大に加え,国際線にも進出する計画。中国・台湾・シンガポールへの路線も検討。 
先行するLCC3社のうち,成田を拠点にする2社は利用者が伸び悩んでいる。春秋の参入で,利用者を取り込むための価格競争がさらに激化。
高松と佐賀には中国・春秋が上海との定期便を就航,新路線ができれば乗り継ぎで成田と上海が結ばれる。首都圏と中国を結ぶ春秋の路線は茨城―上海のみだったが,成田発着が加わることで,日本勢にとっては中国路線でも強力なライバルになる。”

→会社設立の話は,随分前から知っていました。すでにかなりの準備をしており,国土交通省への認可申請も終わっている?約半年の準備期間で大丈夫かなあ。
現在の就航地と成田をつなぐもの?市場調査をしっかりと行っているのかしら?(失礼ですが)高松,広島,佐賀から成田へB737-800を1日2便,オーバーキャパシティーですな。せいぜいDASH-8かな?

→余談ですが,中部の地盤沈下は収まったのでしょうか?何か小牧時代と変わらないような気がします。未だにこの空港の開港の意味が理解できない私です。何か地元企業の思惑だけが優先したように思います。そして某一流企業の海外出張のほとんどは,成田出発とも。


☆そのお手本は
ピーチは,2013年11月1日から関西/香港線を増便すると発表。現在は深夜便で関空21時20分発,香港1時15分発で運航。昼間便を増便し,要望の多い日中のフライトを行う。関西発8時30分のMM63便,香港発12時35分のMM64便”

→激戦路線かと思いますが,安ければ需要がある?また,A320ならば座席を埋めることができるとの判断でしょうね。

今日の1枚
Dsc_1745

2013年9月 5日 (木)

憂鬱な通勤

通勤途中,憂鬱になる電光掲示板

同じパターンのことしか書けませんが,GSの電光掲示板を見ると…。今月からアベノミクスの影響か,輸入品の高騰による価格転嫁が始まっています。来年度予定の消費税アップを考えると頭が痛くなります。年金生活者は,ますます厳しい生活になります。(そろそろ年金支給額の減額が始まりますね。)

☆是非強力に推進を!
県営名古屋空港の隣接地で県が進めている「MRJ」などの生産拠点整備で,県は,拠点整備に必要な用地確保に向けた空港駐車場立体化の費用など5488万円を盛り込む。
 県は,空港の隣にMRJなど民間航空機の生産,整備拠点を誘致し,税制優遇などを受けられる国際戦略総合特区「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」としてさらなる産業集積を目指す。
 県が目指すMRJなど民間航空機の生産拠点の整備では,2014年度中の事業者への提供を目指しており,事業費は全体で73億円規模を見込んでいる
。”

ただでさえ開発の遅れが目立つMRJ,国・地方公共団体の強力なバックアップが必要です。MRJが成功するか否かは,もう一企業だけの問題ではありません。

☆仁義なき戦い?
デルタ航空は,エアバスから40機を購入する方針を発表。内訳は太平洋・大西洋路線用のA330―300:10機と,米国内路線用のA321:30機。2015~17年にかけて順次納入。
 デルタは購入価格を公開していない。欧米メディアによると正規価格では約56億ドル相当だが,ボーイングとの受注競争で優位に立ちたいエアバスが,デルタ側に相当な値引きを?

「損して得する」商売の常套手段,これは古今東西代わりがないのかしら?もう書き飽きましたが,赤組のA350の話はどうなったのかしら???

"SKY SWEET"改造作戦に多大な投資をしていますが,果たしてその成果は?

世界のB787
”中国の海南航空は2013年11月10日から,北京/シカゴ線の機材を現在のA340-600からB787へ機材変更。この路線は現在,火・日の週2便ですが,12月10日から火・木・土・日の週4便に増便。なお,2014年6月にはデイリー運航に増便する計画。”

エア・インディアは2013年8月31日,オーストラリア路線にB787を投入,オーストラリアで初めてのB787を運航する航空会社。これはデリー/シドニー/メルボルン線の三角運航で,オーストラリアに初めて到着するシドニー着を月・火・木・土の週4便,メルボルン着を水・金・日週3便で運航。”

ブリティッシュ・エアウェイズは2013年9月1日,ロンドン・ヒースロー/トロント線に就航。長距離路線の初便には2機目のG-ZBJBが投入。”

ノルウェー・エアシャトルは2014年2月28日から,ノルウェー・エアシャトル・ロングホールの運航によるB787でコペンハーゲン/ロサンゼルス線に就航。ノルウェー・エアシャトルのオスロ発着のロサンゼルス・オークランド・オーランド線・ストックホルム発着のロサンゼルス・サンフランシスコ線,コペンハーゲン/ロサンゼルス線はいずれも単独路線。”

今日の1枚
Dsc_1728



2013年9月 4日 (水)

予報が当たった!

朝の天気予報が,実によく当たった!素晴らしい!

特に夕方の雷雨と土砂降り,九州・山陰・北陸・東北をの「記録的な豪雨」とは,このようなものか!道路がまるで川のようです。テレビを見たら,大都会でも同様の光景でした。近くに川のない高台で良かった。

やっと現像が仕上がってきました!

中3日かかるフィルム現像,まあコダックと較べれば速いのですが…。慣れてくると,「実にのんびりとしている」と感じてしまいます。今回カメラを換えて初めての撮影,途中で設定ミスを発見,現像が仕上がるまで不安でした。

どうなっている@ページ!

ホームページビルダー(Ver17)を使っています。7月末までは,サイトアップは実に簡単にできました。ところが,"www"に"ftp"サーバー名が替わってからは,上手くいきません。仕方なく,少しずつアップロードしています。困っています。

今日の1枚
Img074
言い訳ですが,GAとともに出てくる時間が悪い!全くのトップライトです。お見苦しい。デリバリーが,約1ヶ月遅れたものです。HISの戦略が当たるかなあ。

☆赤組は
日本航空は2013年12月から、成田/バンクーバー線に投入する767-300ERの新シート「SKY SUITE 767(スカイスイート767)」の導入にあわせ、JALホームページ、FacebookのJAL公式ページで「ソーシャルカタログ」を公開。”
http://www.jal.co.jp/newsky/sc767/

2013年9月 3日 (火)

雑談

職場での雑談,「バレンティン選手は,日本のプロ野球ホームラン記録を塗り替えるか」です。ご存じのように”日本のプロ野球ホームラン記録は,55本”です。最初に記録したのは,王貞治選手です。この記録に挑戦した人はたくさんいますが,中でもT・ローズ選手(近鉄)やA・カブレラ選手(西武)が挑戦した時は,マスコミもファンも大騒ぎでした。が,記録を塗り替えることはできませんでした。特にカブレラ選手の時は,(チーム事情があったにせよ)とてもフェアな戦いとは…。下手なナショナリズムは要りません。

 
こう書くのも,”日米通算4,000本安打”を記録したイチロー選手,アメリカのマスコミの温度差が面白かったです。それでもグランドでは真剣勝負,決してブーイングが起こるような場面はありませんでした。さすが”野球を国技”の一つと考えている国です。

 
ところで,テレビ番組表を見てもよく分かるように,プロ野球の放映はめっきり減りました。他にも興味あるスポーツが出現してきたこともありますが,それにしても…。”巨人・大鵬・卵焼き”の頃が懐かしいです。そんな不人気のプロ野球ですが,久々の話題が「バレンティン選手は,日本のプロ野球ホームラン記録を塗り替えるか」です。ローズ選手・カブレラ選手のときのようなアン・フェアーな戦い(ローズ選手の場合,135試合目,残り5試合で55本を放ち,王選手に初めて並んだ。だがその後のダイエー<現ソフトバンク>戦では四球攻め。王監督(当時)の前で記録を更新させまいとする策だった。)をせず,堂々と戦って欲しいものです。結果はどうなるのか分かりませんが,ファンの前に堂々と戦う姿を見せて欲しいものです。
002

もう一つの話題は、携帯電話です。世の中”スマートフォン”への移行真っ最中。そんな中,携帯電話を”ガラケー(ガラパゴス携帯電話)”と読んで馬鹿にしています。携帯電話の飽和状態を打ち破ったのは,スマートフォンです。通信御三家も新たな利益先に遅れないように必死です。「つながりにくい」「高価である」などを克服し,いかにガラケーからスマートフォンに移らせるか,あの手この手を…。

スマートフォンには,(極端な話)無限の可能性を秘めたものがあります。モバイバル・コンピュアーターです。が,一方では,会話そして(せいぜい)メール位しか使用しない人にとっては,大きく・高価なスマートフォンは…。そして毎月の維持費も結構な額です。例え”ガラケー”と呼ばれても,通信機器への依存度が低い人にとって,スマートフォンは…。

これは,SNS(social networking service)にも現れています。自分の投稿後の反応が気になり(「いいね」がどれくらいあるか),絶えずスマートフォンで確かめないと落ち着かない人,これは結構多いのでは?まさに通信機器に自分の生活がおかされ,精神状態まで中毒症状?時間ができたらすぐに通信機器に依存する人,まさに中毒症状?スマートフォンであれガラケーであれ,こういった症状にならないようにしたいものです

2013年9月 2日 (月)

蒸し蒸しした一日

気温は低いものの非常に湿度の高い一日でした。これはこれで身体に響きます。集中豪雨・落雷・洪水・竜巻・台風など何でもありの日本,全土が落ち着いた暮らしができるのは,一体いつのことやら。
ちょっとふざけた?サイトですが,話題提供にもってこいのサイトです。但し,自己責任を自覚してくださいね。http://www.recordchina.co.jp/

バニラ・エア
日本とソウルやグアムなどを結ぶ国際観光線を軸,業績立て直しに向けた戦略転換で3年以内の営業黒字化を目指すが,安定した運航体制の確立や機材増強など課題も山積。
国内路線は限定
新会社は当面,成田国際空港を拠点とする本格的な国際線LCCを目指す。成田―ソウル,台北,サイパン,グアムなどが有力。国内は成田―那覇などに限定?。中期的に逆転し,国際線7割,国内線3割になる見通しだ。
路線を見直す原因は主に二つある。「成田は国内線も飛ぶ空港という認識が消費者に広がっていない」。
もう一つは「成田空港問題」。原則,航空機をどれだけ長く稼働させられるかが経営のカギを握るLCCにとって成田は使い勝手が悪い。
「国際線なら利用客1人当たりの単価も増える」。営業を開始した昨年8月から今年3月までの乗客1人当たりの単価は8300円。距離の長い国際線を増やせば安定的に利益が出る1万円超?。
当初の保有機数は2機。15年末までに10機体制とする方針。さらに定時率で見劣り,12年度の定時出航率は64%。ジェットスター・ジャパンが80%なのに対し大きく劣った。また使いにくいという指摘が相次いだインターネット予約システムも刷新。サービスの質をどれだけ高められるかも浮沈のカギ
。”
同じ傘下になぜ二つのブランドが必要なのか,素人にはさっぱり理解ができません。過去にも青組,「作ってはつぶし,作ってはつぶし」を繰り返しています。成田ベースと関空ベースの違い,国内線向けと国際線向けでは???
たった2機からの制限ある空港からのスタート,どう考えてみてもピーチの国際線ヴァージョンの方が分かりやすい。

B747がお好きならば
全日空はB747-400の退役を控え,特設サイトをオープン。B747の運航情報,プロモ-ション情報,これまでの歴史を辿るフォトギャラリー,歴史年表などを掲載。”
→http://www.ana.co.jp/thanks_jumbo/

☆何とも理解しがたい…
アメリカン航空とUSエアウェイズの合併について,アメリカ司法省が提訴した件で,2013年11月25日から裁判が開始される。アメリカ司法省は準備に時間がかかるとして,2014年3月3日からの開始を提案していましたが,裁判所が出した2013年11月25日からの開始はアメリカン航空とUSエアウェイズが提案した2013年11月12日に近く,裁判の行方も合併に向けて有利に進むのでは?
→ヨーロッパでは,この合併を認めているのに…。何とも理解しがたいアメリカの事情。

今日の1枚
Dsc_1695

2013年9月 1日 (日)

JA8074

ふと気付いたら,今日から9月です。この夏,空港へ行った回数は?FDAの黄色は?
言い訳を書くようなことはすまい。何とも情けない状態,これはHNを変更するか?

例年ですと,8月の終わりには福岡遠征をしています。ところが今週末もそうですが,福岡地方,この夏は猛暑か豪雨かと極端な気象状況が続いています。今また新たな台風の影響で,曇りや雨の日が続いているようです。最低でも2日間連続して「晴れマーク」がなければ,(大金をつぎ込む)遠征は組むことができません。冒頭に書いたFDAの黄色も,いつもの場所でばっちりいただきたいのですが…。因みに”Weather News”の週間天気予報を見てみると,この1週間福岡地方は悲惨な予報です。

先週日本の新型ロケット”イプシロン”の発射する様子をネットでやっていました。JAXAのサイトを検索,動画を見ることができる所までたどり着き,15分位前からじっと見ていました。この後は,ご存じの通りです。

その後「宇宙航空研究開発機構は,”イプシロン”の打ち上げ中止は,機体から地上への信号伝達が0.07秒遅れたことが原因と発表。事前のリハーサルで見落としており,人為的なミスとみられる。」とありました。
ロケットの打ち上げは,その国の”最先端の科学技術が結晶したものの一つ”です。私の興味を引いたことは,”人為的なミス”の部分です。最先端の科学技術の結晶=ロケットでも人間の手が入らねば,ただの”もの”でしかない。「人間の間違いは,人間の力で見付け,克服する」,何とも素晴らしいことではありませんか?
「偉業を達成するためには,それに携わる多くの人達の力が必要不可欠」だということを,学ぶことができました。

☆青組のB747-400D
現在はANAのB747-400は4機体制。9月末でJA8957が退役,10月からはJA8960・JA8961・JA8966の3機。
現在は羽田発着で,新千歳・那覇線の2路線に投入。9月1日から10月26日までのスケジュールでは新千歳線に1日3往復,那覇線に1日2往復。
ちなみに機材の運用は1機で羽田/新千歳線に投入された場合は1日3往復,羽田/那覇線は1日2往復を運航。9月は全ての機材を1日で撮る,見ることが出来る運用になるかは?。
10月27日からの冬スケジュールでは羽田/新千歳線は777-300へ機材変更が予定。また,羽田/那覇線は2014年2月1日から,1日2往復が777-300へ機材変更,747-400の運航は1日2往復。日本国内でのB747-400の最終便は羽田発がANA137便、那覇発ANA136便となる見込み
。”

某雑誌ではないですが,国内近距離にB747を使用している(した)国は,日本だけです。搭乗してみれば,その客室内の広さを実感し,抜群の安定感を誇っています。いろいろなタイプに搭乗しましたが,「一度のたくさんの人を乗せることができる」といった乗り物です。お陰様で,私のような者まで海外旅行ができる時代が来たものです。最後に赤組のB747-400(JA8074)に搭乗できたことを記憶しておけば,私は十分です。
P1030612

B747SPを見ましょう。
http://www.youtube.com/watch?v=ExfyBtdjEAY&feature=c4-overview&list=UU7GdLVKT2E5D7FZ4DTXTouw

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »