2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今日のお天気は?

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

再び

画像

再び黒い雲が・・・。
豚インフルエンザ!

朝刊を読むと、豚インフルエンザの影響がメキシコ・アメリカ合衆国・カナダから、ほかにも4各国に広がったと
ありました。飛行機という移動時間を短縮できる乗り物は、どうやら豚インフルエンザという厄介者まで運んだ
ようです。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090428AT2M2803A28042009.html

別な記事には、検疫官の非能率的な作業に反感をもった人々があるとあった。とんでもない自分勝手な言動
だと思います。例え時間がかかっても、国内に豚インフルエンザを持ち込ませない賢明な職務を一体何と思っ
ているのでしょう。個人的な理由よりも、国民全体の健康と安全が優先すべきことです。

さらに豚インフルエンザの影響が広まれば、海外旅行に出かける人々が減る可能性が大きいです。こんな記
事もありました。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090429-OYT1T00126.htm
ここまで来ると、西の島も南の島も大変ですが、お空の仕事もまたまた暗雲がたちこめてくると・・・。

世界不況のまっただ中、またまた業績が悪化するものと思います。

こんな狭い国土の国で、大きな航空会社が二つも必要なのかしら?いろいろな問題を抱えていますが、一つ
真剣に合併を考えてみたらどうでしょう。ますます、世界の空から取り残されていくような気がします。

2009年4月26日 (日)

お別れ2

先程今日の記事を書いたばかりですが・・・。

画像


画像


M氏からF-50のことを聞いて、書こう書こうと思いつつ、いつもの怠け癖が・・・。

F-27、恥ずかしながら飛行している実物を見たことがありません。
が、画像を見るとF-50と・・・。

小牧に「赤い鼻をしたポチ君」がやってきました。慣熟訓練からエアーバンドで、コ
ールサイン「JA8889」を聞いたものです。

やがて小牧から中部へとF-50は移っていきました。余程(?)のことがないかぎ
り、F-50の転がりを撮影することは・・・。成田のBランの方が、はるかに撮影し
やすい環境(?)となりました。

そのF-50(JA01NV)もついに先週中部を飛び立ったそうです。離陸後ローパス
付き(まるで帰投するとんがりものみたい)で。

オランダの生んだ名機F-50、ついに日本の空から姿を消しました。どこかの飛行
機と違って、トラブルが少ないことも素晴らしい飛行機の証明です。

大型機の時代を謳歌していたクラシック・ジャンボも、MD11も、DC10も・・・。私の
撮影年数は少ないですが、いくつかの時代の変わり目に会うことができました。

2009年4月25日 (土)

お別れ

今日で4年間一緒に過ごしてきた愛車とも「お別れ」です。

画像


最長180cmの脚立が積める。
成田までの400km以上をストレスなく走れる。

これが、私の車を決める最低条件です。
この4年間、私の車に求める最低条件を適えてくれた車。
いや、今まで私が使用した車の中では最高水準の車でした。

が、いろいろな条件が重なり、やむなく手放すことになりました。

長引く不況のもと、朝刊を読むとT社のハイブリット・カーの予約状況が凄いことが書いてありました。
私も試乗したことがありますが、一番の欠点はシートの造りです。
あれいけません。疲れます。400km以上を走る車ではありません。
T社の車を購入したことはありますが、どれも一番の欠点はシートです。
また、サスペンションを堅くするだけで、トータルバランスが悪い。
これもシート同様疲れる元です。
長距離をストレスなく走れる車を作って欲しいものです。
車の魅力は豪華さではなく、移動手段として使う場合のストレスの少なさだと思いますが・・・。

2009年4月22日 (水)

またか!

私はこの記事を読んで、花巻空港の大事故を思い出しました。
皆様方は、どういった感想をお持ちになるでしょうか。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090422-OYT1T00614.htm

花巻空港の事故は、強い横風にあおられたものと記憶しております。
今回の場合は、比較的平穏な風とあります。
もちろん局地的な突風も考えられると思いますが、さて・・・。

MD-81系統、個人的には好きな飛行機です。

乗っても両側に人が来る確率は、5分の1!
窓側あるいは通路側になる確率がはるかに高い!
(B767もいいですね!)

そして何より上昇角度がいい!
地上から見ていても、小さなエンジンで、よくもあれだけ急上昇で上がって
いけるものと感心します。

しかし、やはり年代物と言わざろうえません。
地方空港のように、風の変化が多いところを中心に飛んでいるだけに・・・。

いいニュースもありました。
GW中の海外旅行客が、少し戻ってきた!
休みが取りやすい(うらやましい!)こともさることながら、やはり燃油サー
チャージでしょう。

2009年4月19日 (日)

これを書かずして

イギリスで4月11日放送のオーディション番組「Britain 's Got Talent」に出場した47歳女性

レ・ミゼラブルから「夢破れて」
Susan Boyle

これを書く前に、何度聞いたことやら・・・。

ただただ「素晴らしい!」の一言!

何?どこで?
http://www.youtube.com/watch?v=d-KiGva9dV4&feature=related
日本語訳もありますよ。
http://www.youtube.com/watch?v=vMVHlPeqTEg

是非!是非!是非!
聞いてください!

人は外見ではないと思います。
外見から来る風格もありますが、概して男性を指しているのでは?
47歳の女性をあなたはどう見ますか?
Susan Boyle
素晴らしい歌姫だと思います。



参考までに訳を

過ぎ去りし日の夢
希望に満ちたあのころ
永久の愛を夢見て
神もお許しになろうと
若さ故の怖さ知らず
夢ははかなく破れ
何もない私はここに
歌は歌い尽くし
酒は飲み干した
でも、虎は夜やってくる
雷のように低く唸りながら
希望を八つ裂きにし
夢も恥に変わる
私は夢見る、あの人が・・・
共に人生を歩んでくれると
でも、叶わぬ夢がある
避けきれない嵐もある
こんなはずではなかった
こんな地獄で過ごすとは
こんな哀れな姿で
夢も破れし、我が人生

2009年4月18日 (土)

久し振りの爆睡

画像
久し振りに爆睡し、モーニング・コーヒーでしゃき!

何とか1週間を乗り切りました。
充実感という言葉にはほど遠い内容ですが、まあまあというところでしょうか。
今日は仕事から離れ、1日を過ごしたいと思います。
お空は真っ白!
こうなると園芸?

コーヒーを飲みながら、新聞広告を見ていました。
アレッ!
ユニクロのチラシに・・・?

今年もユニクロはやりました。

何?

企業コラボのTシャツです。
広告では、VSだけ!?

以前は、TG、AA,QFなどがあったように・・・。
寂しいですね。

でも、久し振りの休日、近くのユニクロに行って買ってこよっと。
(と言うわけで、開店早々VSのTシャツを、ついでに「黒霧島」を買いました。)

先日F氏からメールをいただきました。
FDAの2号機の塗装は、「水色」だそうです。

思わずニタニタしてしまいました。
1号機は、赤系統。
2号機は、青系統。
偶然でしょうが、どこかの国の2大航空会社の企業カラー。

黄色か緑を期待していた私としては、少々複雑な気持ちです。

2009年4月11日 (土)

今日も(補足)

今日も午後から(疲れがたまっているので)休日出勤。
片付ける一方で、新しいものが・・・。
増えることがあっても、なかなか減るものがない(?)
しかし、給料は減ると告知あり。
がっかり


新聞を読むと
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090411-OYT1T00157.htm
誘惑の誘い(?)
S/Cに弱い私。でも、記事を読むとランダムな運行。どこの空港で撮れる
可能性があるのか、ネットで調べてみよう。


http://www.asahi.com/business/update/0410/TKY200904100296.html
結構なお話ですが、増税の言い訳(?)
いろいろな付帯条件が付いているようですが、緊急な措置ならば仕方が
ないのかしら?


http://www.asahi.com/national/update/0410/TKY200904100303.html
これでは成田遠征は無理(?)それに足がないし・・・。
例のETC付き車両の恩恵はいいのだが、それにしてももの凄い渋滞予測
だこと。
GW空けをねらうか(?)それならば、足が確保できるかもしれないし。


お昼頃、F氏よりFDA情報が入りました。
仕事か趣味か?
趣味!(弱い!)
無事(?)撮影が終わりましたが、どうしてFDA、あんなにタキシングが速い
のか!ウィングレットに邪魔され、撮れたコマは?
久しぶりにI氏も撮影に参加!
そして終わった後にN氏到着!
雑談の後、私は職場に!
(疲れた珈琲タイムに、BLOG続編を!)
まあ、明日があるさ!

2009年4月 7日 (火)

チャーター便

名古屋空港時代から、チャーター便に関してはおおいに興味があり、
その発着時間に興味をもったものです。

名古屋空港の最後は、(確か)エアーヌイ・タヒチ?間違っていたら
ごめんなさい。

成田でも(通称ゲジゲジ)撮りましたが、やはり名古屋のRW34には?
赤い曲線の入ったエアーヌイ・タヒチは、今でも美しかったと記憶し
ております。

ビジネス客の減少により、円高(これも疑わしい状況になってきまし
た)、悪評高い燃油サーチャージの下落などの要因が重なり、赤い
会社は昨年度以上にチャーター便を増やすそうです。

中部を含め、欧米への直行便がない(少ない)空港にとっては、この
チャーター便の運航は、利用者にとってはありがたいものですね。

しかし、スポッターといたしましては赤い会社では・・・・。

やはり欧米の日本発着便のない航空会社ですと・・・。
(でも、中部ではほとんど撮影不可能ですが)

今日は短い文です。
(まだ仕事中?!今日からセブンイレブンの勤務?)

2009年4月 5日 (日)

あら探しⅡ

休日出勤、途中でプッツン!

久しぶりに自作を見ました。下手ですね!

が、今日の「あら探し」・・・赤い会社のロゴの位置

上に寄る・・・B3
中央・・・B4,B6,B7,CRJ,(DC-10,MD-11)
下に寄る・・・E70

2階のあるB4は別として、ロゴが上に寄ったり下によったり・・・。

機体の胴体径が大きく影響していると思いますが、よく見るとやは
りB3やE70は不自然な感じがします。

E70は、他のボーイング系統とは違い、窓の位置が高い。

最悪は、B3でしょう。窓の位置とロゴがまるでアンバランスだと思
います。

型式写真を好む人間といたしましては、ロゴの位置は気になるも
のです。

B3、もう少しロゴの位置を低くしてもらえないでしょうかねえ。


青い会社、同じロゴを2カ所付けるのも芸がないですね。個人的に
は垂直尾翼のロゴは無用と思いますが・・・。さてあなたはどう思い
ますか?

やはり

画像

昨日、羽田のことを書きました。
やはり今日・・・。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090404-OYT1T00731.htm

深夜・早朝に限ると言いながらも、(部分的な)羽田シフト。

成田が、深夜・早朝には使えない隙をねらったもの?

(深夜・早朝の)交通アクセスさえ整えば、羽田ほど便利な場所はない。
現地到着時間が、欧米ですと、今までとは随分変わってきますが、それ
でも出発・到着時の疲れが違います。

伊丹・関西・福岡・千歳といった我が国を代表する空港からも、羽田なら
ばつながっています。さらに(便数は少ないかもしれませんが)地方空港
からも羽田ならば便利です。

同日の移動が可能になるわけですね。

これでは成田は?

いや先ほど上げた大空港までも・・・。

ますます不透明な国土交通省のやり方?

2009年4月 1日 (水)

ここまで来ると

ここまで来ると、(やはり日本人?)ついつい応援したくなります。
ついに海抜ゼロメートルを切りました!
http://www.chunichi.co.jp/article/economics/news/CK2009040102000152.html

午前のINTERが出た後のこの空港、ご覧になった方はお分かりでしょう。
TOYOTA空港、(上空から見れば)ターミナルは”T字型”の空港!
歴代社長もTOYOTAからの出向者!

画像


地元豊田市の今年度の税収入、前年度の90数パーセント減!その他
県内のTOYOTA城下町の市町は・・・。それどころか県の税収入減は、
約5000億円!いかにTOYOTAと命を共にしているかが分かります。

先日聞いた話では、全国の「飛行場」の経営は、ほとんどが赤字!離島
を除けば、公共交通機関が使えるところばかり。それでも空港建設!

この国の航空行政は、一体どうなっているのでしょう。まさに羽田一極集
中!羽田との便がどれほどあるかが、空港の地位を決めている現状。
その建設に血税が使われている。政治家のステイタス。それを応援する
地元建設業者。これは問題になっている北の国の問題だけではありませ
ん。しかし、どこもニュースとしない?!

静岡空港開港に伴う例の方、心から拍手を送りたい。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »