2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

今日のお天気は?

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月28日 (土)

古い話で恐縮ですが

久し振りに"JAL TV"を見ましたら,書きたくなりました。

私が一番好きな飛行機は,DC-10,MD-11です。

日本の空からは,前者は姿を消しました。後者は,某貨物会社で見ることはできますが,純粋なる旅客機としては見ることができなくなりました。

そう言った私の気持ちを組んでか,"JAL TV"では,未だに"MD-11ラスト・フライト"の映像を見ることができます。

JL公式サイト→JAL TV→JALファン→航空機で入っていけます。

私はこの映像,今までに何度見たことやら。在籍約10年。フル・スクリーンで見るラスト・フライトは,何度見ても感動ものです。コックピット・クルー(秋吉・古市氏),そしてラスト・フライトとなったJL730,そしてそのキャプテンを務められた岩村キャプテンのコメントなど,最後に映し出されるテイク・オフの画像。

航空機というものが誕生して,このような美しい飛行機が誕生したことに私は感動を覚えます。JA8582・・・そう私のサイトのトップに「永遠の飛行機」として載せてあるものです。

ついでながら,私のコンピューターのデスクトップには,JLの壁紙を使っています。私はカレンダー付きの壁紙が好きで,現在は沖縄・下地島上空の写真を使っています。向こう3ヶ月のカレンダーは,私にとって撮っても使いやすいものです。現在8月のカレンダーが用意されています。残念ながら今月ほどインパクトのあるものではありませんが・・・。あなたのコンピューターのトップにいかがですか?

2007年7月 9日 (月)

驚き二題

えっ!B737!
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20070709i401.htm

相変わらず青い会社の積極的な姿勢が目立ちます。悲願の国際線進出から,成熟した路線拡張(一方では撤退も数多くあるが)へと企業戦略がはっきりとしてきた。しかし,モスクワ?サンペトブルグ?までB737を飛ばすとは!あっぱれ!例のCクラス飛行機でしょうか?そうでしょうねえ。エコノミー・クラスを問題にしていない大胆さ!こうした戦略が当たるかどうかを興味津々で見ていきたいものです。安い客・荷物は不要なやり方が,一体どこまで通用するのかなあ。かつてアメリカでもCクラス対象の商売があったような?そして失敗したような?
それで驚いていたら,B787でヨーロッパ!いきなりB787のパフォーマンスが出てきました。こうなると現在B767のパイロットの中から,ヨーロッパ行きのB787に移行?これは赤い会社も続け?となるとひょっとして将来?ニヤニヤ?

(追記)
予定通り発表されましたね。

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070709AT2M0800P09072007.html
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070709AT1D0900909072007.html


無理だよなあ
http://www.chunichi.co.jp/article/centrair/news/CK2007070802030663.html
「いる?いらない?」・・・「いらない!」
中部に2本目の滑走路の話です。東京・大阪と比べてマーケットが狭いセントレア。セントレアからどれだけの航空会社が撤退したのか?青い会社の貨物問題しかり。アメリカ・ヨーロッパにどれだけの路線を持っているのか?航空会社の市場調査を参考にしてみたら素人でも分かります。まるで無い物ねだりのだだっ子ですね。公共事業を増やし企業を儲けさせようとする魂胆が見え隠れしています。いっそのこと貨物専用空港にしたら?航空貨物何でも引き受けますってなものはいかがかな?

2007年7月 4日 (水)

JA631J

朝刊にJA631Jの写真が載っていました。それもJA401J,JA402Jと同様な塗装(?)でした。
年内にはあと3機(?)導入予定とか。間違っておりましたら,ここもCAVOK様の登場となります。

それにしても赤い会社のB767-300型は増え続けていますね。

この機材,私にとっては大変な思いで深いものであることは前にも書きました。私が型式写真を始めた頃から,私はレジ番号にこだわりをもってきております。まだ未撮影の機体があると,体がむずむずしてきます。もっとも最近はその病気も随分治ってきましたが・・・。

赤い会社のB767-300F,本当に心待ちにしておりました。B747-400型までフレイターに改修している会社です。しかし,B747Fではちょっと大きすぎると言う路線の貨物輸送には,この機材最適ですね。同社には免許を持った方がたくさんみえますから,路線の格調には都合がいいですね。

さあこの機体,成田のBランで撮れますでしょうか?この夏の成田遠征が楽しみになりました。その前に画像が送られてきたら,余計に撮りたくなります。JA401Jの時のように撮ったと思ったら,2号機が出現ということになるかもしれません。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »