2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日のお天気は?

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

またHND

知人が親子で羽田空港:国際線ターミナルを見学!「思ったより・・・」、まだまだこれから規模を大きくする話をしてあげねば。

その羽田空港の初代空港長の話がありました。http://mainichi.jp/select/biz/news/20101031k0000e040018000c.html記事の後半にあるYS-11、MRJの部分が、とても面白かったです。

MRJ・・・全日空カラー(小牧で飛ぶぞ!)が待ち遠しい!

同じ羽田空港の話ですが、ここでも激烈な争いhttp://sankei.jp.msn.com/economy/business/101031/biz1010311439005-n1.htm

私の感想:飛行機に関係する人達は、本当に大変ですね。深夜から早朝まで・・・世の中睡眠中・・・苦しいダイヤ編成ですから、こういった勤務となるんですね。24時間空港・・・乗るのも苦しいが、それを支える人達も(仕事とはいえ)大変ですね。

それにしても記事にある写真・・・どん底の赤組スタッフの喜びの声が聞こえそうです。1番はいいものだ!

そして制限があるとはいえ、羽田の国際線化が再出発しました。あれだけの犠牲を払ってきた成田空港。分かってはいますが、成田空港周辺の人達の国への不審が・・・。

さてさてこれは?http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101031-OYT1T00373.htm

県営名古屋空港では、福岡便がFDAに!某御大・・・初便に乗って福岡に!羨ましいですなあ。

2010年10月30日 (土)

COP10

Cop10 (CAVOK氏提供)

名古屋で行われた生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)は最終日の29日夜から、翌30日未明にかけて全体会合を開き、最大の焦点となっている生物遺伝資源の利用に伴う利益配分の国際ルール「名古屋議定書」と、もう一つの重要課題である生態系保全のための世界共通目標に合意した。(読売新聞)

先進国と開発途上国の意見の食い違いが元で、一時は「合意がなされるか」と報道されていました。しかし、議長国日本の粘り強い姿勢が、合意までこぎ着けることができました。最大公約数の感は否めませんが、「よくぞここまで」。

それに比べてヴェトナムからのニュースの愚かなこと。先日も書きましたから、くどくど言いません。が、はやり外交には不安を覚えますね。(自国の)建前だけを押し通してうまくいくはずがない。

一方では、「やはりこの国は・・・」と他国に思われる(警戒される)国ですね。

これについては、私ももっと考えてみたいと思います。http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20101029-OYT1T01184.htm?from=y10大変に難しい問題だと思います。

世の中平和だと思えば、「忘れた頃にやってくる?」ようです。http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101030-OYT1T00110.htm?from=main2

物事の解決を一つの方法しか考えられない人間がいます。それで人々を不安に陥れ、喜んでいる。「自分たちだけの考えが正しい」と、ジハードの勝手な解釈も成り立つわけです。

しかし、著しい貧富の差を招いたのも人間です。力と力の対立は解決できないことは、歴史が証明しています。英知を出し合い、解決の糸口を見つけ出して欲しいものです。

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20101029-OYT1T01184.htm?from=y10これについては、大変に難しい問題で私の頭では整理できません。

2010年10月29日 (金)

今日

29/Oct/1959-29/Oct/2010・・・今日は、私にとってとても大切な日です。

図々しくて名前を書けませんが、"Happy Birthday"です。

それはさておき、つくずく北朝鮮に生まれてこなかったことを嬉しく思います。3代に渡る禅譲・・・とても近代国家とは言い難い。また、米より兵器というのも、国を治めるもののやることではないと思います。先日大韓民国赤十字に要求した米・資材の膨大な量!(受け取っても南からの支援とは、国民に決して言わないでしょう。)例の潜水艦による無謀な攻撃、そして南北会談開催の不発による恫喝及び発砲事件。大韓民国側にとっては、呆れかえる同民族と映るでしょう。まるで子ども同然の振る舞いですなあ。自国の利益とそれを支える中国。この国の政治の後進性にも呆れかえります。平家物語ではないですが、「おごるもの久しからず」かな。(このBLOGでは、二度と北朝鮮を書きません。)

柔らかい話。http://www.asahi.com/shopping/shifuku/TKY201010280156.html値段が高いし、重たいものです。しかし、これは優れものです。

Panasonic製品では、携帯電話を昔から愛用(ワンタッチ・オープン!)しています。いろいろいい商品を出してきていますが、ご紹介した製品は、文句なしのものです。もしもお宅で使っておられる物が古いようでしたら、是非購入をお奨めします。

最後にプロ野球:ドラフト会議の話。昨日開催されましたが、この会議で1位で指名されながら、活躍しなかった選手を幾人か知っています。高額な契約金を手にしてプロ野球に入団。期待の星もそうなると・・・。

プロ野球人気も陰りを見せて久しいですが、そろそろドラフト会議のあり方を再検討する時期にさしかかってきているように思います。

2010年10月28日 (木)

重圧?

アクセス・カウンターの取り方が変わった(?)にせよ、こんなマイナーな独り言を・・・。

これって重圧ですね。

因みに今月は、毎日つまらないBLOGを連ねています。

それはさておきhttp://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C93819A96E0E5E2E0818DE0E5E3E2E0E2E3E29E9693E2E2E2;p=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E4E5;o=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2びっくりしました。さすが「泣く子も関西には勝てぬ!」ですね。

関西在住の某君は?ニタニタかな?

記事にもありますが、関東と関西は(同じ国の中にありながら)違いますね。関西が元気になることは、1国の立場から見れば、喜ばしいことです。但し、あれだけの負債を背負っている空港です。単なる着陸料値下げは、己の首を占めるようなものです。

これと関連するかどうかは別として、これは本音でしょう。日本航空の首を絞めた原因の一つでしょう。http://www.asahi.com/travel/news/TKY201010280167.html

新空港を作るために(政治家の圧力に応ずるために)需要を高く見積もる?!こんな狭い国土に100近くの空港がある!異常ですね。

やっと正常な判断ができるようになるかもしれない?!国交省の津川祥吾政務官は、「運輸政策研究機構への需要予測の委託自体を今後は見送ると表明」・・・政権が変わると、ここまで言うか?それならば・・・。呆れかえる!

最後に、さらに呆れかえる話。星野仙一氏、楽天監督!・・・いい加減にして欲しいです。このような敬老者に若者を負かす企業は?それも契約は1年!1年で何ができます?!

2010年10月27日 (水)

当たりましたね!

昨日午後FDA5号機が、無事県営名古屋(小牧)空港に到着。

色?オレンジ(黄色系統・・・言い訳ですが、サイトのカラーから想像しています。

予想通り!http://www.info.fujidreamairlines.com/entertainment/wallpaper.shtml

となると、6号機ラヴェンダー色

5色もそろえば、昔あったJASの黒沢カラー(MD-90)の再来?今日はどんな色の機体に会えるか、楽しみになります。(全く悩みなしの人生のような言葉の羅列?それのどこが面白い?・・・こういったくだらないことを考えるのも人生の中では大切!・・・自己満足)

1日たった2機の楽しみですが、それはそれはじっくりと撮っていきたいものです。これからは陽の周りがよくなるだけにW2で待ちます。(パイロットが燃料節約、時間厳守などを徹底すれば、W2は間違いあるまい。)

さてさて連日同じようなことを書いていますが、http://mainichi.jp/select/biz/news/20101003k0000e020002000c.

htmlhttp://mainichi.jp/select/biz/news/20101024k0000e040029000c.html

離島への交通手段となると考えさせられます。一例をあげれば、佐渡島へは飛行機が飛ばなくなりました。船しか(ここが大切!)交通手段がなくなりました。選べるあるいは万が一などを考えると、交通手段は複数確保しておきたいものです。島の人達の気持ちは、よく分かります。道として補助金を出すなり島民を安心させていただきたいものです。

11月からの小牧で撮影可能なE170情報を板に書きました。http://bbs.mottoki.com/?bbs=usagi

2010年10月26日 (火)

大変な1日

アクシデントがあった訳ではありませんが、札幌では初雪・関西では木枯らし・南の海では台風と大変な1日でした。

この季節(北の高気圧の力が強い?)ですから台風の上陸はないと思いますが、なんとも不気味な台風です。

朝の曇り空から始まり、日中はお日様が見えるものの北風の強い日でした。

最近小牧の自衛隊機(B767?)の練習(タッチ・アンド・ゴー)をよく見かけます。以前程B767の音には驚かなくなりましたが、やはり気になる音です。仕事に集中しなければ・・・。

これは泥沼状態か?http://www.asahi.com/national/update/1026/TKY201010250509.html一人一人生活がかかっているだけにこの攻防は激烈なものになると・・・。

それにしても凄い数の人員整理をするものですね。それだけ大きな企業と言うことでしょうか。パイロット・客室乗務員が残っているというのも、転職が難しいのか、それとも他に理由があるのでしょうか?

残った人達も去っていった人達のことを思うと、やりきれない思いがいっぱいのことでしょう。

羽田空港ですが、国際線ターミナルがオープンしたばかりなのに・・・http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20101026-OYT1T00650.htm?from=main3羽田の国際空港化の勢いは止まらないと・・・。さてさて成田はどうする?まして関西・中部などの地方空港は???

2010年10月25日 (月)

HND & NRT

航空自由化協定・・・アメリカに続いて、アジア各国・地域でも結ぶ動きになったそうです。むろん地方空港では、すでに終わっていること(?)

今回は、羽田空港と成田空港も開放する動きです。(平成12年度には実施したいようです。)

参入が見込まれる航空会社は、韓国(チェジュ航空・エアプサン・ジンエアー)・中国(深セン航空・山東航空・春秋航空)・台湾(復興航空)・香港(香港エクスプレス・香港航空)・フィリピン(セブ・パシフィック航空)・シンガポール(ジェットスターアジア航空)だそうです。

11社の内6社が、LCCです!これは、ひょっとして価格破壊が起きるのでは?

どの国にどれだけの発着枠を設けるかが、今後の焦点です。

羽田の第4滑走路の誕生が、ここまで大きく影響を及ぼしてきたようです。

何度も言いますが、羽田・成田の着陸料最大のネック!LCCがどれだけその負担に耐えうるか?!

とかく閉鎖的な航空行政ですが、さてこの行方はどうなるのか楽しみですね。

全日空関西空港を基点としたLCC設立も大きな影響を受けると思います。また、勉強中の日本航空には決断を強いられるものとなると思います。

話が全く変わりますが、昨日久し振りにCDを買いました。

私の青春です。赤いジャケット青いジャケットと書けばお分かりでしょう。LPでも持っていますが、また買ってしまいました。好きです。大好きです。

2010年10月24日 (日)

一心不乱

一心不乱・・・いい言葉ですね。

伊丹市天王寺川中学校生徒のTシャツの背中に書かれた言葉<一心不乱http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201010220041.html

この動画は、You Tubeで流されています。

危険なこと責任問題等、様々な指摘がなされる中、綿密な計画と練習を積み重ねてきたと思います。記事を読んでもこうした声があったことも書かれていました。

そう言った批判的な見方について肯ける面もありますが、指導者への信頼と挑戦する中学生の気持ちの方が上回ります。文字通り一心不乱の演技です。

登るよりも下る方が難しい・・・解体時の映像を見て?素晴らしいアイディア!

生徒達は、演技を終えてどんな気持ちだったのでしょう。ピンクのポンポンに囲まれ、指導者の胴上げの映像が・・・。指導者への感謝の気持ちでしょう。いい光景です。

恐らく生徒達は、日頃指導者(先生)を困らせる場面が多々あろうと思います。が、137名の中学生の心が一つになって演技を完成させた・・・頑張った137名の生徒と指導者に拍手を贈りたいものですね。

2010年10月23日 (土)

旭日昇天の勢い?

新聞を読んでいたら、今年前半(1~6月期)セブ・パシフィック航空は、フィリピン航空より乗客数が多かったそうです。

この勢いで株式上場、さらに資金を集め、大量のエアバス(A320?)を購入するらしい

マレーシアからタイへ、そしてシンガポールへとアジアのLCCは、まさに旭日の勢いですね。QFも早々とLCCを設立し、親会社とのすみ分けを上手にやっています。

アジアの経済の元気さが、こうしたLCCの成長の元となっていることは間違いないでしょう。

さらに読んでいくと、2010年にはこの地域の旅客座席数の約20%を占めるまでの勢いがあるそうです。

ここまで成長すると、大手航空会社は脅威意外なにものでも・・・。ますますアライアンスを上手に使って、利益確保を図るでしょう。

全日空が来年度関空を中心としたLCCを設立するらしいけど、航空燃料の減税だけではとても太刀打ちできないと思います。やはり先進国の主要空港の2~4倍もする着陸料を大幅に下げなければ・・・。

先週に引き続き、また出かけました。これはお祓いを受けねば・・・。

P1040357

P1040360

全くお日様に恵まれない私です。がっくり。。。

2010年10月22日 (金)

いよいよ週末

笑われますが、陽の周りのよい時期になると、週末のお天気が気になります。

成田?静岡?伊丹?と順に見ていきます。福岡はもう少し丁寧に見ますが、足のない空港・午後の撮影ポイントなどを考えると決断が鈍ります。まあそのうちにFDA初搭乗ができるのでは???

先週(サイトアップしたものを見ていただければお分かりになると思いますが・・・)の週末は、朝から晴れマークでした。見事に2日間とも予報が外れました。それでもせっかくの遠征、証拠写真位は撮りましたが。特にFDA4号機は、小牧までお預け?

いつも情報通のF氏によれば、間もなくFDA5号機が到着するといいます。機体は黄色でしょうか???これも小牧までお預け?

そうそうJA218Jもありました。来月から小牧が楽しみになります。きちんとW2で曲がってくださいよ!

大きく横道に逸れました。サイトを見ると、どうやら明日の伊丹は「」が貼り付けのようです。朝一でGANDAMも?熊本に「坂の上の雲2号機」「モヒカン」が行かないように!例の陰陽師ばかりに美味しいものをとられてばかりでは・・・。

その陰陽師ですが、素晴らしい肥後の夕日を狙っておられます。先日も見事な写真を撮られました。聞くところによれば、11月23日頃RWかなたに夕日が沈むとか。興味をもたれる方も多いと思いますが、陰陽師によれば到着機に絡む確率は、非常に低いということです。リスク覚悟でも行きたい方はどうぞ!

今日の最後は、大人げないニュースです。http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101022-OYT1T00243.htm全く西洋人のやることはえげつない!

2010年10月21日 (木)

天高く馬肥ゆる秋

天高く馬肥ゆる秋・・・今のところは、ちっとも天高くではありませんね

秋になると私の好物が・・・。秋刀魚・松茸・梨・柿などなど。

特に秋刀魚・・・私は炭をおこし、本格的に焼きます。(最初は高かったが)やはり庶民の秋の味ですね。歯が悪くなって丸ごとは食べられなくなりましたが、秋刀魚は美味しい。実に美味しい。食べ飽きない秋刀魚、ああ食べたい。。。

・・・今年の梨は、ちっとも美味しくない。

・・・筆柿、これは当たりはずれがありますが、柿の入り口ですね。これからどんどん美味しい柿が登場します。しかし、堅い柿がだんだんと食べられなくなった私。淋しいです。毎年そうですが、柿の最後はおばあちゃんが丹誠込めて作った柿です。最後の最後まで木になっていた柿をいただきます。ああ食べたい。。。

ところで今日面白い記事を見付けました。http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=32378&from=yoltop小さい頃、落花生は商品作物でした。ですから食べられるのは、屑の落花生ばかり。。。でも堀立の落花生の屑は、塩茹すると美味しいです。まだ赤ちゃんのような小さなものでも、それはそれは美味しいです。落花生というと、バタピーと思われがちですが、落花生は、塩茹が一番美味しいです。ああ食べたい。。。

今日、羽田の第4滑走路の供用が始まったそうです。東京の御大のように背の高い脚立のない私。J2・J3で撮影できた頃が懐かしいです。最後に撮影したのは???そう言えば、あの侵入事件の最後はどうなったのかしら?台形のコンクリート・ウォールのために大切な羽田の撮影ポイントがなくなりました。

いくら羽田に飛行機が集まってくると分かっていても、羽田には行く気にはなれません。ですから第4滑走路の供用と言っても、私には関係のない話です。これも淋しい話ですね。

2010年10月20日 (水)

稲盛和夫氏

京セラ・・・一流企業に育て上げた稲盛和夫氏。様々な曲折がありましたが、日本航空の再生に向けて大役を任された稲盛氏。

まだまだ日本航空の再生には時間がかかると思いますが、この人の力は凄いと思います。

確かに今までの日本航空の方針とは違って、非常に厳しい路線を引いてきています。しかし、それくらい厳しい方針でなくては日本航空の真の再建は無理だと思います。

先月来、パイロットの余剰整理の仕方が問題となっているようですが、B747、MD-81、A300と機種整理はどんどん行われてきます。MD-90も?CRJも?

(B777,B787,B767,B737,E170で十分?)

こういった機種整理及び保有機の縮小を断行する限り、(残念ですが)様々な業種の人員は整理せざろう得ないと思います。

ビジネス路線及びハワイ・グアム路線に絞るようですが、それも再建を目指すならば仕方がないですね。

(しばらくは、ワン・ワールドにおんぶ?)

当面は、これらの路線でしっかりと稼ぎ、力を付けて欲しいものです。

それだけに稲盛氏には、ご高齢にもかかわらず頑張っていただきたいものです。

そうなれば赤組の復活もそんなに遠いものではない(臥薪嘗胆)?青組との激烈な競争に戻って欲しいものです。

2010年10月19日 (火)

面白い

HONDAが、面白いことをやろうとしています。http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20101019-OYT1T00611.htmねっ、面白いでしょ?

但し、日本を始め、世界で特許をとろうと言うのは・・・。まるで大阪商人のようですね。やることがけちくさい!(泉大津のS君には悪いですが、最近大阪人が妙に気になります。いい印象はもちあわせておりません。)

HONDAがやろうとしていることは、誰も考えつかなかった点にあります。昨日「技術の日産」と書きましたが、HONDAも昔から面白いものを作ることで有名ですね。ただ遊びの要素が強いものが多かっただけに、振り向く人が少なかったように思います。HONDAファン、ごめんなさいね。

これも日本人ならではのアイディアと技術ですね。http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C93819490E3EAE2E7988DE3EAE3E2E0E2E3E29EE7E3E2E2E2;p=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E0E4E6;o=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2私もダスト・ブロアーを頻繁に使っていますが、吹き出し口に不便さを感じていました。

国内の工業製品の空洞化が加速すると予想される中、こうした日本人ならではのアイデアと技術をどんどん開発していって欲しいものです。

アイディアと技術の日本を目指して欲しいですね。

日本航空の再建に向けて一歩前進?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101019-00000127-san-bus_allあれだけ慎重だった銀行団が、ついに追加融資に応じるという。借金を返し、一企業として出発する原点が見えてきました。

但し、前から銀行団が求めている大幅なリストラが実行されなければ・・・。まだまだ予断を許しません。今月末までにどれだけリストラが完了するのでしょう。

私のわがままですが、もう一度鶴丸を復活できないものでしょうか?現塗装と決別し、強い鶴丸をイメージしたものにならないものでしょうか?

2010年10月18日 (月)

羨望と現実

日産自動車が、凄い車を発表しましたね。その名をGT-Rと言います。869万円~1500万円がプライス。性能も燃費が向上したにもかかわらず、何と530ps(1リットル当たり134ps)!一体狭い日本でこの車の性能を出し切る所は?うらやましがっても手が届くものではありません。が、何とものある車を作ったものです。

昔日産自動車は、「技術の日産(実態はプリンス自動車?)」と言われていました。有名な櫻井氏率いるチームが作り出したスカイラインGT!・・・若かりし頃の夢でした。素晴らしい車と思いながら、一度もスカイラインGTを購入しなかった私(理由は簡単です。余りに大きくなりすぎた!)。スカイラインなき後、GT-R(名前だけが残りましたね)として生き残りました。日本が誇る車だと思います。

そう言えば、スカイラインGTのCMは、どれも興味深いものでした。私は「箱スカ」のスカイラインが一番好きでした。(正直言いますと)これを書こうと思ったのは、昨日名神高速道路で箱スカを見たからです。懐かしいサウンドを聞かせてもらいました。ここまでくると、本当におじさんのBLOGですね。

現実の厳しさと言えば、COP10(生物多様性会議)ですね。言われることは、ごもっともです。が、発達段階の国と先進国は、まるっきり意見が違います。自国の利益を優先した考えばかりで、まとまるものもまとまりません。

いのちの共生を未来へ」・・・美しい言葉ですが、さて会議はどのようなまとまりを見せるか、(始まったばかりですが)楽しみです。

最後に"CANON""NIKON"のディジタル一眼レフに、"SONY"が食い込んできた話題です。ミラーレス・ディジタル一眼レフ・カメラが徐々にシェアを伸ばしてきているそうです。私のような古い人間は、まだまだ交換レンズの数が少ないので魅力を感じませんが、これが低価格で揃ってくると?

いつまでも大きく思いのがステイタス?・・・顧客離れにつながるかもしれません。給料ダウンの私は、またしてもディジタル一眼レフ・カメラはお預けのようです。しょぼん。現実は厳しい!

2010年10月17日 (日)

苦言と呪詛

週末、高速道路を利用しました。

そこで気になったことです。「高速道路ばかりかトンネル内ではライトをつけましょう!」・・・これどう思いますか?トンネルの入り口には、黄色い看板で"ライト点灯"がありますよね。ところがライトを点灯しない車がいるんですよ。

気になったので、ナンバー・プレートを記憶して累積していました。ワースト1!「なにわ」ナンバー!ワースト2!「大阪」ナンバー!ワースト3!「?」でした。「なにわ」ナンバーは、ダントツの1位でした!(大部分が、大阪府内ナンバー!・・・けちな大阪人?)トンネル内のライト点灯は、自らの安全運転とともに他車からの識別に役立ちます。

皆さん、大阪府内の車には気を付けましょう。方向指示器を出さずにいきなり飛び出してくるマナーの悪いのも大阪府内の車が多いようです。

この週末、私が高速道路を走っていてひやっとしたのは全て大阪府内ナンバーです。いや一般道を走っていても、我が道をゆくマナーの悪さが気になりました。

さて後半は?「肥後には陰陽師がいるらしい!」の話。

何でも肥後の国には、S/Cを呼び込む陰陽師が空港にいるらしい。これでもかと言わんばかりにS/Cを呼び込んでいるらしい。何でもモヒカンなんぞその犠牲になり、肥後の国に張り付いているかのように・・・。

他にも「坂の上の雲:2号機」も「FDA:4号機」も呼び込んだらしい。

の中には、呪詛に使う道具もあるやに聞いております。(私は確認していませんが、です。)お天気も肥後の空は晴れていても、伊丹や静岡は曇らせる呪詛をしているらしい。

肥後の国の陰陽師の呪詛に負けないように、熱田神宮でも参拝せねば・・・。

と言うわけで、この週末の収穫は?天気予報は、2日間とも晴れマーク!行ってみれば、全面曇り空!かろうじて薄日の中を・・・。がっかりしました。

2010年10月16日 (土)

これは納得!

また共鳴する記事に出会いました。みなさんはどうでしょう。http://mainichi.jp/select/biz/it/news/20101015mog00m020013000c.html

因みに私は(docomo)"iアプリ""iコンシェル"などの機能を使ったことがありません。"iモード"すら、道路情報と天気予報くらいでしょうか。多少文字を大きくできますが、スクロールが多くなります。視力はそれ程低くはないのですが、あの画面でのテレビ視聴はやりたくないですね。

と言うわけで、今持っている携帯電話では通話メールができれば・・・。もう一つは、有料コンテンツが高いし、通話料も安く感じません。携帯電話に求めるのは、通話とメールくらいか!

但し、携帯電話を海外でも使えることはいいことです。通話料が高くとも、非常時の連絡には便利です。ひょっとしたら一番便利なのは、これかも?

今日は、お天気の予報がものの見事に外れました。

P1040348

終日晴れマークで勇んでいったのですが・・・。全天を覆う雲!がっかり!松本空港へ行って遊覧飛行を2回する予定だったそうです。明日から4号機は、商業運航だそうです。

まあFDAは、毎日2機小牧で撮影可能なようですから、W2で狙います。

さて明日は?

2010年10月15日 (金)

エアバス

日本航空のA300が撤退間近?!

全日空のA320B737導入とともに陰が薄くなってきました。

日本で最後まで残るエアバスは?!スターフライヤーA320?!

日本の空は、大型機から小型機までボーイングが主流となりました。

そんな日本の空に、何と羽田A380がテスト・フライトされたそうです。http://www.asahi.com/photonews/TKY201010150146.html詳細は分かりませんが、エアバス社の相当な危機感が背景にはあるのではないかと・・・。

話変わって、日産自動車にマーチという車があります。非常に好評だと言われています。この車、実は対の日産自動車工場で作られています。近々三菱自動車もコルトの後継車を同じくタイで作るそうです。そして国民的大衆車カローラまでも海外で作る計画(国内向けは従来通り国内生産)だそうです。

国内の自動車産業までも空洞化となるもようです。勿論このところの急激な円高傾向も影響していると思われます。また自動車産業は、下請けの裾野が広いだけに相当な産業構造の変化が出てくると思います。

国内産業の元気のなさと比べ、東南アジアは元気ですね。タイとマレーシアの空港では拡張工事をどんどん計画しております。エア・アジアの本拠地であることも考えれば、納得いく話です。

2010年10月14日 (木)

落盤事故

8月にチリ鉱山落盤事故が発生した時、熱しやすく冷めやすいマスコミと書きました。どうやら前言訂正をしなければなりますまい。

救助のための脱出方法から地下に閉じこめられている人達のメンタル・ケアを始め、実にこまめにニュースを続けてくれました。

そして33名全員が救助されました。なかでも現場監督ルイス・ウルスアさんの「自己犠牲と思いやり」の心は、長く私たちの心に残ると思います。

どちらの心も私たち日本人が忘れ去った(?!)ものです。恥ずかしいと思います。

また、33名の人命救助に携わった人々に感謝の気持ちを表したいと思います。69日間地下で頑張って生き抜いた人達、それを懸命に救おうとした人達、美しいですね。

それに比べると何と醜い我が国の国会!早く衆議院を解散して欲しいと思いませんか?今の政権では、この国は深く沈下してきます。

これが内閣の顔と呼ばれる人の本当の姿です。http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101014/plc1010142000017-n1.htmはっきり言って恥ずかしい。新聞にまで八つ当たり?

別な記事では、http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101014/stt1010141949009-n1.htm例えの貧しさ!義務教育にも満足に行かず、消耗品化している者達であることをご存じのはず。情けない!

2010年10月13日 (水)

いろいろなことがありますが

今日もいろいろなことがありますが、

まずこれからhttp://news.walkerplus.com/2010/1012/28/photo01.html

私は長年懇意にしていた街のCDショップも廃業しました。レンタル、ダウンロードとCDショップには逆風が吹きっぱなし!そう言った中、<僕の見ている風景>100万枚の販売は立派だと思います。但し、この位置が問題ですね。どうもやることがみみっちいです。

地味なニュースですが、ヴェトナム三菱重工業で作られるB737の主翼部品が、日本国内の検査を経ず直接ボーイングに納入されるようになったそうです。

不滅の名機B737、まだまだ生産が続くと思いますが、明るいニュースですね。(最近は、B787のニュースが全く聞こえなくなりました。)

私が初めて乗った飛行機がB737だけに、その寿命の長さに驚きます。

アジアのLCCでは、エアバスが主流です。特に中国においては、エアバスの生産をしているだけに急増していくものと思われます。アジアのLCCを成田で見られるのもそう遠いことではないと思います。ついにLCC専門ターミナル建設にゴー・サインが出ました。

合わせて地元との年間離発着30万回も合意されました。

2010年10月12日 (火)

鍛えた翼は強い

「鍛えた翼は強い!」・・・何とも自信に満ちあふれた言葉でしょう。http://media.ana.co.jp/cm/company_cm/company_cm_145.html一度視聴をお奨めしますが、一部大変にお見苦しい画像があることをお断りしておきます。(よくもまあこんな手抜きがあるものだと!名古屋のM氏の高笑いが聞こえてきますよ!・・・M氏、どうしておられるのかしら?メールでもくださいよ!

こういったキャッチフレーズは、こういった背景があるから。http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20101012-OYT1T00820.htm?from=main5

赤組は、臥薪嘗胆ですな。

昨日書きませんでしたが、アメリカの訓練基地も閉鎖!東京の御大、どのような気持ちでこのニュースを聞かれたことでしょう。

先日も大胆な予想を書きましたが、どうやら素人予想は当たるようです。いやもっともっと・・・。

何?円高ですよ!

こえだけ無策な政権は、少なくとも第二次世界大戦以後には例を見ないと思います。戦後最大の円高の声を聞くのは、間もなく・・・。経済界の悲鳴も政権には届かないのでは?

野党の責任も重大です。堂々と経済政策を論議しなけえばならない今日、非難だけで献策がまるで聞こえてきません。

さらに世界が見えていない言葉。http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381949EE3E0E2E5E38DE3E0E3E2E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2こんな人が政権の中枢なんですよ。早く選挙をして欲しい。

2010年10月11日 (月)

John Lennon

Beatlesの4人のメンバーの中でも、飛び抜けてニュース性の高かったJohn Lennon。彼の生誕70周年!

Imagin・・・最初は歌詞の真の意味が分からず、「反戦歌」として無視をしていた曲です。

想像してごらん 天国なんて存在しないと
想像しようとすれば簡単だよ
僕達の下に地獄なんて無いんだ
ふり仰げば空があるだけさ
想像してごらんすべての人々が
現在を生きているんだと…

想像してごらん 国境なんて存在しないと
そう思うのは難しいことじゃない
殺す理由も、死ぬ理由もない
宗教なんてものも存在しない
想像してごらん すべての人々が
平和のうちに暮らしていると…

僕のことを単なる夢想家だと思うかもしれない
でも、僕ひとりだけじゃないんだ
いつの日にか 君も仲間に加わってくれよ
そうすれば 世界はひとつになるだろう

想像してごらん 所有なんて存在しないと
君にもそういう考えができるかしら
貧困になったり飢えたりする必要はない
兄弟同志なのだから
想像してごらん すべての人々が
この世界を分かち合っているのだと…

僕のことを単なる夢想家だと思うかもしれない
でも 僕ひとりだけじゃないんだ
いつの日にか 君も仲間に加わってくれよ
そうすれば、この世界はひとつになって動くだろう

いや古くから日本人は、万物に神が宿り崇拝をしてきました。仏教の伝来によりややこしくなりましたが、やはり日本人は心のよりどころをもって生きてきました。

今日見たたくさんの道祖神は、今でも村人の手によって大切にされています。

P1040331

今日一番感動した道祖神です。仲良く手をつなぎ、肩に手をのせ、本当に優しい表情です。この前を行く人達を152年間(1858年制作)と見てきた優しい目です。長い時間この道祖神に見惚れていました。今日一番のいい時を過ごせたと思っています。(これを含め他のものもサイト・アップしました。)

2010年10月10日 (日)

食べ物の話

福島空港には、韓国から週3便の飛来があるそうです。東北地方のゴルフ場がお気に入りのようです。

さて帰国。お土産は?最近人気の高いものは、何と冷凍納豆だそうです。

言われてみれば、私も納豆キムチが大好きです。韓国からの旅行客も帰国したら、納豆キムチを食べるのかしら?

この納豆キムチ、大昔このBLOGでも書きました。サッカー・ワールドカップ:ドイツ大会日本人選手のスタミナ食として採用されたとか・・・。邪道と言われるかもしれませんが、旨いものは旨い!一度お試しあれ。

同じ朝鮮半島でもでは、過去最大規模の軍事パレードが行われたとか。国民の主食である米やトウモロコシを海外の援助で食いつなごうとしている国。「鉄砲か米か」・・・国体が違うので一概には言えませんが、食べるものを与えるのが政治ではないでしょうか?狂っていますね。

再び大韓民国の話に戻します。エア・プサンチェジュ航空など、LLCの日本飛来は珍しいものではなくなりました。約2時間の飛行時間、別に機内食がなくともエンターテイメントがなくとも不便は感じないでしょう。ボックスランチよりは、焼き肉を食べるために空腹の方が美味しいでしょう?

最後は、先程まで見ていたF1GPです。全く面白みにかけたレースでしたが、唯一面白かったのが、小林選手のごぼう抜きです。直線では他社に全く歯が立たない車ですが、勇気でもってカーブで抜く!それも2度も3度も!今日のレースを盛り上げてくれた小林選手に拍手!

2010年10月 9日 (土)

浮かれることなかれ

昨夜の日本対アルゼンチンの試合、地球の裏側からやってきたアルゼンチンの選手の疲労に救われた1勝だと思います。アルゼンチンの選手の動きの鈍さが終始気になっていました。ランキングから見れば、実力で雲泥の差がある両国。1勝したといって浮かれる事なかれ。

鈴鹿で始まったF1GP。1勝するためには、偶然はほとんど皆無。人と車の技術の蓄積がものを言う世界。単なるリップサービスだけでは、勝てないF1GP。

個人的には、やはりフェラーリが食い込んできて欲しいのですが、レッドブルは、総合力でははるかに上をいっていると思います。決勝は晴天の元で見たいものです。

争いと言えば、羽田と成田の両空港もこれから変化を見せると思います。

成田空港は、LCCターミナルの建設とともに国内線の新規参入を考えていると報道されました。全く航空行政の遅れには、呆れかえるものがあります。

成田を離発着する便に接続する国内線の少なさは、以前から指摘されています。離発着和の制限があって仕方がないと説明されてきましたが、果たしてそれだけでしょうか?

21日羽田のD滑走路の供用が、これからの首都圏の航空行政に与える影響をしっかりと見据えた行政を行って欲しいものです。

私は多額の負債を抱える関西空港の格下げをやっていただきたい。(日本のように狭い国に)二つのハブは必要がないどころか、かえってマイナスだと思います。関西・伊丹空港は、羽田・成田の接続便を充実を図る方向に転換した方がいいと思います。

地方空港同様、やはりバック・ボーンが弱いと思います。成田・羽田への集中的な資本投下こそ東アジアで生き残っていく道だとも思います。

2010年10月 8日 (金)

誘惑と現実

先日、奈良の正倉院展のことを書きました。当然前売り券を購入してあります。

が、東京にて「東大寺展」が催されるとあります。中でも11月2日~21日までは・・・。

まあ奈良ならば、毎年行っていますから。でも、同時期に東京で!財布のひもは堅いし・・・。困った!

財布のひもどころではないことが!「翌月の乗務予定は白紙!」・・・もしも!もしも!それが私だったら?お先真っ黒!同じような方が見えました。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101008-OYT1T00908.htm?from=main3「会社の将来が不安で・・・」とありました。同情はしますが、これはいけません。たくさんの従業員がいると、こういった人もいるのかな?でも、いけません!

素人予想ですが、1$=80円を切るところまでいくと思います。過去には、もっと円高の記録があります。景気は、相当に冷え切っています。ボーナス・給料のカットは当たり前になってきました。とんちんかんなことを言っている(現実がまるで分かっていない)某財務大臣は、「単独でも為替介入を」と・・・。

庶民を見つめているのならば、ソウルのやったことを学んで欲しいものです。キムチを漬けるための白菜の高騰!市は、なんと「白菜を市民が購入するために農家に補助金を出す」という。これぞ庶民感覚の政治だと思いませんか?

自民党と言い民主党と言い、全く庶民感覚がありませんね。追求されれば、「関係各省庁で検討して・・・」としか言えない某首相

自衛手段しかもてない国民。

2010年10月 7日 (木)

アラカルト

1903年ライト兄弟は、初めての有人動力飛行(ライトフライヤー号)に成功しました。その後の飛行機の開発スピードは速く、ついに500人以上の人を乗せて飛行できる飛行機まで現れる時代となりました。

今日のニュースは、http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/101007/dst1010071825008-n1.htm

48.42km人力だけ飛で飛んだそうです。ギネス記録を目指したようですが、残念ながら失敗。操縦士は大けがをしたと知らせています。

人力と知恵の塊・・・これってですよね。ダ・ヴィンチの飛行機(ヘリコプター)も大空を飛ぶ夢ですよね。夢を大切にしたいものです。

夢・希望と言えば、プロ野球選手:中村・佐伯・工藤選手などは、来季戦力外を告げられました。まだまだ現役の夢は断つことができず、雇用してくれるチームを探すウィンター・シーズンとなりそうです。

そう言えば、大リーガー:松井秀喜選手はどうなるのかしら?日本に戻ってきて、読売東京ジャイアンツに戻る?!

三つ目の話です。プリウス累計生産台数200万台を突破したそうです。原油高・エコ減税の並になり、トヨタの稼ぎ頭であるプリウスです。

個人的には、プリウスの座席のフワフワはなじめません。400kmを走る車ではないようです。月走行距離の短い人達もプリウスを買ったり、高速道路を120km以上で走るプリウスもあったり、全くプリウスの意味を分かっていない人が多そうに思えます。

生産台数ではプリウスに全く歯が立たないですが、この車を私は高く評価しています。いや今の車を購入する時、もっと真面目に検討すればよかったと後悔しています。

これです。http://www.suzuki.co.jp/car/swift/(宝くじが当たったら、即購入したい!)

この車、日本よりも海外、なかでも車にうるさいヨーロッパで高い評価を受けているそうです。私もうなずけます。真面目に作っている車だと思います。今一番欲しい車は、こういった車です。です!・・・年甲斐もなく赤が欲しい、それ程この車赤あるいは青が似合っています。車購入を考えておられる方、SWIFTをお忘れなく!

2010年10月 6日 (水)

変わり行くもの

秋分の日まで「暑い!暑い!」と言っていた9月。この日を境に季節は大きく動きました。

北海道大雪山の紅葉ニュースを皮切りに、紅葉前線はどんどん南下してきています。

今日は、銀杏の収穫の写真まで載っていました。

新聞を読んでいたら、アメリカの無人偵察機:グローバルホークの写真がありました。まるでその姿は、「空飛ぶ鯨」ですね。この飛行機の撮影解像度は凄い!それも24時間撮影可能。世界の不穏な動きのある地域では、随分活躍をしているらしい。

私たちが日々お世話になっているカーナビゲーションGPSが頼りです。軍需産業もちょっとは生活の役に立っている?

ますます付いていけなくなったのは携帯電話末端機です。最近は、もっと高速な末端機が大流行と聞きます。私何ぞ、今持っている携帯電話末端機ですら十二分に使いこなせないのに・・・。

世の中の変化の速さには、とてもとても付いていけません。職場でもいろいろな便利なものが導入されていますが、何分の一使いこなせていることでしょう?老兵は去るのみ?

また、円高傾向が続いています。8・9月の景気も再び落ち込んできたと新聞に書いてありました。私の給料も落ち込む一方です。それに追い打ちをかけたのが、長期金利ゼロの施策です。出るのはため息ばかりです。

2010年10月 5日 (火)

FDA

昨日、F氏からメールをいただきました。FDA4号機(green:E175:JA04FJ)がブラジルを出発!そして赤組のE170も増機されるそうです。いつもながらF氏の情報は、早いです。感謝!

10月31日から小牧~福岡便が就航。サイトで時刻表を見ると、午前中にFDA2機が撮影可能?なようです。2日居続け、1機ずつ交代していくパターン?のようです。スカイ・ウォーク駐車場にて撮影します。

ところでFDAのサイトを見ていて、面白いことに気が付きました(これはあくまで私の偏見が入っていますが・・・「今頃知ったの?」と言わないでくださいね)。このページです。http://www.info.fujidreamairlines.com/entertainment/wallpaper.shtml

右上の壁紙に注目してください。全8機が2列で並んでいます。redbluepinkgreenの順に並んでいます。デリバリーの順です。また、暖色系と寒色系が交互になっています。となると?5号機は?!そう5号機の塗装の予想は、黄色(黄金色)ですな。これって当たるかなあ。

しかし、エンジン・カバーまで色を塗るとエンジンの互換ができませんね。

もう一つは、http://www.asahi.com/business/update/1002/TKY201010020285.html世界一とも言われる高額な着陸料が、LCC就航のネックになっていることはご存じの通り。成田空港のどこにLCC専用ターミナルを作るのかしら?間違ってもゲジ前には作らないで欲しいものです。笑わないでください。三つの候補地の一つに上げられているのですから。

訂正:JA04FJは、FDAに問い合わせたところ、E170でした。お詫び申し上げます。

2010年10月 4日 (月)

伝統の重み

電子新聞を読んでいたら、面白い記事に出会いました。http://www.asahi.com/business/update/1004/TKY201010030285.html

元の記事はhttp://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p100902.pdf

創業500年以上の企業の中、トップ10を見ますと旅館が3軒ありました。因みに③西山温泉(山梨県)慶雲館、④城崎温泉(兵庫県)古まん、⑤粟津温泉(石川県)善吾楼(法師)でした。全て温泉旅館です。

③慶雲館・・・この旅館にたどり着くのは、車でも苦労します。照明がほとんどない、すれ違えないトンネルを通らねばなりません。建物自体は、近代的になっています。この旅館の魅力は、何と言っても自家源泉です。私は一度だけ宿泊しました。

サイトを見ますと、「慶雲館の宿の歴史は、遡る事およそ千三百余年前、慶雲二年(西暦七〇五年)にこの地に流浪してきた都人、藤原真人によって発掘、開湯したことに端を発します。
以来この湯は枯れる事なく湧き続け、甲斐の山懐につつまれた秘湯として、多く都人、名将、文人たちに愛され続けてまいりました。
自然湧出の源泉を4本もち、泉質は含塩化土類芒硝泉(ナトリウム、カルシウム、硝酸塩、塩化物)で日本列島を横断する「フオッサマグナ」の大地の裂け目から長年にわたり涵養されて湧出してくる名湯です。
平成18年開湯千三百年のアニバーサリー事業として宿のすぐ隣りで湯泉掘削をしたところ、想像を絶する泉温52°度毎分千六百リットル以上の日本随一の自噴泉を堀り当てました。
従来より源泉掛け流しに拘る当館では合計毎分二千リッター以上の源泉により趣きの異なる六種類の風呂だけではなく、お部屋のお風呂、給湯、シャワーに至るまで加温、加水のない源泉を使用して、全館源泉掛け流しの宿として、本物をお客様に提供することを使命としております。但し限り有る大地の惠を無駄使いすることなく必要最小限限度にとどめ、毎分二千リッターの内、使用湯量は1/4程度にとどめており、限りある資源を大切に守ってまいる所存でございます。」とあります。

④古まん・・・一度行かねば。

⑤善吾楼(法師)・・・私は一度だけ宿泊しました。が、余りいい印象はもちませんでした。

こうした古い歴史をもった企業の長寿の秘訣は、「変化への対応力」だそうです。残せるものは可能な限り残し、変えられるものは変えていくということでしょうか?

2010年10月 3日 (日)

また!ヘリ!

先日、今年はヘリの墜落が多いと書いたばかりです。今日、陸上自衛隊のUH―1Hが、ホバリングの最中に墜落。幸い今のところは、死者がいないということ。どうなっているのでしょう。Iさん、お仕事ご苦労様です。

今回は、定期点検後のテストということですから、再発防止のために徹底した事故原因を解明していただきたいものです。

最近続いているものと言えば???そう地震です。まだ比較的小さな地震の連続ですが、いつ阪神・淡路級の大地震が起こるか分かりません。東海・南海地震も危険性を指摘され久しいです。あくまでも今後30年以内にと言うことですが、地震に対する準備も怠らないようにしたいものです。まず、家族分の水の確保!<必要な水の量:人数×2リットル×○日>・・・○は、最低3だそうです。

さて今週末は、3連休です。できたら(また)東へ行きたいのですが・・・。それとも(条件が合えば)やはり赤組のECOを撮りたい。私が伊丹に行くと赤組は意地悪をします。COP10が登場する前、伊丹では"One World""ECO"は、「またか!」と思っていました。それだけ執拗なまでに意地悪をする赤組です。愛○県人といたしましては、これは是非是非撮らねばならぬ機体です。

それとも久し振りにさらに西へも?でも、私がこちらに行けば、赤組はきっと伊丹にECOを飛ばすでしょう。そういう意地悪を楽しんでいる会社です。某人は、「いやー、たまたまですよ!」と涼しい爽やかな声でニタニタ愛社精神がありすぎて、ここまで人間性を変えてしまうのです。恐ろしい!

2010年10月 2日 (土)

久し振りにちょっと山奥へ

予告通り大和高原の石仏巡りに行ってきました。渋滞予測を見て早めの出発をしましたが、やはり四日市IC付近を先頭に(3車線が2車線に!)渋滞しました。・・・今月末から始まる正倉院展は、もう少し早めに行こうかなあ。

P1040230

名阪国道(25号)山添ICで下りました。いつもながら見たい石仏は、しっかりとチェックします。が、実際場所はほとんど分かりません。地元の方々の温かい言葉が全てです。最初に出会った石仏は、予定外のものです。畑仕事をしていたおじいさんの推薦です。

狭い道を、曲がりくねった道をひたすら石仏を求めて。今回も二度程行き過ぎましたが、軽トラック先導で確実に辿り着けました。感謝!感謝!感謝!

山裾・狭い平地には、古くから稲作を行ってきたのでしょう。灌漑設備の状態を見ればわかります。奈良・京都に近いだけに、古くから支配者が頻繁に替わったと思います。また、都に近いだけに様々な都の影響を受けてきたと思います。石仏が多いのも偶然ではないと思います。

夕刊を読んでいたら、・成田空港:年間離発着30万を目指す。 ・UA&CO、無事TAKE OFF    ・(韓国も野菜が暴騰)キムチ用の白菜が高値。

2010年10月 1日 (金)

また一つ

日本の空からまた一つ飛行機が消えていきました。

"MD-81"・・・もうこのような個性のある旅客機の出現はないだろう。

私のサイトのトップ・ページを飾る"MD-11"については、これまでも何度も書いてきました。

製造した会社も今はありません。この会社、"DC-8"の頃から、機体を伸長することが得意でした。飛行機事典を見てみると、本当にいろいろな種類のものを造ってきました。"DC-8""DC-9"ともに原型を見るとびっくりします。どちらも大変にコンパクトにできています。それだけに派生型の種類の多さに驚。古き良き時代の飛行機です。

次に消えていくのは、"B747-400""A300-600R"ですかねえ。

こちらは、私の毎年秋のお楽しみです。「正倉院展」(10月23日~11月11日)・・・例年よりちょっぴり長いですね。

今年の正倉院展は平城遷都1300年を記念し、インド起源の五絃琵琶でらでん飾りが豪華な「螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)」や聖武天皇ゆかりの「山水夾纈屏風(さんすいきょうけちのびょうぶ)」などが出品されると聞いています。

この週末、前売り券を買いに行かねば・・・。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »