2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今日のお天気は?

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

活字の電子化

内容的には昨日の続編のようなものですが、

NH、全パイロット(約2500人)に"iPad"を配付する」と言うニュースが入ってきました。
「重たい・かさばる・印刷費用など」を考えれば、「活字ものの電子化」は初期投資を回収できるメリットがあります。一度電子化しておけば、加除修正が非常に楽です。また利用するものにとって欲しい情報を素早く得ることができます。

NHでは、「運航マニュアルを電子化してiPadで閲覧できるようにし、印刷費用などの削減を目指す。iPadでは天候や旅客、貨物の搭載状況など運航に必要な情報も提供する。」ことを目指しているそうです。

パーソナル・コンピューターの普及とともにインターネットの世界も広くなりました。私のようなものでさえ毎日の生活でインターネットは不可欠なものです。ニュース・気象情報・様々な検索など、インターネットの利用は便利です。

携帯電話から多機能携帯電話へ確実に時代は移っています。(最も私のようなものは?)飽和状態の携帯電話市場からさらに市場を開拓するためには、新製品が必要です。実に商売がうまいと思います。

そんな世界で「iPhoneの特許技術を犯した」と韓国サムスン。これは世界各国でアップルに訴えられ、どうやらサムスンの敗訴が濃厚?アメリカ・韓国での第1審判決は出ました。さて東京では?

そうなると腹いせなのか「アンドロイドからウィンドウズフォン8」へ一部乗り換え?韓国で一番大きな企業の姿勢としては、少々疑問を感じます。"SONY""SHARP"の市場を駆逐していったあの動きは凄かった。

話を戻して「活字の電子化」についてです。ただ単にコストダウンを図るために行うのは、(場合によっては)大変に危険なことです。大変に恥ずかしい話ですが、キーボードを叩き変換する機能…素晴らしいものが作られたものです…立派な日本語の文章ができます。が、漢字を忘れたり筆順に不安を感じたりします

さらにこれ(活字の電子化)が義務教育の教科書にまで広がったら?

2012年8月30日 (木)

アイデアで勝負

今"NIKON"が面白い!なかなかやります。

http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/style/s800c/index.htm
http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/style/s01/index.htm
スマートフォンの勢いの前に分が悪いコンパクト・デジタル・カメラ
そこにアイデアで勝負を挑んだ"NIKON"、「ディジタル・カメラの機能にスマートフォンの機能を組み込んだデジタル・カメラ」「トランプ・カードよりも小さいデジタル・カメラ」を発売!

イメージセンサーのダストに悩む私、今一度コンパクト・デジタル・カメラを考えてみたいと思います。現在使用している"PANASONIC"も素晴らしいカメラだと思いますが、次第に古さを感じるようになりました。今回のような面白い製品が出てきたら、買い換えも検討しなければ…。

タブレット…私の職場にもじわじわ広がっていくことが予測されるもの。どんどん品質が改良されるとともにソフトも増えていくと思います。頭の固い私にはついていけない?
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120830-OYT1T00432.htm?from=main8

かつての"SONY"もそうですが、こういったアイデアで勝負する商品は興味があります。いかにも日本人の発想だと思います。これが当たれば、すぐにまねをするのが韓国人・中国人です。

日本の産業の主力である自動車産業ですら、「空洞化」と言われて久しい状況です。かの"LEXUS"ですら、カナダについでタイでも生産する時代です。日本人らしい高品質の代名詞"LEXUS"、おまえもか…。

○これはお騒がせなこと
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120830-OYT1T00388.htm?from=main7
だいたい管制官の呼び出しに答えないパイロットもパイロット。自機の両側に戦闘機が並んだら…。全く考えられない!

2012年8月29日 (水)

国民の生活は?

あれよあれよ」という間にどんどん値上げ!
電光掲示板の数字を見て、一瞬視力低下?

何と言うか、やはり「シリア情勢への不安」が「石油製品の値上げ」を引き起こしています。レギラー・ガソリン、来週は150円台にのると予測されています。そして今回の状況についても政治は何一つしない。

やっていることは「党利党略」のみ。「国民の生活が第一」と言った空しいスローガンの前でのインタビューは止めて欲しい。

振り返ってみれば戦後長い間政権を一党が担ってきました。その弊害があちらこちらに出てきて、多くの国民が政治の変化を望みました。そしてやっと3年前それが実現するような出来事が起こりました。

民主党政権の誕生でした。

しかし、この3年間、鳩山・菅・野田首相の余りにもお粗末なやり方。結局は、国民の方を向くのではなく官僚の方ばかり向いていました。そのいい例が「消費税増税」「原子力発電所再開」だと思います。残念ながらもうこの政党には国を任せることはできません。

今一度書きますが、「党利党略」に走ることがどんなに国民の批判を浴びるのか、思い知って欲しい。それでもマスコミがはやし立てている(某市長が中心となった)「めだちたがりーな」に任せれば、3年前に戻っていくと思います。

マスコミの一方的な情報提供に惑わされることなく、自分の考えをしっかりともって、一票を投じたいものです。

○首都圏の人達にはこれは凄い競争ですね。
http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=54641
国内線もそうですが、羽田の発着枠の争奪戦はもの凄いものがあります。高くとも近い方を利用者が選ぶ心理を心得ています。

ピーチ・アヴィエーション、頑張る。
約5ヶ月で50万人の人を運ぶ。平均搭乗率は約75%だそうです。してやったりの数字だと思います。今後は、ジェットスタージャパン・エアーアジアジャパンそしてスカイマークとの激烈な競争があり、このような搭乗率を残せるか?

○フィリピン航空
A330,A321を併せて50機以上購入するという。経営が思わしくないと思っていますが、やりますねえ。この国もセブパシフィックを始めLCCの台頭が著しいだけに機材購入を図り、顧客獲得に乗り出す?

2012年8月28日 (火)

約1年ぶり

成田空港、RW34Lのエンドの工事が終わりました。暑い夏、いつ行こうかと…。天気予報を見ながら、やっと実現することができました。

この時期、成田空港はRW16がほとんどです。「転がり」専門の私としては、午前中は暇なものです。ターミナル・デッキも考えましたが、「それ程こだわるものはない」と勝手に思いこんでいます。

金曜から日付が変わる頃出発。いきなり豊田JC付近で交通事故による渋滞。前回(静岡遠征)とほぼ同じ場所。強引な合流に問題がある?

そして初めて走る「新東名高速道路」です。三ヶ日JCから始まりますが、トンネル2車線ですが、将来を見越して3車線分とってあります。トンネル内の圧迫感がありません。そしてカーブの部分には、LED照明!それに電光掲示板が、(初期の頃の)電卓のディスプレイの色(青緑)です。これもとっても新鮮みがあります。

何となくSAやPAの数が少ないように思えました。これも驚いたことですが、トイレの個室の空き情報が入り口にあります!海外の人が見たらびっくりすると思います。「一体日本人は何を考えているのだろう」と。

「新東名高速道路」は、アップダウンが緩やかで実に走りやすい。(その分)トンネルや橋桁が多いです。

やはり予想通り終日RW16の風です。久し振りに東京の御大にお会いすることができました。相変わらず爽やかな口調についつい甘えてしまいます。何も情報を入手することもなく時間が過ぎていきますが、御大の情報に頷くばかり。

Sdsc_8306またしても青!

最終日の午前中は、酒々井町の道祖神撮影にあてました。ネットで調べたのですが、酒々井町にはぽっこりと双体道祖神が存在しています。ここの特徴は、丸彫りです。全部で7カ所廻ってきました。特に最後のポイントが分からず、農家に飛び込み教えていただきました。「分かりにくい場所だから、付いてきてください。」とフォローミーカー(自転車)の先導で撮影することができました。感謝。

お聞きすると、この付近の農家は約300年以上続いている家がほとんどだそうです。ただどうして酒々井町だけに双体道祖神が存在するのかは???

全走行距離915.7km
平均燃費15.5km/l
往路6時間15分(休憩を含む)帰路5時間ぴったし!(午前0時07分帰着)

疲れましたが、楽しかったです。

余談:最終日、撮影後富里町の銭湯に行き、疲れをとり夕食を。これでいつも程の疲れを覚えず!このパターンを今後も?


2012年8月24日 (金)

処暑

先月から今月にかけて行われたロンドン・オリンピック、世界中から集まったアストリートの祭典、面白かった。(あれから国旗を手拭い扱いした場面は放映されていません。さすがメディアもやばいと感じたのでしょう。自衛官ですよ!金メダルの価値があれで地に落ちた。)

一部重複しますが、夏の甲子園、これも面白かった。大阪桐蔭:藤浪投手、春以上のできばえ、さすが「浪速のダル」の異名をとるだけのこともある。(中学校のいじめばかりか、出場校の名を汚す不祥事続き、高校野球の負の部分でしょうか。)

そして大人まで…。昨日外務省の警備員は(もちろん上司の指示でしょうが)、大韓民国外交官を門前払いをしました。これも日本の恥です。(親書を返す非礼はありますが)国辱に耐え、外務省建物の中に外交官を入れ、受け取れない旨を伝えるべきだったと思います。これでは子どものけんか以下の行動です。

そして今日は、処暑だそうです。確かに真夏日が続きますが、湿度が下がってきて、朝夕は気持ちが良くなりました。

昨日こんなニュースが流れました。
http://www.asahi.com/business/update/0822/TKY201208220522.html
スマートフォンの性能に脅かされるコンデジの世界。それに対するNIKONの回答の一つなんでしょう。これに驚いていたら、今日は
http://www.asahi.com/business/update/0822/TKY201208220449.html
記事を読むと「40倍」も発売予定。価格も驚くほど安い?運動会向けなんでしょうか?レンズ交換できないからダストが入らない?
コンデジのこういったものに興味・関心があります。それ程に私はダストに悩まされています。来週にはクリーニングに出そうと思います。

○航空ミニ・ニュース
カンタス航空:B787併せて35機の発注をキャンセル!カンタス航空の営業も苦しいそうです。長距離運行の多いカンタス航空、B787は魅力的な飛行機ですが、経営のぐらつきを立て直すためには仕方がない。おかげでボーイングの株は暴落。

2012年8月23日 (木)

いかがなものか

航空会社にとって「発着枠」は、まさに命です。特に羽田空港のような超過密空港においては、「発着枠」の新たな割当はのどから手がでるほど欲しいもの?

これを含めて全日空のロビー活動は、一段と激しくなってきているようです。巷で言われるように「青組=自民党」「赤組=民主党」と言う構図になるそうです。

今日の新聞には、このような記事がありました。ご一読ください。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120823-OYT1T00208.htm?from=top

青組と赤組の単純な比較は危険です。スカイマークを除けば、スカイネットアジア・エアドゥー・スターフライヤーは、実質全日空の子会社同然です。これらを併せれば、羽田空港発着の50%を超す数字となります。

今回増便する(年2万回の離発着枠の分配は、やはり各航空会社に均等に配分するか、地方路線限定を優先するかなどの措置が必要であろう。利用者の利益になると言うことは、競争原理が元となります。現状でも50%を超している青組連合に多くの配分がなされれば、ますます競争原理が崩れていくものであり、好ましくないと思います。

青組の指摘において理解できることもあります。赤組の急激な回復は、不採算路線の切り捨てが一因であり、青組はそういった路線においても努力し、維持をしている事実です。これだけの努力をしている企業にしては、余りにお粗末なロビー活動だと思います。こういった姿勢は、いかがなものか?

○秋になると「燃油サーチャージ」の値下げ
○秋になると「ガス代」の値下げ
と喜んでいたら、ガソリン代がどんどん高騰していく!なんともちぐはぐな動きです。「システムの違い」と言ってしまえばそれまで…。

2012年8月22日 (水)

ニュースとサイト

ミニ・航空ニュース
<赤組のプレス・リリースを見ていたら、「冬スケから中部~上海(浦東)便:B767ER」とありました。>因みに青組は、運休ですね。さてこの作戦、「吉と出るか凶と出るか」、面白いと思いませんか?

個人的には、ヘルシンキ(B787)と言わず、(成田~)ローマ・アムステルダム線の復活を願っています。

サイト更新
なかなか飛行機関係は、更新ができません。FUJI(現像が中3日に伸びました。田舎だから?)のせいではありません。怠慢です。

一時のホーム・ページ開局ブームから、随分下火になったと思います。個人的には、豊田の御大の復活を待っています。諸事情があっての閉鎖と思いますが、BBSを含め大変に面白いサイトで(す)した。

(私のサイトの)LINKSページにおいても閉鎖・休眠状態のサイトがいくつもあります。大学生の頃開局し、社会人になったらそれ(更新)どころではない?

今元気なのは、やはりここです。http://bessatsu.itazuke.jp/
福岡空港に飛来する珍しいもの・初物は、ほとんど押さえられています。その気力を見習いたいと思います。

ディジタル一眼レフの時代です。サイト・アップは楽なはずです。一つでも多くのサイト開局を願って止みません。

2012年8月21日 (火)

定速走行

8月も終わりに近付きました。久し振りに信州詣をしてきました。今回の訪問は、原村・茅野市(過去にも行っているのですが、中途半端なものでしたから)です。

往路は早朝と言うこともあり、実に快適な走行を楽しめました。が?外気温を見ると、何と20度!でした。不安でしたが、天気予報を信じて走りました。

今回の訪問では、捜索できなかったものは1体だけ!上出来の訪問でした。そして実にスムーズに(ちょっと強がり?)廻ることができました。

時間に余裕があったので、初めて諏訪SA温泉に寄りました。

入浴料575円也。安いと思ったが、やはり浴槽は狭い!

それでも久し振りの温泉、期待は大!しかし私には高温過ぎて、汗がだらだら出てきました。湯上がりに冷房の効いた部屋でリンゴ・ジュースを…。身体に染み込んでいきました。

足湯をすると随分疲れがとれるように、温泉に入ったら下半身が軽くあったような気がしました。お陰で復路のドライブは楽でした。

やっと題名に辿り着くことができます。往路は時速90kmの定速走行でスイスイ!復路は時速95kmの定速走行でスイスイ!名神高速道路のような訳にはいきませんが、それでも全走行平均燃費14.3kmは上出来です。(勿論この数字には、30カ所以上のエンジンストップが入っています。)

イブニング・ニュースを見ていたら、今日は新型新幹線車両"N700A"の登場です。

日本のような狭く、平地の少ない国土で新幹線の最大速度は、どんどん上がってきました。緩やかなカーブでもそれほどスピードを落とさず走っています。

今日発表された新型車両で驚いたのは、運転席に定速走行ボタンが新設されたことです。これで飛行機・車についで新幹線も定速走行(飛行)ができるようになりました。省電力の切り札かもしれません。

2012年8月20日 (月)

役人根性

全面的に賛成ではありませんが、
国土交通省は「羽田~新千歳、羽田~福岡など高需要路線の着陸料割引を止め、その他の地方空港路線の着陸料を引き下げ、航空会社の地方路線への一助とする。」と言う方針で、検討を始めるそうです。

羽田空港は、それ自体が立派な町と聞いております。そこを利用する人から料金を徴収するのは、国際的に言っても問題はないと思います。航空ターミナルや駐車場の完全民営化、国土交通省が管理するのは、「下と管理施設のみ」までもっていく必要があると思います。

自動車が動くための燃料、税の二重搾取、一体いつまでこのような理不尽な制度が続くのでしょう。航空燃料とて同様です。権益にしがみつく役人根性ですね。

☆何ヶ月ぶりでしょう。久し振りに吉野家へ行きました。380円牛丼、美味しいですねえ。なにやら塩豚?もありましたが、やはり定番メニューを。牛肉摂取を控えるように言われていますが、誘われると…。これで夕食のメニューは、低カロリー・低コレストロール食品となります。

減塩に取り組み3ヶ月が経ちました。同時に低コレストロールにも取り組んでおります。減塩味噌・減塩醤油…長年の味覚とは随分違います。はっきり言って「美味しくありません」けど、己の身体のためには仕方がありません。

あわせて血圧を下げる薬も当初と比べると4分の1の量となりました。来月に実施する予定の血液検査が楽しみ?です。

この間様々な病気に対する食事の注意事項を調べ、食事の参考にしてきました。そこで思ったことは、「一長一短」という当たり前のことです。「大豆が体に良い」と言って大豆食品を中心にすると…。要はバランスの良い食事が一番と言うことです。

そして「いかに減塩に取り組むか」が、成人病にならない(かかりにくい)対処法かが分かりました。

2012年8月19日 (日)

踏んだり蹴ったり

不運が続く日もあります。私にとって今日は最悪の一日でした。

・ 青組のオリンピック(何か「坂の上の雲」を思い出しました。但し、人選には?)です。目の前では曇り!上がりの時は…
Sdsc_7954
逃した魚は大きい

・ 「航平君」…「これは絶対に撮りたい!」と思っていました。が、昨日(18日)剥がされたようです。昨日フライトレーダーにJA772Jが出てこなかった訳だ!

いっぺんで赤組が嫌いになりました。(これだけ自分の都合しか考えない輩もいない?!)

・ 彦根ICで車2台の衝突事故…約9kmの渋滞、なかなか動かずここだけで1時間以上のタイムロス!結局いつもの約2倍の時間を費やしました。疲れたよ!下り坂、スピードの出し過ぎ?

・ フィルムを出そうとキタムラに行ったら、何と休み!
おいおい年中無休ではなかったのか!疲れているのにわざわざ廻ったのに…。ぶつぶつ。

・ ディジタルカメラ…ますますゴミ(ほこり)がひどくなってきました。これはクリーニングに出すしかない?それにしてもレンズ交換でここまでゴミ(ほこり)がつくならば、一眼レフの意味がないのでは?

皆さんは、一体どうしてゴミ(ほこり)対策をしていますか?是非お教えくださいね。

2012年8月18日 (土)

財務の健全性

少々難しい話ですが、「全日空、有利子負債を1兆円に圧縮」を目指すそうです。さすが大企業です負債額の桁が違いますね。

日本航空の稲盛会長を驚かせた7月の増資計画。何と事業会社としては今年最大の1736億円を調達したそうです。注目したい個人投資の割合は示されていません。が、予定通りの金額を集めたことは、企業の力を見せつけられました。

この資金は、B787を始めとする低燃費機の購入であることは間違いありません。さらに負債を減らし健全な業績にもっていきたい狙いがある?(これは前年度末の負債1兆1190億円だったことからも裏付けられる?)

負債が自己資本の何倍になるのか?約1.3倍(因みに赤組は約1.0倍)になるそうです。日本航空は、2010年1月に会社更生法の適用申請後、短期で経営を立て直し、負債と自己資本がほぼ同額ですから、全日空のやろうとしていることは理解できます。

二本のLCCが、まず近場の国際線を開拓しています。ある程度の潜在的な顧客の開拓には成功すると思いますが、肝心の日本経済の元気のなさが気になります。

さらに成立した消費税率アップが、今後どのような働きを日本経済に与えるのか、注目していきたいものです。

蛇足ながら、日本航空の急速な経営改善は、国内の不採算路線の切り捨ても一因であったことも忘れてはならないと思います。確かに経営の立て直しには効果的な方法(利潤追求第一主義)だと思いますが、これからは公平な競争のためには幹線だけに力を注ぐやり方は、批判を浴びると思います。例えば、HACへの全面的な支援も要ると思います。また、(国際線で言えば)成田・羽田空港以外では、ヨーロッパ便が一便もないことも付け加えておきましょう。

2012年8月17日 (金)

軽自動車

石仏撮影に出かけるといつも思うこと。車が大きい。農道や林道を走ることが多く、トレッドが広すぎる。また狭い道が多く、切り返しやUターンに困ります。私の尊敬する(道祖神研究家)小出氏も軽自動車で石仏散策をしておられます。

現地では、軽自動車をよく見かけます。特に「軽トラック=サンバー」と言っても過言ではないほど、SUBARU:AWD(4WD)への信頼度は高いものがあります。

そのSUBARUもいつのまにやらTOYOTA傘下の下、自社での軽自動車の生産を止めてしまった。雪国・山国の人達、DAIHATSUの軽自動車に信頼を寄せるものかしら?長野県では、100世帯中96軒が軽自動車を所有していると言います。

軽自動車とは、
全長 3,480mm(3.48m)以下
全幅 1,480mm(1.48m)以下
全高 2,000mm(2.00m)以下
排気量660cc以下を指すそうです。

大昔は、排気量360ccであった記憶があります。

さてその軽自動車「全国軽自動車協会連合会が17日発表した今年3月末時点の軽自動車の国内普及台数は、100世帯当たり51.0台と前年より0.7台増えた。前年初めて「2世帯に1台」超えを果たしたが、今年はエコカー補助金や燃費性能の高さを追い風に普及をさらに加速させた。」と言う。

日本国内独特の軽自動車ですが、狭い日本の国内事情に適した車と言えると思います。海外の自動車メーカーからすれば、鎖国状態と言えるかもしれません。しかし、これは物事を一面しか見ていない考えだと思います。

サイトで軽自動車を見ていると、なかなかユニークなものがあります。なかでもDAIHATSUのコッペン、SUZUKIのジムニーなどは、素晴らしい軽自動車だと思います。但し、軽自動車にしては価格が異常に高い!

2012年8月16日 (木)

夢?

アメリカという国は、時々アット驚かすことをしますね。http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012081600492

20100603x51waveriderX51A

この速さならばニューヨーク~ロンドンは、たったの1時間です。因みにパリ~東京では、2時間半と言う速さとなるそうです。

残念ながら今回の実験は失敗に終わったそうです。同型機を4機作ったと言うことですから、今回の失敗原因を解明し、改良し、4回目は成功するかもしれません。

マッハ6…これはコンコルドの3倍の速さです。夢のような速さ!

それにしてもこれの開発には、気の遠くなる予算が付いていると思います。軍事的に有利になると思うと、ドルの浪費にはストップがかからないようです。

本当にアメリカという国は、不可思議な国ですね。そう思いませんか?

BLOGで毎日ぼやいていると、何か週末から来週にかけてお天気が回復しそうな気配?フライトレーダーを使って、狙いの動向を探らねば…。

昨日伊丹発の(赤組の)飛行機が遅れた理由(通路にカッターナイフが落ちていた!この影響で18便が欠航!…お盆の帰省客の方も多かろうと思います。)が新聞に載っていました。誰のいたずらか分かりませんが、いや本当に乗客のいたずらとしたら、X線検査をすり抜けたことになります。これまた大きな事件となります。

そうなると搭乗時のセキュリティーがますます厳しくなり、時間がかかるようになります。結局定時出発・到着が難しくなり、多くの人が迷惑するだけです。

制限区域内への侵入同様、警備の厳しさが増すだけ。多くの人に迷惑をかけるだけ!

2012年8月15日 (水)

この頃

☆運のなさ
お盆休みの前半が終了、道路は混むから遠出を自粛。本音は混んでいても出かけたいのですが、余りのお天気の悪さに…。

毎日蒸し暑いですが、オリンピックに溺れることなく、ひたすら読書三昧の毎日です。今まで購入した本、随分処分しました。仕事関係の本は不要?お空関係の本もほとんど処分しました。

買うには買ったが、やはり時間に追われた読書の連続でした。いやむしろ私の読書スタイルは、そういったものでした。ところが4月からかなり時間に余裕が生まれたため、じっくりと読書をすることができます。

またこれも結構集めた(購入した)楽譜、これもCDを聴きながら見ています。CDは便利です。止めたり戻したりできます。自分が好きな箇所の演奏と音符を確認することができます。時間に余裕があるからできることです。

さてさて休みの後半、週間天気予報を見ると…。私は一体いつになったら「航平君」を撮影できるのでしょう。今一番撮りたい(撮らねばならぬ)S/Cです。9月上旬まで?となると…。焦ります。フライトレーダーで運行パターンを探っていますが、分かりません。(どなたかお助けを!)

☆お盆の送り火
日本人の信仰心に疑問符がつきますが、やはり「お盆」の帰省を考えると大切な先祖供養の儀式ですね。もう両親を亡くしている私は、これがあるから区切りをつけることができます。本家ほど丁寧なことはできませんが、そこは心ですね。

☆残暑厳しい今日この頃ですが、もう秋の楽しみが…「正倉院展http://www.yomiuri.co.jp/shosoin/2012/news/20120814-OYT8T00588.htm?from=yoltop
(特別展を含めれば)40回以上毎年「正倉院展」に出かけています。昨年は初日に行きました。今年も?

これだけ回数を重ねると二度あるいは三度見ることになるものもありますが、やはり年1度の開催、行きたくなります。余程のことがない限り行くでしょう。

NHKでは正倉院展の中日の日曜日に「日曜美術館」で、ゲストを招いて今年の出品物の解説を行います。いささかマンネリズムの傾向がありますが、それでもカメラを通して(なかなか詳細に見ることができない細部を)見ることができます。

正倉院に関する書物はたくさん出ていますが、朝日新聞社「正倉院宝物:北倉・中倉・南倉」が一番素晴らしいと思います。毎年出品物が発表されると、この本で事前学習をするようにしています。

それでも写真と実物は大違い、会場は大変に混み合いますが、それでも実物を見なければ…。

2012年8月14日 (火)

お店が!?

2男が下宿先から帰ってきました。

「何か食べようか?」「ウーン」「芳蘭」…実に簡単な会話

出かけました。が?!店名が替わっている!

店の入り口に小さく「芳蘭を引き継ぎました。メニュー・味は変わりません」とあった。不安ながら入って注文をしました。

熱辛麺:ニラを約1束+モヤシ+挽肉+ニンニク(以前はこうでした)出てきたものを見ると、ニラはわずか、辛くもない。がっかりです。それでも鶏の唐揚げの味と量は、そんなに大きな変化はありませんでした。

振り返ってみれば、30数年このお店には通いました。

30数年間、厨房をおやじさんが一人で取り仕切っていました。仕事が辛かったのでしょう、10数年前から週休2日制になりました。それでもおやじさんの味が恋しくて通ってくる客、私もその一人でした。

名古屋空港時代、Tさん・Oさんとのランチは、ほとんど芳蘭でした。静岡の御大は、中華カレーが大好物、S君はいつ行っても鶏の唐揚げでした。

また、空港で働く人達への出前も多かったと思います。(出前依頼の電話がよく来ていました。)

おやじさんの作る料理は、実にアバウトなものでした。それでも味と価格を総合すれば、何度も通いたくなるお店でした。

小牧飛行場になって、赤組が撤退するに伴い、空港へ行く回数が少なくなりました。そのせいで芳蘭の動向を知らなかったことが悔やまれます。

おやじさん、元気かなあ?

2012年8月13日 (月)

何度繰り返す

今日の新聞を見ても「またか!」と思いました。一体何度繰り返すのでしょうね。

何?

水難事故です。1日に何人もの尊い命が奪われています。遊泳禁止!地域限定の豪雨による河川の増水!など、過去に何度も同じことが起こっています。

自然の力を見くびってはいけません。天気予報でも度々注意を促しています。よく言われることですが、「止める勇気」をもっていただきたいものです。

例えば、河原でのバーベキュー。楽しいですね。自然の中でのバーベキュー、美味しさがさらに増すと思います。でも、前日の豪雨・あるいは上流の豪雨を知っていたならば、「危険だから止めよう!」あるいは「安全な場所でやろう!」と判断するのが大人です。子どもたちは、大人のそういった「危険を察知した言動」を覚え、以後の自分の行動に役立てるものです。大人の無謀な言動が、子どもに悪影響を与えることを自覚すべきです。

まだまだ暑い日が続くと思います。尊い人命が失われることのないよう、子どもの見本となる大人になりましょう。

次のお話は、墓参りです。とっても気持ちのよかった墓参りです。

何?

挨拶です。見知らぬ人達ですが、「おはようございます」「ご苦労様です」と声をかけられました。こちらからも挨拶を返しました。

挨拶は、コミュニケーションの第一歩です。例え見ず知らずの人であっても、挨拶をする(される)って気持ちの良いものです。

暑さで枯れてしまった花を交換し、新しい花を活けると嬉しくなります。父母にも近況を報告しながら、今あった嬉しいことも知らせてしまいました。

墓参りでこんなに気分がいいのも初めてです。この経験を明日から生かしていきたいとおもいました。

今日もBLOGを読んでくださり、ありがとうございました。

追記:QFのジェットスター・SQのスクートではありませんが、ACもLCCを作るそうです。メガキャリアのお尻に火が付いたのかしら?

2012年8月12日 (日)

食事について

私の独断と偏見

私の嫌いな食べ物にポーク(チキン)ビーンズがあります。ランチでこれが出てくると、げっそりします。しかし味付けをケチャップから味噌に替えると、これが美味しいのです。どうもトマト味には慣れない私です。

ところでこのポーク(チキン)ビーンズですが、イギリス(正確にはイングランド)のホテルの朝食でよく出ました。レストランに入っていくとすぐに匂いで分かりました。他のレストランでも思ったことですが、この国は「高くてまずい」と思いました。

余談ですが、公共交通機関の料金も高いと思いました。

やはり食べるならば、ラテン系の国がいいですね。ホーム・ワインを飲みながら、郷土食をいただく…やはり南の方の国がいいですね。

オリンピックも終わりに近付きましたが、オリンピック村の食事はどうだったのでしょう?そう思っていると、http://sankei.jp.msn.com/london2012/news/120812/clm12081216460005-n1.htm

記事の中にある「醤油やわさびがない!」には驚きました。これではお刺身が出ても…。冷や奴を食べたくても…。その理由は…。まあ記事を読んでください。

世界各国から集まってくる選手です。食事の準備は大変だと思います。食材一つとってみても、簡単に手に入らないものもあると思います。しかし(ダイエットに気を付けながらも)やはり三度の食事は楽しみです。それが自分にあわないものとなると…。

オリンピックは場外でも戦いがあるんですね。

暑い日が続いていますが、今日久し振りにカレーを作りました。(私の作り方は)毎度のことながら、最初のタマネギ炒めには根気が要ります。焦げないように飴色になるまでじっくりじっくり炒めていきます。人参・ジャガイモは形がなくなるまで煮込みます。市販のカレー・ルーですが、必ず複数の会社の2種類のカレー・ルーを使います。そして食べるのは、翌日です。

明日は汗をかきながら、カレーライスです。

2012年8月11日 (土)

お盆を前に

例年のことながら、民族大移動が始まりました。飛行機・新幹線ならいざしらず、自動車での移動は大変ですね。時々見るニュースでは、高速道路の大渋滞を知らせています。

若い頃、仲間と一緒に行った成田遠征、帰路は何と9時間30分と言う未だに破れない記録?を作ったのもこの時期です。高速道路渋滞40kmを初めて体験したのもその時でした。

自分の体験から言うならば、今日も多くのドライバーが40km渋滞を体験しています。故郷に帰る(戻る)苦しみを思うと、休みが長くとれたり、分散するなり、何か手を打てないものかと考えてしまいます。

生まれたのも育ったのも仕事も同じ市内で終わっている私、そんな私には想像も付かない故郷への愛着が、大渋滞にもかかわらず盆・正月に故郷に戻る人達にはあるのでしょう。ご苦労様です。安全運転で戻ってきてください。

先週も一度ありましたが、今日の午後は雷雨!蒸し暑い日が続いていましたが、これで気温が一気に下がりました。(喜んでいたら、東海道新幹線は一部運転を見合わせているそうです。)

今年の梅雨は、空梅雨に近かっただけに暑さが身体に堪えます。暑さで食欲もなくなります。そう言ったときに雷雨でもって気温を一気に下げる!ありがたいことです。田畑の農作物や庭木・街路樹は大喜びのことでしょう。

オリンピック:サッカー3位決定戦では、こんな談話もありました。
韓国では約2年の兵役があるが、五輪で3位以上になれば免除されるため、選手の士気も高かった。(読売新聞)

「成る程」と頷いてしまう私。金メダルで人生が変わる人。メダルをとれば、こういった措置もあるのか、ご褒美としてのお金では志気が上がらないのか?!

兵役制は難しいが、「2年間自衛隊の体験入隊」もいいかもしれない。義務教育・高等教育も必要なのかもしれませんが、「世のため人のために汗を流す」機会を設けてもいいのかもしれません。

若者の考え・生き方が変わってきますね。

2012年8月10日 (金)

硬派

また騙されちゃあいけない!
農林水産省が、「2011年度の食糧自給率39%」と発表しました。この数字は、義務教育の教科書にも載っています。

ここにある食糧自給率は、「カロリーベース総合食料自給率」のことを指します。先進国で「カロリーベース総合食料自給率」の統計をとっているのは、日本くらいです。因みに世界各国は、「生産額ベース総合食料自給率」で統計をとっています。因みに「生産額ベース総合食料自給率」で日本の食糧自給率をはじき出すと、約69%となります。騙されちゃあいけません。

低い数字をはじき出し、補助金をせしめる農林水産省のせこいやり方です。食糧自給率が、約69%と言うならば、まだまだ日本の農業は見捨てたものではありません。農家の人達のご努力のお陰です。感謝!

ここで暴論をはきます。
先日、女子のレスリングの試合を見ました。試合の内容は素晴らしく、日本人選手の金メダルは、同じ日本人として誇りに思いました。

ところが!国旗を背にした肩車の最中、何と流れ出る汗を国旗で拭いていた。一体何が起こったのか?!この場面をNHKや民放は、何度も流しましたからご覧になられた方も多かろうと思います。「国旗は手拭いか!」と思いました。一変でこの選手の常識のなさ、品格のなさを感じました。

金メダルをとったご努力には敬意を表しましたが、「国旗を手拭い代わりに使う」、同じ国民として恥ずかしく思いました。これをお読みの方、あなたはどう思われますか?

しかしまだ他にもあります。グラウンド(競技場)につばを吐く選手、神聖なグランド(競技場)にどうしてつばを吐くことができるのでしょう。これは大リーグの野球を見ていても感じました。(自分のふがいなさをバットやグローブのせいにするな!)

2012年8月 9日 (木)

とりとめのないお話ばかりですが

スカイマーク、海外で資金調達
日本航空の再上場、全日空の増資など国内の大手航空会社の話題が続いています。今度は、A380を6機購入予定のスカイマークです。
現在国内で絶好調のスカイマーク、A380の購入資金の一部をヨーロッパの銀行から借り受ける予定だそうです。ギリシャ・イタリア・スペインなど、ヨーロッパの金融は不安定です。それでもエアバスを支援するために融資に動いたようです。

今月初めにニッポンカーゴが、待望のB747-8Fを受領しました。次の大きな話題は、スカイマークのA380です。大手2社が手を出していない大型機、とっても楽しみなスカイマークA380です。

余談ですが、フライト・レーダーを見ていますと、日本上空を横切ってアメリカ本土に飛ぶKE:A380を発見。やはりこの機体は、長距離専用機ですね。

ボンバルディアDHC8
この機体、何度も何度も故障したニュースばかりです。高知坂本龍馬空港では胴体着陸まがいのこともやっています。(あの機体。その後どうなったのかしら?)

今度は片肺飛行で出発空港(福岡~宮崎)へ引き返す。これ実際に伊丹空港で見たことがあります。まあ片肺飛行と言ってもシュミレーターでしっかりと訓練されていると思います。それでも乗客の立場になると…。

青組も赤組も使っていますが、どちらの航空会社でも故障の連続です。「これって欠陥飛行機?」と言いたくなります。

廈門(アモイ)航空
相変わらず中国の航空会社は強気ですね。廈門航空B737を40機購入するという。増え続ける乗客に対応するために便利な小型機を準備するのでしょうか?

A320と並び小型機をどんどん発注する中国の航空会社、空港のキャパシティーは大丈夫?北京・上海はパンク状態とも聞いています。

エアープサン
この会社も絶好調ですね。先月の釜山~福岡便の平均搭乗率が70%を越えているという。「食材・化粧品を求めて釜山まで」と言った感じなんでしょうか?

余りの好調なため秋には、1日2便に増便するそうな。そうなればますます「お買い物客」が増える?東京へ買い物より安い???

2012年8月 8日 (水)

テレビ観戦

ロンドン・オリンピックも終盤に差しかかってきました。マスコミの伝えることは、いつも「メダル!メダル!メダル!」のことばかり。うんざりします。

「メダルを国家の威信にかけて」と目指してきた国際世論を鎮めようと、中国選手はにわかに「メダルよりも大切なことがある」と言い始める。笑えてきます。

新聞、中には三つのメダル獲得数を第1面に掲載しているところもあります。なかには「メダル獲得が被災地の人達に勇気を与えている」と、とんでもないことを平気で書く記者もいます。呆れ果ててものが言えません。

英語では、「オリンピック・ゲーム」と言うそうです。ゲームならば、勝ち負けがあるのが当たり前です。自分(達)の力を出し切り、気持ちよくゲーム・セットを迎えるのがスポーツマン・シップというもの。

ましてや「国別のメダルの数が、一体何を意味するのか、記事を書いている記者は分かっているのか」と言いたい。

また、NHKそして民放ともにゲームを終わった選手へのインタビューを流しています。選手のコメントも変わってきました。自分の喜びを表現するより「お世話になった人達への感謝」を口にする選手が多かった。

代表選手には違いないのですが、もっとゲームを楽しんだはずです。そういった率直な感想を引き出すインタビューができないものかしら。

確かにゲームは、ドラマがあり、見ているものに感動を生むものです。ですからテレビ観戦は、それなりに面白いと思います。が、あのインタビューになると…。

折しも今日から甲子園球場で、夏の高校野球が始まりました。各都道府県の代表の応援、そして一つ一つのプレーに真剣に向かう選手達を見ていると、青春を感じます。

高校野球の舞台裏を暴くより、テレビ画面に映し出される各選手の表情を素直に見ることが大切だと思います。

オリンピック同様、自分(達)のもてる力を出し切る姿を見て、素直に感動しましょう。

世界の人達に、日本の人達に、そういった姿を見てもらえる選手って、幸せですね。

2012年8月 7日 (火)

学び

皆さん、暑い日が続いていますが、お仕事は順調ですか?空調の効いた部屋で仕事をしていますが、どうも段取りが悪くて効率が悪い私の仕事ぶり。

今朝ネット新聞をサーフィンしていて、毎日新聞の記事<橋本美佐:CAから学ぶ仕事時短術>が目に入りました。項目は、

1 優先順位をつける
2 イメージトレーニング
3 同じような仕事はまとめて行う
4 ダブルチェック
5 メモを取る
6 トラブルが起こりそうな事には事前に対応

この中には、CA独特なものもありますが「学び」はあります。

私の場合、1や5(物忘れが激しいから)は実行しているつもりです。それでもついつい時間が経ってしまい…。この記事で学んだことは、””です。通勤時、歩きながらあるいは(自動車通勤時)信号待ちに今日の仕事をイメージしてみる。

ハプニングがつきものの仕事ですが、予め仕事の優先順位を付け、ハプニング時の対応を考え、仕事に頑張りたいものです。

もう一つは、「誤魔化しは生きる手段として恥ずかしい」と言うことです。昨日の東京電力の発表した映像…笑えてきました…これで映像を公表した?…余りにお粗末な発想です。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120806-OYT1T01162.htm?from=top
有名大学を卒業したものの集団だと思います。

今時「音の出ない映像」を公表?社員のプライバシー?言葉の一人歩きも甚だしい。

これではさらなる事実の隠蔽ととられ、ひょっとしたらまた修正されたものが発表されるかもしれません。幹部、なかでも(前)社長の顔までぼかしてあるのは???これも個人のプライバシーなのかしら?

長年自民党政権にべったりの電力会社、民主党政権に馴染めない電力会社。某社員の言った「いら(空き)菅」の発言部分は、誰しも音声を聞いてみたいものです。これは本人も発表をOKしているだけに余計に「隠蔽」ととられてしまいます。これだけ社会に大きな問題を投げかけた企業です。社会的責任を第一に考え、真実を示して欲しいものです。

2012年8月 6日 (月)

政治に翻弄される?

先週発売の「週間○スト」では、「赤組 VS 青組」を面白可笑しく特集を組んでいました。

そのこの中にも一部触れていましたが、やはり一番の興味は(これも先日このBLOGにも書きましたが)、赤組の再上場の件です。

確かに不採算路線からの撤退・多大な負債の返済免除などにより(それでも赤組社長は、強気なコメントを発表)、急激な(V字)回復にて悲願の再上場に近づいてきました。
(3月末の時点での営業利益は、赤組2049億円:青組970億円)

現在日本経済新聞の記事にこのようなものがあります。<復活日航がおびえる全日空の政界工作>がそれです。

7月上旬から自民党議員が、「消費税法案、公債特例法案を参議院で通す条件に、日航の再上場を止めろ」と叫び始めた。

稲盛会長は、野田総理と会談をする。

稲盛会長=民主党の最大スポンサー、自民党が攻めるのにまことに都合が良い。

東京証券取引所は8月3日、日航の株式再上場を承認、9月19日に復帰する予定。約6800億円の価値があるとも?

この承認に自民党が猛反発?

国土交通省:来年3月末に拡充する羽田空港の国内線枠の配分について、地方路線の維持や充実への貢献度を重視する方針=青組への評価?

7月中旬の自民党PTの決議に「公的資金を受ける日航が法人税免除などの恩恵を受けながら事業を拡大するのは国民の理解を得られない」とある。

日航は破綻時に機材などの資産の評価をいっきり切り下げあため、多額の欠損金を生じた。欠損金で利益を相殺できるため、法人税をほとんど支払わなくても良い。それも9年間(約4000億円)!法人税分だけ剰余金が生まれ、投資余力が生まれる。

「赤組がこのような利益を生み続ければ…。」→法人税免除を何としても止めさせたい!公的バックアップで再生を果たした企業が法人税を払わなくてもよいのか!→自民党へのアプローチ

青組:約2000億円の増資計画を発表=個人投資家の奪い合い、赤組が再上場する前に投資家を「先食い」???

折しも民主党政権の足下がぐらつき、ここ数日の国会の動きには財界を含め、気になるところ。解散・総選挙→民主党政権崩壊が目に見えるだけに赤組幹部も気が気ではないでしょう。9月19日までは、まだ長い!

またしても日本の空は、政治に翻弄されている!

2012年8月 5日 (日)

フィルムとカメラ

「田舎だなあ」
今まで"FUJI"のフィルム現像は、「中1日」でした。が、やはりフィルム需要が少ない(あるいは減少傾向)ためか、「中3日」に変更になりました。メーカーも需要と供給のバランスをとり、地方からの便を間引きせざろう得ないのでしょう。日頃はごねる私ですが、「仕方がない」とあっさりしたものです。

"KODAK"の最後(何とスイスに送っていた!)と比べれば、「中3日」なんて短いものです。まだフィルムを生産し続けてくれるだけでもありがたいです。

ディジタル・カメラ、それも最近はディジタル一眼レフ・カメラよりもミラーレス・一眼レフ・カメラが台頭してきました。先日やっと"CANON"が発表しました。(発売は9月?)

カメラ大手メーカーの(初の)ミラーレス一眼レフ・カメラと言うことで、マスコミも大きく取り上げていました。いつものごとく「提灯持ち評論家・カメラマン」は、絶賛の言葉ばかり。

今日書きたいのは、ここからです!
前にも書きましたが、メーカーは本気で防塵カメラに取り組んでいるのか!最も初期のディジタル一眼レフ・カメラには、ホコリを落とす対策が施されていなかった。余りのクレームに振動でホコリを落とす機能を追加しました。が、ただ付けただけ!余りにお粗末な仕組みです。

一眼レフ・カメラは、レンズを交換できるから有用なんです。確かにレンズ交換はできますが、ホコリ対策が不十分なために見てみると(カメラ附属のものでは×!)、余りのホコリの多さに愕然とします。ブロアーそしてお粗末な振動センサー…全く頼りにならない!

私のように上半分がお空の写真を撮ると…。フォット・ショップのお世話にならない限り話になりません。フィルム同様、いちいちメーカーに出してホコリを落としてもらう?田舎住まいの者にとって、またまたカメラ不在の期間ができてしまう。まさか「スペアー・カメラを持て」と言うのではないでしょうねえ。

知恵と工夫でもってホコリ対策に本気で取り組んで頂きたい。いくら高性能のカメラを造っても、ホコリがいっぱい付くようでは…。

撮りたい!http://mainichi.jp/select/news/20120805mog00m040010000c.html

2012年8月 4日 (土)

たまには

再び西へ(天気予報を信じて)

が、(夏とは言えない方向から)風が強い!エアーバンドを聞くと、"Max 20not!"もある。タワーを聞くと「?」です。RW14です。

大昔RW14を経験しましたが、余り記憶にないRWです。

さて困った。どこで撮るかな。せっかくデジタル・カメラを持ってきたから…。

結論!「遊ぼう!

RW14エンド(一度も行ったことがない!)まで。捜しました。

行ってみたら、RW14Rははるか彼方です。RW14Lは目の前です。光は廻りませんが、
Sdsc_7882
やりました!エコボンが並びました!早速パチリ!

その後は再びトンネル横に戻り、上がりを狙いました。何せ記憶にないくらいの「上がり撮影」です。「傾かないように!傾かないように!」と思っても、やはり余裕がありません。

先程BBSに「青組編」を載せました。

気分の悪いことですが、南の島の警備員と言い、何でああも威圧的な言葉しか言えないのでしょう。「脚立をもっとフェンスから離せ!」ときた。「そういった規則はどこにあるか」と尋ねたら、無言。あるわけない!

さらに不運なことに雲がモクモク…。遊ぶにも光がなくては遊べません。

青組B787のレジですが、JA812Aまであります。(最も確認したのがこのレジです。もっとあるのかもしれません。)恐ろしい速さで増殖中です。

ついでにあの"B787"のデカロゴは、何度見ても品がありません

2012年8月 3日 (金)

そうだ 九州へ行こう!

面白い企画を考えたものです。
Ed208103
九州に就航する14の国内航空会社・各空港ターミナルビル・航空局らと共に実施する大規模な観光PRプロジェクトとして福岡県出身のタレント・IKKOさんを「社長兼CA」とする架空の航空会社「よかよかエアラインズ」が発足されました。「九州の空の観光大使」として多方面にさまざまな情報を発信し国内各地で「九州へ、飛んでけぇ~!」キャンペーンを展開します。

飛行機に関連するキャンペーンは、過去にもいろいろありました。しかしこれ程大きな長期間(2012年9月1日~2013年3月31日)かつ大規模な参加はなかったと思います。

架空の航空会社を作ったり、何と40名には九州往復航空券が当たる!

折しもジェットスター・ジャパンやエアー・アジア・ジャパンやピーチ・アビエーションが運行し始めた九州、なかなかいい機会にやるものだと感心しました。

と言う私は?お天気を見て行動する人間、なかなか小牧から福岡・熊本へは飛べませんが、機会があればキャンペーンに参加したいと思います。

日本航空の再上場の日程が決まりました。驚異的な早さだと思います。
が、不採算路線からの一方的な撤退・人員及び人件費の削減などを社長コメントとして発表されました。株券の紙くず化をして多くの人達の生活を変えた会社です。

確かに外向けには素晴らしい再生のように見えますが、「過去の失敗を悔恨し、その反省とこれまで賜ったご支援に対する感謝を決して忘れず、好業績にも緩むことなく、安全運行の堅持と…」「路線毎の採算性を十分に見極めた上で、継続的に路線の見直しを行う…」、これは美辞麗句の連続です。日本航空の社内の諸問題、何を解決したのか?先輩が書かれた書籍を読むと、とても「過去の失敗を悔恨」「路線毎の採算」を額面通りには受け止めることは難しいように思います。

2012年8月 2日 (木)

日本の空港

デルタ航空が、羽田~デトロイト線から撤退、羽田~シアトル線へ変更を希望する。

成田からならば、スムーズな変更が可能であろう。さて羽田では?海外の航空会社にとって、羽田就航希望は多いと思います。笑い話ですが、「飛行時間よりも成田到着~都心までの時間の方が長い!」と言います。今更歴史を蒸し返すわけにはいきませんが、どうしてあんなに都心から離れた不便な地に空港を無理矢理作ったのでしょう。いまだに当初の計画である3本の滑走路ができていない。まさに異常な空港です。

それだけに都心に近い羽田空港への就航は、魅力たっぷりです。利用者にとっても同様です。

しかし4本目の滑走路を造った今でも、羽田空港の離発着枠は限界に達しています。これではオープンスカイが笑えてきます。

やはり横田基地の返還もしくは交換くらいを考えないと…。

それに反して関西・中部空港は、超暇な空港?特に(このところの超円高のためか)中部の輸出産業の元気のなさが、中部空港の地盤沈下を誘引しているようにも思えます。

両空港の共通点は、やはりアクセスの悪さでしょうか?電車を乗り継いで中部まで、苦痛ですね。それに某独占企業のダイヤ編制の狡猾さにも驚きます。不便・高額運賃等、魅力を半減させるものがいくつもあります。

エアーアジアもやってしまった!
全日本空輸が出資する格安航空会社(LCC)「エアアジア・ジャパン」は就航初日の1日、新千歳―成田線は予定通り、往復3便が運航されたが、搭乗案内に手間取るなど遅延が重なり、午後6時35分発の最終便は約1時間20分遅れで新千歳を出発した。

2012年8月 1日 (水)

今日から

"Air Asia Japan"が商業運行を始めました。機数が増えれば、路線網が充実していきます。取り敢えずは、福岡・千歳間の運行です。この会社も成田ベースと言うことで、門限制限があります。

そもそも欧米や東南アジアでLCCが充実したのは、空いた空港・安い着陸料・24時間空港(全部が当てはまる訳ではないですが)などの諸条件が揃っていたからだととらえています。そして「タイトな運行をしており、ディレイは当たり前、そんなことに目くじら立てていては乗れない」と割り切った乗客が存在しているということです。

"Air Asia"が最初(2001年)にマレーシアで生まれた時、厳しい政府の管理下であった「マレーシアの空」に風穴をあけたのが、トニー・フェルナンデスです。最初はたったの2機で巨人マレーシア航空の独占に挑んだものです。

その後の飛躍はご存じの通りです。当初はB737でしたが、現在はA320(約60機)だけの所有です。そしてA320Neoを昨年200機注文したことは、過去に書きました。

タイ・インドネシア・フィリピンについで4番目の海外子会社が、"Air Asia Japan"と言うことになります。系列会社に(長距離)国際線線専用の"Air Asia X"があります。

トニー・フェルナンデスがパートナーに全日空を選んだのは、我が国の国内線の充実網に注目したとも言われています。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »