2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日のお天気は?

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

今日も

今日もについて書いてみようと思います。

昨日は怖いお兄さんでしたが、今日はユーモラスな弟です。

Dsc_0416

レドーム・カバーが細くなっているだけで、随分とユーモラスな横顔となります。

これを巧く処理した航空会社があります。タイの"NOK AIR"です。細く尖り気味のレドーム・カバーを鳥の嘴に見立てています。

またさすが南国の国、いろいろな鳥(飛行機)がいます。非常にカラフルです。バンコックで、プーケットで見た時、その派手な配色にびっくりしました。(FDAの使っている色は、大人しい!)

因みに昨夜あっちこっちの画像を探し出し顔を見たのですが、エアバスは概して大人しいですね。

但し例外もあります。A380です。あれは正面から見ると、不細工です。いや醜い!

P1040108

げんこつで頭を叩かれ、こぶを作ったガキ?

2011年3月30日 (水)

B767(777)の顔

動かないものを撮るのでも撮影が下手な人間。まして動いているものを撮るのは、本当に難しいです。。。

それに光・雲などのいろいろな要素が加わってきます。やはり私には、遊びくらいの範囲でしか、撮れないようです。

ところでこの写真(久し振りにちょっとアップで撮ってみました。)

Dsc_0419

何の変哲もないB767ですが、じっと写真を見ていました。

B767(B777)の顔って、何か眉間にシワを寄せたような怖ーいですね。もう何年もこの顔を見ていますが、(恥ずかしながら)初めて知りました。

その眉間にシワを寄せた顔にコック・ピットのガラスが、レイヴァンのサングラスのようで、さらに怖さを増しているようです。

それにレドームも口を閉じ、ちょっと尖ったようでさらにさらに怖くなります。

B777にいたっては、おでこが広く、何かそり込みを入れているようです。Boeingは、顔のデザインをもう少し考えた方が良い。B787は、ちょっと穏やかな顔ですね。

私の大好きなMD-11(DC-10)の力強い顔と違って、B767(777)の顔は怖いです。きっとサングラスの中にいる二人も怖い人なんでしょう。

怖い顔に怖い人、キャビンは2:3:2と快適ですが…。

2011年3月29日 (火)

独断と偏見

ここに1枚の型式写真があります。

Dsc_0411_2 

一目見て「何と平凡なE170だなあ」「ロング・ショットだな」「おや?このレジ?」などなど。

私、この写真がポジで撮ったものならば、嬉しいです。いやこれからもっと近くで撮れることを願って、まずファイルに保管します。

が、これはディジタル写真です。一時ファイルに保存しましたが、いずれ消去すると思います。同様にアクション・ショットの練習も同じ運命になることでしょう。

感動が沸かないのです。困ったものです。ディジタル写真への偏見だと思いますが、事実なんです。これが石仏であったり、風景写真であったりすれば、どういったこともないのですが。飛行機だけは、(自分で撮影したものは)やはり銀塩フィルムで残しておきたい頑固です

これは友人Uweの言葉に同感した私です。ディジタル写真をどうしてもオリジナル写真ととらえることのできない私です。頑固です

2011年3月28日 (月)

教訓を生かそう!

ついにいなくなった!http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011032690235359.html

これで名古屋空港で見られるのは、FDAと自衛隊、そして小型機のみとなりました。伊丹空港・名古屋空港も関西空港・中部国際空港の補完空港として残さねばなりません。

これは東日本大震災の教訓です。海に浮かぶ空港は、津波には弱い。仙台空港は内陸部にありながら津波の被害を受けました。海上空港ならば、なおさら心配です。

日本航空の立ち直り…ずさんな経営…まもなく(支援を受けながら)私企業としての再出発。http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110328/biz11032816050011-n1.htm

が?!http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011032801000390.html

せっかくB747,A300,MD-80,MD-90を整理して再出発をと…。

全く懲りない会社です。東日本大震災により、国内・国際便の旅客の減少がはっきりと現れてきています。http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110328/biz11032818480019-n1.htm

また、機種を減らし、搭乗率を上げようと努力をしてきました。

身を切られる思いで日本航空を後にしていった多くの人達。

ライバルがLCCを立ち上げると言うことで、本当に安易に乗り出そうというやり方。このやり方で失敗したのは、一体どこの会社なのか。

今は残された人員・機種でもって最大限のことをすべき時です。

この記事を読んで、やっぱりこの会社の体質は変わっていないと思いました。いやそう簡単に体質は変わるものではありません。

リストラされたり、子会社分離をして苦労している人達の気持ちを思うと…。

情けない!

2011年3月27日 (日)

25日:今年一緒に仕事をした若者4人と打ち上げ会をやりました。

久し振りに飲む焼酎は、体中に染み渡っていきました。帰宅しても、実にいい気分でした。

が、せっかくの週末です。朝6時前には起床して、一路東へ走りました。

Dsc_0277

撮影をしていると近所の人がなにやら………。

去られた後に行ってみると…。ふきのとうですね。そう言えば、しばらくふきのとうやこごみの天ぷらを食べてないなあ。

春を告げる野草は、独特の苦みをもっています。その苦みが口の中でいっぱいに広がると、何とも言えぬ幸福感を味わうことができます。

何と単純な人間と笑われると思いますが、こうした旬を味わうことができる幸福感。それもとれたてのものでなければ…。人間、単純さが大切ですよ。

もう少ししたら、好物の竹の子がでてきます。竹の子とワカメの相性は抜群です。竹の子ご飯もいいですねえ。

2011年3月24日 (木)

暗いニュースと明るいニュース

ガソリン代がじわじわと上がってきました。北アフリカの政情不安定なことが直接の原因と思われますが、この円高、何とも不可解な出来事です。http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2011032400555

東北自動車道が規制解除になったら、SAのGSに長蛇の列

西日本のタンクローリーを一部集結されたり、精油所の再開が始まっているのに、ガソリンが不足。

これは災害復旧の順序を再検討する必要があるのかもしれません。

昨日アメリカの駐日大使が、避難所を訪問されたそうです。また、皇室の方々は、東京電力の節電に自主的にご協力されているそうです。

どちらのニュースも頭が下がるものです。

春の高等学校選抜選手権が始まりました。東北地方からの選抜校への拍手は温かいものを感じました。悪条件の中、地元の人々に勇気を与えるものだと思いたい。

プロ野球と違って、高校生の野球は溌剌としています。見ていて気持ちが良いし、ついついどちらも応援したくなってしまいます。頑張れ!宮城:東北高校!

LH・AZが、再び成田に戻ってくるニュースもありました。が、関西・仁川経由という乗務員に配慮したものらしい。

いずれにせよ成田沈没も避けねばなるまい。

発展途上国からもhttp://www.chunichi.co.jp/s/article/2011032401000785.html

これも大変にありがたいことです。世界の輪を感じます。

2011年3月23日 (水)

様々な影響

昨日は、穏やかな一日でした。

花粉症の方にはお気の毒ですが、外に出ても寒さを感じない爽やかな日でした。

ところが今日は打って変わって風の冷たい、変わりやすい一日でした。山間部や北の方にお住まいの方も寒さが身に染みたと思います。体調を崩してしまいます。

今日も厳しいニュースがhttp://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2011032301043 

飲用水…これにまで放射能物質が検出されたことは、驚きでした。乳幼児にペットボトルが配付されても、首都圏に在住の方々は不安がいっぱいだと思います。またペットボトルの買い占めが激化すると思います。

聞くところによれば、被災地の野菜や乳製品にまで被害が及び出荷停止になったという。パニックが起こらなければいいのですが。いずれにせよ食料品の高騰は避けることはできますまい。

さらにhttp://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110324k0000m020085000c.html

まさに成田は沈没ですね。RW34Lエンド工事もありますが、これでは成田での撮影はできません。

始まったばかりのデルタ航空の羽田線も一部運休ともニュースがありました。

そんな中(平和な私ですいません!)、キタムラから現像の仕上がりの連絡を受けました。

先程サイト・アップを完了致しました。

Img1176 (今日の1枚・・・本当に下手!)

2011年3月22日 (火)

夕刊を見ていたら、福岡でも桜の開花があったことを知らせていました。日本の国花:桜…今年の桜を日本人はどういった気持ちで見るのでしょう。

私も今年の桜は、是非画像に残しておきたいと思います。また、桜と言えば西行…こういった機会に西行の残した歌を読み返してみたいとも思っています。

桜=演歌?色の淡さと命の短さ。まさに日本人好みの花。厳しかったこの冬をじっと耐え、今年の桜はきっと例年以上に美しい花を咲かせてくれると思います。

開花を待つ日々の気持ち。満開の桜を眺める心地よさ。はらはらと散っていく桜、そして花筏。待ちわびたように一斉に若葉が開いていきます。

同じく夕刊には、高校野球:春の選抜大会のリハーサルの様子もありました。この開催には賛否両論があると思いますが、宮城県代表:東北高校の選手達には是非力一杯頑張って欲しいものです。

Dsc_0273_edited1 (犬山:寂光院)

2011年3月21日 (月)

マスコミ

相変わらずマスコミは、勝手放題なニュースを流しています。雑誌"AERA"の原子力発電所特集は、その最たるものです。不安を助長させるだけ、また物不足を一層深刻にさせるだけのニュースが多すぎます。

この3日間、じっと各社のニュースを追ってきましたが、やはり軽率な取扱が多いと思いました。

9日間じっと耐えた「老人と少年」へのインタビュー合戦…生死をさまよう時間であった…そういた者への容赦ないインタビュー。

まさに「活字の暴力」ですね。

発見されたニュースの速報は素晴らしい…同胞として一人でも生きててくれる喜び…それに飛びつく「活字の暴力者」。

寒さと空腹に耐えている避難民の上を1日中飛び交うヘリコブター!こういった経験は、どなたも一度はおもちでしょう。

書いていることとやっていることの矛盾報道の使命とモラル余りに被災者のことを考えぬ言動に疑問をもちます。

ところで、震災の余波でプロ野球も揉めています。オープン戦真っ盛りですが、一体結論は?

オープン戦と言えば、「日本ハムの斉藤投手が火だるま!」とありました。

昨年は、西武の菊池投手でした。ニュースを求めるマスコミの餌食ですね。「面白おかしくニュースが書ければいい。」…もう少し長い目で若者を見続けたいものです。

2011年3月20日 (日)

どちらも

約2ヶ月ぶりにジェット・エンジンの音を聞きました。

Dsc_0216

小牧から伊丹にベースが替わったんですね。1月末から小牧にも行っていなかった私です。自宅上空をCRJがかすめていくこともあり、余り実感がなかった!

泉大津のS君にも会えたし、やはりジェット・エンジンの音は好きです。BBSに載せましたが、降りを撮る練習を始めました。(理由は簡単です。暇だから。)

今日現像を依頼しにキタムラに行ったら、災害の関係で仕上がりが随分遅くなることを聞きました。仕方がありません。

さて今日は、朝起きたら眠たくなるようなお空。犬山:寂光院へ行ってきました。

P1000022

静かな階段をゆっくりと上りながら、いくつかのお地蔵さんを見ました。水子地蔵らしきものも…。写真は、山頂付近の様子です。やはり水子地蔵だ。

目的は別です。三十三観音の撮影です。先程サイト・アップを完了しました。(どうもHPビルダーの調子がおかしい)時間がかかりました。

静かな境内でぼんやりと過ごしてきました。ジェット・エンジンも境内の静けさも、どちらも好きです。

2011年3月19日 (土)

もう一息

一度気分転換をすると、たちまち誘惑に負けてしまう私。

今日は、伊丹に行ってきました。着いた時、「ああまた天気予報は外れ!」と思いました。

それでも午前中は青空が広がり喜んだのですが、肝心の時になって弱い光になってしまいました。

また、やり直しです。がっかりです。

Dsc_0225

いつもいつもそうですが、赤組のS/Cは肝心の所が上下に分断されてしまいます。上の写真を見ていただくとお分かりのように、一体何が描いてあるのか想像力を逞しくしなければなりません。

ところで、この2日間、"One World"をよく見ました。成田では、遠くからしか見ることができません。やはり近くで見ることはいいことです。

今日聞いたことです。(田舎者は情報に疎いことがよく分かりました。)

LH・VSなどは、中部に降りているそうです。それ以上に忙しいのは、関空だそうです。日本からの一時撤退の動きが、急速に広まっているようです。

また、青組の貨物を中国側は拒否したそうです。これから日本からの輸入品は、放射線検査を厳しくやられそうです。

2011年3月18日 (金)

一息

平成22年度も残り少なくなりました。

3月11日以来、随分と考えさせられることが多かった私。

ちょっと一息入れたいと…。

P1000008 (800系)

別に「鉄」に移ったわけではありませんよ。ただ珍しさに…。

世の中、花粉症に悩まされている人が多いと聞きます。私は、相変わらず乾燥湿疹に悩まされています。顔・そして足がかゆくてかゆくて…。

知人からいただいた椿油クリームを塗ると、そんなにかゆくはなりません。が、油断するといつのまにやらかゆいところをかいています。

おまけに左目が結膜炎?目薬をさしながらだましだまし…。

2011年3月16日 (水)

Boast of Japanese

日本人の誇り…秩序

諸外国のニュースを見ると、「どうして略奪が起こらないのか?」…不思議なようです。

困っている時は、お互い様。

避難民の皆様を映した映像を見ると、秩序をもった生活をされていることに感動します。

放射能汚染…この恐れがあっても、地域住民の方々の秩序ある行動に頭が下がります。

わずかな給油であっても辛抱強く待つ列。

無駄にすまい一滴の水・ガソリン。

昨日も書きましたが、災害に遭ってもいないのに買いだめに走る浅ましき人間。

同じ日本人として、こちらの方が恥ずかしい。

LH:成田便運休(関西・中部に振り分け)。AF:母国に帰れと臨時便を出す。

2011年3月15日 (火)

さらなる試練

今日、さらなる大きなニュースが入ってきました。

被爆の問題です。

大地震を想定した備えをしていても、自然の力はそれ以上だった。

東京電力の人達も協力している人達も必死であろう。

菅さんよ、どなって問題が解決できんよ!見苦しい!

これは人事を尽くして天命を待つしかないと思います。

今夜から災害地は、冬の寒さに戻るという。

震災に遭わずして、物の買い占めをしている人がいるという。恥ずかしい!

もっと困っている人達に買い締めしたものが届かない!

今日も義援金を続けています。

2011年3月14日 (月)

私にできること

これで4日目

被災者の方々は、寒さと飢えに苦しんでおられると聞く。

宮城県知事は、「物を送っていただいても処理する人員がいない。当面はお金でお願いしたい。」とのコメントがあった。

義援金ボックスを見付けたら、○円を入れようと誓った。累積すればどれだけの金額になるか分かりませんが、続けようと思う。

私にできることは、それくらいか?

2011年3月13日 (日)

何と!

気象庁が発表している地震情報http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/news/20110313k0000e040052000c.html

考えられない大きさだった!

各国の援助隊も続々と到着。アメリカは、航空母艦まで出動し、捜索に当たるという。まさに未曾有の出来事です。

大手銀行の義援金・企業の食料・電池・ライトなどの無償援助などなど、被災されている方々への温かいニュースも流れています。

そうした中、宮城県警からhttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110313-OYT1T00406.htm?from=main2

大ショックです。町によっては、住民の半数以上が行方不明の方があるそうです。

まだまだ被災にあった全ての市町村の把握はできていないそうです。

毎日ニュースに釘付けの私ですが、日本人として同胞の苦しみを分かち合いたいものです。悲しい。

まるで空爆?

目に飛び込んでくる映像は、まるで空爆の後のような光景ばかりです。

原子力発電所の爆発の様子も広島・長崎を思い出させるものです。

被災地で安全なところがあるのか?

まだまだ余震が続いております。

この映像も津波の恐ろしさを教えてくれます。http://video.mainichi.co.jp/viewvideo.jspx?Movie=48227968/48227968peevee376941.flv

神仏への祈りが届くならば、「もうこれくらいで試練を止めてください。」と祈りたい。

各国からの救援隊が、続々と到着のニュースもあります。また、大企業の義援金・救助物資も発表されています。何事も急を要するものばかりですが、まずは水と食料を被災地の人々に届けていただきたいものです。

2011年3月12日 (土)

やはり

やはり今回の地震の影響は、中途半端なものではない…。

死者・行方不明者の数は、どんどん増えていくことでしょう。

昨日も書きましたが、プーケット空港へ向かう途中の町を思い出します。コンクリートの壁や天井だけが残り、辺り一面にゴミや家の破片が散らばっていました。私達家族を乗せた車は、それを乗り越えるように揺れながら空港へ向かいました。

三陸で被害に遭われた街々もきっと同じような光景だろうと思います。

Dst11031121340195p1 (仙台空港)

午後、Sさんが無事名古屋に戻ってこられました。

同じ会議に出席していた東北の方々は、きっと今でも東京におられると思います。故郷のことが心配でも陸路も空路も寸断されています。

聞くところによれば、東京都内の携帯電話の接続状況は悪いそうです。

忘れまい1月17日と3月11日。

亡くなられた方々に対して心よりお悔やみを申し上げます。合掌。

2011年3月11日 (金)

怖かった!

職場でデスク・ワークをしていると、何かおかしい?自分の体調が悪いのか?

「地震?」「そうかなあ」

揺れが随分長く続きました。不安になりました。

また!

あんなに長い揺れは、初めての体験です。

テレビをつけたら…NHKでは、ものすごい光景を映し出しています。

津波も見ました。プーケットの津波を思い出しました。

押し寄せる津波を思い出しました。

仙台空港の空撮も見ました。あんな空港、初めて見ました。

首都圏の交通網もズタズタだそうです。

Sさん、大変な時に出張に行ったものです。

これから被害の様子が伝えられると思います。

2011年3月10日 (木)

困ったものです

ここ数日、どの新聞を読んでもこの話題ばかりです。http://www.asahi.com/business/update/0309/TKY201103090619.html

これで日本を引っ張っている自動車産業も急ブレーキが…。運輸業者も大打撃…。

3年前の夏、余りの高騰に成田遠征を一度もしなかった私。

青組社長の談話も厳しい内容でした。燃油サーチャージをどんどん挙げれば、顧客離れは必須のこと。

政治・経済に詳しい人の予測では、これから毎週値上げが続く?とのこと。お先真っ暗ですね。

他の記事にありましたが、離島に住んでおられる方は輸送料がプラスされます。私達よりも(何と)20円も高くなるそうです。税金免除などの緊急補助が必要だと思います。

これは私も経験済みです。妙にスピードが遅くなったりすると……。我が家は、私のCPを親機に子どもたちが使っているノート・パソコンに無線LANを組んでいます。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110310-OYT1T00594.htm?from=main5

それにしても世の中けちくさい人間がいるものです。接続料も随分と下がりました。

大昔、時間単位の契約が主流でした。ネット・サーフィンをするにも随分と気を遣ったものです。今では、常時接続が当たり前、それでも接続料はそんなに高くない!

名古屋鉄道は、セントレア接続列車にS/Cを2編制作るそうな。http://mainichi.jp/norimai/etc/event/index.html(ここから見てください。)

いまさら落ち目のポケモン?…田舎鉄道ですねえ。

そう言えば、もう2年以上セントレアにも行っていないなあ。まだE4運用のパターンなのかしら?E3運用ならば、たまには行く気になるのですが…。困ったものです。

2011年3月 9日 (水)

空のお話

第1話:これは大きなニュースです。願わくば、もっともっと進めねばいけません。http://www.asahi.com/travel/aviation/OSK201103080170.html

私、この空港には行ったことがありません。が、本当に便利な所にあります。場所が場所だけに滑走路の延長はできず、山間部にお引っ越し。この時点で(廃港)決めておけば、県民の負担は少なかったと思います。

しかし、この決断は立派です。立派な議会です。

第2話:海の向こうの航空会社もhttp://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011030900566

http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=48070&cid=2

http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=48055&cid=2

東京では、レギラーガソリン価格が150円というニュースもありました。因みに私の住む地域では、149円が主流です。

こうなれば燃油サーチャージは、夏に向けてどんどん上昇?せっかく経済が上向き加減になり、ビジネス客が戻ってきたと喜んでいたら…。3年目の悪夢の再来?

第3話:前にご紹介した特集ですが、http://mainichi.jp/norimai/air/graph/20110309JAL/

B747-400の時と違って、寂しいフィナーレですね。搭乗する機会は少なかったけど、いい飛行機であったと思います。A330やA340では苦痛でしたが、短い距離ならば我慢できました。最もB767と違って、ちょっと胴体が太い分座席がプラス1…これで横が窮屈でした。

第4話中国B747-8を5機を含む43機の大商談をボーイングと成立。A380ではなく、B747-8というところが多分に政治的な配慮(経済摩擦)があるのでしょうか?

これでB747-8は3社?に納入予定。実績が上がれば、再び日本の空に?(NCAだけでは、貨物機だけでは?)

私達貧乏人でも海外旅行できる飛行機を!

2011年3月 8日 (火)

B787

B787の?が始まった!http://www.asahi.com/national/update/0307/TKY201103070407.html

凄いですねえ。一瞬ですが、タッチ・アンド・ゴーも…。

実機(デリバリー前)を使った訓練よりもフライト・シュミレーターを使った訓練が、先行しています。

やはり青組が先行していますね。また、4月に実施する「個人向け社債300億円」を調達するという。B787?を初め新規製造機を購入する資金と言われています。

資金調達と言えば、これも激震と言えると思います。http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110307-OYT1T01212.htm

ジェットスター航空・春秋航空と言えば、我が国でもおなじみとなってきたLCCです。羽田に入り込む余地はあるのか?それにしてもこういった動きが出てきたことは、まさに黒船」ですね。

国内法に触れないやり方をしたとしても、頭の固い国土交通省の役人が、どのような対処を見せるか、楽しみです。今後の動きに注目しましょう。

さてその春秋航空、何と茨城~上海路線を週5便に増便するそうな。約3時間の空の旅ならば、多少狭くても機内サービスがなくとも我慢できますね。

かつて西日本の空港韓国の航空会社が積極的に乗り入れ、結局仁川国際空港のハブ化に貢献しました。今度は、上海空港のハブ化に貢献するのか?

我が国のLCC?スカイマークも元気です。http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011030801000415.html

将来成田からA380を欧米に飛ばす計画の会社です。今から地方(成田の弱点である接続国内線)と結び付ける作戦です。本当にこの会社からは目が離せません。

2011年3月 7日 (月)

余りのショックに…

もう20時間くらい前、ネット・サーフィンをしていたら…。

早速東京の御大にメールを出しました。

お忙しい中、お返事をいただきました。「最長2012年6月まで予定」…成田RW34Lエンド工事です。

KODAK:KRがなくなってもめげず頑張ってきましたが、これはさらに大きな衝撃です。

成田空港、基本的にはRW34の空港だと思っています。午前中RW34エンドにて撮影し、(運よければ午後にランチェン)RW16:ゲジでの撮影…成田における理想的なスポテッィングだと思っています。

某場所でもリア気味、さらに障害物あり、昼頃からしか撮影できない…RW34を使用した午前中は撮影が不可能?!

これから暖かくなるとRW16を使う頻度が増してきますが、お昼頃からしかゲジでは撮影不可能。

余りのショックに…。

私の場合、普通は1泊2日の成田遠征です。午後しか撮影は不可能。それもRW16になったら…。(もしも終日RW34ならば………。)

晴れマークを期待するだけでなく、風向まで考慮しないと成田遠征は無理。国際線を撮影しようとすれば、代替空港はなし。

伊丹は国内線のみ。福岡は???(FDAは、高い!)

困った!

2011年3月 6日 (日)

朝ご飯とお天気

またBLOGをさぼってしまいました。昨日は疲れました。朝目が覚めるまで、約8時間爆睡

それでも起きると空腹感を感じ、朝ご飯を…。(朝の定番)ご飯・生卵・納豆・みそ汁…。ところが、http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110302/dms1103021125000-n1.htm

我が家の子どもたちは、朝食抜きが多い。まことにけしからんことですが、逃げるように出勤してしまいます。我が子ながら情けない。こういった記事を読ませてやりたいものです。

昼食までの時間、空腹で仕事をするなんて私には考えられません。

就寝前2時間以内に、口に入れるものが多すぎる(「食い意地がはっている!」と言います。)と思います。朝起きても胃の中に残っており、食欲がないと思います。

ところで今日ネットで見付けたものを撮ってきました。Dsc_0206

比較的新しいもの(制作年月日なし)ですが、旧道の脇に馬頭観音とともに置いてありました。

一番近いのが恵那市と思っていましたが、もっと近くにありました。話題の一つになります。それにしても誰が造り、置いたのか知りたいものです。

新聞を読んでいたら、「富士山に笠雲」の写真が載っていました。記事を読むとこの雲が現れると、翌日は(かなりの確率で)お天気が崩れるそうです。

因みに予報を見ると、「明日の午前中は雨の予報」です。凄い!

まあ気象予報士の方ならば、笠雲のできる前提条件がお分かりになると思います。それを知らなくても、昔の人は天気の崩れが分かっていたんですね。もっと凄い!

また週間天気予報を見ていました。相変わらず週末に崩れるパターンです。こうなれば有給休暇を使うか?

2011年3月 4日 (金)

今朝は、氷を・・・

もう天然物が・・・。http://www.yomiuri.co.jp/

小さい頃、家の裏の竹藪から掘ったばかりのものを焼いたり、生で食べたり、味ご飯に入れたり。美味しいですね。

今日も寒かったけど、再び暖かくなると土筆が出てくるかな?土筆の玉子とじ・・・これも小さい頃からの春の大好物。

四季の食材と言いますが、やはり天然物を食する喜び・・・家に植えた茗荷・・・まだまだ先のことですが、芽が出てくるのが楽しみです。

石仏探訪をしていますと、よくあぜ道とか未舗装の狭い道を歩くことがあります。南側斜面では、もう草が伸びてきています。そういったとき、何か心が落ち着いてくる私。

ところで、通勤途中にいくつかのガソリンスタンドの価格掲示板に注目しました。会社は異なっても値上げ幅は同じ。(何度も書きますが)これは闇カルテルだと思います。

正当な競争原理が働いているとは、とても考えられない現象です。

これは燃油サーチャージとても同じです。例えば、中国に行くとします。当然燃油サーチャージを請求されます。B777でもB767でもB737でも同じ値段です。丼勘定の決め方だと思います。各航空会社は、値上げに対して「国際価格の高騰により値上げを申請します。」とくる。役所は、追認の形だけ。航空燃料の入手先の検討など、再考を要することばかり。単純に見るならば、なぜCXやSQやTGより、同じ飛行区間を飛んでも日系航空会社は高いのか、企業の説明責任を果たしていません。

これで赤組のB747-400のことを書くのが最後かもしれません。http://mainichi.jp/norimai/air/graph/20100301JAL1/

JL3152便・・・何か、寂しい語呂合わせ。先の釧路記念飛行便もそうですが、暇なことを考える人もいるものです。

2011年3月 3日 (木)

寒い1日

朝車のエンジンをかけたら、外気温は2度でした。「寒い!

先週のぽかぽか陽気に体がなじんできた所にこの寒さ。寒い1日でした。

今週、火曜・木曜(今日)・金曜と続けて仕事の区切りをしています。

今日は思いもよらないプレゼントまでいただきました。大切に使おうと思います。

長い長い1年間でしたが、何とか無事に終われそうです。明日うまくいけば、久し振りに赤ワインで一杯やろうかなあ。

さて結局2月の週末は、連続した撮影日よりはゼロでした。来週火曜日を過ぎれば、随分仕事も楽になります。そうしたら・・・。

3月には言って最初の週末が近付いてきていますが、またしても東の空港のお天気は・・・。

1日だけでもとなると、もう西の空港しかありません。

先週12:30に入った絶好の撮影日よりも、終日曇天。あえなくダウン!

今度の週末・・・予報を見れば、土曜日しか晴れマークはなし!厳しいですねえ。

明日の18:00の発表が楽しみです。今までの運行パターンを振り返ると、入っても10:30の公算が高いだけに是非運行パターンを崩して欲しいものです。

それが実現しないのならば・・・。

最後に(懐かしい!)http://mainichi.jp/norimai/air/graph/20100301ANA/

2011年3月 2日 (水)

B747-400

この写真を見て、あなたはどう思われますか?http://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=47960

おっ!ついに出たか!

あれっ!どこかで見たような?

やっぱり飛行機は、ジャンボだね。」などなど。

私は、真ん中の声です。B747-200BとB747-400の違いはありますが、「なんだ!コンチじゃない!」と思ってしまいました。

成田で1日2機、コンチのB747を見た記憶はありません。が、数年もすれば「コンチのB4」をたくさん見ることができますね。

いかにも安上がりなロゴ・・・呆れかえります。振り返れば、UAの塗装はめまぐるしく変わり(明るい色と暗い色)ました。あの凄みのあるO/C(今でも成田で見ることができるのかしら?)は、よかった!露出が食われ、苦労したUA撮影。今でもCDGで初めて撮影(B777)したことを覚えています。非常にインパクトとのあるものでした。あれに匹敵するのは、ロイヤル・ヨルダン航空くらいのものかしら。Image540 今日の1枚

CXなども燃油サーチャージを値上げhttp://www.travelvision.jp/modules/news1/article.php?storyid=47981

が、値上げ金額を見ると・・・。日本の航空会社は、なぜいつも燃油サーチャージが、ああも高いのかしら?企業の説明責任を果たしていないと思いますが・・・。

2011年3月 1日 (火)

青組

青組の元気な所を

古い話ですが、http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110214/biz11021419500028-n1.htm

A320-200!?・・・手放した飛行機をリースでカムバック。面白いのは、座席数180席・・・随分と押し込められる数です。これがLCCの実態なのか。

余分なものを削るはいいが、シート・ピッチは随分狭くなりますね。3列3列ですから、窓際の場合・・・。

アメリカ便に続き、ヨーロッパ便でもhttp://sankei.jp.msn.com/economy/news/110223/biz11022317430043-n1.htm

アライアンスの強みを生かしたやり方です。こうした動きと連動させ、アジア便のより一層の充実を図り、アライアンスの一員としての地位を確保する。

しかし、中国国際航空・中国東方航空・アシアナ航空・シンガポール航空・タイ国際航空とスターアライアンスの数が多すぎるような気もしないでもありません。

これらの動きに伴いさらなる社員獲得に向けてhttp://sankei.jp.msn.com/economy/news/110301/biz11030117590054-n1.htm

赤組の採用がないだけに、これは買い手市場ですね。中身は知らされていませんが、厳しい採用条件を付けられているように想像するんですが。

風の噂によりますと、赤組新塗装のお披露目(羽田~釧路)で、何と「鶴巻」(太巻き)が出たそうです。時間とお金があれば、私も乗ってみたかった。但し、出発時ヒョウが降り、相当ディレイしたそうです。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »