2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日のお天気は?

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

春の色

昨日の散歩の疲れもなく、いつものように散歩です。いつもながら「足の向くまま気の向くまま」ですが、やはり歩数が気になります。だいたい時間を見れば、おおよその歩数が分かります。今日は途中時間を見たら、ちょっと不足気味なのが分かりました。さらに歩こうとあぜ道に近いところ(歩道は排気ガス臭いからできうる限り遠慮しています。)を歩いていたら、大量の土筆を発見!また採ってしまいました。

今日は、春の色をたくさん見ることができました。"facebook"とは違う写真です。
Img_0110
Img_0112
Img_0114
来月になると「信州のしだれ桜」を撮りに行きたくなります。さおりも暇になりますから…。

ところで、平成24年度も今日が最後の日です。現役の頃は、年が改まるくらいから準備を始め、連続出勤をしたものです。リタイヤすれば、もうそんなに仕事はありませんし、限られたことだけをやっておればいい身分です。やらねばならぬことはありますが、「まあ4月になって」とのんびりとしたものです。

"windows8"ですが、一番助かったのはバックアップです。周辺機器は、ドライバーをダウンロードすれば何とかなりますが、データだけはバックアップがなければ、倒れてしまいます。外付けHDを2台、ほぼ同じデータを保存してきました。現在サイトの復旧に当たっていますが、データを外付けHDから(時間はかかるものの)読み込みながら、使えるようにしています。(ちなみにDドライブは、空です。使いません。)

先日書いたフォットショップエレメントも(無料の)新しいソフトを見つけました。これは習熟が必要ですが、何とか目途がつきそうです。まあ時間はありますから、必要なものから順番に復旧作業をしていきます。

ニュースを見ていたら、防衛大臣の会見をやっていました。背景には、ブルーインパルスの?がありました。ブルーインパルスもやっと松島基地に戻ったそうです。

○青組は凄い!
全日本空輸は航空業界調査会社SKYTRAX(スカイトラックス)社が行う格付け評価で、最高評価の5つ星となる”5スター”を獲得した。”5スター”を獲得しているエアラインはシンガポール航空、アシアナ航空、マレーシア航空、キャセイ・パシフィック航空、カタール航空、ハイナン航空、僅か6社で日本国内航空会社では初めて。格付けは空港から機内サービスの800を超えるカテゴリーについて、乗客が常に5スターレベルのサービスを体感できる航空会社に与えられる。

イギリスの会社のものですが、(偶然かもしれませんが)全部アジアの航空会社です。見方を考えれば、欧米の航空会社は、利用者が気楽に移動手段ととらえていて、お高くとまる必要を感じていないのかしら?ですからサービス精神に乏しい?=評価が低い?

○MD-90退役
退役間時間になると騒ぎ出す。(正直言って)鶴丸MD-90を撮りたかったのですが…。まあ縁のない飛行機ということにして、諦め!
MD-80シリーズの中で一番のお気に入りを!
Jh8552(小牧W1での定番ショット)




2013年3月30日 (土)

困ったものですね

困った?昨日書きました「赤組」のことです。全部で6機やるそうです。その各々の左右が違ったら…。

そう言えば「赤組」には実績(前科)があります。B747にやりましたね。あの時は、1機インター使用までありました。白・ピンク・黄など、随分小牧で楽しませてもらいました。

今回は、それと比べれば手抜き(?)ですが、追っかけは大変ですね。特にB737は所有機の数が多いだけに困難を要します。

しかし(くどいですが)、やはり特別塗装機はオリジナルなものを前面にやってほしいものです。安易に世界的なキャラクターを起用するのはいかがなものか…。

お天気が悪かった(予報通り?)のですが、
Sdsc_0932
Sdsc_0919
この撮影時、東京の御大とご一緒させていただきました。何せ「博士号」をおもちの方です。これからは最敬礼をせねばなりません。

またお天気を見てリベンジです。(その他のものは、BBSをご覧ください。)

○B787の代わり?
全日空の777-200ERの”JA743A”がデリバリー。この機材はANA9397便として羽田空港に5月25日午後8時30分過ぎに到着する予定。全日空への777-200のデリバリーは2013年は1機目。

○嬉しい?悲しい?
これでグランドショットが撮影できなくなります(?)ね。ますます遠のく南の島。
中部国際空港、格安航空会社向けに新ターミナルビルやエプロンを整備すると発表。約80億円を投資し、LCCとボーイングの787の輸送に対応するLCF積込み対応エプロンを整備。現在の臨時駐車場エリアとその近辺の駐機場を用地。
現在の26番から28番スポットは大型機3機対応ですが、これを改修し2014年後半をめどに小型機5機に対応するエプロンを整備。あわせて延床面積約3万平米で、年間年間300万人から500万人の国内線、国際線旅客に対応できる施設を整備。

○ひどい話ですね
関西空港と対岸を結ぶ連絡橋の車両通行に、大阪府泉佐野市が往復100円を徴収する「空港連絡橋利用税(関空橋税)」の課税が30日、始まった。連絡橋の道路部分が国有化されたため、市が失った固定資産税収入年8億円を穴埋めする狙いで、西日本高速道路会社が通行料(普通車往復800円)に上乗せして徴税。救急車など緊急車両を除く全車両が対象で、年3億3000万円の税収を見込む。利用税は自治体が独自に課税する法定外税で、道路通行への課税は全国で唯一。


2013年3月29日 (金)

土筆採り

今朝の散歩は、道草ばかり。某職場の横を歩いていると「不審者」と間違われ、呼びかけられました。(こんなに善良そうな顔をした不審者はいません!)部屋に通され、あれやこれや…。

昨日は不在だった在所にも立ち寄ると、「コーヒー飲むか?」と嬉しい声かけです。ありがたく美味しいコーヒーをいただきました。自分が使っている豆と違います。これはこれで美味しいコーヒーです。

これでまた歩けるかと思ったら、1分も歩かないうちに???土筆を採っている人を発見、急いで在所に戻りビニル袋を所望。私も土筆採り。今年3回目の土筆採り。散歩の最後にさおりさんの自宅にお届け。
Img_0103
Img_0100
Img_0099
"facebook"には違った写真を載せましたが、散歩途中の気になる「」です。

昨夜注文しておいた「ワープロソフト」「ホームページビルダー」が届き、早速インスツールをしました。が、「フォットショップ・エレメント」がない。仕方なく体験版をインスツールしました。無料で使えるのは、30日間です。その間にフリーソフトを探し、学ばねば…。

東京の御大からメールがありました。
http://www.jal.co.jp/dom/disney/
今日から就航するそうです。また伊丹詣で?明日からRWの使い方が変わるそうで、「中型機以上はRW32Lを使う」ということで、B3以上は離陸する場合RW32Lを使うそうです。今まで指をくわえて見ていたものが…。残念ながら"saab"は来ませんね。

文句を言うわけではありませんが、またディズニーです。すごいお金を払っての特別塗装機です。懲りませんね、この会社。青組の「夢ジェット」のように公募すれば、ずいぶん経費節減できます。やはり体質は変わりませんね。純利益が膨らむ一方、そして使い方の一つがこれでは…。写真を撮るものにとっては嬉しいけど、何か心に引っかかるものがあります。






2013年3月28日 (木)

春の息吹

毎日同じことを書きますが、コントロール・パネルを探すのに一苦労しています。”windows8"はいくつもの階層に分かれ、入り口を間違えると右往左往してしまいます。これは本屋さんに行って解説本を買わなくては…。コンピューター内の”Q&A"は、(少なくとも私には)使い慣れないと分かりにくい、まだまだ苦労すると思います。

(週間天気予報を見ると)きれいな青空は、なかなか期待できません。あちこちで桜の満開を見たり、春の息吹を感じさせる花々に出合います。
Img_0097(補正なし、色が悪い!)
Img_0092(名前が分かりませんが…)

新聞記事を読んでいたら
三菱自動車は、”アウトランダーPHEV”に搭載しているバッテリーと、”i―MiEV””ミニキャブ・ミーブ”など電気自動車用のバッテリーが異常過熱し、損傷したり燃えたりするトラブルがあったと発表。
けが人は出ていないが、同社は原因究明まで同じバッテリーを搭載している3車種の製造や出荷を停止。
 同社によると、バッテリーはいずれもリチウムイオン電池約80個をケース内に収納した構造。同社と”GSユアサ”などでつくるバッテリー製造会社”リチウムエナジージャパン”が製造。
今月21日、神奈川県内の販売店で充電中のアウトランダーから異臭がし、電池が黒こげになっており、ショートの痕跡があった。三菱自は電池製造ラインに不具合があった可能性もあるとみている。18日には工場で検査中の電気自動車用バッテリーから発火

リチウムイオン電池=発火?これはゆゆしき問題です。三菱自動車の製造・出荷停止は、先に同じような発火を起こしたB787の飛行停止命令が参考になったことは間違いないと思います。

○久しぶりにB787
ボーイング社は25日、バッテリーからの出火トラブルで運航が止まっている787の試験飛行を実施した。改良を進めている新しいバッテリーを積んだ機体で飛行中のシステムの動作などを分析した。
 改善した機体はこの日、ワシントン州内を中心に約2時間飛行。ボーイング社は数日内に再び試験飛行を予定し、2回の飛行で集めたデータをFAAが分析し、運航を再開できるかどうかを決める。
 FAAは、ボーイングが提出したバッテリーの改善計画を承認。問題が見付からなければ、早ければ4月にも、運航の再開が認められる可能性が出てきた

先の三菱自動車に搭載されているリチウムイオン電池の発火といい、何らかの製造上のミスがあるのでは?同じユアサ・バッテリーと言うのも気になります。

一度も撮っていない新塗装
ソラシドエア(スカイネットアジア航空)の機体1機に熊本県のPRキャラクター”くまモン”が描かれ、26日、羽田から熊本空港に初フライト。
 今後、1年間にわたって羽田と熊本、鹿児島、長崎、大分、宮崎などとを結ぶ路線を飛ぶ。
 羽田―熊本間が31日から1日往復1便増えて同5便になるのを機に、同社と県が熊本をPRする目的で共同企画。同社所有の13機のうち1機の尾翼付近の両面に、くまモンの顔(縦3メートル、横3・6メートル)をあしらった。

2013年3月27日 (水)

お節介

自宅のコンピューターのOSも"windows98"から始まり、"windows8"まで来ました。どんどんお節介が露骨になってきています。

振り返ってみると、やはり"windowsXP"が一番使いやすかった。あれはマイクロソフトにしては、画期的なOSであったと思います。職場でもXPの後継OSが出ても、ずっとXPを使っていました。

機能も書きましたが、(ちょっと古い)周辺機器やソフトが使えなくなった!もっとコンピューター・リテラシーが身に付いているならば、こんな「お節介なコンピューター」なんて買わなくて済みますね。

現在”windows7"までのOSをご使用の方々、大切に大切に使ってくださいね。それとも己のコンピューター・リテラシーを磨きましょう。

コンピューターもガタがきて、今度は(上旬に終わったばかり)歯医者通いです。冷たいものが強烈に浸みてきて、歯磨き時のうがいにも困る日々です。行きたくない歯医者に行ってきました。

噛み具合の補正でガリガリ、ああ嫌な音だ。美しい音ならばいつまでも聴いていたいのですが、あの音は頭痛がします。(ここまで書くと、東京の名医に叱られる?)

念のために鎮痛剤もいただいてきました。昼食後薬を飲みましたから、現在は違和感がありません。しかし今夜…。

○A320ファミリーの健闘
ハワイアン航空はアメリカ西海岸路線及び国際線に導入しているA330型機がお客様や従業員より高い反響を得ている。今回のA321neoの発注で会社に同機がもたらす高い経済性と1000人規模の新しい雇用創出に期待する。開発中のA320neoファミリーでは約15%燃費が向上が期待でき、世界中で発注を受けており今回の契約を含めると9,274機となり年内中に10,000機を超える可能性?

B737のような長い歴史をもっていませんが、A320は確実にカスタマーの心をつかみ、改良型A320neo(エンジン置換)でさらに売り上げを…。新造機の開発の何分の一ですむ開発機、エアバスは笑いが止まらない?

わが国では、LCCを中心にエアバス機が飛んでいます。圧倒的に飛行機=ボーイング機の形です。

スカイマークもB737-800のみを使っていると思っていたら、A380の購入にびっくり!さらに最近はA330を購入するという。またまたびっくり!

さらに驚いたのが、エアバス機に見向きをしなかった日本航空が「A350-1000を検討する」と言います。

自動車・電化製品の値引き合戦は盛んですが、今度は航空機の値引き合戦?日本航空のニュースにボーイングはびっくりしただろうな。

下種の勘繰りですが、もしもA350-1000に決まったら、相当な値引きを提示してくるようなきます。(これは今までの自動車購入の経験より)

ここまで書いてくると航空自衛隊のF-4(ひょっとしたら)F-15の後継機の選定です。あの時ユーロファイターに決まっていたら…。その後の動きを見ても、まさにアメリカの言ううなり!ますます高額な戦闘機となりそうです。

○蛇足?ブルーインパルス展示飛行予定(一般公開)

5月5日(日):岩国フレンドシップデイ・オープンハウス(山口県岩国市 )
5月19日(日):美保基地航空祭(美保基地)
5月26日(日):静浜基地航空祭(静浜基地)
6月 2日(日):東北六魂祭2013(福島県福島市)
7月13日(土):海フェスタおが(秋田県男鹿市)
8月1日(木):石巻川開き祭り(宮城県石巻市)
8月4日(日):千歳基地開庁記念行事(千歳基地)
8月24日(土):東松島夏まつり(宮城県東松島市)
8月25日(日):松島基地開庁記念行事(松島基地)
9月8日(日):百里基地航空祭(百里基地)
9月15日(日):三沢基地航空祭(三沢基地)
9月28日(土):スポーツ祭東京2013(東京都調布市)
調整中:小松基地航空祭(小松基地)
10月20日(日):エア・フェスタ浜松2013(浜松基地)
10月27日(日):築城基地航空祭(築城基地)
11月3日(日):入間航空祭(入間基地)
11月17日(日):芦屋基地航空祭(芦屋基地)
11月24日(日):岐阜基地航空祭(岐阜基地)
12月1日(日):新田原基地航空祭(新田原基地)
調整中:那覇基地エアーフェスタ2013(那覇基地)

2013年3月26日 (火)

泣きたくなる朝

いつものように朝起きてコンピューターの電源を入れると…。

???

ハードディスクが立ち上がらない!

ここ数か月、コンピューターの調子がおかしいことは分かっていましたが、ついに現実のものとなりました。

朝食・散歩・入浴を済ませて、お近くのショップへ参上。これも分かっていましたが、OSは”windows 8"です。またもや不人気のOSとなりました。

確かに無線ランのやり方は、簡単です。しかし出てくる画面出てくる画面に戸惑うばかり。さらにプリンターが古く、対応ドライバーがない!スキャナーは何とかなりましたが。留めはホームページビルダーも古くて使えない!64ビット対応のソフトが必要です。サイトからドライバーをダウンロードできるものはいいのですが…。仕方なくホームページビルダーをネット・ショッピング。

携帯電話でも電話とメールしか使わない私、スマホも(今のところ)不必要。コンピューターとてテレビを見るわけでなし、動画編集をするわけでなし、ほんの少しの機能を使う(使うことができない)だけです。安価なものにしました。

さっそくネット接続を完了。自分のサイトを見たら「アレアレ」。直そうにもホームページビルダーがない!皆様方にこんなに見苦しい状態を見せていたことが分かり、冷や汗ものです。

もう泣きたくなる朝でした。

Img_0081
Img_0084(アクセントは?)

まだまだやることがありますから、今日はこれまでにします。





2013年3月25日 (月)

新年度の準備

新しい職場に行って来ました。来年度の担当は、何と20代の女性二人。これは気合いが入る?冗談はさておき、1年間の研修期間は長いように見えますが、実はあっという間に終わります。その中で何とかものになる人材を育成しなければならないプッシャー、もう3年この仕事に携わっておりますが、きついです。

4月1日までに用意しなければなrない書類もいくつかあります。在宅勤務とでも言いましょうか、しっかりと書類の準備をしなければいけません。特に計画書は、最後の報告書に結び付いていくものです。念には念を入れて…。毎度のことながら、新年度の準備には気を遣います。

話は前後しますが、旧友と久し振りに会うことができました。退院後のリハビリが上手くいっているのでしょうか、随分元気になっていました。また、アンテナが高い旧友、いろいろな情報を仕入れることができました。今度会うときは、懇親会と言うことです。とっても楽しみになりました。

Img_0080(毎日?枝垂れ桜)
人間は言うに及ばず、植物でも個体差が大きいことを感じます。まだつぼみが堅いものおあれば、このようにほぼ満開のものもあります。曇っていましたが、綺麗な枝垂れ桜を見るとついついカメラを向けてしまいます。

○赤組
昨日書いた"A350-1000"の話題、日本経済新聞のみの記事でご存じのない方もみえるのでは?"facebook"の反応を見てもそう思います。
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO53150170T20C13A3TJC000/
日本航空は、MD-90が退役すれば、所有機は全てボーイング製となります。リスクを考えると(今回のB787を例に出すまでもなく)エアバス導入を視野に入れているようです。記事にもありますが、B777-300の後を見据えたA350-1000の導入検討。理に適った動きだと思います。
スカイマークが、6機のA380を導入します。が、敢えて双発機と言う所が堅実ですね。低燃費の機材で、少しでも空気だけを運ぶことのないもの=双発機となるのでしょうか?これはB787導入と同じ考えですね。

○Cクラスの乗客は
Cクラスの乗客はファーストクラスの乗客よりも感じが悪い」 ――航空会社ではこんな話が周知の事実として伝わっているという。Cクラスは、Fクラスよりはサービスは手厚くないもののゆったりしたシートで料金も決して安くはない。この違いはどこからくるのだろうか?『「感じが悪い人は」は、なぜ感じが悪いのか?』(講談社)の著者で、このテーマを関係者にヒアリングで調査した松下信武さんに聞いた。

外資系の航空会社、国内の航空会社の関係者に調査し、彼らの声はほぼ一致。Cクラスのクレームには、理不尽な要求を突きつけて、客室乗務員を困らせるという種類のものが多いのが特徴Cクラスに乗るビジネスマンには、中間管理職の上位クラスの人も多いですが、彼らは企業内での自分の地位をそのまま機内に持ち込む傾向がある。彼らは社内で部下への人事評価や命令、社外との厳しい交渉などを日々、行い、相手と対立する状況に慣れてしまっている。そのためちょっと気に入らないことがあると、対立モードに頭が切り替わり、客室乗務員からサービスを受けても“高い料金の席なんだからこれぐらいのサービスは当然”と考えてしまう。

身銭を切って乗っている人の割合は?まあ車内の人間関係を公共交通機関内にまで持ち込まれては…。客室乗務員のストレスを想像してしまいます。

と言って、Cクラスはどこの航空会社もドル箱です。客室乗務員は、上司と狂った乗客の間で…。

2013年3月24日 (日)

玉黄楊の剪定

一昨日から歯が痛くて痛くて…。ああまた歯医者通いが始まります。しょんぼり…。この間3ヶ月検診が終わったばかりなのに!またあの嫌な音を聞かなくてはなりません。

今朝の散歩
Img_0078(もう枝垂れ桜が満開!)
Img_0074鷺の巣
今朝も巣の中で大きな声で啼いていました。これだけたくさんいるとその鳴き声もただものではありません。巣作りも天敵を恐れて高い木の上にあります。器用に巣が作ってあるのにも感心しました。

散歩の後、先日お墓参りで気になった玉黄楊の剪定をやりました。当然ばっかりです。入り口左右に一本ずつ植えてあるのですが、大きくなりすぎ通路が狭くなりました。親父さん・お袋さん、たまには孝行しますよ。

○F-14(トムキャット)
http://blog.livedoor.jp/aircraftchannel/archives/4355112.html#more
55枚の写真集ですが、可変翼の特徴がよく捉えられていると思います。映画"TOP GUN"を思い出すのは、私だけではないでしょう。
No.8.10~12.17.19.22.27.34.46.51などは、なかなかの力作だと思います。「尖りもの」は、やはり絵になりますね。ましてF-14は艦載機ですから、余計にいい絵になりますね。

航空母艦を上手に使うアメリカ海軍
http://www.navy.mil/submit/display.asp?story_id=72782
新しい赴任地に向かう空母と共に乗員の一部の自家用車も載せて移動する。経費削減の一環なのかしら?

えっ!A350を検討?!
日本航空は欧州のA350を購入するための本格的な検討。2017年以降に20機程度導入し、現行の大型機ボーイング777型機の後継機として欧米路線に就航させる計画。今月末に主要機すべてがボーイング製となる日航はコストやリスク低減の観点から機材調達先の分散化を進めるのが課題。購入の検討に入ったのはA350―1000と呼ばれる座席数が約350席の大型機。パイロット訓練用のシミュレーション設備も合わせ、当初は20機程度の発注を想定。機体価格は1機200億円程度とみられ単純計算すると購入総額は4000億円規模。今年6月ごろまでに最終決定。

 


2013年3月23日 (土)

春本番

午後からの結婚式、人前結婚及び披露宴が延々と続き、ぐったりして帰宅しました。当然ながら若者が中心だけに私のような老人には、この長時間の式は身体に応えました。

それに進行そのものも老人には違和感があり、ただ見ているだけ(若者の盛り上がりに付いていけない情けなさ)?

今朝の散歩
Img_0064
Img_0065
Img_0067
Img_0068
生憎の曇り空、色は悪いですが春本番ですね。穏やかなパステル調の色調が好きです。

○世界一周旅行?
カーゴルクスは2013年3月20日から、ダラス・フォートワースへの就航を開始。ダラスには747-8Fで週2便を就航。水曜日はバクー(アゼルバイジャン)、香港を経由し、ダラス到着後はルクセンブルクへフライトする世界一周路線。土曜日はメキシコを経由。カーゴルクスでは新たな世界一周路線について、アジアからアメリカへの電子機器の輸出入などを促進する。

やはり香港はあるが、成田はない!いつまで小松空港就航が続くのやら?CXの航空貨物部門も絶好調です。赤組の貨物部門切り捨てが、どうやら他社を潤しているような気がしないでもありません。間違っているかしら?

MD-90ラストフライト
日本航空は2013年3月30日、広島発羽田着のJL1614便でMD-90が退役することから、最終便で”ありがとうMD-90”レモニーを開催。日本エアシステムがMD-90を導入し、日本国内線では1996年4月1日で、広島空港ではこの日からMD-90が就航。最終便も広島空港で見送られる。セレモニーはJAL1614便が出発する前に広島空港ターミナルビル2階、搭乗口B付近で開催。」

何かこういった催しも白地らしく思うへそ曲がりな私。これまでにMD-90にはたくさんの嬉しい思いをさせていただきました。MD-11やB747-400程の寂しさを感じません。

2013年3月22日 (金)

撃沈

8日間仕事を休んで、今年度最後のご奉公の日でした。職場の皆様にお別れのご挨拶をさせていただきました。今年度も何とか職務を果たすことができ、ホッとしました。

それでも人事異動の発表を聞くと、不本意な異動に不満顔?がちらほら。私のような単年度契約者は、本当に気楽なものです。次の職場から、「仕事の日程を送って欲しい」とメールがあり、終日それにかかりっぱなし。何とか勤務時間内に終え、メール添付して送りました。これでまた1年間首がつながると思うと、少しの安堵感を覚えました。

帰りにキタムラに現像の仕上がりをいただきに上がり、先程先日の西へのお散歩の成果をアップ致しました。陽の周りの悪いものがいくつかありますが、状況を鑑み、お許しを願いたいものです。

それにしても北風10ノットに至るか至らないかの時、いつランチェンするのか期待していましたが、無惨にも撃沈!RW34ならば、もっと綺麗な画像ができたのに…。

明日は、久し振りに結婚式への参加です。お天気が心配ですが、気持ちよくお祝いをしたいと願っています。

時代に遅れた航空行政の一つ
観光庁長官の井手憲文氏は、チャーター関連の規制について”中期的に考えて、世界標準まで緩和していかなければならない”と語った。国土交通省は、ITCチャーターの際に用機者と直接契約した第1種旅行会社にも包括旅行商品用座席の卸販売を認める内容の規制緩和についてパブリックコメントの募集を開始した。
 井手氏は日本のチャーター規制が”諸外国からすればかなり古い”とし、今回の規制緩和は”諸外国並みに規制緩和していく一例”であり、”これで終わりではない”と強調。将来的には”ものすごく自由な枠組みの中で、チャーターが旅行需要をしっかりと喚起する”ように取り組んでいきたい考え。

チャーター便は、特に地方空港からの離発着が多いようです。大空港まで苦労して移動することを思えば、身近な空港から海外旅行ができるメリットは大きいと思います。

余りに時代錯誤な(国内航空会社の利益優先)考えでは、かえって国民の利益にならないことを理解すべきです。

その良い例が、
ニュージーランド航空の冬期スケジュールチャーターが好調だ。2012年冬期スケジュールでは広島2本、名古屋6本、福岡4本、高松1本、静岡1本で、5空港から前年の2倍にあたる計14本のチャーターを実施。最終便は静岡発着で、3月20日に日本を出発。静岡発は今年がはじめての実施。機材はボーイングB767-300で、ビジネスクラス24席、エコノミークラス206席の計230席。
 NZによると、14便の平均ロードファクターは88%。2011年冬期スケジュールでは7本実施し、平均ロードファクターは86%だったため、前年よりも好成績。
 今後は13年冬スケジュールでも同様のチャーターを実施する計画。13年冬スケジュールについては詳細は未定だが、14本以上の実施をめざす計画。

2013年3月21日 (木)

土筆の玉子とじ

今朝の散歩から
Img_0053(羨ましい仲)
Img_0056(ほぼ満開)
Img_0059(問題の土筆)
先週、某空港内にはたくさんの土筆が生えていました。採りたくても採れない状態。今朝の散歩は、あえて土手道を選び、土筆を捜しました。少しですが収穫、帰宅後「はかま」をとっていると?先が双子の土筆です。早速デジカメにて記念写真。その後は、他の土筆と同じく玉子とじにして食しました。

土筆は、先がまだ開いていないものが美味しいです。独特の苦みが好きです。これから出てくる春の山野の恵みには、土筆と同じようにそれぞれが独特の苦みをもち、たまりませんね。

○久し振りに映像を
サンダーバーズのエアショウ中止は、既報通り。ならば映像で見よう。
http://www.youtube.com/watch?v=BmYYmaxZNNg&feature=player_embedded
こんな飛びきりの美人が、F-15やF-16を操縦する!
欧米の女性に対する見方・考え方が、我が国とは随分違うことが分かります。

○発想の貧しさを感じますね
http://www.jal.co.jp/jalion/







2013年3月20日 (水)

春分の日

今日は、春分の日です。墓参りに行かねばなりません。いつもは車に乗っていくのですが、今回は徒歩です。退休寺の門前の枝垂れ桜は、はや五分咲き?びっくりしました。

途中同級生の経営する花屋さんで供花を買い、再び一番奥にある墓まで歩きました。

途中、以前にも歩いた道ですが、何やら騒がしいのでそちらを見たら?高い木の上の枝に青鷺の巣がたくさんありました。カメラを持ってくれば…。日中はあちらこちらに飛んでいって餌を探すのですが、早朝と言うことでまだ巣の近くにいました。

墓参り後、散歩コースを考えながら(と言っても、いつもの「足の向くまま気の向くまま」)、道を選びました。

本来ならば(お天気が良ければ)、今日は富士山静岡空港へ行く予定でした。NZのチャーター便狙いです。「何を今更」と言われそうですが、あの空港ならば、近くで撮影できます。ここが大切です。お帰りは、27日です。お天気が良ければ、行く予定です。

○今日はB777
三菱重工業は広島製作所でB777の機体を生産する新工場を建設。新興国の経済成長で世界の航空機の運航数は現在の約2万機から20年後には約4万機に増える見通し。ボーイングは777の年産能力を現在の60機から100機に増やす計画で、三菱重工は航空機市場拡大の流れをとらえ国内で増産投資に踏み切る。
 777は約350人乗りで日本企業が機体の21%の生産を分担。後部胴体を製造する三菱重工のほか、川崎重工業や富士重工業も増産に動いている。
 三菱重工は現在、主力の大江工場(名古屋市)で骨組みとなるアルミの棒状部品を製造し広島製作所の既存工場で胴体を組み立てている。新工場は組み立て工場の隣接地に建設。アルミ加工設備を整え部品の製造から組み立てまで一貫生産し、効率的な生産につなげる。それ以外でも”MRJ」”の組み立て工場の増設を計画。主翼を担当するB787は運航停止中だが、中長期的な需要をにらみボーイングが発注を継続しており、三菱重工も安定生産を続けている。

日本の航空機製造(下請けを含む)、ボーイング・エアバスとの共同開発が続いており、これからの成長を見守りたいものです。特にMRJの完成が待ち遠しいです。

○女性の社会進出
欧米では、国のトップにまで女性が進出していることは珍しいことではありません。この点では、我が国はまだ後進国?
日本航空は、客室乗務員出身の大川順子常務執行役員が取締役専務執行役員に昇格する人事を発表。女性社員が日航の取締役に就くのは初めて。6月の株主総会後の取締役会で正式決定。

○欧州のLCCは桁が違う
ライアンエアは737-800の175機の発注について、2018年までに導入。ヨーロッパの航空会社ではボーイングへの最大の発注。
モノクラス189席仕様の737-800を305機、保有・運航。新たな175機の発注により、およそ75機は現在の保有機材を更新し、100機が純増。また、引き続き737 MAXの採用について検討。

約400機のB737、考えただけでも空恐ろしい数字!

2013年3月19日 (火)

別れと出会いの季節

やっと「源氏物語8巻」を読破しました。世界的にも有名な物語ですから、図書館に行けば関連書物がいっぱいあります。それらも読みたいのが山々ですが、次のもの(今昔物語・伊勢物語・平家物語)にいきたいと思います。

朝の散歩の時はそれ程とは思いませんでしたが、さすが午後になると気温はどんどん上昇、汗をかきながら帰ってきました。
Img_0049(青空に生える白い木蓮)
また冷える日もあろうかと思いますが、いよいよ春ですね。「別れと出会いの季節」です。図書館に行く途中の小学校では、卒業式を終えた親子連れに出会いました。

私も4月からは、異動があります。どんな職場なのか、どんな人に出会うことができるか、今からとっても楽しみです。

○久し振りにB787
青組の次期社長の会見の様子が報道されました。「B787のテスト飛行の件とボーイングに対する賠償責任を問う」と言うものです。

ボーイングのテスト飛行が認められたことを受け、青組も独自にテスト飛行を行いたい模様です。仮にリチウムイオン電池が原因をすれば、「暴走熱」を防ぐために対応を施さないと心配になります。

幾つかのリオチウムイオン電池を束ねたものですから、発熱を逃す方法を考えなければなりません。経営上の視点のみでB787の再開を目指すのならば、一体何のための「飛行停止命令」なのかが分からなくなります。

ボーイングが青組が、この点の解決策をはっきりと公表しなければいけません。安全に対する説明責任を自覚すべきです。きちんとそういったけじめをつけないと、B787からの顧客離れにもつながりかねません。

○これを考え出した人は?
日本航空はFacebookページの開設2周年を記念し、国内航空券があたるFacebookキャンペーン"Flight with Friends ~友達みんなで旅に出よう!~"を実施。
 参加者がWebサイト上で30人乗り飛行機のパイロットになり、Facebookで一緒に旅をする搭乗者を募集。旅の仲間が30人集まると、抽選で1組30人全員にパイロットが選択した出発地と目的地の1往復分の国内線航空券をプレゼント。パイロットにならず、Facebook上の友達の飛行機に乗ることでキャンペーンに参加することも可能。キャンペーンの実施期間は3月15日から4月15日23時59分ま。

私も"facebook"に参加していますから、どなたかがパイロットになっていなか、調べてみます。が、羽田出発?伊丹出発?福岡出発?など見極めないと…。(ただほど怖いものはない)

○10,000機を目指し
ボーイングは2013年3月18日、レントン工場で手がけている737シリーズで、月産38機体制となり最初の機体をロールアウト。この機体はパナマのコパ航空向けの737-800で、4月初旬にもデリバリー予定。
2011年12月に月産35機に引き上げ、2013年6月以降に月産38機への引き上げを計画。今後は2014年3月までに、月産42機まで引き上げる予定

B737を年間500機製造?考えられないハイペースで作られるものですね。飛行機が1日1機以上作られる時代なんですね。

2013年3月18日 (月)

緑茶・コーヒーを飲もう!

某新聞を読んでいたら…。

HONDA F1復帰か?!」、今シーズンは日本人ドライバーもいない!どこのチームもヨーロッパ内のもので、「全くつまらない」と思っています。そんな中、2015年を目処に"HONDA ENGINE"の復活、"1600cc V6 TURBO"、どれをとってみても"HONDA POWER"が期待できる要素ばかりです。そしてイギリス:マクラーレンと組むのか?

小排気量で高パワー、そしてクリーンな排気ガスとなれば、市販車へのフィードバックも可能でしょう。他のメーカーも軽自動車の売れ行きが好調です。その火付け役が、HONDA:N1ではなかったのでは?

緑茶・コーヒーを飲むと
緑茶やコーヒーをよく飲む人は、脳卒中になりにくい――。全国で約8万人を対象にした調査。74~45歳の女性4万4000人と男性3万8000人を平均13年間追跡調査し、これらを飲むと、脳出血や脳梗塞などの脳卒中の発症率が下がるかをみた。
国立循環器病研究センター小久保喜弘・予防健診部医長によると、緑茶を毎日2~3杯飲む人は、まったく飲まない人に比べて14%発症率が低下。4杯以上なら20%下がった。緑茶に多く含まれるカテキンが脳血管を保護するよう働いている可能性がある。
 一方、コーヒーを毎日1杯以上飲む人は、まったく飲まない人より発症率が20%低かった。コーヒーに含まれるクロロゲン酸の働きで血糖値が改善され、脳卒中の原因の一つである糖尿病の発症を抑えた結果とみている。

「あれが体に良い」と言われるとすぐに寄って集ってやり始める(飲み始める・食べ始める)。しかし長く続いたことがない!

それに比べ、緑茶・コーヒーならば、一日全く飲まない日本人はいないでしょう。これは言い調査結果です。

○AYの日本大攻勢!
フィンエアーは、成田、中部、関西国際空港からヘルシンキへデイリー運航を計画。運航便数は3地点あわせ、週21便体制で、ヨーロッパ系航空会社では日本とヨーロッパを結ぶ便数は最大規模。
使用機材は成田線は土、日を中心にA330-300、他の曜日はA340、セントレア線、関西線はA330を予定。

いつの間にやら日本路線はA330-300となりました。ウィークデーはA340となる成田、これは年金軍団へのご褒美?

そう言えば、例の(訳の分からぬ)S/Cは一体どうなったのでしょうね。関西に一度飛来したとかしないとか?

ヨーロッパ路線は長時間の飛行時間です。ヘルシンキは、アジアから見れば最も近いヨーロッパの町です。この地の利を生かし、そして利用しやすい空港(だそうです)、ヨーロッパ各地に乗り換える。エコノミークラス軍団には、身体に優しい航空会社?

○まだ撮っていないソラシド・エア(笑われますね)http://www.skynetasia.co.jp/corporate/press130318-2.pdf

○チャーター便
エーデルワイス航空は仙台、新千歳、中部にチャーター便を運航する計画。7月3日に仙台発、7月17日に新千歳発、7月31日にセントレアでそれぞれ8日間のツアー
ミャンマー国際航空は成田、関西、福岡の3空港へのチャーター便の運航を計画。4月27日と5月1日は関西、5月1日と5月6日は成田、5月6日と5月11日に福岡に飛来する予定。
A320で日本へのチャーター便を運航。

2013年3月17日 (日)

午後のコーヒー

日中の気温の上昇に伴い、散歩途中に見る樹木も大きく変化してきています。今日は綺麗に咲いたコブシを見ることができました。コブシ、特にシデコブシの薄いピンク色の花は、桜に劣らぬ上品なものです。

そして某グルメ通り(勝手に名付けていますが)には、スタバが開店していました。こんな田舎町にもスタバができる時代なのかしら?けちの代名詞?○知県人、モーニング・コーヒーと言えば、豪華なモーニング・サービスが当たり前と思っています。スタバでは、モーニング・サービスがない?ので、果たして成功するのしら?

私?滅多に外ではコーヒーは飲みません。自分のお気に入りのコーヒーは、自分で入れたものに限る?午後も1杯のコーヒーを飲むようになりました。読書の合間、目が疲れてきた時に飲むコーヒーもなかなかのものです。

○ジェットスター
ジェットスター・ジャパンは夏スケジュールで、6月11日から一部路線で増便する計画。対象となるのは、成田/関空線、福岡線、大分線、沖縄線と関空/新千歳、福岡、沖縄線。

大分が入っているのが面白いですね。那覇・福岡・大分・関西(これに松山)から成田へ、那覇・福岡・千歳から関西へと動きが鮮明になってきました。

○スターアライアンスの雄は、
エアバスはルフトハンザグループよりA320ファミリー90機、A380を2機受注したことを発表。A320ファミリー受注内訳はA320neoが35機、A321neoが35機、既存タイプにシャークレットを搭載するA320ceoが30機。

確か昨年「今後数年間は機材の新規購入をしない」と言っていたはずですが、他社の動向により変わったのでしょう。特にA320ファミリーの増機は、近隣諸国との輸送力アップを狙ったものですね。

さらにB777-300ERも6機購入。ルフトハンザとしては、B747-400の後継機を準備するのかしら???

ところでA320neo(new engine option)は、従来のA320のエンジンを新しくし、より経済的な飛行機にするものだそうです。またこれが当たりまして、2000機以上がエンジンを交換する予定だそうです。

これに対抗するのが、B737ですね。つい先頃、マレーシア:マリンド・エアに納入されたB737-900ERは、何と7500機目のB737だそうです。このペースならば、あと約6年で10000機の大台に乗る???

Sdsc_0840

2013年3月16日 (土)

ICチップ

JRの駅の張り紙を見ていたら、「日本を一枚で」という言葉が目に入ってきました。なかなかいいフレーズですから、内容を読んだらなんてことはない!

各事業所で発行している「ICチップ・カードが、JR北海道からJR九州まで使えるようになる(3月23日より)」というものです。「無計画に作ったものに利用者からの苦情がたまったのだ」と思います。旧国鉄時代ならば、全国一斉にできたものを…。

同じくJRの話。JR東日本では、東京~青森間を走る新幹線「はやぶさ」を最高速度320kmで走らせるそうな。飛行機の約3分の1の速さ!

これがリニモだったら、飛行機の負け?!東京(品川)~名古屋間でリニモが計画されてます。その後は、大阪まで延長計画があると言います。(自分が生きている内に開通するかなあ)そうなれば、ドル箱(羽田~伊丹)も???

○これは面白いサイトhttp://www.mod.go.jp/j/approach/others/shiritai/senyouki/index.html
普段自衛隊のサイトなんて見たことのない私。これは勉強になります。

ところで、(青組には数機のB747-400D)政府専用機(B747-400)は一体いつまで使うのでしょうね。整備委託をしていた赤組には、もうB747-400はいません。そろそろB787かA350(99%無理と思いますが)への計画を発表してもいいのでは?

○A380のエンジン
ロールス・ロイスはエアバスが2013年3月14日、ツールーズでマレーシア航空にA380、100機目となる区切りの機体をデリバリーしたことを受け、歓迎のコメントを発表。マレーシア航空はA380にロールス・ロイスのトレント900エンジンを搭載。
ロールス・ロイスはデリバリーされたA380の1機目、シンガポール航空の「9V-SKA」と100機目のマレーシア航空向け「9M-MNF」ともにトレントエンジンと節目に関われ、さらに今後もA380の顧客をサポートしていくと発表。なお、トレント900エンジンは、A380の16社のうち11社が選択し、現在は6社に導入。

大英帝国健在?

このエンジン、実際に離陸時の音を聞いてみると、本当に静かです。技術革新の成果ですが、まさかこれほど静かなエンジンができるとは!

4発機はうるさいと某空港から4発機を追いだした国があります。こういった言いがかりしかできない人達にこのエンジン音を聞かせたいものです。

Sdsc_0817_2(滅多に撮らない腹!)


2013年3月14日 (木)

またもや煙霧

久し振りの1万歩、白梅→紅梅→しだれ梅・レンギョウ→白木蓮と続いていく春の花。今朝はまだ風が強かったものの、春の花々を見ることができました。いつもの小川には、鴨と白鷺の姿を見ましたが、そろそろ飛び立っていくのかな?

今日は県立高等学校の入学選抜考査の日でしょうか、中学生が自転車に乗って志願校へ向かう姿を見かけました。目標に向かって自分の力を試す姿は、何であれいいものですね。

ところで昨夜友人からメールが届きました。何でも昨日の成田は、またも強風のために離着陸が困難、南の島にも何機かダイバードしてきたそうです。目玉は、AF:A380かな?二度目の南の島飛来になると思います。展望デッキには、これを押さえようと熱心な航空ファンが詰めかけているのでは?

このニュースは、
関東地方南部は低気圧の通過にともなう強風にみまわれ、成田空港に着陸予定のデルタ航空の767とユナイテッド航空の777、2機が横田基地に着陸。
成田空港は一時、42ノットの横風が吹き、強風で巻き上げられた砂塵で視程が1,500メートル以下。

いろいろ難しい課題の山積する成田ですが、やはり横風用の滑走路が必要ですね。(国際線が離発着する)横風用の滑走路のあるのは?羽田空港くらい?本当に恥ずかしい日本の空港ですね。

○某会社の撤退がこんなところにも
大韓航空は2013年3月31日から、成田/仁川間の貨物便を増便。現在は火、木、金、日の週4便、水、木、土の週3便を追加、週7便で運航します。成田/仁川線の貨物便は、月曜日を除き、毎日運航で、木曜日は午前と午後の2便運航。機材は747-400F。
なお、大韓航空では旅客便で成田/仁川線を週28便から週35便に増便、1日5便運航、釜山/成田線も週7便から週14便に増便。

冬スケジュールの平日、KE(旅客機)はがらがらとも聞いています。これは随分強気な運行ではないかと…。荷物の方は、日本カーゴと一騎打ち?

○MRJ
三菱重工業は、三菱航空機のMRJの主要構造部品の製造、最終組立を手がける名古屋航空宇宙システム製作所に、富士通の次世代ものづくり環境「エンジニアリングクラウド」を導入したと発表。
MRJの開発は、国内外の複数の拠点で進められ、設計・製造業務間でのシームレス、セキュアーな情報共有を行い、専用ワークステーション以外の一般のPCで3次元CADの操作、作業の効率化、セキュリティ向上、リードタイム短縮、運用負荷の軽減、3次元CADの有効利用が見込まれます。富士通では世界最高レベルの高速シンクライアント技術「RVEC(レベック)」により、大量の設計データ、アプリケーションなどをクラウド基盤に集約し、時間、場所、PCなどの端末環境にとらわれずサービスを利用できる。

2013年3月13日 (水)

撮影の季節は…

春の訪れの音は、確実に聞こえてきます。
Sdsc_0565_2(ゲジ手前の民家入り口にて)
白梅・紅梅が仲良く並んで綺麗に咲いていました。1羽のホトトギスも鳴いていました。(煙霧で翌日だいぶ散ってしまいましたが)

例年のことですが、もう少し暖かくなり土筆が出て、タンポポが咲くようになると陽の周りが悪くなりますね。撮影に適した季節は、もうすぐ終わってしまいます。

○B787は
米連邦航空局(FAA)は12日、バッテリーの出火による故障で運航停止しているB787型機をめぐり、改良したバッテリーを採用した2機の試験飛行を許可すると発表。試験飛行の結果などを踏まえ、運航を再開するかどうか判断。
 ボーイングは2月下旬、FAAに対し、バッテリーを改良するための計画を提出。FAAはこの計画も承認。ボーイングによると、改良バッテリーは、ショートが起きないように再設計し、熱や電気を遮断する材料を加えるなどして、バッテリーが発火しても機体に影響しないようにした。
 ラフード米運輸長官は声明で、"新たな設計が航空機と乗客の安全を確保すると、我々が満足するまでは、運航再開は認めない"と述べた。

Sdsc_0531(運行停止中のB787が並んでいます)
航空ファンとしても、こんな姿は見たくないですね。航空会社なかでもB787のパイロットは、飛びたくても飛べない状態です。テストが上手くいって運行停止命令が終わることを願っています。但し、同じような事故が起これば、B787は欠陥機の烙印を押されるだけに慎重を期さねばなりません。

KLM
KLMオランダ航空は2013年3月末からの夏スケジュールを発表、機材計画ではMD-11の3機を退役、777-300新造機を2機、A330を1機、それぞれ導入する。MD-11旅客機を飛ばす数少ない航空会社の一つがKLMですが、その保有機材も今回の3機の退役で残るは3機。
KLMオランダ航空はアトランタ線のほか、中南米路線に投入しているMD-11について、777-300、A330-300への更新を計画。

KLMのMD-11は、名古屋空港でレジを揃えましたし、札幌経由でオランダに行ったときに乗りました。(恥ずかしい話)憧れのMD-11に乗るために家族をだまし、オランダに行きました。

「メジャーな会社でもMD-11をまだ使っている?」と思われるかもしれません。私の一番好きな飛行機MD-11、半年でも長く運行して欲しいものです。

そう言えばKLM、夏スケジュールから福岡に初就航ですね。AYもそうですが、ヨーロッパの航空会社が日本各地に就航することは、嬉しい限りです。




2013年3月12日 (火)

パイロット=普通の人ではない?

春分の日まで約1週間、最近のお天気の変化の大きさには驚いています。所謂「三寒四温」の度が過ぎています。

先日旭川では、吹雪の中多重衝突(それもパトカー・救急車を含む)がありました。寒さから我が子を守る壮絶なニュース(ご冥福をお祈り致します。)もありました。

そして例年恒例の黄砂、今年はおまけのPM2.5付き!テレビでもやっていましたが、10日、関東地方では珍しい「煙霧」(風によってちりや砂埃が地面から巻き上げられる現象)がありました。
Dsc_0661
ディジタル補正したものです。それでも背景が???

そしてこの日、横風・強風・視界悪しのために、10数機が"go around"しました。ニュースで見ましたが、滑走路上50m?程まで降りてきても着陸できないものもありました。ちょっと前に南の島でも横風・強風のために離発着ができないケースがありました。あの時は、滑走路がよく見えました。今回は…。

つくづく思いましたね。「パイロットは怖いと言うことを知らない!」と。時速300km前後で動いている飛行機、前が見えなくても器械を頼りに降りてくる、あるいは上がっていく。どうしても自動車と比較してしまいますが、見にくければスピードを落とせば何とかなります。飛行機は、スピードを落とすことができないからやっかいです。
Sdsc_0611(いつもならば、このように…)
さらに「パイロットというのは、普通の人ではない?」ですね。怖さ知らずもいいとこだ!世の中には、こういった人種がいることがよく分かりました。ひょっとしたらアルコールだけで生きているのかもしれませんな。

と言うわけで、今回のお散歩の成果(デジカメ分)は
http://www22.atpages.jp/usadanuki/p45.html
お上りさんには、見るもの見るもの全て珍しく見えてしまいます。おいおい追加していきます。




2013年3月 9日 (土)

冗談じゃない

日本経済新聞を読んでいたら、「冗談じゃない、せっかくの週末が…」。

何だって?黄砂ですよ!

予想分布を見ると、中部以西(北九州・中国四国・近畿・東海)には、かなりの黄砂が予想されるそうです。せっかくのお天気が、黄砂で台無し!

おまけに気温が上がって、花粉はバンバンに飛ぶといったダブルパンチ!

いや西風が強ければ、PM2.5も一緒に運ばれてきますから、トリプルパンチ!

西の空港は、週末黄砂+花粉漬け???

洗濯物・布団も外には干せない???

西日本では、外出もご遠慮???

うららかな春の日差し…こういった表現は、はるか昔の日本なのかしら。トリプルパンチの原因を一つ一つ解決していかなければ、これは悲惨な国になってしまいます。これは韓国だって同じことです。日・韓・中の英知を絞り、是非とも解決していただきたいものです。自国だけが繁栄すればいい時代ではありません。

四大公害病を経験している日本、企業の営利追求の姿が、どんなに悲惨な結果であったことかを身をもって知っている国です。これは強いリーダーシップをとり、トリプルパンチを撲滅して欲しいものですね。

海上自衛隊用C-130
海上自衛隊は東日本大震災での教訓などから、アメリカ海軍で余剰となっていたKC-130R輸送機6機を有償海外軍事援助(FMS)で購入。
4機のKC-130Rがアリゾナ州デビス・モンサン空軍基地から、ユタ州ヒル空軍基地へ移され再整備。1号機「Bu.No.160015」は2012年11月から作業が始まり2013年秋には完了する予定。
降着装置やカーゴドア支持部の交換、中央翼の防錆処理などを行い、デジタルGPSを含むコクピットのアップグレードのため、再整備に1機あたり10ヶ月から12ヶ月かかる見通し。また、オーバーホール済みのT56-A-16エンジンも30基用意。
秋以降「160015」を使用してデビス・モンサン空軍基地で6週間から8週間の乗員初期訓練と、フロリダ州タンパで10週間の乗員と整備員の教育。
トレーニングが終了すると、2014年3月に第1号機が厚木基地へ届けられる予定。

航空自衛隊のC-130はよく見てきました。海上自衛隊のC-130が待ち遠しいですね。目的がはっきりした使い方のようです。

○(ひょっとしたらと)楽しみにしていたものが
A9ae1397
サンダーバーズに続いて海軍のブルーエンジェルスのショーも怪しくなってきた?サンダーバーズは、アジアへの遠征が計画されてただけに残念です。一度見てみたかった!(映像だけではね。)

2013年3月 8日 (金)

おかしな天気

予報通り朝から雲の多い一日、それでも午後遅くなって雲が切れました。が、(黄砂の影響?気温が高い?)お日様が黄色かった!もっと西の地域では?やはり春の九州は…。

3日間の勤務が終わると4連休!各地のお天気が気になります。

○久しくお目にかかっていないエア・パシフィック
エア・パシフィックは、ナンディ/オークランド線で新機材のA330型機の運航を開始。2013年6月に"フィジー・エアウェイズ"への社名変更を予定、新機材は新しい社名で塗装。
 A330型機、香港線では3月でB747型機による運航を終了し、4月4日からA330型機で木、土曜日の週2便を運航。3機目のA330型機の導入を待って2014年1月には週3便に増便。
 また、ブリスベンに4月21日からA330型機を投入し、7月まで週5便を運航。シドニー線は6月からA330型機を週1便投入し、9月にはA330型機と既存のB737型機で週13便を週14便に増便。さらに、メルボルン線は12月にA330型機での運航を開始し、繁忙期の12月には週5便を週6便に。また、ニュージーランドのオークランド線では、4月から7月までA330で週5便を運航する。
 このほか、米国方面ではロサンゼルス線に7月1日、A330型機を導入。11月にはA330型機でのデイリー運航に切り替えるが、それまではB747型機を併用し、繁忙期には週8便まで増便。

成田のなの字も出てこない!見捨てられたかな?

毎日新聞もなかなかやるねえhttp://mainichi.jp/graph/2013/03/07/20130307org00m040002000c/081.html

80枚以上の写真、一般新聞でここまでやるのは初めてでは?B747でもなかったのでは?これだけの気持ちを込められると、MD-90も泣けてくるのでは?

○ワンワールド
ワンワールドは2014年にTAM航空がワンワールドに加盟すると発表。チリのラン航空とブラジルのTAM航空は経営統合し、ホールディング企業としてLATAMを結成。TAM航空はスターアライアンスを脱退し、パラグアイの子会社のTAM航空と合わせて2014年4月から6月の第2四半期にワンワールドに加盟。
また、LATAM傘下でラン航空子会社のラン・コロンビアもあわせてワンワールド入りが発表。こちらはTAM航空より早く2013年10月から12月の第4四半期にアフィリエイトとして加盟。
これにより、ワンワールドの南米ネットワークが厚くなるほか、加盟予定のカタール航空、スリランカ航空、さらにアメリカン航空と統合予定のUSエアウェイズのネットワークとあわせ、ワンワールドは160ヶ国950地点、加盟社の機材数は3,300機、1日13,000便、年間4億8000人の旅客を輸送するアライアンスとなる。

まだまだスターアライアンスやスカイチームには劣りますが、世界の大手航空会社がこの三つのアライアンスに集約されつつあります。

2013年3月 7日 (木)

鮪の赤身

今日は別の職場の最終勤務日。実に温かい雰囲気のいい職場でした。

昼休み、珍しく携帯電話が…。また例の魚屋さんです。「また売れ残りのバッタ売りか」と思いながらも、キハダマグロの赤身(私、鮪の脂はお好みではない!)とシシャモの味醂干しを買ってしまいました。

鮪は、使い古したさらし布を巻き、ラップで包んで(最低)一日は置きます。適度に水分が抜けて、ムチムチしたものになります。因みに冷凍鮪の解凍したものでも、同様に処理します。それでもムチムチして美味しくなります。お試しあれ。

シシャモの味醂干しは、ちょっとあぶるだけで大変に美味しかったです。

話は前後しますが、下見したシューズ、やはり先がちょっと窮屈なので止めました。かっこわるいですが、私の足には先が丸いものが合います。横幅はあった方が、楽です。

○ついに切れた!
カタール航空は、米航空機大手ボーイングの最新鋭中型旅客機787型機の運航停止に伴う補償を、同社に求める考えを示唆。カタール航空は現在、787型機を5機保有している。

どこの会社がやるかと思っていたら、何とカタール航空でした。中東の航空会社は、どこも強気ですね。これに倣って他の航空会社も同様な補償を求めていくかな?

○それでもなあ
世界経済フォーラムは、140か国・地域の旅行先としての実力を数値化した"観光競争力"ンキングを発表。
日本は前回2011年の東日本大震災直前に算出された順位より八つ上がって14位になった。"客様第一"の接客文化や発達した鉄道網などが高く評価された。
 1~5位はスイス、ドイツ、オーストリア、スペイン、英国の順で欧州勢が占め、6位は米国。アジア地域ではシンガポールの10位が一番上だった。

欧米から見れば「地の果ての国:日本」、少子高齢社会の中で「観光」は大切な資源です。第1位のスイスが良い例です。産業の中でも観光を軸に国を挙げて力を入れています。美しい自然を武器に、観光客に優しい国民性を売り物にしています。

日本人のもつきめ細やかな配慮・四季折々の美しい自然など、観光大国としての要素はたくさんあると思います。それでも海外からの旅行客は…。まあお上のCMの仕方の下手なことは有名ですが…。

○こんなにも凄いとは…
アメリカ輸出入銀行はインドネシアのライオン・エアがCFMインターナショナルのエンジンを搭載した737-900ER、11億米ドル分のファイナンスを承認。この機材はライオン・エアと、マレーシアのマリンド・エア、インドネシアのバティク・エア向けにデリバリー。
アメリカ輸出入銀行では、ワシントン州のレントン工場を中心に7,300名の職を生み出し、波及効果として全米の関連産業に及ぶ。
ライオン・エアは2011年11月に240機を発注し、史上最大の発注機数を記録

国土が東西に広く、多くの島々からなっているインドネシア。航空機の需要は高いと思いますが、それにしても…。この国、航空会社が生まれても消えていくのも早い?

 

 

2013年3月 6日 (水)

和菓子とシューズ

藪用のために和菓子屋さんに立ち寄りました。自分から和菓子を食べようとは思わない私ですが、ショーウィンドウの中に並べてある和菓子を見ていても飽きることはありませんでした。

季節を先取りしたかのような「」関係の和菓子が多いことにも驚きました。それも見事な色です。そう言えば昨日も「色」について書きましたが、和菓子の季節を表現する色も素晴らしいですね。

いろいろな和菓子を眺めながら、私も桜の薄い色に心惹かれ、買ってきました。受取手、私のこういった気持ちが分かるのかしら?

和菓子の後は、散歩用のシューズを下見してきました。まあこの歳ですから、カラフルなものはご遠慮して黒・茶を中心に見て回りました。値段もピンからキリまでありますが、散歩用ですから、やはり靴底が気になります。「エアー」と表記してある靴は、何となくクッションが良く、疲れないような…。また、「防水」と表記してあるものにも気が行ってしまいました。靴一つ選ぶのにも、考えるようになってしまいました。

○一つの生き方
今日もキャセイパシフィック航空ですが、
夏期スケジュールから、香港以遠のトロント、ロサンゼルス、バンコク線を増便し、接続性と利便性の向上をめざす。
 4月2日からはムンバイ線を週3便を直行便とする。ムンバイを夜に出発して香港に翌朝到着する便を設定することで、香港以遠の長距離線にスムーズな接続が可能になる。

24時間空港のメリットを生かした利用者獲得の努力、日本の企業に不足しているもの。私もヴェトナム旅行は、キャセイを利用しました。乗り継ぎが本当に便利です。

○いい映像ですよ
これも昨日少し出た日本カーゴですが、
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=u6-UlSEcKko

個人的には、赤組・青組のB747-8を見たいですねえ。LHではあるらしいが、成田には飛来しないので…。

スカイマークは、
A380が待ち遠しいスカイマーク、国内ではB737-800ばかり…。が!
スカイマークは日本の航空会社で初めてとなるA330-300に上級クラスを導入する計画。羽田/福岡線のほか、新千歳、那覇線に導入。
A330-300を6機、リースで導入すると発表しており、すでに保有する737-800、導入を予定しているA380と3機種体制。

これを目的に福岡へ?!

2013年3月 5日 (火)

先日も二日続けて暖かい日がありました。今日も風はあるものの、春本番のようなお天気でした。予報では、水曜日頃までこの暖かさが続くと言います。

朝の散歩の時も、途中からウールハット・手袋が要らなくなりました。午後は借りていた「源氏物語」第1巻~第4巻を返却、残りの第5巻から第8巻を借りてきました。帰り道は暑くて暑くて上着を脱ぎ、抱えて帰ってきました。

源氏物語」を読んで気付いたことですが、平安貴族の「」に対する配慮は繊細そのものだと言うことです。現代のような染色技術が発達している訳でなし、天然のものをいかに使うかに気を配ったと推察されます。

私自身、余り原色を好まずパステルカラーに気が行くのですが、平安貴族の好んだ色も非常にデリケートな色を好んだのでは?「源氏物語」に出てくる様々な色を思い浮かべると、ついついそういったことにも気が行ってしまいます。

貨物需要、この先は?
キャセイパシフィック航空は、延び延びとなっていたB747-8Fを3機購入(そうなれば、キャセイの所有するB747-8Fは、13機!)すると言う。香港を中心に世界の空をキャセイ・カーゴは飛んでいます。その数2機!恐らくB744Fを全てB747-8Fに置き換えることでしょう。燃費もB747-8Fの方が良いと聞いています。

また中国国際航空は、B747-8Fを2機そしてB777Fを8機購入すると言います。日本カーゴのB747-8Fも2機が活躍しています。

日頃の生活からはなかなか実感できませんが、先を読むプロは「航空貨物需要」を見込んでいます。凄い読みだと感心します。

○えーっ!
アメリカ空軍は、イベント主催・参加をすべてキャンセルするというショッキングな発表。この中にはサンダーバーズも含まれており、4月からの2013シーズンはすべてキャンセルするとのこと。
これは"財政の崖"問題が現実化し、3月1日から国防費の大幅な強制削減がスタートしたため。空軍は18%、約20万3,000時間も飛行時間を削減する。これが長引くと即応能力が損なわれると懸念。

確か今年は日本へも飛来し、エアーショウにも参加すると聞いていましたが、寝耳に水ですね。国防費の削減で真っ先に切られてことがショックですね。

2013年3月 4日 (月)

散歩の途中で

まるで印鑑のように毎日同じ生活のリズムですが、散歩のコースはいつものごとく「足の向くまま気の向くまま」ですから面白いです。
Img_0047a(通院しているお医者さんの前の公園)
Img_0045(石製の千手観音菩薩像)
歩くコースは違いますから、毎日新しい発見があります。3週に一度通っているお医者さんの前の公園で、満開の紅梅を見付けました。梅のほのかな香りにうっとり…。また、立派な祠を見付けると、中には珍しい石製の千手観音菩薩像がありました。市内では珍しい彫りと記念写真を!

読み始めている「源氏物語」も第4巻に入りました。平安時代には、いろいろな物語が生まれました。ネットでも読むことができますが、(そこは昔人間)やはり紙媒体で読みたいと思っています。

「源氏物語」の雅の世界も良いですが、読んでいくと人生観・宗教観などが滲み出てくる箇所があり、思わず考え込んでしまいます。時代を追って読んでいく今の方法、これで「方丈記」「徒然草」などを読み直したら…。

今まで挑戦したくとも時間がとれずできなかった「時代を追った読書」ができ、いくらかは充実した時間を過ごせるようになりました。読書に疲れた身体の時は、音楽を聴くことができます。

A350XWBの映像
http://www.youtube.com/watch?v=ofsUDBn4yXM&feature=player_embedded
B787がつまずいている時だけに、世界の航空会社が待ち望んでいるA350XWBの誕生。2号機の組み立て映像です。

エアバスは、リチウムイオン電池を予定していましたが、急遽従来の電池に変更したそうです。(最もリチウムイオン電池の搭載に含みがあるそうです。)

A350XWBは、B787ほどの先進性はもっていないようです。それでもB787よりは胴体がちょっと太く(A300・A320・A380)に次ぐ、第4番目の胴体となる訳ですね。航続距離もちょっと長く…。

A330・A340を運行している航空会社は、軒並みA350XWBに流れていくと予想されます。赤組が導入すると面白いと思いますが…。

○Bae146かと思いました。
549920_514230615289939_21334177_n
この国は、お金の使い方を知らない国ですね。
An-148-100Bが平壌順安国際空港に到着したと発表。"P-671"で登録された製造番号「03-08」の機体。また、これに加え、「P-672」で登録する同型機を2013年末までに導入する。








2013年3月 3日 (日)

干支の彫り物

昨日の冷たい北風と違って、早朝の冷たさは残っているものの穏やかな日です。久し振りに毛布をお日様に当てています。

幼い頃より、寝具をお日様に当てると、その夜の就寝が楽しみでした。何かお暇さの匂いと勝手に感じ、心地よい睡眠となるから不思議なものです。お日様の力は偉大なり!

先日美しい白梅を見ましたが、なかなか思うような紅梅には当たりません。
P1000048
何ともむさ苦しい紅梅だと…。そう思って歩いていると、懐かしい神社にたどり着きました。ふと思い出したことが…。
P1000049
随分埃が積もっていますが、十二支の彫り物の一つです。もちろん私の干支:うさぎを載せます。右側のうさぎの躍動感がいいです。

おふくろさんは、実にいい干支の年に私を生んでくれたものと感謝しています。そのおふくろさんにすがって宝くじを供えて(?)いますが、なかなか御利益がありません。

○やはり赤組も
日本航空は、B787について、3月31日から5月31日までの運航見直しと、それに伴う国際線、国内線の減便や機材変更計画を発表。同期間の減便は国際線200便、国内線472便で、合計672便
 国際線は成田/ボストン線を当初計画の7便から3便減らし4便で運航、3月1日からデイリー化を予定していた成田/サンディエゴ線についても3便で運航。また、成田/ホノルル線は4月から5月の期間、一部の日程を除き1日3便から2便に減便。
 さらに、成田/ボストン、サンディエゴ、モスクワ、シンガポール線、羽田/シンガポール、北京、上海(虹橋)線で機材変更を実施。この他の便も、当初予定機材から一部変更になる可能性がある。
 国内線では、羽田/札幌線を1日18便から16便に減便。羽田/那覇線は1日14便から12便または13便に減便。



2013年3月 2日 (土)

ながら族

インターネット・ラジオって面白いですね。海外の国のラジオには、各ジャンルそれも専門のラジオ放送が24時間流れています。"J.S.Bach","W.A.Mozart"など、聴きながらネット・サーフィンと言うのもおつなものです。

サイト・アップするにもスキャニングの時に聴くと、作業の遅いのもさほど苦にはなりません。それにほとんどCMのないのもいいです。最もCMも短く、英語ですから…。それと較べると、以前聴いていた"OTTAVA"は、すぐにCMが入り興ざめです。

ながら族といたしましては、インターネット・ラジオは最高です。ただ残念なことは、演奏家のアナウンスがないことです。

先程(珍しく)現像が早く仕上がり、8コマ(内2コマは成田の残り)をサイト・アップしました。光が弱かったのですが、無理して撮ってしまいました。
Img1257
(こんな場所から撮りたくないのですが、撮影ポイントが他にないものですから。)

○田舎者には縁がありませんが
ピーチは就航1周年を記念して2013年3月1日、片道1,000円で販売しましたが1万席の販売は終了予定時間を前に完了。ピーチはウェブサイトで、第2弾のセールを3月3日午前0時からスタートすると予告

LCCの中でもピーチは、運行には定評(平均搭乗率は76%、定時出発率は83%、就航率は99%)があります?それにしても1万席がすぐに完売とは、「潜在的利用者がたくさんいる」と言うことですね。LCCのメリット・デメリットを熟知すれば、利用者はもっと増えると思います。

ピーチ、現在7機を保有しているそうです。夏までに10機体制を確立するそうです。私、まだ1機しか撮っていません。情けないです。S/Cを出してくれないかな?

○エアバスの知恵
http://videos.airbus.com/video/e18d358cd9as.html
前にも書きましたが、ウィング・チップではたいした効果がない?ボーイングの巨大なウィングレットに影響を受けたのかしら?

シャークレット…見慣れたA320が随分新鮮に見えるから不思議なものですね。

○アエロフロート
ここでも日本とばし?
アエロフロートは777-300ERを11機発注しており、近くさらに2機を受領する予定。この機材はバンコク線に投入、3月にはプーケット線、4月にはニューヨーク・JFK線、香港線、ペトロハブロフスクカムチャツキー(エリゾヴォ空港)、5月に仁川線にも777-300ERを就航させる予定

2013年3月 1日 (金)

意志薄弱

休日だけでなく、私、実に天気予報をよく見ます。今日は、午後から雨の予報でした。それも夕刻には結構な雨量が予想されています。では、車で通勤!誠に意志薄弱の塊です。それでも帰宅時間、予報通り結構な雨に自らを慰めておりました。

今日から3月ということもあり、初日に大仕事。何とか一日を乗り切り、お役ご免?残る大仕事は、7日(木曜)を残すのみ!後は悠々自適な生活?報告書もチェックを受けていますが、まあ訂正も少しでしょう?やれやれ

実に興味ある製品
日本マイクロソフトは、タブレット端末「サーフェスRT」を3月15日に発売する、と発表。自社のタブレットを発売するのは初めてで、本体価格は4万9800円(記憶容量32ギガバイト)から。
 自社のタブレット向けOS「ウィンドウズRT」を採用。別売りのキーボード機能を備えた薄さ3ミリのカバーを取り付ければ、ノートPCのように操作できる。
 画面サイズは10・6インチで、重さは約675グラム。記憶容量が32ギガと64ギガの2種類。

スマートフォンほど携帯性に優れたものではありませんが、私は(歳のこともあり)画面の大きさを優先して考えております。カタログをじっくり見て、検討したいと思います。

○安いのは大歓迎だが…
関空の救いの神、LCC!しかし、24時間空港が笑えてきます。何かって?空港アクセスがまるでなっていない!これは中部とて同じ。早朝便に間に合うようにと、空港で夜を過ごす人が昨年より約5倍も増えたそうな。

鉄道なりバスなりのアクセスがしっかりとしておれば、空港で一夜を明かすこともありません。到着遅れもLCCならでは?航空運賃を節約しても、高いタクシーにのれば…。

そんな中、エアアジア・ジャパンは
エアアジア・ジャパンは2013年3月4日から3月30日までの期間、目的地に朝8時台に到着する国内線の早朝便を対象に、期間限定キャンペーン"エアアジアで朝飛(あさとび)!"を開催。キャンペーンは朝6時台に成田を出発する国内線早朝便の成田発新千歳着のJW8521便、成田発福岡着のJW8541便が対象。
期間中、JW8521便、JW8541便の旅客は、北側国内線施設1階バスラウンジ内の"AirAsia CAFÉ"で、コーヒーを無料で提供。

珈琲のお代わり自由といった餌に食いつくのは?考えられない発想ですね。

今日の映像
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&list=PLWKaOfR42v8dKOp2m66YN5yBGHYNDvBf0&v=cHjZnzhf-KE
ブルーエンジェルスのような訳にはいきませんが…

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »