2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今日のお天気は?

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月24日 (月)

friend's photo

少々追加を入れました。

画像


先日容量問題を書きました。一番困っていたのが,"Friend's Photo"の容量です。ダメ元で管理人様にメールを出したところ,100MBのアップを了解していただけました。別にゴマをするわけではありませんが,ここはいやなCMもなし!大手プロバイダー並の見やすさを保障してくれます。またしばらくは,サポーターの方にも安心して投稿していただけることになりました。感謝のひと言です。


トップ写真・・・醜い!・・・いつも思うことですが,空港管理者は何故草を刈らないのでしょう。枯れかければ火事のもと!早めに草を刈っておくことは,安全にもつながります。野鳥の住処を提供しているのでしょうか。いろいろな意味で考えさせられる件だと思います。

そしてB3!個人的には3発機がお好みですが,この不朽の名機も好きです。但しこのエンジンの形は(理由は分かっておりますが)醜いですね。B3と言えば,やはり200型でしょう。ずしりと腹に響く低音を懐かしく思います。青い会社が所有していた頃,B2と並び小牧からよく飛んだものです。また南西航空時代,この機体に搭乗するために家族旅行を南の島にした悪い父親でもありました。私のコレクターの一面から見れば,世界のB3を集めたく(あれっ?これってどなたかと?)なります。うるさい古いと悪口を言われようと,やはりB3は200型できまりですね。東南アジアの格安航空会社でも,この200型はレアものになりましたね。ここらになると,またCAVOK氏のお話を聞きたくなります。


もう一つご紹介。
http://www.jlife.jal.co.jp/t_joyful/flight/070921.html
下地島に次いで,今回は「B767Fのお話」です。

小さな写真ですが,パイロットの方々は実に美味しそうなお食事を召し上がられ,うらやましい限りです。私のような3桁定食とは違います。この味についても,次回紹介していただきたいものです。

さらに突っ込みを入れると,B767Fの写真(一番上)・・・どこの空港でしょう?きれいな写真です。他の写真と比べると,明らかに元が違いますね。これはポジから起こした写真?!


さらにご紹介
自宅・職場のコンピューターの壁紙についてです。私のご愛用は,
http://www.jlife.jal.co.jp/wallpaper/
以前本体のサイトにあったのですが,残念ながら消えてしまいました。最もカレンダーが付いていない(もしくは1ヶ月)ものは,残っているような?私の場合,3ヶ月先まで見ることができることに意義を見出しています。

2007年9月23日 (日)

決断は裏目に

いつものことながら,前日までお天気とにらめっこ!
決断は?

たまにはこういったもので遊んでみました。
画像


所属を見れば一目瞭然ですが,最終決断は「西」でした。先月も行ったのですが,判断材料はお天気の予報でした。

がしかし!決断は裏目に出てしまいました。早朝こそ快晴でしたが,見る間に雲の量が増えてきました。この日の名古屋は快晴!南の島に行っていたら・・・。仕方がない,己の決断が間違っていた。

この日は珍しく大阪から有名人(晴れも雨にすると言われている伝説的な方?・・・これでお分かり頂けると思います。)も来ておられ,近くで撮っておられました。

少ないですが,これをお読みの方にちょっぴりプレゼント。
サイトのWhat's newをご覧ください。

2007年9月17日 (月)

ぎゃふーん!

この3連休を利用して成田遠征を考えていました。

予報を見れば,どこも「曇/晴れ/雨」・・・何でもあれ!こうなると小心者は,遠征をためらい諦めざろうえませんでした。

結果?「結構撮れました!」・・・ぎゃふーん!

私の住む町では,それこそ雪(?)は降らないものの雨あり,突風あり,晴れあり,べた雲ありでした。東京より三百数十キロ離れていると,台風11号の影響を受けやすいのかしら?

9月はまだチャンス(22日~24日)があります。そして月をまたいで9月30日-10月1日。10月6日~8日・・・。お天気に見放されないように,いつも以上に清く!正しく!美しく!過ごしたいものです。



昨夜は眠いたいのをこらえ,またF1観戦。それにしてもあのサーキット,もの凄い高低差のあるところに作られたものです。地面すれすれに座っているドライバーにとって,あの坂は空にも舞い上がる気持ちで上っていくのかしら?全く凡人の考えることの程度の低いこと!

そしていよいよ翌週は,日本GP!やっと時差を気にしなくてテレビ観戦ができます。我が国のチームは,やはり経験不足なのかしら?それとも技術を生かし切れないドライバーのせいなのかしら?元気がありませんね。


夏の終わりに
画像



プーケットでの痛ましい事故・・・亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2007年9月16日 (日)

KRについて

南の島用のレンズが,暑さのためにダウン!

名古屋時代からお世話になっているF氏のご努力で,新しい(中古品)レンズが入手でき,ホッとしています。その際,氏から出た話をサイトで確認いたしました。

以下,KODAKの公式サイトからの抜粋です。
【現像処理】
2007年12月20日まで:国内で現像受付・処理サービスを行います。
それ以降(国内販売分で有効期限内):ケイジェイ イメージング株式会社で現像受付を、Dwayne's社(米国カンザス州)で処理サービスを行います。


国内産のKRの有効期限は,確か2008年4月頃だったと思います。上記の文面からは,現像処理は年内に終わりますが,有効期限内は(時間はかかるものの)現像をしてくれると解釈できます。これは成田でお会いした方も心配されていました。

国内産はこれで終了ですが,海外産はまだまだ健在とのこと。ユーロ高で購入は辛いですが,KRが販売されている内は使いたいものです。名古屋の御大の話によれば,現像に約2週間はかかるそうです。「ますますサイトでの発表は遅れる」・・・辛いです。



こうした話を書いていると,何と東京の御大がデジタル一眼レフ(C社)を購入されたそうです(やはりお金持ちは違います。決断されると即実行!)。いつも私の先をいかれています。これからは氏のアクション・ショットが楽しめますぞ!ついつい私もサイトでN社のD300を見ました。カメラとレンズを合わせれば,軽く片手!やはり貧乏人の私には,KRがある限り手が出せません。

これはひがみですが,もしもKRがなくなれば,サイトの閉鎖も考えたいと思っています。私はいつもドイツの友人の言葉を引用します。 "Digital photograph is not original" 私も考え方は,全く同じです。デジタル一眼レフを持って空港へ?今の私には考えることができません。古い人間ですから。

2007年9月14日 (金)

A新聞夕刊より

A新聞夕刊に興味深い記事があった。

実は,今日(14日)が連載「飛行機雲 見上げて」の二回目である。前回はモスクワの事故を中心に記事がまとめられていた。

今日の題がいい!「操縦士の直感が救った」が,その題である。こういった題を見ると,ついつい個人的な感情が先走り,某会社のスポッター兼操縦士を思い出します。ご本人は(きっと)「紹介の順序が逆ではありませんか?」と言われると思います。

本論に移ります(いつも前置きが長いと言われますが,お許しください)。まず,山内純二さん・・・例の長嶋機長が刺された機の羽田に着陸させた方です。そして塚原敏夫さん・・・若くして機長になられました。・・・白浜行きの機体の片足が出ない。機内アナウンスで客席はパニック!それを珈琲片手に乗客を安心させ,見事羽田に着陸。

記事は続きます。
「パイロットに一番必要なのは,危機対応の能力なんです。」さらに石原明さんは,「マニュアルでは予測できない危機をいかに察知し対処するか。多くの命を預かるパイロットには,これが不可欠な適性です。」と言われています。


もう一つ!日米の貨物機の発着枠増という記事があった。中部・関西空港の関係者には朗報であろう。UPSやポーラーが中部・関西空港で見られるようになるかも?これらの一部が中部に飛来するようになれば,ますます貨物空港の色合いを濃くするのでは?

2007年9月11日 (火)

型式写真

このBLOGにおいても,我が国の型式写真専門のサイトについては,何度も書いてきました。

思い起こせば,2005年7月だったでしょうか?私の勝手気ままな言葉の羅列を始めたのは。もう2年以上になります。そしてこれもいつも思うことですが,一体どんな方が私の言葉遊びを読んでくださっているのかしら?私は物書きではありませんし,学もありません。ですから,どうしても偏った内容になっていると思うのですが・・・。

"Welcome to NGO"そして"Japanese Spotter's Site"とサイトを運営してきております。今のサイトにも書きましたが,私(私たち)は頑固なまでに型式写真にこだわってております。そんなサイトでも,前作を合わせると,延べ180,000人の方々の訪問を受けていることが分かりました。

私は管理人として,
1 サイトを訪問して下さった方への感謝
2 サイトをサポートして下さっている方への感謝
3 無料でサーバーをお貸しいただいている方
への気持ちで一杯です。

そして,それはサポーターの方のご支援の賜で,掲載枚数も7,000枚(500メガ以上)を超すことができました。99.9%は,(何の変哲もない)転がりの写真ばかりです。

ヨーロッパで生まれ育った趣味ですが,はるか極東の地で細々と生きているサイト。多くのリンクのお陰で,毎月何分の一は海外からのアクセスにまで成長しました。中でもドイツ・オランダ・フランス(御三家?)からのアクセスは,毎月他の国を引き離しています。本当にありがたいことです。

また個人的には,"Friend's photo"にもありますが,海外の熱心なスポッターとのスライド交換(KRのみ)が続いていることも,喜びの一つです。


それでもたまには遊んでいます。
画像

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »