2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日のお天気は?

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月27日 (火)

久し振りの小牧

3月17日(本来ならば前日到着予定),久し振りに県営名古屋空港に出かけました。

本日やっと,久し振りに"What's new"を上げることができました。いつものごとくKODAKのKRの現像は遅い!そしていつものごとく写真が下手である。

言い訳ですが,W1にてウィングレット付きのB3を撮るのは初めてです。レジが入るように速めにシャッターを押したのが裏目に出ました。万が一真横でレジが入らないといけないと思いました。結果,真横はゼロ!情けなや!結果は,

画像


まあ前日16日に到着していたら,このようなお天気の元では撮れなかったでしょう。もう一つやはりW1仲間とお話ができたことと,芳蘭麺が食べられたことが嬉しかったです。私の大好きなお店です。随分前にご紹介したお店ですね。味は健在でした。

2007年3月26日 (月)

目に毒!

2泊3日という短い時間でしたが,中華料理を堪能してきました。

北京・上海・広州・台湾料理,どれをとってみても,大変に美味しいものばかりで,少々体重が増えたような気がします。私にとっては,まだ4~5kgは増えても大丈夫なんですが・・・。

行きのセントレアでは,
画像


帰りの台北空港では,
画像


これって随分「目に毒」ですよね。今回の旅に出かける前,海外のお天気情報を見ていたら,台北は3日間とも「曇/雨」の予想でした。結果?雨が降ったのは夜だけ。ガスのかかった曇り空の3日間でした。KRを持っていきたかったのですが,結果持って行かなくて良かったです。イライラが募るばかりでしたから。

2007年3月18日 (日)

近くて遙かな国

私にとっては,朝鮮半島にある二つの国は「近くて遙かな国」と言えると思います。

その理由は,個人的な感情や多分に歴史的・政治的なものがあり,ここでは敢えてもうしません。がしかし,趣味の世界となると別です。

OZ・・・ながらくKEの独占状態の続いた韓国の空に風穴を開けた民間航空会社です。近頃C/Iが行われましたが,私はあの塗装には苦労しました。塗り始めはいいのですが,退色を始めると惨めな色になります。そんな中で今回選んだのは,懐かしいタクシー・プール・ショットと夏の恒例行事(?)となったチャーター便です。夏の暑い午後,僅かな日陰を求めて移動していたRW16!フェンスと平行に動くために撮りやすかった!

KE・・・A330-200:3機ある(あった?)これって最近ネットでも見なくなりました。どこの空を飛んでいるのかしら?A330-300は各地の空港で見かけましたが・・・。毎日B744やA300を見てきた者にとって,この機体は新鮮でした。

JS・・・よく名古屋に来てくれました。Tu-154,Il-76のチャーター便は,名古屋の夏から秋にかけての恒例行事でした。国旗から鳥(?)に変わったりして,大騒ぎをしたものでした。最もよく見ると元の国旗がうっすらと見えましたが・・・。もう我が国では見ることが困難になった機体ですね。これが比較的たくさん撮れたことも思い出の一つです。

2007年3月17日 (土)

身分不相応な家

本日長男の新しい車が納車された。その名を"Golf GT TSI"と言う。

この車,ターボチャージャー+スーパーチャージャーたる二つのターボを搭載し,僅か1400ccながら170PS/24.5kgmと言う高性能車である。いかにも若者好みの車と言えよう。納車直後のドライブと言うこともあり,車の性能は私には分かりません。がしかし,自分の経験(320i,但し先代のものですが)から言えば,約10,000km位からショック・アブソバーがこなれ,本来の乗りごこちにあると思います。私の車より(若干)柔らかめといった感じがしました。道路の凹凸も綺麗にフォローしてくれます。この性能を早く引き出すためにも,長男から成田遠征時に借りて,走行距離を伸ばしてあげねば(余分なお世話か!)。

娘は3年前,「私も車が欲しい!」と言うことでリクエストを聞きました。返ってきた返事が「ミニ!」で,思わず私は「エッ!」。中でも白・黄色がお気に入りのようで,なくなく買ってやりました。もっとも娘への生前贈与のつもりです。この車,先代からえらい人気で値引きはゼロ!若いだけに高い保険料を払わされました。最もその後は働き始め,自分の収入から維持費を出していますが。この車,私も何度も乗りましたが,燃費が極めて悪い!1600ccにあの車重はきつい。しかし乗りごこちの良さ!まるで遊園地のゴーカートのようです。とにかく運転していて楽しいのひと言!

そう言うわけで,わが家は(私の影響なのか)車好きの一家です。もっとも一人TOYOTA車を運転している者がいますが。プジョー(わが家から一番近い車屋さん)の名が出たら,どうしましょう?

2007年3月15日 (木)

残念ながら

ここ数日”BBS荒らし”にあっています。よってしばらくはBBSを閉じさせていただきます。ご覧になりたい方は,「日本語版」よりお入り下さい。(→16日夕刻より閉鎖します。)

偉そうにサイト(日本語版)では書いていますが,日々のサイト訪問者は微々たるものです。がしかし,いわゆる「ウィルス」もそうですが,せっかくの素晴らしい知識と技能を他人の災いとなるような行為に走る者も存在します。その仲間と言っていいと思いますが,「板荒らし」もいます。今回の場合は,いわゆるアダルトものでして,大変にしつこいものです。1回の書き込みで10回以上同じようなものを書いてくれます。

赤の他人の板を荒らして,一体何が面白いのでしょう?同じPCアドレスを使っていて,名前だけを変えてみても(誰から見ても)一目瞭然の行為ですね。日を変えて書き込んでみても(PCアドレスを自動取得しても)同じ結果です。


12日(月曜)は県営名古屋飛行場には出動できませんでした。出動された方の報告では,雲が多いものの奇跡的に晴れ間に撮影されたとか・・・。伝統の宝刀を抜く間もなく,私は敢えなく撃沈しました。それだけにディレイになった17日(早くなりましたね!)は,是非晴れて尾野建(今はどんな名かしら?)へ行きたいと思います。寝坊したら脚立一つ分空けてくださいね。お願いいたします。8440様・O様・N様・そして花粉症の御大様お願いですよ!そうそう用水を渡った所ですよ!

2007年3月14日 (水)

信じられない!

私はこの記事を見て唖然としました。皆様方はどう思われるでしょう。


中部国際空港、「顧客満足度」で2年連続の世界第1位

 世界各国の空港が加盟する国際空港評議会(ACI、本部・ジュネーブ)が、12日に発表した2006年の空港顧客満足度に関する調査の中規模空港部門で、中部国際空港(愛知県常滑市)が、昨年に続き2年連続の世界第1位となった。
 調査には、世界の約90空港が参加。昨年実施した空港利用客のアンケート調査をもとに、「案内表示の分かりやすさ」「保安検査の待ち時間」「飲食店・売店の設備」「衛生状態」「スタッフの接客態度」などの項目をチェックした。
 中部国際空港は、年間旅客数500万~1500万人の空港部門で、オーストラリア・アデレード空港、ヘルシンキ空港などを抑えてトップになった。

これは決して誇れるものではなく,世界の90もの調査した空港は,そんなに低レベルなのかと思います。確かに年間旅客数別のランキングとは言え,眉唾物ですね。まあこういった内容の記事は当てにはなりませんね。

ついでに
仁川国際空港、2年連続で「世界最優秀空港」に
仁川国際空港が国際空港評価「AETRA」の総合部門で2年連続「世界最優秀空港」に選ばれた。授賞式はアラブ首長国連邦・ドバイで13日、国際空港評議会(ACI)主管で行われた。仁川国際空港は「アジア・太平洋最高空港賞」と「最高空港賞」、「アジア・太平洋の利用客が選ぶ優秀空港賞」の部門賞も受賞した。
 評価は、サービス7分野と施設・運営25分野に対し、ACIが昨年四半期別に世界の空港86カ所を対象に実施したモニタリングの結果に基づく。仁川国際空港は29分野で最高点を獲得し、残りの3分野でもすべて上位3位に入った。2001年に開港してから、2002年の世界6位、2003年の4位に続き、2004年には2位にランクインした。
 2位は香港のチェクラップコック国際空港、3位はマレーシアのクアラルンプール国際空港だった。

成田は?


朝刊では,昨日の高知空港での事故が大々的に報道されていました。まあこれでボンバルディアも随分評価が落ちましたね。いくら他にプロペラ機がないといっても,安全には変えることができませんね。日本の空から出ていって欲しい飛行機No.1!

2007年3月13日 (火)

欠陥飛行機にみる販売合戦

赤い会社が、エンブラエル170の導入を決めたことは前に書きました。

その後新聞を通して改めて、これが航空機の代理販売会社に与えた影響は大きなものがあります。代理店の熾烈極まる競争・・・そう言えばエアバス、日本の航空会社に残れるのかしら?

そんな中、赤い会社も青い会社も採用(その他もありますが)したのが、DASH-8!伊丹空港を中心に飛び始めた頃、小さなトラブルがよくニュースになったものです。がしかし、あまりにトラブルが多きものですからニュース性も低くなりました。これは近代的な飛行機の中でも、最高の欠陥機ではないでしょうか?

本日の高知空港での胴体着陸は、前輪が出なかったためのやむを得ない着陸であったようです。最初にこのニュースは、上空をまだ飛んでいる時のものでした。燃料を上空で消費しながら乗客・乗員の無事を祈る!思い出してみれば、アメリカであったA320の事故もそうでした。

赤い会社の機体トラブル等が客離れにつながり、未だに難しい経営内容であることを踏まえると、青い会社に与えたショックは相当なものだと思います。安全運行は、公共交通機関にとって最高の目標であり、事故なくして当たり前のものです。

一人のけが人・死者が出なかったことを素直に喜びたいと思います。

2007年3月12日 (月)

厳重処罰で済むのか!

世の中、公務員(警察・教員・消防士など)と並びよく叩かれるようになった(?)航空関係者。
今日のニュースでも「アッ!また-!」と思わず口にしてしまいました。特にコックピット・クルーは、Nさんを見習い、己にも厳しくありたいものです。

操縦席で客室乗務員を記念撮影 日航機長ら厳重注意

 昨年12月、ロンドン・ヒースロー空港から関西空港に向かっていた日本航空のボーイング777型機(乗客・乗員190人)がシベリア上空を巡航中、機長(45)が客室乗務員(28)を機長側の操縦席に座らせ、短時間、デジタルカメラで記念撮影していたことが分かった。右側操縦席にいた副操縦士(34)も社内調査に「良くないと思ったが止められなかった」と話したという。

 日航は機長と客室乗務員を乗務から外して厳重注意、副操縦士も厳重注意にした。航空法は航空従事者に非行や重大な過失があった場合、業務停止を命じることができると定めており、報告を受けた国土交通省は行政処分を検討している。

 日航によると、機長が飲み物を持ってきた客室乗務員に「操縦席に座ったことはあるか」と声をかけ、ないと答えると撮影を勧めた。操縦席に座って操縦桿(かん)に手を添えるなどした乗務員を、1分程度、2枚撮影したという。当時は自動操縦中だったものの、操縦桿には自動操縦の解除ボタンが付いていた。


しかし先日のガルーダ航空の客室アテンダントのチーフは凄かった。乗客を安全にドア口まで何度も往復し、最後は爆発によって殉死されたそうです。ついでながら奥様は日本人だそうです。これだけ仕事に熱意のある社員がいるのだから、ガルーダよ!気合いを入れ社内体制を改善せよと言いたい。

ついでながらこの記事は過去最大のアクセス(5時間以内)を記録しまいした。

2007年3月 6日 (火)

最近思うこと

インターネットの発達により,接続すればかなりの情報が得られるこの時代,その情報をいかに活用すべきかを考えさせられます。

身近なところで言えば,飛来機情報!これって場合によっては困るんですねよね。私も過去に随分辛い目にあいました。また,情報源が明らかになると困る人がいます。飛来機の情報が分かっている人たちにとっては,まさにスポット訪問!時間を有効に使いたい方々にとっては,この情報は貴重なものです。(ちなみに落とし穴も?)

ところで,現在多くの人たちが使ってみえるデジタル・カメラという機械は,光の状態を(あまり)考慮しなくても美しい写真が撮影できる。(半分はやっかみですが)デジタル・カメラの撮影は,果たしてオリジナルと言えるかどうかが,議論の分かれ目でしょう。複製ができるものをオリジナルと認めるかどうか?!

また,私が使っている某社のフィルムも先行きが怪しいです。高速ワインダー(昔はモーター・ドライブと称していましたが)を使っても,シャッターを切れる枚数は(転がりの場合)限られています。しかし数コマと言えども,これはオリジナルと認めたいのですが・・・。

これから数年後には,某社の銀塩フィルムは怪しいものです。その中で,オリジナルとして(己の)ライブラリーに残していけるものは・・・。現在私の考えは,残念ながらまとまっておりません。じっくりと考えたいと思います。 

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »