2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今日のお天気は?

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月24日 (水)

霊峰富士

駒門
画像


由比ヶ浜
画像


富士山専門家から見れば、ひよこ同然の写真。でも、富士山はいい!
絵になる山とでも言いましょうか、富士山が見える光景も撮ってみたいものの一つです。

(何度も同じことを書きますが)ベース空港を失うと、必然的に遠征となります。私の場合、天気予報は、遠征決断の最高の条件です。がしかし、これがなかなか曲者です。

今年最後の遠征を企て、決行いたしました。

が、
画像

ものの見事に予報は外れ!
(これではお土産になりません)
日頃の行いの悪さが、お天気にも出ているようでした。

翌日起きてみれば、三日月が見えました。
「予報は外れたな!」と思いしや、ホテルから出る頃は昨日以上の雲の量!
朝テレビで見た天気予報は、見事に当たっていた!


来年こそは、遠征時お天気がよくなりますように!
東京の御大に、「初日の出を見ながら、撮影日の晴れを祈願」してもらおう。
よろしくよろしくよろしくお願いいたします。

2008年12月17日 (水)

今日のニュース

ケロシンを使ったエンジンの駆動が当たり前?
しかし、おもしろい試みがなされるようです。
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/081216/tky0812162122018-n1.htm

自動車でも、ブラジルではガソリンだけではなく、植物からの油を使った車が走っているとのこと。我が国でもサトウキビから燃料を作る試みがなされていると聞いたことがあります。

またカナダでは、石油を含んだ砂(?)から石油を取り出す事業も始まっていると聞きました。

もっともこうしたあらたな試みは、膨大な資金と時間がかかるものです。

石油に依存している現代社会、次のエネルギー源は一体何が本命となるのか?興味津々です。


今年も残り半月となりました。
相変わらず不精者のスポッターですが、お空のニュースは気になるものです。
これも以前書いたことですが、そろそろ他のものの撮影を始めていきたいと思います。
先日唐津で見た石仏や摩崖仏が、発火点になるかもしれません。
ネットで検索すると、やはりこの世界にも同好者がいますね。
ただこの趣味、足が大切です。膝を悪化させるような場所には行けません。
この点が辛いところです。
4段の脚立も辛いです。
困った1年間でした。(まだ早いか?!)

これはお粗末
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008121790073737.html

2008年12月14日 (日)

二人だけの忘年会

画像


今年の「二人だけの忘年会」は、唐津「洋々閣」でした。

今回唐津行きが決まってから、どこに見学に行こうか迷いました。
インターネットで調べてみると・・・。
「蕨野の五百羅漢」「蕨野の棚田」「鵜殿の石仏群」を見つけることができました。
まだ膝が本調子ではないので、できうる限り車で行けるところです。

「蕨野」は、山間の小さな部落でした。部落から見上げると、高く山の中腹まで棚田が伸びていました。
狭い棚田一つ一つに石垣が築かれ、それは見事なものでした。

肝心の「五百羅漢」は、農道を上っていき、少し歩いては発見。この繰り返しでした。
画像

「役の行者」でしょう。大きな岩の上にありました。素朴な石像ですが、一番気に入りました。

「鵜殿石仏群」は、自然石をくり貫き石仏を置いたところと自然石に刻んだものとに分かれます。
画像

十一面観音を中心に持国天と多聞天が刻まれていました。大分で見た磨崖仏ほどではありませんが、これはこれで立派な摩崖仏だと思いました。

お宿は、「洋々閣」。
中里太郎衛門陶房による素晴らしい陶器のオンパレード!
器もGOOD!
料理もGOOD!
遠くから聞こえる波音を聞きながら、久し振りに冷酒を飲みました。
画像

この器も欲しくなりましたが、お値段が・・・。
思い出に残る忘年会でした。

唐津焼きでは、一輪挿しと(私の)デミタス・カップを記念に買ってきました。

*お暇ならば詳細を
http://ngospotter.jmj.at/P7.html

2008年12月12日 (金)

正式に

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081212AT1D110DG11122008.html
続いてこれも
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20081204AT1D010BU03122008.html
そうこうするとお隣も
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20081211AT2M1003L11122008.html

私の職場でも、様々なクレームが続くようになりました。
リストラの影響でしょうか、収入の不安定なことが、八つ当たりのように聞こえてしまいます。
昨日のSONYの大規模なリストラ・・・もう自動車産業どころではありません。

HISに引き続きJTBも
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20081211AT1D1109R11122008.html
これでどれだけ個人客が元に戻るのかな?

また、旅行会社のチャーター便規制を緩くするそうです。
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20081212AT3S1101V11122008.html
やることが遅いですね。

エアーアジアがセントレアに飛来するようになれば・・・。
でも、ディストネーションが東南アジアでは?
他の地域に飛ばしてくれたら・・・。

空気を運んでも仕方がない。
1人でも人間が座って利益になる。
日本の航空会社も、そろそろそういった意識でもって改革をしてくれないかなあ。
不景気とはいえ、たまには息抜きをしたいですからね。

2008年12月11日 (木)

窓ガラスふき

年末が近づき、連日職場の窓ガラスの清掃が続いております。
他にも、体を使うものが・・・。

それにしても窓ガラスの枚数の多いこと!
我が家のウサギ小屋とは違います。
こういった単純作業は、先を見ないことに限ります。
数時間やっても、まだこれだけ?!
いつになったら終わるのかしら?
ブツブツ・・・

でも、お天気がよければお日様の光を浴び、気持ちのよい労働です。
これで給料がいただけるのならば・・・。
頭を使う仕事が苦手なだけに・・・。

帰宅して、郵便受けを見ると・・・
やっと返ってきました。
思ったよりも早い仕上がり?
大変に見にくい画像ですが、サイトアップする前に1コマ

画像


去る方にこの航空会社についてお教えを願っている最中です。
この国の動向は、情報不足の私には手に負えません。

2008年12月 8日 (月)

変化が激しいこの業界

日本の空から,B747がどんどん消えていく。成田ですら,B747の姿が少なくなりました。

換わって双発機(B777,767,A330etc)の時代?
人件費もさることながら,燃料代の占める割合が大きいだけにダウンサイズは,切実な
問題だと思います。
変化が激しいこの業界,生死の分かれ目はどこにあるのかも分かりません。

前にも書きましたが,ベルギー・スイス・イタリアの旧フラッグシップは?????。そし
て(どうやら)3つのアライアンスに収束していく動きのあるヨーロッパ。デルタとNWの合
併などなど,例を挙げたら切りがありません。

お上に守られて育ってきた日本の翼。アライアンアスに組み込み,生き残りをかけてい
ますね。

今朝,新聞の片隅に小さくこの記事がありました。
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20081208AT1D0204L07122008.html

リスクを抱えるより,また新造機を待つより,この方が手っ取り早いですね。設立資本が
あれば,結構面白い商売なんでしょうねえ。しかしこれも?アメリカの某リース会社が危
ない。そうそううまい話はありませんね。



蛇足ですが,このBLOGのアクセス数30,000件を超えました。ありがとうございます。
これからも勝手なことを書きますが,よろしくお願いいたします。

2008年12月 3日 (水)

首を傾げる

画像

S.Gautron氏のメールに添付されていたものです。
A320もこうして使われることもあるのですね。

悪評高い「燃油サーチャージ」

原油価格は、約3年前の水準まで下がってきました。
ガソリンも先日書いた通りです。かつてない値下がりの連続です。今週(月?)も4円値下がりしました。

例えば、120円の価格が急上昇して180円になったとしまう。当初予定していた計画とは大きく違ってきます。60円分の何らかの徴収をしなければ、計画通りには事が運ばない。やむなく50円分を利益者負担でお願いする。ところがその後値下がりし、110円になりました。50円の利益者負担は、当然この時点で解除すべきです。それをまだ(値下げして)25円負担するとなれば、それは利益です。二重の利益です。120円で当初計算していたはずです。それ以下に値下がりしていたのに,25円の徴収とは?疑問だらけ!

上げるときは、3ヶ月固定。リスクもありますが、まあ無理矢理納得しましょう。が、世界的にこれだけ価格が暴落しているとき、二重の利益は納得がいきません。細かな文字を読むと、値上げは予告なく行う。値下げについては、1文字も書いてありません。責任ある企業の姿勢でしょうか?燃油サーチャージ導入時の価格と現在を明示する方式をとってもらいたいです。導入時の価格と現在(予定してる)価格表を「燃油サーチャージ一覧表」に加えていただきたいものです。そうすれば利用者は納得すると思います。

こうした不当な利益(?)をし続ける限り、きっとそういった企業は社会的な信頼を落とし、実績を上げることは難しくなると思います。あまりに自己中心的な行動を許すことができるでしょうか?私は首を傾げたくなります。

年末年始、韓国・香港・台湾に人気があるそうな。欧米?やはり燃油サーチャー時の影響か、減少気味という。(JTBによる推計)

最後は優雅に
http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/jinsei/jyujitu_081201.html

2008年12月 2日 (火)

またひとつ

またひとつ寂しいお知らせですね。
http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2008120202000068.html

(旧)中日本航空がF50を4機導入したのは?名古屋鉄道カラー,白と赤のポチ君。高翼のために,実に下界がよく見えます。前にも書きましたが,私はKL(ブリュッセル~スキポール)で乗りました。

替わりのボンバルジアの故障の多さと比べて,F50の故障の少なさ。デンバサールで撮影した写真を見させていただきますと,まだまだ現役の機体が・・・。

また,貴重なヨーロッパ生まれの機体が姿を消してしまいます。寂しいですね。


もう一つ
http://www.asahi.com/science/update/1202/SEB200812010014.html
昨日の通勤途中,車の正面からこれが見えました。月齢の関係で,木星や金星の輝きが弱まらず,本当に綺麗に見えました。残念なのは,その後雲が多くなり短い天体ショーに終わったことです。

その後,警告灯が気になりガソリンスタンドに立ち寄りました。何と122円也!ここ数年の最低価格!8月の180円台は一体何だったか?何と3分の1の価格下落!

ついでに1ユーロも118円。こちらも50円近い下落!
EUへのサーチャージは,33000円から22000円(片道)へ。

郵便物が・・・。
Uwe Meierからでした。早速20コマあげました。HOT NEWが・・・。嬉しい。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »