2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今日のお天気は?

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

最近思うこと

愛知県・・・我が県・・・おかしい!

先日神田知事が,1ヶ月の減給処分を発表しました。
理由は,ここ数ヶ月続く愛知県職員の不祥事の責任をとって・・・。
よくもくだらない事件を連続して起こすものです。
愛知県民として,恥ずかしい。


これも先日書きましたが,大分県を震源とする教育界もいまだにマスコミをにぎあわせています。
情けない!のひと言。
一方では,どこの世界でもあることではないでしょうか?
(私は未だに)一方的な批判はできません。

生物は,本能として群れを作ります。
まして(高等な)生物である人間は,様々な理由をこしらえ,群れを作りたがるものです。
あれこれ他人事のように批判しているマスコミの諸君も,(私は)同様だと思います。
今回の最大の問題は,金(金券)が動いたことでしょう。
これはいけません。
なら他はいいのか?
五十歩百歩!


KODAKから現像が返ってこない!
今まで約2週間で返ってきています。
ふと,ロスト?!
嫌な予感がします。
約20年,せっかちな私は現像を出すと1日でも早く仕上がりを見たいと思ってきました。
が,今回は?!
心配です。
郵便受けを開いて入っていないことを知ると・・・。
出るのはため息ばかり。

2008年7月29日 (火)

今日のニュースから

赤い会社の路線リストラ

小牧~福岡が一番関心のもとです。
これでチケットは,入手しやすくなるか否か。
話題のエンブレラル機の導入までは,きついかもしれない。
国の施策に矛盾しますが,中部・小牧のすみ分けをしていただきたいものです。
遠い!不便!な中部,発展が見込めませんね。
県・財界の2本目の滑走路・・・漫画ですね。
http://www.asahi.com/travel/news/TKY200807280382.html

マニラへの緊急着陸に引き続きQFが・・・。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008072701000583.html
QFの安全神話は,どこへ行ったのでしょう。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080729-OYT1T00142.htm

韓国・中国・香港についてきたのは,何とマレーシア!
噂はあったものの,ひょっとして「エアー・アジア」の登場があるかも?
先日ご紹介した雑誌,読まれましたか?
成田・羽田のすみ分け?
中部同様,遠い!不便な成田。
そのうち,羽田~ソウル・上海~欧米の格安航空券が出回るかな?
あまりに世界を見ていないような国の施策?
http://www.asahi.com/business/update/0728/TKY200807280348.html

2008年7月27日 (日)

そろそろ

そろそろ封印を解こうかなあと・・・。

私の趣味の一つに「古寺巡礼」があります。
久遠寺訪問もその一つが,まだまだ行きたい所はたくさんあります。
特に山陽地方には,興味深い神社仏閣が・・・。
九州の島々もいいですね。

時代が変わっても,脈々と引き継がれてきた信仰心。
若い人は笑うかもしれません,あるいは・・・。
前にも書きましたが,戦争に敗れ,日本人は心のよりどころを亡くしたと思います。
しかし,地方に行けば,日本人のよさがまだまだたくさん残っています。
そういった日本人のよさを発見するのも,古寺巡礼の楽しみの一つです。

その古寺巡礼の下地となったのが,「道祖神」巡りです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E7%A5%96%E7%A5%9E
そして,その延長にある「磨崖仏」巡りです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A3%A8%E5%B4%96%E4%BB%8F

30代前半,よく道祖神巡りを信州でしました。
安曇野・穂高・木曽など,地方誌を頼りに巡りました。
残念ことにネガ・フィルムであったために,現在はプリントしか残っていません。
この趣味は,歳をとってからでもできると判断し,長く封印してきました。
その条件に合ってきた(?)ので,そろそろ封印を解こうと・・・。

2008年7月26日 (土)

絶句?!

QF航空の事故

QF航空のB744の事故を知りました。約3メートルもの穴が空いたそうです。
いくつかのWEBニュースを
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200807250022.html
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080726-OYT1T00080.htm
http://mainichi.jp/select/world/news/20080726k0000m040166000c.html

これらの中で,「整備ミス」という言葉に驚きました。
QF航空は,人身事故ゼロを誇る=安全な航空会社であったはずです。
NZと並び,長距離運行が多い会社の一つです。機体整備は,社の運命を左右するものです。
単なる機体の構造上の欠陥?
ならば,他のB744でも報告されてもいいはずです。
航空機の中では,B744は寿命がそんなに長くないはずです。

多くの航空会社は,経費節減のために他国の整備会社に整備委託をするようになりました。
QF航空も例外ではありません。
短絡的な考えかもしれませんが,整備の外部委託にも問題があるのかもしれません。


大分の不祥事
古今東西,汚職のない国はないとも言われています。
これはちょっと歴史を学べば,誰しも納得することです。
誰しも自分が一番可愛いからです。
しかし,私は汚職を「義」とはとらえてはいません。
むしろ逆です。

地域社会の諸々のしがらみの中,教員の新規採用に関してもそれが生きていた(る)。
これは都会の論理ではなく,地方の論理ではないだろうか。
また,都会に住んでいる人達には理解が難しいものではないだろうか。

教員の大量採用をせねば,団塊世代の抜けた穴を埋めきれない地方。
少子高齢化が進み,新規採用が難しい地方。

どちらも我が国の状況の一端です。
働く場所の少ない地方に住む人達。
都会に住む人達の口に入るものが,いったいどこで作られているのか分かっているのか。
マスコミは,いつも都会の論理で地方を見る。
敢えて言うならば,偏見である。

公平・公正は,口で言うほど容易いものではないと思います。
私も歳をとりました。

2008年7月22日 (火)

興味深い雑誌

本日書店にて興味深い雑誌を買いました。

週刊「東洋経済」\670
特集は,「ここまできた!世界の空のバトル ”エアポート&エアライン」です。

1 世界のハブ空港と成田空港の違い
2 日中制覇に動く怪物空港<ソウル>
3 あのチャンギをも越える急膨張するアラブの巨艦<ドバイ>
4 首都圏空港の容量問題
5 航空自由化へのカウントダウン
6 世界最強の眠らぬ巨大空港<チャンギ>
7 発着枠までも自由に売買<ヒースロー空港>
8 地方空港の国際化新時代

>国土交通省(旧運輸省)による過保護は体制
>いわゆる行政指導が時代の流れに合っていない
>トランジット客を対象とした空港がない
>西日本を制覇した韓国の2大航空会社
>巨大市場中国をにらんだ動き
>オイルマネーを国の将来
>羽田と成田は両立が難しい
>両空港のアクセスの悪さ
>航空会社と空港会社の連携のなさ
>国を挙げてのハブ&スポーク<中国>
>お客様は神様?<シンガポール>
>ヒースローの栄華はいつまで
>赤組・青組に頼らない地方空港
>地方空港の勝算

こうあげてきたもので,あなたはどれに興味をおもちですか?
安い雑誌ですが,発行部数は少ないです。
明日はまず書店に直行?

一度読みましたが,また明日読み直したいと思いました。面白い!?

2008年7月21日 (月)

命の洗濯

毎年の事ながら,7月前半は忙しい。
ミスが許されない緊張した毎日。
終わってホッと一息。

画像

身延山久遠寺<菩提梯>
山門をくぐって前方を見ると・・・。
「これ何?」
まさに梯子のような石の階段!287段!傾斜はきつい!
今年最高の気温(後で知りました)!
流れ出る汗と膝ががくがく笑う!
画像はありませんが,本堂の天井画「墨龍」には感動いたしました。


画像

糸魚川-静岡構造線
大昔,理科の授業で学びました。
本州がこの構造線を境にねじれている。
斜線のように見える構造線。
上と下では互いに押し合い,盛り上がっているのがよく分かります。
やはり学びは,実物を見るに越したことはない。


画像

<昇仙峡>
3日間,梅雨明け直後と言うこともあり,お天気が安定していませんでした。
これが紅葉の時期ならば・・・。
この日も大変に暑い日。
汗を流しながらの森林浴でした。

仕事を忘れ,温泉とビール・地酒の日々でした。
1日目:慶雲館・・・今まで行った温泉の中では,湯質はトップ・クラス
2日目:常磐ホテル・・・総合得点50点以下!ガッカリ!

さて次はどこに行こうかな?

2008年7月12日 (土)

E4

久し振りに南の島に出かけました。

画像


E4・・・これは,管制官の気紛れ?いじめ?でしょうか?

ここで撮影ポイントの概要を

SPOT24前には,いつも(と言っても2階の土曜日ですが)コンテナがあります。
ゲートの正面には,10時30分位まで1台駐車!
さらにフェンス沿いに歩くと,50m位内側に低い柵があります。この柵,ちっとも撤去されません。

ということで,撮影は大変に厳しいです。私のような写真が下手なものは,フェンスの網のどこかにヒットしてしまいます。前回も大失敗をしました。仕上がってきた現像を見て,がっかり!へたっぺ!

そうはいうものの,懲りずに南の島に行って参りました。
PRのレジ(A330)が,RP-Cに・・・なによ今さらと笑われますか?
AF・・・前回同様,ムーミン塗装。
そしてTG・・・B773新塗装。
RP以外は,E4に逃げられました。ため息が出ました。
帰りの電車が,とっても遅く感じられました。

2008年7月 9日 (水)

地球温暖化

サミットが終わった。

「地球温暖化」に関する報道も数多く見られ,早急に解決すべき問題と言われました。

ヨーロッパの航空会社,Co2にまたまた泣かされそうです。ただでさえ,燃料費高騰の折,ダブルショックかな?

ところで,地球温暖化により北極や南極の氷が溶けて海面が上昇する。だから,Co2の総量規制をしなくてはならない!

これって,ちょっとおかしくないかな?

昔,学生時分に「アルキメデスの原理」を学ばれたと思います。
コップに浮かべた氷が溶けて,水が溢れますか?水が凍ると体積が一時的に膨張します。氷が溶けると体積は縮むのではありませんか。氷が溶けても,海面の高さは変わらないはずです。

同様にCo2を吸収されるために,森林を増やす。これも極めて短絡的な考え方です。

私たちは,マスコミの報道を鵜呑みにし,情報操作を無意識にされていることを忘れてはならないと思います。


地球温暖化と並び,例の大分県の教育界を揺るがせている問題も,私は少々眉唾物だと思っています。少々歴史をかじった人にとっては,「賄賂」は古今東西行われてきたものです。これはこれからもなくなることがないと思います。(私は,賄賂を肯定してはいません!。)

恐ろしいのは,情報の一方通行によって,私たちが偏った考えをもつことが恐ろしいと力説したいのです。これは以前「赤い会社」を徹底して叩いた時(社長交代劇)も,かなり事実とは異なった一面的報道だったと聞いております。

情報化社会と言われますが,一方的な情報の押しつけには十分に気を付けたいものです。

2008年7月 5日 (土)

夏の旅行

朝刊を読んでいたら,夏の旅行の傾向が載っていた。

先日書いたように,やはり「燃油サーチャージ」が大きく影響し,約17万人の旅行者減だそうだ。
アメリカ・ヨーロッパ・オセアニアの減は当然。オリンピック開催の中国も。

相変わらず韓国・台湾に人気があるそうです。

NYの先物取引では,約1週間に5ドルの原油値上がり!燃油サーチャージは,さらに高騰を続けることでしょう。旅するものが控えめになれば,航空会社の経営も・・・。

国内も北海道・九州の落ち込みが激しいそうです。となると家族旅行は,テーマパークか?日本人の休暇の過ごし方の寂しいこと。


利用者が減れば,採算の難しい路線は減便・廃止

関空・中部発着路線が,秋口から寂しくなると書いてあった。これは当然のことでしょう。ここに至れば,一企業の努力ではとても解決の無理なことが分かります。悪循環です。

地方路線の見切り・・・そう言えば,この年の最初でしたか,信州松本空港からの撤退がニュースになったのは。政治力でいくつもの無駄な空港ができました。佐賀・石見・神戸・能登・静岡など・・・。税金の無駄遣いですね。飛ばしたくもない路線を作って,政治家に恩を売る。情けない航空行政ですね。


明るいニュースもありました。

青組,A380を検討。当然でしょう。必ず買います。国内における赤組との勝負!さらに引き離すチャンス。赤組の経営が苦しいことは,誰でも知っています。でも?どこを飛ばすんでしょう?千歳?福岡?国内ではこれくらいしか,思い浮かべることはできません。5機というから,うち2機は?青組のドル箱は?アメリカ?ヨーロッパ?

これは楽しみですね。

2008年7月 3日 (木)

気が付いてみれば

気が付いてみれば,今年も半年が過ぎてしまった。
月日の経つのは早いですね。

最近の話題の中の中核は,やはり原油高と穀物高でしょうね。
今月に入って,生活必需品が軒並み値上がりをしています。
1日通勤途中で見たガソリンスタンド。
何と,ハイオク192円!
次に給油するときは,この値段かと思うと・・・。

見方を変えれば,消費熱が下がった方がいいのでは?
人間の欲望にはきりがありません。
どんどん肥大した消費熱を冷ます,絶好のチャンスではないでしょうか?
本当に必要なものが何なのかを知る機会でもあります。

と言って,倹約を薦めているわけでもありません。
要は使い方に問題があるということです。

人として生きていくときの財産は,大切にしなくてはなりません。
いまさらかつかつの生活には,戻れません。見分不相応な生活を戒めているだけです。

たまには,こういった遊びもいいですね。さすが,青組!
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2008/news/topic/national/news/20080702-OYT1T00686.htm

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »