2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今日のお天気は?

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

ビッグキャリアと新星テイクオフ

今日も"China Power"から

中国南方航空、B777-300ERを10機注文!この会社、中国で唯一A380も所有していますね。中国パワーの炸裂っていったところでしょうか。

中国の景気にブレーキがかかったと報道されていますが、この会社の勢いは凄いですね。多くの人口を抱え、これから諸外国との交流が盛んになっていくことを見越したやり方?広州空港をハブ港として、世界中に路線網を敷くのかしら?

こうやって考えると、"Sky Team"が中国の2社を押さえたのは大きいですね。そうなってくるとデルタ航空の存在もますます大きくなってきます。

この"Sky Team"、旧共産圏(ロシア・ヴェトナム)も制しています。不安定な要素がありますが、今後はアフリカ・南アメリカの国々の航空会社の奪い合いが熾烈になってきますね。

(また愚痴ですが)あの時、"Sky Team"に乗り換えていたら…。「後悔先に立たず」…逃した魚は、余りにも大きかった。

 

明日は3月1日ですね。

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが1日、関西空港を拠点に運航を始める。「空飛ぶ電車」と称し、通常運賃の最安値を大手の半額以下に設定。本格的なLCCが国内線に乗り入れるのは初めてで、価格競争が激化しそうだ。当初は、関空―札幌(新千歳)線を1日3往復、関空―福岡線を4往復する。新千歳線の最安値は4780円、福岡線は3780円。大手の場合、関西から新千歳までは最安値でも約1万円、福岡線は約9千円(ともに5~6月)。新幹線の新大阪―博多間は自由席で約1万4千円、同区間の高速バスは4千円程度で、ピーチはこれらと比べても価格競争力がある。

私には関係はない航空会社ですが、価格が魅力ですね。但しこういった報道は、最安値ばかりで実態が分かりにくいですね。

それでもこの航空会社の写真を撮っていない私、撮りたいです。今週末の福岡のお天気は?(もう言わなくても分かりますね)

2012年2月28日 (火)

乗り物

また、気付くのが遅いですが、

JALは、中期経営計画の戦略機材であるボーイング社7878に加え、その長胴型である787920機、発注致しました。内10機については、7878からのモデル変更を、内10機については新規に発注することとし、2015年度以降に国際線の中長距離路線を中心に導入する予定です。これよりJAL787787825機、787920機の合計45機(その他、オプション機20機)となります。

7879は、7878の胴体を延長したモデルで、国際線仕様の場合、7878よりも約50席程度多く配席できるため、7878の高い運航性能をそのままに、席あたりコストの低減も実現することができます。(プレスリリースより抜粋)

この機数の意味は、なかなか深いものがある?B767-300のかなりの数?それともB777-200or300の一部分の撤退を意味しているのではないでしょうか?

そうなるとあの方、B787へ異動?

もう一つのニュース

富士重工:軽自動車の生産から撤退!都会に住む人達には理解しがたいことだと思いますが、軽自動車=乗用車ではありません。私の行く長野県・群馬県の山間部の農家の人にとっては、SUBARU:サンバー(軽トラック)は生活の足です。頼りになる足です。DAIHATSUの軽自動車では信頼性に欠けます。

TOYOTAグループに入って、富士重工も独自性が薄くなります。例のBRZも富士重工独自の開発ならば、水平対向エンジン+AWDが生まれたのになあ。エンブレムだけを換えた富士重工の軽自動車や普通車では…。

2012年2月27日 (月)

ゴミの山

やはりこの国のやることは…年間利用客1.3億人以上の新空港建設へ

 中央人民広播電台によると、北京で新空港の建設がまもなく始まることがわかった。年間利用客は1.3億人以上、貨物運輸能力は550万トン以上と予想され、世界一大きな空港となる見込みだ。中国国際放送局が報じた。新空港は北京市と河北省廊坊市の境に位置し、9つの滑走路が設けられる予定で、現在、空港周辺のインフラ整備が進んでいる。

世界最大の人口を擁する国です。今後の利用客・貨物を考えると、首都にはこれくらいの規模になるのかな?

ここを本拠地とする中国交際航空…http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=52368

そうなると4本の滑走路の羽田・2本の滑走路の成田では、まさに日本沈没?となります。

これを防ぐためには、従来からの国土交通省の航空行政・大手2社の運行の在り方などを検討する必要があると思います。

37年間の整理整頓

じっと待っていますが、週末連続晴マークのない福岡空港。週間天気予報を見ても、また???そうなると自室の整理整頓です。このところ頑張ってやっています。

元来「もったいない」「これはまだ使う」「これは大切だ」なんてしまっておいた物、物、物。引き出しを戸棚を開けてびっくり。

時には「こんなところにあったのか」とも思いますが、まあゴミの山です。

先日も引き出しをやったときも燃えないゴミ・燃えるゴミのビニル袋が…。お陰で半分以上の引き出しは空!

戸棚に入れてある航空関係雑誌も全部ゴミ!記念にとっておいた機内誌もゴミ!

今週末は、最後の戸棚でもやろうかと思っています。どれだけのゴミが出ることやら。

2012年2月26日 (日)

どうなる燃油サーチャージ

燃料費高騰…かなり前から指摘していますが、イラン情勢が次第に緊迫化してきました。アメリカにおける石油の取引は、少しずつ上昇しています。http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0224&f=business_0224_218.shtml

先日、日本航空は夏前の燃油サーチャージを値下げすると発表しました。このシステムの在り方には、大きな矛盾をはらんでいることを露呈しています。

大昔、日本航空は先物(燃料)で大損をしたことがありました。ある程度は予測できたと言われていますが、相当高い金額で先物に手を出し、大きな損失を出しました。

そして値下げの発表をした数日後、NY原油どころか北海原油・ドバイ原油も上がり始めました。

このまま突入すれば、再び大損の可能性が高いと思います。

人件費の抑制+燃料費の適正な仕入れをしていかないと、せっかくの再建ムードもぶっ飛んでしまいます。

さらにいよいよピーチ航空の営業開始。http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120226/biz12022600300000-n1.htm

国内の景気は冷え切っています。燃料費も怪しい。偶然(燃料費の再び上昇)とは言え、LCCへの取り組みが諸外国と比べると5年以上遅れていますね。

エア・アジアの社長のように「国と戦う航空会社」が生まれてこない限り、また国土交通省のいいなりになってしまいますね。

大手航空会社の経営を再び襲ってくるものが見えてきました。

2012年2月25日 (土)

おのぼりさん

東急"BUNKAMURA"にて、オランダ絵画(フェルメール)展が開催されています。

残りの有給休暇を使って、出かけてきました。平日と言うこともあり、比較的館内は空いており、じっくりと1枚1枚の絵画を見ることができました。

(それでも)やはりフェルメールの作品の前は、人がいっぱいでした。並んでじっくりとじっくりと3枚の絵を見てきました。

海外の美術館で見るようなことはできませんが、それでもじっくりと見えた方です。満足しました。

Photo(手紙を書く婦人と召使)

市内の図書館で「東京山の手:ハイカラ散歩」という本を借りました。

パラパラめくると…。これはいい!

さてどこへ行こうか?おのぼりさんだけに、地理感覚が怪しい。分かりやすい?と思って「高輪」を選びました。某方のお住まいの品川区です。

詳細は、http://www20.atpages.jp/cavok/p57.html

一番の収穫は、清泉女子大学本部(旧島津邸)でした。アポもなく訪れましたが、快く案内をしていただき、大変に感動致しました。

昨年、六義園・小石川後楽園といった大名庭園を見ました。残りの浜離宮恩賜庭園もお天気に恵まれませんでしたが、ガイドさん付きで回ることができました。

たくさん歩いて疲れましたが、大きな収穫を得ることができました。

2012年2月23日 (木)

感謝

まず皆様方に御礼を!

先程アクセス・カウンターが70,000件を越しました。多くの方々にブログを読んでいただき、時には叱責をいただきながらも、ここまできました。心より御礼を申し上げます。そしてこれからもよろしくお願い致します。

○(フィリッピンの)セブ・パシッフィック航空、今までA320しか見たことはありません。が、ついにA330-300を4機リース、2013年から運行を開始すると言います。

成田に飛んできてくれないかなあ。ただフィリッピン航空は、午前・午後に運行しています。どの時間帯ならば…。(まさか関西ではないでしょうねえ。)

○またか!

JAL×Samantha Thavasaジェット」を就航する。今年は国内線に加え国際線でも運航する計画だ。

 主な導入路線は、国際線の成田/中国、香港、韓国、台湾、東南アジア、ハワイ線、国内線の羽田/札幌、伊丹、福岡線を予定。国際線はボーイングB767-300ER型機で、2月27日から5月26日に運航する計画だ。国内線の運航機材はボーイングB777-200型機で、2月22日から5月21日の運航予定とした。

http://www.jal.co.jp/st/

国内線は、代わり映えしませんね。国際線は、期待がもてます。それもB767です。ひょっとしてあの方???

取り敢えず、また伊丹?12月から懸案になっている福岡遠征は、未だに実現せず。4月になれば、○○○が軽くなるので、是非3月中には実現させたいのですが…。

週末2か連続の晴マークが、ちっとも付きません!

2012年2月22日 (水)

アジアの2社は

今日はこんなことが、

エアアジアX(D7)の2011年通年の輸送実績で、旅客数は前年比31.5%増の250万人となった。座席供給量を表す有効座席キロ(ASK)を30.0%増と拡大したのに対して、旅客輸送量を表す有償旅客キロ(RPK)は36.2%増となり、ロードファクターは3.6ポイント増となり過去最高の80.1%に上昇した。なお、機材のラインナップは2010年の9機のA330型機と2機のA340型機から変わっていないといい、D7では機材の運用効率を向上できているという。

アジアにおけるLCCの旗頭エアアジアとエアアジアX、アメリカのサウスウエスト航空と並びLCCの有料企業ですね。

今のところ我が国には、こんなLCCが育つ土壌はありません。昨日もLCCについて書きましたから、今日は止めておきます。

ただ今のような航空行政では、ますます日本の空はガラパゴス化していくことは、間違いないと思います。空港のハブ化も遅れ、周り(韓国が良い例です。そのうちに中国も続くでしょう。)の成長を黙って指をくわえているだけです。

大手航空会社も手をうっています。

キャセイパシフィック航空(CX)は2012年4月からの日本発エコノミークラス各種割引運賃で、残席連動型で出発5日前まで購入可能な運賃「エコ得5」を導入する。残席連動型運賃は空席さえあれば安い運賃が出発間際まで提供される運賃。ただし、対象となるのは台北行きと香港以遠の各都市行きで、香港行きでは従来の早期購入型割引運賃を踏襲する。

 台北行きと香港以遠の各都市行きでは、事前購入期限に応じた割引運賃を設定していたが、4月からは事前購入期限を5日前までとし、残席状況に応じて運賃が変動するエコ得5に改める。また、発着地や出発期間限定のプロモーション型運賃「エコ得5スペシャル」も新たに設定し、成田発台北行きで2万5000円、中部発バンコク行きを4万円に設定するなど、値頃感をアピールしている。さらに、出発当日まで購入可能な従来のエコ得フレックスに加え、3日前までの購入期限で所定の手数料を支払うと往復便の予約変更が可能なエコ得3フレックスを新たに設定した。

元気のない"ONE WORLD"ですが、キャセイの頑張りは大したものです。シンガポールと並びトランジット客が多いだけに、必死の乗客集めですね。

成田に着けば、羽田に着けば、もうお仕事はお終いの我が国の航空会社とは、大きな違いです。

2012年2月21日 (火)

LCCは成功するか

日本人には馴染みのない航空会社ですが、Air Australia が突然の倒産!旧ストラテジック・エアラインズだそうですが、私は画像しか見たことがありません。

オーストラリアの空は、QFの独占状態(子会社を含む)が続いています。新たな航空会社LCCが生まれるには、相手が余りに強すぎますね。

一部分ですが、日本の空と似ていますね。

二つの大きな航空会社がメインルートをほぼ独占していました。羽田空港の離発着便数も他を圧倒しています。

新たに参入した(例えば)エアードゥーは、どうなったのでしょう。

今では青組参加の一航空会社。志をもって誕生した航空会社であっても、やはり巨人の壁は厚かった。

歴史に例えは禁物ですが、例えば羽田の離発着便をもっとエアードゥーに割り当てられていたら?B767ではなく、B737でピストン輸送していたら?巨人の半額運賃になるべく、コストダウンを図っていたら?

そう言った意味からも、ピーチがA320に限定・関西空港をベースなどは、よく考えられた方ですね。そのうち(例の)異常な離発着料金が復活したら、大手よりもちょっと安い程度になるのではないでしょうか?

青組、ワールド・エアー・ネットワーク(こんな名前を知らない人もいるのでは?)以来、いろいろやってきました。全部消えています。

それどころか系列会社の整理まで行ってきています。

ピーチが青色に変わるのは、何年後かしら?

国土交通省の大義名分はさておき、内向けの航空行政しかできないようでは、ますます世界から取り残されていきますね。

余程の改革がなければ、日本のLCCは成功しないと思っています。

2012年2月20日 (月)

サイト・アップと埃

今日は、仕事がお休み(と言うか、休みにしました。理由は…。)

余りの疲れに目が覚めたら、7時!私にとっては、考えられない朝寝坊!(以前ならば、あれだけの距離を走っても疲れは少ないのに…。歳をとったなあ。)

そこで週末に撮ってきた写真の補正・サイトアップをやりました。約440枚の補正です。これだけでも何時間かかったことやら。

一つの道祖神の写真(普通5コマは撮ります。)から、モノクロ写真になりそうなものを1コマ選び、モノクロ処理をします。

もう一つは、「石仏の美」用に写真を選びます。こちらはコメント入りですから、さらに時間がかかります。結局24コマ選び、エクセレントも決めました。

やっと終わりました。疲れたぞー!

撮影旅行を終え、以上のような作業を終えるとヤッタ!と自己満足。

先輩のブログを読んでいたら、下手をすれば月1回ディジタル・カメラの埃処理をメーカーに依頼していると書いてありました。

今回は、ズーム・レンズ1本の旅でしたが、レンズ交換をしていると…。「こんな不便なカメラ」と思ってしまいます。ブロアーで一生懸命吹いても、なかなか完全には落ちません。困ったカメラを作ってくれたものです。

2012年2月19日 (日)

石仏と成田

久し振りに1日ブログが空きました。昨日訪れてくださった方々、ごめんなさい。

Sdsc_5897(御山の上だけ)

長野県中部・北部は、雪か低温(路面凍結)のために行くことができません。スタッドレス・タイヤを買っても、やはり凍結は怖い。滑る路面に慣れていません。

よってしばらくは静岡県・神奈川県を攻めています

今回は、御殿場ICで降り、山北・松田・大井・開成・足柄を(欲張って)回ってきました。明日から順番にサイト・アップを予定しております。

遅くなりましたが、赤組社長のお話を…。

2016年の航空需要について見通しを示し、諸条件が現状どおりであれば国際線で25%、国内線は0.5%減になるとの見方を示しつつ、首都圏空港の発着枠拡大とLCCの参入で需要の積み増しは可能の分析。JLとしては、羽田空港で「日本発着の幅広い需要に対応した“内際ハブ”」、成田空港で「日本発着の需要に加え、海外発着の需要に対応できる“グローバルハブ”」の構築をめざす計画だ。

国際線の利用客は、まだ減る?!国内線の利用客は、強気の数字?

例えば、(成田空港)アメリカからの帰国便から国内各地へ、あるいはアジア各地へ、どれだけの外国客が利用しているのでしょう。

どちらも接続が悪いです。国内各地への便は少ないです。アジア各地への乗り継ぎ便も悪いです。これでは、国内大手2社は成田をハブ港としてはいません。

羽田に乗り入れたい外国の航空会社は、国内各地へ乗り継げるからです。スター・アライアンスならば、本当に日本各地へ(同日は無理なのもあると思いますが)行けます。

結局「以遠権」を使ったデルタ・ユナイテッド航空に成田乗り継ぎ客をとられています。

なぜ海外の航空会社のハブ港であって、国内大手航空会社のハブ港ではない成田空港。不思議です。


2012年2月17日 (金)

JA5018

JA5018…このレジを初めて知りました。

詳細は分かりませんが、日ペリ航空:DC-3:垂直尾翼には(例の)ダ・ヴィンチが付いていました。

見た映像は、CBCテレビ:「僕たちの昭和」と言うDVDです。

到着部分・搭乗部分・離陸部分が短い時間で収録(小牧空港)されていました。やはり離陸の時がDC-3独特の上がり方で、嬉しくなりました。

滑走(RW16)を始めしばらくすると、後輪がふわっと浮きます。さらに加速すると、前輪もふわっと浮かびます。(余りの嬉しさに何度も見てしまいました。)

その他、小牧~串本間の水陸飛行機も収録されていました。着水の場面はなかったですが、これも貴重な映像だと思いました。こういった映像が残っているなんて凄いですよね。

またB787のお話を少し

赤組のB787にも黄色信号がついているようです。今年度中に4機の受領?それが半分になる可能性が出てきたそうです。また、トラブルが…。

成田~ボストン線にぎりぎり間に合うのか?青組の羽田~フランクフルト線も(サイトを見ると)全日B787は無理とあります。

A380も何やらトラブルが出たようで、新開発の飛行機は多難ですね。新開発の飛行機と言えば、MRJも開発遅れの速報が出ていました。

明日の成田は、早朝まで雪(昨年を思い出します。びっくりする大雪でした。)の予報、その後はほどほどの北風。だめですね。

赤組はヨーロッパ便でも

日本航空(JL)は2月8日、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)との共同事業に関する独占禁止法適用除外(ATI)を国土交通省に申請した。これは日本/欧州線を対象としたもので、ATIが認められればJLとBAは路線や運賃を共同で調整するなどし、サービスの価値向上をはかる考え。2012年度下期からの開始をめざす。

こうした動きが加速してくると、本当に利用客の利益になるのか?アライアンスというものは、どうも航空会社のためにあるような気がします。

独断と偏見ですが、どうも4桁の便名に不安を感じます。

2012年2月16日 (木)

知恵

何て素晴らしい日本人の知恵!

天災時、困ることはいくつもありますが、電気もその一つです。値段が高くて、とても購入することができませんが、素晴らしいものを開発しているものです。http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120216-OYT1T00871.htm?from=main6

まあこれくらいの値段ならば、地方自治体がたくさん購入し、避難場所に一時的に設置することも可能でしょう。

同社が得意とするジェット・エンジンの開発の応用という所が、泣かせます。恐らくターボ・チャージャーも同じようなものでは?

私もそうですが、純国産品と聞くと安心感があります。

これも凄い技術です。(先と同様、私には高くて購入できませんが)http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/pnews/hightech/20120211-OYT8T00182.htm

太陽光のみならず蛍光灯からも発電するエコ・ドライブ・リング搭載。

電波時計・太陽光発電など、手巻き時計・電池式時計から、どんどんと進化しています。進化していないのは、私の身の回りだけ?

今のところ世界の自動車メーカーのトップを走っているエコ・カー

そんなハイブリッド・カーを支えるのが車載用電池です。http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120216/biz12021620490034-n1.htm

貴重な化石燃料を少しでも消費しないようにハイブリット・カーの生産は、避けて通れないものです。さらなる小型軽量化・安価な製品の開発を望みたいものです。

2012年2月15日 (水)

流行とマイ・カメラ

ナタデココ~タマネギ~ナットウ~ココア~魚と「体に良い」とテレビで放送されると、消費者は飛びつきます。(偏見かもしれませんが)女性は…。

そして今回は、脂肪燃焼効果ときた。簡単に言うならば、ダイエット効果でしょうか?メタボ対策にも?

スパーマーケット・小売店などの店頭から、トマトジュースの姿はなくなった!http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120215-OYT1T00542.htm?from=top

これでしばらくは、トマトジュースの姿を見なくなります。トマトジュースが苦手な(一昨日書いたような?)私としては、見たくないものを見なくて済みます。

最初に挙げたように「体に良い」という言葉は、健康志向が高まる風潮がある中、確かに効き目があります。

でも、どれだけ長くトマト・ジュースの摂取が続くのでしょう。熱しやすく冷めやすい国民気質です。

私は、オニオン・スライス、ナットウなどはほどほどに摂っています。こういった風潮にはなりません。私のような飽きっぽい人間には、こういった風潮は馴染みません。

先日NIKONから素晴らしい一眼レフ・カメラが発売されたことを書きました。私のD7000も、もうすぐ満1年になります。この1年間を振り返ってみますと、やはり当初の目的通り「石仏撮影」がほとんどです。

もうワインダーも要りません。微妙なフレーミング・逆光に強いなど、私の求めるものが満たされています。

但し、ホコリには頭を痛めています。レンズ交換時はとても神経質になります。一応振動でゴミを落とす機能が付いていますが、気休めですね。やはり大型ブロアーが必需品です。

そのディジタル一眼レフですが、先月ついにミラーレス・ディジタル一眼レフカメラがディジタル一眼レフカメラの52%を占めたそうです。

これが続くならば、またしても私は遅れ組に入ることになります。まだまだD7000を使いますよ!

2012年2月14日 (火)

営業利益率10%か

日本航空の中期経営計画の前提は,5年連続の営業利益率10%というものだそうです。

燃料費高騰・人件費等を考えると,これは相当高いハードル?とも受け止められます。

ジャンボ機の全て売却・金融機関の債権放棄・減価償却費の軽減など,これまでの経常黒字の背景は,決して破綻後の経営が順調にいっている訳ではないと思います。

機材の中小型機により,確かに空気を乗せる数は減りました。不採算路線からの撤退もしました。また,国際線・国内線ともに旅客数は当然減りました。東日本大震災の影響も未だに終わっていません。(成田空港への外国人旅行客も戻ってきていません。)

さらにアメリカン航空の経営破綻も間接的に影響を受けていると思います。アメリカン航空の再建のために不採算路線の撤退もあり得ると見ます。

今一度,今後5年間の中期経営計画を見てみましょう。

・5年間で設備投資5000億円

・B787の追加注文(合計45機)

・サンディエゴ・ヘルシンキ路線の開設

・運行コスト500億円追加削減

・5年連続の営業利益率10%以上

・自己資本比率50%以上

・2013年度営業利益1400億円

あなたは,この計画をどう思われるのでしょう。

2012年2月13日 (月)

食べ物のお話

先日さる方よりメールをいただきました。内容は、「よくも毎日BLOGが続くものですね。ネタはどこから仕入れるのですか?」とありました。

毎日読んでくださることに感謝!そしてネタの件ですが、特にありません。その日にあったこと・新聞の記事・お空のことなど、余りネタに困ったことはありません。(そう言っていると、そのうちに…。)

さて、今日はこれからhttp://www.kagome.co.jp/ys100/top/index.html

昼食には、生野菜が出てきません。キャベツもキュウリも茹でて出てきます。"O157"発生以来、ずっと続いています。

キャベツなんぞ、口の中に入れるとキュッキュッと音がします。美食家?の私といたしましては、静かに食事を摂りたいです。茹でた野菜は、苦手になりました。

そこで朝食時に野菜ジュースを飲む機会が多くなりました。カゴメさんには、お世話になっています(但し、トマト・ジュースは大嫌いです。)。

そんなカゴメさんから、国内産レモンを使ったジュース(\114)が出ると聞きました。レモンの酸っぱさは、口の中をさっぱりさせます。

久し振りに期待のできるものが出てきます。来週火曜日が楽しみです。値段がちょっと高いけど、ワクワク。

次も食べ物のお話です。

昨日新聞を読んでいたら、「すき家」がオーストラリア産の米を試験的に導入するとありました。そうしたら今日、「松屋」もオーストラリア産の米に切り替えるという記事がありました。

そのうち「吉野家」もやるのかしら?

食糧自給率の低下が叫ばれて久しいですが、利益のみで簡単に日本人の主食:米を外国産に頼って良いものだろうか?

これでは日本の農業、なかでも米作農家に追い打ちをかけるようなものです。国内でない、あるいは不足しているというならば分かります。

どうやら三つの牛丼チェーンは、利益のみの企業で日本の国のことを考えていないようです。あまり食べない牛丼ですが、もっと食べなくなります。

2012年2月12日 (日)

精根尽き果てて

今使っているコンピューターの調子が悪く、再インストールしたのは数年前。

最近も調子が悪くなってきました。子機のノート・パソコン買い換えで、無線LANの設定をしていたら、親機の型が古いためにネットができなくなりました(これも後から分かったこと)。

こういったコンピューター・リテラシーに乏しい私、何が起こったのか分かりません。NECへの電話相談(待ち時間が長い)をしても解決できず。

古い親機が原因では?バッファローのサイトを細かに見ました。横文字・カタカナがたくさんでてきます。(授業が分からず、黙って座っていた学生時代を思い出します。)

新しいドライバーの所在も分からず。この時点で、古い親機が原因と勝手に思いこむ。

バッファローとしては、トラブル解消をユーザーにしてもらうために、親切に作ったサイト。でも意味が分からなければ、サイトの存在に?(それにバッファローの電話相談は、有料です。)

それでも分かる範囲内でトラブル解消に努めました。

結局、問題は解決せずに終わりました。この時点で5時間以上かかっています。

精も根も尽き果てて…。

結局、近くの電気屋さんで新しい親機を買うハメに(それが展示品でたったの2400円:税込み)なりました。

帰宅して、さっそくやり直し。うまくいくと思ってやったら、親機との接続はできました。が、まだエラー・マークは消えず!

もう一度設定を説明書を見ながら挑戦。依然エラー・マークは消えず!

泣きたくなる心境。間違いはない!確信をもっています。では?

念のためにLANコードをチェックしました。

できました!全く初歩的な!LANコードがカチッとはまっていなかった!

できた!できた!約8時間の格闘に終止符。(情けないけど、自分の挑戦は終わった。)

2012年2月11日 (土)

中期経営計画

◎16日に正式発表だそうです。

「経営再建中の日本航空が、2016年度までに国際線の旅客輸送能力を11年度比で25%増強することを柱とした中期経営計画を固めたことが10日、明らかになった。大型旅客機のボーイング777-200の退役も検討し、中小型機を中心とした運航を進めることで経営効率をさらに高める方針も盛り込む。」

→飛行機は、空気を乗せて飛んでも儲かりません。座席に人が乗って儲かるものです。

→飛行機は、地上にいては儲かりません。飛んでこそ儲かるものです。

これらは、自明の理です。

素人考えですが、こう考えると日本航空には、B787が必要になると思います。いくらECOと言っても、大型化すれば空席の生ずる確率が高くなります。

ひょっとしたらB777-300も減らしてもいいかもしれません。成田空港をベースに考えれば、発着枠に余裕があります。B777-300を一度飛ばすより、B787で二度飛んで(午前・午後)利便性を図った方が、より座席が埋まるかもしれません。(ここらあたりは自信がありません、暴言かもしれません。)

いずれにせよ大型双発機は、羽田限定の運行スケジュールになっていくのでは?ここだけは利用発着枠の厳しい状態が続いていますから。

世界的に見てもアッと驚く倒産が続いています。また、経費削減を(例えば、ルフトハンザ航空さえ)発表する航空会社が出てきています。交通機関の原点に立ち戻った経営が求められているのかもしれません。

(余談ですが、以前書いた「平家物語」を思い出していただきたいものです。)

これも付け足しですが、日本航空のサイトを見ていたら、エアー・ベルリン(LCC)とのコード・シェアの発表がありました。路線網の拡張のため、生き残るため、こういった方針が続くのでしょう。

2012年2月10日 (金)

厳しいもの

神戸空港

 間もなく開港6周年となるそうです。この空港へは、一度も行ったことがありません。スポッター泣かせの空港ですね。何せターミナルが北、滑走路は南にあるそうです。もうこれだけで行く気になれません。陸上ならいざ知らず、海に囲まれています。

 聞くところに寄れば、伊丹・関西空港との航空管制で1日30便がMAXだそうです。日本航空の撤退もありますから、スカイマークの関西の拠点とでも位置付けられるのでは?

 いずれにせよ先行きが明るい空港とは?

社員研修

 日本航空、4月から社員研修を目的に片道4枚の無料航空券を社員に発行する予定だそうです。

 大義名分は、客になって自社のサービスを確認し、さらなるサービス向上につなげるものという。冗談じゃありません。貴重な血税を使い、金融機関からの借金を棒引きにした会社です。

 こういった甘い考えだから、どういう結果になったのか、もう忘れている。もう親方日の丸の時代は過ぎ去りました。稲盛さんのポリシーが全く生かされていない証拠です。

 リストラに遭い、泣く泣く社を離れていった人達のことを思うと、上場し立派な民間会社になって初めてできることだと思います。新社長になって初めて?やることが、過去に戻るようなこととは…。

KODAKよ、どこへ行く

 倒産したKODAK、ディジタル・カメラ事業から撤退のニュースが入りました。個人的には、今でもKODAKのフィルム製品の発色は好きです。もちろん昔のKRやKMとは桁違いに発色は劣ります。それでもKODAKの発色傾向は好きです。友人のUwe Meier氏は、今でもKODAK製品を使っています。ツボにはまれば、実に落ち着いた発色をしてくれます。ただ、日本のような高温多湿の地域での仕様は、辛いです。 

Simg1667

 

 

2012年2月 9日 (木)

寒いなあ

ヒート・ショック…冬季の低温によるお風呂での事故(急激な温度変化のために血圧が急激に上昇したり下降したりして、心筋梗塞や脳血管障害が起きる)が多発しているそうです。

風呂の湯を貼る間暖房を入れていますが、脱衣場は寒いです。これが危ないと知ったから、小さなヒーターを導入。しかし、やはり我が家の脱衣場は寒い!気を付けねば…。<転ばぬ先の杖

それにしても今日も寒い一日でした。最高気温は、約3度!吹く風も冷たく、なかなか仕事がはかどりません。

よくもまああんなに寒風が吹き荒れる空港にいたものです。がたがた震えながらも、ただただ写真が撮りたいために。趣味とは恐ろしいものですね。そんながたがた震えながらの撮影もこの冬は…。情けない日々を送っています。

○言ってやらせても、見せてやらせても、なかなか理解・実践ができない今年の新米。こんな新米、初めてで随分(私も)悩んでいました。

今日、試しにもう一人の新米の仕事を見させました。(まあこの新米もさらにできの○い者でして、五十歩百歩と言ったところか!)

ところが帰ってきて報告を聞いたら、驚く観察眼!これまでの私の???驚くやら、がっかりするやら。

明日からの新米の仕事ぶりが楽しみになりました。

我が息子・娘ほどの年齢の開きがある新米だけに、一体何を考えているのか分かりません。先日も書きましたように「私は人の心が分かりません」から。

でも、新米の言葉を信じて、少しは成長してくれるかな?

○SK、昨年は赤字!

やはり燃料費高騰と人件費かな?同じスター・アライアンスの青組。万が一に備え、若干の人員削減を発表。

2012年2月 8日 (水)

それより10円引く!

JETSTAR JAPAN

http://www.nikkei.com/video/?bclid=67379774001&bctid=108977581002&scrl=1

他社が100円下げれば、さらにそれより10円引く」…かつてこれ程の挑戦的な言葉を発した人が(航空界に)いたか!

沖縄・福岡・大阪~成田路線か!A320、3機から始め、増機を重ね24機体制までもっていくと言う。

将来は、ビジネス客の多い路線はメガ・キャリアで運行、バカンス客はLCCの図式を描いているような気がします。

日本でLCCが成功するためには、真に利用客のためになるには、やはり国土交通省の航空行政では不十分だと思います。世界の航空業界の動きが、未だに分かっていない。(分かっていると思うが、改革しようとしない?)

外資の導入に対しても厳しい制限があります。開かれた国とは、到底言えない閉鎖性。

またそれに群がる財務省、あれやこれやの税金をもっと下げるべきだと思います。

いつまでたってもこの二つのお役所は、縄張り争いに終始しています。それに口出しできない情けない政治家。口先だけですね。

久し振りに自作をサイト・アップしました。

2012年2月 7日 (火)

嫌なホコリ

いいカメラ(スペックを見てびっくり!)だと思うけど、買えないなあ。

http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20120207/1041014/

私、人様よりずっとずっと遅くディジタル一眼カメラを買ったのですが、それでも決断を要しました。ですから、これはとても手も足も出ません。

コンピューターと言いカメラと言い、1年間に二度新製品が出ますから、買うとなると(買い換えるとなると)さらに決断が要りますね。これ買うのは、またしてもマニアのF氏?

ディジタル一眼カメラで思い出しました。これはとっても困っていますから、知識の豊富な方に是非お教えを請いたいです。

ホコリです。青空を入れれば一目瞭然。イメージセンサーの振動クリーナーを二度三度やっていますが、レンズ交換した後なんぞ、必ず入ってきます。と言って、エアーダスパーを吹きかける勇気はありません。

せっかく撮ったものもフォット・ショップで補正をかけようとするとホコリ!まったく嫌になります。下手な修正ですが、毎度毎度…。

伊丹で撮った折りの写真も5・6カ所ホコリが付いていました。ブロアーで吹いたのですが…。

私の場合、石仏撮影のためにショート・ズームを使っています。飛行機撮影の場合、どうしてもレンズ交換を余儀なくしなくてはなりません。

今のカメラの一番の不満は、性能ではありません。ホコリ対策です。本当に困っています。

これがあるのでディジタル撮影(空が入る場合)、気合いが入らなくなります。

2012年2月 6日 (月)

8億人と

●現在日本の人口が、約1億2千万人強ですから、http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120206-OYT1T00971.htm

この数字の中に私も入っているぞ。

開業から34年、政治に振り回され続けた空港です。近年○燃料費高騰○リーマンショック○東日本大震災○羽田の国際化などが原因で、伸びは鈍ってきています。

それを差し引いてもこの数字です。10億人を通過点に発展していって欲しいものです。

それに比べて、関西(今年は違う?)や中部のお粗末なこと。前者は、伊丹・神戸空港というやっかいな存在が足を引っ張っています。いつになったら解決することやら。後者は、頼みの地場産業の不振が響いています。

●これはお粗末

http://www.youtube.com/watch?v=TXkf86PblNQ

この画像を見ると機長さんが言っているようなことが事実なのか?!明らかに一度着地し、無理な機首上げが原因だと思います。お尻をこすって、一度機首を下げ、再び舞い上がっているのが分かります。(因みにいくつかの映像を見ましたが、この映像が一番よく物語っています。)正確に事故調査委員会に話をしていただき、事故再発に努めて欲しいものです。

●あれあれ

ワン・ワールド、なかなか仲間が増えませんね。アメリカン航空の倒産というビッグ・ニュースもあり、先行きに不安を感じます。

インドの新興航空会社キング・フィッシャー航空、資金繰りに喘いでいるそうです。ワン・ワールドの加盟も怪しくなってきました。

今年もワン・ワールドは、雲行きが怪しい。

2012年2月 5日 (日)

人の心を読め!

☆ここ数日の寒気もやや和らぎ、勇気を出して床屋さんに行ってきました。髪を切っていただくと、ただでさえ薄い頭部がスースーします。風邪をひかないようにしなければなりません。

床屋さん、(内部は分かりませんが)定年もなく技を売る商売、おじさんやおばさんの頑張っている姿を見ると、自分もちょっとは見習わなくては…。(やっている時に客がこんなことを考えているとは)人の心は読めないものですね。

私、若い頃から先輩に「人の心を読め」と何度言われてきたことやら。このことで何度悩んだか分かりません。あなたは、人の心を読めますか?

私とて「人の心は読めます。」と言ってみたいのですが、それができないんです。ですから、仕事では随分悩みました。

何かことが起こると「人の心を読んでいますか?」と聞かれ、言葉に窮する私です。

勿論人の心を推察するくらいはできます。でも、それが当たっているとは限りません。ひょっとしたら、私の独断と偏見かもしれません。

そうなると気の弱い私は、ますます人の心を読めなくなります。

そんな私です。人に向かって堂々と「私、人の心を読めません」と言う勇気もありません。ブログというのは、実に便利なものです。「まさかそんなことを」と言ったことも文字に表せます。

そんな気弱な私、ある時精神科に行く用事ができました。もちろん私が診てもらうのではないですが、ついでにドクターに(恐る恐る)「私、人の心が読めず、この仕事をしています。」と告白したら。

(笑って)ドクター曰く「人の心が読めたら、私、おまんま食えません!」だって。多くの患者の事例を集めながら、あるいは情報を収集しながら、過去のデータと比べながら、治療していると言われました。

私、ホッとしました。今まで散々悩んできたことが、スカッとしました。それでも仕事柄、「この人、こう考えているのでは?」と思いを巡らす努力は続けたいと思います。

☆順調に回復している?

http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=52090

この調子で実績を上げ上場し、さらに資本を増やし、自力をつけていただきたいものです。同じ事を何度も書きますが、海外の空港で「鶴丸(アークでは感じませんでした)」を見て安心する一人の日本人です。

☆B787

http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C81818A9993E2E2E0E28DE2E7E2E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2

2012年2月 4日 (土)

戦争と平和

(やはり心配なのでまた書きます。)これがもし実現したら…

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2012020402000024.html

間違いなく一気に中東に注目が集まります。核兵器開発の制止を何としてもやりたいアメリカと恐怖に先制攻撃のイスラエル。

石油投機が始まり、世界の石油価格は一気に上昇。

国際連合安全保障理事国である5カ国の利害のために、世界中の国々が巻き込まれるのは勘弁していただきたい。

人類の歴史は、本当に懲りないことの連続です。自国の利害のために動く情けない常任理事国。そろそろ国際連合の在り方を検討する必要があるのでは?

週末のお天気が気になっていました。本来ならば東に向かって石仏でも撮るのですが…。が、どうも西の方が気になっていました。

天気予報を信じて

Dsc_5645(画面の両脇には?)

皆さんの中でも何度も経験があるのでは?撮りたい時に曇られ、過ぎ去ったら光が当たる。今日の伊丹は、まさにこのパターンでした。遠くから笑っていたS氏。(でも私だけが心がけが悪いのではありませんよ!)

世界では物騒な話が起きているのに、ここは平和でした。そしてお天気に泣いた私でした。

2012年2月 3日 (金)

寒い朝

今日は節分。「鬼は外!福は内!」と言って、室内と室外に豆をまいた頃が懐かしいです。節分の日にもかかわらず、朝の最低気温はマイナス5°でした。

昨年初夏に行った長野県南牧村では、マイナス26°だったそうです。日本列島、まるで冷蔵庫状態の朝でした。

また、暗いニュースが入ってきました。

名古屋(小牧)空港時代、頻繁に赤・白・緑のラインが垂直尾翼に…。

そうマレブ航空(ワン・ワールド)の経営が怪しいという。原因は分かりませんが、恐らく燃料費高騰か?人件費か?ではないでしょうか。

http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=52091

これは世界の航空会社とて同様、先のアメリカン航空の人件費に泣いた倒産もありました。スター・アライアンスの優等生ルフト・ハンザ航空も大幅な経費削減を発表しました。

そしてこれです。もしもそうなれば、再び石油投機が始まり、せっかく持ち直してきた各国の経済は、振り出し(リーマン・ショックの頃)に戻ること確実です。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0203&f=politics_0203_011.shtml

折しも今日の新聞は、日本の輸出産業の不振(大幅な赤字)を伝えています。ホンダ・マツダと言った自動車産業の赤字の大きいこと。これでは超円高(日銀は静観!)の中、国内生産の縮小は避けて通れません。さらに就職難が被さってきます。

一体この国は、どこへ向かっているのでしょう。私自身も今後の生活に大きな不安を抱いています。

2012年2月 2日 (木)

エア・アジア・ジャパン

☆いよいよ認可がおりたそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120202-00000571-san-bus_all

8月からならば、ゲジで撮れるか?それともBランを使って泣くか?

それでもA320は小さいですねえ。まあ国内線も戦国時代に突入するだけに、致し方ないか。同じ年にピーチとエア・アジア・ジャパン、青組の積極的な動きには注目ですね。

日本の高い着陸料・空港使用料などを考えると、世界のLCCのような価格破壊は期待できませんね。

羽田・伊丹などの儲けを他空港に回すようなやり方では、競争力はつきませんね。まあパイの奪い合い程度かな。

☆もう出てきた

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120131/amr12013123160003-n1.htm

すぐに再検討をするオーストラリア、追随し言われるようにしかできない某国

やはり懸念されてきたことが、もう出てきました。貴重な国民の税を有効に活用していただきたいものです。

それにこれだけ円高(それでも燃油サーチャージを維持する!)、産業の空洞化が進む状況の中、日本のLCCがどこまで成長するのか楽しみです。

もう一つは、メガキャリアがどう生き残っていくのか、これも楽しみです。

☆忘れてはならない!

昨日(2月1日現在)大震災被害者の内、行方不明の方は、3,339人です。少しずつ減ってきています。捜索に当たっておられる方々のご尽力に頭が下がります。寒い中、本当にご苦労様です。

2012年2月 1日 (水)

杓子定規と伝統

★またか?!と思ったら…

http://mainichi.jp/flash/news/20120201k0000e040162000c.html

深酒でもあるまいし、まさに杓子定規な処分(乗務12時間前に引っかかる。1分でもダメですかねえ。)ですね。これは同情します。

単純計算1人当たり175cc(ビール!)でこれですよ。1日の激務を考えたら…。度数の高いアルコールならばいざ知らず。乗務員よりも処分する方の見識を疑います。

乗務前のアルコール検査にも引っかかっていない事実もあります。(女は恐ろしい!)

クルー内の人間関係も悪くなりますね。時計を見合って懇親を深めるなんて。

★ここもか!

新生ベイスターズならば理解できますが、中日・阪神(他にもあるかな?)までがユニフォームのデザインを変更しました。

中日は、落合前監督の土産をばっさりと切ってしまいました。これで今シーズン優勝できなかったら、笑いものですね。

いや私の言いたいことは、別にあります。ユニフォームのデザインは、余程のことがない限り変えるべきではないと思います。これでは某国の大統領選挙みたいです。前大統領の不正を暴くことに約1年を費やす悪習慣。

伝統の重み…ヤンキースのピンストライプを挙げればお分かりでしょう。

その時その時の気分でユニフォームを換える、何もポリシーのないことを証明するようなものです。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »