2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今日のお天気は?

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

スイスイ

今朝の通勤は,渋滞もなくスイスイと走ることができました。5km弱の通勤距離を約25分かかることが異常な状態だと思います。これがあと2日続くと思うと,朝の通勤も楽しいものです。あれだけお天気の良かったGW前半とは打って変わって,雨の一日でした。幸いにも帰る頃には雨も上がり,明日はお天気が良さそう?です。

明日は,午後出勤です。今日できなかったお散歩ができます。午後はみっちり絞られます。そう私の研修日です。

さてこの話を書いたのは,随分前のことで記憶にはありません。
旅行費約2000万円,予約者約500人」…そうヴァージン・グループが計画している”宇宙旅行”です。その練習が始まり,第1回目の飛行は予定通りの結果だったそうです。

実際に無重力状態を体験できるのは,10分足らずだそうです。それでもこの金額,この予約者数です。世の中,お金の使い道に困っている人がたくさんいるんですね。

これも気になること。
中国における"H7N9型鳥インフルエンザ"です。朝刊では,もう127人の方が亡くなったと書いてありました。ちょっと前に100人とあったような記憶がありますが…。

これは国際空港・港での検疫チェックをしっかりと行っていただきたいものです。国内の鳥インフルエンザでも大騒ぎとなりました。何万羽のニワトリが処分されたことやら…。

ネパール航空
確かネパール航空は,2機のB757-200を所有していたと…。
ネパール航空は、シャークレットを装備したA320を2機購入する覚書を締結。これにより機材更新を図ります。ネパール航空は757-200を2機保有していますが、これが更新されると見られます。
ネパールへの登山をはじめとする観光客をさらに誘致することが出来るとしています。また、この機材は「RNP-AR(Required Navigation Performance – Authorization Required)方式」を装備し、ネパールのトリブバン国際空港での着陸でも経路の短縮、空域を絞り騒音区域を減らし、飛行時間の短縮による燃料消費、二酸化炭素排出の削減。

あの珍しい1機のB757は,一体どこへ売られていくことやら。

2013年4月29日 (月)

暑い!

体感的に今日の午後は,気温がぐんぐん上昇しているように思えました。今年初めて半袖のシャツを着ています。それでも北海道東北部では,まだ雪が降る日があると聞きます。そう思うと日本は,「南北に細長い国」と実感をします。

これは高い山々も同様だそうです。白馬岳で起こった雪崩,またしても尊い命が奪われました。昨年も同様に起きたような気がします。春山登山?まだまだ雪がたくさん残っています。気象情報をしっかりと見て,「やばい」と思ったら止める!人様に迷惑をかけない登山をしていただきたいものです。

Img_0273_2
散歩の途中,何度も”葱坊主”を見ますが,なかなか気に入ったものは…。

長年自動車に頼り切ってきた私ですが,今年になってちょっと変わりました。例えば,この4日間一度もハンドルを握っていません。歩いています。そうなってくると,周りのものが実によく見えるようになります。また,季節の移り変わりが体感できます。散歩の記録として残してあるのが,
http://www20.atpages.jp/cavok/p74.html
この春の様子は,いつもと違ってどんどん前倒し状態が続いているように思えます。こういったことも歩いていると実によく分かります。

夕方のニュースでは,交通渋滞の速報をやっています。GW,家族サービスに努めておられる方々,本当にご苦労様です。ハンドルを握っている人以外は,スヤスヤ?なかなか前に進まない渋滞,気を付けてお帰りください。

貧乏暇あり状態の私ですが,昨年からGWや年末年始の遠出は控えています。空港に行きたいのは山々ですが,交通渋滞に少しでもお役に立てれば???

○またまた面白い結果
2012年の「最も乗客数の多かった航空路線」,トップ10は以下の通り。

1位 済州島─ソウル:1015万6000人
2位 札幌─東京:820万人
3位 リオデジャネイロ─サンパウロ:770万人
4位 北京─上海:720万人
5位 メルボルン─シドニー:690万人
6位 大阪─東京:670万人
7位 福岡─東京:640万人
8位 香港─台北:550万人
9位 沖縄─東京:460万人
10位 ケープタウン─ヨハネスブルグ:440万人

トップ10の内,7路線がアジアです。さらに4路線が,我が国です。これだけ短距離移動者が多いのならば,LCCがもっともっと普及してもいい?お隣の韓国は,LCCに関しては先輩ですね。

*今(18:31)南の島にアプローチするB744(DL?)を見ました。田舎者,久し振りのB744!

2013年4月28日 (日)

約50年の歳月

気紛れな散歩です。幼稚園(2年)小学校(6年)中学校(3年)と11年間通った通学路を歩いてみました。99%以上の景色は変わってしまいましたが,それでも神社の大木・古くからの家・(昔は綺麗だった)小川などを見ると懐かしくなりました。

じゃりの道しかなかった通学路,今では全部舗装されています。通っていた小学校は,孫(6校)まであります。中学校も3校に分かれています。人が増えました。保育園は,近年立派なものに建て替えられました。

通学路の途中,一番高いところに踏切があります。蒸気機関車・ディーゼル車・電車と替わってきましたが,このポイントは印象深いものがあります。特に登校時,雨の日・雪の日は大変でした。

昔このポイントに立つと,前面は遙か遠くの幼稚園・中学校の松林が見えたものです。風の強い日は大変です。幼稚園児と小学校6年生が一緒に歩くのですから,毎日迷惑をかけたと思います。

約50年の月日が経ちました。もうあんなのどかな雰囲気は戻ってきません。あの頃の写真があったら,忘れた記憶が一挙に戻ってくるかもしれません。
Img_0268(もっとアンダー気味に撮りたかった)

○こんなスポッターもいる
http://kpae.blogspot.jp/2013/04/paine-field-april-24.html
ボーイングの工場のある町に住んでいるのか,お天気が良い日には毎日通っている?凄まじい出撃回数。B787がどんどん生まれているだけに,出撃が楽しいでしょうね。中国南方航空の特別塗装機,なかなか良いセンスをしていますね。

なかでもヘリコブターをチャーターした写真,趣味としては?ですけど,うらやましい限りです。ここまでやるとお金がいくらあっても…。まあ人様の懐だから,私たちは素晴らしい写真を見せていただける?

○B787
96958a9c93819499e0e5e2e2838de0e5e2e
実に速い対応です。エチオピア航空は,商業運航をもう再開しました。これにはびっくり?。

それにしても世の中,どこもかしこも白色主体の塗装,面白くありません。個人的には,ヨルダン航空のB787を見てみたいですね。案外KLM・アエロフロート航空もいいのかもしれない?実現不可能?ノック・エアーのカラーはどうでしょう???ボーイングとしては独特のノーズ,ノック・エアーをダブらせてみてください。最高に似合う!?でしょ。




2013年4月27日 (土)

厄除

30数年前ですか,県内の「円空仏」の撮影をして回りました。その中の一つが竜泉寺です。散歩を初めて,いつか竜泉寺まで行ってみようと思っていました。ただなだらかな上り坂が延々と続くので…。「気温も低く汗をかかないだろう」と思い,行ってみることにしました。市の境の川を橋からのぞくと
Img_0254
沈めてあるコンクリートのいたずらでしょうか,下り落ちる姿が亀甲のようで面白い
静かな町中をどんどん進む。やっと上り坂にさしかかってきました。新芽が綺麗な木々の間には,
Img_0256
見づらいですが,野生の藤の花です。藤の花の色は,私のお気に入り。この色のネクタイを探し求めたこともある位です。

土曜日の早朝と言うこともあり境内は静かなものです。
Img_0258
節分の日はたいそう賑わうお寺さんですが…。私は「開運」よりも「厄除」です。しっかりとお祈りをしてきました。しばらくは大きな厄はないと信じています。

復路は楽なものです。下っていけば良い。但し,膝に負担がかからないように姿勢には要注意。我が町を
Img_0261
自宅の方を見やると,「あそこらまで歩くのか!」と思い複雑な心境。道を変えて川沿いを歩いていると,子どもの元気の良い声が聞こえました。少年野球の練習です。河川敷を上手く使っています。お隣にも違ったグランドがあり,びっくり。

爽やかな風が気持ちが良い。そして何よりウグイスの啼き声がいい。随分啼き方の上手なウグイスです。足を止めてうっとり。

帰宅して万歩計を見ると,過去最高の距離でした。夕刻某デパートに行きますから,今日は2万歩を超えます。







2013年4月26日 (金)

食べる順番ダイエット

小織さんが,面白い番組の話をしてくれました。

ダイエットは、“炭水化物のとり方”に気を付ける。食事の初めに炭水化物をとると、血糖値が急激に上がる。すると、血糖値を下げるホルモン「インスリン」が過剰に分泌される。インスリンは余った糖を脂肪にかえる、“肥満ホルモン”でもあるのだ。そこで、最初に野菜類から食べることで、糖による血糖値の急上昇を防ぐ。次に、肉や魚を食べておくことで、最後のご飯の量も無理なく減らせる。

私の朝食で言うならば,サラダそしてヨーグルトを先に食べ,トーストは後から食べると言うものです。これならばできそうです。

最初に食べる野菜・海藻などは
食物繊維には炭水化物が分解されてできる糖の吸収を遅らせる作用があり、食事の最初に食べると食後の血糖値の急上昇を防ぐ。さらに、余分なコレステロールや中性脂肪、ナトリウムなども体内に吸収させない効果がある。

メインのおかずは?
インスリンには余った糖を脂肪に変えて蓄える働きがあるが、脂質をダイレクトに脂肪細胞に蓄える働きもある。
人の体は、糖質が不足してもたんぱく質や脂質から必要な糖質を作り出すことができるが、たんぱく質や脂質は体内で合成できない必須栄養素。ダイエット中こそ控えてはいけない。
 カロリー制限中にたんぱく質の摂取量を減らすと、筋肉量が減って基礎代謝が落ち、かえって太りやすい体になってしまう。

最後に炭水化物を
糖尿病でない健康な人が、ダイエット目的で糖質制限する場合、今食べている炭水化物の量を半分に減らすのがいいそうです。”食べる順番ダイエット”は血糖値の安定と炭水化物の過剰摂取を防ぐということだそうです。

さて今日は,天気予報がずばり当たりました。3時間毎の予報がこれほど当たることは…。びっくりしました。早朝の散歩では,
Img_0246
Img_0248(懐かしい麦です)

コンデジを持った不純な散歩ですが,歩く速さは実にいろいろなものを発見させてくれます。麦畑を見付け,懐かしかったです。小学校に上がる前だったと思います。綿のいっぱい入ったどてらを着て,寒風の中をばあちゃんと麦踏みをしました。今では麦を作っている農家の人は?自分で麦を作り,パンでも焼いてみるのも一興かとも思ったりします。




2013年4月25日 (木)

今週も無事終了

ランチの肉団子とスィートポテトには参りましたが,今週も無事お勤めを果たすことができました。めでたしめでたし!

明後日から世の中は,GWに突入ですね。豊田の御大は,何と5日まで豪華な九州旅行とありました。今の私には,夢のまた夢です。それに30日~2日までは,暦通りに仕事が入っています。今年ほど,仕事にぴったりあったGWは,珍しい。それに有給休暇は,本年度より13日+αしかありません。貴重です。

民族大移動にはお付き合いをしません。いつもの生活のリズムで過ごします。と言っても,そろそろ信州詣(道祖神撮影)の準備を始めなければなりません。今のところ北部は,1泊2日で制覇できそうです。しかし東部は,1泊2日を2回は覚悟しないと…。北部・東部は数は多いのですが,摩耗したものも多いようです。よって随分精選ができそうです。

乏しい軍資金を上手に使い,安宿でも良いから温泉を見付けようと…。そうなると成田・福岡遠征の実現は,無理だろうなあ。

○またB787ですが,
エチオピア航空は、B7787運行を再開する最初の航空会社となる見通し。
エチオピア航空の関係筋は”同社は世界の航空会社で初めてB787の運行を再開する”と述べ、27日にケニアの首都ナイロビへのフライトを予定している。
エチオピア航空はB787を10機を発注し、これまでに4機が納入。
エアインディアの関係筋も、規制当局の認可が降り次第、約1週間以内に運航が再開されるとの見通しを示した。

我が国の大手2社が慎重な姿勢を崩していませんが,エチオピア航空・エアインディアの再開は,待ったなしに始まるんですね。台所事情が反映しているのでしょうか?そうなるとこれに続くは,LOT?UA?

○B777は
B747-400の後継機として我が国の大手2社は,B777-300を導入しています。これは海外の航空会社も同様です。
エチオピア航空は、航空機リース会社のエア・リース・コーポレーションからB777-300ER新造機2機をリースする契約を結びました。2機とも12年間のリース契約で、2015年5月、2015年6月に導入を予定。
同じくエア・リース・コーポレーションは2013年4月24日、KLMオランダ航空と777-300ER新造機をリースする契約を結びました。デリバリーは2015年3月の予定。また、KLMで運用されている777-800の3機、777-200ERの1機について、リース期間を延長。
KLMは現在、777シリーズを22機保有、うち777-300ERは7機、777-200ERは15機。

○A350は
2013年4月22日、エアバスは”BA”と同社を傘下に持つ”インターナショナル・エアライン・グループ(IAG)”が,開発中のA350XWBを18機確定受注、オプション18機を発表。受注したのはA350ファミリーで最大のA350-1000型機、搭載エンジンはロールス・ロイス”トレントXWB”。

そろそろ赤組もA350の契約を結ぶのでは?

2013年4月24日 (水)

またもや

またもや歯痛の再発です。前回は冷たいものが浸みましたがが,今回は(変わったことに)暖かいものが浸みます。コーヒーを飲んでいても激痛が走ります。

そして治療は…。神経を抜かれるかと思いましたが,今回は何とか…。まあいずれは神経を抜かれるでしょう。ストレスの軽減を実感しますが,思わぬところに出てきます。今日は終日雨ですから,乾燥湿疹も一時お休み?ランチも塩分が多そうなメニュー,量は半減です。

こう考えると,せっかくのリタイヤ生活も身体のあちこちがいかれてきて,そのケアに終わっているようです。これでは楽しみがありません。

歯医者さんの帰り,市内で一番大きな本屋さん"Imagin"へ行きました。今年これまでに読んだ本の中で読み返したい本を2冊買ってきました。いつもどこでも時間があれば読める=文庫本にきまり!

幸いなことに文庫本を眼鏡なしで読めます。ありがたいことです。

買ってきた本は,「方丈記」「徒然草」(枕草子は?)です。現代生活にぴったりと来るものではありませんが,リタイア後に自分を見つめ直す一方法があるものと思います。

○H7N9…これは広がる?
中国で感染が相次いでいるH7N9型鳥インフルエンザについて、厚生労働省は24日、感染症法に基づく”指定感染症”に指定する方針を厚生科学審議会感染症部会に示し、了承された。近く閣議決定し、5月上旬の政令施行を目指す。
 H7N9型を含む鳥インフルエンザは現在、感染症法の4類に指定されている。国民の生活や健康に重大な影響を与える恐れがあるとして、指定感染症になると、強制入院や就業制限など、より危険性の高い1~3類感染症に準じた対応が最大2年間可能になる。患者の医療費は公費で負担される。
 指定は2006年のH5N1型鳥インフルエンザ以来で、03年の新型肺炎(SARS)を含め3例目。いずれも指定後、強制入院などの措置は取られていない。
 同省は、H7N9型鳥インフルエンザが、人から人へ感染する型に変異する可能性が示唆されていることから、”現在のままでは国内で感染者が出た場合に迅速に対応できず、取れる措置を増やした”としている。
」 

まずは日中間の検疫の壁を厚くすることでしょう。特に危ないのが空港です。記事にもありますが,SARSの時の大騒ぎを思い出します。

これだけ国家間の密接なつながりができている現在,人や物の往来は止めることは不可能です。中国から帰ってきた人(来た人)全員の検査をするくらいにしないと防ぐことはできないのでは?患者が出てからでは遅い!

2013年4月23日 (火)

縦の線を

研修も2週目に入りましたが,まだまだ手探りの状態です。今日も言いたいことがたくさんありましたが,ほとんど口に出さずに終わりました。

研修生が,一生懸命に仕事を覚えようという気持ちは伝わってきます。それでも「基本の基」しか言いません。私が今まで幾人かの研修生を指導してきた反省,「急いては事をし損じる」を肝に銘じています。焦らず,まず「縦の線」をしっかり構築できる人になって欲しい。

一年間という研修期間は,短いです。それでもこの「縦の線」をしっかりと身に付けて欲しい。この基礎が,今まで曖昧に終わってきたように反省しています。

この仕事,世の中では批判の対象になりがちなものです。「下手な促成栽培」をして,天狗になられたらどうしようもありません。人間ブロイラーのような育て方をしないように心がけています。

話変わって,旅のお話。
まもなくGWです。民族大移動の時期です。国内旅行・海外旅行ともに予約は好調と聞いています。「貧乏暇あり」の私ですが,混んで高いGWの旅行は敬遠したい。

相方もその点は理解はある。それにそろそろ信州路を再開したい私。黙っていたら…。「やきもち家」を探してきた。
http://www.yakimochiya.com/
密かに次と考えている「信州新町・小川・中条・戸隠」を回ることができるでは!それにお値段が…。石仏巡りに付き合ってくれるならば…。

相方は,「灰焼きお焼き」に異常にご執心,山道ばかりですが行くことにしました。勿論平日ですから午前4時前に高速道路に入らねばなりません。(この理由はご存じですよね)

○いよいよ改修工事が
全日本空輸と日本航空は、出火トラブルなどで1月から運航を停止しているB787のバッテリー改修作業を始めた。
国土交通省は今週中にも運航再開を認める見込みで、両社は6月にも営業運航を始める方針。
 全日空は国内外の7空港に計17機、日本航空は3空港に計7機を駐機。22日は全日空が羽田や岡山など国内4空港で、日本航空が羽田と成田の2空港で、それぞれ改修を始めた。1機当たり5日~1週間かかり、全日空は全機を終えるのに1~2か月かかる。
 日本航空の大西賢会長は、”改修後、機体の全般的な安全性確認に1週間かけ、乗員の習熟訓練も入念に行う”と述べ、6月1日にも営業運航を始めたい考えを示した。

しかし,出火トラブルの原因が完全に解明されていない現在,多分に政治色の匂いがするこの措置,再発しないことを祈るのみです。

特にB787を積極的にアピールしてきたキック・カスタマーの全日空,果たしてデリバリー時のような集客能力を確保できるか?

まだまだ時間がかかりそうですね。

KLM
KLMオランダ航空は4月3日、福岡/アムステルダム線を就航した。九州とヨーロッパを結ぶ直行便は初めてで、週3便の運航。
4、5月はロードファクターは80%を超えており、オランダやベルギーのチューリップ鑑賞を入れたツアーの最盛期であるため、売れ行きは好調。6月、7月や夏にかけてはスイス、北欧なども売れ筋になってくるとの見通し。福岡支店は九州や沖縄を対象としているが、山口や広島以西の利用もあるという。今後は”8割を越すロードファクターは維持し、数年かけて運航を増やしていきたい”考え。

AYと言いKLと言い,他の大手とはちょっと違う戦略が功を奏するか,楽しみです。こうしたパイは必ずしも大きくはないが,確実に集客していけばきっと成功すると思います。

成田・羽田以外にヨーロッパ便を飛ばしていない国内大手,B787を使った路線を開拓しないのかなあ。

2013年4月22日 (月)

大器を育てる

午後,二年前の研修生の職場をこっそりと訪れてみました。運悪くボスに見付かってしまいました。短い時間でしたが,研修生の成長の跡を見ることができ,嬉しかったです。

自分もそうですが,「人間素直な時に成長する」と言うことを実感いたしました。我流では,浮き沈みがあり,決して先を見通した仕事はできません。

それでもまだ3年目,基礎がぶらついている箇所があり,こっそりとアドバイスをしようか?迷っています。
Img_0234
もう満開のものもあれば,つぼみもあります。それでもどの花も美しく咲き,私たちを喜ばせてくれます。遅い速いは個体差,じっくりと大器を育てたいものです。

○結構やりますね
ルフトハンザドイツ航空は2013年4月22日、地上職の労働組合によるストライキのため、ドイツ国内、ヨーロッパ路線などを中心に大部分の便を欠航すると発表。短距離路線は1,650便のうち、20便のみの運航。
また、長距離路線でも現地4月21日から、遅延や欠航などの影響を受けています。フランクフルト発着50便のうち、6便のみが運航。これに伴い、日本路線では成田/フランクフルト線、成田/ミュンヘン線、関空/フランクフルト線が欠航。なお、中部(セントレア)/フランクフルト線は予定通り運航。

そらもそうですが,ドイツポストの怠慢さは何とかならないものか。向こうから来るものは,1週間もかからない。こちらからのものは,短くて2週間はかかります。ひどい場合は,約1ヶ月!権利主張も結構だが,やるべきことをきちんとやってほしいものです。

○たった1機で
たった1機のボンバルディアですよ!それも経営が決して安定しているとは言い難い,地方航空会社,よくやっています。
天草エアラインは2013年4月7日、天草発福岡着AMX105便で搭乗者数100万人を達成。これを記念して天草エアラインと天草市は、1年を通じて天草市民を対象に「ご搭乗100万人感謝キャンペーン」を開催。

2013年4月21日 (日)

弘法様

空海(弘法大師)にまつわるお話は,あちらこちらで伝わっています。小さい頃,「弘法様」と言って部落の家が順に担当を変え,お参りに来てくれた人(子ども)にお菓子をいただける日がありました。

朝方は雨が降っていましたから,いつもより2時間遅れの散歩でした。歩いていると赤い幟が濡れて掲げてありました。「あっ,今日は弘法様の日だ」と思い出しました。自転車に乗り,ビニル袋を持った子どもたちに会いました。「お参りすれば,お菓子がもらえる」となれば,自転車に乗って…。何せ赤い幟が掲げてありますから,探すのは簡単です。

こういった行事が残っていることに驚くとともに,懐かしさを感じました。

雨上がりです。
Img_0223
チューリップに残る雨粒(滴)の美しさにゾクゾクしてしまいました。"face book"には,その他の写真を載せてあります。

美しい雨粒(滴)もお天気が回復すれば,跡形もなく消えてしまいます。こうした雨上がりに出会えたから見ることができたんですね。これも弘法様のおかげかもしれませんね。ありがたや!

花というと満開の時が一番綺麗に思われるかもしれませんが,いやいやいろいろ発見ができるものです。今日見た葉桜もとっても綺麗に見えました。「なんだ葉桜か」ではなく「葉桜もなかなかのもの」と受け止めたいものです。

現実に戻れば,中国内陸部ではまた大地震があったそうな。前回もそうですが,家屋の崩壊が多いように思いました。きっとあのがれきの下には…。我が国には,がれきに隠れて見えない人を探し出す訓練を受けた犬がいるそうです。一刻も早く救助犬を派遣し,一人でも多くの人を助け出してほしいものです。

地震のあった地域は,かなり高度があるようです。朝晩は冷え込むと思います。毛布・水・食料などを早く届けていただきたいものです。

地方には,こんなつながりが残っている!
鹿児島県枕崎市の立神中に今春赴任した6人の教諭をカツオのビンタ(頭)料理でもてなす恒例の歓迎行事が開かれた。
 戦後の食糧難時代、手に入れやすかったカツオの頭を教諭たちが料理し、赴任した同僚をもてなしたのが始まりとされる。現在はPTAが主催し、市内四つの小中学校で続いている。
 同僚の教諭やPTA関係者ら約50人が出席。6人がカツオの背中の皮で作った飾り付け”背皮かぶい”を頭に付けて登場すると、笑い声と拍手に包まれた。
 生徒の母親たちが塩とショウガで味付けしたビンタが運ばれてくると、教諭らは驚いた様子。それでも、食べ方を教わりながら、目玉の周囲やほほ肉を手づかみで取り出して食べ始め、最後は頭にかぶりつくようにして食べていた。

地域と学校がつながっている」と思います。こんな小中学校の教育は,素晴らしいと思います。

2013年4月20日 (土)

お薦めの野菜ジュース

目覚めが悪い,夜中に暑くて目が覚めました。眠る頃は肌寒さを感じていたのに…。体調の管理が難しい時期ですね。

朝,珍しくピザ・トーストを作ってみました。冷蔵庫をのぞけば,サラミもない!あるのはタマネギとプラムトマトだけ!トマトソースにタマネギ・プラムトマト・ミックスチーズを乗せただけ!食するときは,いのっちきタバスコをかけて…。

それに最近発見したセブンイレブンの野菜ジュース(これは3種類あります。ここだけ!198円なり!…お薦め!)とコーヒーです。ここにポテトサラダがあれば…。

肌寒い朝でしたが,お散歩に…
Img_0211
そして市内では有名な天台宗のお寺さん。小学生の頃,よく三角ベースボールをやりました。懐かしい場所です。
Img_0208
石山寺の多宝塔は国宝なのに…。見慣れたものですが,写真を撮ろうとすると目障りなものがたくさんあります。

久し振りに周りを回り,じっくりと見てきました。木造建築の美しさと寿命の長さにうっとりとしてしまいました。ガキの頃は,柵を乗り越え叱られたものです。

○B787の運行再開間近
米連邦航空局(FAA)は,B787のバッテリー改良など対応策を承認したと発表。
FAAは来週、航空会社に改良を指示し、B787の運航再開を許可。1月16日の運航停止から3か月を経て、ようやく運航再開のめどがたった。
ボーイングが提示した電池バッテリーの改良策について、ラフード米運輸長官は声明で”バッテリーの改良は機体と乗客の安全を確保する”と述べた。
 ボーイングのレイ・コナー(CEO)は声明で”(事故)防止策を重ね、もしバッテリーが故障しても機体に影響はなく、火災の可能性もない”と表明した。

これで国内大手2社の幹部は,一安心?それにもまして「飛ぶ羽をもぎ取られた」状態のパイロットの皆様方,辛かったでしょうねえ。飛びたくとも飛べないパイロット,もちろん収入も?運行再開に向けて,飛行勘を取り戻してください。

ボーイングは,新しいバッテリーシステムの搭載し,デリバリー再開は数週間以内?また、2013年の787のデリバリー機数について,計画通りの機数を納入すると言います。

B747-8(成田でも見る機会が少ない?)は
ボーイングは,747-8プログラムの生産レートを予定している月2機から1.75機に減産すると発表。大型旅客・貨物機の市場が想定より冷えていると説明。
引き続き、市場環境を注視し,2014年ごろには貨物市場が回復,今後の20年間で747-8インターコンチネンタルを含み790機の需要があると言います。

KZとKEのB747-8Fしか見たことのない私,LHの旅客機位は見たいものです。






2013年4月19日 (金)

真面目に考える

大台を突破して2年目,健康管理をせねばと思っているのですが…。

いつの間にか、お腹だけはぽっこりと出ていたり。それが、隠れメタボ内臓の周囲にたっぷりと脂肪がついた状態だ。この内臓脂肪が増えると、中から悪い物質が出る、同時に体にいい物質の分泌が減るという重大な問題が起きる。「日本人は3人に1人の割合で倹約遺伝子(肥満遺伝子)をもっており、遺伝的に内臓脂肪をためやすい体質」と言います。

同じ脂肪でも、皮下脂肪は落ちやすいが、内臓脂肪は落ちにくい人も。だから、皮下脂肪で太っている人よりも、やせていて内臓脂肪の多い人のほうがはるかに厄介」とも言われています。内臓脂肪が多いと血圧が上がる傾向にある。そして、中性脂肪やコレステロールも高くなり、相乗効果となって動脈硬化が進行し、心筋梗塞、脳梗塞にまっしぐら。また、高血圧というのは、心臓が頑張っている状態。だから疲れやすくなる。さらに、内臓に脂肪がつく状態だと、のどや舌にも脂肪がつく。すると、眠るときに舌が落ち込み、気道がふさがれ、いびきや睡眠時無呼吸の原因になる。

メタボリックシンドロームとは本来、代謝が異常という意味だ。その最大の原因は内臓脂肪。だから、やせていても内臓脂肪があれば、立派なメタボなのだ。インスリンの出が悪いこの「やせメタボ」タイプは、ブドウ糖が大量に血液中に残ったままになる。これが、血管や体の組織をだんだんと蝕むのだ。これが、食後だけでなく、常時続くと、完全な糖尿病

身体の疲れ,心の疲れを軽減し,ストレスを抱え込まないように!

こう書いていると,吉田兼好・鴨長明等の著作が心にジーンとしみてきます。夢だった「晴耕雨読」も破れ,学費・下宿費稼ぎから抜け出せない今の生活,侘しいですねえ。

Dsc_1041(黒船桜:阿智村)
桜の色,ディジタル・カメラでも忠実な再現が難しい。フォット・ショップの達人のアドバイスが欲しいです。

○久々の赤組
アビエーション・パートナーズ・ボーイング(APB)は、日本航空から767-300ERに装着するブレンディッド・ウィングレットを受注したと発表。JALは、767-300ERでは初めて。6機分の発注。

成田に行く楽しみが増えました。

○LCCの優等生は,余裕ですね。
http://flyteam.jp/news/article/21219
機内でこういったパッフォーマンスを見せる航空会社は,他にはなかなかいないと思います。まさにLCCの優等生の貫禄なのか?!


2013年4月18日 (木)

芝桜

良い光景です。
Img_0198
Img_0199
芝桜のまだら模様の面白さに目が行きました。植えた人も偶然の模様に驚いたのでは?

新聞を読んでいたら,「牛丼戦争」と言う記事に目が行きました。今まで一番高かった吉野家が,一気に価格を下げ,すき家・松屋と並ぶ価格帯になりました。牛丼が好きな人にとっては,これは朗報でしょう。今では食べる機会が激減しましたが,個人的には吉野家の牛丼の味が一番好きです。どうですか?

○毎日同じような内容?
バッテリートラブルで1月中旬から運航を停止しているB787が、月内にも運航再開を認められる見通し。米連邦航空局(FAA)が近く再開を承認し、国土交通省も認める。これを受け、B787を導入している全日本空輸と日本航空は6月にも運航を再開。
 ボーイングはトラブルを受けて発熱しても周辺の機器などに影響しないよう設計を見直したほか、4月から試験飛行を行い、FAAとともに安全確認を行ってきた。FAAは試験飛行の結果などを踏まえ、安全性に問題ないと判断。国交省もFAAと協力してボーイングの改善案を審査中で、近く再開を認める方向。
 全日空と日航は今後、改善案に従って機体を改修した後、独自に試験飛行を行うなどして安全性を確認した後、路線復帰。国交省は担当者を派遣し、改修が適切に行われたかどうか確認する方針。ボーイングはすでに機体を改修する技術スタッフを日本に派遣。
 運航再開で、両社は繁忙期である夏休みの収益機会の損失を避けられるほか、お盆の帰省客への影響も回避。運航停止で減少した売上高は、全日空が1月だけで14億円、日航も計5月末までで34億円と比較的軽微。
 ただ、米運輸安全委員会(NTSB)と日本の運輸安全委員会は引き続きバッテリートラブルの原因究明にあたる方針で、長期化の様相を呈している。両社はボーイングに損害賠償を請求する方針だが、安全性への不安がつきまとい、顧客離れを招く可能性も否定できない。バッテリーを納めるジーエス・ユアサコーポレーションなどメーカーの打撃も大きく、完全決着には時間がかかりそうだ。

○成田の楽しみが増えますね
チェジュ航空(7C)は7月4日から成田/仁川線に就航。ダブルデイリーで運航する計画。運航機材はボーイングB737-800型機。7Cは13年夏スケジュール現在、関空、中部/仁川線、金浦線、福岡/仁川線の5路線をそれぞれデイリーで運航しており、成田線は6路線目となる。
狙いは,7C1101便 NRT 11時50分発/ICN 14時30分着(デイリー)かな?

2013年4月17日 (水)

春爛漫

今日は半日勤務,身体が軽いです。帰宅後,コンデジを持って(ここが不純?)D氏のお見舞いに歩いて行きました。約55分かかりました。

途中では…
Img_0201
Img_0193
Img_0190
歩いていると今が盛りのお花が気になって仕方がない私。牡丹は,"facebook"にあげました。桜は,八重桜に移っています。楽しませてくれたソメイヨシノは,葉桜になっています。これはこれでいいと思います。

花の手入れは大変かと思いますが,これだけ綺麗に咲くと苦労は報われるのではないでしょうか?自分だけでなく,道行く人にも鑑賞してもらえます。

○あれあれ
米連邦航空局(FAA)は、B737に機体が制御不能に陥るおそれがあるとして、米国内で登録する1050機の検査と部品の交換を命じた。FAAによると、尾翼の部品の一部の腐食防止措置に問題があり、故障により機体を制御できなくなる可能性があるという。命令が発効するのは5月20日付で、米航空会社が負担する費用は最大約1010万ドル(約9億8000万円)になるという。737型機はボーイングの受注機数の7割を占めている。
 FAAの命令を受け、国土交通省も、737型機を保有する国内航空会社5社に、機体の検査と部品の交換を命じる”耐空性改善通報(TCD)”を出した。対象になる機体は5社で計123機に上るという。

B787はまだ製造機が少ないので影響は少ないのですが,B737となると…。昨夜放映されていたNWのB744の垂直尾翼の故障(これも改善命令が出ました!)を思い出します。と言うか,余りにもタイミングが合っていて驚いています。NWのB744の事件の際,「自社の他機についてもチェックを怠った?」と言われても仕方がないボーイングのやり方です。ボーイングの社風が狂っている?

○こちらは
運航が停止しているB787問題で、米連邦航空局(FAA)のフエルタ長官は、運航再開の判断が”非常に近い”との見方を示した。 
米国では、FAAとは別に米国家運輸安全委員会(NTSB)が出火原因を調べているが、フエルタ長官は”我々は独自の工程で分析を完了する”と述べ、NTSBの原因調査を待たずに再開を決める方針を示唆した。
 米上院の商業科学運輸委員会の公聴会出席後に記者団に語った。FAAが1月16日に運航停止を命じてから3か月を経て、ようやく再開の見通しが立つことになる。
 ボーイングは、出火元とみられるリチウムイオン電池バッテリーの改良など独自の改善策をFAAに提案し、試験飛行を終えている。

何か腑に落ちませんね。

○春秋航空
春秋航空(9C)は東南アジアのネットワーク強化をはかる。当初は日本路線の増便を予定していたが、尖閣問題が影響するなか、関空や新千歳への就航といった日本路線の拡充計画を延期。余剰機材を東南アジア地域に回して新路線を開設しつつ、現状の規模を維持する方針。
増便は見送るものの減便や運休はせず、現状のまま維持。9Cは2014年までに日本路線10地点に就航する考えを表明していたが、現時点で変更はないという。日中間の関係の状況次第だが、早ければ10月の国慶節に新路線を開設したいと述べ、早期解決を期待。 また、日中関係が回復すれば、茨城/上海線の増便も実施したい考え。尖閣問題の影響で11月までは落ち込んでいたが、12月から需要が回復し、現在はロードファクターが9割以上と好調。ビジネス需要や中国人の冠婚葬祭などの生活路線として根付いてきている。旅行会社からは団体を送客したいが席が取れないという話も出ており、こうした需要を受け週末をダブルデイリー化するなど3便程度増便を検討。茨城県や空港側と話し合いを進めていくとしている。
9Cは日本国内線の就航をめざし、2012年に春秋航空日本を設立。現在国土交通省への申請に向けて、準備を進めているところだという。







2013年4月16日 (火)

仕事始め?

やっと研修が始まりました。4日間休みのフルタイムは,厳しい条件です。配慮が足りません。敬老精神をもってして対処してほしかった。

新人は,先輩を見れば誰でも「凄い!」と思うであろう。が,その先輩も新人の時があったことを忘れています。貪欲なまでに先輩から吸収し,自分のものにしていく気構えがあるかどうかを見極めたい。

吸収するには,素直に受け止める姿勢が大前提です。我流は,時として良くても長い目で見れば,組織としてはマイナスです。この担当になり,私も毎年改善をするように心がけています。今年の目標は,「じっくり」です。基礎基本をみっちり仕込み,それに目途がついてきたら「」を教えていこうと思います。一年後,新人がどれほど成長知るのか,責任を感じながら仕事をしたいと思います。

○動きが出てきました
ラフード米運輸長官は15日、相次ぐ出火トラブルで運航を停止しているB787の運航再開について、米連邦航空局(FAA)が"近いうちに決断する可能性がある"と述べた。
ボーイングは、バッテリーを改良するなどして最終試験飛行を完了。このデータをもとに、FAAが現在、運航再開を承認するかどうかの検討を進めている。
 トラブルの根本原因は分かっていないが、米ユナイテッド航空が4月に入ってから同型機の運航スケジュールを早めるなど、運航再開が近いとの観測も広がっている。

過去にも書きましたが,原因解明の徹底を図ってほしいものです。この記事にも「トラブルの根本原因は分かっていない」とあります。一時の温情が,取り返しの付かない打撃をボーイングに与える可能性だってある訳です。

やはり原因解明をしっかりと進めることを選択したいものです。

○また知らない調査結果が…
羽田空港国内線第1・第2、国際線旅客ターミナルは、イギリスに拠点を置く航空サービスリサーチ会社SKYTRAX社が実施する国際空港評価において以下の賞を受賞。
● 「World’s Best Domestic Airport 」 世界第1位
国内線空港の総合評価である「World’s Best Domestic Airport 」部門において、羽田空港 (第1・第2国内線旅客ターミナル)が、世界第1位。羽田空港国内線旅客ターミナルの優れた機能とアクセスなどが評価。
● 「Best Airport Terminal Cleanliness」 世界第1位
空港の清潔さや快適さなどを評価する「Best Airport Terminal Cleanliness」部門において、羽田空港(第1・第2国内線旅客ターミナル、国際線旅客ターミナル(注2))が、世界第1位。

まあいちゃもんをつけずに素直に「おめでとう!羽田空港」と言っておこう。

○これ撮りたいが…
関西国際空港は2013年5月11日から、カーゴルクス・イタリアのミラノ/関空/香港/ミラノ線が増便されると発表。現在は関空に木、日の週2便が就航していますが、新たに土曜日にも就航し、週3便体制。関空ではこれにより、ヨーロッパ方面の物流ネットワークが充実するとしています。なお、機材は747-400F。

確か以前は,MD-11で運航されていましたが,今はB744Fですか。画像を見ていません。恐らくホワイト塗装に緑と赤のラインがおしゃれに入っている???

2013年4月15日 (月)

ひたすら作業

久し振りのドライブ(走行距離約480km)の疲れが出ました。

が,「石仏の美」「sightseeing」などへのサイト・アップでさらに…。これは私の(悪い)性分です。「何かすぐにやらねば」と思ってしまって,自分で自分が制御できない性分。

CAVOK氏も自分のものもサイト・アップせねば」と,時間があれば(たっぷりある?),コンピューターの前に座っています。

結局CAVOK氏のものは,三日間かけて100枚以上サイト・アップ完了!(その他にも約20枚ほど)CAVOK氏の撮り貯めたものは,どれも素晴らしいスポッター写真です。本当に飛行機の撮影がお好きな方です。是非サイトを訪れてください。
http://www33.atpages.jp/ja8582/

それでも朝の散歩は,欠かせません。足腰の老化を防ぐためには,歩かねば…。結局これも同じこと?

Img_0183(綺麗です)
Img_0186(お線香の匂いに感動)

が,「これで終わった」と思って読書をしていると郵便配達のお兄さんのオートバイの音!郵便受けを開けてみたら???

何とUwe Meier氏からスライドが…。これには…。
私が彼に送ると(普通)2週間かかります。が!11日投函して今日(15日)到着です。一体ドイツの郵便事情はどうなっているのでしょう。郵便局の職員に聞くと,「ヨーロッパは海外からの郵便物のチェックが厳しい」とのことです。それにしてもやり過ぎですね。




2013年4月14日 (日)

宿題をやりました

昨日は,藪用があり,出かけることはできませんでした。そこで今日,先日ブログに書いた宿題(桜+道祖神)を片付けに行ってきました。

が,生憎お天気は下り坂…。何せ1年越しの宿題です。これはやらねばなりません。結果は
http://sekibutsu625.ojaru.jp/menu6.html

やはり青空はのぞくものの雲の多い一日でした。それでも最初のものは,その場所も不確か,当てずっぽう?近くを小川が流れ,静かな静かなのどかなのどかな場所です。

相棒に安養寺の枝垂れ桜を見せ,本日のメインの場所へ移動。やはり先客が数名いました。肝心の北アルプスの稜線が,薄い雲と重なってしまい,来年リベンジ?今年はこれでよしとします。

その後,地元の人お薦めの場所を二箇所回り,日帰り温泉につかってきました。久し振りのにゅるにゅるの湯です。最近乾燥湿疹がひどいだけに,この湯はありがたかった。これを書いている最中もかゆみはありません。

ところで,飛行機の写真のお好きな方,これを見られましたか?
http://www19.atpages.jp/ngongo/cavok.html
実は,まだ途中です。明日も続くと思います。

このCAVOK氏は,私の大切な大切なサポーターです。が,この方にはたった一つ欠点があります。少量を送るということが面倒なため,しっかりと貯め込んで一気に発送されます。「ゆっくりで結構です。」と言われても,結局その大量な画像をサイト・アップせねばなりません。

皆さんもそうだと思いますが,ディジタルでもフィルムでも原画そのものでは,とても見えたものではありません。(なかにはそのまま見えるものがありますが,超少数派ですね。)画像補正を一枚ずつ(できうる限り)丁寧に処理をしていきます。(私より少ないですが)やはり小さな埃があり,つぶしていかなければなりません。

現在,二日連続でサイト・アップしています。明日残りをやりたいのですが…。それにもう1箇所あります。

それでもCAVOK氏,実に丁寧に主だったものを押さえておられます。それにレアものも…。空港通いがお好きなんですね。

2013年4月13日 (土)

独断と偏見のLCC

LCCに一度も乗ったことがない者が言うのもなんですが,

「LCCは,アメリカのサウスウエスト航空を見ると分かりやすいと思います。同じ機種でそろえる・一日の運行回数を増やす・チケットのネット販売など,まさに”薄利多売”の商売です。そのためには,交換部品を少なく・ターンアラウンドを短く・チケットのネット販売中心と戦略は明確です。

さらに言うならば,一度に大量の飛行機を注文し値引きを迫る・混んだ大空港を敬遠し,郊外の空港を利用する・早く予約した者へのディスカウント率を上げることです。

同じ機種ならば,訓練や整備費のコストを下げることができます。飛行機は飛んでなんぼの利益を得るもの,地上に長くいては儲かりません。ネット販売は,航空会社と利用者を直接結び付け,中間搾取がありません。

言い換えるならば,”低コスト×高搭乗率=高利益”を狙った航空会社と言うことになりますかね?

こういった経営理念が,”飛行機=移動手段”と考える人たちに支持されてきている訳ですね。但し,いろいろなリスクを背負っていることを知っておく必要があります。私も国内の移動ならば,LCCで十分だと思います。

ところで日本には,メジャーとLCCの間にもう一つクラスがありますね。スカイマーク航空です。スカイマークが巨人と新人の中で生き抜いていく道を模索していますね。LCCの大きな課題は,キャンセル料である言う点をスカイマークは突いています。座席限定の割引運賃「フリー」を1月に改定。全路線で最低価格を1万円に設定して分かりやすさを打ち出したほか、一定期日までならキャンセル料が無料になるなど利便性も高めているといいます。

個人的には,スカイマーク航空が近々導入する予定のA330を国内主要幹線でどう使うのか,とっても興味があります。現在のB787と比べてキャパシティーは約3倍?ただ詰め込むだけでは芸がない(利益が出ない)なら,上級クラスを設定するような気がします。Jクラスのようにプラス1000円は参考になると思います。

今朝の散歩は,過去最長の距離でした。
Img_0174(大好きなドウダンツツジ)
Img_0177(とあるお宅の花壇)
Img_0179(ローズマリー)







2013年4月12日 (金)

花!花!花!

今日の歯医者さんは,9時と言うことで一番乗り!散歩の途中でいろいろ寄り道をしながら歯医者さんにたどり着きました。世の中,仕事の真っ最中(?)

今日の治療は,嫌な音を聴くこともなくすんなり完了。次回の定期検診(6月)まで来たくありませんが…。

治療後,散歩の後半戦です。この春は,梅・桜・桃を同時に見ることができました。また聞くところに寄れば,(桜で有名な)吉野山は,例年だとしたから2週間かかって上の方に咲く時期がずれるそうです。が,今年はたったの5日間のずれで終わったと聞きました。

ハナミズキ・ツツジの早咲きや(何と)藤の花まで見ることができました。まさに「花!花!花!」一体どうなっているのでしょうね。あの厳しかった冬の寒さの反動でしょうか?

私も寒い1月から散歩を始めましたが,今では少し歩くと汗ばむようになりました。これは散歩をする時間を工夫しないといけません。世の中動き出す前?朝食の前?いろいろ考えられますが,生活のリズムを大きく換えなければ無理ですね。

○適応性に乏しい
"windows8"に換えて約半月たちました。まだまだ困っています。"windows mail"は大変に使い辛いです。ホームページビルダーやフォットショップエレメントも機能が随分進化(?)しています。10年以上も使っているソフトですが,一度買えばコンピューターを買い換えてもソフトをインスツールすればよかったのですが…。

先ほどCAVOK氏から送られてきた画像を試しにアップしました。結果としては同じような画面になっている?これは一人一人のディスプレーの大きさによって違うと思います。そこでなんですが,今までとどう違って見えるのか,どんな不具合があるのかを是非お教えいただきたいものです。

因みに私の場合,ホームページの下方のアイコンが,重なっていました。アクセスカウンターは(重なって)見えませんでした。ご協力の程をお願いいたします。

ミャンマー航空
ミャンマー国際航空(8M)はGWに、成田と関空、福岡、沖縄からミャンマーにチャーター便を運航。8Mでは今年の冬スケジュールで日本への定期便開設をめざしており、チャーターはこれに向けた取り組みの一環。
 チャーターの使用機材はA320で、往路がマンダレー着、復路がヤンゴン発。航続距離の問題で、成田と関空の往路は給油のためマカオに着陸。
 機材は、定期便の開設時にはより大きなものとする方針で手配を進めている段階だが、A330、もしくはB767をドライリースする見込み。   
 ヤンゴン線は現在、全日空が成田から週3便で就航しているが、全席ビジネスクラスのB737での運航。サービス内容を削減したエコノミークラス運賃も設定してはいるが、仮に8Mが参入すれば純粋なエコノミークラスが日本市場に投入される。
 なお、今後もチャーターに取り組む計画で、9月には九州地域から3本が決定、追加の1本を協議中。10月と11月にも引き合いがあるという。

スー・チーさんは,何に乗って来るのかな?

2013年4月11日 (木)

やっと1週間の勤務が終わりました。ついでに内科に行き,いつもの薬をいただいてきました。このお医者さん,なかなか個性あふれる人ですが,年齢が近いこともあって理解できる内容が多いです。「違った視点から仕事を見る」ことができ,通院の楽しみになっています。それに親切でしかも美形が多い!

明日は,同じ医者でも大っ嫌いな歯医者。「痛い思いをして治療費をふんだくる」のが歯医者です。それにあのモーターの音を聴くだけで頭が痛くなります。昔は「犬も歩けば棒に当たる」と言われてきましたが,今は「人も歩けば歯医者に当たる」と言った世の中です。歯医者の乱立ですね。

さらに皮膚科があります。季節外れの乾燥湿疹で大切な顔がかゆくてかゆくて…。歯医者ほどではありませんが,皮膚科も増えました。

何という医者通いの連続,困ったものです。救いは,研修対象者お二人の笑顔かな?

