2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日のお天気は?

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

何かにとりつかれた?

火曜・水曜・・・滅多にないチャンス!・・・休むか!
明日からガソリン代・・・約30円も!・・・貧乏人には痛い!
今年のGWのお天気は・・・珍しい!・・・これは!
GW中の高速道路の混み具合は!・・・5-6日最悪!・・・となると?

とりあえず,コンパクトで撮ったものを速報で!田舎者は,何でも珍しく撮りたがるものです。駄作の連続ですが,お許し下さい。

画像


画像


画像


画像


画像


2008年4月27日 (日)

やはり

やはり私は曇男!天気予報では,晴れ後曇!がしかし・・・・。ため息の出る1日でした。weak sun,RW change!

画像


画像


画像


画像


ディジタル・カメラは,お天気をだませますね。だまされないように!補正済み!

今回ほど移動の多かった遠征は記憶にありません。お陰で撮りたい(まあ証拠写真ですが)ものを幾つ逃した事やら。またリベンジですね。

2008年4月15日 (火)

春を告げる

画像


画像


画像


画像


コンパクト・デジタル・カメラで「春を告げる花々」を撮りました。撮影技術の未熟さとかカメラの機能を知っていないために,随分苦労しました。デジタルで撮った写真は,コンピューターで補正ができるものの難しいと思いました。一番難しいのは,白と黒をいかに出すかです。まだまだ修行が足りません。

次回は,もう少し光の弱い時を見計らって撮影したいと思っています。

2008年4月14日 (月)

これが実現したら!

画像


まずはこの記事を!
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djCCM6671.html
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080414-OYT1T00092.htm


DLのMD-11・・・名古屋空港時代,懐かしいL-10,そして陸上の三段跳びを想起させるピョンピョン・ランディング!

NW・・・合衆国のB747-400が名古屋空港に毎日飛来!最後の頃には,50mmレンズでB747-400(新塗装)が撮れると騒ぎました。

どちらの航空会社の飛行機も,名古屋空港時代は短いレンズが・・・これ以上・・・。

何とその二つの航空会社が合併?!

KLMとAFの合併とは,質が違います。何と先進国のやることは凄い!それもやはり「燃料費高騰」が原因らしい。小生は,数日前に日本の赤組・青組のことを(野次馬根性丸出しで)書きました。アライアンスという一つの壁がありますが・・・。これにCO(確か同じアライアンス)まで加わったら!・・・。

航空業界は今までもそうですが,弱肉強食の世界を地でいったようなものです。巨人が倒れることもままあります。

この話がまとまるかどうかで,他のアライアンス(北米を中心に)でも同様なことが起きるかもしれませんね。

数年後,成田のターミナル前の塗装はどう変わるのでしょう。朝夕,真っ赤なしっぽが並んだ光景が懐かしくなるのかしら?

そして翌日(15日)
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djCCO2074.html

2008年4月11日 (金)

また借用

既にニュース性は低くなりましたが,これは大変に興味ある記事です。
とかくマスコミは,ニュース性は重んじますが,フォローが余りありません。
これはその後の動きを踏まえた記事です。
http://bizplus.nikkei.co.jp/colm/nagata.cfm?i=20080408cy000cy&p=1

我が国に関係がない太平洋路線ですが,将来を見据え欧米間の生きるか死ぬかの火花が見えるようです。

欧米でメジャーを脅かし続けている格安航空会社の本格的な参入。最初は体力勝負かもしれませんが,大切なことは利用者が何を望んでいるかだと思います。ゆったり過ごしたい・安く済ませたい・希望場所や時間に出発あるいは到着したいなど,これまで以上に航空会社による市場調査が必要になってくると思います。

そして近い将来,記事にもありますように世界の巨大市場に成長するであろうアジア!成長期にあるこの地では,現在格安航空会社が急激に伸びてきています。その一部は既に我が国に飛来しています。そうした会社の動きの次が怖いですね。

赤組・青組のトップの決断が急がれるような気がします。


長引くアリタリア航空のフォローもありました。
http://www.asahi.com/international/update/0411/TKY200804100356.html
ここまでくると我が国の航空業界もブランドを残しながら,次の手を打ったらどうかと素人は考えてしまいます。アライアンスの足かせはありますが・・・。

2008年4月10日 (木)

拾い集め

さすが航空大国!
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080410AT2M1000S10042008.html

公共交通機関としては当たり前の飛行機。その飛行機に欠陥が見つかれば,右往左往するのが航空会社。アメリカン航空の規模とその影響を考えると,改めてアメリカ合衆国の凄さが分かるというものです。
我が国では同型機を運航する航空会社は,わずかに1社!それも数の上では大したことはありません。個人的にはこの飛行機が好きです。製造会社もそうですが,2列3列それも最前列の場合,まさに気分はファーストクラス!実に静かな飛行機です。

A380以上に深刻!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080410-00000013-tcb-biz

北京オリンピックに併せて搭乗!というキャッチ・フレーズは死語となりました。この飛行機,南の島からも何度も主翼が空輸されていますが,あれはどうなったのかしら?度重なる遅延,少しでも低燃費の飛行機を求める航空会社にとっては,このニュースは我慢ならない発表ではないでしょうか?損害賠償だけでは済まされないことです。ひょっとしたら赤い会社のエアバス流れ(政治家たちにも堂々とその根拠を述べることができますから)が実現するかも?

さらなる追い打ち!
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080410-OYT1T00553.htm

航空会社にとって一番頭が痛いのがこれでは?いくら低燃費の飛行機と言えども,例の燃料は登載するわけでして,そのものの値上がりは本当に頭が痛いものです。事実夏の旅行の場合,ガスチャージ料は値上がりに含みをもたせた発表です。近場ならばいざ知らず,欧米旅行の場合片手以上の万札を要求されることが確実ですね。

毎日の新聞を読んでいると,遠いようで身近な問題であることが分かりますね。いずれにせよこういった動きは,航空会社のみならず利用者にも「逆風」と言えましょう。

2008年4月 7日 (月)

Agora

私の楽しみにしている雑誌に"Agora"があります。

私の乱読の話は何度もしました。本屋さんに行くと,興味のある題名・作家等を見付けるとすぐに購入してしまいます。まだ学生の頃の話ですが,本屋さんを出たらポケットには10円玉が数個しか残っていなかったことも多々ありました。要は,有り金をはたいて本を買ってしまう。これ病気は,この歳になっても治りません。いやカードを使うようになって,さらに重症になったのかもしれません。

さて自分で気に入った本を買うのではなく,一方的に送られてくるものとなれば,ゴミ箱に行くか・・・。それでもこの雑誌が送られてくるのを楽しみにしております。

一つに,内外の旅行に関する記事
一つに,高いレベルの記事
一つに,肩が凝らない内容と長さ
にあると思います。

本日送られてきた内容では,
前号の続きの(アメリカの)ポートランドの紹介記事
ベリーダンサー(これを読むまでは知識なし)木村佳寿美さんの記事
カナディアンロッキー山脈自然公園(某キャプテンは,ジャスパーがお気に入り?)
などです。

まだ週が始まったばかりですが,後ほどもう一度ゆっくりと読み直したいと思います。先日悪口を書いた"Skyward"とは大違いの雑誌です。これはいい!

2008年4月 5日 (土)

悲惨な一日

画像


週間天気予報では・・・・・。

3月末一生懸命仕事を急いで空けておいたのに・・・・。悲惨なお天気の連続でした。
そこで週間天気予報を見て,予約をとりました。が?週末が近づくにつれてお天気が怪しい。全く無為な一日となりました。

やはり私には,(直前まで)お天気を見て動く東行きが向いているのかな?

私事ですが,今月から法事が3ヶ月続きます。その間をぬって今回のリベンジを?そして南の島の工事がやっと終わったとの連絡もありました。まだまだ後片づけに時間がかかるようですが,一度自分の目で確かめに行かなくてはなりません。それにしても日の回りが悪くなる頃に終わるとは,何とも皮肉なものですね。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »