今日のお天気は?

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 驚きました | トップページ | 私事ですが »

2012年3月22日 (木)

がれき処理に思う

少々長いですが,<石巻工・阿部主将の選手宣誓全文

 「宣誓。東日本大震災から1年。日本は復興の真っ最中です。被災された方々の中には、苦しくて心の整理がつかず、今も当時のことや亡くなられた方を忘れられず、悲しみに暮れている方がたくさんいます。人は誰でも、答えのない悲しみを受け入れることは、苦しくてつらいことです。しかし、日本が1つになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。だからこそ、日本中に届けます。感動、勇気、そして笑顔。見せましょう、日本の底力、絆を。我々、高校球児ができること。それは、全力で戦い抜き、最後まで諦めないことです。今、野球ができることに感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。」

高校野球,滅多に見ませんが,被災地の主将の選手宣誓とうことから興味がありました。聞くところによれば,原案に手を加えたのはチームメイトであったと言います。

聞いていて胸がじーんとしてきました。特に「感謝」と言う言葉に素直な気持ちが現れていたと思います。

高校生が自分の言葉で自分の気持ちを表現する。自分の気持ちを素直に表出することが難しい年頃ですが,さすが苦難を乗り越えようと頑張っている人達です。

国内はおろか海外の支援を受けながらの復興です。様々な支援の仕方があります。マスコミに踊らされ「絆」の大流行。

しかし,現実は「がれき処理」の受け入れの消極的なこと。「自分の住む近くに汚染物質が来るのは困る」,本音が出てきます。

昨年の夏,京都の夏の風物詩「大文字焼き」でも汚染されている炭?花火でも汚染物質?と騒がれ中止。

「大変だ!」「絆」と言っているのは,ただマスコミに踊らされた輩の言葉。

高濃度の汚染物質が来る訳でなし,全国に処理を割り当てる位の指導力が欲しいです。それこそ「絆」の実行でしょう。

がれき処理問題を一つ採ってみても,「絆のなさ」を感ずる私です。高校生の自分の思いを素直に表出した言葉の方が,遙かに心に響きます。

« 驚きました | トップページ | 私事ですが »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1361463/44591900

この記事へのトラックバック一覧です: がれき処理に思う:

« 驚きました | トップページ | 私事ですが »