帰宅して,天気予報をにらめっこ!もちろん信州です。プラス情報を加味すると…。これは飛行機の撮影よりも難度が高いことが分かりました。
Img_0166

○LOT,お得意のハイブリット???
LOTポーランド航空は、長距離路線の機材にユーロアトランティック・エアウェイズの767-300ER、機体記号(レジ)「CS-TLO」をリースすると発表。すでに3月末にハイフライ航空の機体記号(レジ)「CS-TFZ」を導入しており、これに続く787の運航停止措置に対応した代替機材。767-300ERも787の運航停止中に大西洋路線で投入される機材。

昔からLOTは,面白いハイブリットを運行してきました。(その逆もありますが)これはきっと元の塗装にちょっとちょっとロゴを入れただけのもの?ハイブリット好きには,きっと興味関心があるものだと思います。

○スカイマーク航空
スカイマークは2012年度の利用実績を発表。2012年4月から2013年3月までの2012年度では最高の搭乗率を記録。
2012年度は提供座席数が9,836,598席、搭乗者数が6,728,893人で搭乗率は68%となり、2011年度の76%からマイナス。羽田発着路線は全般的に80%前後を推移し、合計では84%。主力路線であると同時に収益源となっていると見られますが、格安航空会社(LCC)が参入する成田発着路線での搭乗率は苦戦。ただし、成田発着では福岡、那覇線はピーク機には75%から90%を記録。
また、拠点の神戸発着は新千歳、茨城、長崎、鹿児島、那覇線の2012年度の搭乗率は60%と定着。セントレア発着の新千歳は2012年度が69%、那覇線が70%、2路線あわせ69.7%となっていますが、この路線はLCCの参入で競争が激化する。

なぜかしらスカイマークを応援したくなる私。もう少し利用しやすい時間に(新規)福岡便を設定してほしいですね。

2013年4月10日 (水)

素直なこと

今日は水曜日,半日勤務です。今年度の研修生は,なかなかのものです。研修を受ける身の者は,第一に素直のことが大切です。我流は,これからの長い人生の基礎ができません。

と言うわけで,初めて午後の散歩になりました。
Img_0167(久し振りに麦を見ました)
Img_0169
Img_0168
気持ちの良い散歩でしたが,季節外れの乾燥湿疹,顔の皮膚がぼろぼろです。かゆくてかゆくて,ちょっと顔を触るとかさかさの皮膚が落ちてきます。軽くシャワーを浴びて薬をつけました。これで明日の朝もう一度塗れば,かゆみとかさかさは退くと期待しています。

何か定年前後から,身体のあちこちにがたが来ています。今までの不摂生な生活のツケが一挙に出てきました。お医者さんに通い,しっかりとケアする必要があります。花粉症の症状が出てこないだけまし?

○お粗末
赤組の「嵐」でも「?」と思っていたら,青組は
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130410/biz13041016320017-n1.htm
「ゆめジェット」をせっかく褒めたら,今度は何ともレベルの低い…。

一時期本屋さんに行くと,「○○の品格」と言う名前の書籍の洪水でした。見ているだけで流行用語と分かるような「品格のない本」のオンパレード。これと同じように赤組も青組も今一度「一流企業としての品格」とはなんぞやを考えていただきたいものです。

以前赤組の「怪物くん」を「品のない飛行機」と称した私です。機体を大きなキャンパスととらえることは当然ですが,そこには企業のアイデンティテーがなければなりません。

「売れれば良い」「乗ってくれれば良い」では,足下をすくわれますね。せっかく新入社員を迎え立派な言葉を発した社長さんの言葉とは裏腹な行動ですね。

○またもや
オリンピック招致に一番(?)熱心な国です。そしてお空の世界でも,オイルマネーに頼らないでも元気な国です。

ボーイングはトルコ航空が737 MAX8を40機、737 MAX9を10機、737-800を20機、計70機の発注覚書について歓迎するコメントを発表。カタログ価格で69億ドル相当で、この契約には737 MAX8を25機、追加発注する権利を含んだもの。

青組が先月追加注文したのは,4機です。それと比べてこの航空会社の注文数の規模は!驚きます。凄いです。そしてボーンイング・エアバスを上手に使い分けています。そのうちにスターアライアンスの中核を担う航空会社になるかもしれませんね。

○出てきましたよ!
米ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス傘下のユナイテッド航空は9日、運航停止となっているB787型機について、5月31日からデンバー─ヒューストン路線で運航を開始する計画だと明らかにした。当初は6月5日まで運航を見合わせるとしていたが、再開日程を5日間繰り上げた。デンバー─成田間についても6月10日以降、再開するとしている。

日本のメジャーは?







2013年4月 9日 (火)

消費者は神様です

今日も大変に疲れました。まだまだ生活のリズムができていません。

今度の職場,陸上自衛隊の駐屯地に隣接しています。軍用機ではなく軍用車両がたくさんみえます。さながら(失礼ながら)土木技術習得学校の雰囲気です。あらゆる特殊車両があります。あの車両を動かすための免許を取得すれば,民間会社への就職も楽(?)かとも…。災害時の自衛隊頼みも肯けます。そう考えれば,税金を有効に使っていると思いましょう。

これはいかがなものか
マイクロソフトの”XP”に対するセキュリティー対策などのサポートが、1年後の2014年4月9日に打ち切られる。昨年11月時点でなお2589万台のパソコンで使われている。XPは01年10月に発売。古いパソコンでも安定して素早く動作することなどが好まれ、その後ウィンドウズがビスタ・7・8と代替わりしても更新せずに使い続ける人や企業が多かった。

実を言うと職場に出入りしている専門家は,この2589万台の1台です。いやその会社の従業員(コンピューターのプロ)は,XPの愛好家だそうです。XPは大変にタフなOSです。プロフェッショナルならば言うことなし!私も職場でもXPを使っていました。

発売以来10年以上経過しているOSですが,これだけの愛好家がいることを巨人(マイクロソフト)は切ろうとしています。この巨人は,「黙っていてもマイクロソフトの製品を買ってくれる」と思っているらしい。

こうした傲慢な態度が,次々とOSを発表し,ユーザーを翻弄し続けてきたと…。折からのスマートフォン及びタブレットの普及もあり,デスクトップ・ノートパソコンの売れ行きは下降気味。追い打ちをかけたのが”7と(失敗作)8”だと思います。

ユーザーの声を無視し,常に業績は右肩上がり」と思ってきた巨人の経営者。マイナーチェンジを繰り返し,よりよい製品を作ろうという意思は全くない。全くアップルとは正反対な経営方針,落ち目ですね。「消費者は神様です」という経営方針をもたない経営者は,いずれ傾いていきます。まさに平家物語の冒頭を思い出す巨人の姿勢です。

行って良かった日本の展望スポット
1:清水寺 2:東京スカイツリー 3:大倉山ジャンプ競技場 4:札幌JRタワー 5:東京シティービュー 6:東京タワー 7:羽田第2ターミナル 8:梅田スカイビル 9:五稜郭タワー 10:東京都庁舎

恥ずかしいけど,清水寺と東京タワーしか行ったことのない私。展望=高所ですから,高所恐怖症には…。

2013年4月 8日 (月)

青空

風が強いものの見事に晴れました。こういう日に空港へ…。
Img_0160
Img_0162(C-130,分かりますか?)
久し振りに二人で散歩しました。世の中,忙しそうです。

ところで朝刊を読んでいたら
日本最大のネットオークションを運営する「ヤフー」。ひと月510億回のアクセスをさばく裏で、不正侵入を企てるサイバー攻撃にさらされている。
 4265万1735回――。3月8日までの1カ月間に1台のコンピューターが攻撃を続け、ヤフー側が防いだ回数。発信元は国内。同じ時期、中国や韓国国内のコンピューターからも、300万回以上の攻撃。IDとパスワードに使われそうな「単語帳」をもとに、例えば1秒間に数十回、侵入を試みる手口。「辞書攻撃」と呼ばれ、成功率は低い。
 ところが2年ほど前から、実在するIDとパスワードを使い、一度も失敗せず不正侵入に成功するケースが出てきている。
 「百発百中攻撃」。同社の戸田薫さんはこう呼んでいる。調査の結果、思わぬ原因が見えてきた。
 「ヤフーと同じIDとパスワードを他でも使い、それが盗まれて不正侵入に悪用されたようだ。これでは防げない」
 ネット通販はもちろん、フェイスブックやツイッターなど、ネットサービスを使うたびにIDとパスワードが求められる。覚えきれなくなり、同じものを使い回す。利用者のそんな行動が見て取れる。「使い回しは誰もが経験しているのではないか。被害が連鎖的に広がるリスクを覚悟した方がいい」。
 世界のサイバー攻撃を研究する加賀谷伸一郎調査役によると、発信元の国の時間でみると、攻撃は午前9時から正午にかけて活発化し、再び午後2時から同5時まで活発化する傾向。「出勤してひと仕事。昼休みをとって、また活動。会社員のような行動に見える」 攻撃のプロが「ビジネス」として狙うパスワード。守るすべはあるのか。
 IDやパスワードの使い回しは絶対に避けるよう強調。そのうえで、8桁以上の英数字の不規則な組み合わせを勧める。アルファベットの大文字と小文字の52字、0~9の数字10字の計62字を8桁並べれば、約218兆通り。10桁なら約84京通りとなる。さらに記号を加えれば、解読は相当難しくなる。「パスワードの使い回しをしなければ仮に漏れても被害は最小限に食い止められる。残念ながら、セキュリティーが破られる最大の要因は『人間』なんです」。

最近の例で言うと,"goo mail"がやられました。私も使っているものです。パスワードを変えたことは言うまでもありません。ディスプレーの横にパスワード一覧の紙(とても覚えきれませんから)を貼りました。

お金のためならば,見えぬ相手を目標に知恵を絞って巻き上げる。自衛手段は,読み取りが難しいパスワード設定しかないのでしょうか?




2013年4月 7日 (日)

一夜明けて

人間ていう動物は,誠に自分勝手にできている?昨年の爆弾低気圧におびえ,どこの気象情報も「厳重な注意」を促していました。昨日今日のお天気を振り返ると,何か肩すかしにあったような…。それでも「安全第一」と運休した列車・飛行機・フェリーの措置は正しかったと思います。

今日の一枚
Img_0155
強い風に桜の花吹雪,用水には花筏,これはこれで趣のある光景。柳色の葉が,これまた美しく生命力を感じます。

新聞を読んでいたら,米国本土から大韓民国に飛来したB-2は謎に包まれているそうです。ひょっとしたらF-22に守られて北朝鮮(平壌上空)上空を飛び回ったかもしれません。何せレーダー捕捉が難しいこの二つ,北朝鮮に対して無言の恐怖を与えたかもしれません。

B-2…最も高価な飛行機とも言われています。形もユニークですが,性能が凄い!167,000ポンドの燃料と40,000ポンドの燃料を搭載して、空中給油を使用すれば無限の航続力をもつ戦略爆撃機で、21機しか生産されなかった。湾岸戦争でも活躍しました。
800pxb2_spirit_original

○A380
久々の登場です。
754391381
Uweが見たと言っていたものです。BAのA380初号機、製造番号「95」の機体記号(レジ)「G-XLEA」。

成田への飛来が楽しみですね。来ない?LH,AFがやるならば,BAはやる!きっとやる!








2013年4月 6日 (土)

二本目

今日,二本目(珍しい)!

ゆく河の流れは絶えずして,しかも,もとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは,かつ消え,かつ結びて,久しくとどまりたる例なし。世の中にある,人と栖と,またかくのごとし。方丈記:鴨長明

良い出だしです。最初は最後まで一気に読んで,二回目には噛みしめながら読んで,自分に何が残ったか?(情けないですが)たいしたものは残っていません。が,己の心の大切さは理解したつもりです。

徒然草・枕草子と併せて三大随筆,じっくりと読んでみたいです。まあ活字病でしょうね。人生の半分以上を無為に過ごしてきた私,誰に勧められることなく,少しは活字から学ばねば…。

読書の時間で得たものが,これからの自分の人生に役立つ?まあ無理と思いますが,それでも悪あがき位は認めてください。その時その時活字から受ける感銘を積み重ね,「なるほど」と思う体験だけでも価値あるもの?

考えてみれば,三大随筆をテスト勉強や受験勉強としか受け止めてこなかったことこそ,恥ずかしいことです。活字ですから,好きなときに腰を落ち着けて読むことができたのに…。

(この続きは,後日書こうと思います。)

これは…
能をつかんとする人「よくせざらんほどは,なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得てさし出でたらんこそ,いと心にくからめ」と,常に言ふめれど,かく言う人,一芸も習ひ得ることなし。
 いまだ堅固かたほなるより,上手の中にまじりて,そしり笑はるるにも恥じず,つれなく過ぎてたしなむ人,天性その骨なけれども,道になづまず,みだりにせずして,年を送れば,堪能のたしなまざるよりは,つひに上手の位に至り,徳たけ,人に許されて,双なき名を得ることなり。
 天下のものの上手といへども,はじめは不堪の聞こえもあり,むげの瑕瑾もありき。されども,その人,道の掟正しく,これを重くして,放埒せざれば,世の博士にて,万人の師となること,諸道変るべからず
。」
                                                                    吉田兼好「徒然草」第150段

歳をとっての一芸の披露,芸の上達などについての戒め。仕事にも使える言葉です。

そしてこうした日本三大随筆を名文で紹介した小林秀雄「無常といふ事」も改めて読みたいと思います。これらの日本の古典を改めて紹介した薄っぺらい(すぐに読める)本です。しかし,中身は濃い!

爆弾低気圧接近?

気象情報によれば,西日本から強い低気圧の接近。予報通り,正午前から雨が降り始めました。予報を信じ,散歩を済ませシャワーを浴び,ゆったりと読書。(こんな悪天候ですが,赤組の例の飛行機は,羽田と伊丹を終日往復しているようです。)

気象予報士は,昨年有名になった「爆弾低気圧」を予想しています。まあ言われるように外出を控え,午後ものんびりと過ごしたいと思います。

ただ気になるのは,T市のK氏です。70を超える身で,娘さんご夫婦を迎えに関西空港へ行かれているはずです。雨の高速,それも3時間以上続くドライブ,大丈夫なのかしら?何度も休憩をとるのはいいですが,雨の中の乗り降りは大変です。

原因解明に至らず
三菱自動車の電気自動車(EV)などでバッテリーのトラブルが相次いでいる。
 共通するのは、異常過熱や出火など、リチウムイオン電池の不具合。B787でも同じような状況が起きている。早期に問題を解決できるかどうか、エコカーの分野で世界をリードしてきた日本の技術は正念場を迎えている。
 
 トラブルが起きたのは"アウトランダー"のプラグインハイブリッド車と、"アイ・ミーブ"のバッテリー。
 アウトランダーは車両のバッテリーの一部が溶けて損傷。他にもバッテリーの電圧異常を示す事象が2件発生。検査中のアイ・ミーブ用バッテリーから出火、消防が出動する騒ぎとなった。
 充電中などに発生したことから、納車済みの対象車両について充電の中止を要請。両車を含む3車種の製造や出荷も停止。

さてB787は,
ボーイングは、バッテリーの重大トラブルで運航停止となっているB787について、改良したバッテリーの認証に向けた試験飛行(LOTを使った?)を開始。
 ボーイングはこれまで改良したバッテリーを搭載した787を用いた試験飛行を数回、実施したが、米連邦航空局(FAA)の認証を得るための飛行は初めて。認証関連の試験飛行は一回限りになる見通しで、ボーイングは4月中の商業運航再開を目指す
 ボーイングは今回の試験飛行で新しいバッテリーや関連システムのデータを収集。通常時に加え、異常が発生した場合を想定した試験を実施。FAAは今後、試験飛行で得たデータを分析して、運航再開を許可するかどうかを判断。

そして日本でも高松空港に置いてあるB787を使って
全日空は,バッテリーシステムのテストを行うと発表。原因究明のために機体搭載時のバッテリーや周辺機器の詳細データを収集するのが狙い。
 テストは8~9日の2日間に実施。実際の運航時の状況に近づけるため、エンジンを動かした状態でバッテリーの電圧や電流の変化を計測するほか、充電器の機能も調べる。トラブル時のバッテリーの電圧は飛行記録装置(DFDR)に記録されていたが、詳細ではなく、電流の計測値はなかった。

ただ言われるように,これだけ長い間運行停止命令が続いていると,命令停止になっても(前のような)「最新鋭機に乗れる!わくわく!」とは???

それにボーイングが,どれだけの賠償金を支払うのか?A350の開発の足音が近くなってきているだけに製造者・購入航空会社の思惑は複雑ではないでしょうか?
Dsc_0236



2013年4月 5日 (金)

小林秀雄

二日間のフルタイム勤務,三日ぶりに散歩ができました。まさに足の向くまま気の向くままの散歩,お天気も良く気持ちのいい一日のスタートでした。
Img_0148
満開になってもはらはらと花びらが落ちる。その花の命の儚さに,どれだけの人が桜を讃えたことでしょう。高地・北国ではこれから桜が咲きまず。特に今年は豪雪だっただけに,多くの人々が桜の開花を待っておられることと思います。

散歩の途中,またしても土筆を発見。そして,帰宅して底をついたリンゴ・ジャムを作りました。決して上手くはできませんが,自分で作ったリンゴ・ジャムを毎日(飽きもせず)パンに塗っています。

午後は,またしても歯医者です。埋め込んであったものが,ぽっこり取れてしまいました。新しい保険証の出番です。また来週行かねばなりません。嫌だなあ。

昨日書くのを忘れましたが,久し振りに(「できるWindows8」以来)本屋さんに行ってきました。季刊誌「考える人」を買うためです。意志薄弱ですから,「本屋さんに行くまい」と思っていましたが,あっけなく…。

高校生の頃,小林秀雄を知りました。最初に読んだのは,「モオツアルト」でした。頭を傾げたくなる箇所もありますが,一気に読んだ記憶があります。その後,いくつかの本を読みましたが,この人は凄い人だと感心したものです。

その小林秀雄の没後30年を記念して特集が組まれました。そして特典として,河上徹太郎との対談のCDが付いています。ご存じのようにこのお二人60年以上のお付き合い,素晴らしいのはお互いにお互いの存在(考え方)を尊重し合ったお付き合いだったそうです。まだ全部は読んで這いませんが,じっくりと編集されたよい雑誌と思います。

実は私にも50年以上の付き合いのある友達(木村信好君)がおります。小林・川上氏のような高尚な付き合い方ではありませんが,大切な友人です。

この雑誌,じっくりと読みまたブログに書きたいと思います。

○エンブラエル170/190
川崎重工は2013年4月5日、エンブラエルのERJ-170、ERJ-190シリーズの1,000号機用の動翼を出荷。ERJ-170、ERJ-190はブラジルのエンブラエルが開発した座席数70席から120席のリージョナルジェット機。
1999年から、ERJ-170、ERJ-190シリーズの開発に参加し、ERJ-170/175は中央翼、主翼前縁、主翼後縁、動翼、エンジン結合部の設計、製造、ERJ-195/195は中央翼、主翼全体の設計、製造を担当。現在は、複合材製動翼を中心に製造、納入、この材料に川崎重工が開発した炭素繊維複合材「KMS-6115」を使用し、軽量化。
世界各国の主要航空会社から格安航空会社(LCC)、チャーター機で幅広く使用され、世界42ヶ国、65社、2012年12月末に908機が運航。ジェイエアー、フジドリームエアラインズで計18機が運航。

この飛行機,なかなかのものだと思います。CRJほど狭くなく,ほどほどの広さです。MRJのライバルですが,これ以上に素晴らしい飛行機に仕上がることを願っています。

2013年4月 4日 (木)

桜+道祖神

まずはこの映像を
http://www.nikkei.com/video/?bclid=67379774001&bctid=452309000002&scrl=1

これを見て最初に思い出したのは,高知坂本龍馬空港で起こったDASH-8の事故でした。飛行機は一度飛び立ったら,必ず地上に降りなければなりません。その時もしも…。とにかく無事で良かったですね。

二日間フルタイムの仕事を久し振りにやりました。帰宅したらぐったりです。数年前は,週5日間フルタイムが当たり前の生活でした。一度楽な生活を覚えると,こうまで身体は弱ってしまうのか?我ながら情けない。

ところで気になるのが,信州の桜です。安曇野の桜は,来週後半が見頃のようです。こう書くのは,桜+道祖神を絡めた写真を撮りたいからです。休み+お天気がうまくあえば,撮影に行きたいと願っています。

私の趣味の一つの更新が滞っている」とのメールが来てしまいました。最も私の一番の趣味は,飛行機の撮影ですから深刻には受け止めていません。それでも桜+道祖神は,一年のわずかな時期を逃すと一年間待たねばなりません。

○地方からの旅人を開拓?
中国国際航空は夏期スケジュールで、日本線4路線で復便、増便、発着時刻の変更を実施。復便するのは那覇、札幌/北京線と仙台/大連/北京線で7月から実施。さらに、広島/大連/北京線は火曜日発着を増便し、木曜日を除く週6便での運航。

地方空港からの便の開拓は,中国東方航空が熱心にやってきました。今度は,中国国際航空の番のようです。一説によれば,春秋航空(中国版LCC)も日本への進出を虎視眈々とねらっているとか。日本のLCCも我が世の春を謳歌できるのも…。

いずれにせよ競争は歓迎すべきでしょう。

○エミレーツ航空
エミレーツ航空の貨物部門、エミレーツ・スカイカーゴは2013年6月3日から、ドバイ/羽田線の就航による貨物輸送の増加に期待。特に羽田は国内線との接続が多いことから、エミレーツが現在就航する成田、関西にも増して期待。
エミレーツはドバイ/羽田線には777-200LRを導入。これにより週間210トンの貨物輸送量が増えます。輸出では電子機器、自動車のパーツ、輸入ではガスやオイル製品などを見込む。

ああまたしても成田飛ばし!

○日本の空から消えていくのですが
デルタ航空は保有するMD-88、MD-90の182機について、グラスコックピット化、GPSナビゲーションの装備を搭載するアップデートを行い、効率的な運航を行う。
新装備により空港への高精度航法(RNAV)により燃料の削減や二酸化炭素排出削減、騒音レベルの低減などにつながる。また、GPSやADS-Bの搭載により、パイロットは燃費効率を高め、航路選定にも利用できる。
この新装備は2014年はじめから導入、約2年で全機材への装備が完了する計画

アメリカでは,まだまだダグラスの命は脈々と…。

2013年4月 3日 (水)

疲れました

久し振りの雨の朝,憂鬱になります。そして今日は,終日研修日です。さらに憂鬱になります。予想通り研修中は,猛烈な睡魔が襲ってきました。最近の最高・最低気温の差が大きいと,寝るときの布団(毛布)の調整が難しいです。昨夜は暑くて,夜中に目が覚めました。その影響もあって…。

何事も「受け身」のことが長時間続くと,本当に嫌気がさしてきます。中身が伴っているならばいざ知らず,今日の研修は要綱を見ても…。

よって今日はお散歩はありません。明日も研修がありますから,お散歩は…。こういう状況は,心身にストレスを感じます。

○2月の成田は
成田国際空港の2013年2月の利用実績(速報値)で、国際線旅客数は前年比2%増の232万484人。このうち、日本人旅客数は尖閣問題の影響などで中国路線の乗客減少が響き、6%減の128万8975人と減少したが、外国人旅客数は今年の春節が2月にあったことや円安が奏功し、18%増の59万4281人と増加。通過客は10%増の43万7228人だった。国際線発着回数は2%減の1万1343回。
 2月は昨年がうるう年であったため、今年は昨年より1日少ない。この影響を除くために日割換算した場合では、国際線旅客数は前年比6%増、日本人旅客数は2%減、外国人旅客数は22%増、通過客は14%増となった。国際線発着回数は0.5%減。
 国際線は尖閣問題の影響が続いており、2月の中国線の出国旅客数は17%減、旅客便のキャンセルは計画値の3.6%である67回。3月23日までの速報値では、旅客数は23%減、旅客便キャンセルは4.0%の61回。一方、韓国についてはほぼ回復。
 また、B787の運航停止による影響では、2月は予定していた発着回数387回のうち113回が欠航、キャンセル率は29.1%。3月については23日までの速報値で、341回中106回が欠航。キャンセル率は31.1%。

月1回の成田では即断はできませんが,特に中国機の小型化が続いていると思いました。そのためにS/Cは見ることが…。

○ドル箱路線に
大韓航空は2013年3月31日、成田/ホノルル線の直行便を就航。この路線はデイリー運航で、A330-300で運航。成田空港を午後9時20分に出発。

日系航空会社が座席を埋めることを優先した?機材を使っている中,大韓航空はいきなり大型機の登場!またチケットのバッタ売りが?

かつてはB747が華々しく毎日飛んでいた路線,日本人の大好きなディストネーション,今一度大型機を飛ばしてほしいものです。それとも観光路線には見切りをつけたのか?

2013年4月 2日 (火)

国民健康保険の申請

今日は,借りてきた本の返却期限の日です。そしていつものごとく新しい本を借りてきました。平家物語から「方丈記」「徒然草」ときました。もう次は,「枕草子」までは決まりですね。

鴨長明の書いた「方丈記」は,教科書にもありましたし,40年近く前に読んだきりです。そして今回は,解説本も併せて借りてきました。まずこれを読んでから,「方丈記」を読みたいと思います。

先に読んだ「源氏物語」「平家物語」などは,寄り道をし始めるときりがありません。割り切っていきたいと思います。時間はありますから,また戻ってくる可能性もあり,今はとにかく先に進みたいです。

順序は逆になりましたが,今朝の散歩は軽めにしました。図書館・市役所への用事=二度目の散歩があるからです。
Img_0128(今夜の雨で?)
Img_0134(園原を思い出します)
Img_0139(アップで)

市役所では,健康保険証の交付申請をお願いしてきました。いよいよ国民健康保険証になりました。意外に簡単なのには驚きました。が,年度初めと言うこともあり,しっかり待たされました。

ところで,今朝久し振りにUwe Meierからメールが来ました。さすがドイツ人,イースター休暇(?)が1週間!週休2日に祝日+休暇を合わせれば,一体一年間の労働日数は?やっぱり日本人は,働き過ぎですね。

ハンブルグのエアバス工場,これは空港に隣接している(当たり前か)そうで,ネットで”Dレジ”を見ますが,あれですね。BA向けのA380を見たそうです。







2013年4月 1日 (月)

4月1日

4月1日,新年度の始まるの日です。ピッカピカの新入社員は,きっと緊張した一日であったと思います。

私の今の仕事に携わって,毎年職場が変わります。研修対象となる新入社員(?)も毎年変わります。先日も書きましたが,今年度は美しく若い女性二人です。張り切って(?)仕事ができます。

毎年思うことですが,上司の話ってどうしてあんなにつまらない内容が多いんでしょう。右も左も分からぬ新入社員にあれもこれも要求したって…。「少しは落語の世界でも勉強しろ」と言いたくなります。いわゆる「まくら」で自分の方に引きつける,時々は脱線しながらも「言いたいことを絞る」ことでしょう。今日も新入社員と一緒に話を聞いていましたが,全く起承転結ができていませんでした。あくびが出ます。

勤務は午後からですから,午前中はいつもの生活のリズムです。予報によれば,明日はお天気が下り坂だそうです。この地域の桜の最後(?)ではと…。
Img_0116
Img_0117(鴨の足が…)
Img_0121(やはり枝垂れ桜は最高ですね)

桜と言えば?私は西行を思い浮かべます。俗界に死ぬまで未練を残した(?)西行。出家の身でありながらも俗界との関係を持ち続けた西行。生き方もそうですが,死に方も「桜+月」という美意識を貫き通した西行。今でもファンが多いわけですね。

○成田は
成田空港で31日、国際線の路線や便数を原則として航空会社が決定できるオープンスカイが始まった。成田国際空港会社は、自由化に併せて夜間の離着陸制限を緩和するなど、アジアのライバル空港との競争力を高めるための環境を整備。
 ただ、B787の運航停止で水を差された形。当初からの新規就航会社はドイツのエアベルリンなど、既に乗り入れている航空会社との共同運航で参入する4社のみ。国際旅客便の発着回数は”冬ダイヤ”に比べ8回の増加にとどまる。
 成田空港では31日から、天候上の理由などで遅延した旅客機の離着陸について、これまでより1時間遅い午前0時まで認める。着陸料も、1日から平均5.5%値下げし、新規路線開設や増便を行った航空会社には割り引く制度を導入。

国際空港の条件は,まず「24時間空港が開いた状態でなければならない」と言うことです。これでは焼け石に水ですね。東アジアの国際空港は,24時間体制+安い着陸料が当たり前です。

成田空港には,開港以前からいろいろな問題を抱え,今日に至っています。難しい問題が山積していますが,少なくとも競争するにはそれなりの条件整備が必要ですね。








« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »