2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

今日のお天気は?

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

この頃思うこと

画像
この頃私が思っていることを少し書いてみます。

私は「石と煉瓦の文化」に憧れ,今年も夏にヨーロッパに出かけました。彼の地は陸続きの国々の集まりであるのに,それぞれの国は独特の個性をもち,旅をしていてそれを感じるのが,本当に楽しいです。たった1本の川が,1本のトンネルが,国を分けています。周りを海で囲まれている国とは大違いです。

そんな環境の元でも,どこの国も民族意識を誇りにし,インターナショナルな面を多分にもちながらも,古き良きものを大切にする心。そしてそれを受け継いでいく心。ところが,我が国では明治維新以来(例の仏物棄却を例に挙げるまでもなく),西洋のものが何でもすぐれていると思ってきたのではないでしょうか。まねごとが本家を脅かすことがあっても,どこか違っていると思います。

それは,特に先の戦争後,日本民族の誇りあるいは心のよりどころを失ってきたことも起因していると思います。例えば宗教,私たちの心に仏教が,あるいは神道が心のよりどころとなっているでしょうか。冠婚葬祭のみに終わっているのではないでしょうか。精神的なバックボーンのない国!

ところが,今年能登半島を旅していて,人々の信仰心の厚さに心を打たれました。心のよりどころとなる「お寺さん」を大切にする心。そして彼の地は経済的にも決して住みよいところではないと思います。しかし,人々の信仰心の厚さは,(敢えて書きますならば)彼の地を永遠に離れることのない郷土愛(極楽浄土)にもつながっていると思います。

便利さに体も心も浸りきっている私たち,物価高による生活の困難さを嘆いてる私たち。生きるための最低限度のものがあれば,今の自分は最高に幸せと思えるようにならないのかしら。心の貧困に打ち勝つ努力を,私たちは今こそせねばならぬと思っています。

私の尊敬する人物の一人に「白洲正子」さんがいます。もう故人ですが,彼女の日本人としての感性の鋭さ,そして効率性・利便性だけを追い求めている現代への痛烈なる批判を思い出しました。余談ですが,能・仏像・書画に関する彼女の造詣の深さと見方の鋭さは,私の一つの指標でもあります。

最後に「ドウダンツツジ」と並んで私の大好きな「満月ロウバイ」の花芽(写真)が,今年もたくさんつきました。これで2007年のBLOGは終了です。今年1年,お世話になりました。ありがとうございました。

2007年12月27日 (木)

ご紹介

セントレア

個人的には,様々な面でこの空港が気に入りません。

1 Spotter・・・何も分かっていない。
2 公共交通機関・・・貧弱。
3 駐車場・・・便利なように見えて不便。そして高い。
4 その他・・・所詮TOYOTA空港。旅客機の伸びは,あまり期待できない。また建物が貧弱。         警備員の態度が横柄・・・・。

まあ悪口はこれ程にしておいて,今夜の(そう1日2回)本題へ移ります。
http://www.jlife.jal.co.jp/t_joyful/flight/071221.html

読んでいただくとお分かりになると思いますが,
1 パイロットの聖地
2 カーゴ便
そして,今回が第3弾です。

私も初日の出フライトを一度体験しました。鏡開きがお正月らしく,お弁当もそれなりの?初日の出ポイントは,天竜川上空(?)。羽田・大阪・中部から,赤組と青組の競演です。高度の陣取りもさることながら,周回するわけですから,どんどんスモーク(?)が残り,お世辞にも美しいとは・・・。まあ空の上からの初日の出,お話しの一つとなることでしょう。

それにしても乗務員の方々は,大変だろうと思います。記事にも少し書いてありますが,さすが飛行機野郎の意地?

そして今回,キャプテンの写真が変わりました。

マイレージ

マイレージ獲得のために,久し振りにSQに乗りました。

画像
醜いがそうですが,証拠!

「青組」のマイレージを獲得するために,SQを使ってSIN/KULに行ってきました。

SINでは,以前行ったレストランが恋しくて,わざわざ遠回りの旅となりました。できれば直行便を利用したいのですが,それは目的のあってのこと,我慢・我慢。

タクシー・モノレール・バス等,交通機関が発達しているだけに移動は楽です。

さてSINですが,キャンギ空港は第3ターミナルの建設(完成間近?)。UA/CI等の航空会社が入るそうです。美味しいものを一杯食べたSINですが,チェック・インすると・・・。夕闇の中に何かしら見慣れぬ?

空港の至る所に10月26日就航したA380!その機体の感想ですが,意外に小さく見えました。オール2階と言うこともあって,上に大きいと思いました。ゲートE11は,A380専用のものでした。

マレーシアは,まだまだ物価が安く,(ここも)美味しいものが一杯食べることができました。まあ気ままな旅でして,疲れはほとんどありませんでした。KULからSINに向かう時,お隣は関西・成田からのB767-300が仲良く駐機していました。残念ながら某キャプテンには,お会いできませんでした。残念。

2007年12月22日 (土)

いい名前だ

「翔鳳」・・・中国純(?)国産小型旅客機
http://www.nikkei.co.jp/china/news/

我が国でも同じようなサイズの旅客機が計画されているそうですが,お隣の国の方が随分早くできあがったようです。インドと並び,多くの人口を抱える中国では,国産品となればこれからも受注数を伸ばしていくことでしょう。

それにしても,この名「翔鳳」・・・羽ばたく鳳凰(?)から来ているのでしょうか?実にいい名前だと思います。さすが漢字の国と感心いたしました。やたらカタカナや横文字を使いたがる某国とは大違いですね。己の国の言葉をもっと大切に使っていただきたいものです。


もう一つ
http://www.asahi.com/national/update/1221/SEB200712210010.html

セントレアでも横風が強い日には,社内規定で飛べない会社。先頃大型機では若干見直されたと聞きましたが,それにしてもお粗末!お空の情報ならば,専門家のはずですね。降りられないならば,堂々と説明すればよかったのに・・・。何とも後味の悪い結果になったものです。


最後に,きつい11月と12月でした。やっとホットできます。私の心身は,随分疲れがたまるようになりました。これ年齢以上に感ずるようになりました。何かこの先が不安になってきました。いくら疲れが少ない車と言っても,東に向かうのが怖くなってきました。お抱え運転手でも探さねば・・・。

お礼ですが,本日サイトの100,000件アクセスを達成いたしました。こだわりのサイトですが,4年弱かかりました。頑固なポリシーを貫きながら,今後とも運営していきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。




2007年12月15日 (土)

デロンギ

もう15年以上になりますか。我が家にデロンギのオイル・ヒーターが来たのは。

こたつ・灯油ファンヒーター・エアコン・ガスファンヒーターと経緯をたどって,我が家ではデロンギのオイルヒーターが,今年の冬も登場しました。我が家のオイル・ヒーターは,タイマーのない時代のものです。コンセントからタイマーをかませて使っています。燃える火は見えないし,他の暖房器具と比べると,温かさは格段に劣ります。でも子どもたちの小さい頃から,デロンギのオイルヒーターは,我が家の冬の暖房器具の必需品です。一番の利点は,空気の乾燥を招かないことです。じわじわ温かくなる感覚(輻射熱?)は,オイルヒーター独特のものです。また構造が簡単なだけに,一度も故障したことはありません。ヨーロッパの製品としては,ましてイタリアの製品としては,画期的なできばえだと思います。

ところで今朝は9時過ぎに起きました。異常な時間です。理由は簡単です。今週もへとへとに疲れ,予定していた成田遠征もボツ!とても帰宅後2時間たって出発できる状態ではありません。諦めました。ガッカリ。年末?年始?

先ほど愚妻から,障子の張り替えを言われました。自宅におれば,こきつかわれる弱い身!まあ午後から紙を買ってきて,しこしこやるか!

あと1週間頑張れば,シンガポール/マレーシアの短い旅(23/Dec-27/Dec)があります。それを楽しみに頑張るしかありませんね。2男も一緒です。クリスマス・ケーキやサンタさんの贈り物を知らない2男。少々古い絵ですが・・・。

画像


2007年12月 6日 (木)

2.5人称

他の書物を読むことを優先し,某雑誌の所見を書くのが遅れました。

某雑誌?

Forbes(1月号)です。

この雑誌を初めて今回購入いたしました。購入の動機は,
日本航空「サンライズ」への予兆
という記事です。

私は個人的には,この世界に興味・関心及び利用するようになったきっかけは,この航空会社にありました。某キャプテンを知る十数年前です。ですから懇意にしていただいている某キャプテンとは,全く関係がない時期からです。

航空業界・・・A380しかり・・・我が道を行く・・・ライヴァルを考えると,己の会社のポリシーだけでは,生き残れない世界。

そろそろ本論に入りましょう。
2.5人称?・・・記事には<今全社を挙げて取り組んでいる「自分や家族が乗客だったら」と考える「2.5人称」の視点だ。>
世界で最も厳しいと言われる日本航空の機長訓練!その根底に前述の内容があるならば,私たち乗客にとって嬉しいことはないのでは?

警察官・教師,そして日本航空を叩いた記事が,随分あります。マスコミが叩きやすい御三家?その中で「安全・定時運行」を着実にこなす努力。マスコミに叩かれながらも,社のアイデンティテーを大切に,スリム化をしながら成長を目指す日本航空。少々美しすぎる記事ですが,一日本航空ファンといたしましては,(遅ればせながら)書かざろう得ない内容です。

願わくば,青い会社と切磋琢磨しながら,乗客の安心・安全を第一と考える企業になることを願っております。

こう書くと某キャプテンに叱られるかも知れませんが・・・。ごめんなさい。

お暇な方は
http://www.jlife.jal.co.jp/t_joyful/flight/070921.html

2007年12月 4日 (火)

自作

画像

約1ヶ月ぶりに自作を発表しました。

相変わらず仕事は多忙ですが,現像が仕上がってくれば,疲れも?昨夜も愚妻に「早く床につくように・・・」言われました。

今回アップしたものは,新鮮味に欠けるものです。その多くは仲間からも既に送られてきたものが多いです。その中で今回遊んだものは?

”707””737”といった数字の面白さです。言うまでもない数字ですが,ファインダーを覗くと真っ先に見るのが,レジ番号です。こういった数字を発見できると,何やら嬉しくなります・・・単純。こうなると”717””727””747””757””767””777””787”を見付けられたら面白いですね。

私は以前からこのレジ番号にこだわっていることは,書きました。周りから見れば同じ型式を狙うなんて・・・。ところが小心な私は,連続番号の中で欠けている(撮影していない)ものがあると,こだわってしまうんです。これは病状がひどく悪化している?

月が変わって,皆様方も多忙な毎日をお過ごしだと思います。今年はインフルエンザの流行も早いと聞いております。くれぐれも体調の維持管理には,気を付けたいものですね。では

追伸
http://waga.nikkei.co.jp/comfort/friends.aspx?i=20071130g4000g4

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »