2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日のお天気は?

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

どうするのかしら?

日本航空は30日、1月19日に会社更生法を申請した時点での債務超過が、当初の約8600億円から約1兆円に膨らんだと正式に発表した。(2010年6月30日 読売新聞)

会社更生手続き中の日本航空と管財人の企業再生支援機構が、パイロットの候補生として採用した社員約130人に対し、地上勤務の総合職への職種変更を求めたことが29日、分かった。大幅な路線撤退でパイロットを養成する必要が薄れ、経費節減で訓練が困難になったためだ。職種変更の対象は、訓練用飛行機を操縦できる国家資格を持っていない候補生だ。日航は、他社でパイロットを目指すために退職を希望する候補生を、特別早期退職の対象に加えることも検討している。このほか、訓練機は操縦できるが旅客機の操縦資格を持たない155人に対しては、5~7年間は新たな訓練を行わない。その間は、総合職として地上勤務となり、訓練再開を待つことになるという。(2010年6月30日 読売新聞)

「膨らむ一方の債務赤字」「路線撤退・機材売却による余剰人員」・・・あと2ヶ月もすると、マスコミを賑わわせて満1年となります。

ここまで大鉈を振るわなければならないと素人は考えたのでしょうか?税金そして銀行の大損が分かってくると、さらなる規模縮小を考えざろう得ない状況になってきています。これから一体どうするのかしら?

さて梅雨の合間(こう書くと九州・四国地方の人には申し訳ありませんが)でしょうか?久し振りに青空を見ることができました。予報によれば、明日もどうやら晴れ間がのぞけそうです。が?週末は?

土曜日は、胃の検診です。日曜日○○地方のお天気が気になります。撮影ポイントをGoogle mapで確認をしております。このところ頭の中は、「石仏一色」です。

待望のボーナスも出ました!F氏・・・推薦デジタルカメラは、どれでしょうかねえ。NIKONかなあ?

2010年6月28日 (月)

今週

先週から月曜日は歯医者の日です。歯医者に行くたびに東京のK氏を思い出します。

歯医者に行くことを好きな人は、まずいまい。・・・歯を削るあの音!隣の方の歯を削られている音を聞くだけで・・・。これ以上書くとK氏に叱られます。

さて小生の歯ですが、これまでの歯磨きのつけが回ってきています。もうガタガタ状態です。今回も1本の歯にひびが・・・。今日は相当削られました。1週間後は・・・。

支払いの待ち時間にサライを読んでいたら、「ショパン くす玉のピアノ」というCDがありました。「1週間貸していただけませんか」と図々しく・・・。結局いただいてきました。(実は、いただいたCDを聞きながら、これを書いています。)いろいろな演奏家のショパン、たまにはショパンも良い。

歯もそうですが、週末は胃カメラの予約がしてあります。こちらも心配です。ポリープ・潰瘍の跡が写りますから、バリウムは飲みません。結局、胃カメラを飲まされますから。

幻想即興曲・・・ミーハーちゃんには、もってこいのロマンチックな曲。大昔創作ダンスで使われていました。この曲を聞くたびにあのダンスを思い出します。あのダンスの振り付け師、まだ健在かな?

2010年6月27日 (日)

疲れました!

今日は、本当に疲れました!

4月から仕事が変わって、外に出る機会は激減しました。身体を動かす機会がめっきり減りました。

平坦なところを歩くのならば、さして苦労はしません。しかし、今日のような(雨上がりの斜面)を登り降りするのは、「はーはー・ぜーぜー」言いながら歩きました。

さて今日は、名神・京滋バイパスを使って南郷ICまで約1時間半のドライブから始まりました。途中ヘビー・シャワーに見舞われましたが、到着してみると晴れ間も覗く程回復してきました。

富川磨崖仏・多羅尾磨崖仏・妙感寺磨崖仏・不動寺磨崖仏・車谷磨崖仏・菩提寺石仏群・福林寺跡磨崖仏・妙光寺磨崖仏と欲張って回ってきました。

どれもこれも素晴らしいものばかりで、無理して頑張った甲斐がありました。(近江の磨崖仏の最高傑作:狛坂寺跡磨崖仏は、秋にでも行こうと思います。・・・これも登山?ハイキング?)

どこへ行っても参拝の後、石仏をじろじろ眺め感動し、下手な写真に収めています。今回のように人里離れた場所の磨崖仏を彫るのは、本当に大変な事だと思います。堅い自然石を彫るのですから、相当な日数・年月がかかるはずです。そういったものを見させていただける喜び!ありがたいことです。

撮影したものは、先程サイト・アップいたしました。お暇な時にお立ち寄りください。

P1030448

2010年6月26日 (土)

最近思うこと

ほとんどの団体・企業の定年は、満60歳でしょう。

欧米ほどではないにせよ、倒産企業や国内産業の空洞化など依然として日本経済は厳しい状況下にあると思います。

再雇用されるにしても、給料は何分の一?年金の給付もどんどん遅くなりつつあります。

また、高齢化社会の中であっても生活を送るためには、どうしても年金だけで悠々自適には生活はできません。

今自分には関係ないと思っておられる方も、(突然降ってわいてきた)増税問題をどうとらえるのでしょう。これらは複雑にリンクしております。

この記事をお読みください。http://president.jp.reuters.com/article/2010/06/21/0F295598-7925-11DF-AFFE-9CC23E99CD51.phpバック・ナンバーも下部にあります。

昨年の9月から約10ヶ月、マスコミを騒がせた企業の話です。決して他人事ではありません。

企業の規模を縮小すれば、当然余剰人員を削減しなければなりません。まだまだ若くてその削減対象になったら・・・。

私も定年を数年後に控え、最近は暗い気持ちになりがちです。これに最近の身体のがたが追い打ちをかけている暗い暗い生活です。出るのは、ため息ばかりです。

あーあ!

2010年6月25日 (金)

これはいかん

F1とサッカー・・・睡眠不足の元!

そろそろ体力の限界に達してきました。とにかく眠たい!今夜はしっかりと寝たいと思います。

今朝、いつものようにメールを開いたら?やっぱり来ていました。Uweからのメールです。忘れず毎年お正月と6月25日は、律儀にメールをくれます。私へのメールを書いた後、約3週間フランス・スペイン旅行だそうです。ドイツ人のバカンスは、イタリア人のようにまとめて大きくとると言うより、分散しながらも2・3週間休暇をとる人が多いそうです。彼のことです。きっとツールーズは行くでしょう。

先日彼の最新作をアップしましたが、私は何も手持ちがありません。少なくとも梅雨が明けるまでは、フィルム・カメラを持つことがないでしょう。こういったことは、はっきりと伝えるようにしています。彼はそのことも理解してくれます。ありがたいことです。

先程の話に戻りますが、私もクリスマスと3月24日は、メールもしくはグリーティング・カードを出すようにしています。何度も書いてきたことですが、1度しか会ったことのない彼ですが、クリスマスと彼の誕生日を大切にしたいと思っています。

さて楽しみにしていた週末ですが、どうやら明日の午前中は雨模様のようです。お天気が許せば、滋賀県の磨崖仏を撮りに行きたいです。事前準備をかなりしましたから、大きく迷うことはないと思います。

2010年6月24日 (木)

ワールド・カップ

連日、サッカー・ワールド・カップを見ています。私は、別に日本チームの試合を見たいというより、世界各国の試合を見たいと思っています。

ここまでの所、最低のチームは(誰が見ても)フランスであろう。

思い出してみれば、前回の大会でのジネディーヌ・ジダンの馬鹿げた退場劇!

そして欧州予選におけるティエリ・アンリは、予選プレーオフで犯した“反則”の反応。これは国同士のトラブルにまで発展したことは、皆様ご存じの通り。

とどめはフランク・リベリは、セックススキャンダルでした。

もう大会が始まる前から、フランス・チームはばらばらな状態でした。しかし、フランス・チームの闘いは憎いくらいに面白かった!ですから、私何ぞフランス・チームの闘いを楽しみにしていました。予想を裏切る闘いに・・・。

大会中にフランス・チームにまたもや暗雲が・・・。そう昨年のプレミアリーグ得点王、ニコラ・アネルカの暴言事件、そして彼のチームからの追放です。

もうここまでくるとやっておられない。彼らはプロ・サッカー選手です。彼らは、今後どのようなプレーをするのでしょう。普通ならば、もう引退しかないでしょう。

ただ1国の問題ではありません。スポーツへの冒涜行為に違いありません。フランス・サッカー協会も抜本的な改革を余儀なくされるでしょう。

一度汚れたマラドーナ監督率いるアルゼンチンでも応援しようかな?

2010年6月23日 (水)

またか

赤組:ECOジェット、青組:ガンダム・ジェット・・・この夏の宿題と思っていたら・・・。

今度は、http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100623mog00m040024000c.htmlこれは、B777-200のようです。

それにしても景気がまだまだ悪いようです。プリントをちょっと貼って・・・。どうせやるならば・・・。こう思うのは、私だけでしょうか?

梅雨の真っ最中ですが、はやく梅雨明けをしてくれないと撮影ができません。相変わらず銀塩派といたしましては、光がないと勝負できません。

それにしてもどれも期限はいつまででしょう?のんびりとしているとKOBUKURO,DORAEMONのような結果になってしまいます。まず1日でも晴れれば・・・。やはりあの空港でしょうか?

Uwe Meier氏の作品を2日連続で上げました。いいですね。いろいろな航空会社の飛行機を撮影できて、ほんとうらやましいです。是非ご覧くださいね。

2010年6月22日 (火)

スカイマーク

夕刊を見ると、国土交通省はスカイマークに対してhttp://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/100622/dst1006221640002-n1.htm当然のことでしょう。

一方機材をB737に統一したスカイマークは、路線拡張に熱心です。我が国にある航空会社の中では異色の存在:スカイマーク。私は一度も搭乗経験はありませんが、「空の運賃が安ければ利用する」と言う人たちにとっては、ありがたい存在だと思います。

良きにつけ悪しきにつけ話題提供のスカイマークですが、その存在を大切にしたいものです。

知り合いのサイトを見ていたら、昨日セントレアにアントノフ225が飛来し、その写真が載っていました。

この機体、ちょっと前にも成田に飛来実績があります。ソ連時代の名残でしょうか?6発エンジンです。正面からの画像を見ますと、凄みがあります。

平日飛来では、手も足も出ません。撮影された方々がうらやましい!因みに朝刊を見ますと、2紙に写真入りで紹介されていました。

これもショックな話です。ついにスキャナーが壊れました。昨夜スキャンしている時は普通に使えましたが、今日になったら・・・。がっかりです。

2010年6月21日 (月)

21/Jun/2010

今日は、歯医者さんの3ヶ月検診でした。また、職場では先日行った検診の結果をいただきました。

結論、身体が悲鳴を上げています。

嗜好品・食事等を含め、身体に関するあらゆるものを総点検する時が来たようです。(否、来ました。)

これまで好き勝手をしてきた自分ですが、そろそろ年貢の納め時では?

がっかりとしていると、Uwe Meier氏からメールと(彼の予想がぴったり当たって)スライドが届きました。近くの空港と(彼の大好きなスキポール空港)のものが中心でした。

獲物を追いかけてスキポール空港を回りまくったと推察されます。これをお読みの方は、是非サイトを訪れてくださいね。

スライド・スキャンからサイト・アップまで、疲れました。もう目がしょぼしょぼです。

2010年6月20日 (日)

今週も

今週も守屋貞治を訪ねて・・・

今日は、桜で有名な高遠町を目指して出発!P1030318

最初に探したのが、これです。三峰川の氾濫を鎮めるために勝間の人たちが、守屋に「水切り不動」を依頼したものだそうです。火炎の彫り方や目の表情が気に入りました。

高遠町では、桂泉院・・・てくてく歩きました。が、車で上がってこれる道があった!ここの3体の守屋の石仏もいいですね。聖観音(山の斜面にありました)の優しいお顔が印象的でした。

さらに建福寺・・・先週の海岸寺ほどではありませんが、あるはあるは・・・。ここでは温泉寺でも見ることができた「願王地蔵大菩薩」の別のものがありました。P1030400

このお顔もいい!実にいい!

最後に以前も言ったことのある駒ヶ根:光前寺に行きました。もの凄い人でした。でも、私は守屋の石仏探しですから・・・。ここでも困りました。4体のうち1体が分かりませんでした。本堂に行き、訪ねたのですが・・・。お美しい女性が、あちこちに電話をかけていただき、やっと分かりました。頭が机につかんばかりの平身低頭、ありがとうございました。「阿弥陀如来」は、三重の塔の奥にひっそりと・・・。

先週と違って、着替えを持ってきました。早太郎温泉:「こまくさの湯」・・・日帰り温泉施設・・・ゆったりと湯につかり、遅い昼食、休憩をして雨の高速道路を帰ってきました。

気分爽快!さあ明日から頑張るぞ!

2010年6月19日 (土)

だから

麻薬事件・暴力事件など、相撲界を取り巻く空気は澱んだものがあります。今回の賭博事件がどんどん明るみに出るに至っては、もうこれまでと言う感がします。

協会は、法人の資格を文部科学省に返上すべきだと思います。これ程までに自浄作用のない組織を法人として認めていいのでしょうか?

スポーツ人が、「スポーツを賭け事」とは、言語道断だと思います。相撲界は、確かに伝統ある国技:相撲を引き継いできた世界です。それだけにその世界独特の慣習も残っており、一概には責められないと思います。しかし、これまでです。一民間組織として再生すべきだと思います。

再生と言えば、また赤組の問題が出てきました。毎日新聞では、

日本航空:1000億円追加支援要請へ

 会社更生手続き中の日本航空が、総額1000億円超の追加の金融支援を銀行団や企業再生支援機構に求める方向で検討していることが18日、分かった。日航の債務超過額が当初計画より900億円程度多い9500億円規模になる見通しになり、銀行団の債権放棄と支援機構による出資の上積みで対応を図る。銀行団には週明け以降に提示するが、交渉は難航しそうだ。 日航は当初、債務超過額を8676億円と見込んだが、航空機の評価損やリストラ費用の増加などで債務超過額が膨らむ。さらに、今夏以降に予定している追加リストラにも費用がかかるため、債権放棄と出資上積みでリストラ費用の捻出(ねんしゅつ)と財務基盤の強化を図る。 債権放棄額は1月時点の3585億円から500億円以上の上積みを求めるが、強い反発が出るのは必至。このため、管財人である支援機構も出資額を当初計画の3000億円から数百億円増やし、理解を求める考えだ

どこまで債権放棄・出資が続くのでしょう。これ程までひどい経営をしてきた責任は、一体どこに消えてしまったのでしょう。これについての追求は、どこにも載っていません。不思議です。

2010年6月16日 (水)

時刻表

先日某氏に伊丹情報をお聞きしました。

試しに今月のものを見てみました。http://www.jal.co.jp/dom/time/pdf/dom10_06.pdf因みに来月(7-8月)のものはhttp://www.jal.co.jp/dom/time/pdf/dom10_07.pdfでした。ほとんど変わりがありません。

何が?お昼時の機材です。春先まで伊丹では、A300は早朝に1機(?)撮影できたくらいと記憶しています。ところが・・・。

羽田便は、B767,A300,B772のみです。変わったものです。

これではB744Dは、千歳・那覇以外では不要の機材?

世の中、双発機の時代ですね。

そう思っていると、ボーイングは2012年からB737を月産35機に引き上げると発表しました。SQ,LHそしてAFが、A380を成田線に投入する反面、中心は確実に双発機の時代ですね。

さて全国のガソリン価格は、3週連続で値下がりしているそうです。私の住む地域でも、同様に値下がりしています。梅雨時で週末のドライブも減ると予想され、まだ下がるような気がしています(その分梅雨明けは?)。

そうなると燃油サーチャージは?夏の旅行シーズンを前に上がるか?!そのままか?!

2010年6月15日 (火)

わくわく

また新しいニュースが入ってきました。

まずは青組は、http://www.ana.co.jp/dom/promotion/gundam/久し振りの青組のS/Cですね。機材から言ったら、また伊丹でしょうか?福岡でしょうか?B777-300ですから・・・。しかし、やることがけちくさいですね。もっと大きなガンダムを期待したのですが・・・。

そして赤組は、http://press.jal.co.jp/ja/release/201006/001561.htmlこちらは見ていただくとお分かりですが、尻尾(B777-200)が?ならばステッカーで終わり?もしもそうならば、これも伊丹の常連ですね。(くどいですが)B777-300にはやらない?

COP10ですが、某県で開催されます。県あげての参加と言うことで、多方面に協力を呼びかけております。迷惑と思っている団体もあるのでは?

いずれにせよ梅雨に入ったために、ますますお天気を見て、そして幸運に巡り会えば・・・。

昨夜もサッカーを見てしまいました。これから睡眠不足の毎日です。せめてお天気がよくなる予報の前日は、サッカー観戦を控えなければ・・・。

毎日試合が多すぎますね。もっと出場国を絞ってもらいたいものです。こう書いていてもあくびが出ます。

2010年6月14日 (月)

HAYABUSA

昨日そして今日の新聞は、はやぶさサッカーWCの話題でいっぱいでした。

はやぶさに関しては、これまで書いてきました。が、今日面白い記事を見付けました。

文部科学省は、はやぶさ2号のために16億円の予算を請求したそうな。ところが例の「仕分け」でたったの3,000億円。

これだけ世の中が騒いでいることですが、民主党のお歴々は全くこの事業の意義がお分かりにならなかった!その仕分けの親分が、何と大臣ですよ。まさに客寄せパンダですね。民主党を支持している某団体が、過去に文部科学省(文部省?)の言うことは全て×に近い思考ですね。

これはロケットしかり、MRJしかり、全く世界が見えていない集団ですな。

(翌朝の朝刊から)

はやぶさ後継機仕分け、枝野氏「工夫求めただけ」

 民主党の枝野幹事長は14日の記者会見で、昨年11月の事業仕分けの際、小惑星探査機「はやぶさ」後継機開発などの衛星関連予算を「1割削減」と判定したことについて、開発の必要性は否定しなかったと釈明した。

 枝野氏は当時、仕分け人の統括役を務めていた。

 枝野氏は「もう少し工夫すれば、少ないお金で同じ効果を上げられるのではないかという議論だった」と強調。今後については「成果につながることを続けることは、決して否定していない」と述べた。

(2010年6月14日22時51分  読売新聞)

その集団、首をすげ替えたら支持率が急騰したそうな。全く国民を馬鹿にしたやり方!沖縄を愚弄した大臣も、JLを迷走させた大臣も・・・みんな留任。首をすげ替えるだけで何ら反省の色も見えない厚かましい集団。

人間の醜さを見たこの半月でした。

昨夜のF1とサッカー、今夜のサッカー・・・睡眠不足がたたります。

2010年6月13日 (日)

守屋貞治を訪ねて

守屋貞治(守屋貞治(1765~1832年)は、 長野県の高遠町に生まれ、十四、五歳の頃から石工の修行に励み、 二十代で自立して以来、 六十八歳で大往生するまでの間に、三百四十体余の石仏を残した。)

土曜日お天気が心配でしたが、いつもの早朝出発。まだ朝が早いので、中央高速も空いていました。CRUSE CONTROLを働かせ、すいすい長坂ICまで来ました。予め目的地(海岸寺)までの道順をインプットしておいたので、初めての道でも大きな不安なくたどり着くことができました。

山門をくぐると?何と草刈り機の音!(やばい時に来た!)檀家の方々の奉仕作業ですから、文句は言えません。終わるまでは、ひたすら写真撮影。

小さな石仏がほとんどですから、いちいちしゃがまなくては・・・。次第に膝ががくがく・・・。

それにしても約8年の歳月をかけて作った石仏。その数は半端なものではありません。雨風による風化の激しいものもあります。

P1030258

切れ長の目が特徴ですが、その線の優しさが素晴らしいと思いました。ご住職様ともしばし歓談をして寺を後にしました。

さすがこの頃になると気温の上昇は・・・。諏訪:温泉寺に着いて車を降りると・・・。暑い!

ここにも貞治の素晴らしい石仏がありました。親切な地元の方に、いろいろ教えていただきました。感謝!

P1030315

今回、私が一番見たかった石仏です。貞治の才能を高く評価し、熱心に推薦した願王和尚を偲んで作った願王地蔵です。探すのに苦労しましたが、杉林の中にひっそりと座っておられました。素晴らしい石仏です。

昼食は、諏訪IC近くで見付けた台湾料理店。ホイコーロ定食をいただきました。台湾の方の調理です。日頃いただいているスープ・漬け物とは、随分違った味です。台湾に来ているようでした。そして会計!何と本日定食は、半額!たったの500円なり。大満足!

2010年6月10日 (木)

今年も

今年もECOの実践をしています。

私の部屋は、東側に窓があります。ですから、これからの朝は陽が当たり、とても室温が上がります。

中部電力のサービスで、ゴーヤをいただいてもう5年が経ちました。ありがたいものです。毎年種子を保存し、蒔いています(勿論、土の大部分は入れ替えております)。

蒔いた種を約半分に減らし、今日ネットを貼りました。その際、また半分に減らしました。5本の苗は、これから日に日に伸びていきます。

午前中の直射日光をゴーヤの緑のカーテンが遮ってくれます。

CMによれば、室温を1度上げれば相当なECOに貢献するそうです。ゴーヤの緑のカーテンをすれば、さらなるECOでしょうか?

それにゴーヤは、私の夏の朝食には欠かせない大好物です。一石二鳥?

ところで、今日は赤組の話です。

リストラの一環として、ホテルの売却(某ホテル・チェーンへ)・ケータリング(TFK)・北海道航空(HAC)の資本率低下・パイロットや乗務員の諸手当の見直し(カット)を発表しました。

また某県は、南の島から一部内陸部へ移管という、誠に勝手のいいことを・・・。地元市町村に事前に連絡なしで。こういったお上の独断と偏見は、民主党と変わりがありません。

小さな会社からの再出発でしょうか?赤組の体質の改善とともに、強い企業を期待したいものです。

2010年6月 9日 (水)

尖り物

雲が多かったものの久し振りの好天気の今日、「尖り物」の飛行が目に付きました。

特に昼頃から午後にかけてRW16になりますと、その音のすさまじさに指が止まってしまいました。周りはいつものごとと平気な様子ですが、音を聞くたびに「ああF2」とか「C130」とか、私の耳を試しているようでした。

豊田の御大初め、「尖り物」の好きな方々にとっては、さぞかし収穫の多かった日ではないでしょうか。

予報によれば、いよいよ来週くらいから「梅雨入り」だそうです。

1年で一番陽の長い頃、雨のために撮影は難しくなります。

Qf743

大変に懐かしい画像ですが、ちょうどこの頃撮影したものです。QFは毎日飛来しているもののきちんと色を出そうと思うと、この時期しかありませんでした。

因みにこの頃、タクシー・プールの撮影ポイントが存在していたら・・・。「歴史にもしも」はタブーですが・・・。

ところで6月12日ですが、どうやら遠征をするようなお天気ではないようです。がっかりしますが、仕方ありません。ひょっとして東京の御大が?

私は、お天気を見て山を見に行こうかなあ?

2010年6月 8日 (火)

春秋航空

昨日新聞を見ていたら、中国初のLCC:春秋航空が茨城空港にチャーター便扱いで就航するそうな。

茨城空港関係者にとっては、とても大きなニュースに違いない。韓国のLCCも西日本の空港に現れるようになってきました。

あれ程騒がれていた関空は?

そして様子を見ながら、何と成田にもLCC専用のターミナルを作る計画も出ているそうな。羽田への外来機の登場(復活?)もいろいろニュースで聞けるような時代です。ますます成田・関空の存在が低下していくような気がします。

世の中景気が少しずつ回復しているようです(こう書くのも私の生活は、何ら変わりがない低空飛行です)が、旅客・貨物の予想をすることは、難しいものです。

そんな中、http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100608-OYT1T00044.htm?from=main1http://mainichi.jp/select/today/news/m20100608k0000m020122000c.html

赤組の再建は、まだまだ遠いようです。人員や機材のリストラ・・・厳しいですね。「再建」という錦の旗の下、バッサバッサ。

2010年6月 3日 (木)

あと10日!

はやぶさの帰還予定は、今月13日夜。もう少しです。http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20100603-OYT1T00496.htm

まだ無事帰還できるかどうか分かりませんが、これまで持ちこたえてきたことは関係者のご努力と敬意を表したいと思います。満身傷だらけのはやぶさ

無事地球にカプセルが戻ってきたら?カプセルの中にホコリが入っていたら?こういった夢を与えてくれているはやぶさ。私はこういった話が大好きです。

同じ宇宙では、ハッブル宇宙天体望遠鏡衛星があります。これまで数々の宇宙のロマンを伝えてきてくれたハッブル宇宙天体望遠鏡衛星です。これだけでもアメリカという国が好きになります。

因みに私のCPのスクリーンセイバーは、私的・公的どちらもハッブル宇宙天体望遠鏡で撮られた画像です。

私が天体に興味をもち始めたのは、中学3年生の夏です。友人宅で初めて天体望遠鏡を覗かせてもらったことからです。M15・・・球状星団を見た時は驚きました。天体望遠鏡は高価で買えませんでしたが、双眼鏡は職についてから買いました。NIKONの50mm7倍レンズです。これは今でも持っています。夜空を見るには、手頃な倍率と視野です。(これもカメラ同様、そろそろオーバーホールせねば・・・。)

2010年6月 1日 (火)

市場リサーチ

市場リサーチは、難しい。

全日本空輸は、大阪(伊丹)発着の大館能代(秋田)、石見(島根)、佐賀の3路線と中部発着の米子(鳥取県)、徳島の2路線の計5路線から、来年1月4日をもって撤退する、と国土交通省に届け出た。

これ以上の赤字路線の維持は、経営上好ましくないと判断したと思われます。開設の時は、どれだけの需要を見込んでいたのでしょう

また、伊丹・中部からの地方路線の維持は大変なことが分かってきました。こうしてどんどん路線が縮小していくことは、企業の経営にはプラスになるでしょう。鉄道を使えば、飛行機の何倍もの時間を要します。ここらの判断が、本当に難しいと・・・。

これは、企業倒産の話。

国内唯一の飛行船運航会社、日本飛行船(東京)が同日までに事業を停止したと発表した。負債総額は約14億円で、自己破産を念頭に準備を進めている。日本飛行船は2002年に設立。世界最大級の飛行船を使って遊覧飛行などを行っていたが、維持費などがかさみ、債務超過に陥っていた。

私もこの飛行船を何度も見たことがあります。飛行機と違って、ゆったり空に浮かぶ飛行船。見る分には、とてもロマンチックかもしれませんが、経営は難しかったようです。どこかの記事で読んだことがありますが、1時間程度の遊覧飛行の搭乗運賃の高いこと。仕方がないとは思いますが、それでは市場開拓は難しいようです。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »