2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今日のお天気は?

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

驚異と独占

エーッ!」「ウッソー!

スカイマークが…。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111030/biz11103022020012-n1.htm

期間限定、1便当たり20席とは言え…。話題作りがうまいですね。

スカイマークは、北海道(千歳・旭川)、九州(福岡・那覇)にも路線拡張を発表しています。これで自社のA380が、欧米に飛ぶようになったら…。

これは赤組・青組どころか、成田飛来の欧米の航空会社にとっては、驚異ですね。

特に他の会社よりもエコノミー席が、ちょっとでも広かったら?サービスが良かったら?

異常気象?

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111030-OYT1T00603.htm

どうなっているんでしょう?日本だけではないですね。地球がおかしい。

こちらはお家騒動

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011103100006

カンタス航空、オーストラリアの空を独占しているだけに影響は大きかったですね。いくら子会社をつくったにしても、やはり独占企業、経営者も強気でした。

一時は、「従業員を会社施設から追い出す」といった荒技まで出ていました。

オーストラリアでもカンタス航空に対抗する航空会社が生まれなければ…。

2011年10月29日 (土)

青色

デルタ航空の太平洋路線の好調さをお知らせしましたが、(9月)青組も好調ですね。http://www.asahi.com/business/update/1028/TKY201110280476.html

赤組の路線廃止及び機材縮小の中、国際線はB777・B767・B737を効果的に使い分けている現れだと思います。一昔前の青組は、国際線の赤字を国内線の黒字で補っていたのとは、大きな違いです。

話変わって、(何度も登場する)タイの洪水です。いよいよ首都陥落?!画像・映像をたくさん見ましたが、じわじわバンコック市内を制圧?!国外脱出できる裕福な人達はいいですが、生まれ育ち生活している人達にとって、このじわじわ洪水はたまったものではないと思います。

自然の力の偉大さ・凄さを改めて感じます。さらに悪いことに…。http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011102801085

これ以上の被害者がでないことを祈るしかない私。これまた無力です。そう言った中、日本政府は、http://www.asahi.com/business/update/1028/TKY201110280547.html

これは(日本政府としては異例?)素早い措置と歓迎したいです。民間(銀行)でもhttp://sankei.jp.msn.com/economy/news/111029/fnc11102900530000-n1.htm

世界経済を揺るがす(事実自動車関連が目立つようですが)この洪水の被害、電子部品を扱うあらゆる産業に影響を与えています。

最後に、いつまで続くこの問題。http://sankei.jp.msn.com/sports/news/111028/bbl11102823540020-n1.htm

ベイスターズ・ファンならば怒りますよね。昨年も身売り問題が出たチーム。今年も出てきましたが、思わぬ横槍が…。

2011年10月28日 (金)

今日は

今日は、お空のお話。

エアインディア、787の購入数削減
エアインディアは787を27機購入予定だったが、12機に変更する可能性がある。損失が続く経営状況を立て直すためコスト削減の一環だという。

エアベルリン、受け取り延期
エアベルリンは11機のA320と8機の737の受け取り時期を3年ほど延ばし2015年からとすることを明らかにした。収益を黒字に戻すための策だという。

日本航空、アラスカチャーターに19便運航
 アラスカ観光協会によると、日本航空(JL)が予定していたアラスカへの直行チャーターで、新たに広島発着便を追加し、18便から19便に増やして運航するという。

デルタ航空、太平洋路線の旅客収益が22%増-第3四半期
デルタ航空(DL)の2011年第3四半期(2011年7月~9月)の業績で、太平洋路線の旅客収益が前年比22%増の10億7300万米ドルとなり、全方面の中で最も高い伸び率となった。

あんなに元気だった中国とインド、最近は急成長の姿から緩やかな成長へと変わったようです。また、ギリシャを震源地とするEU諸国の財政もおかしな雲行きです。

それにしても我が国、トルコ地震への対応が鈍いのが気になります。苦しいときは、お互いに助け合うのが人の道ですね。

びっくりしました。先程地震がありました。ほぼ真下です!

2011年10月27日 (木)

ナビゲーション

まあ売る方は、次から次へといろいろな商品を考えるものです。

自動車にカーナビゲーション(それもCD→DVD→HDへと進化?)の普及は、ETCと並び凄まじいものがあると聞いております。

それにつれていろいろな付加価値を付けるのが、日本の企業のやり方。(因みに小生のカーナビゲーションは、今はテレビは見ることができません。地デジ未対応のものです。約2年半でテレビを見た回数は?実はないんです。自宅でもテレビは見ない人間です。)

今車に付いているナビゲーションは、普段電源オフです。石仏・道祖神探索時もほとんど役に立ちません。地方、まして山間部の林道を詳しく映し出すナビゲーションではありません。安物ですから。

そして今度は?http://www.asahi.com/shopping/news/TKY201110250758.html

自転車にナビゲーションだそうです。車ほどの台数は売れないと思いますが、そこは商売の仕方一つで…。

また今日もB787のお話http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20111026/223439/?P=1

良いことずくめの記事ですから、全部が全部信用できないと思います。小生の一番の関心事?!湿度ですね。乾燥湿疹の小生としては、湿度に過敏です。

長距離を飛ぶと途中から顔のあちらこちらがかゆくなります。それが少しでも和らげば…。

2011年10月26日 (水)

明るいニュース

これは明るいニュースです。http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=50877

S氏の笑顔が思い浮かんできます。

しかしよく読むと日系航空会社の増便は…。やはりこの空港もトランジットで稼ぐ空港ではありません。この調子では、成田の二の舞をするような気がします。やはり空港の飛躍は、接続便の便利さであり、そこが出発点・到着点では限度があります

国内のLCCでも遠路はるばる島まで…。某航空会社がいち早く神戸空港に目を付けたのは、えらいと思います。神戸空港は、便利ですね(だからこそ話が難しくなります)。

連日話題提供のB787、いよいよhttp://www.jiji.com/jc/p?id=20111026133004-1656978&j3

早ければ赤組にも12月に1号機が…。両社併せれば約90機のB787が!こうなるとB767の存在が薄くなります。最も使用目的が異なるだけにすみ分けがはっきりするだけ?でも、所有機は減るでしょうねえ。

話題ががらっと変わりますが、これも明るいニュースです。http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011102600836

「客寄せパンダではありません」、芸術の秋です。オランダ政府の厚意に感謝!

2011年10月25日 (火)

困ったお話

高麗航空

昔、名古屋空港に旅客機・貨物機が(秋になると)よく飛来していました。http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/10/25/0200000000AJP20111025001300882.HTML

ここまで低い評価を受けると外国人は利用できませんね。そもそもこの国、航空燃料はあるんでしょうか?(噂では)パイロットの訓練はおろか、飛べない戦闘機もゴロゴロ?!

名古屋空港に飛来していた機材も古いイリューシンばかりでした。エンジンの力が非力でなかなか上昇できず、小牧山にぶつかる?なんて悪口を言っていました。

ノック・エアー

このBLOGでもたびたび登場する「タイの水害」の影響を受け、ついに「バンコック発の運行を休止」と言うニュースがありました。http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381959FE0E7E2E09E8DE0E7E3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

そこでボーイング、「昔とった杵柄?」で(もちろん写真でしか見たことがありませんが)ノック・エアーのB737にフロートをオプションで提案?…冗談です。

チャオプラヤ川は、日本の河川と違って流れは緩やかです。それだけに上流から下流にかけてゆっくりと水は流れます。水害もゆっくりです。

これだけ分かっているのにバンコックの町を守る手立てを満足に高じてこなかった行政、日本だったら大問題ですね。

これから世界経済に与える損失がどんどん膨らんでくると思います。

一時良くなったかに見えた私の風邪。今日の午後から鼻水ジュルジュル(きたない話でごめんなさい!)、もう今日はダウンです。

2011年10月24日 (月)

今日の日記

今日は、歯科の定期検診二日目。2週に分けて上下の歯石とり。痛いですねえ。それにあの音…不快感を通り越しています。

治療を終えて、しばし雑談。この町にも歯科医が増え、過当競争だそうな。昔のような優雅な気分に浸っておれず、長時間労働に耐えねばならぬそうです。東京のK氏も同じようなことを言っておられました。

それでも私のような安月給の身からすれば…。まあ「他人の飯は白い」と言いますから、想像だけでものを申すのは失礼ですね。

外へ出るとジェット機の音。「自衛隊の音ではない!」、上を見ると赤組のB737でした。随分低く飛んでいるところを見ると、(恐らく)南の島を目指しているのでしょう。

あの機体の中に「旅の想い出をいっぱい詰め込んだ人」が乗っていると思うと、羨ましくなりますね。

そして「私にあのような体験ができるのだろうか」と思うと…。

話変わって、昨日は「航空自衛隊小牧基地航空祭」だったんですね。板を読むと豊田の御大も出陣されたとのこと。きっとM氏も行かれたことでしょう。

新聞に寄れば、2万人以上の人が詰めかけたそうです。私も数回基地祭に行ったことがありますが、どうも人混みは苦手です。

本日、私のサイトのアクセス件数が、230,000となりました。ご訪問してくださった方々に深く感謝致します。ありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願い致します。

2011年10月23日 (日)

海外は元気だが

赤組でB787が完熟訓練をしている最中、海を越えると…。

中国東方航空、787キャンセル
中国東方航空は24機購入予定だった787をキャンセル。 引渡し時期の遅れが要因だという。その代わり737を45機購入する予定。またA330を15機購入する。

急成長を遂げている中国の航空会社、やはり待ちきれないのでしょう。A330をたくさん所有している中国東方航空です、中距離向けの機材が速く欲しいからかな?

LH:A340-600ばかりを眺めてきたS氏。冬スケジュールでは?http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=50838

おーっ!B747-400だ!関西空港にB747!ヨーロッパからやってくる!

LCCターミナル建設と言い、関西空港が元気になっていただきたいものです。LH,AY(one world)を意識してか、冬スケジュールもデイリー運行を決定済み。

こうやって考えると、やはり国内の航空会社の」ヨーロッパ便、中部から飛ばしてくれないかなあ。

今日は、お天気の回復を願って(やはり予報は外れた!)、また石仏巡りに出かけました。山間部が中心ですから、1カ所見付けるのに予想以上の時間がかかりました。そんな折り

Dsc_4123

美味しそう!梨と柿が大好物の私です。いよいよ柿のシーズン!

2011年10月22日 (土)

小出久和氏

昨日は、午後から微熱及びのどが痛くてダウンしました。

幸いなことによく寝たためか微熱は収まりました。のどの痛みはまだとれていません。よって今日は友人のお見舞い以外は、自宅に閉じこもりDVDを見たり…。

そんな午後、宅配便が届きました。

P1000493信濃路の双体道祖神(小出久和:著)

実はこの本、以前ネットサーフィンをしているときに見付けました。どんな本なのか見ようとしても簡単な紹介で終わっていました。メール・アドレスでもあれば、問い合わせていたんですが…。

木曜日、またこのサイトに出くわしました。仕方なくFAXで問い合わせたところ、ご本人が電話に出られドキドキ。私の欲しい本なのかどうかを問い合わせたら???

即購入を決定!もう我が家に着きました。パラパラめくると…。「凄い!」の一言。

後書きを読むと、何と15年の歳月をかけて信濃路の双体道祖神の90%以上を押さえておられます。しかも写真と2万5千分の一の国土地理院の地図に所在地付き!

これがあれば、これまでのようなことはないはず!書籍代6300円なんてただ同然!

今まで参考にしてきた書籍のほとんどが「昭和の時代のもの」です。市町村大合併前の貴重なものです。

小出久和氏。地方には素晴らしい人がいるものです。自分の足で集められた貴重な本です。これからはこの本を参考に信濃路を歩きます。

できたらこの方とお会いしたいものです。初心者マークの私に会ってくださいますかな?

2011年10月20日 (木)

眠らぬ空港

東京の都心ならばいざ知らず、今までの長年の生活リズムは、なかなか直らないようですね。

何?空港の24時間オープンの話です。トランジット客が多い空港ならば分かりますが、日本を発着するとなると、24時間オープンは、まだまだ先のようです。

日本で一番混み合う空港ですら(もちろんいろいろな制約があることもありますが)http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111020-OYT1T00836.htm?from=main4

午前3時に出発なんて…。考えられます?私もそれに近いことを海外の空港では経験がありますが、身体がもちませんでした。

この時間に日本を出発しようとする日本人は…。まだまだ24時間空港は、航空貨物に限ると思いますが、いかがなものでしょう。

「空港は眠らない」「24時間オープンが悲願」なんて言ったって、自分が積極的に利用しよとする人は限られていると思いませんか?

それに運行に関わる数多くの人達だって、身体を休める時間ですよね。体内時計が休息を求める時間です。

2011年10月19日 (水)

今日も

今日も心温まる話から

http://www.asahi.com/national/update/1018/TKY201110180425.html

大船渡市の河川に秋鮭が産卵のために戻ってきました。映像を見るとこのために多くのボランティアの方々ががれきの撤去をされたとのこと。

せっかく戻ってきてもがれきのために遡上できないのでは、秋鮭もがっかりでしょう。こういった人達が同胞にいることを誇りに思います。

厳しい冬を前にした心温まる東北からのニュースですね。

嬉しいような?

http://www.asahi.com/business/update/1019/TKY201110190456.html

しかし私の住む街では、今週から(レギラーガソリン)4円値上げをしています!これもいつも言うことですが、どこのガソリンスタンドも一斉に同じ金額値上げ(下げ)をする!

公正取引委員会(全国となると広すぎますが)、見せしめにどこかの地域でカルテル摘発をやって頂きたいものです。

経営は苦しいかもしれませんが、こんなに露骨なやり方を認めることは、決してできません。今に消費者の手厳しいしっぺ返しを食うと思います。

いよいよ建設が始まります。

http://www.asahi.com/travel/news/OSK201110190062.html

ピーチ・ジャパンジェットスターなどLCC専用のターミナルの建設です。記事にもありますようにお金のかかるボーディング・ブリッジはなし。タラップを使っての乗り降りです。

でも高齢者・体の不自由な方は?気になりますね。誰にでも優しいターミナル作りをして頂きたいものですね。

できたぞ!

http://mainichi.jp/norimai/air/graph/20111019p/

11月に日本にやってくるそうです。S氏ニタニタ?!さて私はいつどこで撮れるのでしょう?やはり西の?かな。

*今日、10月16日伊丹ショットをサイト・アップしました。

2011年10月18日 (火)

心温まる話と…

誠に温かいニュースです。http://www.asahi.com/national/update/1018/OSK201110180044.html

さだまさし…まだグレープが有名でなかったら頃の話。大学の授業が終わって○鉄電車で○山で乗り継ぎ。交差点を渡って若者に呼びかけられました。「グレープのコンサートいかがですか?」と。まあ急いで帰宅するわけでなし、「音楽でも聴くか」という軽い気持ちで近くの会場に行きました。「成る程空いている!」。

それまでグレープって知らなかった私。聞いていると「面白いな」と。レコードを買うわけでなし、FM放送で流れてくるグレープを聴いていた私。その後グレープは解散し、さだまさし独立。その後の大活躍はご存じの通りです。

相変わらず歌よりもおしゃべりの多いさだまさし。それでも心のどこかに引っかかった存在。そんなさだまさしの作った校歌を聴いてみたいものです。

この夏、○知県高校野球で優勝した○学館高等学校のユニークな校歌を紹介しましたね。肩苦しくなく好感のもてる校歌でした。きっとこの中学校の校歌も生徒に地域の人達に交換をもたれると思います。

このニュース、被害状況が日増しに増えていくようです。http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK063622820111018

底部も軟弱なものしかないタイの低湿地。昔は勿論水田で、「浮き稲」の栽培で有名な所でした。水かさが増しても茎を伸ばし、水面から穂を出す変わった稲です。

そんな場所に工業団地を造成。過去の教訓を生かし切っていないものです。残念です。

2011年10月17日 (月)

ニュースを二つ

日本航空への公的融資のお話http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111016-OYT1T00818.htm

凄い金額ですね。国民一人当たりにしたら?約360円也これを安いと見るか高いと見るか?

残念なことは、会計検査院の発表がなければ、国民は血税の行く先を知らないままで終わると言うことです。

こういった国民の不審を買うような動きは、民主党政権になっても変わらないと言うことを私達は知らなければいけません。口先だけの「国民主権」であってはなりません。

国民の厳しい目があると、http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111017-OYT1T00276.htm

さすが原因が解明されない時期に飛ばすわけにはいかないでしょう。小松基地祭も中止になったと聞いています。当然でしょう。

ニュース・ソースは忘れましたが、中国南方航空にA380が引き渡されたそうです。SQ,KEに次ぐアジア三番目の引き渡しですね。

中国南方航空・中国東方航空・上海航空とスカイチームに3社がそろっています。中国交際航空がスターアライアンスに加盟しています。ワンワールドは?(聞くところによると、エアーインディアは、スターアライアンスに加盟予定とか。)

2011年10月16日 (日)

今日も練習しましたが

久し振りに掲示板に自作をアップ致しました。

練習不足は言うまでもないですが、やはり撮影技術がまるでないことが分かりました。

切り取り方・地面の傾きなど、もっと優れた作品を見ることと落ち着いて撮影することですね。(分かったようなことを書いて、また同じ失敗をする!?)

例えば

Dsc_4066

タッチダウン…「ヤッター!」と思って確認すると、地面が傾いていました。がっかりです。S君ならば、完璧な写真を撮るのに…。

私、思いました。アプローチよりもタッチダウンの方が難しいと。三次元の動きをする飛行機だけにアクション・ショットは、実に奥深いと思います。

話が前後しましたが、ポケモン狙いに伊丹に行ってきました。お空はガサガサでしたし、お目当てのものは来ず…。(青組さん、ポケモンのスケジュールを発表してくれないかなあ。)

2011年10月15日 (土)

夢?

私には夢のようなお話ですが、いよいよ…http://sankei.jp.msn.com/science/news/111015/scn11101511240001-n1.htm

"Virgin Group"のやることは凄いですね。レコード・航空会社など、どれをとってみてもユニークな存在です。

(先日亡くなられた)スティーブ・ジョブズ率いるアップルも(どこか)似ています。

また話が逸れました。この旅行、日本人を含めて455人の予約!…世の中お金持ちが多いですね!私何ぞ、当たりもしない宝くじに夢を託し…。

それでもそれだけの高額に見合った夢を提供しようとしている"Virgin Group"の凄さ!これには拍手を送りたいものです。

私、こういった旅ができるんでしょうか?http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=50732

先日も書きましたが、私船酔いをします。こんな私がクルーズなんてできるんでしょうか?

40年近く前、初めて北海道に行ったとき(国鉄:周遊券…懐かしいでしょ?)、青函連絡船(これまた懐かしいでしょ?)に乗ったときも船酔いしました。

この時初めて食べたイカ・ソーメンは、美味しかった。

そんな船に酔いやすい私がクルーズ?興味があっても尻込みしてしまいます。でも、でも、話のネタに利用してみたい気持ちも…。

それに飛行機と違って、船内を歩けます。足を伸ばせます。横になって眠ることができます。

2011年10月14日 (金)

日本の原形

私、こういった企画が大好きです。http://www.asahi.com/eco/gallery/utsukusii-mura2011/20111013/

考えてみれば、コンクリートの固まりのような機能優先の街。私の住む街もとても自慢できるようなものではありません。

しかし旧部落の道路端には、小さな石仏があったり祠があったりします。そう言ったものの前にお供え物を見付けると何かホッとします。

そうやはり日本の国のベーシックは、木造家屋であり、水田だと思います。敢えて名付けるならば「日本の原形」とでも言いましょうか?

そう言った意味からこの企画を見ると、さすが日本中の優れたカメラマンの力作です。1枚1枚じっくりと見ていきたいものです。

私、にわか棚田カメラマンになったのは、「日本の原形」の一つである斜面に張り付いているように広がる「棚田」に興味・関心をもったことです。

普段何気なく食べているお米、棚田で作られるお米は、一粒一粒が農家の人の汗の結晶です。ありがたくいただかなければなりません。

幼い頃何も分からず農作業を手伝った経験が、最近になってよみがえってきます。はざから脱穀機に運ぶ役、農作業の終わった田圃で(竹べらを使って)タニシ採り。そして焼き芋。焼き上がる頃には、日がもう傾きかけていました。懐かしいなあ。

棚田で作業をしている人達を見ていると半世紀前を思い出します。

2011年10月13日 (木)

あれこれ

お空のお話をまとめて

SQ:いよいよ来年の4月からLCC(長距離?)に参入のニュースが流れてきました。以前B777で運行のニュースと併せ、実現に向けて一歩前進。

TG:こちらも子会社の設立です。現行の塗装に加え、曲線を生かした塗装が発表されています。

ピーチ:機体の名称を公募

ジャパン・ジェットスター:女性社長を発表

青組:いよいよB787の完熟訓練を開始。(羽田~岡山)。21日(金曜!)南の島に登場!

実際に起こらなければいいのですが、http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011101300748

パイロット不信感はありませんが、「万が一」を考えるとこういった訓練は必要だと思います。しかし、実際自分が搭乗客で起こったのならば…。

まあそれ以上に神経を使うのが「シートベルト着用」でしょうねえ。これだけはパイロットを信じていてもいつ「晴天乱気流」に遭遇するかは分かりません。

窮屈な座席(こういった場所しか座れない悲しさ?)ですが、自分の命は自分で守りたいものです。

2011年10月12日 (水)

あれあれ

あれあれ、国内の話ではない!http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111012/biz11101217150011-n1.htm

自動車だけでないことが判明!Nikonのディジタル一眼レフ・カメラもタイ製だそうです。こちらはカメラもそしてレンズの工場も水浸し!Nikon製品の品薄が当分続くのでは

自動車は、社によっては東南アジアへの輸出工場になっているとか。

工業製品は、たくさんの部品から成り立っています。工場は組み立て工場が脚光を浴びますが、二次・三次・四次…裾野が広い産業です。

先日の豪雨で友人の車も「水が入って廃車」と聞きました。機械は水に弱いです。それだけに生産再開までの道のりは長いことでしょう。

国内での自動車生産がやっと軌道にのったと思ったら…。まさに「泣きっ面に蜂?」ですね。

これまた暗いニュースです。http://sankei.jp.msn.com/science/news/111011/scn11101117080001-n1.htm

過去において「ラニーニャ現象」により冬の寒さの厳しさを経験済みだけに、これは…。

最後に幸せな気分…今日も暑かったので運転席の窓ガラスをあけて走っていました。信号待ちで車を止めると…。良い匂い!キンモクセイ

お陰様で信号待ちの間幸せな気分になりました。

追加:この存在はキャプテンからお聞きしていましたが、やっと画像が…。http://mainichi.jp/norimai/air/graph/20111012JAL/

2011年10月11日 (火)

自己満足と好奇心

2日間の石仏・棚田撮影の後処理に随分時間がかかりました。先程予定していた画像の全てをサイト・アップしました。

これ程自己満足の世界はない」、我ながらこれだけの集中力を他に生かせたら…。

この歳になると長距離運転は、非常に疲れます。ましてや林道・坂道・細道が続く「石仏・棚田撮影」、余計に神経を使い、疲れます。

まさに「好きこそ…」、これは自慢にはなりませんね。自己満足の世界ですね。

これに比べたら(ランチェンがなければ)成田の飛行機撮影は、楽ですね。これで成田がもっと近ければ…。

さて、博多からこんなニュースが…http://www.asahi.com/eco/news/SEB201110110001.html

私、まだ鯨を見たことがなんです。日本で鯨が見られるところは、「小さな舟で沖合に出て鑑賞する」と聞いています。

私、アルコールにも小さな舟にも弱いんです。直ぐに酔っぱらってしまいます。ですから、今まで機会はあったものの尻込みしてきました。

それでも鯨を見たい好奇心はあります。

最後は、エーッ!http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111011-OYT1T00907.htm

2011年10月10日 (月)

疲れました。

8-9日、松川村・大町市・白馬村・美麻村・八坂村・大岡村を回ってきました。

総走行距離約710kmです。後半四つの村は、山村です。

道路は整備されていますが、そんなところに「道祖神」は滅多に見られません。旧道に入った途端、愛車のトレッド・ホイルベースの長さに泣きました

初めての車検(来年4月)を受けるべきかどうか?150~180cmの脚立が乗る車。もっと短いホイルベースの車。低燃費の車。もう全走行距離は、7万kmを越しています

絶壁の上の道路でUターンは、何度やっても怖いです。思わず車から降りて、余裕を確認することたびたび。

廃村に近い山村もいくつも入りました。ナンバープレートを見て、「遠くからおいでですね」と、優しい言葉。

最近気になっている棚田。白馬村に行ったのは、青鬼(あおに)の棚田を見たかったからです。

Dsc_3935

風は吹いていれば、もっと澄み切った空気で北アルプスが望めた…。田植え・稲刈り時期に再訪したいものです。

道祖神撮影が目的ですが、これを一度見ておきたかった。遠回り(帰りの中央道の渋滞覚悟…約30km!)してでも…。

Dsc_4035

(大岡村)芦の尻という部落にあります。わらで作った道祖神!素晴らしい!感動!




2011年10月 7日 (金)

忘れられない…

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111007-OYT1T00889.htm

無責任なことを書きますが、随分若かかりし頃知人が"MAZDA"の車に乗っていました。たった数時間のレンタルでしたが、実に面白い車でした。

某会社には"GT-R"があった頃の話です。借りた車、タコメーターを見てびっくり。アクセルを踏むと何のストレスなくビューン・ビューンと回ります。そうその車は、「ロータリー・エンジン」を積んでいました。

貧乏な私には、「ガス喰い虫」の車には乗れませんでしたが、それでもあのタコメーターの動きは忘れることはできません。

そんな"MAZDA"が誇るエンジンもついに…。また伝説に残るエンジンとなりますね。

私にとって忘れられないエンジンが、カローラ・レビンに乗っていたエンジンです。キャブレターはソレックス…まさにアクセルを踏むと吠えていました

排気ガス規制のない頃の車です。冬の朝なんかエンジンのかかりが難しい車ですが、あの吠えたエンジン音も忘れることができません。

(持ち主には悪いですが)"TOYOTA 2000GT"もほんの1時間弱しか乗っていませんが、凄い車でした。あれは芸術品ですね。

111_1161(後日撮影しました)

インジェクションが電子制御になって、車の個性はだいぶ薄らいできたように思います。

車に夢をもち、道楽をしてきた私。面白みに欠ける車ばかり!山道・細道で随分傷を付けましたが、まあ今の車で我慢するか。

2011年10月 6日 (木)

スランプ

プロ・ゴルファー:タイガー・ウッズ、石川遼、ともに今シーズン絶不調。マスコミは面白おかしく書くけれど、過去の栄光を考えれば、二人ともに再生して頂きたいと願っています。

自分の人生を振り返ってみても、まさかと思うような落とし穴に落ちたことはあります。「人を恨むまい、これも経験だ!」と自分に言い聞かせてきました。

私だって人の子、「他人の飯は白く見えます」が、それで事態が良くなることはありません。自分の力を信じ、家族の支えに感謝し、こんな自分でも思っていてくれる友人に感謝し、今の自分があると思っています。

書店にいくと「人生訓」に関する書籍がいくつもあります。(失礼ながら)あんなものを読んで立ち直ることができるなんて…。

世界の人口=それだけの人生があります。一人一人違っています。せっかく受けた生、大事にしながら自分の人生を謳歌したいものです。

人生、万事順風な人なんていません。人生不運はつきものです。彼らはまだ若い、今のスランプを抜け出すだけの精神力はもっていると確信しています。

仕事柄若い人と接する機会が多い私です。余りにひ弱な若者が多いことに…。「叱られる体験が少なく」、妙に安全運転に仕事をしたがる傾向があります。彼らの受けてきた教育そして社会の在り方、どこか間違っていると思います。

2011年10月 5日 (水)

今日は

がっかりしました。

私の好きなスポーツ、「F1」での出来事です。現在"No.1"のレッドブル・チームは、食料は全て海外から運ぶという。恐らくシャワーもミネラル・ウォーターを使うことでしょう。さらに言うならば、離日の際滞在中身に付けていた衣服は全て捨てていくことでしょう。

この半年この国に生きている者を何と見ているのでしょう。本年は、この国でのGPはやりたくないと思います。事実2輪車のレースで来日しなかったレーサーもいました。

無事に帰国し、「日本は安全だよ!」と言ってくれればまだしも…。

全く過敏な行動と言わざろう得ません。

またサッカーでも韓国で残念なことがありましたね。この国、私個人的に好きではありません。

正式に発表されました。http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111005-OYT1T01175.htm

B787にとって初めての長距離路線です。ディストネーションがフランクフルトというのも納得できます。(ライバルは、地味なボストンでしたかねえ。)

しかし考えてみれば、青組成田からB773を毎日フランクフルトに飛ばしていますよね。LHはA380、赤組はB773です。凄い需要というか強気ですね。それとも成田の地盤沈下を招くか?

2011年10月 4日 (火)

次期戦闘機の選定

残念ながら我が国には、自力で戦闘機を生産することができません。それだけに"F4"に換わる次期戦闘機は、他国の力を借りなければなりません。

まあ憲法第9条の精神を汲むならば、それも道だと思います。

先日三つの戦闘機の提案がメーカーからありました。マスコミは、「まだ開発段階の戦闘機:F35」が有力と言っていますが…。

本日ボーイング社からhttp://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2011100400698・・・"F18"を積極的に売り込んでいます。

"F2"でも某会社がライセンス生産していただけに自衛隊幹部は、…。"F35"で果たしてライセンス生産ができるのか?

北朝鮮や中国の驚異を真摯に受け止めるならば、選定は急を要します。やはり領空・領海・領土は、自力で守りたいものです。平和ぼけしている場合ではありません。

また、某会社はサーバー攻撃を受けたと警察に訴えました。このことに関しては、尊敬する先輩のBLOGに書いてあります。http://search.jword.jp/cns.dll?type=jwd&fm=1&partner=AP&name=%83%49%81%5B%83%8B%83%68%83%7D%83%93%82%CC%97%B7%8D%73%91%E3%97%9D%93%58

2011年10月 3日 (月)

世の中双発機

LH、A380を2機注文。しかし、A330,A320,ERJと言った双発機をまとめて10機注文。やはり世の中、双発機の時代?

成田便、AF,SQ(一部),KE(もうそろそろ?)がA380を運行していますが、やはり双発機の時代です。

B747の大量輸送時代は…。赤組・青組の主力は完全にB777です。これでB767が順次B787に置き換わるならば、ますます双発機(低燃費)の時代です。

また短期的には、(悪名高き)燃油サーチャージも値下がり傾向にあります。が、これだけは先は読めません。やはり今のうちに低燃費の双発機に置き換えた方が賢明なのかもしれません。

赤組、いつまでCRJにこだわるのかも理解に苦しみます。参加のコミューターのDHC-8(いろいろトラブルがありますが)への統一も一つの選択肢だと思うんですが。

今となっては、CRJはお荷物ではないでしょうか?

それともERJへの置き換えも?いずれにしても動きが遅いですね。

相変わらず中国は元気ですね。http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111003/biz11100319390020-n1.htm

KIX便と言うのが泣かせますね。

また、オーストラリアとオープンスカイ協定を結んだそうです。

2011年10月 2日 (日)

今日も格闘

連日サイトの再構築に力を注いでおります。

くどいようですが、面倒でも規約を読まなくてはならないことが…。(後悔先に立たず

かなりの部分は回復したのですが、まだまだ完全には復旧しておりません。

復旧作業の合間に"Sightseeing"に「日本の棚田」シリーズを作りました。「石仏」を回りながら、また一つ楽しみができました。

アマゾンで2冊古本を購入しました。それによると、東北地方から九州地方まで「日本の棚田100選」は広がっています。

またネットで検索したら「ぎふの棚田19選」と言うのもありました。

(ここまでくると、「染まりやすい質」丸出しだと…。)

棚田」は、日本人の勤勉さ・誠実さをよく表していると思います。

古来日本人の主食であるお米、もともとは熱帯植物です。先人の知恵によって今では北海道地方でもお米は作られています。

平地ばかりか、「棚田」のような斜面を有効活用した米作り。米栽培への先人の執念を感じます。

個人的には、石仏も棚田もサイト・アップするのが楽しいです。またさぼっていますが、(自己満足の世界ですが)絵画と音楽もサイト・アップが楽しいです。

2011年10月 1日 (土)

やってしまった!

どうも最近私はついていません。

今日、久し振りに石仏撮影にと準備をしておいたのですが、寝坊!

「今からでは遅い!」、仕方なく目的地変更。

アマゾンに注文しておいた「百選の棚田を歩く」「「日本の棚田 百選」を途中まで読みました。

(今では)浜松市になっていますが、大栗安部落と久留女木部落に行くことにしました。

地図を頭にたたき込み、おおよそのコースを…。

ところがどっこい「県道」と言うのは名前だけ!「林道」ですな。先月の台風の影響か、崖崩れの跡が何カ所もありました。すれ違う車もほとんどなし。

Dsc_3637

幅が約5m、それでも水田として使うようにした先人の汗の結晶。全部手作業ですね。

Dsc_3644

台風の影響で多くの稲が倒れていました。品質ダウンですね。崖や畦に咲く彼岸花がとっても綺麗でした。綺麗に刈ったあぜ道に座ってお茶を飲みました。気持ちよかったー!

新しいサイト・アドレスです。http://www33.atpages.jp/ja8582/index.html

サイト内のリンクの修正を行っています。これからもよろしくお願い致します。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »